MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ

ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。

特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出会える可能性が高いでしょう。

今回はビズリーチの口コミや評判について、実際の体験談を交えつつご紹介します。

本記事でわかること
  • ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ
  • ビズリーチを利用するメリット・デメリット
  • ビズリーチの料金プラン
  • ビズリーチの登録方法
  • 実際にビズリーチを使ってみた感想
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収600万円以上のハイクラス転職者の支持率No.1
  • 5,000人以上のヘッドハンターが在籍し希少な求人を多数紹介
  • 待つだけでスカウトが届くから忙しいビジネスパーソンに最適

\ 転職後の平均年収800万超!/

※30秒で登録完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ハイクラス転職ビズリーチとは?

名前BIZREACH(ビズリーチ)
おすすめ度
5点
特徴ハイクラス転職に特化した転職エージェント
求人数84,650件
(2022年11月11日現在)
オンライン面談
公式HPhttps://www.bizreach.jp/

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営している転職サービスです。

おもにプロフェッショナル人材に向けて転職サービスを展開しており、年収600万円以上を目指すハイクラス求職者と一流企業をつないでいます。

年収アップ・キャリアアップが成功しやすいため、ハイクラス転職を目指すなら登録しておきたい転職サービスです。

\ 年収1,000万超の求人多数/

※無理な勧誘はありません

あわせて読みたい
ビズリーチの仕組みについて徹底解説|サービス内容や料金、利用方法などわかりやすく紹介 「ビズリーチの仕組みや利用の流れがよくわからない」と不安を抱く人もいます。 ビズリーチは従来の転職エージェントと異なる仕組みのため、公式HPを見ても「結局どのよ...

ハイクラス転職ビズリーチの評判

ハイクラス転職ビズリーチの評判
求人数公開求人数は127,000件
4.5点
求人の質ハイクラス求人が豊富
5点
サポートの質書類添削・面接対策は実施していない
3点
コンサルタントの質平均的
4点
独自性ハイクラス転職に特化
5点
総合得点19/25.0点

ビズリーチの審査に落ちた方は「ビズリーチの審査基準とは?」の記事を見てください。

ビズリーチの最悪・悪いという口コミ

ビズリーチの最悪・悪いという口コミ

ビズリーチは、ハイキャリア向けの転職サービスで人気がありますが、最悪という口コミもいくつかあります。下記は、ビズリーチに寄せられた悪い口コミの一例です。

Review Image
Aさん
転職活動1日目。ビズリーチでいい感じだなと思ったジョブにアプライしたところ日本の転職エージェント通しての紹介とのことで担当と話したけどアホほどオッサンでおっさんの考えが最悪だった。残業ありきじゃないと年収上がらないですね、と言い切り。マジかよ。そんなんなら行きませんと伝えた。

引用:Twitter

ビズリーチ経由でつながった企業の中には、残業ありきでなければ高年収が期待できない企業も一部存在します。そのため、ワークライフバランスを取りながら仕事に取り組みたい方からは、「最悪だった」という口コミが寄せられている状況です。

ビズリーチのサービスよりも企業側の対応に対して悪いイメージを持つ利用者が多くいます。コンタクトが取れた企業の口コミを調べた上で、話を聞く・聞かないを判断すると不快な気持ちになる可能性は低いでしょう。

あわせて読みたい
ビズリーチが悪質って本当?実際の口コミを調査してみた|悪質なヘッドハンターを見極める方法を解説 ビズリーチはハイクラス向けの転職エージェントです。求人の質が高く、キャリアアップが目指せるのでスキルや経験がある人に人気があります。 しかし、場合によっては悪...

ビズリーチの良い口コミ

ビズリーチの良い口コミ

ビズリーチは、年収アップを実現しやすい転職サービスのため、良い口コミが多数あります。下記では、ビズリーチのサイトに掲載されている転職成功談から良い口コミを紹介します。

スクロールできます
Review Image
Bさん
公共事業を主に扱う企業にシステムインテグレーターとして就職後、中堅IT企業や大手人材企業のシステムマネージャーやITコンサルタントを歴任。自分の力を社会に生かしたいと思うようになり、転職を考えていたところ魅力的な企業からスカウトを受け取った。

引用:ビズリーチ

Review Image
Bさん
学生時代から大手電機メーカーの研究所で働き、卒業後は同研究所に入社。仕事は面白くても、製品は世に出るまでに10年かかることもあった。そんななか、信頼・尊敬できるヘッドハンターと出会い、ベンチャー企業へエンジニアとして転職することを決意。

引用:ビズリーチ

Review Image
Dさん
「人々が熱狂し、感動を共有する」というスポーツの世界に魅了され、大学卒業から一貫してスポーツビジネス業界に携わってきた。職務経歴書をアップデートしてから約1カ月後、海外のプロサッカーチームからスカウトが届き、すぐに選考を受けることを決意。

引用:ビズリーチ

ビズリーチのサイトに掲載されている良い口コミを見ると、「魅力的な企業からスカウトがきた」「信頼できるヘッドハンターと出会えた」という声が多い傾向です。

ビズリーチ経由で転職した方の中には、良い企業と出会えたことがきっかけで、年収が400万円以上アップした方も存在します。

ビズリーチには、一定基準を満たしたヘッドハンターしかいません。他の転職サービスよりもヘッドハンターの質が高いため、「的確なアドバイスが受けられた」とビズリーチを評価する声も多くあります。

\ 年収アップが目指せる!/

SNSで呟かれているビズリーチの良い口コミ

SNSで呟かれているビズリーチの良い口コミ

ビズリーチの良い口コミは、SNS上でも多く取り上げられています。下記は、SNSで呟かれているビズリーチの良い口コミを2つ紹介します。

スクロールできます
Review Image
Eさん
ビズリーチ経由で、とあるベンチャー企業の社長からスカウトメールが来ました。もしかしたらテンプレで人事が代わりに送ってるかもしれないですが、短い文でも熱意が伝わって何か感じるものがありました。ホームページも社長の人柄や社風が伝わってよかった。こういうワクワク感は常に持っていたい

引用:Twitter

Review Image
Fさん
ビズリーチとかのスカウトサイトに登録するメリットって、自分では応募しようとも思わない求人のスカウトが来ることだと思うな😳 必須要件・歓迎要件を全然満たしてなくて、条件もめちゃいいところから来ることさえある。「良いところがあれば転職したい」くらいの温度感の人にはうってつけかも。

引用:Twitter

SNSで呟かれているビズリーチの良い口コミを見ると、「転職先の視野が広がった」という声が多くありました。

ビズリーチは、企業側からスカウトがくる転職サービスのため、自分では応募を検討しない業界の企業からオファーが届くケースが珍しくありません。

職務経歴書から人柄を判断してビズリーチ利用者をスカウトする企業も多く、通常では応募できない企業ともつながれる可能性もあります。

自分が活躍できる企業を広い視点から見つけたい方は、ビズリーチに登録することをおすすめします。

\ 転職後の平均年収800万超!/

あわせて読みたい
ビズリーチは40代からの評判はいい?40代での利用が向いている人の特徴を紹介 本記事でわかること 40代からのビズリーチの評判 ビズリーチの審査に落ちる人の特徴 40代に強い転職サイト・エージェント 40代から高年収の企業に勤めるには、ハイクラ...

ビズリーチの強み・メリット

ビズリーチの強みは?

ビズリーチの強みは以下の5つが挙げられます。

それぞれ詳しく確認していきましょう。

年収600万円以上を目指す方に支持される転職サービスNo.1

ビズリーチはハイクラス転職に特化しており、年収600万円以上を目指す方に支持される転職サービスNo.1の実績があります。年収アップを目標に転職したい人にとって、心強い味方となってくれます。

実際にビズリーチを利用した30代の転職後年収は平均840万円、40代の転職後年収は平均960万円です。現職に比べて大幅な年収アップが叶う可能性が高いです。

高年収を目指す人やミドル層の転職に成功実績が多数あるため、初めて転職にトライする方でも安心で利用できます。

待っているだけでスカウトが来る可能性がある

ビズリーチに登録すると、企業からスカウトメールが届きやすく、待っているだけで転職活動が進む可能性があります。ビズリーチ利用者の多くは企業からのスカウト経由で転職を成功させています。

企業からスカウトされるには、職務経歴書を充実させることが大切です。企業はビズリーチ利用者の職務経歴書を閲覧してスカウトするのか否かを判断します。

スカウトが届いた際には、内容を確認してから早めに返信しましょう。企業では、役職・ポジションに合う複数の利用者をスカウトするため、返信が遅くなると転職できる可能性が下がってしまうのです。

あわせて読みたい
ビズリーチの企業スカウトを受けて落ちる人はいる?内定率と落ちる割合を解説 本記事でわかること ビズリーチの企業スカウトの落ちる割合や内定率 ビズリーチの企業スカウトを受けるメリット ビズリーチの企業スカウトに落ちる人の対処法 ビズリー...

5000人以上のヘッドハンターが在籍している

ビズリーチには、2021年7月現在で5,000人以上のヘッドハンターが在籍しています。

ヘッドハンターには、SからDまでの「ヘッドハンタースコア」が付けられており、利用者は能力の高いヘッドハンターを見極めることが可能です。

自分に合うヘッドハンターを見つけるためには、ヘッドハンタースコア以外にヘッドハンターが精通している業界を知ることが大切です。ヘッドハンターのプロフィールを見ると、精通している業界・転職支援実績などをチェックできます。

年収1000万以上の求人が多数

ビズリーチには、年収1,000万円以上の求人が多数掲載されているという強みもあります。

ビズリーチが保有している求人のうち、3分の1以上が経営幹部・管理職層を対象とした年収1,000万円以上の求人(2021年1月現在)です。中には、年収1,500万円以上の求人も複数存在します。

そのため、他の転職サービスよりも年収アップが実現しやすいため、ビズリーチはハイクラス層に人気です。

他の転職サイトでは出会えない希少な求人がある

ビズリーチでは年収1000万円以上の求人が全体の3割を占めています。ほかの転職サイトでは出会えないようなハイクラス求人からスカウトがくることも珍しくありません。

例えばビズリーチを利用しているおよそ74%の人に、思いもよらぬ企業・ポジションからスカウトが届いています。ビズリーチを活用すると、高年収かつ新しいポジションでキャリアアップも期待できるでしょう。

ビズリーチで取り扱っている求人は、営業・マーケティング・人事・経営などさまざまな求人があります。現職の経験を活かしつつ、キャリアの選択肢を広げたい方は一度相談してみてください。

ヘッドハンターとの人脈を築ける

ビズリーチには4,600人のヘッドハンターが登録されており、ヘッドハンターと人脈を築けるチャンスが広がっています。ヘッドハンターと人脈を築くことによって、経営者とつながることができ、結果的に転職活動を有利に進められる場合がありますよ。

また、企業との情報を多角的に得られるメリットもあります。転職活動は情報力がキーとなることも多いので、ヘッドハンターから有益な情報を仕入れる方法がおすすめです。

\ 転職後の平均年収800万超!/

ビズリーチの弱み・デメリット

ビズリーチの弱みは?

ビズリーチは優れた転職サービスですが、弱みもいくつか存在します。ビズリーチの弱みは、下記のとおりです。

ここからは、4つの弱みを詳しく紹介します。

転職サポートが薄い

ビズリーチは、転職サポートが薄いと言われています。転職エージェントのように、転職に関する相談・選考対策を実施していません。転職活動を1からサポートして欲しい方には、ビズリーチの転職サポートが物足りなく感じる傾向です。

特に、初めて転職する方は、ビズリーチのサポートだけでは不安を覚える可能性があるため、転職エージェントを併用するとよいでしょう。

ヘッドハンターから連絡がめんどくさく感じることがある

在籍するヘッドハンターの人数が多い分、不要な連絡がきやすい点は、ビズリーチの弱みと言えるでしょう。

ビズリーチを利用した方の中には、「毎日メールがきて鬱陶しい」「希望している求人と異なる案内が届いた」など、ヘッドハンターからの連絡にめんどくささを感じる方がいます。

ただし、ヘッドハンターから連絡がくることは、転職市場で自分の経験・スキルに需要があると判断できます。ヘッドハンターから連絡が多いことを自信につなげると、転職活動のモチベーションアップになるでしょう。

基本的に有料プランにしないと意味がない

ビズリーチの転職サポートをすべて受けるためには、有料プランに登録する必要があります。無料プランの場合、転職サポートに一部制限が設けられています。

ただし、ビズリーチ登録後に条件を満たすと、有料プランを一定期間無料で利用できる「プレミアムチケット」を得ることが可能です。

審査を通らないと利用できない

ビズリーチは、すべての方が利用できる転職サービスではありません。審査に通らなければ利用できない点は、ビズリーチの弱みとして挙げられます。

ビズリーチは、優秀な人材とハイクラスの人材を求める企業がマッチできるサービスを目指しており、マネジメント経験が乏しい方は審査に落ちやすいと言われています。

ビズリーチには審査があるからこそ、他の転職サービスで取り扱う求人よりも質が高いという魅力があります。

ビズリーチの料金とプランについて

ビズリーチの料金とプランについて

ビズリーチは、プランによって料金が異なります。下記は、プラン別の料金をまとめた表です。

プラン名料金
スタンダードプラン無料
タレント会員30日間:3,278円(税込)
ハイクラス会員30日間:5,478円(税込)

タレント会員とハイクラス会員には、応募できる求人と相談できるヘッドハンターに違いがあります。

タレント会員は年収1,000万円未満の求人への応募、ハイクラス専門以外のヘッドハンターへの相談しかできないのに対して、ハイクラス会員はすべての求人への応募、ヘッドハンターへの相談が可能です。

下記では、スタンダードプラン(無料プラン)と有料プランでそれぞれできることを紹介します。

スタンダードプラン
  • プラチナスカウトのみ閲覧・返信(通常スカウトは不可)
  • 求人情報の閲覧(企業名は非表示)
  • 公募・特集などの特別な求人への応募
有料プラン
  • すべてのスカウトの閲覧・返信
  • すべての求人の閲覧・応募
  • ヘッドハンターへの相談(タレント会員はハイクラス専門以外)

スタンダードプランでも転職できますが、満足のいく転職サービスを受けたい方は、有料プランの利用がおすすめです。

\ 有料だからできるサービス/

ビズリーチへ登録するのがおすすめの人

ビズリーチへ登録するのがおすすめの人

次の項目に該当する方は、ビズリーチへの登録がおすすめです。

ここからは、3つの項目を詳しく解説します。

20代〜50代でキャリアップを目指している方

20代〜50代でキャリアアップを目指している方は、ビズリーチへの登録がおすすめです。ビズリーチには、管理職経験者や専門スキルを有している方向けの求人が数多く存在します。

そのため、現職よりも同等もしくはハイレベルの求人を見つけやすく、これまでの経験を活かしたキャリアアップが実現できます。

ハイレベルの求人を出す企業からスカウトされたい方は、これまでの実績・身につけてきたスキルを職務経歴書へ具体的に書くと、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

年収アップを目指す方

ビズリーチへの登録は、年収アップを目指す方にもおすすめです。ビズリーチに掲載されている求人は、プロフェッショナル人材向けのものが多く、年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上(2021年1月現在)を占めます。

その他の求人でも年収600万円以上がほとんどで、経験・実績が豊富な方であれば、ビズリーチを利用して転職すると年収アップしやすいでしょう。

管理職でマネジメント経験のある方

ビズリーチは、管理職でマネジメント経験のある方にもおすすめです。取り扱っている求人のほとんどで、「管理職でマネジメント経験のある方」という条件を挙げています。

管理職でマネジメント経験のある方は、応募できる求人の幅が広がるため、自分の希望条件に合った企業を選びやすくなります。企業側は、管理職でマネジメント経験のある方に対して、好印象を持ちやすくスカウトを優先的に出す傾向です。

\ 転職後の平均年収800万超!/

ビズリーチの登録方法

ビズリーチを利用したときの転職の流れ

ビズリーチでは、以下の流れで転職活動が進んでいきます。

それぞれの流れを確認していきましょう。

STEP1.公式HPから新規会員登録をする

引用:https://www.bizreach.jp/

まずはビズリーチの公式HPから、新規会員登録をします。

FacebookやGoogleのアカウントがあればそれらと連携を、無ければメールアドレスを登録することで新規会員登録が可能です。

FacebookやGoogleアカウントがあれば、名前を含む個人情報入力の手間が省けます

\ 転職後の平均年収800万超!/

STEP2.職務経歴やスキルなどを登録する

新規会員登録後に、ご自身の経歴を入力していきます。入力項目は以下の通りです。

ビズリーチの入力項目
  • 基本情報(氏名・性別・生年月日など)
  • 職務要約・スキル
  • 職務経歴
  • 学歴
  • 表彰
  • 語学力・海外経験
  • 資格
  • 特記事項
  • フリーフォーマット

経歴については嘘偽りなく記載し、可能な限り埋めるようにしましょう。

ビズリーチの審査通過後の流れ

ビズリーチの審査通過後の流れ

ビズリーチに登録し審査通過後、以下の場合に応じて流れが異なります。

それぞれの場合の流れを確認していきましょう。

企業と直接やり取りする場合

まずは企業と直接やり取りをする場合の流れを解説します。企業から直接の連絡であるため、流れがスムーズであったり良いポジションを用意してもらえたりするケースもあります。

企業と直接やり取りする場合の、具体的な流れは以下の通りです。

STEP
スカウトに返信

あなたの職務経歴書を見て、興味を持った企業からスカウトが届きます。良いポジションを用意してもらえる可能性も高いので、早めに内容を確認して返信しましょう。

STEP
面談・面接

面接はお互いを見極める選考の場です。あらかじめ企業について調べておいて、気になる点をまとめておきましょう。企業によっては数回面接が用意されている場合もあります。

STEP
内定

内定が決まれば内定通知書が送られてきます。労働条件をしっかりと確認し、不明な点があれば承諾前に企業に問い合わせておきましょう。

STEP
内定承諾

労働条件に問題なければ内定を承諾しましょう。ビズリーチ経由で内定が決まった場合、ビズリーチからお祝いを受け取れます。

STEP
入社

内定承諾後は現職・次に入社する企業と日程を調整し、入社完了となります。ビズリーチは今後もご自身の市場価値を把握するツールとして、登録しておいて問題ありません。

企業から直接スカウトされた場合、良いポジションに就ける可能性が高いです。

ヘッドハンターのサポートを受ける場合

ヘッドハンターのサポートを受ける場合も確認しておきましょう。経歴やスキルによっては非公開の求人を提案してもらえるケースもあります。

ヘッドハンターのサポートを受ける場合の、具体的な流れは以下の通りです。

STEP
ヘッドハンターに会う

まずはヘッドハンターからのスカウトに返信し、実際にヘッドハンターに会ってみましょう。これまでの経歴や希望の条件を伝えると、よりマッチした求人や秘匿性の高い非公開求人を紹介してもらえます。

STEP
面談・面接

ヘッドハンターを通す場合、面接日時の調整や面接対策などを行ってもらえる場合もあります。面接に自信のない方は活用しましょう。

STEP
内定

内定が決まれば内定通知書が送られてきます。年収や条件交渉については、ヘッドハンターに仲介してもらうことも可能です。

STEP
入社

内定承諾後は現職・次に入社する企業と日程を調整し、入社完了となります。ビズリーチは今後もご自身の市場価値を把握するツールとして、登録しておいて問題ありません。

ヘッドハンターは企業を紹介してくれるだけでなく、面接対策もしてくれるので手厚いサポートを期待できます。

ハイクラス転職ビズリーチと一緒に使うべき転職サービス

ビズリーチと一緒に使うと良いサービスは以下の2つです。

いずれもハイクラス転職案件を扱っており、年収アップが期待できます。あわせて登録しておきましょう。

リクルートダイレクトスカウト

名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 業界最大手のリクルートが運営しているから安心
  • 条件が合致すればダイレクトにスカウトしてもらえる
  • 有名外資系企業の案件も多数

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営している転職エージェントです。大きな特徴として、年収が高いハイクラス案件が多い点が挙げられます。

具体的な案件の例を挙げると、日本アイ・ビー・エムやApple Japan合同会社など、業界最大手の案件がよく見られます。これらの案件では、スキルや経験次第があれば年収1,000万円も狙えます。

登録後はスカウトを待つだけで、自分からアクションを起こす必要はありません。また、リクルートダイレクトスカウトではすべての機能を完全無料で利用できる点も魅力です。

\ 外資系からスカウトゲット!/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

doda X

【公式】https://doda-x.jp/
名前doda X
料金無料
求人数公開求人:約40,000件
非公開求人数:-
(2023年10月時点)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20〜50代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界IT・Web・メーカー・営業
公式HPhttps://doda-x.jp/
詳細を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段メール、電話
オプション【ス】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
doda Xの特徴
  • スカウトだけでなく自分からも求人へ応募できる
  • ハイクラス転職に強い専属のカウンセラーによるサポートが受けられる
  • キャリアの可能性を引き出せるコーチングを受けられる

doda Xは、スカウトを待つほか自ら求人に応募できるタイプのハイクラス転職サービスです。ヘッドハンティングサービスと求人紹介サービスを併用でき、転職活動の成功率が高められると評判です。

転職に関するカウンセリングやキャリアコーチングも実施しており、求職者の抱える悩みを解決するだけでなく、理想的なキャリアを形成する支援もしています。

転職先を紹介してもらうだけでなく、転職に関するサポートを多岐にわたって行ってほしい方は、ビズリーチとあわせてdoda Xにも登録しておきましょう。

\ 年収800万以上の求人多数!/

あわせて読みたい
doda Xとビズリーチの違いを5項目で徹底比較 | どちらが向いているか選ぶポイントを解説 本記事でわかること doda Xとビズリーチの違い doda Xとビズリーチが向いている人 doda Xかビズリーチかを選ぶポイント doda Xとビズリーチは、どちらもハイクラス向け...

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • 30代以上の方に人気のある転職エージェントサービス
  • 約800名のコンサルタントから手厚い支援が受けられる
  • 外資系や海外進出企業など、グローバル転職に強い

JACリクルートメントもハイキャリア向けの転職エージェントです。年収1,000万円以上の求人が多く、スキルに自信がある方におすすめです。

登録者は30代~50代が多く、ミドル層を対象とした案件が多々見られます。応募者をシビアに評価するため、市場価値が低いと判断されると案件を紹介してもらえない場合もあります。

JACリクルートメントに登録後に待っていても案件を紹介してもらえない場合、まずはスキルアップから始めてみましょう。

\ ハイクラス転職ならココ!/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ビズリーチを上手く活用するには?

ビズリーチを上手く活用するには?

ビズリーチを活用して転職を成功させたいなら、以下の点を意識しましょう。

ビズリーチ活用のコツ
  • 複数の転職サービスを利用する
  • ビズリーチ内でも企業からのスカウトとヘッドハンターの両方を活用する
  • 技術や知識のアップデートを欠かさない

ビズリーチでは、他の転職サービスを利用してはいけない縛りはありません。登録するエージェントが増えれば増えるほど、良い求人に巡り合える可能性は上がります。

無料で登録できる転職エージェントはいくつもあるため、可能な限り登録しておきましょう。

また、ビズリーチ内で企業からのスカウトを待っていてもなかなか来ないケースも考えられます。よりチャンスを増やすため、ヘッドハンターの活用も積極的にしておくと良いです。

最後に、現時点で良い求人を紹介してもらえなくても新しい技術や知識を習得すればハイレベルな求人と巡り合える可能性は上がります。常にスキルのアップデートを欠かさずに行い、取得したスキルは職務経歴書に登録するように意識しましょう。

ビズリーチの審査に落ちた時の対処法

ビズリーチの審査に落ちた時の対処法

ビズリーチは高年収を得られるかつハイキャリアを実現できる求人が多いため、優秀な人材を集めることを目的に求職者を審査しています。

ビズリーチの審査に落ちた際は、審査のないスカウトサービスの利用がおすすめです。審査のないスカウトサービスでも、ビズリーチで取り扱われている求人の条件と引けを取らない求人が取り扱われています。

なかでも、リクルートダイレクトスカウトは業界最大手の求人が多く掲載されているサービスです。

ビズリーチの退会方法

ビズリーチの退会方法

ビズリーチの退会は、専用ページから可能です。退会の注意点として以下のような事項が挙げられているため、確認しておきましょう。

ビズリーチ退会時の注意点
  • 保存した希望条件・職務経歴・メッセージなどが削除
  • プレミアムステージの場合、残り期間分は返金されない
  • 再入会できない可能性がある

ビズリーチでは、メールやスカウトの受信のみを停止したり、無料会員としてサービスを継続したりなどの対応も可能です。本当に退会する必要があるか、事前に検討することをおすすめします。

【体験談】ハイクラス転職ビズリーチを使ってみた感想

【体験談】ハイクラス転職ビズリーチを使ってみた感想

ビズリーチを利用した人に感想を聞いてみました。

Q.「ビズリーチの求人数は満足でしたか?」

公開求人数が12,000件以上もあったので、非常に満足しています。ほかの転職サイトにも登録していましたが、ハイクラス転職を希望していたのでビズリーチを中心に転職活動を進めていました。

ハイクラス転職を目指すなら、ビズリーチの登録がおすすめ。

Q.「ビズリーチを使ってどのくらいの期間で転職ができましたか?」

ビズリーチを使用してから3ヶ月ほどで転職できました。仕事と並行しながら転職活動をしていたので最初は想像以上に時間がかかりました。

しかし、ビズリーチで登録している職務経歴書を定期的に見直したおかげで、満足のいく企業からスカウトをもらえました。ビズリーチは求職者がやみくもに応募するのではなく、企業からスカウトが届いて成立する転職サービスです。そのため、自分の市場価値を見直す良い機会でした。

ビズリーチで市場価値を確認したことにより、3ヶ月ほどで転職活動を終えられた。

Q.「ビズリーチのキャリアコンサルタントの対応はどうでしたか?」

ビズリーチは一般的な転職エージェントと違って、キャリア面談や求人の紹介はありませんでした。というのも、ビズリーチはキャリアに自信がある求職者に対して、企業がスカウトを送るスカウト型転職サービスだからです。

職務経歴書さえ完璧に書いておけばあとは企業からスカウトを待つだけでなので、仕事が忙しい自分にはぴったりの転職スタイルでした。また、希望条件と異なる求人を提案されることもないので、ストレスなく転職活動を進められて非常に良かったです。

求人の紹介・キャリア面談はないものの、効率的に転職活動を進められる。

Q.「ビズリーチの求人はどんな企業が多かったですか?」

ビズリーチには年収1000万円以上を目指せる求人が想像以上に多い印象でした。「さすがハイクラス向け転職サービス!」と言いたくなるくらい、年収アップ・キャリアアップが期待できる求人ばかりです。

また、職種に偏りがないのも印象的でした。営業・マーケティングなどの職種はもちろん、バックオフィス系や技術職まで揃っているので、さまざまな方が利用しやすい転職サービスといえます。

ハイクラス向けの求人が多数あり、職種についてもまんべんなく揃っている。

Q.「ビズリーチの不満だった点はどれですか?」

特にありませんが、強いて言うなら有料サービスと無料サービスの差が大きいところでしょうか。ビズリーチは無料で登録できるプランもありますが、利用可能なサービスの幅は非常に限られます。

一方、有料プランならすべての求人に応募できたり、ヘッドハンターを検索して相談することも可能です。一番高額な有料プランは月額5,478円かかるので、短期集中型で転職する人に向いていると思います。

短期集中型で転職活動を進めたい人は、有料プランを活用するのがおすすめ。

Q.「ビズリーチを使って転職する方にアドバイスをお願いします。」

ビズリーチはハイクラス転職を目指す方におすすめの転職サイトです。転職を本格的に始めている人はもちろん、転職前に自分の市場価値やスキルを整理したい人にも有効活用できます。

ビズリーチに登録したあとは職務経歴書を定期的に見直すと、企業からスカウトが届きやすくなりますよ。年収アップ・キャリアアップしたい人はぜひビズリーチを利用してみてください。

\ 転職後の平均年収800万超!/

ビズリーチの利用を検討されている方からよくある質問

ビズリーチの利用を検討されている方からよくある質問

ビズリーチの利用を検討している方からは、下記のような質問が多く寄せられます。

ここからは、3つのよくある質問に対する回答を紹介します。

ビズリーチを利用すると今の会社にバレるか?

ビズリーチを利用しても、今の会社にバレることはありません。ビズリーチを利用する際は、名前・生年月日・電話番号・メールアドレスを入力しますが、企業とヘッドハンターは利用者の個人情報を確認できません。

企業とヘッドハンターが把握できる情報は、利用者の経歴のみです。自分で話さない限りは、ビズリーチの利用がバレることはないでしょう。

あわせて読みたい
ビズリーチの利用がばれる可能性はある?ばれないための対処方法や設定方法を詳しく解説 ハイクラス転職で有名なビズリーチですが、登録したことが勤務先にばれるのが心配で利用をためらう人もいるのではないでしょうか。 実は、設定方法を工夫し、職場での言...

ビズリーチの審査に落ちたら再度申し込みできる?

ビズリーチでは、審査に一度落ちても再度申し込みできます。再審査を受けるときは、以前応募したときよりも、スキル・経験を具体的にアピールすることが大切です。

審査に落ちたときと、スキル・経験に大きな違いがない場合は、再審査を受けても落ちる可能性が高いため注意してください。

あわせて読みたい
ビズリーチの審査基準とは?落ちた人の口コミから分かる審査基準を解説|審査に落ちた人がとるべき行動... ビズリーチに登録したにもかかわらず、審査に落ちてへこんではいませんか?ハイキャリア向け転職エージェント「ビズリーチ」には登録審査がありますが、審査基準を理解...

ビズリーチの審査基準は?

ビズリーチの審査基準は、具体的に公開されていません。

しかし、ビズリーチが「ハイクラス向けの転職サービスを提供している」「年収600万円以上の求人をメインに取り扱っている」点を踏まえると、社会人経験が乏しい方・管理職経験がない方は審査に落ちやすいと言えるでしょう。

あわせて読みたい
ビズリーチの審査基準とは?落ちた人の口コミから分かる審査基準を解説|審査に落ちた人がとるべき行動... ビズリーチに登録したにもかかわらず、審査に落ちてへこんではいませんか?ハイキャリア向け転職エージェント「ビズリーチ」には登録審査がありますが、審査基準を理解...

ビズリーチを利用しているけどスカウトが来ない場合はどうすればいい?

登録していてもスカウトがなかなか来ない場合は、職務経歴書が充実していないことが原因かもしれません。

ビズリーチは多くの方が登録しているため、中途半端な職務経歴書だとスカウトされにくいです。スカウトが来なくて悩んでいる方は下記記事でさらに詳しく解決策を伝えていますので、ぜひそちらをご覧ください。

あわせて読みたい
ビズリーチからのスカウトが来ない原因は?職務経歴書を見直して優良企業からのスカウトを増やそう! 「ビズリーチに登録したいけどちゃんとスカウト来るのかな?」と疑問に思っている方も多いでしょう。 結論しっかりと登録すればスカウトメールは届きます! スカウトが...

ビズリーチの登録年収で嘘をついてもいい?

嘘の年収を登録するのはやめましょう。

転職活動のいずれかの段階で必ずバレるだけでなく、内定取り消しやビズリーチでの登録解除のリスクもあります。

実力で転職先を決めても水の泡になりかねないので、正々堂々と臨んでください。

あわせて読みたい
ビズリーチの登録年収で嘘をついてもいい?NGな理由とバレてしまうワケを解説 ビズリーチは優秀な人材の転職を目指すサービスのため、登録の際に審査が必要です。 審査には年収やスキルの提出が求められ、特にハイクラス会員の審査は年収750万円以...

ビズリーチの口コミ・評判まとめ

ビズリーチは職務経歴書やスキルを登録しておくことで、企業やヘッドハンターからスカウトをもらえる転職サービスです。

口コミを見ると、「手厚いサポートで無事に転職成功し、年収も大幅にアップした!」「信頼できるヘッドハンターと出会えて、ベンチャー企業に無事転職できた!」などのポジティブな意見が多くみられました。

ビズリーチでは年収1,000万円以上の案件も多く、キャリアアップしたい方にはおすすめです。良い条件でスカウトを受けたい方はビズリーチを積極的に活用していきましょう。

\ 20,000万社以上がスカウト中/

ビズリーチについてもっと知りたい方は、『タレントスクエア』の「【必見】ビズリーチの評判は悪い?「悪質・最悪」という口コミの実態」も必読です。

あわせて読みたい
ビズリーチは50代に評判がいい?年齢制限の実態や50代転職におすすめな理由、実際の成功例を紹介 本記事でわかること ビズリーチの50代転職における実態 50代転職者がビズリーチを利用しての成功体験談 ビズリーチが50代転職におすすめできる理由 万が一ビズリーチの...
あわせて読みたい
ビズリーチとdodaの違いを6項目で徹底比較 | 自分の転職スタイルに合ったサービスを利用しよう ビズリーチとdodaは、サービス内容が大きく異なります。内容を理解しないまま登録すると「思っていたのと違う」と後悔する可能性が高いです。 本記事では、ビズリーチと...
あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | 両方を活用してハイクラス転職を... リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、どちらもハイクラス向けのスカウト型転職サービスです。一見「同じようなサービス」と考えがちですが、両者は強みやメリ...
あわせて読みたい
ワークポートとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | 転職サービスを使い分けて転職成功を目指そう 本記事でわかること ワークポートとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 ワークポートとビズリーチの口コミ・評判 ワークポートかビズリーチかを選ぶポイント ワークポー...
あわせて読みたい
doda Xとビズリーチの違いを5項目で徹底比較 | どちらが向いているか選ぶポイントを解説 本記事でわかること doda Xとビズリーチの違い doda Xとビズリーチが向いている人 doda Xかビズリーチかを選ぶポイント doda Xとビズリーチは、どちらもハイクラス向け...
あわせて読みたい
ビズリーチとdodaの違いを6項目で徹底比較 | 自分の転職スタイルに合ったサービスを利用しよう ビズリーチとdodaは、サービス内容が大きく異なります。内容を理解しないまま登録すると「思っていたのと違う」と後悔する可能性が高いです。 本記事では、ビズリーチと...
あわせて読みたい
JACリクルートメントとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | ハイクラス転職を目指すなら併用がおすすめ! JACリクルートメントとビズリーチは、どちらもハイクラス向けの転職に特化した転職サービスです。「ハイクラス向け」という同じ特徴があるため、どちらを利用すればよい...

ビズリーチの運営会社

運営企業株式会社ビズリーチ
本社所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1
事業内容インターネットを活用したサービス事業
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...
あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
40代におすすめの転職エージェント17選|ハイクラス・女性向けの転職エージェントも紹介 40代の転職活動では年齢制限や求人数の少なさがネックですが、40代の転職も可能です。20代や30代と比べると、40代では転職エージェント選びが結果を左右します。 本記事...
あわせて読みたい
転職Greenの口コミ評判は?CMで話題!未経験でも転職できる方法を紹介 Greenは「転職をカジュアルに」というキャッチフレーズで知られる転職サイトです。 IT企業に関する求人情報が豊富で、中小ベンチャー企業を中心に幅広く求人を保有して...
あわせて読みたい
年収を上げる方法8つ紹介|年収を上げるために必要なことを紹介 人生においてお金が必要な場面は非常に多いです。そのために年収を今より上げたいと思う方も少なくありません。 しかし日本は不景気のため、長年働いても年収が上がらな...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ