MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

仕事で質問できない理由を内的・外的要因に分けて紹介!質問ができない人に起こりうる問題と克服法も解説

仕事で上司や先輩に質問できない方は多いでしょう。しかし、質問できない状態が続くと、仕事の効率低下やミスにつながる可能性があります。

質問できないとあなたが困るだけでなく、結果的に周りにまで迷惑をかけてしまうかもしれません。

質問できないことで仕事に影響が出る前に、今の状況を改善する必要があります。まずは何が原因で質問できないのかを分析するところから始めましょう。

本記事でわかること
  • 仕事で質問できない内的・外的な理由
  • 質問できない状態をそのままにすると起こる問題
  • 仕事で質問できない状況を克服する方法

仕事で上司や先輩に質問できないと悩んでいるなら、転職で環境を変えるのもひとつの解決策です。現状を変えるために転職活動を始める方は、転職支援実績No.1のリクルートエージェントに相談してみましょう。

\業界No.1の転職支援実績!/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

実際に仕事で質問ができない20代社員は多い

リ・カレント株式会社が2020年に実施した調査によると、20代の約9割が仕事で質問できないことに対して悩みを抱えています。

仕事で質問できない


引用:人材開発コラム

対面で直接会えないリモートワークでは、質問するタイミングを特に掴みにくい印象です。

オフィスに出勤している場合でも、職場の雰囲気がピリピリしていると、気軽に質問できる環境ではありません。

このように気軽に質問できない悩みは多くの社会人が抱えています。

仕事で質問できない人の内的原因

仕事で質問できない人の内的原因

仕事で質問できない人の内的原因には以下の4つがあります。

仕事で質問できない人の内的原因
  • 質問して上司に怒られるのが怖い
  • 周りに手間を取らせてしまうと遠慮している
  • 変なプライドがある
  • 仕事を淡々とこなすだけで質問が思いつかない

質問して上司に怒られるのが怖い

上司の指導が高圧的な場合、質問して怒られるのが怖いと萎縮してしまいます。質問したことで一度でも怒られた経験があれば、自分から質問することを避けてしまうでしょう。

特に相手の反応に敏感な方は、「こんなものもわからないのか!」と叱られてトラウマになっている可能性があります。

日頃からピリピリしていて、すぐ怒鳴りつける上司には気軽に質問できなくて当たり前です。

周りに手間を取らせてしまうと遠慮している

周りに気を遣う性格の場合、上司や先輩に手間を取らせてしまうのではと質問を遠慮しがちです。

常に仕事が忙しい状態や周りの余裕がない環境では、わからないことがあっても気軽に質問できません。質問せずミスにつながるよりも、周りの時間を奪うことを申し訳なく思ってしまうのです。

質問は時間を奪う悪いことと思っている限り、質問できない状態がずっと続くでしょう。

変なプライドがある

変なプライドが邪魔をして、質問できない心理状態を作り出していることもあります。

たとえば、同僚を過度にライバル視して、自分だけでやり切ろうとしているケースです。

しかし、仕事は自分1人だけで行うものではありません。質問できないことが原因で周りに大きな迷惑をかける可能性があります。

同僚をわざわざライバル視するよりも、質問を怠らずに効率良く仕事をこなすほうが重要です。

仕事を淡々とこなすだけで質問が思いつかない

仕事を淡々とこなすだけで、何を質問すべきかがわからない社会人もいます。質問が思いつかないのは、頭を使って仕事をしていないのが原因です。

思考停止で流れ作業のように仕事をこなすのは確かに楽でしょう。

しかし、考えて仕事に取り組まなければ、スキルアップは望めません。「質問の内容が思いつかない」という方は、仕事に取り組む意識から変えていく必要があります。

仕事で質問できない外的原因

仕事で質問できない外的原因

仕事で質問できない外的原因には以下の3つがあります。

仕事で質問できない外的原因
  • 常に忙しそうで聞ける人がいない
  • 明確な答えをもらえそうな人がいない
  • 上司や同僚がピリピリしている

外的原因がある場合は自分で改善するのが難しく、環境を変えることが必要になります。

常に忙しそうで聞ける人がいない

人手不足の企業では常に周りが忙しそうにしているので、気軽に質問できる機会がなかなかありません。

わからないことを放置してはいけないと理解していても、質問自体をためらってしまいます。

しかし、忙しい職場こそ「仕事がわからず部下が困っているのでは」と気にかける暇はありません。わからないことが出てきた時点で、自分から積極的に質問することが大切です。

明確な答えをもらえそうな人がいない

職場に明確な答えをもらえそうな人がいないケースも、質問できない外的原因のひとつです。

自分よりも先輩の社員だからと言って、必ず頼りになるわけではありません。直属の上司であっても、曖昧なアドバイスや指示しかくれない場合もあるでしょう。

明確な答えをもらえない場合は、相手に答えを丸投げしないことが大切です。「課題に対して、この対処法で合っていますか?」のように、自分の考えに意見をもらうのが良いでしょう。

上司や同僚がピリピリしている

上司や同僚が常にピリピリしており、質問自体を受け付けないような環境も存在しています。この場合、残念ながらあなたの努力だけでは、質問できない環境は改善されません。

質問して怒られるような職場では、「仕事は見て盗め」という文化が根付いている可能性があります。

質問できないと悩み続けるよりも、転職で働く環境を変えてしまうほうが快適に働けるでしょう。

仕事で質問できないと起きる問題

仕事で質問できないと起きる問題

仕事で質問できない状態が続くと、以下のような問題が起きる可能性があります。問題が起こる前に、何かしらの対策をしなければなりません。

仕事で質問できないと起きる問題
  • 仕事の効率が下がる
  • 理解が遅れてスキルアップに時間がかかる
  • 仕事での思わぬミスにつながる

仕事の効率が下がる

仕事でわからないことを質問できないと、仕事の効率がどんどん下がってしまいます。仕事の内容によっては、わからないことがネックで仕事を先に進められません。

仕事の効率化とは作業から無駄なプロセスを省くことです。わからないことを質問できず悩んでいる時間は無駄でしかありません。

効率良く仕事をこなすには、部下や後輩が質問しやすい職場環境が必要です。

理解が遅れてスキルアップに時間がかかる

仕事で質問できない環境にいると、仕事への理解が遅れてスキルアップに時間がかかります。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざのとおり、質問できないのは大きなリスクです。理解度が低い状態で仕事をこなしても、自分の成長につながりません。

また人によっては「質問できない=仕事ができない」と認識しており、周りからの評価にも影響します。

仕事での思わぬミスにつながる

上司や先輩に質問できない状態は、仕事での思わぬミスにつながります。

ミスやトラブルを防ぐには、上司や先輩への確認が必須です。しかし、気軽に質問できなければ、小さなミスから仕事全体に影響が出る可能性もあります。

小さなミスなら挽回できるかもしれませんが、大きなミスに発展すると取り返しがつきません。

仕事でのミスを防ぐためにも、質問しやすい環境が重要です。

仕事で質問できない状況を打破するための考え方

仕事で質問できない状況を打破するための考え方

仕事で質問できない状況を打破するには、以下のように考え方を変える必要があります。

仕事で質問できない状況を打破するための考え方
  • 質問は決して迷惑じゃない
  • 質問で失敗しても大丈夫
  • 質問はコミュニケーションの大事な手段である

質問は決して迷惑じゃない

仕事についての質問は、決して迷惑なことではないと意識しましょう。

あなたが仕事でわからない・知らない状態を上司は察せません。仕事を円滑に進めるためには積極的な質問が必要です。

自分から質問することで、上司や先輩とコミュニケーションを取れます。また相互の状況を把握しながら連絡も取れるので、質問するメリットは大きいです。

周りの時間を奪ってしまうと思わずに、わからないことは質問で解決しましょう。

質問で失敗しても大丈夫

質問に慣れていないと、自分が伝えたい内容が相手に伝わらない場合があります。しかし、最初のうちは質問で失敗しても大丈夫です。

「もう少し自分で調べてみてから質問してね」と言われても、それ自体があなたの学びになります。

内容のまとめ方や伝え方は、質問の回数をこなすたびに洗練されるものです。失敗も次の機会に活かせれば、成長する糧となります。

質問はコミュニケーションの大事な手段である

質問は上司や同僚との間におけるコミュニケーション手段です。質問することによってお互いの考えや理解度を把握できます。

職場で効率良く仕事をこなすには、円滑なコミュニケーションが欠かせません。質問により相手を深く理解できれば、上司や同僚との距離感も近づきます。

共通の話題が見つからないときにも、適切な質問をすることで会話をつなげられるでしょう。

仕事で質問できない状態を克服する方法

仕事で質問できない状態を克服する方法

仕事で質問できない状態を克服するには、以下3つの方法を試してみてください。

仕事で質問できない状態を克服する方法
  • 正しい質問の仕方を知る
  • 社内のチャットツールを利用する
  • ビジネススキルスクールに通って質問力を鍛える

正しい質問の仕方を知る

質問する際は相手に答えを丸投げせず、質問される側の負担をできるだけ減らすことが大切です。まずは以下のポイントに注意して質問してみましょう。

質問をするときにおさえたいポイント
  • 自分で検索すればわかることは聞かない
  • 5W1Hで質問し、答えて欲しいことを明確にする
  • 1回の質問は多くても3個程度に抑える

基本的に上記のポイントに注意していれば、質問で相手に不快感を与える心配はありません。

社内のチャットツールを利用する

仕事が繁忙期の場合、上司に直接質問する機会がないかもしれません。忙しそうな相手に配慮するなら、社内のチャットツールを利用して質問するのがおすすめです。

チャットツールによる質問なら、空いている時間を使って質問に答えてもらえます。

また直接話すよりも文面をゆっくり考えられるので、質問内容を冷静にまとめたい場合にもおすすめです。

ビジネススキルスクールに通って質問力を鍛える

コミュトレ

円滑に仕事をこなすスキルとして「質問力」が注目されています。質問力を鍛えることで、上司や先輩に質問できない悩みを解決できるでしょう。

しかし、質問力はすぐに身につくものではなく、ビジネススクールに通い鍛える必要があります。

ビジネススクールで質問力を鍛えるなら、ビジネスマンに必要なコミュニケーションスキルが身につくコミュトレがおすすめです。

コミュトレではコミュニケーション能力を実践形式で鍛えられます。10万人のビジネスパーソンデータに基づいたスクールであり、短期間でスキルを習得できるのが特徴です。

コミュトレで質問力を鍛えて、質問への苦手意識を払拭しましょう。

あわせて読みたい
コミュトレの評判とは?リアルな口コミをもとに解説|その他のサービスとも徹底比較 本記事でわかること コミュトレの口コミや評判 コミュトレの料金体系・特徴 コミュトレを利用するのメリット 社会人になってからコミュニケーションスキルの重要性につ...

質問できない文化の会社なら環境を変えた方がいい

質問できない状況を打破する方法を試しても状況が改善されないなら、会社の環境を変えたほうが良いかもしれません。

気軽に質問できる会社で働きたいなら、以下2つの転職エージェントに相談してみてください。

おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス
    求人
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1を獲得
  • 50万件を超える豊富な求人数
  • 手厚いサポートが安心

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を獲得する業界大手の転職エージェントです。

50万件を超える業界最大級の求人数を誇っており、あなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。ほぼすべての業界・職種の求人を扱っているので、慣れ親しんだ業界・職種で転職したい方にもおすすめです。

また書類添削や面接対策が充実しているので、初めての方でも安心して転職活動に取り組めます。

Review Image
無記名(男性)
細かいところまで親身に返信してくれたりする。職務経歴書や面接対策など添削してくれる。求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。ここをメインに利用して他社をサブに利用するのが良いかも。
Review Image
無記名(女性)
評判が悪かったので警戒していましたが、面談してくださったエージェント担当者はいい方でした。市場価値や私自身の売りになる部分を教えて頂き、職務経歴書の添削も具体的にしてくれました。前職を辞めた理由を説明すると「それは大変でしたね」と親身になって話をきいてくれ嬉しかったです。このエージェント会社の良し悪しは担当者によると思うので、はじめから避けない方がいいと思いました。

引用:みん評

\業界No.1の転職支援実績!/

>>リクルートエージェントの口コミ評判を見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス
    求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職サポートが得意
  • 業界ごとに専任のアドバイザーが在籍
  • 転職後の定着率97.5%

マイナビエージェントは、20代の転職エージェント満足度No.1に輝いた実績を持っています。20~30代の転職支援を得意としており、上司や先輩に質問できないと悩む若手社員におすすめです。

各業界に精通した専任アドバイザーが在籍しているため、希望する企業の内定を獲得できるようにしっかりサポートしてもらえます。

またマイナビエージェントを利用して転職に成功した方の定着率は97.5%です。そのため、転職後に環境が合わないと悩む心配はほとんどありません。

Review Image
無記名(男性)
転職を考えていた時に、インターネットの評判を聞いて転職をサポートしていただきました。最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。(後略)
Review Image
無記名(女性)
他に登録していたエージェントさんがイマイチだったので登録していました。求人数こそ劣りますが、無駄に情報量が多くなく混乱することなくじっくり応募できました。また、面接前や面談後には多すぎると思うけど電話をくださりとても助かりました。面接日程の段取りもとてもスムーズに行き、3ヶ月ほど転職活動していましたが、登録してから3週間ほどで内定をいただくことができました。

引用:みん評

\20代~30代の転職に強い!/

>>マイナビエージェントの口コミ評判を見る

まとめ:仕事で質問できない原因を分析して改善策を考えよう!

仕事で質問できないと悩んでいる方は、原因が自分にあるのか環境のせいなのかを分析してみてください。自分に原因がある場合は、質問力を鍛えることで悩みを解消できます。

しかし、職場の環境が原因なら、転職してしまったほうが悩みを改善できるかもしれません。

転職活動を始めるなら、手厚いサポートを受けられるリクルートエージェントがおすすめです。原因に合わせて質問できない悩みを解決しましょう。

\業界No.1の転職支援実績!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ