MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

【26卒】早期選考を行っている企業の探し方を徹底解説!企業一覧表や準備すべきことも紹介

後輩ちゃん

早期選考ってどうやって探したらいいんですか?

キャリア先輩

インターンや説明会など、さまざまな探し方があるよ。どうやったら効率よく見つけられるのか解説するね。


大学3年生の人は、そろそろ「早期選考」が気になってくる時期ではないでしょうか。早期選考は就活解禁前の大学3年生時点でおこなわれる選考活動です。

ただ、早期選考情報は就活サイトには掲載されておらず、なかなか見つからずに悩んでいる人もいると思います。

本記事では、早期選考をおこなっている企業の探し方や、準備すべきことを徹底解説します。

1人で情報収集をするのは大変なので、就活エージェントのJobSpring(ジョブスプリング)に登録して就活のプロにサポートしてもらいましょう。

早期選考を受けて内定をもらうなら…
就活エージェント JobSpring
【公式HP】https://jobspring.jp/
  • 早期選考を狙うならJobSpringに相談しよう!
  • 丁寧なカウンセリングでキャリアプランが明確になる!
  • 自分に合った3~4社の企業を厳選して紹介してもらえる!

最短2週間のスピード内定! 

※30秒で登録完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

早期選考とは?

早期選考とは、経団連が定めた就活解禁よりも前に独自のルートでおこなわれる選考活動です。多くの企業が足並みを揃える中、優秀な学生を早いうちに確保しておきたい企業は、通常よりも早く選考を進めて内定を出します。

早期選考は就活情報解禁の3月1日よりも前に実施される選考を指し、大学3年生の10月前後から始まります。

早期選考を突破して内定を獲得できれば、就活や学生生活にも時間的・精神的な余裕が生まれるので、積極的にチャレンジしましょう。

早期選考を実施している企業の探し方

「早期選考を受けたいけど、探し方がわからない」と悩む学生は多いです。以下では、早期選考を実施している企業の探し方を紹介します。

自分に合った方法で探してみてください。

早期選考イベントに参加する

早期選考イベントに参加すれば、早期選考を実施する会社に出会えるのでそのまま選考・内定が可能です。早期選考イベントは主に就活サービスが開催しており、優良企業が集まっています。

小規模であることが多いので、申し込みや定員には注意しましょう。参加できれば一度に複数の企業の選考が受けられるため、複数の早期内定獲得も夢ではありません。

就活エージェントが主催するイベントであれば、イベント後のフィードバックや相談に乗ってもらえるサービスもあるのでお得です。

後輩ちゃん

早期選考をおこなっている就活エージェントを探しましょう。

OB/OGに紹介してもらう

志望度が高めの企業があれば、OBやOG訪問をしてつながりを作っておきましょう。うまくいけばOB・OGの紹介で早期選考に参加できる場合もあります。

企業としてもOB・OGの紹介ということでほかの応募者よりは素性がわかっており採用しやすいので、多少有利に選考を進められるでしょう。

OB・OG訪問をするなら大学のキャリアセンターや、マッチングサービスを利用して探すのがおすすめです。

キャリア先輩

会社の雰囲気や所属社員ならではの生の情報を聞けるよ。

リクルーター面談を利用する

リクルーター面談を利用すれば、独自の選考ルートで早期内定が可能です。リクルーター面談とは、企業が優秀な学生を獲得するためにおこなう活動のことで、カフェのようなカジュアルな場所で面談します。

リクルーターは社内の人事部から要請を受けて採用活動を補助する社員のことです。リクルーター面談は30分~1時間程度おこなわれ、志望動機や自己PRについて聞かれます。

優秀な人材だと判断されれば、早期選考や選考免除などのメリットがあります。

後輩ちゃん

大学の先輩を名乗る人から「お話しませんか」と連絡があったらリクルーター面談かもしれません!

インターンシップに参加する

秋ごろから開催されるインターンシップは早期選考につながることもあるので、ぜひ参加しましょう。インターンシップを選考の一環として考える企業は多く、中には参加しないと選考を受けられない企業もあるほどです。

インターンシップでは個々の能力や性格、自社に合っているかを見られているので、早期選考を狙う人は緊張感を持って参加しましょう。インターン先は自分の就活の軸を決め、目的を持って探しましょう。

キャリア先輩

長期インターンの方が早期選考につながりやすいよ。

SNSを利用する

X(旧Twitter)やオープンチャットなど、SNSで情報収集する方法もあります。SNSで「早期選考」を検索すれば、早期選考のイベントや企業について発信しているアカウントを見つけられます。

就活アカウントは就活に関するさまざまな情報を発信しているので、いくつかフォローして情報収集に役立てるのがおすすめです。

後輩ちゃん

SNSは情報があふれているので、取捨選択も重要です。

逆求人型の就活サイトに登録する

逆求人型の就活サイトに登録していれば、企業側から早期選考のオファーが届きます。スカウトを活用すれば、膨大な求人の中から自分に合った企業を探す手間が省けるので、効率的に就活を進められます。

オファーが届けば早期選考以外にも選考免除などメリットが多いので、就活エージェントと併用して1つ以上登録しておくのがおすすめです。

キャリア先輩

より多くの企業から逆求人を受けるために、プロフィールを充実させておこう!

就活エージェントに登録する

就活を効率よく進めるなら、就活エージェントに登録しましょう。就活エージェントなら早期選考の情報にも詳しく、アドバイザーが書類添削・面接対策などの手厚いサポートをしてくれます。

さらに、ヒアリングを元に適性を判断し、最適な求人を紹介してくれるので内定率も大幅に上がります。就活エージェントごとに保有求人やサポート内容が違うので、複数併用して自分に合ったサービスを選びましょう。

後輩ちゃん

就活をする上で、エージェントへの登録は必須です!

早期選考を受けるデメリット

早期選考はメリットばかりあるように見えますが、以下のような思わぬデメリットもあります。

詳しく解説するので、覚悟の上でチャレンジしましょう。

学業や部活・サークルの時間がなくなる

早期選考を狙うなら周りよりも早く就活を始めなければならないため、学業や部活・サークルといった学生としての時間を確保しづらくなります。周りが学生生活を謳歌する中、自分だけ努力しなければならないのはしんどいもので、モチベーション維持も難しいでしょう。

ただ、早く始めた分早く就活を終えられる可能性も高いため、のちのち自由に使える時間が長くなるかもしれません。使える時間を増やすためにも、入念な対策を怠らず、効率よく内定を目指しましょう。

キャリア先輩

モチベーション維持のためには目的意識を忘れないことが大事だよ。

準備期間が短いため、不完全な状態で選考に挑む可能性がある

早期選考は準備期間が短いため、内定を早く取りたいからと焦るあまり不完全な状態で選考に挑む可能性があります。不完全な状態で選考に挑んでも、ほかの就活生との競争では勝ち残れず、結果的に就活が長引いてしまいます。

せっかく就活を始めたのに内定が取れないのでは意味がありません。準備期間が短い中で的確な対策をおこなうなら、大学のキャリアセンターや就活エージェントに相談して、就活のプロの指導を受けておきましょう。

後輩ちゃん

通常の就職活動よりも効率性が求められます。

優秀な就活生との勝負になる

早期選考をおこなう学生は意識が高く優秀な人が多いため、レベルの高い勝負になります。さらに早期選考の枠は少ないので、「勝てないかもしれない」と心が折れてしまう可能性は少なくありません。

ただ、重要なのはスペックや大学時代の実績ではなく、人柄や面接での受け答えです。自分の魅力を最大限アピールできるよう、書類添削や面接対策は徹底的におこないましょう。

キャリア先輩

周りの就活生を気にする必要はないから、できるだけ見ないようにしよう。

オワハラのリスクがある

早期選考は優秀な人材を確保しておきたいという企業の意向があるため、オワハラのリスクにつながります。オワハラとは「就活終われハラスメント」の略で、内々定を出した就活生に就活を終えるよう働きかけたり、内定を条件に長期間拘束する行為のことです。

オワハラを罰する法律はありませんが、「青少年の職業選択の自由を妨げる行為等については、おこなわないこと」と厚生労働省から指針が出ています。

激しいオワハラは脅迫罪や強要罪に当たる可能性もあるので、キャリアセンターに相談しましょう。

後輩ちゃん

人生で一度きりの就活ですから、オワハラに負けて道を決めないようにしましょう。

早期選考を受けるメリット

早期選考はデメリットもある一方で、メリットも多く魅力的です。

以下で詳しく解説するので、メリットを享受したい人は積極的にチャレンジしてください。

本選考の練習になる

早期選考は採用枠が少なく、内定を獲得する難易度は高いです。そのため、努力しても落選してしまうこともあるでしょう。

しかし、落選してしまったからと言って、選考を受けた経験は無駄にはなりません。ほかの人よりも早い段階で多くの選考をこなしていることで、自信を持って本選考に挑めます。

また、落ちてしまった選考を分析すれば自分の得意・苦手がわかるので、本選考が始まる前に対策する機会を得られます。

キャリア先輩

早期選考に期待し過ぎず、本選考を成功させるための練習だと思っておこう。

就活を早く終わらせることができる

早期選考で内定を獲得できれば、就活解禁前の大学3年生時点で就活を終えることができ、内定後の自由に使える時間が長くなります。通常の大学4年生は学業と就活を両立しなければなりません。

特に、卒論は大学4年生にとって負担が大きく、就活が長引くにつれ自分の首を絞めていきます。その点、早期内定を獲得していれば、就活から解放されているので気が楽です。

旅行やアルバイトに精を出すなど、最後の学生生活を楽しみましょう。

後輩ちゃん

大学生だからこそできることをしましょう!

周りとの差をつけられる

早期選考で内々定を獲得、または選考慣れしておくと心の余裕につながり、本選考を優位に進められます。特に面接では誰しもが緊張するものです。

その点、早期選考で面接に慣れておくだけで、緊張し過ぎず自分の魅力を十分にアピールできます

また、進路が確保されているので、選考で落ちても焦ることがありません。「ちょっとレベルの高い企業を受けてみようかな」といったチャレンジ精神も生まれ、就活が好転し続けるでしょう。

キャリア先輩

周りにマウントを取る必要はないけど、比べた時に自信につながるよ。

優秀な学生とのつながりができる

早期選考で就活コミュニティのような場にいると、同じ志を持った優秀な学生と出会える可能性が高いです。早期選考は特に孤独な戦いになりがちですが、同志がいるとモチベーション維持にもつながります

また、早期選考に参加するほどの優秀な学生と交流していれば、就活情報を交換できるだけでなく、さまざまな知見が広がる可能性もあります。

強力なライバルではありますが、かけがえのない友情が生まれるかもしれません。

後輩ちゃん

SNSやコミュニティサービスで同志を探してみましょう。

早期選考で内定をとるためにやっておくこと

早期選考で内定をとるためには、以下のことをやっておきましょう。

それぞれどのようにすれば効率が良いか、具体的に解説します。

早めに自己分析や業界研究などを行う

就活において自己分析や業界研究は必須事項ですが、早期選考では特に準備時間がありません。できるだけ早めに自己分析や業界研究をおこない、就活の軸・ガクチカ・自己PRなどを決める際の基盤を固めておきましょう。

また、どの業界・企業の早期選考を受けるかを決めるためには、就活の軸も持っておく必要があります。自分の希望、「ここだけは譲れない」という最優先事項を決めておいてください。

併せて、内定率を上げるために自己PRやガクチカを練っておくのも忘れてはいけません。時間のない中で、いかに完成度を上げられるかが勝負です。

キャリア先輩

早く始めるに越したことはないよ。

インターンに積極的に参加する

秋からのインターンは企業も優秀な学生を確保したいと考えており、早期選考につながる可能性が高いです。中にはインターン生にのみ早期選考を案内する企業もあるので、積極的に参加しましょう。

そもそもインターンに応募する時点で、企業からは「関心を持ってくれている」と好印象です。応募したという事実は選考でも有利に働くので、関心のある内容・理由についても考え、答えられるようにしておきましょう。

早期選考につなげたいなら、短期のインターンよりも中・長期インターンに応募して自分の魅力をアピールするのがおすすめです。

後輩ちゃん

インターンは企業の雰囲気や仕事内容を知ることができるので、絶対に参加しましょう。

SPIなどの能力検査対策を行う

早期選考や本選考ではSPIなどの能力検査がおこなわれる場合も多いです。能力検査は対策すれば確実に点数を稼げるので、怠らないようにしてください。

SPIの対策をするなら、最低30時間以上の学習時間を確保しましょう。対策方法は問題集・アプリ・Webサイトを利用する方法があります。

問題集を読むだけでなく、実際に問題を解くと身に付きやすいです。

キャリア先輩

直前に詰め込んで勉強するのではなく、普段から慣れておこう。

就活エージェントに登録する

内定率を上げるなら、就活エージェントの登録は必須です。就活エージェントに登録すれば、自分に合った企業を紹介してくれるだけでなく、エントリーシートの添削や面接対策などのサポートも受けられます。

また、就活エージェントのキャリアアドバイザーは就活事情を熟知しており、就活に関する不安などの相談にも乗ってくれる心強い味方です。

ぜひたくさん利用して早期選考から内定獲得までサポートしてもらいましょう。

後輩ちゃん

複数の就活エージェントに登録して、自分に合った企業をたくさん紹介してもらいましょう。

早期選考で内定をとりたい人におすすめの就活エージェント

以下では、早期選考で内定をとりたい人におすすめの就活エージェントを3つ紹介します。

早期選考で内定をとりたい人におすすめの就活エージェント

それぞれの特徴を理解して、自分に合ったサービスを複数併用しましょう。

ジョブスプリング

ジョブスプリング
【公式HP】https://jobspring.jp/
名称JobSpring(ジョブスプリング)
運営企業HRクラウド株式会社
対象学年25卒
強みAI×プロのエージェントによる高精度なマッチング
利用しやすさ対面面談が東京のみ(オンライン対応)
求人内定まで最短2週間の求人を紹介
紹介実績1000社から厳選された3~4社を紹介
サポート早期離職率0.1%を誇る手厚いサポート
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://jobspring.jp/
キャリア先輩

自分にぴったりの企業が見つかるよ。

JobSpring(ジョブスプリング)は専属のアドバイザーによる丁寧なカウンセリングと徹底した選考対策が評判の就活エージェントです。

丁寧なカウンセリングとAIの併用により就活生にベストマッチする企業を厳選して紹介してくれるので、早期離職率が0.1%と就活失敗の不安がほとんどありません

さらに、厳選した企業への選考対策を万全にしてくれるので、内定率は90%以上と非常に高い水準を誇ります。

もう企業選びで迷わない! 

※30秒で登録完了

あわせて読みたい
JobSpringの口コミ評判は?内定率が高いと話題の25卒向け就活エージェントの体験談 JobSpringはおすすめと聞きますが、実際の評判はどうですか? 就活生と企業との正確なマッチングに定評があるよ。 JobSpring(ジョブスプリング)には、「自己分析をさ...

キャリアパーク

名称キャリアパーク就職エージェント
運営企業ポート株式会社
対象学年25卒
強み最短1週間で優良企業へスピード内定ゲット
利用しやすさ全国対応でエリアも広く、丁寧なヒアリングが好評
求人厳選された全国各地の優良企業300社から求人を紹介
紹介実績年間1,000人以上の就活生がスピード内定獲得
サポート選考対策やセミナーなどで選考通過率が大幅アップ
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://careerpark-agent.jp/
後輩ちゃん

早く内定が欲しい就活生におすすめです!

キャリアパーク就職エージェントは上場企業のポート株式会社が運営しており、累計利用者は20,000人以上と人気の高い就活エージェントです。

キャリアパーク就職エージェントは独自の早期選考ルートを案内してくれるため、最短1週間のスピード内定が可能です。早期選考を狙う就活生は登録して早期内定を獲得しましょう。

さらに、就活対策マニュアルは就活に必要な資料やSPIの問題などが網羅されているので便利です。

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

あわせて読みたい
キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判はやばい?【25卒・26卒】最短1週間のスピード内定をゲット... 今すぐ内定が取れるって聞いたけど本当ですか? うん、最短3日のスピード内定も可能にした頼れるアドバイザーが伴走してくれるよ! キャリアパーク就職エージェントでは...

オファーボックス

offerbox
【公式HP】https://offerbox.jp/
名称OfferBox(オファーボックス)
運営会社株式会社i-plug(アイプラグ)
対象学年25卒
強み学生利用率が非常に高く圧倒的な安心感を誇る逆求人サイト
独自性自己分析診断ツールAnalyzeU+をもとに正確なスカウトマッチング
求人大手からベンチャーまで9,411社以上が掲載
実績オファー受信率93.6%(※プロフィール記入率80%以上)
使いやすさ1分で無料登録、SNSでもログイン可能
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://offerbox.jp/
キャリア先輩

他サービスとの併用にもおすすめだよ。


OfferBox(オファーボックス)は就活生に最も利用されているスカウト型の就活サービスです。OfferBoxでは251問の大ボリュームな適性診断を受けられ、診断結果をもとに企業からのスカウトが届きます

自己分析を深めるとともに自分に合った企業も見つかるので、一石二鳥のサービスです。

登録企業は大手企業からベンチャー、さらに外資系企業と幅広いので多種多様な企業と出会えるチャンスがあります。

あなたにぴったりの企業が見つかる!

※60秒で登録完了

キャリアクラス
【25卒】OfferBox(オファーボックス)の評判口コミは悪い?参加企業やメリット・デメリットを解説 | キャ... OfferBoxは悪評が多いですね…。 本当にそうかな?待つだけでスカウトがもらえるのはかなり魅力的だよ! OfferBoxは口コミサイトやSNSをみると悪い評判が多いです。しかし、...

早期選考を行う業界一覧

早期選考をおこなう業界は、次のような業界です。

早期選考を行う業界一覧
  • 外資コンサル
  • 外資系金融
  • 外資系メーカー
  • 外資系IT
  • 総合商社
  • 日系金融
  • テレビ業界
  • ベンチャー企業

外資系企業やベンチャー企業は、早期選考で優秀な学生を早く確保する傾向があります。目指す業界がある人は、興味のある企業を探して応募しましょう。

早期選考を行う企業一覧

早期選考をおこなう企業を、企業の特徴ごとに紹介します。

早期選考を行う企業一覧
  • 早期選考を実施する日系中小ベンチャー企業一覧
  • 早期選考を実施する日系大企業一覧
  • 早期選考を実施する外資系大企業一覧

それぞれ早期選考の時期が微妙に異なるので、しっかりチェックしてスケジュール調整しましょう。

早期選考を実施する日系中小ベンチャー企業一覧

早期選考を実施する日系中小ベンチャー企業一覧です。

ア行アカツキ、朝日新聞、エムスリー、エン・ジャパン
カ行カカクコム、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、クックパッド、グノシー、グリー、ぐるなび、講談社、コロプラ
サ行サイバーエージェント、サイボウズ、集英社
タ行テレビ東京
ナ行
ハ行ビズリーチ
マ行毎日放送、メルカリ
ヤ行読売新聞
ラ行ラクスル、楽天、リクルート、リクルートキャリア、レバレジーズ
ワ行ワークポート
英字DeNA、GMOインターネット、LINE、mixi、UZABASE、Wantedly、Zホールディングス

日系の中小、ベンチャー企業は就活解禁前の1月ごろに早期選考をおこないます。

中小ベンチャー企業は優秀な人材をいち早く確保するため、就活解禁前に選考をおこない内定を出すことも少なくありません。人気のベンチャー企業を狙いたい人は、12月ごろからの早期選考を狙って準備しましょう。

後輩ちゃん

成長志向が強くミドルベンチャー企業を目指す人は、ここで内定承諾します。

早期選考を実施する日系大企業一覧

早期選考を実施する日系大企業一覧です。

ア行アサヒ飲料、味の素、伊藤忠商事
カ行関西電力、京セラ、グリーンハウス
サ行サントリービバレッジ、資生堂、住友商事、ソニー、ソフトバンク
タ行中部電力、電通、東京海上日動火災保険、凸版印刷、トヨタ、ドリームインキュベータ
ナ行ニトリ、日本総研、野村総合研究所
ハ行パナソニック、博報堂、富士フイルム
マ行みずほ証券、三井物産、三菱商事、三菱電機、明治安田生命
ヤ行
ラ行
ワ行
英字ANA、JAL、NTTデータ、NTT西日本、NTTdocomo、SMBC日興證券

大手企業は早期選考のイメージが少ないかもしれませんが、ご覧の通り数多くの有名企業が早期選考を実施しています。大手企業は競争率が高いので、早期選考を受けてチャンスを逃さないようにしましょう。

日系大手企業の早期選考に決まった時期はなく、リクルーターを通す場合や夏期インターンから案内する場合もあります。

キャリア先輩

大手企業でも早期選考をするところはけっこうあるよ。

早期選考を実施する外資系大企業一覧

早期選考を実施する外資系大企業一覧です。

ア行アーサー・ディー・リトル、アクセンチュア、アビームコンサルティング、エスティーローダー
カ行コーン・フェリー、ゴールドマン・サックス
サ行シグマクシス、シティグループ、ジョンソン&ジョンソン、スリーエムジャパン
タ行デロイトトーマツコンサルティング、ドイツ銀行
ナ行
ハ行バークレイズ、バンクオブアメリカ、フィリップモリスジャパン、プライスウォーターハウスクーパース、ベイン・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティンググループ
マ行マーサージャパン、マースジャパンリミテッド、マッキンゼー・アンド・カンパニー、モルガン・スタンレー、モンデリーズ・ジャパン
ヤ行ユニリーバ・ジャパン
ラ行ローランド・ベルガー、ラザード・フレール
ワ行
英字A.Tカーニー、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、LVMHグループ、PwCコンサルティング、P&G Japan、Strategy&、UBSグループ

外資系企業は早期選考の中でも特に早いので注意しましょう。9月ごろには外資系のメーカーが特別選考枠で早期内定を出し、12月ごろには多くの外資系企業が早期選考を終えます

外資系企業の早期選考を狙っている大学3年生は、今すぐに動き出しましょう。

後輩ちゃん

人気企業はインターンの競争率も高いです。

早期選考に関するよくある質問

早期選考を目指す人からよくある質問に回答します。

早期選考で内定をもらう学生の合格率は?


引用:就職プロセス調査(2024年卒)「2023年3月1日時点 内定状況

就職プロセス調査(2024年卒)では、3月1日時点の就職内定率、つまり早期選考で内定を勝ち取った人は全体の30.3%でした。

また、2月1日時点の内定率が19.9%だったので、2月から3月までの1か月で約1割の人が内定を取っているとわかります。

さらに、2022年卒、2023年卒と比較すると早期内定率は上昇傾向にあります。以前は早期選考を受けている学生はスタートが早いイメージがありましたが、最近では就活の早期化に伴い大学3年の夏ごろから活動する人も珍しくありません。

キャリア先輩

早期選考を実施する企業とライバルが増えたということだね。

準備不足でも受けた方がいい?

早期選考は対策できる時間が足りないので、準備不足のまま選考を迎えてしまう人もいるでしょう。結論を言うと、経験を積んで選考に慣れられるので、準備不足でも受ける価値はあります。

また、単純にチャンスが増えるので、志望度の高い企業はチャレンジすべきです。

ただ、早期選考に落ちると本選考を受けられなかったり、あまりに失礼な態度だと本選考に影響があるので注意してください。

後輩ちゃん

最低限の準備はしておきましょう。

早期選考で得た内定は保留にできる?

早期選考で内定が出ても、志望度の高い企業が本選考にある場合、内定を保留したいと考える人は多くいます。ただ、企業側も内定を出した学生には就活を終えて自社に決めて欲しいのが本音です。

内定を保留にする際は「多くの企業と関われる貴重な機会なので、チャレンジして成長したい」と前向きな姿勢を伝えましょう。伝える方法は、電話やメールのどちらでもOKです。

これに対して「保留できない」と言われたら、就活を終了する・内定を辞退する・承諾して裏で続けるといった対処法があります。

キャリア先輩

裏で続けているのがバレるとトラブルのリスクがあるから気を付けよう

早期選考はどこから申し込める?

早期選考は通常の就活情報サイトには掲載されません。本記事で紹介したイベントやインターン、リクルーター面談を利用して探し、応募しましょう。

また、逆求人サイトや就活エージェントを利用すると効率的に早期選考を進められます。

まずは自己分析や業界研究をおこない、自分が早期選考を受けたい企業・業界を明確にしておきましょう。

後輩ちゃん

まずは情報収集が大事です!

食品メーカーで早期選考を実施している企業は?

食品メーカーで早期選考を実施している企業は、主に以下の企業です。

食品メーカーで早期選考を実施している企業
  • キリン
  • 森永乳業
  • サントリー

大手食品メーカーが早期選考をおこなっているという情報は、それほど多くは見られませんでした。上記食品メーカーの早期選考はインターンやスカウトからおこなわれます。

特に森永乳業は学歴フィルターも少なく、インターンやオファーからの内定者を出すことでも有名なので、興味のある人は狙ってみましょう。

金融業界で早期選考を実施している企業は?

金融業界で早期選考を実施している主な企業は以下の通りです。

金融業界で早期選考を実施している企業
  • 三井住友銀行
  • 野村証券
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ証券
  • 明治安田生命

金融業界を受ける就活生は同業他社も並行して受けるため、どこの企業も優秀な人材を確保しようと必死です。そのため、インターンに参加するとリクルーターがついて早期選考に案内される場合があります。

特にインターンに参加しないと内定に結びつかないほどアドバンテージが大きい企業もあるので、志望する人は絶対に参加するようにしましょう。

早期選考を実施している企業を知りたいならまずは就活エージェントに登録しよう!

就活全般にも言えることではありますが、早期選考は情報戦です。とにかくいち早く自己分析と業界研究を終わらせて、自分の就活方針を決めましょう。

受けたい業界が決まったら、志望企業が早期選考を実施しているか調べてください。早期選考を探すには本記事で紹介したようにさまざまな方法がありますが、まずは就活エージェントに登録しましょう

JobSpring(ジョブスプリング)ならアドバイザーから丁寧なカウンセリングを受けられ、最適な企業を紹介してもらえます。

もう企業選びで迷わない! 

※30秒で登録完了

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ