MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

【例文付き】県外転職の理由はどう伝えるべき?効率よく成功させるための4つのポイントについても解説

「今住んでいるところだとやりたい仕事ができない」
「結婚で県外に引っ越すことになった」
「都会から地元へ戻って働きたい」
「県外へ転職したいけど、どんな準備をしたらいいんだろう?」

これらの悩みをお持ちなら、本記事を最後まで読んでみてください。県外への転職を効率よく成功させるためのコツやポイントをお伝えします。

県外への転職を効率よく成功させるためには、県外への転職のメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

居住エリアから近い場所への転職と違ったコツや準備すべきことなどもあります。ひとつひとつ押さえていきましょう。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職成功者の8割が利用 大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda
    IT・WEB系求人に強い スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア
    寄り添ったサポート 全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

県外転職5つのデメリット

デメリットをあらかじめ理解すれば、ムダなコストや不安を軽減できます。

面接などの際の交通費や宿泊費がかかる

県外への転職活動をするたび、交通費や宿泊費はどうしてもかかってしまいます。

志望する企業へ面接や面談で出向くのが一社につき3回程度(最初の面接・最終面接・契約時)と想定すると、その都度交通費や宿泊費といった金銭的な負担が増えることになります。

転職先がなかなか決まらず転職期間が長引くと、負担がその分さらに大きくなります。

具体的な金額は、転職先がどれくらい自宅から離れているかによりますが、念のため事前に試算しておきましょう。

あわせて読みたい
【絶対必須】Web面接におすすめのパソコン10選|パソコンがないのは絶望的?スマホで受けてはいけない理由 パソコンを使わずにWeb面接を受けると、面接に落ちてしまいます。 最近ますます回数が増えてきたのがWeb面接です。スマホでももちろん受けられますが、絶対に辞めておい...
あわせて読みたい
【実は必要】Web面接におすすめのウェブカメラ8選|ノートPCにウェブカメラが付いていてもあれば便利です Web面接に必要なのがウェブカメラですが、ノートパソコン内蔵のウェブカメラを使っていませんか? 実はこのカメラを、あえて別途購入することで、面接官に与えられる印...

地域色の強い企業だと転職の難易度が高くなる

都市部ではなく、地方の企業へ県外転職するとき注意したいのが、地元優先採用企業だと難易度が高くなることです。地方の企業は地元の人を優先的に採用する傾向が都市部より高いとされています。

地域の特産物や技術を活用しているような、地元に根付いた業務を基本に展開している企業ほど、地元にくわしい人を採用したいと考えるケースが多いです。

県外転職者が不利になる理由は、以下の3つです。

県外転職者が不利になる理由
  • 内定辞退されるリスクが地元の応募者よりも高いから
  • 転職先の生活環境や文化になじめず、辞める可能性が高いと判断されがちだから
  • 地元の人の方コミュニケーションが取りやすいから

地域色の強い県外企業への転職を希望する場合は、魅力的なスキルや経験を持ち、適切にアピールしなければ難しいといえます。

引っ越し費用がかかる

転職活動にかかる費用にくわえ、引っ越し費用も準備しておく必要があります。

具体的にどれくらい引っ越し費用がかかるのか、実際に引っ越しサイトなどで試算してみるとイメージしやすいです。

試算した上で予算的に難しい場合は、転職のスケジュールを見直す、もしくは県外への転職そのものをすべきかどうか考える、といったことが必要です。

生活環境が変わる

県外へ転職すると生活環境や生活費が大きく変わり、ストレスを感じる可能性も高いです。

特に都市部での暮らしが長い場合、戸惑うことが多いかもしれません。

地方は都市部に比べてコミュニティが濃密なことが多く、地域の行事への参加がほぼ義務に近い形になっていたりと、都市部では考えられなかった人付き合いをすることもあります。

反対に地方部から都市部への転職では、人の多さや街並みの複雑さなど無意識に疲れてしまうこともあるでしょう。

収入や生活コストが変わる

都市部から地方へ転職した場合には、給料が下がってしまうことを想定しておくことも必要です。

逆に地方から都市部へ転居すると、給料が地方より高い傾向にある分、物価も高めで生活費も変わってしまいます。

今までと同じように生活していたつもりが、気付けば思っていたより生活費がかかっていた、ということになりかねません。

\ 県外転職ならエージェントは必須!/

県外転職のメリット

県外転職では、新天地で心機一転再スタートできるという点以外にもメリットがあります。

転職先の選択肢が増える

現在の居住範囲周辺だけでなく、県外へも転職先の範囲を広げると、企業の選択肢が増えます

地方から都市部への転職の場合は、地方ではやりたくてもできなかった仕事、仕事や採用がなかった職種にチャレンジできる可能性も高いです。

都市部から地方部への転職でも、地域ならではの仕事、都心部でキャリアがあるからこそ歓迎される職種などもあります。

キャリアアップが望める

求人の範囲が広がることで、これまで積み上げてきたキャリアをより高められる企業に出会える可能性が高まります

都市部の規模の大きな企業では、部署の枠を超えての仕事が難しいこともありますが、地方部では一人にさまざまな役割を任せられることも少なくありません。

例えば地方の企業に広報として転職したら、マーケティングや企画づくりなどより経営に近い仕事も任されるようになり、よりやりがいを感じられるといったこともあります。

やる気をアピールしやすい

県外への引越しを伴う転職活動では、企業側にやる気をアピールできるのが有利なポイントです。

なぜなら県外への転職は、環境の変化や金銭的な負担などのリスクが伴うからです。それにもかかわらず「県外の貴社に転職したい」という本気度をアピールすることで、ライバルに差をつけられます

\ 県外転職ならエージェントは必須!/

県外転職を効率よく成功させるための4つのポイント

県外転職のメリット・デメリットを把握した上で、県外転職を効率よく成功させるためのポイントを抑えておきましょう。

転職を希望する地域の平均年収や求人状況を把握する

転職を希望する地域の平均年収や求人状況を調べて把握する理由は次のとおりです。

平均年収を調べる理由

転職先の都道府県や地域の賃金の相場が分かり、応募の判断基準にできます。また転職後の生活コストが試算できるので、理想的なライフスタイルが送られるかも考えることができます。

せっかく希望の仕事に転職したのに賃金が安すぎて趣味が続けられない、生活コストが高すぎて住まいや食事の我慢をしなくてはならない、といったことがないようにしたいものです。

平均年収は「●●県 平均年収」といった検索で調べられるほか、厚生労働省が発表している「労働統計要覧」の賃金データ(*)なども参考になります。

(*)出典:「労働統計要覧(平成30年分)」(厚生労働省)

求人状況を調べる理由

地方では全国的な求人状況が必ずしも反映されないケースがあります。

たとえば2020年は全国的に有効求人倍率が下がり続け、2020年(令和2年)8月の有効求人倍率(季節調整値)は1.04倍(**)となりました。

一方で福井県は1.55倍です。2019年(令和元年)12月の全国平均値が1.68倍だったことを考えると、極端に下がったとはいえません。

だから県外へ転職する場合には転職先の求人状況を調べるのが重要なのです。

(**)出典:「一般職業紹介状況(令和2年8月分)」(厚生労働省)

転職活動や引っ越し、県外転職後の生活費の試算をする

実際に活動をする前に転職活動や引っ越し、県外転職後の生活費の試算をしておきましょう。

県外転職のデメリットとして挙げたように、転職活動中の交通費や宿泊費の負担、引っ越し費用を合わせると大きな金額になります。

また、都市部に転居するか地方に転居するか、単身か家族も一緒かなどによって費用も異なります。あらかじめ必要になる費用を想定しておくと、精神的に余裕ができて転職活動に集中できます

最低限の費用は考えておきましょう。

県外転職にかかる最低限の費用
  • 引っ越し業者に支払う総額
  • 引っ越し前後に必要な宿泊費用
  • 引っ越しのための交通費
  • 引っ越し前後の飲食費用(料理等ができず、引っ越し先の飲食店情報も未知なので、普段より食費がかさみがちになります)

県外転職のアピールポイントなる志望動機を用意する

県外転職のメリットとして「やる気をアピールしやすい」と説明しましたが、反対に志望動機が明確でない場合、面接官からすると「なぜ、わざわざこんな遠方に転職したいの?」となります。

面接では県外転職の理由を聞かれると考えてほぼ間違いありません。面接官を納得させられ、アピールポイントになるよう事前に用意しておきましょう

例えば下記のような文脈でまとめることができます。

転職を志望している企業にやりたい仕事がある場合

私は元々大学で●●学を専門に学び、就職後も●●の知識を会社のために使いながら、自身の知見や経験を深めていきたいと考えていました。

新卒時には縁があって現在の会社にお世話になることになりましたが、やはり幼い頃からの夢であった●●分野で仕事をしたいという思いが強くなりました。

たとえ県外への引っ越しを伴ってでも実現したく、●●分野のトップランナーである御社を志望いたしました。

結婚して引っ越すことになった場合

正直に申し上げますと、結婚による引っ越しが理由です。しかし、あくまでもそれはきっかけであり、以前より●●●●で実績を残されている御社に興味がありました。

私も●●●●関係の仕事を10年続ける中で、もう少し規模の大きな案件を経験したいと思っていた矢先、結婚が決まり居住地が偶然にも御社の本拠地がある所となりました。これはご縁、そして私にとって大きなチャンスと思い、志望いたしました。

旅行先で訪れて気に入った場合

2年前の夏期休暇で●●市を訪れ、風光明媚な景色や旅人にも優しく声をかけてくれる温かな人々に触れたことが、この地域に興味を持ったきっかけです。

旅行から帰った後も●●市の歴史や産業を調べる中で御社の存在を知りました。御社の経営理念と技術は、まさに●●市の歴史とあるといっても過言ではなく、私も働いてみたいと思っておりました。

その折に私が新卒より7年間つちかってきた▲▲職での採用募集が始まったと知り、志望いたしました。

あわせて読みたい
転職の志望動機の書き方を解説|未経験の仕事へ転職するときの例文を紹介 転職活動における志望動機は、入社意欲を伝えるための重要な文書です。端的かつ具体的に書くことで、面接までスムーズに進む可能性が高まります。 志望動機がしっかりし...

適切な転職活動の方法を見つける

ここまでの準備をしたら、いよいよ転職活動を始めます。しかし、情報が手に入りにくい県外転職なので、適切な転職活動方法を見つけるのが重要です。

転職活動の方法について、県外転職におけるメリットとデメリットを比較しました。

メリットデメリット
知人の紹介リアルな情報が手に入りやすい。紹介までこぎつけた場合、採用の確率が高くなる県外への転職のため、そもそも転職活動を応援してくれるような知人を見つけるのが大変
ハローワーク地方部では採用のプラットフォームとしてハローワークを利用していることが多いので、多種多様な採用情報が手に入る。採用にしっかりとコストをかけるような優良企業や条件の良い仕事は見つけにくい。行政機関のためきめ細やかなサポートやアドバイスを受けることは難しい
求人サイト県外にいながら情報を集められる。検索機能を使って効率的な転職活動ができる。地方部ではコストやリソースの問題から求人サイトに情報を出していない企業も多い。都市部では情報が多すぎで取捨選択が大変。
転職エージェント希望条件に合う採用情報をエージェントが見つけてくれるので効率が良い。個人に合った転職活動のアドバイスをもらえる。エージェントとのやり取りの時間が必要。エージェントとの相性があり、場合によってはエージェントの交代が必要となる。

県外転職を効率よく成功させるには、転職エージェントを活用することをおすすめします。

特に県外への転職の場合、現地に転職活動のために何度も足を運ぶのは、金銭的にも時間的にも大変です。また県外の企業の情報は、個人ではなかなか入手しにくい場合が多いです。

その点大手の転職エージェントは全国に情報を張り巡らせていて、個人では難しい点をサポートしてくれます。

\ 県外転職ならエージェントは必須!/

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職成功者の8割が利用 大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda
    IT・WEB系求人に強い スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア
    寄り添ったサポート 全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ