MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職後のミスマッチでやめたい理由と対処法!再転職でミスマッチを防ぐコツも解説

本記事でわかること
  • 転職後のミスマッチでやめたいと感じたときの対処法
  • 転職後にミスマッチを防ぐためのコツ
  • 転職後のミスマッチで早期退職は不利なのか

誰しも転職後に「思っていたのと違った」とギャップを感じた経験はあるでしょう。転職後にミスマッチを感じた際には、転職を視野に入れるのがおすすめです。

とはいえ、早期離職となり次の転職活動への影響を考える人も少なくないはずです。

そこで本記事では、転職後のミスマッチでやめたい場合の対処法やミスマッチを防ぐコツについて紹介します。「転職失敗したかも…」と悩み退職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

転職後のミスマッチで転職を検討する場合には、マイナビエージェントの利用がおすすめです。マイナビエージェントは転職成功のノウハウを熟知したキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、希望を丁寧にヒアリングしながらスキルや希望に沿った求人を紹介してくれ、ミスマッチを防ぐ転職活動ができるはずです。

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/

\転職者の8割が利用/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職後にミスマッチを感じた人の割合は半数以上!

参考:ミスマッチとは?採用におけるミスマッチの原因と対策をご紹介 | TalentX Lab.

ある調査で正社員として働く20代〜50代の男女400名を対象に、「入社後に違いを感じたことがあるか」について聞いたところ、53%の人が入社後にギャップを感じていることが分かりました。

つまり、働く人の約半数がギャップを感じた経験を抱えており、企業の採用活動においてミスマッチが日常的に起こっていることが読み取れるのです

ミスマッチを感じてしまうのはあなただけではなく、企業側との擦り合わせがうまくいっていなかったのが原因であるため、自分だけを責める必要もありません。

ただ、入社後のギャップが埋まらずにその後の労働環境や自身の精神状態などに影響してしまう可能性もあるため、面接時や会社説明会時には詳しく説明を聞いたり会社訪問やOG訪問をしたりして事前に多くの情報を把握しておくことが重要です。

転職後のミスマッチでやめたいと感じたときの対処法

転職後のミスマッチでやめたいと感じたときには、以下のような対処法に取り組んでみましょう。

我慢せずに、周りの助けを借りたり環境を変えたりすることが重要です。

仕事内容に関してミスマッチが起こったら転職を検討する

入社した後に、携わる業務が想像していた内容とは異なっていた、違う部署に配属された、などとギャップを感じた場合には転職を検討するのも一つの方法です。

「どうしてもこの業務に携わりたい!」という気持ちで入社したのに、それが叶わない場合には時間を無駄にしてしまう可能性もあるのです。

そのため、近い将来に自分がやりたいことをやらせてもらえる保証がないようであれば、思い切って転職すべきでしょう。

一方で、業務内容や事業内容ではなく、一緒に働く人や働きやすさを重要視して入社した場合には数年我慢して状況が変わるのを待つという対処方法もあります。

あわせて読みたい
できるだけ早く部署異動したい!異動希望が通る人の特徴や成功のポイントを徹底解説 本記事でわかること 部署異動が実現しやすい人の特徴 部署異動するメリット・デメリット 今すぐ環境を変えたい人へのおすすめ転職エージェント 早く異動したいけど、異...

今の職場環境に適応できるよう工夫してみる

現在の職場にギャップを感じている場合には、すぐに転職をせずに現在の職場に適応できるように工夫してみるのもおすすめです。

転職活動には時間や労力がかかるうえに、転職活動が円滑に進んで希望する転職先が必ず見つかるという保証もありません。

そのため、まずは仕事に早く慣れるように自己研鑽に励んだり、周囲と打ち解けられるよう積極的にコミュニケーションを図ったりするなど身の回りのできることから始めてみましょう。

そのような努力を重ねているうちに周囲の人の目に止まったり成績が認められたりして、自分次第の努力で何とかできるという自信がつく可能性もあります。

ギャップを払拭できなければ上司に相談する

どうしても自分の努力でギャップを払拭できない場合には、改善を求めて上司に相談しましょう。悩みやストレスを吐き出すことで気持ちも楽になるうえに、上司からのサポートやアドバイスが受けられることも期待できます。

直接的な解決につながらなくても、自分の悩みを意識してもらえるようになり、定時で帰れるよう仕事量を調整してくれたりチーム編成を考えてくれたりして働きやすいようにサポートしてくれる可能性もあるのです。

会社の中の1人が何か不安や不満を抱えている場合には、1人だけではなく数人は同じ悩みや考えを抱えている可能性があるため、自分だけで抱え込まずに誰かの助けを借りることも考えておくといいでしょう。

どうすればミスマッチを防げた?次の転職活動で同じ過ちを起こさないためのポイント

ミスマッチが発生した場合には、次の転職活動で同じ過ちを繰り返さないことが重要です。そのためのポイントを、いくつか紹介します。

入社後のミスマッチにより転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

さまざまな方法で企業について調べる

ミスマッチを防ぐためには、さまざまな方法やあらゆる角度から企業について情報を収集することが重要です。求人に記載されている情報だけでなく、企業の公式サイトやSNS、口コミサイトを参考にするのもいいでしょう。

実際に働いている人の声が最もリアルな情報元となるため、その企業に勤めている人がいないか、友人の紹介やSNSを駆使して繋がりを探すことも可能です。

職場の雰囲気を体感するのも有効な方法であるため、応募先企業が対応しているようであれば、実際に企業やオフィスに足を運んでみるのも一つの方法です。

また、志望先が飲食店や小売店などのサービス業の場合には実際にお客さんとしてお店やサービスを利用することで、働いている人やお店自体の雰囲気を掴むきっかけにもなります。

面接で気になることはすべて質問する

入社後のミスマッチを防ぐためには、採用面接時に気になることがあれば全て質問しておくことも必要不可欠です。遠慮して聞きたいことを聞けずに、入社後に思っていたのと違ったと感じてしまっては、企業側・社員側どちらにとっても損しかありません。

そのため、企業に質問できる機会は有効に活用し、自分が働く場合を想定して細部までイメージして、事前に質問を準備しておくのが安心です。

とはいえ、将来のキャリアや自己分析が曖昧であれば企業側への質問も難しいため、どういう働き方をしたいのかや将来のキャリアビジョンなどは明確にしておく必要があります。

そのうえで、自分のイメージに沿った業務内容や働き方ができるのかという視点を持って質問することが重要です。

面接官やキャリアアドバイザーとは本心で話す

入社後のミスマッチは、企業側との面接や転職エージェントを利用した面談時の、伝え方やその内容が原因で起こっている可能性が考えられます。

内定欲しさに自分のことを盛ってよく見せようとしてしまったり、応募する求人を多く収集したいという思いから自分の希望の幅を広げてしまったりした経験がある人もいるでしょう。

数多くの選考を経験することは勉強になるため悪いことばかりではありませんが、お世話になった面接官や採用担当者にお断りを入れなければならなくなるのも事実です。

そのため、面接官や転職エージェントのキャリアアドバイザーには、本当に自分が望む働き方ができるのか、志望している企業なのかを慎重に吟味して正しく伝わるように話すことが重要です。

譲れない条件ややりたい仕事をしっかり言語化しておく

企業選びを行う際には、譲れない条件ややりたい仕事を明確に言語化しておくことが重要です。

自分のキャリアや希望する働き方について明確に言語化できていないと、「何となく」の感覚で入社することになり、その後になんか違うとギャップを感じて後悔するというケースが少なくありません。

何となくで選考を進めたり入社を決めたりしてしまうのではなく、就職活動・転職活動の準備の時点で譲れない条件ややりたい仕事について考えておくことが重要です。

希望する条件や業務内容についてすぐにイメージできない場合には、これまでの人生における経験や実績を棚卸しして、自己分析を行うことをおすすめします。

自分が気持ちよく働き続けるために大事にしたいことを、まずはしっかりと見つめ直していきましょう。

ミスマッチを防ぎたいなら転職エージェントがおすすめ!

入社後のミスマッチを防ぎたい場合には、転職エージェントを活用するのがおすすめです。転職エージェントは、企業の内情を教えてくれたり条件の交渉を代行してくれたりするため、入社後のミスマッチを限りなく小さくしてくれます。

また、求人の紹介も自分の希望や適性に合わせて紹介してくれるため、そもそもミスマッチが起こる状況を回避できる可能性が高いのです。

おすすめの転職エージェント

以降で詳しく解説します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 業界ごとの専任制で各職種の転職事情に精通したアドバイザーが在籍
  • 企業の人事担当者とやりとりするアドバイザーが在籍している
  • 給与や入社時期の細かい条件交渉も転職エージェントが代行

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営するオリコン満足度調査2年連続No.1の転職支援サービスです。マイナビエージェントには、企業担当アドバイザーが在籍しています。

そのため、求人票だけでは知り得ない企業の社風や雰囲気、業界の成長性・動向、入社後のキャリアパス、書類選考・面接選考通過の難易度などについても詳細な情報を把握できるのです。

そのため、入社後に「思っていたのと違った」と感じるギャップも最小限に抑えられます。

また、応募書類の添削や模擬面接対策も受けられ、退職理由や志望動機について的確なアドバイスをもらえるため、短期離職が不安だと感じている場合にも安心して任せられます。

そのうえ、職務経歴書では伝えきれない求職者の長所についてまとめた推薦状も応募書類と一緒に提出してくれるため、選考通過率の向上も期待できるのです。

早期退職に対する不安があるかもしれませんが、キャリアアドバイザーが親身になってサポートしてくれるため、まずは無料相談から気軽に始めてみましょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 面接後に企業側からもフィードバックが得られる
  • 面接日程や入社日調整・年収交渉まで代行してくれる
  • 求人票だけではわからない詳細な情報がわかる
いまひとつな点
  • キャリアアドバイザーによっては相性が合わない可能性がある
  • 紹介可能な求人がない場合には利用できない

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
26歳(男性)
他のエージェントと比較して求人数が豊富である為、比較検討して内定先を決めることができたのでよかった面接等のサポートで色々とお世話になりました。

引用:マイナビエージェント

Review Image
30歳(男性)
キャリアアドバイザー様はその名の通り、単純に求人を紹介するだけでなく、転職活動中の壁を超えるフォローをしてくださったり、本当に担当のキャリアアドバイザーの重要性を痛感しました。

引用:マイナビエージェント

\満足度総合No.1の手厚いサポートが魅力/

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • キャリアアドバイザーと企業人事と関わる採用プロジェクト担当の両者からサポートしてもらえる
  • 利用者は20代〜30歳半ばの若手・中堅層が多い
  • 業界最大級の求人数を誇る

dodaは、経験者採用や即戦力人材の採用に強みを持っている、求人情報サービスです。

現在約200,000件(2024年2月現在)を超える業界最大級の求人数から求職者に合った求人を紹介してくれるため、自身では気づかなかった選択肢に出会える可能性も広がります。

また、変化の早い転職市場や業界・職種の知見が豊富な転職のプロが、キャリアプランの相談から応募書類添削や面接対策までサポートしてくれるため安心して選考に臨めます。

転職後のミスマッチによって早期に退職して実績がなかったとしても、仕事への取り組み方でアピールできる強みを探って希望に沿った転職活動を支えてくれるため、まずはdodaに登録することから始めましょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 応募書類や面接対策のサポートが手厚い
  • LINEで気軽にやり取りできる
  • 企業への応募書類の提出・面接日程調整・選考結果のお知らせなども全て代行してくれる
いまひとつな点
  • 担当者によって知識やスキル・対応に差がある
  • 紹介可能な求人がない場合にはエージェントサービスを利用できない場合がある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
Tさん
業界に専門知識のあるエージェントがついてくれて、サポートの手厚さとアドバイスの適切さがNo. 1だった。低スキルな私の経歴の中でも戦えるポイントを見つけ出してくれた。アプリも使いやすいのでおすすめ。

引用:X(旧Twitter)

Review Image
Zさん
dodaの方が圧倒的にサポートが手厚く、マイページも文字入力の制約もdodaの完全勝利なので、転職民にはdodaめちゃくちゃおすすめしたい

引用:X(旧Twitter)

\転職にまつわる無料ツールも充実!/

転職後のミスマッチでやめたい!早期退職は不利なのか?

早期退職は、次の転職活動時に不利になるのではないかと感じる人も多いでしょう。

早期退職が複数回重なっている場合には転職において不利に働く可能性もありますが、一度目の早期退職であれば大きく影響する可能性は低いと考えられます。

それは、企業・従業員間のミスマッチは起こるものであると認識されているため、寛容に受け止める採用担当者が多いからです。

とはいえ、面接時の印象が良いというわけではないため、選考時には離職理由やアピール方法を工夫して面接の合否に対する影響を最小限にする必要があります。

たとえば、「面接時とは異なる部署に配属された」「互いの認識以上の残業があって働き方に対応できる準備が整っていなかった」などと長く勤めることが困難であったことをアピールできるといいでしょう。

あわせて読みたい
早期退職したら再就職できない?早期退職のメリット・再就職を成功させる方法を解説 本記事でわかること 早期退職した場合の再就職の難易度 早期退職のメリット・デメリット 早期退職者におすすめの転職エージェント 「早期退職すると次の転職先探しが難...

転職後のミスマッチでやめたいと悩む人からよくある質問

転職後のミスマッチでやめたいと悩む人からよくある質問を紹介します。

転職や退職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

転職後の試用期間中でもミスマッチを感じたらやめてもいい?

試用期間とは、企業側が社員を本採用する前に、あらかじめ期限や労働条件を定めて試験的な雇用を行う期間のことです。

試用期間中でも退職することは可能ですが、即日退職は難しいため、退職予定日の2週間前まで、もしくは社内規定で定められている場合は指定の期日までに退職を申し出る必要があります。

とはいえ、まずはギャップを払拭するための努力をすることや、早期退職によるリスクを把握したうえで慎重に検討すべきでしょう。

転職に失敗すると人生終わり?

転職に失敗して人生終わりかのように落ち込む人もいますが、それほど落ち込む必要はありません。

誰しも、転職してみて想像と違ったと思うことはよくあることで、失敗した原因を探って次は失敗しないように転職活動に取り組めばいいのです。

ただ、何度も転職して履歴書の経歴欄にあまりにも多くの企業が並びすぎるのは採用担当者にマイナスイメージを与える可能性もあるため、慎重に企業選びに取り組む必要があります。

転職に失敗したと感じたら辞める時期はいつがいい?すぐ辞めるべき?

転職に失敗したと感じた場合には、退職するのも一つの方法ですが、退職するのは早ければ早い方がいいというわけでもありません。

もちろん、希望する業務内容があって、現状のままでは絶対に携われないなどの状況であれば、時間がもったいないため再転職先が見つかり次第すぐに退職しても問題ないでしょう。

ただそれ以外の理由であれば、半年や1年続けていると自分の努力次第で状況が改善される可能性もあるため、慎重な見極めが必要です。

「転職失敗した、苦しい」と感じたらどうすればいい?

現状について、同僚や上司に相談することで解決しそうである場合には、積極的に周りに助けを求めましょう。

万が一心身に不調をきたしている場合には、まずは上司に相談して会社を休むべきです。休んでも心身の回復が見られない場合には、カウンセリングや専門機関を受診して心身の状態を整えていくのが最優先です。

転職後のミスマッチでやめたいと気持ちが強いなら自分に合った企業への再転職を考えよう

転職後のミスマッチによってやめたい気持ちが強くなった場合には、自分に合った企業への再転職を考えて転職活動を始めるのがいいでしょう。

その場合には、在職中でも効率的に転職活動を進められる転職エージェントを活用するのがおすすめです。

その中でもマイナビエージェントは、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しており、求職者も職場の雰囲気や内情をこまかく把握できるため、入社後のミスマッチを限りなく小さくできるはずです。

転職しようかどうか迷っている段階でも相談を受け付けているため、まずは現状について吐き出すことから始めてみましょう。

満足度総合No.1の手厚いサポートが魅力

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

福岡県在住、フリーランスのwebライターです。
大学卒業後、生命保険会社にて営業職を経験。
その後、ブライダル業界、IT業界とさまざまな業界へ転職。自身の複数回の転職経験を通して、異業種への転職方法や難易度についても実体験ベースでわかりやすくお伝えしていきます。プライベートでは、現在一児のママ業に奮闘中。

気になる見出しをタップ