MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

正社員で手取り12万円はやばい!一人暮らしの内訳を公開。結婚も貯金も無理だから転職すべし!

「正社員で手取り12万円はやばい」と、インターネットで度々話題となっています。手取り12万円は低収入であり、余程やりがいのある仕事でなければ続けられません

実際に、手取り12万円で一人暮らしをするには「生きていけない」と感じる人も多いでしょう。

今の状況から抜け出したいと考えているなら、できるだけ早く転職活動を始めるのがおすすめです。

転職で年収アップに成功すれば、余裕を持って日々の生活が送れるようになります。

手取り12万がきついなら、まずキャリアスタートに相談してみてください。高待遇の求人が多く、利用者の83%が年収アップを実現しています。フリーターでも正社員でも使えるのでおすすめです。

\年収100万円アップを目指せる/

>>公式HPを見る

※30秒で予約完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

正社員で手取り12万円はやばい理由

正社員で手取り12万円はやばいと言われる理由について解説します。

まずは自分が置かれた現状を正しく理解しましょう。

時給換算するとアルバイトよりも300円以上安いから

実際のところ、手取り12万円は正社員の収入として低すぎる額です。

手取り12万円の額面は約15万円になります。1ヶ月あたりの労働日数が20日で労働時間を160時間とすると、時給換算して約937円です。

マイナビキャリアリサーチによるとアルバイトの平均時給が1,249円であることから、手取り12万円は正社員の収入としてかなり低いことがわかります。

※参照:マイナビキャリアリサーチ(2024年1月時点)

平均手取り額と比較しても極端に低い

国税庁の民間給与実態統計調査を参考に算出した年代別の平均手取りは以下のとおりです。

年代平均手取り
20~24歳22.7万円
25~29歳32.4万円
30~34歳35.4万円
35~39歳38.5万円
40~44歳40.9万円
45~49歳43.4万円
50~54歳44.7万円
55~59歳45.5万円
全年代平均38.1万円
参考:国税庁「民間給与実態統計調査」

どの年代の平均手取りと比べても、手取り12万円は1ヶ月の収入として低すぎると言えます。

正社員で手取り12万円の人が収入をあげるためにするべきこと

収入を増やすための方法3選!

手取り12万円では生活が厳しいため、収入を増やすことも考えましょう。

具体的に収入を増やすための方法は下記3つあります。

下記で具体的に見ていきます。

今の社内で昇給できるか確認

1つ目の方法は、今の社内で昇給できるか確認することです。

一回り以上年上の上司の方の給与がどの程度あるのかをできるだけ確認するようにしましょう。

上司の方の給与水準を認識することで、今の社内においてどれくらい昇給が見込めるか判断することができます。

ただし、この方法は実際に昇給するまでに時間がかかることがネックです。手取り12万円の方など給与が低い水準の方は、「今の生活」をどう改善するかが頭にあると思います。

本業とは別に副業をする

2つ目の方法は、本業とは別に副業をするということです。

本業とは別に副業をすることで収入源を確保することができれば、収入をアップさせることができます。

ただし、この方法も実際に出来る方は限定的かもしれません。就業規則で副業を禁止されている場合もありますし、本業で長い時間を拘束される場合はそもそも副業に充てる時間がない、という場合があるからです。

今よりも収入の高い業界に転職する【最もおすすめ】

3つ目の方法は、今よりも収入の高い業界に転職することです。

この方法が最も早く、最も確実に今の環境を脱することができる方法です。

今の会社で働き続ける限りは、昇給の可能性はあるかもしれませんが、生活が楽になるまでには時間がかかります。かといって、副業の場合はそもそも会社で認められていないケースもありますし、本業が忙しくて副業の時間を割くことができない、という可能性もあります。

そこで、今よりも収入の高い業界に転職することがオススメです。

具体的には、下記のような業界は平均年収が高く、収入アップにつながる可能性が高まります。

収入が高い業界
  • 金融・保険業
  • 情報通信業(IT業)
  • 製造業
  • 技術サービス業

他にも、歩合制の営業職に就職すれば、自分の成績次第でインセンティブを多くもらうことができ、年収を大きく上げられます。

\年収100万円アップを目指せる/

※30秒で予約完了

手取り12万円の正社員が転職活動するときのポイント

手取り12万円の正社員が転職活動を始める際は、年収アップの実績が多い転職エージェントを利用することが大切です。

転職では前職の給料が考慮されることが多々あります。そのため、現在手取り12万円の方は会社から低い給料を提示されるかもしれません。

希望する給料とかけ離れている場合は年収交渉が必要です。とは言っても、年収交渉を自分で行うのはなかなか気が引けるものです。

しかし、転職エージェントを利用すれば、あなたの代わりに年収交渉を行ってくれます。

キャリアクラスが実施したアンケート調査によると、転職エージェントを利用したほうが年収アップが期待できるという結果が出ました。

引用:PRTIMES「転職で年収が上がった人の割合は「50%」という結果に!転職での年収の実態をアンケート調査」

転職エージェントを利用したかどうかで、「年収が上がった」と答えた人の割合に14.1%も差がついています。

手取り12万円の現状から抜け出すには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

手取り12万円で年収アップしたい人おすすめの転職エージェント

転職で年収アップを希望する方におすすめの転職エージェントを紹介します。

希望どおりの年収を実現するために、複数のエージェントを利用しましょう。

100万円以上の年収アップが目指せる『キャリアスタート』

キャリアスタートのバナー
【公式】https://careerstart.co.jp/
名前キャリアスタート
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2024年1月12日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代10代後半から30代前半
対応エリア全国
オンライン面談
電話番号070-1202-4387
※登録後、上記番号から電話がかかってきます
得意分野・業界第二新卒など、若手の転職支援に特化
公式HPhttps://careerstart.co.jp/
詳細を見る
運営会社名キャリアスタート株式会社
拠点東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル8F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
キャリアスタートの特徴
  • 第二新卒・既卒の支援に特化したエージェント
  • 利用者の83%が年収アップに成功
  • 年収400万円以上の求人を2,000件以上保有

キャリアスタートは、第二新卒・既卒の支援に特化した転職エージェントです。これまでに6万人以上の利用者をサポートしてきた実績があります。

利用者の83%が年収アップに成功しているため、手取り12万円の状況から抜け出したい方におすすめです。希望年収を実現するために、キャリアアドバイザーが年収交渉を行ってくれます。

また、一人ひとりに合わせた丁寧なサポートを実施しているため、転職が初めての方でも安心です。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 一人ひとりに合わせたサポートを行ってくれる
  • 手厚い選考対策で内定率を上げられる
  • 200万円以上の年収アップを実現できる
いまひとつな点
  • 30代以上向けの求人は見つかりにくい
  • 地方によっては紹介できる求人が少ない

▼キャリアスタートの口コミ

スクロールできます
Review Image
K.Nさん
前職では、アルバイトと接客業の仕事に携わっておりました。自分でいちから作り上げ、また手に職を付けたいと思い、IT業界で正社員として働きたいと思いました。お世話になりました。今後良い報告ができるよう、一生懸命頑張っていきます!

引用:キャリアスタート

Review Image
T.Kさん
経歴やアルバイト経験と自分の希望をしっかりと考慮して企業を提案してくれました。また条件のみならず、熱いベンチャー企業と落ち着いた企業を、それぞれ「みてきたほうがよい・あってきなよ!」といった形で複数の選択肢をくれて、「自分のためおもって、自分をしっかり見て提案してくれた」とかんじました。右も左もわからなかった僕に手を差し伸べていただいてありがとうございました。転職は内定がスタートだと感じています。今後も教えていただいたことは忘れないで、貪欲に成長します!

引用:キャリアスタート

\200万円以上の年収アップに成功/

未経験OKの大手・安定企業の求人が多い『ハタラクティブ』

名前ハタラクティブ
料金無料
求人数公開求人: 3,372件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談LINEビデオ面談可
得意分野・業界フリーター・既卒・
第二新卒の支援に特化
公式HPhttps://hataractive.jp/
詳細を見る
運営会社名レバレジーズ株式会社
拠点東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア24F・25F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ハタラクティブの特徴
  • 第二新卒・既卒の支援を得意とするエージェント
  • 未経験OKな優良企業の求人が豊富
  • 最短2週間で内定獲得を実現

ハタラクティブは、第二新卒・既卒の支援を得意とする転職エージェントです。未経験OKの求人を豊富に取り扱っており、経歴に自信がない方でも転職先が見つかります。

利用者の8割が大企業への転職に成功しているため、手取り12万円の方でも年収アップを成功させられて安心です。

また、最短2週間で内定を獲得した実績があり、短期間で転職活動を終わらせられます。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • スキルや経歴に自信がなくても求人を紹介してもらえる
  • マンツーマンで選考対策を行ってくれる
  • LINEでいつでも気軽に相談できる
いまひとつな点
  • 希望と合わない求人を紹介される場合がある
  • 地方の求人が少ない

▼ハタラクティブの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代男性(情報通信業界)
実際に利用してみてこれまで情報通信業を行なっていたが時給が高いが正社員での採用をしてもらえない会社だった。今回ハタラクティブを利用して転職して年収も以前よりも上がり、正社員での採用もしていただけたので安心して充実した生活が送れています。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
20代女性(IT業界)
担当の方が女性の方だったのですが、とても親切に対応してくれました。私の職歴や持っている資格などを把握したうえで、自分の条件と合っている会社を紹介してくれたので良かったと感じました。

キャリアクラス転職独自調査

\未経験から安定企業に転職/

【体験談】正社員で手取り12万円だった人の経験談

正社員で手取り12万円だった人の体験談を紹介します。

現在手取り12万円で悩んでいる方は、参考にしてみてください。

正社員で手取り12万円の会社に入社してしまったきっかけ

正社員で手取り12万円の会社に入社してしまったきっかけ

私も以前、手取り12万円台の仕事をしていました。正社員です。その職場に入ったきっかけは、求人情報誌に載っていてやりたい仕事内容だったために電話して面接に行きました。ありがたいことに、面接で合格を頂き採用していただきました。

求人に掲載されていた給与額は18万~と記載されてあったのですが、採用後に電話がかかってきて『面接では言い忘れましたが、未経験者の方は15万からになります』と言われました。※15万円から保険など引かれますので、手取りは12万円台になります。

その会社の基本給は15万2,000円でいろいろ引かれて手取り12万5,000円くらいでした。経験はなかったし好きな仕事に採用してもらったのだから、修行の意味もこめてその条件を受け入れて働き始めました。

元々興味のあった会社だったので、金額はどうでもいいと思っていましたね。とにかく雇ってもらえるならそれでいいと考えていました。入社の前に確かに給料の話しはありましたが、そんなに気にしていなかったのが事実です。

実際に働いてみて、手取り12万円そこそこと言う事実に直面し、「生活できない」と感じるようになりました。“これでは普通にワーキングプアではないか…”と思いましたね。

手取り12万円の会社で働いていたときの悩み

手取り12万円の会社で働いていたときの悩み

サービス業だったため、給料は安いのに長時間労働で、休みも週に1回しかありませんでした。最初はやる気もあったので、なんとかやっていけていました。しかし、あまりにもハードで何回か体調を崩したこともありました。

残業代が出ないのに1日5時間は残業していたと思います。朝も、8時半からとのことでしたが、掃除やら準備やらで毎日、7時半には会社に入っていました。

専門的な仕事だったの細かい指導もなかったので、理解できないまま、処理をするのでミスが多く、上司に叱られていまいした。上司もそれに対しての改善を考えることなく、私が悪いと決めつけられてしまうことも辛かったです。

古い体質なのか、飲み会が多く、お酒が飲めない私はいつも気分がのりませんでした。割り勘で翌日1万円くらいの請求をされることも多く、休みの日まで会社の人と付き合いをしなければならないのも辛かったです。

ただでさえお金がないのに!!!ちなみに、昇給、ボーナスがなく働いた5年間ずっと同じ給料でした。

一人暮らしで手取り12万円の内訳を公開

一人暮らしで手取り12万円の内訳を公開

家賃や光熱費、ネット料金を支払うとほとんど通帳には残りませんでした。そのため、いかに節約するかを考えて日々生活していましたね。 具体的な支出の内訳を下記にまとめます。

家賃3万円
食費1.5万円
水道光熱費1万円
通信費0.3万円
奨学金返済2万円
雑費(日用品)1万円
交際費1万円
保険料1万円

まず基本的に休日は外出せず、車の税金などがかからないように職場まで自転車で通勤をしていました。

次に、食事は基本的に自炊し、自炊は昼食1食にいくらかかるのか計算し、1ヶ月の食費は1万以内になるように支出管理を徹底。そして携帯代を節約するために、格安スマホにし、ネットもポケットWiFiに契約しました。

洋服も中古や学生時代の服装のままで着こなしをし、それでもお金がないときはメルカリで売ってました。これでもほとんど残らなかったので、本当にお金に困っていましたね。

やはり手取り12万円だと貯金もまったくできず厳しかったです。手取りは12万円でしたが、幸い市営住宅に入居することが出来たので、家賃は安く済みました。

ガスが都市ガスでなく、プロパンガスで割高の光熱費になってしまうので、お風呂にお湯を貯めて入浴ではなく、シャワーで済ませています。手取り12万円そこそこで、家賃は3万円、食費は月に1.5万円程度に収めました。

携帯代は3000円、光熱費などのライフラインは全部で月1万円程度でした。保険料1万円、奨学金返済2万円、生活用品1万円、交友費1万円…という感じですね。夏場も冬もエアコンはつけませんでした。

友人が遊びに来た時だけ、エアコンは活躍しましたが…。休みの日には本屋で立ち読みをしたりしていました。月に友人に一人だけ1時間の長電話をしていました。外食は全くしません。

その地域は私の地元でも無かったので友人もおらず、遊びに行く事は全くありませんでした。遊びに行くお金もないし、貯金もできません。毎日、どうやって食費を節約しようか…そんなことばかり考えていましたね。

一人暮らしをしていたら、この給料では難しいと思います。私が実際にしていたので、できないことはないかもしれないですけど、厳しいし貯金はできません。自分の好きなものを買うこともできませんね。

単純に家賃、水道光熱費、食費だけでギリギリだと思います。普通の生活はできないと思います。急な冠婚葬祭に対応するのが厳しいのが現状です。

手取り12万円の会社から転職した体験談

手取り12万円の会社から転職した体験談

手取り12万円という給料の額のこともありましたが、本当に苦しい状況でしたね。この給料でこの仕事内容でこの仕事環境を考えると、毎日寝て朝仕事に行くの繰り返しで、テレビをゆっくり見るなどということも全くなく、休みの日も死んだように寝ていました。

働いていた5年間の間に、わずかですが昇給もしました。しかし、手取りは5年働いて3,000円増えた程度です。天引される額もわずかながら増えるので、正直給料が増えたというのは微妙なところでしたね。

給料は超絶少ないですが、人間関係は良好で、時間の融通もきくのでなかなか辞める決定打がありませんでした。私は、人間関係が難しいのが一番しんどいと思っていたため、なかなか転職する決意ができませんでした。

ですが、会社の給料だけでは生活が苦しく、ついに転職を決意しました。このような生活を5年繰り返し、「私はこの生活をずっと続けていくのだろうか…?」と思ったときに「無理だ」と思ったのです。

決定的な決め手になった出来事があります。ある時に先輩社員の給料の額面をみる機会があり、その給料の低さに驚愕。先輩は、もう15年以上も働いているのに、私と同じくらいの給料だったのです。そして、考えたあげく、転職しました。

転職先は、今よりも条件の良いところをきちんと募集内容で確認しました。心から辞めて良かったと感じています。貯金ができるようになり、心の安定にもなりました。やはり、人には選択肢があって自分が少しでいいので納得できる仕事につくべきだと思います。

最初に抱いていた、やりたいことであればなんとも思わないという幻想はもちろん砕かれ、自由に使えるお金は必要だと思いました。今は全く違った仕事をしていますが、この頃ほど大変ではなく、労働時間も短くなり、それでも手取りは倍近くもらっています。

あまりにも生活がきつかったので、まずは転職エージェントに登録しました。転職エージェントのサポートもあって、大手食品メーカーの正社員になることが出来ました。

今の暮らしは正社員となって若手の為年収450万円くらいですが、今の段階でも貯蓄もでき毎年昇給、ボーナスも期待出来てお金で困ることも少なくなりました。そろそろマイホームかマンションの購入を考えています。

大手のため福利厚生も高く、企業型拠出年金イデコや住宅ローン・自動車ローンなど自社で取り扱っています。ものすごく金利が優遇されたりなど、手取り12万円の時と選択の幅が格段に違いますね。

\年収100万円アップを目指せる/

※30秒で予約完了

正社員で手取り12万の人が生活をやりくりするコツ

手取り12万で生活をやりくりするコツ

手取り12万円で生活をやりくりするためには、大きな支出の要因となる家賃や光熱費などの固定費を削減することです。

そのために、

することが、手取り12万円でもなんとか生活をやりくりするコツと言えます。

具体的に紹介していきます。

家賃の安い物件に引っ越す

1つ目のコツは、家賃の安い物件に引っ越すことです。

不動産業者などでは、家賃は手取りの約30%程度が望ましいとよく言われていますよね。

しかし、家賃以外の支出も発生する中で、約30%も家賃に費やしてしまうと、手元にはお金がほとんど残らなくなってしまいます。

そのため、手取りの25%程度で住める物件を探すようにしてみてください。

こうすることで、約4万円の家賃で住んでいたのが3万円にまで引き下げることができ、1万円分、家計に余裕が生まれます。

光熱費やネット代を見直す

2つ目のコツは、光熱費やネット代を見直すことです。

光熱費を減らすために、日々の生活における無駄をなくすよう心掛けてください。

例えば、トイレを流す際は大・小を使い分ける、お風呂の際は浴槽にお湯をためるのではなくシャワーのみを使う、洗い物の際は水を出しっぱなしにしない、などです。

また、煮込み料理を作る時などはある程度火が通ったら余熱を利用してガス代を節約したり、電子レンジを有効活用するなどして、無駄な加熱を無くすように心がけましょう。

ネット代については、格安SIMを使えば2,000円~3,000円程度で携帯電話を利用することができます。

格安SIM以外でも、最近ではahamo(docomo)やPOVO(au)などのように、格安で月20GBまで使い放題のプランもあるので、通信費を削減しやすくなりました。

使ってないサブスクは解約する

正社員で手取り12万円の方は、使ってないサブスクを解約するのがおすすめです。

スマホがあれば気軽に契約できるため、複数のサブスクを契約している方は多いでしょう。月額1,000円程度のサブスクでも、複数のサービスに加入していると大きな負担となります。

まずは使っていないサブスクがないかを見直してみてください。その上で自分にとって必要がないサービスがあれば、今すぐ解約してしまいましょう。

衝動買いをやめる

衝動買いも出費を増やしてしまう原因のひとつです。手取り12万円で生活が苦しいと感じているなら、衝動買いをやめましょう。

衝動買いした物は、あまり使わず部屋の片隅に放置していることがほとんどです。このまま衝動買いを続けていれば、無駄な物が増えるだけで生活は楽になりません。

買い物をする際は、本当に必要な物かどうかをよく考えてからにしてください。

正社員なのに手取り12万円で辛い人へ

正社員なのに手取り12万円で辛い人へ

体を壊したら元も子もないでしょう。どんなに辛くても、体にだけは気をつけてくださいね。あなたが辛い、苦しいと思っているのならば辞めるのもひとつの手です。

私は無理を重ねて体を崩してしまったので、そうならない前に転職も頭に入れて行動することを考えて欲しいと思います。辛い、苦しいと思うのなら、その仕事はあなたに合っていない仕事です。辞めて自分に合う仕事を見つけましょう。

ずっとその仕事を続けていても、あなたは幸せになることはできません。あきらめずに、幸せになるために行動してください。世の中に仕事は数え切れないほどあります。今の仕事に固執する必要はありますか?世間体を気にしていますか?

私も最初はそういうものを気にしていましたが、気にしなくなればとても楽になれました。環境にもよりますが、手取り12万では貯金どころか、手元に残るお金はほとんどないでしょう。何のために働いているんだろうと思いませんか…?

借金はどうですか、ありませんか?リボ払いは立派な借金です。私はそれを知らずにリボ払いで買い物しまくって、いつまで経っても返せませんでした。車のローンも奨学金もあり、このままでは借金地獄になると思いました。

私は、思い切って転職して良かった心から感じます。今よりも楽で、お金もたくさんもらえる会社はいくらでもあります。辛い、苦しいという感情が強いのなら、もっと給料がもらえる仕事に変わるのが最も良い解決策です。

自分のことは自分しか守れません。辛さや、借金から自分を守ってください。

\年収100万円アップを目指せる/

※30秒で予約完了

正社員で手取り12万円なら思い切って転職しよう!

正社員にもかかわらず手取りが12万円しかないのは、はっきり言って収入が低すぎます

今の仕事を続けていれば、生活が苦しく貯蓄に回す余裕もありません。このままでは、将来的な不安要素がどんどん大きくなってしまうでしょう。

正社員で手取り12万円の状況から抜け出したいなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントでは、選考対策や年収交渉で転職をサポートしてくれます。

今よりも年収アップを目指す方は、キャリアスタートに相談してみてください。転職によって200万円以上の年収アップに成功した実績があり、希望どおりの年収を実現できます。

手取り12万円の状況を我慢せずに、今すぐ転職活動を始めましょう。

\年収100万円アップを目指せる/

※30秒で予約完了

あわせて読みたい
キャリアスタートの評判・口コミは最悪・やばいというのは嘘!キャリアスタートの評判について徹底調査 キャリアスタートは20代向けの求人が豊富です。キャリアスタートには未経験OKの求人が1,000件以上もあり、内定率80%越えを実現する経験豊富なアドバイザーも存在します...
あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
残業時間が40時間なのに手取りが20万は安い?低い手取りから抜け出す方法を解説 残業40時間ということは、20日出勤としても単純計算で毎日2時間残業していることになります。「遅くまで働いているのに稼げない……」と、お金のことを気にせざる得ない毎...
あわせて読みたい
手取り20万できついと思うこととは?特徴別ごとに手取り20万円の生活レベルを解説 社会人として仕事をしていくなかで、自分の手取りが高いのか・低いのかについて気になる方は多くいます。 結論から述べると、手取り20万円は決して高い金額ではありませ...
あわせて読みたい
手取り18万円なら転職を考えた方が良い理由。将来性がないブラック企業の可能性も 手取り18万円と聞いて、あなたは少ないと感じますか? 今の時代、手取り18万円なんて普通…? 20代後半なのに手取り18万円…正直生活がキツい 結婚したいけど、手取り18万...
あわせて読みたい
手取り17万で一人暮らしはきつい?きつい理由とその対処方法を紹介 社会人として働くことに慣れたのを機会に、一人暮らしを考える方は多いでしょう。しかし、手取り17万では一人暮らしをするうえで、さまざまな困難が生じる可能性があり...
あわせて読みたい
手取り13万円で一人暮らしはきつい!生活保護費と比較して厳しい理由を解説 手取り13万円でのひとり暮らしは不可能ではないものの、実現するためには相当な節約が必要になるでしょう。 Twitterでは実際、手取り13万円の生活を次のように語ってい...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ