MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

第二新卒でITエンジニアへの未経験転職は難しい?おすすめな理由と成功させる3つのポイントを徹底解説

本記事でわかること
  • 第二新卒でITエンジニアへの未経験転職がおすすめな理由
  • 転職を成功させるポイント
  • ITエンジニアへ転職するために利用すべきサービス

第二新卒でITエンジニアへの転職は未経験でも目指せます。第二新卒で将来性のある職種を目指している方や、未経験でも高い給与が欲しい方にはおすすめです。

人手不足な業界のため、ITエンジニアを採用したい企業は多く、未経験転職を狙いやすいです。また、平均年収も高く、キャリアアップが見込めます。

本記事では第二新卒がITエンジニアへの転職がおすすめな理由や、転職を成功させるポイントを紹介します。

第二新卒でITエンジニアへの未経験転職を目指すならワークポートを利用しましょう。ワークポートはIT業界専門のコンシェルジュがあなたの転職をサポートしてくれます。

\未経験OK求人多数/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

第二新卒・未経験におすすめのITエンジニアとは

高い給与や将来性が期待できるエンジニアは、第二新卒で未経験の人におすすめできる仕事の一つです。

かつてはエンジニアというと、機械設計などを行う人を指すのが一般的でした。しかし、最近ではIT技術の発展もあり、エンジニアはIT系の専門知識を駆使して活躍する「ITエンジニア」を指す場合が増えています。

一言でエンジニアといっても、業務内容は多岐に渡り、具体的には以下のような職種に分かれています。

  • システムエンジニア:コンピューターシステム全体の企画から設計、開発、テストを担当
  • インフラエンジニア:ITインフラ(サーバー構築、端末設定等)を担当
  • プログラマー:システムエンジニアが設計したシステムの構築・実装を担当
  • ネットワークエンジニア:ネットワークシステムの設計、構築、保守等を担当

第二新卒はIT業界に転職が有利!おすすめな理由と主要5職種

第二新卒でITエンジニアへの未経験転職をおすすめする理由

第二新卒で未経験者におすすめできるエンジニア転職ですが、なぜおすすめできるのか、その理由を3点説明します。

IT人材不足で企業がエンジニアを求めており未経験者でも採用されやすい

日本全体でIT人材不足が叫ばれており、エンジニアも付随して多くの企業で不足している場合が多く、未経験者でも採用されやすい点が挙げられます。

経済産業省の調査によると、IT人材の需給ギャップは2025年で42万人、2030年には59万人になると予測されています。

上記調査からもわかるように、IT人材不足は国を挙げた課題となっており、主たるIT人材となるエンジニア不足も深刻であることがわかります。

エンジニアを採用したい企業は多いものの、供給が追いついていない状況は、転職者にとって有利な状況だといえます。エンジニア転職では、待遇の良い優良企業にも転職できる可能性が他の職種よりも高いでしょう。

平均年収が高い

エンジニアは平均年収が高く、高給が期待できる点もおすすめできる理由の一つです。

厚生労働省の調査によると、システムエンジニアの平均年収は568万円プログラマーの平均年収は425万円とされています。一方、全職種の平均年収は457万円でした。

全職種の平均年収と比較するとプログラマーはやや劣るものの、システムエンジニアでは1.2倍も高い給与を得ていることがわかります。

※システムエンジニア・プログラマーの平均年収は厚生労働省の賃金構造基本統計調査を基に「きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与」で算出。

(*)厚生労働省|令和元年賃金構造基本統計調査(2020/6/4現在)

キャリアアップできる可能性が高い

平均年収が高い点以外にも、キャリアアップできる可能性が高い点もエンジニア転職をおすすめする理由です。

IT技術は変化が早く日々勉強が必要であるものの、スキルが積み重なっていけば、プログラマーからシステムエンジニア、といったようにキャリアアップできる可能性が非常に高い職種です。

今後より様々な分野でIT化が進む中、IT技術や専門知識はどの仕事を行う上でも必要なスキルだといえ、企業から重宝される可能性が高いです。

また、リモートや在宅勤務が可能な企業も多く、ワークライフバランスを保ちながら仕事を行いやすい点もエンジニアの魅力だといえるでしょう。

第二新卒・未経験でITエンジニア転職を成功させるポイント

企業から求められているエンジニア。しかし、人気の企業や優良企業など、希望する企業にエンジニア転職を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

では具体的に未経験の第二新卒がエンジニア転職を成功させるポイントをお伝えします。

エンジニアに必要なITスキルを勉強する

どんなエンジニア職に就くにせよ求められるITスキル。研修でITスキルを身につけられる企業も存在するものの、面接でITスキルを勉強していることを伝えられれば大きなアドバンテージになるでしょう。

エンジニアに転職しても、日々さまざまなことを勉強していかなければいけません。そんな中、学習意欲の高い第二新卒は、企業側から魅力に映るはずです。

以下はどんなIT職種に就いても役立つ、ベーシックなITスキルが身につけられる資格です。ITの知識に自信のない人は、まずはITパスポートの勉強から始めることをおすすめします。

  • 【国家資格】ITパスポート
  • 【国家資格】基本情報技術者
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

>>AIプログラミングスクールの記事を見る

初心者向け勉強会に参加する

初心者向け勉強会に参加することも、未経験の第二新卒者がエンジニア転職を成功させる上でのポイントです。

connpassを始めとするIT勉強会支援プラットフォームでは、初心者でも参加できる勉強会が多数開催されています。

勉強会に参加することでITスキルが身につけられるだけでなく、現役エンジニアや企業とのつながりが作れる可能性が高いです。

入社前に企業の雰囲気を知ることができるため、自分とマッチした企業にエンジニア転職したい場合は、ぜひ積極的に初心者向け勉強会に参加しましょう。

ITエンジニア適性があることをアピールする

転職を成功させるには、ITエンジニアの適性があることをアピールすることが重要です。ITエンジニアに求められる適性は、以下のとおりです。

ITエンジニアの適性
  • 論理的に物事を考えられる
  • 常に学び続ける姿勢・好奇心がある
  • 柔軟性がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 集中力が高い

IT業界で働くには、数字やデータを多く取り扱うため、論理的に物事を考えられる思考力が求められます。また、IT技術は日々進化していくため、常に学び続けられる姿勢や好奇心がないと、すぐに置いてかれてしまいます。

ITエンジニアはチームで仕事を進めていくことが基本となるため、メンバーと円滑なコミュニケーションを取れる能力が必要です。

ITエンジニアの未経験求人が豊富な転職エージェントに登録する

転職を成功させるポイントは、ITエンジニアの未経験求人が豊富な転職エージェントに登録することです。転職エージェントは、求人紹介や履歴書添削、面接対策など、転職における全般のサポートを行ってくれるサービスです。

転職エージェントにはそれぞれ得意分野があるため、ITエンジニアの未経験求人が豊富なサービスに登録することで、希望に合う求人が見つかります。

また、IT業界に強い転職エージェントであれば、業界に精通したアドバイザーが多く在籍しているので、手厚いサポートが期待できます。

第二新卒・未経験のITエンジニア求人が豊富な転職エージェント

第二新卒・未経験のITエンジニア求人が豊富な転職エージェントを紹介します。

気になるサービスがあれば登録してみてください。

未経験OKのITエンジニア求人が豊富な『ワークポート』

名前ワークポート
料金無料
求人数公開求人: 87,860件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界IT・WEB・ゲーム業界
公式HPhttps://www.workport.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ワークポート
拠点東京都品川区大崎1-2-2
アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ワークポートの特徴
  • IT業界に特化している
  • 未経験OKな求人を豊富に保有している
  • 転職決定人数No.1の実績を誇る

ワークポートはIT・Web・ゲーム業界の支援を得意としている転職エージェントです。未経験OKなITエンジニアの求人を豊富に保有しているため、エンジニア未経験の第二新卒でも転職先が見つかります。

公式サイトでは「ITエンジニア」「IT系コンサルタント」など、職種別に求人を探せるので、希望に合う職種を探しやすいです。

担当のコンシェルジュはIT業界に精通しており、自身の知識や経験を生かした手厚いサポートが受けられます。年収アップ転職の実績も豊富なため、未経験からでも年収アップが狙えます。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 未経験者でも転職できる
  • コンシェルジュの質が高い
  • 年収アップが期待できる
いまひとつな点
  • IT・Web業界以外の求人が少ない
  • 担当者によっては対応が良くない
  • しつこいと感じる場合がある

▼ワークポートの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代女性(IT業界)
エージェントの方が、丁寧に私の条件などの相談に乗ってくれ、的確に私に向いている職種などを提案してくれたので、自分で気づかない所にも気づけて良かったと感じました。
Review Image
20代男性(IT業界)
担当の転職コンシェルジュが積極的に連絡を取って相談に乗ってくれるのがとても良かったです。転職はかなりの不安があるので、自分の知らないことを解決してくれて頼りになりました。

キャリアクラス転職独自調査

\IT業界の未経験転職なら/

求人サイトとしても利用できIT求人が豊富な『マイナビジョブ20’s』

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 第二新卒・既卒に特化している
  • 自分を深掘りできる適性診断がある
  • 75%以上の未経験OKな求人がある

マイナビジョブ20’sは、20代や第二新卒向けの転職エージェントです。未経験OKな求人を75%以上も取り扱っているため、未経験職種にチャレンジしたい第二新卒の利用に向いています。

転職エージェントとしてだけでなく求人サイトとしても利用できるため、自分で求人を検索して転職活動を進められます。求人検索で「ITエンジニア」「未経験OK」など希望条件を入れて検索すれば、条件に合う求人が見つかるため利用しやすいです。

20代の転職活動を知りつくしたアドバイザーから職務経歴書や履歴書の添削を受けられます。また、書類のみでなく、面接対策もしっかりと教えてくれるため、選考が不安な第二新卒でも安心です。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 内定までのサポートが手厚い
  • 全ての求人が20代対象である
  • 20代の転職市場を熟知している
いまひとつな点
  • 20代以外の求職者は使いにくい
  • 地方求人が少ない
  • 希望に合う求人がない可能性がある

▼マイナビジョブ20’sの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(IT業界)
書類選考で落ちることが多かったので、履歴書の添削をしてもらえたのは心強かったです。また、企業とのやりとりもアドバイザーの方が行ってくれていたので、私は面接に集中するだけという環境も作ることが出来ました。
Review Image
20代女性(食品業界)
こちらのサイトは、主に20代の方を対象にして求人を掲載しているので、あまり経験がない方でも応募ができるという点はライバルが減るので非常に良かったと感じました。

キャリアクラス転職独自調査

\第二新卒の転職支援に特化/

第二新卒でITエンジニアへの未経験転職するなら狙い目は大手や自社開発企業より『受託開発企業』

大手IT企業や自社開発企業への転職難易度は高いため、未経験者だと採用される確率は低いです。

大手IT企業の中途採用では、経験者を対象にしており即戦力を求めております。また、若い人材確保では新卒採用に力を入れているので、第二新卒の未経験者は受かりにくいです。

自社サービスを持っている開発企業では経験者からの人気が高く、ライバルが手強いため、未経験者が採用されるのは難しいでしょう。

一方で、受託開発企業では下請け案件が多く、未経験からでも行える業務があるため、第二新卒の未経験者でも採用される可能性はあります。実際の求人情報でも、受託開発企業では未経験OKな求人が多く見受けられます。

第二新卒でITエンジニアへ未経験転職するデメリットは?

第二新卒でITエンジニアへ未経験転職するデメリットを紹介します。

未経験でITエンジニアへ転職するデメリット
  • 専門用語がたくさんあり覚えるのが大変
  • 常に情報のキャッチアップをする必要がある
  • 納期に追われやすい
  • 常にプレッシャーを抱えて仕事をする

IT業界では専門用語が多く、最初は覚えるのが大変です。専門用語を覚えておかないと、上司がなにを言っているかわからない事態に陥るかもしれません。

IT業界は日々情報がアップデートされる業界なので、常に情報のキャッチアップが必要です。仕事以外にも毎日勉強しておかないと、ついていけなくなる可能性があります。

ITエンジニアの仕事は、スピードが求められることが多く、納期に追われやすいです。また、失敗が許されないため、常にプレッシャーを抱えて仕事を進めていく必要があります。

まとめ

第二新卒でITエンジニアへの転職は、未経験でも狙えます。ITエンジニアは将来性があり、年収アップが狙えるため、転職先としておすすめです。

しかし、個人で未経験転職を成功させるのは難しいため、ITエンジニアの転職支援を得意としているワークポートを利用しましょう。

ワークポートはIT業界の転職支援を得意としている転職エージェントです。また、未経験OKの求人を豊富に保有しているため、ITエンジニア未経験な第二新卒でも転職先が見つかります。

担当のコンシェルジュはIT業界に精通しており、豊富な知識や経験を生かしたサポートを行ってくれます。IT業界への転職支援実績豊富なコンシェルジュが履歴書添削や面接対策を行ってくれるため、選考が不安な方でも安心です。

第二新卒でITエンジニアへの未経験転職を狙っている方は、ワークポートに登録してみましょう。

\ITエンジニアを目指すなら/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ