MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

休職しても転職できた!休職経験があっても転職できる理由を解説

今の会社が辛いなら、休職することで身体と心を休められます。しかし、休職が転職の際に不利になるのではと心配な方もいるでしょう。

休職経験があっても、多くの方が納得できる職場への転職に成功しています。休職したからと言って転職活動で不利になることはありません。

本記事でわかること
  • 休職経験があっても転職できる理由
  • 休職したことを伝えるべきケース
  • 休職中の転職におすすめのエージェント

自分らしく働ける会社に転職したいなら、まずはマイナビエージェントに相談してみてください。休職経験がある方にとって、最適なサポートを提供してもらえます。

\休職中でも転職できる/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

休職中に転職できた方の体験談

休職中に転職できた方の体験談

休職中に転職を成功させたケースがたくさんあります。まずは実際に転職できた方の声を見てみましょう。

休職して不安だったけど転職できた

転職できない云々ありますが、大丈夫、就職難にモロに巻き込まれて就職浪人した上にやっと就職した先が福祉ブラックなベンチャーで鬱で休職する羽目になり、そもそも障害持ちで月イチ通院必須なわたしみたいな人間でも今の職場みたいなそれなりホワイトに転職できたので、なんとでもなります。

— 花良 (@karyou_luna) December 23, 2015

休職経験がある方は転職に成功できるのかと不安を抱えているものです。それでも転職活動に取り組みさえすれば、前職よりも条件の良い企業への転職を目指せます。

今の状況に限らず、転職には多かれ少なかれ不安がつきものです。休職経験を気にしすぎずに、転職エージェントに相談することから始めましょう。

ホワイト企業へ転職できた

1年前に映像制作会社に転職して1ヶ月半で病んで休職する直前のストーリー🤣この時はどうやって死ぬかしか考えてなかったけど、今はホワイト企業に転職できたから人生なんとかなるよ~( ⋅֊⋅ )و pic.twitter.com/E71a88WpS2

— 社畜ちゃん (@syachikuchan022) May 23, 2022

休職を経験していても、ホワイト企業への転職を目指せます。

人生のどん底を経験すると、前向きに考えられなくなるかもしれません。それでも諦めずに転職活動を続ければ、あなたに合った企業に出会えます。

「人生なんとかなる」という気持ちを持って、転職活動を始めてみましょう。

うつ病で休職した経験があるけど転職できた

あふろんさん、めちゃくちゃ良いこと言ってますね。素晴らしいです。感動しました。前職でブラック企業に入りましたが、パワハラばかりされるので休職の末退職しました。今は割とホワイトな職場に転職しました。現状を変えたいなら、行動あるのみですね。

— プリンくん【うつ病治療中】 (@qPh82yDPM8YizIa) October 26, 2022

パワハラが原因のうつ病で休職した方も、ホワイト企業への転職に成功しています。しかもツイートの方は休職の末、退職まで経験されていました。

辛い現状を変えるうえで、休職は有効な手段です。休職したことはハンデにならないので、まずは行動してみましょう。

あわせて読みたい
うつ病・うつ病経験者におすすめの転職エージェント8選|仕事を探すポイントについても紹介 「うつ病の人は転職できないのかな」と悩んでいませんか? うつ病の人でも、今回ご紹介するポイントを意識すれば効率よく転職活動を進めることができます。 今回は、う...

休職経験があっても転職できる理由

休職経験があっても転職できる理由

休職経験があっても転職できる理由には以下の2つがあります。

休職していたことを必ず伝える必要はない

休職していたことはプライバシーに関わるため必ず伝える必要はなく、自己判断でかまいません。休職したことで不利になるのが心配なら、自分から伝えなくても良いでしょう。

ただし、面接の際に休職について聞かれた場合は、嘘をつかず正直に答えてください。

求人企業が最も心配しているのは、入社後にまた休職してしまわないかです。曖昧に答えてリスクがあると判断されるのだけは避けましょう。

特に病気が理由で休職している方は、再発の恐れがないと判断してもらえる材料を用意しておくことが大切です。

休職していた事実がバレることはほぼない

転職活動の際に休職していた事実がバレることはほとんどありません。特に短期間の休職であれば、休職がバレると心配する必要はないでしょう。

転職後に休職していた事実がバレるパターンには、以下の3つが考えられます。

転職後に休職していた事実がバレるパターン
  • 源泉徴収票
  • 住民税
  • 傷病手当金の申請

給与の支給額や納税額が低い場合、転職後に休職がバレる可能性があります。また傷病手当金の申請履歴から過去の休職が発覚するケースもありました。

長期の休職かつ傷病手当を受けている場合は、転職先にバレる前に自分から伝えておくのが良いでしょう。

あわせて読みたい
【読めば安心】転職サイトへの登録はバレる?バレない方法と非公開にできる転職サイトまとめ 転職サイトへ登録すると、職務経歴書・履歴書をアップロードする必要があります。企業からスカウトが来るタイプの転職サイトなら、職場にバレるか心配してしまいますよ...

休職経験がある事実を伝えた方がいい場合とは?

休職経験がある事実を伝えた方がいい場合とは?

以下2つの場合には、休職経験がある事実を自分から伝えておくのがおすすめです。

休職経験がある事実を伝えた方がいい場合

半年以上の休職期間がある場合

半年以上の休職期間がある方は、休職していたことを転職の際に伝えておきましょう。応募先に提出する職務履歴書に休職期間を記載し、面接の際にも自分から伝えるのがおすすめです。

休職期間の長さは、求職者が企業の求めるスキルを持っているかを判断するために利用されます。休職について伝えたことで、採用結果に大きな影響を与えるわけではないので安心してください。

また休職を転職先に伝えていなくても、入社後に提出した源泉徴収票の記載金額からバレる可能性があります。

スキルアップ目的で休職した場合

留学や資格取得などスキルアップ目的で休職した場合は、積極的に休職理由を伝えるのがおすすめです。

今後のキャリアプランを達成するために、休職が必要であると説明できれば、プラスに評価してもらえる可能性があります。休職中に得たスキルを転職先で発揮できるなら、良いイメージを持ってもらえるでしょう。

休職中に転職活動をするメリット

休職中に転職活動をするメリット

休職中に転職活動をするメリットには以下の2つがあります。

自分のペースで転職活動を進められる

休職する目的は身体と心をしっかり休めることです。休息と取って気持ちに余裕が生まれれば、自分のペースで転職活動を進められるようになります。

体調が良ければ転職活動に当てる時間も増えるでしょう。働きながらの転職活動とは異なり、書類作成や面接対策などに多くの時間をかけられます。

現職に復帰するつもりがないなら、体調が落ち着いた段階で転職活動を始めましょう。

転職先が見つからなくても復帰すればいい

休職中の転職活動なら、もし転職先が見つからなくても現職への復帰を目指せます。言ってしまえば、復職という保険をかけて転職活動に取り組める状態です。

ただし、復職の選択肢を残して転職を目指す場合は、会社の人にバレないように気をつけてください。休職中にもかかわらず転職活動していることが広まれば、復職しにくくなります。

休職期間中の転職を成功させる方法

休職期間中の転職を成功させる方法

休職期間中の転職を成功させるなら、体調の様子を見ながら転職活動を始めることが大切です。ここでは転職を成功させるポイントを紹介しているのでチェックしておきましょう。

体調が改善してから転職活動を始める

休職中の転職を成功させたいなら、体調が改善してから転職活動を始めましょう。

多くの企業では病気を原因とする休職の場合、6か月~1年未満の休職が認められています。時間はたっぷりあるので、すぐに転職活動を始めなければと焦る必要はありません。

適応障害やうつ病で休職している方にとって、十分な休息が何よりも大事です。身体と心をしっかりと休めたほうが、物事を冷静に判断できるようになります。

体調を最優先して改善が見られるようになってから、転職活動を始めましょう。

参考:労働政策研究・研修機構「休職制度について」

あわせて読みたい
適応障害の人に向いている仕事と向いていない仕事を紹介|転職を成功させる方法とは? 仕事を頑張りたくても、自分の身体が思うように動いてくれないと悩んでいませんか?適応障害の方が無理して仕事を続けると、症状が悪くなるかもしれません。 適応障害の...

転職のプロの力を借りる

休職中という特殊な状況において、1人だけで転職を成功させるのは困難です。転職活動を始める際には、転職エージェントに相談しましょう。

転職サイトを利用して自分で求人を探すこともできます。しかし、転職のプロにサポートしてもらったほうが効率良く進められます。

転職エージェントで受けられるサポートの内容は以下のとおりです。

転職エージェントで受けられるサポートの内容
  • 求人紹介
  • 書類添削・面接対策
  • 面接スケジュールの調整
  • 入社条件の交渉

スケジュール調整や入社条件の交渉まで任せられるので、負担をかけずに転職活動を進められます。

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

転職活動を今から始める人におすすめの転職エージェント

転職活動を今から始める人におすすめの転職エージェントは次のとおりです。

転職活動を今から始める人におすすめの転職エージェント

休職経験があっても転職はできます。ぜひ転職エージェントに登録してみましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 豊富な転職活動ノウハウ
  • 休職経験が不利にならない求人を紹介
  • 各職種の転職事情を熟知したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、休職経験が不利にならない求人を紹介できる転職エージェントです。休職経験がある方の転職活動に関するノウハウが豊富にあります。

キャリアアドバイザーの質の高さもマイナビエージェントの強みです。キャリアアドバイザーは業界ごとの専任制であり、各職種の転職事情を熟知しています。転職活動に関する悩みは何でも相談してください。

キャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーも在籍しています。口コミでは分からないリアルな企業情報を知りたい時は、マイナビエージェントのアドバイザーを頼りましょう。

休職経験を気にせず転職したい方には、休職経験がある方の転職活動ノウハウが豊富なマイナビエージェントがおすすめです。

スクロールできます
Review Image
大手転職エージェントでしたし安心感がありました。前職の知識や技術を活かした転職先を探していましたが、相談に親身になって乗って頂けましたし、候補企業も幅広くピックアップして頂き、ミスマッチがないように配慮して頂けたのが印象的です。また、前職での悩みや転職に至った経緯などをしっかりとヒアリングした上で転職先を提案していイタダケタことも大きかったです。今後転職する機会が訪れた場合はこの転職エージェントを再度利用するつもりです。

引用:みん評

Review Image
初めての転職だったので、20代、第二新卒向けと聞いたマイナビに相談に行きました。担当は若い人で少し不安でしたが丁寧に対応してくれました。初めての転職だったからなのか、前職の仕事内容の他にもバイト経験や大学の学部を選んだ理由なども聞かれました。面接でも何回か聞かれたので話す練習になりました。

引用:みん評

\休職経験が不利にならない/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1を獲得
  • 業界最大級の非公開求人数
  • ほぼすべての業界・職種を網羅

リクルートエージェントは、転職活動を始めるなら最初に利用したい転職エージェントです。転職支援実績でNo.1を獲得しており、ユーザーから高い評価を得ています。

常時50万件以上の求人を保有しているため、ほぼすべての業界・業種を網羅しているのが強みです。非公開求人も豊富に扱っているので、優良企業の求人を紹介してもらえます。

また求職者の状況を理解したうえで、転職を成功に導くアドバイスをしてくれるのも魅力です。

休職中の転職成功を目指す方は、まずリクルートエージェントに相談してみましょう。

スクロールできます
Review Image
面談後、紹介いただいた案件で、技術系企画職、コンサル、プリセールスなど間口を広げて応募し、数社面接後、最終面接に進んだ数社のうちの1社に決めました。 担当者とアシスタントが連携し、リマインドやフォローアップ頂き、1次面接、適性検査から約1ヶ月で決まったのは奇跡に近い感覚でした。 最終面接に進んだ企業は数社あり、エージェントのマッチングとスピード感ある対応が功を奏したと感じています。

引用:みん評

Review Image
細かいところまで親身に返信してくれたりする。職務経歴書や面接対策など添削してくれる。求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。ここをメインに利用して他社をサブに利用するのが良いかも。

引用:みん評

\転職支援実績No.1/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

まだ完治していない人におすすめの転職サイト

【公式】https://next.rikunabi.com/
名前リクナビNEXT
料金無料
求人数公開求人:80,000件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対応年代全年代
対応エリア全国 / 海外
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://next.rikunabi.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無なし
面接対策の有無なし
スカウト機能の有無あり
連絡手段
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
リクナビNEXTの特徴
  • 高精度AIによるマッチング
  • 自分の強みが見つかるグッドポイント診断
  • 企業側から応募のオファーが届く

リクナビNEXTは業界最大級の規模を誇る転職サイトです。独自の高精度AIがあなたの好みを分析して、ぴったりの求人を選んでくれます。

無料で会員登録すると、簡単に自己分析が行えるグッドポイント診断を利用できるのも魅力です。また情報を登録しておけば、企業から応募オファーが届くサービスも利用できます。

求人を探しながら自己分析を進められるので、まだ完治はしていないけれど転職を視野に入れている方におすすめです。

休職して体調が落ち着いてきたのなら、リクナビNEXTで転職の準備を始めましょう。

スクロールできます
Review Image
入社一年がたってもどうしても気に入らない上司がいたので、会社を辞める決意をしました。しかし直ぐ勤め先が決まるほど甘くないので、リクナビNEXTで転職先をさがしました。 初めて就職活動したときも、利用したので安心感もありました。登録した数日後ある中堅企業からオファーがあり早速面接に行き、なんと採用が決まりました。とても便利でした。

引用:みん評

Review Image
求人内容を単純に業種別に分けているだけでなく、「女性の転職」や「第二新卒」といった分類もあり、自分の境遇に合った形態で検索することができました。 なかには、「東京オリンピック関連」や「二大港都市(横浜・神戸)」などの求人特集もありました。私は業種の垣根を超えて自分に合った会社に転職したかったので、とても検索しやすかったです。 おかげでワークライフバランスを実現している企業に転職することができました。

引用:みん評

\転職を考え始めたら…/

あわせて読みたい
リクナビNEXTの口コミ評判を紹介|メールが多くてめんどくさいって本当?リクルートエージェントとの違... 株式会社リクルートが運営する「リクナビNEXT」は、豊富な求人数と使いやすさゆえに、多くの転職者から高い人気を獲得しています。 しかし「メールが多すぎる!」といっ...

休職期間中の転職活動に関するよくある質問

休職期間中の転職活動に関するよくある質問

休職期間中の転職活動に関するよくある質問を3つ紹介します。

休職期間中に転職活動を始めてもいい?

休職期間中に転職活動を始めても問題ありません。休職中は時間がたっぷりあるので、仕事を続けながら転職活動するよりも効率良く進められます。

ただし、体調が良くなっていないのに転職活動を始めるのはおすすめしません。まずはしっかり身体と心を休めて、体調を整えましょう。

休職期間中の転職活動はバレる?

休職期間中の転職活動が現職の会社にバレることはないので安心してください。転職を希望するなら、バレることを心配せずに転職活動を始めましょう。

転職エージェントでは求職者に断りを入れず、企業に情報を公開するようなことはありません。現職の会社があなたの転職活動を知ることはないので、あまり気にせず転職先を探すのがおすすめです。

休職がバレたら内定取り消しって本当?

源泉徴収票に記載された給与の支給額や納税額によっては、転職先に過去の休職がバレる可能性があります。そのため、長期休職を伝えていないと、経歴詐称として内定取り消しの原因になるかもしれません。

ただし、すでに転職先ではたらいている場合は、すぐに解雇される可能性は低いと言えます。

内定取り消しのリスクを心配するのであれば、面接の際に休職経験があると素直に伝えておきましょう。

休職しても転職は成功できる!

休職経験は転職で不利になる要素ではありません。休職を経験した多くの方が転職に成功しています。

体調が改善しつつあるなら、まずはマイナビエージェントに相談してみてください。あなたの状況を理解したうえで、快適に働ける転職先を紹介してもらえます。

休職経験が不利になると諦めずに、無理をせず働ける職場への転職を成功させましょう。

\休職しても大丈夫!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ