MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

できるだけ早く部署異動したい!異動希望が通る人の特徴や成功のポイントを徹底解説

本記事でわかること
  • 部署異動が実現しやすい人の特徴
  • 部署異動するメリット・デメリット
  • 今すぐ環境を変えたい人へのおすすめ転職エージェント

早く異動したいけど、異動願いを提出しても問題ないのか悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。異動願いを上司に提出することは、問題ありません。

ただし、人事異動を決めるのは会社であるため、希望が通るか見通せないことが多いです。そのため、少しでも早く今の部署から抜け出したい人は、転職を検討することをおすすめします。

仕事をしながら転職活動をするのは、大変です。仕事をしながら転職したいなら、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに登録すれば、キャリア相談ができ書類作成や面接対策をサポートしてくれるため、転職できる確率を高めることが可能です。

本記事では、異動希望が通りやすい人の特徴や部署異動のメリット・デメリットについて解説します。少しでも早く今の職場を離れたい人へのおすすめ転職エージェントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

できるだけ早く今の部署を離れたい方には、マイナビエージェントの利用がおすすめです。マイナビエージェントは多くの業種・職種を取り扱っているので、自分に合う仕事を見つけられます。人材紹介大手のマイナビが運営しており安心です。マイナビエージェントを活用して自分に合う仕事を見つけましょう。

\自分に合った仕事が見つけられる/

>>公式HPを見る

AIの要約を見る

部署異動の可能性は、会社にメリットがあるか、避けられない事情がある場合に高まります。主な理由としては、新しい経験を積んで会社に貢献すること、家庭の事情(結婚、育児、介護)、心身の不調があります。通常、異動は会社の業務命令により行われ、個人の希望が必ずしも受け入れられるわけではありませんが、実績がある、上司との良好な関係、キャリアアップに積極的、異動先で役立つスキルがあるといった特徴を持つ人は異動希望が通りやすいです。

早く異動するためには、直属の上司に異動希望を伝えること、繁忙期を避けるタイミングでの伝達、異動理由の明確化が重要です。ただし、退職を取引材料にするのは最終手段とすべきで、上司や人事部に理解を求める努力が必要です。

>>部署異動が実現しやすい人の特徴を見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

どのような理由であれば部署異動できるのか?

会社にメリットがあったり致し方ない事情があったりすると、部署異動できるケースがあります。部署異動できる主な理由には、以下のようなものがあります。

部署異動ができる場合
  • 今後も会社に貢献できると見込まれる場合
  • 結婚や介護などの家庭の事情
  • 心身の調子が悪い

部署異動できるのは、経験を積みスキルアップし、今後も会社に貢献することが見込まれる場合です。

結婚や育児、介護など家庭の事情で異動を希望し、行われるケースもあります。精神的・肉体的な不調が理由で異動が発生することもあります。

部署異動は、会社の業務命令で行われることが一般的です。希望を伝えることは可能ですが、必ずしも希望が通る訳ではないことは理解しておきましょう。

そもそも部署異動って許されるの?異動希望が通る人の特徴

希望を出すことは許されますが、部署異動は、会社からの業務命令であることが一般的です。したがって、自分の希望が通らないケースが多いです。

ただし、実績があったり上司との関係が良好であったりすれば、希望がかないやすいでしょう。ここでは、部署異動が通る人の特徴について解説します。

部署異動したいという方は、ぜひ参考にしてください。

異動前の部署で成果を出している人

成果を出している人には、さまざまな経験を積んで、幹部になってもらいたいと会社は考えています。そのため、実績がある人は異動の希望が通りやすいでしょう。

ただし、待っていても成果を出していれば異動できる訳ではありません。直属の上司にあらかじめ異動したいことを伝えておきましょう。異動したいなら、アピールすることが大切です。

キャリアアップの思考が強い人

成長が見込める人は、異動の希望を受け入れてもらいやすいと言えます。会社が人事異動を行うのは、従業員の成長やスキルアップが企業の発展に貢献すると考えているからです。

新しい環境で経験を積むことでスキルアップすることが期待できます。キャリアアップしたいなら、異動願いを出しておきましょう。

上司と良好な関係を築けている人

人事異動を行う際に直属の上司に意見を求めるケースがあるため、普段から上司と関係が良い人は異動がかないやすいでしょう。

事前に異動したい旨を伝えておけば、後押ししてくれる可能性があります。直属の上司からの推薦となれば、異動できる確率が上がります。

異動先で役立つスキルがある人

即戦力のスキルがあれば、異動の希望がかないやすいでしょう。異動先で役立つ資格を取得しておけば、異動が通る確率が上がります。

また、異動先で役立つスキルを調べて、身に付けておくことも大切です。

例えば、希望する部署ではプレゼンテーションが多い場合、論理的な話し方やPowerPointが使えるなど、異動しても問題なく業務がこなせると上司が想像できるように仕事をしていると、異動できる可能性が高まります。

>>異動ができない人の共通点を見る

早く部署異動するためのポイント

人事異動は業務命令であることを理解していても、少しでも早く今の部署を離れたい人は一定数いるでしょう。

異動を望むなら、直属の上司に相談しておくことが大切です。ここでは、早く部署異動するためのポイントについて解説します。

今すぐにでも、異動したい人は紹介するポイントを試してみましょう。

直属の上司や異動先の責任者に直接伝える

部署異動を希望しているなら、直接伝えることが大切です。直属の上司に異動したい意思を伝えれば、人事に相談してくれるかもしれません。

また、異動を希望する部署の責任者にも、直接伝えるのも良い方法です。直接伝える人数が増えれば、異動できる可能性が高まるでしょう。

退職を取引材料にする

どうしても異動したければ、退職を取引材料にすることも、一つの手段です。しかし、人事異動は会社の業務命令で実施されるため、退職を取引材料にしても、異動できるかは分かりません。

異動希望を通したいなら、異動しなければならない理由や会社になくてはならない人材であることなどが必要です。

心身に不調をきたしたり親の介護が必要になったりする場合なら、理解を得やすいでしょう。営業成績が全社で一番のような飛びぬけた実績があれば、異動できるかもしれません。

ただし、異動を迫って上司との関係を悪くしないことが重要です。退職を取引材料にするのは、最終手段にするのが良いでしょう。

伝えるタイミングは繁忙期を避ける

異動したいことを上司に伝えるには、タイミングが重要です。業務が忙しい繁忙期では、十分な時間を割いてくれるのは、難しいでしょう。自分の気持ちを伝えるためには、上司が時間を取れる時期にするのがおすすめです。

また、定期的に人事異動が発生するような時期に伝えるのも良いでしょう。少しでも早く異動したいなら、伝えるタイミングも考慮することが重要です。

部署異動したい理由を明確にする

異動を実現させたいなら、異動理由を明確にすることが大切です。明確な理由を伝えれば、上司が後押ししてくれる場合があるでしょう。部署異動の主な理由には、以下のようなものがあります。

異動を希望する主な理由
  • 新しい環境で自分を高めたい
  • 育児や介護などの家庭の事情
  • 体調が悪い
  • 人間関係のストレス

他部署でも活躍し貢献したいというような会社にメリットがある異動理由であれば、上司から人事部へ働きかけてくれる場合もあるでしょう。

介護や体調不良のような、やむを得ない事情でも異動できる可能性があります。単なるストレスではなく、鬱になってしまうような内容であれば、異動を検討してくれるでしょう。

しかし、今の職場に不満があって環境を変えたいというような個人的な異動理由であれば、取り合ってもらえない場合があります。上司が納得できる異動理由を伝えると、早く異動できる可能性が高まります。

部署異動の希望は拒否されることが多い

人事異動は業務命令で行われることが一般的なので、従業員からの希望が通らないことも少なくありません。

会社全体の利益を考慮して人員の配置を行うため、個人の希望通りにならないこともあります。希望の部署に人員が足りていたり今の部署で抜けられると困ったりすることも異動希望が通らない要因としてあるでしょう。

希望がかなったとしても時間がかかるケースが多いです。早く部署異動したいということを実現させるのは、ハードルが高いと言えます。

部署異動を拒否されたら転職を検討しよう

今の会社にいたくてさまざまな経験を積みたいなら、部署異動を願い出るのが良いでしょう。しかし、早くキャリアアップしたい場合やストレスをかかえ今の部署を今すぐに離れたいという人は、転職することがおすすめです。

転職して自分に合う仕事を見つけ、成果が出しやすい環境であればキャリアアップが期待できます。環境が変化すれば、ストレスが減る可能性があります。部署異動を実現するのは時間が必要であるため、早期に環境を変えたい人は転職を検討しましょう。

今すぐ環境を変えたい人におすすめの転職エージェント

人事異動は業務命令で行われるため、時間がかかります。今すぐに環境を変えるなら、転職を検討しましょう。ここでは、早急に環境を変えたい人へのおすすめ転職エージェントを紹介します。

気になる転職エージェントがあれば、登録してみましょう。待っていても環境は変わらないため、行動することが大切です。

マイナビエージェント|とにかく今の部署から抜け出したい20代におすすめ

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 若手の支援に強い
  • 幅広い業種から仕事を探せる
  • 女性の支援も得意

マイナビエージェントは、20代~30代前半のサポートに強い転職エージェントです。マイナビエージェントは幅広い業種や職種を取り扱っているため、自分に合った仕事を見つけやすいでしょう。

また、マイナビエージェントは女性の支援にも力を入れています。キャリアアドバイザーの中には出産・子育てを経験している人がいるため、女性のキャリアについてもサポートしてくれます。

若手の支援に強いマイナビエージェントを利用して、今の職場から抜け出しましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 大手のマイナビが運営
  • 若手の支援に実績がある
  • 取り扱い業種が豊富
デメリット
  • ハイクラス求人が少なめ
  • キャリアアドバイザーの質にバラつきがある
  • 条件が合わないと求人紹介がない場合がある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
40代男性(IT業界)
快速な転職サポート、求人情報の豊富さなどはさすが最大手の転職サイトだと感じました。また、使いやすいウェブサイトも転職先を探したり、情報を閲覧するうえで非常に便利でした。丁寧な対応もよく担当者と、円滑なコミュニケーション、提案がアリ、終始安心できました。
Review Image
40代女性(食品業界)
友人からはとてもいい評判で聞いていたので、迷いなく利用しました。アドバイザーの方がとにかくいい方だったのでそこが全てだったと思います。色んな相談にのってくれました。

引用:キャリアクラス転職独自調査

\20代〜30代前半の人のサポートが得意/

doda|新しいことに挑戦したい人におすすめ

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • 業界第2位の求人数
  • 求人が探しやすい
  • スピーディーな対応

dodaは業界第2位の転職エージェントで、求人数が豊富であることが特徴です。非公開のものを含めた求人数は、26万件以上(2023年12月6日時点)です。

求人数が豊富なため、新しい仕事をしたい方におすすめできます。転職サイトとしても利用でき、求人が検索しやすいことも特徴です。

積極的に求人を紹介するキャリアアドバイザーが多いため、スピーディーに転職できる可能性があります。職務経歴書の作成や面接対策などをキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心して利用できます。

>>公式HPを見る

メリット
  • 求人数が豊富
  • 求人検索が簡単
  • サポートツールが充実
デメリット
  • 希望に合わない求人を提案されることがある
  • 電話やメールでの連絡が多い
  • アドバイザーの対応に差がある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
40代男性(医療業界)
写真が複数掲載されており、そこで働かれている雰囲気がよく理解できた。また、他社には掲載されていない求人が多数あり、選択肢が広がった。応募してからのリアクションもすぐいただけたことで満足度は高かった。
Review Image
30代女性(製造業)
エージェントの方が親身になってアドバイスをくれたので、安心して転職活動ができました。アフターフォローもしっかりしており、入社後にもお世話になっています。年収もアップしたので満足しています。

引用:キャリアクラス転職独自調査

\求人数が豊富で、仕事を見つけやすい/

JACリクルートメント|キャリアアップを叶えたい人におすすめ

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • キャリアアップが実現できる
  • 顧客満足度が高い
  • 企業の内情に精通したキャリアアドバイザーが在籍

JACリクルートメントは、管理職や専門職に強くキャリアアップが実現できる転職エージェントです。年収600万以上を希望している人向けで、高品質なキャリア相談ができます。

JACリクルートメントは、キャリアアップが理由で部署異動を希望していた方におすすめできるサービスです。

現職での部署異動が叶えられなかったり、時間がかかってしまうのであれば、JACリクルートメントを登録しキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。思いもよらない求人を紹介してもらえるかもしれません。

また、企業と求職者の両方を1人のキャリアアドバイザーが担当するため、内情に精通しており就業条件を直接教えてもらえます。管理職や役員クラスなどのキャリアアップを目指すなら、JACリクルートメントを利用しましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 高年収の求人が豊富
  • 両面型で高品質なサービスを提供
  • 外資系にも強い
デメリット
  • 求人数は少なめ
  • サポートに年収制限がある
  • 実績がないと求人紹介を受けられない場合がある

▼JACリクルートメントの口コミ

スクロールできます
Review Image
40代男性(製造業)
提案件数が多く、自分の想定していない企業、ポジション、業務内容での提案も受け取ることができ、選択の幅を広げることができた。こちらが依頼した翌日には多くの提案を受けることができ、スピード感があって良かった。
Review Image
30代女性(IT業界)
他社のエージェントサイトと違う点が、企業担当と求職者の担当が同じの一体型である点です。そのため、応募企業に詳しい担当から直接面接のアドバイスをいただけたことがよかった点です。

引用:キャリアクラス転職独自調査

\キャリアアップを目指す人におすすめ/

ビズリーチ|良い求人があれば転職したいという人におすすめ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • スカウトが届く
  • 保有求人の1/3が年収1,000万以上
  • ヘッドハンターを選べる

ビズリーチは、企業やヘッドハンターからスカウトが届く転職サイトです。年収1,000万以上の求人が3分の1以上を占めており、高年収の求人が多いこともビズリーチの特徴です。

経験豊富なベテランが担当になることが多く、ヘッドハンターの質が高いと言えます。ビズリーチには転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーがいないため、自分で進めていく必要があります。

転職活動を経験したことがある人の利用がおすすめです。また、スカウトが届いてから活動を始めるため、自分に合う求人があれば、転職したい人向けのサービスと言えます。

>>公式HPを見る

メリット
  • 待つ転職が可能
  • 高年収の求人が多数
  • 自分に合うヘッドハンターを選択可
デメリット
  • スカウトが来ない場合がある
  • 転職活動を自分だけで進める必要がある
  • 登録に審査がある

▼ビズリーチの口コミ

スクロールできます
Review Image
40代男性(不動産業界)
職場の退職した社員がビズリーチを利用して退職したという話を聞き、登録しました。コロナ禍のなか、エージェントと対面で職歴を伝え、転職したい業種を伝える事ができました。
Review Image
30代女性(介護業界)
思ったよりも求人が多くさらに給料が多いものが多かったです。介護業界は給料が安いと聞いていたのですが、思ったよりも高くて驚きました。求人の質が高いと思いました。

引用:キャリアクラス転職独自調査

\自分に合う仕事が見つかる/

部署異動のメリット・デメリット

部署異動したいと上司に伝えるにも、勇気が必要でなかなか言い出せない方もいるでしょう。ここでは、部署異動のメリットとデメリットについて解説します。

部署異動のメリットとデメリット

異動願いを出そうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

部署異動のメリット

部署異動するメリットには、以下のようなものがあります。

部署異動のメリット
  • 新しいスキルや経験が得られる
  • 仕事の変化を楽しめる
  • 今の会社で働き続けられる

部署によって求められる能力が異なるため、新しい経験ができ、スキルアップにつながります。これまで行ってきたやり方が変更になることがあるため、新しい挑戦にワクワクすることでしょう。

また、職場や同僚、上司、顧客も変わることによって気持ちがリフレッシュできます。今の会社で働きつつ、仕事へのマンネリ化を防げることは大きなメリットといえます。

部署異動のデメリット

部署異動のデメリットには、以下のようなことがあります。

部署異動のデメリット
  • 人間関係を再構築する必要がある
  • 業務内容を新たに覚える必要がある
  • 慣れない場所で働く

新しく仕事を覚えなくてはいけない上に人間関係ができていない点が、部署異動のデメリットです。また、慣れ親しんだ部署から離れるため、新しい職場環境に慣れなくて苦労することもあるでしょう。

自分の仕事をこなすのが精一杯で、新しい人をフォローできないケースも想定できます。分からないことがあれば、自分から話しかけ、快適に仕事ができるように努めることが大切です。

部署異動したい場合の言い方・伝え方は?

部署異動したいなら、上司への伝え方には気を配りましょう。伝え方が悪いと、上司が動いてくれず、却下される場合があります。

ここでは、部署異動の伝え方について解説します。部署異動する際の伝え方のポイントは、以下のとおりです。

部署異動の伝え方
  • 会社のメリットを伝える
  • 成果をアピールする
  • 異動理由をポジティブに伝える

異動したいなら、自分が異動することで会社にメリットがあることを上司に伝えましょう。個人的な理由では、上司から異動願いを却下される場合があります。

今の部署で実績があれば、異動先でも成果を出せることが期待できます。上司に伝える際には、ポジティブに伝えることが大切です。

自分のモチベーションやスキルが上がることで、成果が出やすくなるように前向きに伝えると、上司が動いてくれるでしょう。

部署異動したい人からよくある質問

ここでは、部署異動を希望する人からのよくある質問に回答します。

上司へ伝える際の疑問を解消して、「部署異動したい」と伝えてみましょう。

部署異動の希望は何ヶ月前に言うべき?

遅くとも1ヶ月前には伝えましょう。異動する際には引っ越しが必要かどうかも、伝えておくことが大切です。

家族と一緒に引っ越しを行う場合、子どもが転校しなければならない場合があるため、異動の内示を半年前くらいにはもらっておくと、スムーズに異動できるでしょう。

部署異動したいときは誰に言うべき?

まず、直属の上司に伝えましょう。異動願いを人事部へ提出するのは、直属の上司に自分の意思を伝えてから行うことが大切です。

これまでの成果や異動することで会社にメリットがあることを伝えます。自分の想いも伝え、上司が後押ししてくれるようにすると、異動が通りやすくなります。

部署異動したいのは甘え?わがまま?

部署異動を希望することは、甘えやわがままではありません。異動させることには従業員のやる気が上がったり適材適所の配置ができたりして、会社側のメリットがあります。

ただし、異動できるかどうかは会社の決定によるものです。今の会社に「もっと貢献したい」という気持ちや「スキルアップしたい」と考えているなら、ポジティブな理由で異動したい旨を上司に伝えましょう。

部署異動が無理なら転職で環境を変えるのがおすすめ

部署異動を希望し、上司に自分の意思を伝えることは可能です。ただし人事異動は、会社の業務命令であることが一般的です。

したがって、希望が通らないことも少なくありません。また、部署異動がかなっても時間がかかるケースが多いです。

今すぐに職場環境を変えるなら、転職を検討してみましょう。しかし、仕事をしながら転職活動するのは大変だと感じる人が多いのではないでしょうか。

今の部署を早期に抜けたいのなら、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントを選ぶなら、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントは、さまざまな業種の求人を扱っているため、自分に合う仕事を見つけられます。人材紹介大手のマイナビが運営しており安心して利用できます。マイナビエージェントを利用して、今の職場から抜け出しましょう。

\ 扱う業種が豊富で自分に合う仕事が見つかる/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ