MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

英語ができないから仕事辞めたい!辛いと感じる理由と英語スキル以外で活躍できる仕事への転職成功を目指す方法

憧れの外資系企業に入社したけれど「英語ができないから仕事を辞めたい」と思ってはいませんか?

自分の英語が仕事で通用せず、自信をなくしてしまう方は多いでしょう。実際、英語力を理由に外資系以外への転職を検討する方がたくさんいます。

英語ができないことがあまりにも辛いのであれば、英語スキル以外で活躍できる仕事への転職を検討しましょう。

本記事でわかること
  • 英語が理由で仕事を辞めたいときの対処法
  • 「英語ができないから」と退職するのがありな理由
  • 英語スキル以外で活躍したい方におすすめの転職エージェント

英語ができないから仕事を辞めたいと悩む方は、マイナビエージェントに相談してみてください。ほぼすべての業界・職種の求人を網羅しているので、英語スキル以外で活躍できる求人が見つかります。

\手厚いサポートで安心/

>>公式HPを見る

あわせて読みたい
外資系から日系企業への転職を成功させる方法!日系企業に転職する背景や注意点も解説 外資系企業から日系企業に転職する場合は、いままでと大きく環境が変わるということを頭に入れておく必要があります。 外資系なら当たり前に通じていたことが日系企業で...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

仕事で英語ができなくて辛いと感じるシーンとは

エンワールドが実施したアンケートによると、外資系企業で働く際に求められる英語力はビジネスレベル以上です。

初級レベルで入社する方もいますが、6割を超える方がビジネスレベル以上の英語力が必要と考え、実際に身につけています。

仕事で英語ができないと、以下のようなシーンで辛いと感じる人が多いです。

仕事で英語ができなくて辛いと感じるシーン
  • 電話対応をはじめ英語でのコミュニケーションが難しすぎる
  • 同僚や上司に帰国子女や留学経験者が多い
  • 海外拠点への赴任が決まり焦っている

電話対応をはじめ英語でのコミュニケーションが難しすぎる

社内公用語を英語としている外資系企業は多数存在し、業務において「英語でコミュニケーションを取らなければならない」というシーンも多いです。しかし、TOEICの点数が高くても、英会話に慣れていなければ難しいでしょう。

外資系企業に転職した多くの方が、英語ができなくて辛いシーンは電話対応であると答えています。業務で使用する頻度が高く、対面とは異なり身振り手振りで英語力の不足を補えないからです。

同僚や上司に帰国子女や留学経験者が多い

外資系企業で働く方の多くはビジネスレベル以上の英語を習得しています。ここまで英語力が高いのは、帰国子女や留学経験者が多いからです。

同僚や上司のほとんどは海外経験者で、「自分だけ日本から出たことがない」というケースは少なくありません。

周囲の英語力が高いため「自分だけ仕事ができなくて辛い、恥ずかしい」と感じてしまうのです。

海外拠点への赴任が決まり焦っている

外資系企業に勤めていると、海外拠点への赴任を命じられる可能性があります。現地では日本語が通じないため、仕事だけでなく日常生活にも英語が必須です。

辞令が出た際には海外ライフを楽しもうと思っていても、赴任が近づくと「英語ができないから行きたくない!辞めたい!」と考える方もいます。

このように英語力がないまま現地に飛び込むか、仕事を辞めてしまうかで悩んでいるケースは珍しくありません。

英語ができなくて仕事を辞めたいと考えたときの対処法

英語ができなくて仕事を辞めたいと考えたときの対処法

英語ができなくて仕事を辞めたいと考えたときには、以下の対処法を試してみてください。

英語ができなくて仕事を辞めたいと考えたときの対処法
  • 周囲の英語を真似てみる
  • オンライン学習を取り入れてみる
  • 英語不要な職場への転職活動を進める

周囲の英語を真似てみる

英語の勉強が苦手な方は、まず上司や同僚など周囲の英語を真似てみることから始めましょう。

仕事で英語を使う際には、ネイティブのように流暢な英語を話す必要はありません。ビジネス会話には決まった型があるので、言い回しを真似て覚えることが大切です。

周囲の英語表現を意識的にストックしていけば、言葉の引き出しを少しずつ増やせます。

オンライン学習を取り入れてみる

TOEICの点数が高いのに英語ができない方は、英会話の慣れが不足しています。英語を実践する機会を増やすために、オンライン学習を取り入れてみるのがおすすめです。

オンライン英会話なら場所や時間を問わず、あなたの好きなタイミングで英語学習に取り組めます。

学習をスタートしたばかりの時期は、コミュニケーションをとるのが難しいでしょう。しかし、1日25分のレッスンを続けていけば、考えるよりも先に口から英語が出てくる瞬間がやって来ます。

英語不要な職場への転職活動を進める

英語で仕事ができなくてどうしても辛い場合は、英語不要な職場への転職活動を進めましょう。

日系企業の多くでは、仕事をする際に英語力を必要としていません。外資系企業であっても日常会話ができればOKの求人が多数存在します。

また、転職エージェントに相談すれば、あなたの英語スキルや経験に合った求人を紹介してもらえるため安心です。

「英語ができないから」という退職理由はあり?ありと言える理由

「英語ができないから」という退職理由はあり?ありと言える理由

「英語ができないから」という理由で退職しても問題はありません。「英語ができないから」と退職しても大丈夫な理由を紹介します。

「英語ができないから」という退職理由がありと言える理由
  • 辞めたいと考えながら在籍し続けるメリットがないから
  • 英語ができないと正当な評価を得ずらいから
  • 英語ができなくてもスキル・キャリアアップを目指せる企業があるから

辞めたいと考えながら在籍し続けるメリットがないから

英語ができないから辞めたいと考えているなら、今の会社に在籍し続けるメリットはありません。英語不要で活躍できる職場に転職するのがおすすめです。

20代の方であれば未経験業界・職種への転職を目指せます。しかし、年齢を重ねてしまうと転職で不利になってしまいます。

辞めたい・辛いと感じているなら、転職しやすい年齢のうちに転職活動を始めましょう。

英語ができないと正当な評価を得ずらいから

外資系企業では入れ替わりが激しく、あなたの採用を決定した上司がすでに在籍していないというケースは少なくありません。そのため、直属の上司ではなく、本社とのつながりが大切です。

しかし、英語ができないと本社の人間とコミュニケーションが取れず、仕事を頑張っても正当な評価を得られない可能性があります。

英語が上達しないと感じているなら、在籍し続けるよりも転職を検討したほうが良いでしょう。

英語ができなくてもスキル・キャリアアップを目指せる企業があるから

世の中には英語ができなくても、スキル・キャリアアップを目指せる企業がたくさんあります。英語ができなくて辛いなら、外資系企業にこだわる必要はありません。

英語ができないと悩んでいる時間をほかのスキルアップに充てることで、仕事への成果につなげられます。英語ができないことで追い詰められているなら、英語不要で活躍できる仕事を探してみましょう。

英語ができないと悩んでいる人が転職成功を目指す方法

英語ができないと悩んでいる人が転職成功を目指す方法

英語ができないと悩んでいる方が転職成功を目指すなら、以下の方法を押さえておきましょう。

英語ができないと悩んでいる人が転職成功を目指す方法
  • 英語不要の求人が豊富な転職エージェントに相談する
  • 英語スキル以外の強みを明確にする
  • 退職理由で「英語ができなかったから」はNG

英語不要の求人が豊富な転職エージェントに相談する

英語ができないと悩んでいる方が転職を目指す際には、英語不要の求人が豊富な転職エージェントに相談することが大切です。

転職エージェントには業界・職種を問わず、さまざまな企業の求人が集まっています。あなたの希望や経験を考慮して、英語不要の求人を紹介してもらえるので安心です。

転職サイトでも英語不要の求人を見つけられます。しかし、サポートを受けたほうが効率良く見つけられるので、必ず転職エージェントを利用しましょう。

英語スキル以外の強みを明確にする

仕事で英語を使いたくない方は、英語スキル以外の強みを明確にすることが大切です。

転職では面接の際にスキルや経歴を聞かれます。答えられるスキルが英語しかなければ、英語を使う部署に配属されるかもしれません。

英語スキル以外の強みを知るためには、徹底した自己分析が必要です。自分の強みがわからない方は、転職エージェントでアピールのコツを教えてもらうのが良いでしょう。

退職理由で「英語ができなかったから」はNG

転職を成功させるには、ポジティブな退職理由を伝える必要があります。そのため、退職理由で「英語ができなかったから」と答えるのはNGです。

英語スキルには触れず、「自分の得意な分野を活かせる職業に就きたい」のように前向きな内容を考えてみてください。

退職理由を上手くまとめられない場合は、転職エージェントに相談してアドバイスをもらうのがおすすめです。

英語ができないから仕事を辞めたいと考えている人におすすめの転職エージェント

英語ができないから仕事を辞めたいと考えている方は、以下の転職エージェントに相談してみましょう。

英語ができないから仕事を辞めたいと考えている人におすすめの転職エージェント
  • マイナビエージェント | 20代・30代の若年層人材の転職支援に強い
  • パソナキャリア | ハイクラス向け転職エージェント

マイナビエージェント | 20代・30代の若年層人材の転職支援に強い

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代~30代の転職サポートを得意とするエージェント
  • 各業界・職種に精通したプロが在籍
  • 徹底した面接対策で選考通過率アップ

マイナビエージェントは、20代~30代の支援を得意とする転職エージェントです。未経験OKの求人を豊富に扱っているため、英語不要の職場への転職を目指せます。

各業界・職種に精通したアドバイザーが在籍しており、どんなスキルが必要かを事前に教えてもらえるのが魅力です。そのため、英語が必要な企業に入社してしまう心配がありません。

また、徹底した面接対策を実施しているので、選考通過率のアップが見込めます。求人紹介から選考対策まで手厚いサポートを受けたい方は、マイナビエージェントに相談してみてください。

\手厚いサポートで安心/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

パソナキャリア | ハイクラス向け転職エージェント

名前パソナキャリア
料金無料
求人数公開求人: 33,610件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.pasonacareer.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社パソナ
拠点東京都港区南青山
3-1-30
PASONA SQUARE
8F都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
パソナキャリアの特徴
  • オリコン顧客満足度調査でNo.1を獲得
  • 常時60,000件以上の求人を保有
  • 人事目線による選考対策のアドバイス

パソナキャリアは、ハイクラス求人に特化した転職エージェントです。オリコン顧客満足度調査で4年連続No.1を獲得しており、丁寧なサポートにも定評があります。

非公開求人を含めて常時60,000件以上の求人を保有しているのが特徴です。豊富な選択肢の中から、英語スキル以外で活躍できる企業の求人を見つけられます。

パソナキャリアがハイクラス転職に強いのは、人事目線のアドバイスで選考対策を実施しているからです。

徹底したサポートで自分に合った職場への成功を目指したい方は、パソナキャリアに登録しておきましょう。

\人事目線のアドバイスあり/

あわせて読みたい
パソナキャリアの評判・口コミは最高?最悪?オリコン満足度1位のサポートを受けた体験談 転職活動を成功させるためには、転職エージェントの活用が欠かせません。 大小さまざまな転職エージェントがありますが、ぜひ登録しておきたいのが「パソナキャリア」で...

よくある質問

よくある質問

英語ができなくて仕事を辞めたい方からよくある質問を紹介します。

よくある質問
  • 英語ができなくてクビになる可能性はある?
  • 外資系は英語ができないと出世できないって本当?
  • 英語ができなくても外資系企業に転職できる?

英語ができなくてクビになる可能性はある?

外資系企業では英語が必須と言っても、英語スキルを理由に解雇するのは基本的に違法です。スキルだけを理由にクビになることはないので安心してください。

ただし、外資系は入れ替わりが早い業界であり、英語スキルが低いためにリストラ対象になる可能性はあります。

外資系企業で長く働き続けるには、ビジネスレベル以上の英語習得が必須と言えるでしょう。

外資系は英語ができないと出世できないって本当?

外資系では英語ができないと出世できない、と言われているのは本当です。外資系で出世を目指す場合、最低でもビジネスレベルの英語を身につけなければなりません。

外資系には外国人の社員が多く、管理職を務めるには英語によるコミュニケーションで部下をまとめる必要があります。

また、直属の上司が外国人であるケースもあり、出世を目指す場合はビジネス英語の習得が必須です。

英語ができなくても外資系企業に転職できる?

外資系企業で働く際は、必ずしも英語が求められるわけではありません。部署によっては、業務で英語を一切使わない場合もあります。

外資系企業の数は多いので、上手に求人を探せば英語ができなくても転職成功を目指せます。「英語ができないけれど外資系に興味がある」という方は、転職エージェントに相談してみましょう。

英語ができないならほかのスキルを活かせる仕事に転職しよう!

英語の上達を目指して外資系に入社したけれど、英語ができず仕事を辞めたいと考えている方はたくさんいます。

人には向き・不向きがあるため、ほかのスキルを活かせる仕事への転職がおすすめです。英語ができないから仕事を辞めたい方は、マイナビエージェントに相談してみてください。

マイナビエージェントは若手の転職支援を得意とする転職エージェントです。豊富な選択肢の中から、英語不要の求人を紹介してもらえます。

英語ができないと悩んでいる方は、ほかのスキルを活かせる仕事を探してみましょう。

\手厚いサポートで安心/

外資系転職向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ