MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

【体験談】仕事してない無職でいるとやばい6つの理由と動けない人向けの対処法

私にも無職の経験があるので、あなたの辛すぎる気持ちはよくわかります。

ただ、「やばい」という劣等感や自己嫌悪を長く抱いていて何か変わるわけではありません。それを糧にして前に進むなら別ですが、抱き続けるとあなたを今以上に苦しめる材料となります。

何から始めればいいかわからず動けない人は、まず転職のプロに相談しましょう!おすすめはリクルートエージェントです。

本記事では、無職でいると「やばい」理由と、無職で「このままじゃやばい…」と感じたときの対処法をお伝えします。無職の恐怖に屈せず、一歩踏み出してみましょう!

\完全無料で利用できます!/

おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

無職はやばい!いま動けないと人生詰みます

正直、無職でいるのはやばいです

そうはいっても「何からすればいいかわからない…」「いま無職だから自分なんか就職できない…」と自信がない方が多いのではないでしょうか?

ただ、今のまま動けないでいると無職の恐怖におびえ続ける運命です。

転職のプロに相談すれば、あなたでも就職できる優良企業だけを選んで紹介してくれます。

おすすめはリクルートエージェントです。転職者の80%が利用しており、安心して利用できます。

あなたの勇気ある一歩で、先が見えない運命が変わります。少しでも余裕がある今、ぜひ一度相談してみましょう!

\完全無料で利用できます!/


あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

無職でいると「やばい」6つの理由とは?

無職でいると「やばい」6つの理由とは?

どうして無職は「やばい」のでしょうか?ここでは、無職でいると「やばい」理由をみていきましょう。

無職でいると「やばい」6つの理由とは?
  • 「お金と精神面」が一番ヤバい
  • 周囲から「やばい」と思われるから
  • ストレスが溜まるから
  • 空白期間が長くなるから
  • 少数派になってしまうから
  • 経済的・社会的に悪影響だから

「お金と精神面」が一番ヤバい

無職でいるとまず、収入源がありません。不労収入が有れば別ですが、何もなければ普通は収入は0です。就職してないと言う事は、住民税や国民年金、国民保険を給料の天引きでなく自分で払わなければなりません。

前年度の収入にもよりますが、結構まとまった金額が必要です。生活費の他には税金関係の支払いで困ります。収入がない時点で生活費も困るのに更に税金…これは辛いです。

働いていても毎月がかつかつ状態の貧乏世帯には、1か月でも無職でいるともう破産しかありません。生活が成り立ちません。一人暮らしでもきついですが家族と一緒に暮らしていれば、家族にどう思われてるのか、いろいろ勘ぐってしまい、精神的にきついでしょう。

働いてない自分が悪いのですが、周囲の目も気になります。やはり無職だと「お金と精神面」が一番ヤバいです。人によっては他にもあるかもしれませんが、自分はこの2つが一番ヤバかったですね。

周囲から「やばい」と思われるから

無職でいると「やばい」というのは、本人の意図にかかわらず、周りの人の目によるものが多いかと思います。「仕事をしていない」=「ブラブラしている」=何をしている人か分からない、収入がない人、というレッテルを貼られてしまいがちです。

このように、本人は「やばい」と思っていなくても、周りの人が「やばく」させています。無職で「やばい」と感じるのは、慣れだと思います。無職に何らかの思いがある時は、やばいと思うかもしれないですが、本当に、やばい、とは思いません。

無職でも使い切れないような蓄えがあったりすると、そんな風に思う必要もないのかもしれませんよね。そうでない状況にも関わらず、無職に慣れ、何ともならない状況を何とかなると先延ばしにしたりして、何も考えないようになると、やばいと思います。

ストレスが溜まるから

やることが無いので自宅に引きこもることになりますが、全てが妬ましくなります。他人への妬ましさからのストレス、そして収入が無い為に貯蓄がどんどん減っていくストレス、何もできない自分に対するストレス、将来の不安に対するストレス。

とにかく毎日生活しているだけで仕事をしているときの何倍もストレスを感じます。無職は自由で何でもできる、そう思いがちですが貯蓄を切り崩して生活しているため、何でもできるわけでもなく、何をするにしてもそのことを考えて節約してしまいます。

よって、仕事をしているときよりも行動に制限がかかるのです。人間はある程度制約がないと、どんどん生活が乱れて昼夜逆転してしまいます。

朝方まで起きて昼ごろまで寝て、起きて食事をしたらまた昼寝して夜まで寝てしまい、また朝まで起きているという悪循環を起こし、ダラダラした生活を送ってしまいます。

そして、再就職のチャンスを逃してしまいます。

空白期間が長くなるから

ブランクが長ければ長いほど、フルタイム勤務をするのは難しいかもしれません。働きたくてうずうずしながら無職状態を過ごしているのであれば別ですが、仕事をしていない状態が長いと仕事をすることが億劫になる傾向があると思います。

結果、就職してからも無職の生活が恋しくなるかもしれません。無職であっても歳を取ります。これは正社員を募集しているところに多く見受けられますが、条件に年齢上限があるものが多いです。

会社や企業は「長期的に勤務してもらえる方募集」と記載していたりもしますので、20代、30代を採用したいと考えているところも多いようです。そのため、正社員の就職を考えているのであれば、自分の年齢を忘れてはいけません。

少数派になってしまうから

無職は、世間的に少数派になってしまう事がやばいと思います。ほとんどの人は、自分と違う人に対してあまり良い感情を抱かないでしょう。

日本の健康な大人であれば、ほとんどの人が働いているので無職というだけで「変わった人」「何か問題のある人」のようなレッテルを貼られてしまいます。

無職であるということ自体がやばいのではなく、異物やイレギュラーと判断されて冷たい態度を取られることが多くなることが精神的にやばいです。世間体も最悪です。

家族の対応もすごく悪くなるでしょう。「いつまで無職でいるんだ」と口々に言われます。自分では仕事を探していても、なかなか仕事というのは焦っていると見つからないものです。焦れば焦るほど見つかりませんので、嫌気がさしてしまうことがあります。

自分が家にいるだけで、これだけの空気を濁していることが分かります。

経済的・社会的に悪影響だから

無職のままで居続けると、経済的・社会的に悪影響が及びます。生きていく為にはお金が必要です。例えば一人暮らしの場合は、お金が無いと家賃等が支払えず、家を追い出されてしまう可能性があります。

追い出された結果、ホームレスになり、世間で住所不定という扱いを受けてしまうでしょう。住所不定になってしまうと信用力が落ち、就きたい仕事にも就けなくなる可能性があります。

信用力が落ちて不利になるという点では、賃貸やカード会社等の審査もこれに当てはまりますね。収入があり、尚且つお金を必ず支払うという保証が無ければ審査は通りません。

無職のままでいると、お金が無くなる以外にも信用力が損なわれてしまいます。実家暮らしも同様に両親が働けなくなると収入は入ってきません。介護も必要になるかもしれません。

その時になって仕事をしようとしても、求人の年齢制限や体力に限界が生じ、結果として自分自身も働けなくなってしまう可能性があります。

\完全無料で利用できます!/

無職で「このままじゃやばい」と感じたときの対処法

無職で「このままじゃやばい」と感じたときの対処法

どうすれば、無職の「このままじゃやばい…」と感じる状態から抜け出せるのでしょうか?ここでは、無職で「このままじゃやばい…」と感じたときの対処法を紹介します。

無職で「このままじゃやばい」と感じたときの対処法
  • 無職から抜け出す行動をする
  • 知り合いのいないところに旅に出る
  • 無職に慣れないこと
  • 外に出ること
  • 働くこと
  • やる気がない人でも働けている
  • 無職でも自活している人は…
  • 図書館に通う
  • ノートにまとめてみる

無職から抜け出す行動をする

まず当面の生活費に不安がなければ、以下の3つの行動をしましょう。

当面の生活費に不安がない場合の「無職から抜け出す行動」
  • 1.就職活動をしましょう。
    まずは働く場所を探すことが重要です。無職になった理由にもよりますが、収入と長く続けられるかのバランスを考えて探す方個人的には良いと思います。
  • 2.生活リズムを整えましょう。
    不規則な生活をしていたら、規則正しい生活は最初きついです。少しずつでも直した方が良いでしょう。
  • 3.収入源を確保しましょう。
    就職できるまでどの位の時間が掛かるか分かりません。バイトでも、派遣の仕事でも良いので就職活動に差し支えない程度に収入源を作りましょう。

生活費に不安がある場合は、以下の3つの行動を始めることです。

当面の生活費に不安がない場合の「無職から抜け出す行動」
  • 1.何でも良いから働くことです。
    生活費に不安がある場合は、バイトでも派遣でも良いので生活できる水準まで持っていきましょう。何をするにもそこからです。
  • 2.就職活動を必死にしよう。
    バイトなどの仕事をしながら就職活動をしましょう。上手く時間を使って探すことです。
  • 3.目の前の仕事だけに集中しないことが大事になります。
    バイトや派遣でも当面生活はできます。しかし将来のことを考えて動きましょう。

\完全無料で利用できます!/

知り合いのいないところに旅に出る

無職でいることが「やばい」のは、多かれ少なかれ人の目によるところが多いです。ですから、思い切って知らない街に行ってしまえばいいでしょう。

時間に区切りをつけず、ゆっくりと旅に出られるのは無職の時だけです。

無職に慣れないこと

まず、無職に慣れない事が大事だと思います。無職で、このままではやばいと感じるのなら、無職から脱する必要がありますよね?という事は、仕事に就く事が最優先となるでしょう。

無職でもやばいと思わない人はいると思います。太っていてもやばいと思う人もいれば思わない人もいます。やばいと思う理由も思わない理由も、人それぞれです。

無職でやばいと思うのなら、それに対して「何とかしないと」、と思っている気持ちがあるはずです。

外に出ること

まずは外に出ることだと思います。ずっと引きこもっていると内向的になり、そして人を妬むようになり、どんどん自信をなくしていきます。まずは外に出て普通に歩くことにより、外の環境に自分を慣れさせることが必要です。

そして、生活リズムを戻しましょう。朝にニュースを見ることによって、自分が社会の一員であることを思い出すことができると同時に、再就職への自信を取り戻すこともできます。

「だめだ」と思っていることを自覚して自分から行動あるのみです。

働くこと

なんでもいいから働くことです。下手なプライドがあると失敗します。プライドは捨ててアルバイトでも何でもいいから働くことです。

職探しをしている期間中も日銭はほしいので、私の場合はクラウドソーシングをその時に本格的に始めました。人は働くことで自分の価値を見出します。ゴロゴロと家にいるだけの無職では世の中のためになりません。

やる気がない人でも働けている

「このままじゃやばい…」という気持ちがあるのなら、就職することは可能であると考えます。このままじゃやばいが、何をすればいいかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。出先などで「やる気の無さそうな人だな」と感じるような店員の方を見かけることはありませんか?

あの方たちも、やる気がなさそうに見えますが無職ではないのです。もちろん来店される方には不快感を与えているかもしれませんが、あの人たちも無職ではなく「働いている」のです。

図書館に通う

無職の間は、図書館に通うと良いでしょう。皆さん勉強したり本読んだりしていますので、その間だけは気が紛れます。そして、「自分と同じようにこの図書館の中にいる人も、同じような思いをしているのではないか」と考えると、なぜか安心できるのです。

図書館に行くと、空調も効いていて電気代の節約になります。家にいると、エアコン代がかかってしまいますからね。

さまざまな本を片っ端から読めば、知識が増えます。無職を脱出できるきっかけになる本と出会えるかもしれません。

ノートにまとめてみる

自分ができること、能力やスキルをノートやメモにまとめることから始めて下さい。焦っても良いことはありません。今できること、能力やスキルを予めまとめておくことで、自分にマッチした仕事を効率良く探すことができます。

また、お金が無くて焦っているのであれば、バイトや副業でお金を貯めていくと良いでしょう。バイトや副業を通して能力やスキルを磨くこともできます。

例えば、コンビニでバイトすると接客やレジ操作を身につけることができますよね。接客業やレジ操作が求められる会社では、面接時のアピールポイントとして自身の強みになります。

【仕事してない人は何してる?】無職でも自活している人は…

無職でも自活できている人は、無職の人に寛容な集団に所属すると良いと思います。無職の人に対して偏見を持っている人たちの考え方が変わることはまずないので、そういう人たちから離れる方が精神衛生上良いです。

もしくは自営業を名乗れば世間体は多少良くなります。便利屋や何でも屋などを名乗って名刺でも作っておけば、とりあえず変な目で見られることは避けられるでしょう。

自活が出来ておらず無職を抜け出したい人は、一刻も早くハローワークに相談するべきです。各市町村でいろいろな補助制度があるので、それを活用すれば良いと思いますよ。

\完全無料で利用できます!/

無職でやばくなる期間とは?

無職でやばくなる期間とは?

無職期間がどのくらいの期間になると、「やばい」のでしょうか?ここでは、無職がやばくなる期間についてみていきましょう。

無職でやばくなる期間とは?
  • 無職が1ヶ月を過ぎたらもうヤバイ
  • 無職が3ヶ月超えると本格的にやばくなってくる
  • 無職で半年過ぎると超やばい
  • 半年無職だった体験談
  • やっぱり図書館で安らごう

無職が1ヶ月を過ぎたらもうヤバイ

1ヶ月を過ぎたら「ヤバイ」という状況になると思います。自暴自棄にもなってしまいますし、世間から取り残されている感覚になるでしょう。無職の期間というのは次の仕事につくまでの間の時間です。

次の仕事も決まっていない状況で1ヶ月もたつと、そのままズルズルと無職期間が延びてしまうこともありますし、それ以上に体力等も低下してしまいます。

また、無職の期間が長ければ長いほど、面接の印象も悪くなります。

無職が3ヶ月超えると本格的にやばくなってくる

無職の期間が3か月を超えると、本格的ににやばい気がします。失業手当が最低限もらえる期間もこの3か月です。(失業理由によっては変わってくるのでしょうが。)

個人的には、無職の最初の3か月はとても有意義で、これまでできなかったことをするのに最適な時間でした。ただ、それ以降は収入も途絶えるし、なんとなく居心地が悪い思いをしたのを覚えています。

私の場合は、3か月の失業保険がありましたので、その期間に何とかする、と決めていました。ただ、特に年齢が上がるほど無職に対して偏見が強いと感じます。

理由や背景は全く考慮せずに、無職というだけで説教してくる人が多いです。周りが無職に対して理解がないので、説教されると最悪でしたね。働かない期間があればあるほど働く感覚がうすれるので、やばいと思います。

半年、一年以上になると人と人とのつながりがなくなり、やがて自分を自ら嫌いになることがあります。

無職で半年過ぎると超やばい

無職期間が半年を過ぎてしまうと「仕事したくない人」と見られてしまう傾向があります。地域によって異なりますが、就活開始から3~6カ月で就職できるというのが一般的な見方になっているでしょう。

面接時にも「この空白の期間は何をやっていたの?」と聞かれることが殆どです。その時に自身がどのような答えを出すのかで結果が異なります。

例えば、バイトや副業をしていた人は「接客の経験を積む為」「自分が稼げるかどうか試したかった」等と少なくとも第三者が納得できるような答えを出すことができます。

ですが、療養等を除き、半年間何もしていない人はどうでしょうか。面接で聞かれたことに対し、第三者が納得のいく答えを出せないというのが一番の問題です。

半年無職だった体験談

私の無職の期間は半年ほどでした。最初は余裕があったのですが、2ヶ月を過ぎてくると段々金銭的なことが不安になってきて、3ヶ月を過ぎると家族や周囲の目も気になり始めます。段々、外にと言うより部屋から出るのが苦痛になって来ました。

しかし、お金もきつくなったので半年がたった頃に派遣の仕事をを始めました。自分は正社員以外で働くのは嫌だったのですが、そんな事言ってられなくなり仕事を始めたのです。

自分は200万円ほど貯金があったのですが、半年もしない内に生活費に困りました。やはり税金面のお金が辛かったです。車も持っていたのでその維持費もキツかったです。

もちろん、派遣仕事をしながら就職活動もしてました。ちなみに正社員で働くようになったのは、派遣で働くようになってから3年後になってしまいましたね。

やっぱり図書館で安らごう

無職期間が半年も続いてしまうと超やばいなと感じます。それでも仕事が見つからない場合は、お金のかからない場所に行くのが1番です。

公共施設も利用すると意外とお金がかかりません。春夏秋冬時が流れてしまいますので、早く職を見つけるのが1番の手段です。

それでも見つからない場合は、私の場合はやっぱり図書館を利用するが1番の安らぐ手立てでした。

\完全無料で利用できます!/

無職でお金がやばいときの3つの解決策

無職でお金がやばいときの3つの解決策

どうすれば無職の「お金がなくてやばい状態」を乗り越えられるのでしょうか?ここでは、「無職」でお金がやばいときの解決策を見ていきましょう。

無職でお金がやばいときの3つの解決策
  • とにかく節約する
  • 貯金を切り崩す
  • 副業とバイトをする

とにかく節約する

「無職でお金がなくてやばい」は、仕事をしていないときにほとんど誰もが陥る状況だと思います。そんな時は、とにかくお金が掛かるお出かけをしないことでしょう。

家にいれば、誰にもあなたの行動を見られなくて済みますし、(家族がいれば別ですが)他人の目を気にせずに居られますし、お金を使わなくて気楽でいられます。

基本的には、節約です。食費が一番節約になるので、スーパーの終わる時間に、安いものを購入して、必要なら冷凍します。こまめに行くと、お金を使うので、基本的には三日に一度くらいのペースでした。

コンビニは、もちろん行きません。子どものような生活をすると、お金はかからないと思います。

貯金を切り崩す

節約してもお金が足りないなら、貯金を切り崩しましょう。貯金も底をつけば、誰かに借りるなり働かざるを得ない状況が生まれます。

追い込まれて出来るタイプの方には向いている方法かもしれません。貯金が底をついた時点で、今までの自分をリセットして新しい気持ちで前に進むしかなくなります。

ただ、貯金が底をついても働くことの出来ない状態の方ももちろんいらっしゃいますよね。外に出て働くことが難しい方であれば、クラウドソーシングなどはいかがでしょう。パソコンやスマホで在宅ワークが出来ます。

副業とバイトをする

仕事が見つからなくてもバイトや副業は可能です。今は売り手市場とも呼ばれています。求人サイトを見ても常に人材が募集されています。お金が無くて困っているのであれば、一時的にバイトや副業すると良いです。

最低賃金を900円とし、1日6時間で週に5日とすると単純計算で1週間で2万7千円稼ぐことができますよ。20日とすると10万8千円稼ぐことができます。

また、副業で物販等を行うと、これに稼いだ分の金額が加算されます。少なくとも足しになるのは間違いありません。

\経済的に困る前に…!/

【無職の恐怖】無職の「劣等感と自己嫌悪とストレスでやばい」と苦しんでいるあなたへ

【無職の恐怖】無職の「劣等感と自己嫌悪とストレスでやばい」と苦しんでいるあなたへ

ここでは、無職で苦しんでいるあなたへメッセージを送ります。

無職の「劣等感と自己嫌悪とストレスでやばい」と苦しんでいるあなたへ
  • 仕事探しに全力を注ぐ
  • 気にしないこと
  • 今の気持ちを吐き出そう
  • 前向きに考えてみよう
  • 無職は自分探しの時期

仕事探しに全力を注ぐ

ずっと無職でいる間はその劣等感と自己嫌悪とストレスを感じ続けることになります。それを克服できるのは自分自身だけです。他人は力を貸すことはできるけど、最終的に自分で何とかしないといけません。今はまだ貯蓄もあるかもしれない。

でも、それがなくなるときには本当に絶望しかなくなります。今ならまだ間に合うと思います。積極的に就職活動をして、職を得ることに全力を注ぎましょう。

とにかく転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

特におすすめのリクルートエージェントなら、実績豊富なアドバイザーがあなたに合った仕事を厳選して紹介してくれます。

今動けないと、先が見えない無職の恐怖におびえ続けることになります。少しでも余裕がある今、いちど相談してみましょう!

\完全無料で利用できます!/

気にしないこと

無職が「やばい」と思っても、そんなに気にしないことです。日本人の同調圧力が強すぎるだけで、世界に目を向ければ無職で遊んでる人なんて山ほどいます。

いろいろ言ってくる人は多いですが、彼らは自分と違う人に対して無責任に攻撃しているだけで取るに足らない意見だと思いましょう。劣等感や自己嫌悪を感じているというのは、一般的な日本人の生活スタイルを正解だと定義しているからだと思います。

「大きな会社に入って週5日8時間働いて順調に出世しながら定年まで勤める」といった、昭和の価値観はもう時代遅れなので無視すれば良いのです。

今はいろいろな稼ぎ方ができる時代ですし、住む場所も日本にこだわる必要はありません。

今の気持ちを吐き出そう

まず根本的に「無職でいること=劣等感、自己嫌悪」ではないと思います。周りの人があくせく働いているのは、いつも素晴らしいことでしょうか?無職でいること=時間がある=自己反省できるということです。

好きなことが出来る時間があるなど、ポジティブな考え方をしてみたらどうでしょう。無職でいることは、いつもネガティブな状態でしょうか。思っていることを、話せなければ、ノートに書いてみるのもいいかもしれません。とにかく吐き出してみましょう。

あなたと同じ思いの人は、あなただけではないはずです。劣等感も自己嫌悪もストレスも、みんな持っているものだから、そんなに苦しまなくても良いのですよ。その理由が、無職だと原因が分かっているなら、尚更、いいです。

仕事に就く事で、それらのやばいと感じる気持ちが解消されるのだから。あなたにはきっと、新しい仕事が見つかります。

前向きに考えてみよう

自分の人生は自分でしか変えられません。もし、苦しんでだめで、無理だと思っている人は世の中にたくさんいます。これまで苦しんだ分、楽しみが待っていると思いましょう。耐えてきた分、あなたは、幸せになれるのです。

諦めずに負けても、またはい上がって何度でも自分で決められるのが人生といえます。無職でも遊びは必要です。自分の好きなこと趣味がやがて生きがいにもなります。

自分にあった生き方をするのもいいと思います。今の自分にとってかけがえのない時だったと、きっと思えるときがきますよ。

無職は自分探しの時期

働いていないときが、「自分探し」の時期だと思ってみてください。一歩ずつ行きましょう。あなたにとって喜び悲しみはこれからも続くと思います。

でも自分のことを良く思えられることが出来る日がくれば、きっと周りの人たちの事にも気づくことが出来るでしょう。自分を大切に生きている事を素晴らしいと思えたら、あなた自身の勝利です。諦めずに信じて進みましょう。自分のペースで。

このように、気持ちを切り替えてみてください。

\完全無料で利用できます!/

私も無職で苦しんでいた【体験談】

私も無職で苦しんでいた【体験談】

今無職で悩んでいる方にアドバイスです。私自身もお金がなくて、職がなくてどん底生活を味わっていました。私は現在消費者金融から借り入れたお金を毎月返済しています。返済するだけでも大変な額です。

でも毎月地道に働いていますので、返済できる日はまだまだ遠いのですが、返済しきって終わりたいと思っています。無職で辛い思いをした時期に比べますと、今は仕事がありますので本当に良かったなと思っています。

「早く仕事をしないと」と焦らないでほしいです。焦ると仕事はなかなか見つかりません。負の連鎖に陥る必要はありませんよ。自分が出来ること、能力やスキルを再確認し、どこで生かせるのかを考えると良いでしょう。

そして、自分が活躍できそうな会社をリストにピックアップし、面接を受けられるところから受けていけば良いのです。

面接を受けて不採用になっても落ち込む必要はありません。諦めずに就活を続けることが大事です。

まとめ:無職はやばい!余裕がある今のうちに動き出そう!

結論、今すぐ無職は抜け出さないとやばいです。動けず時間がたつほど、次の仕事を見つけることはむずかしくなります。

それでも仕事探しに自信がない人は、転職エージェントに相談しましょう。特に業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

転職のプロがあなたに合った企業を厳選し、無職でも内定を取れるまでフォローしてくれます。

先が見えないと無職の恐怖に屈する前に、余裕があるいまから動き出すのがおすすめです。あなたの新しい仕事が見つかるのを願っています!

\今すぐ無職を抜け出す!/

おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ