MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

新卒で就職浪人すると不利?やめとけと言われる理由や成功する割合、避ける方法まで解説

後輩ちゃん

就活がうまくいかないから、就職浪人して来年頑張ろうかな…

キャリア先輩

今年の方が絶対に有利だから、まだ諦めちゃダメだよ!!;。::

就職活動もいよいよ山場をむかえていますが、まだ内定が出ていない人の中には就職浪人を考え始めた人もいるのではないでしょうか。

しかし、就職浪人はリスクが高く、メリットはありません。

就活は後になればなるほど、気持ちの面でも追い込まれてしまいます。

25卒でまだ内定が取れていない人は、まずJobSpring(ジョブスプリング)に頼りましょう。

最後まで諦めずに、短期間で内定をゲットしましょう!

25卒で内定ないなら…
【公式HPhttps://jobspring.jp/
  • JobSpring(ジョブスプリング)がおすすめ!
  • あなたが知らない本当に合った企業を厳選して紹介
  • 就活のプロの徹底サポートで最短2週間の内定可能!

最短2週間でスピード内定!

※30秒で登録完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

【結論】就職浪人は確実に不利になるからやめとけ!

結論から言うと、就職浪人は確実に不利になるのでやめておきましょう!

「今が苦しくて就活から逃げ出したい」という気持ちがあるかもしれませんが、先延ばしにするとさらに追い込まれて苦しい状況になります。

就活を今すぐ終わらせたい人は、就活エージェントの利用がおすすめです。

中でもJobSpring(ジョブスプリング)は、徹底的な自己分析にもとづいて厳選した企業を紹介してくれるため、効率よく就活が進められます。

内定ないまま卒業したくないなら、就活のプロの力を借りて一気に内定をゲットしましょう

最短2週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

キャリアクラス
25卒5月で内定ないと結構やばい!もらえない人の特徴と内定ないまま卒業しないために就活生が今すぐやるべ... 25卒で内定がなくて焦っています……これからどうすれば良いですか? 卒業までに内定を獲得できるように、今すぐ就活を始めよう! リクルートの調査によれば、25卒は4月1日時...

就職浪人する割合は?

文部科学省の発表によると、令和4年3月大卒者のうち就職も進学もしていない人の割合は9.4%でした(令和4年12月21日時点)。

一見すると多いように見えますが、この中には進学準備中や就職準備中、家事手伝い等の人も含まれています。

留学予定の人や、公務員試験の結果を待つ人なども一定数いることでしょう。

こうした人を除くと、一般企業の就活を続けるために就職浪人している人の割合は、9.4%よりもかなり少なくなるものと見られます。

キャリア先輩

23卒では卒業者約59万人のうち、就職する人が74.5%、進学する人が12.4%だったよ。

出典:令和4年度学校基本調査(確定値)報道発表資料 (mext.go.jp)

なぜ新卒で就職浪人するのは不利だと言われるのか?

ここからは、新卒で就職浪人をすると不利だと言われる理由について解説します。

人手不足に悩む企業はたくさんありますし、中途採用なら年中募集されていますから、就職浪人でも何とかなりそうな気がするものです。

しかし、実際に「既卒」で就活する人を対象にした調査では、次のような結果が出ています。

【調査概要】「2022年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」
○調査期間/2022年9月14日~9月28日

○調査方法/Web上のアンケートフォームより入力
○調査対象/マイナビ2023会員のうち既卒で登録している55,730名
○有効回答数/320名
※調査結果は、端数四捨五入の都合により合計が100%にならない場合があります。

【図1】現在の内定の有無

出典:マイナビ2022年度既卒者の就職活動に関する調査

2022年を見ると、9月の時点で内定を保有している既卒者の割合は44.8%となっています。

つまり、就職浪人をした人の半数以上は、秋の時点でまだ内定が0の状態が続いているのです。

キャリア先輩

これは予想以上に厳しい現実だね…

また、既卒で就活を経験した人に聞くと次のような苦労があることも分かりました。

それぞれについて、詳しく見てみましょう。

既卒・中途採用は新卒より非常に厳しい

先ほどと同じ調査では、既卒の就活で大変だと思うことについて次のような結果が出ています。

「2022年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」

【図4】卒業後の就職活動において大変だと思うこと(複数回答) 一部抜粋

出典:マイナビ2022年度既卒者の就職活動に関する調査

ここでは「既卒者の募集が少ない(40.9%)」、「既卒者としての活動の仕方がわからなかった(37.6%)」、「既卒者募集をしている企業が探しづらい(36.6%)」というように、選考以前に応募先を見つけることに苦労しているのが分かります。

仮に選考までこぎづけたとしても「既卒として就職活動している理由を聞かれる(47.9%)」、「新卒のように仲間がいないので進捗がわからない(28.9%)」、「学生と一緒の選考は、気おくれする(27.9%)」など、新卒にはなかった新たなハンデを抱えていることも特徴です。

後輩ちゃん

確かに、自分が26卒の就活サイトを使っていいのかどうか迷いますね…

キャリアクラス新卒就活

周りからの目がきつい

就職浪人をした人の多くは、周りからの視線が痛いと感じています。

ほとんどの友達は社会人として新しい生活を始めていますから、自分が就職浪人をしていることを恥ずかしく感じたり、言い出しにくくなったりするようです。

また、就職浪人をする際にはお金の問題も避けて通れませ

生活費はもちろんのこと、奨学金の返済や年金の納付なども新たに発生します。

家族や知り合いから反対されたり、冷ややかな目で見られたりするのはつらいものです。

後輩ちゃん

就職した友達とは会いづらくなりそうですね

キャリアクラス新卒就活

少数派になり精神的にきつい

就職活動中は、焦りや不安を感じて精神的につらい時期があるものです。

不採用が続くと、自分の存在価値や生き方まで否定的に考えたりしてしまうこともあります。

しかし就職浪人をすると、このつらい期間をさらに延ばしてしまことになります。

就職浪人をした人からは、次のような声も聞かれました。

  • 周りの友達は社会人なのに、自分だけ働かずに就活を続けているという焦りがあった
  • 就活の場では学生に混じって活動しなければならないという孤独感があった
  • どれだけやっても内定がもらえないという無力感があった

これらを見ると、やはり新卒のうちに就活を終わらせた方が良さそうです。

キャリア先輩

自分に自身がなくなると、就活にも悪影響だよね

キャリアクラス
就活に全落ちで卒業しないためには?NG行動や状況別の対処法について徹底解説 | キャリアクラス 選考に落ち続けて全落ちした… 諦めるのはまだ早い!25卒の選考も間に合うよ! 「就活の選考に落ち続け、全落ちしたらどうしよう…」と不安になることありませんか? 「そう...

もし就職浪人しても取れる選択肢とは?

もし、やむを得ず就職浪人をした場合にはどのような選択肢があるのでしょうか。

次の3つのパターンについて解説します。

既卒として中途採用を受け続ける

多くの人は、就職活動の継続を想定していることでしょう。

新卒よりもハードルは高くなりますが、既卒として中途採用で就活を続けることは可能です。

ただ、新卒でも中途でもない微妙な立ち位置になりますので、自力で求人を探し出すのは難しくなります。

就活を続ける場合は、既卒や第二新卒、フリーターを専門にした就活エージェントを利用しましょう。

中でも「ハタラクティブ」は、短期間で自分に合った仕事に就けることが特徴のサービスで、いま注目を集めています。

ハタラクティブが紹介しているのは、エージェントが実際に足を運んで厳選した3,000件以上の優良求人のみです。

その求人の80%以上が正社員未経験でもOKとなっているため、効率良く就活が続けられます。

短期間で自分にあった仕事に就ける!

※60秒で登録完了

就活を諦めてフリーター・パートとして働く

就活に限界を感じたら、諦めてフリーターやパート、派遣社員として働くという選択肢もあります。

いわゆる非正規雇用なら求人はたくさんありますし、選考も正社員ほど厳しくないので、当面の収入を得ることはできます。

ただ、非正規雇用の場合は雇用の不安定さがつきまといますし、長い目で見ると収入の額やキャリアプランは制限されます。

もしフリーターなどを選択する場合は、その職場で認めてもらう正社員登用を目指すか、資格などを取って改めて就活に挑戦するなど、戦略を立てることが必要です。

キャリア先輩

僕の友人は、学生時代の飲食店バイトを続けて、そのまま正社員になったよ

キャリアクラス新卒就活

ニートになって働くのを諦める

おすすめはできませんが、ニートになって働くのを諦めるという選択肢もあります。

一見するとラクな道に見えるかもしれませんが、社会人の立場から言うとニートは就活以上に苦しいものと思われます。

自分の時間がたくさんあるのは魅力ですが、その時間で好きなことをするためにはお金が必要です。

日中はみんな働いているので友達を誘うことも難しいですし、社会との接点はせいぜいネットの中だけになってしまいます。

キャリア先輩

一時的なら「自分探し」もアリだと思うけど、長く続くのはツライと思うよ

キャリアクラス新卒就活

絶対に就職浪人したくないなら就活エージェント一択!

ここまで見てきて、絶対に就職浪人はしたくない!と思った人はさっそく行動に移しましょう。

就活エージェントなら大学4年生の6月、今からでも逆転内定が可能です。

スピード内定におすすめの就活エージェントを紹介しますので、まずは卒業までに内定を1件ゲットすることを目指しましょう!

キャリア先輩

とにかく諦めずに活動してみよう

JobSpring(ジョブスプリング)

就活エージェント JobSpring
【公式HP】https://jobspring.jp/

JobSpring(ジョブスプリング)は、エージェントサービスを軸として、就活セミナーや企業イベントの情報なども提供してくれるのが特徴です。

キャリアアドバイザーが自己理解を徹底的に深めるカウンセリングをしてくれ、あなたに合った企業を3~4社に厳選して紹介してくれます。

最短2週間での内定獲得も可能なため、この時期からの登録でもまだ間に合います!

就活の流れを変えたい人、一気に逆転を狙いたい人は、ぜひJobSpring(ジョブスプリング)を利用しましょう。

キャリア先輩

質の高いマッチングも評判で、3年以内の退職者はわずか0.1%なんだって!

最短2週間のスピード内定!

※30秒で登録完了!

キャリセン就活エージェント

キャリセン就活エージェントは、これまでに6万人以上の学生が利用したサービスです。

運営元のシンクトワイス株式会社は、採用コンサルティング事業も手掛ける企業なので、採用する側のリアルな視点でアドバイスをしてくれます

企業の本音を知り尽くしたアドバイザーの力を借りれば、他の就活生ともグッと差がつけられます。

まずはキャリセン就活エージェントに登録して、希望条件について相談してみましょう!

後輩ちゃん

丁寧な就活サポートが評判です

企業目線のアドバイス!

※30秒で登録完了

キャリアスタート(CareerStart)

キャリアスタート学歴より個性を重視し、あなただけの就活をサポートしてくれるのが特徴のエージェントです。

マンツーマンで就活をサポートをしてくれ、最短2週間での内定獲得が目指せます。

キャリアスタートは面接トレーニングによる内定率86%、入社後の定着率92%など、驚異的な実績を誇るエージェントです。

自分の強みがよく分からない人面接で何を改善すれば良いのかが分からない人は、ぜひ登録してみましょう。

後輩ちゃん

私も登録してみようかな

学歴より個性!

※30秒で予約完了

まとめ:就職浪人は非常に不利!就活エージェントと今すぐ回避しよう!

就職浪人は、求人の数でも選考基準でも、非常に不利な戦いになります。

「今さら就活に焦って、妥協で就職先を決めたくない」と思っている人がいるかもしれませんが、妥協になるかどうかは、内定が出てからじっくり考えれば間に合うのです。

とにかく今すぐに内定が欲しいならJobSpring(ジョブスプリング)に相談しましょう。

就活のプロがあなたに本当に合った企業を紹介してくれるので、最初から企業とマッチした状態で選考に臨めます。

また、親身な就活サポートで最短2週間のスピード内定が可能です。

今ならまだ25卒としての内定は間に合うので、諦めずにまずは1件内定を勝ち取りましょう!

25卒もまだ間に合う!

※30秒で登録完了!

25卒向け就活サイトランキング!
名称1位:
Jobspring
2位:
キャリアパーク
就職エージェント
3位:
シュトキャリ
イメージ就活エージェント JobSpringキャリアパーク就職エージェントシュトキャリ 就職エージェント
ターゲット25卒25卒25卒
特徴自己分析が大好評
3年以内退職率0.1%
最短1週間で内定
23卒8,000名が利用
累計支援実績10万人
人気業界の求人多数
内定までの
期間
2週間1週間2週間
オンライン
対応
登録方法Web・LINEWebWeb
詳細もっと見る!もっと見る!もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】JobSpring(ジョブスプリング)
⇒あなたに最適な企業だけを厳選して紹介!3年以内退職率0.1%!

【2位】キャリアパーク就職エージェント
⇒最短1週間のスピード内定可能!23卒8,000名以上が利用!

【3位】シュトキャリ(旧:ヒトツメ)
⇒新卒支援実績15年!IT/人材/広告/コンサル/不動産など人気業界多数!

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ