MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

仕事を辞めると決めたら楽になった人へ。退職の心構えと気をつけることを徹底解説

あなたがもし今の仕事の退職を検討しているなら、会社を辞める際に気をつけたい心構えをおさえておくことをおすすめします。

あなたがそれを知っているか知らないかで、あなたが退職する際の周りの印象が変わってくるからです。「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、できればスッキリとした気持ちで退職したいものです。これまでお世話になった会社だからこそ、気持ちよく去ることを心がけましょう。

そうは言っても、会社を辞めるということは、その会社に何かしらの不満があって退職するのだと思います。しかし、不満があるからといって引き継ぎもロクにせずに逃げるように辞めてしまったり、会社の不満を周囲に言いふらすような行動をするのは考えものです。

最後まで「辞めるのが惜しい人だった」と、惜しまれつつ退職できるように行動しましょう。その方が、次の仕事に向けて気持ちよく出発できるはずです。今回は、会社を辞めると決めたら知っておくべき退職の心構えを紹介致します。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

仕事を辞めると決めたら知っておくべき退職の心構え

仕事を辞めると決めた人は、下記のことを知っておくことが大切です。

以下では、3つの項目について詳しく解説します。

退職の意思を告げたら、今までと同じように仕事はできない

退職する意思を告げたら、今までと同じように仕事ができないことを知っておきましょう。企業は退職する意思を告げた方に対して、「辞める人」という認識で接します。

職場の人間関係によるものの、周囲からの視線が冷たくなったり、同僚との距離感が気まずくなったりする可能性がゼロではありません。退職日までは、肩身が狭くなることが事実です。

退職する上で、今までと同じように仕事ができなるなることは、避けて通れない部分です。今までとは異なる過ごし方になる点は、仕方がないことだと割り切る必要があります。

退職を納得してくれない場合もある

上司に退職する旨を伝えたとしても、納得してくれない場合があることを知っておいてください。基本的には、人が抜けることでほかのメンバーが業務をカバーする必要があるため、引き止められると思っておいたほうがよいでしょう。

特に、繁忙期や後任者がいないときに退職する意思を伝えると、上司から難色を示されやすくなります。上司に納得してもらうためには、退職を告げるタイミングを配慮することが大切です。

とはいえ、職場のタイミングを優先する仕事の辞め方は、あまりおすすめしません。退職する決断を先延ばしする行為になり、気づいたときには、転職しにくい年齢になっている恐れがあるためです。

やむを得ず、業務に支障をきたす恐れがある時期に退職する場合は、仕事に穴を開ける行為に対して陳謝する気持ちを伝えることが欠かせません。

仕事を辞める気持ちが固まったら、納得してくれる・納得してくれないに関係なく、上司に退職する意思を伝えることが重要です。

一度退職を申し出たら「やっぱり残る」はやめた方がいい

仕事を辞めたい方は、一度、退職を申し出てから「やっぱり残る」という考え方は控えたほうがよいでしょう。企業は、退職を申し出た方に対して「いつ辞めてもおかしくない人材」という見方をします。

これからも勤めてくれる人材を優先的に育成・評価するため、いつ辞めるかわからない人材への対応が冷たくなる場合がほとんどです。例えば、仕事を任せてもらえなくなったり、昇進・昇格が難しくなったりします。

退職する旨を伝えると、必ずといってよいほど、上司から引き止められます。もし、引き止められたときに残ることを選択をする可能性がある方は、仕事を辞める旨をすぐに伝えないほうがよいでしょう。

もう一度、なぜ退職したいのかを明確にし、上司から引き止められても仕事を辞める意思を突き通せるように準備することが大切です。

仕事を辞めると決めたら気をつけること

仕事を辞めると決めたら、次のことに気をつけましょう。

以下では、4つの気をつけるポイントについて詳しく解説します。

退職することは上司以外には話さない

仕事を辞めると決めたときは、退職する旨を上司以外に話さないことが大切です。退職する旨を上司へ一番に伝えることは、社会人として当たり前のマナーです。

仕事を辞めることを上司以外へ伝えると、意図しない形で噂が広まる恐れがあります。噂になると、自分が思っていない退職理由が広まったり、上司の面子を潰す行為になったりします。

上司以外に退職する旨を打ち明けると、退職日までの数週間から数ヶ月は職場の居心地が悪くなる可能性が高くなることを知っておいてください。

仮に、信頼できる先輩や同僚であっても、どこから情報が漏れるかわからないため、退職日が定まるまでは仕事を辞める話をしないことをおすすめします。

退職すると環境がガラリと変わることを認識しておく

仕事を辞める方は、退職すると環境がガラリと変わることを認識しておきましょう。当然のことながら、次の職場へ転職すると、出勤時間や仕事の進め方、人間関係などが一変します。

退職後の生活環境に慣れるまでは、疲れやストレスが溜まりやすくなることが一般的です。転職先の生活に少しでも早く慣れるためには、人間関係の構築に力を入れることが大切です。

転職先に信頼できる先輩や同僚が居れば、不安を一人で抱え込まなくて済むため、疲れやストレスが緩和します。

退職してすぐに定職へ就かない方は、できるだけ早く次の転職先を探すことが大切です。職歴に空白期間が生じると、仕事に就く意欲が失われるだけでなく内定を得にくくなります。

退職後は早い段階でハローワークへ通ったり、転職エージェントに登録したりすることから始めてみましょう。

丁寧に引き継ぎを行い迷惑をかけない

円満退社をしたい方は、退職することを伝えて以降は、丁寧に引き継ぎを行い、周囲に迷惑をかけないように配慮する必要があります。

退職する場合、退職日までに数週間から数ヶ月の期間が設けられることが一般的です。残りの就業期間は、自分の業務をこなしつつ、任されている仕事をほかのメンバーに引き継ぐ時間となります。

引き継ぎを疎かにすると、上司や同僚から責任を果たさない人間だと思われます。もし、転職先に上司や同僚の知人がいる場合は、引き継ぎをまともにしなかったことが伝わる可能性がゼロではありません。

職場に不満があったとしても、丁寧に引き継ぎを行なった上で仕事を辞めることが、社会人として最低限のマナーです。

できれば退職する前に転職先を決めておく

仕事を辞めることを決めている場合、できれば退職する前に転職先を見つけておきましょう。転職先が決まっていない状態で退職することは、職を失うという意味になります。

転職活動を始めてから入社するまでには、平均で3ヶ月程度かかる傾向です。仕事を辞めてから転職先を探すと、貯金を取り崩す生活を送る必要があります。

「貯金を使い果たしてしまわないか」という焦りから、自分に合わない転職先を選ぶ可能性が高まります。ミスマッチしている職場では、自分の力を最大限に発揮できません。

また、退職後に転職先を探す場合、職歴に空白期間ができることを知っておいてください。職歴に数ヶ月から数年の空白期間がある方に対して、採用担当者はよい印象を持たない傾向です。

仕事を辞めてから仕事を探す行為にはデメリットが多くあるため、できれば退職する前に転職先を決めることをおすすめします。

仕事を辞めると決めたらどのようなスケジュールで辞めればいい?

仕事を辞めることを決めたら、次の流れを踏むことがおすすめです。

以下では、仕事を辞めると決めたあとのスケジュールを解説します。

1.転職活動を始めて転職先を確定させる

仕事を辞めると決意した場合、まずは、転職活動を始めて転職先を確定させましょう。

前述したように、退職してから転職活動を始めると、貯金を取り崩しながらの生活になる・職歴に空白期間が生じるなどのデメリットがあります。

働きながら転職活動を始める際は、転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントを使うと、求人紹介やスケジュール管理をしてもらえるため、仕事をしながら効率的に転職できます。

また、書類添削や面接対策などの内定獲得に関わる部分もサポートしてもらえ、万全な準備をした状態で選考に臨めることも魅力の一つです。

これから転職活動を始める方は、次で挙げる転職エージェントを使うとよいでしょう。どちらも大手の転職エージェントで、求人数や転職支援実績が豊富にあります。

おすすめの転職エージェント
  • マイナビエージェント
  • doda

以下では、マイナビエージェントとdodaの特徴を解説します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 2024年時点で2年連続満足度総合No.1を獲得している
  • 20代・30代の若手の転職支援を得意としている
  • 企業とのパイプを持っており求人には載っていない職場の雰囲気を伝えられる

マイナビエージェントは、オリコン顧客満足度調査における転職エージェント部門で2年連続No.1を獲得している転職エージェントです。主に、20代・30代の転職支援を得意としています。

未経験OKの求人だけでなく、キャリアアップを図れる求人も多く取り扱っており、求職者のさまざまなニーズに応えられる点がマイナビエージェントの魅力です。

マイナビエージェントには、キャリアアドバイザーとは別に、企業担当アドバイザーも在籍しています。企業担当アドバイザーは企業の人事担当者とやり取りしており、求人だけでは把握できない職場の雰囲気などを伝えられます。

条件面と職場環境のどちらもミスマッチしたくない方は、マイナビエージェントを利用することがおすすめです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 全業界・業種の求人を網羅している
  • 各業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍している
  • 大手が運営する転職エージェントで安心して利用できる
いまひとつな点
  • ハイクラスの転職は難しい
  • 条件にマッチする求人がないときは利用できない
  • レスポンスが遅いときがある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
Aさん
担当のエージェントの方には最初の面談からとても印象も良く、たくさんのことをサポートして頂きました。初めての転職で不安もたくさんありましたが、書類・面接対策等行って頂き本当に感謝しています。 内定後も手続き等スピーディーに行って頂いたことも感謝しております。

引用:Google

Review Image
Bさん
マイナビ転職エージェントを利用して転職をしました。 初めての転職で右も左も分からない中、転職においての心構えから退職交渉まで全面的にサポートしてくださいました。 個人で活動していたら絶対に入社できなかったであろう会社に無事ご縁をいただくことができ感謝しかありません。 素晴らしいサービスをありがとうございました。

引用:Google

\自分に適した企業と出会える/

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェントサービスとスカウトサービスを利用できる
  • 診断・書類作成ツールが充実している
  • 転職に役立つイベント・セミナーを定期的に開催している

dodaは、リクルートエージェントやマイナビエージェントに並ぶ、業界大手の転職エージェントです。エージェントサービスとスカウトサービスを利用でき、短期間で選考につながりやすいサービスとなっています。

dodaの魅力は、診断・書類作成ツールが充実していることです。例えば、「自己PR」発掘診断を使えば、自分のアピールポイントを見つけられ、書類作成や面接対策が進めやすくなります。

dodaでは、転職に役立つイベント・セミナーを定期的に開催しており、なかには有資格者を招いたイベントもあります。転職に役立つ有益な情報を得られるため、dodaのイベント・セミナーは、特に、初めて転職する方に人気があります。

転職を幅広くサポートする体制を整えており、dodaは転職することに不安を覚える方におすすめの転職エージェントです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 公開求人・非公開求人のどちらも充実している
  • サポート内容が手厚い
  • 転職活動を効率的に進めやすい
いまひとつな点
  • サポート期間に制限がある
  • 求人案内のメールが多い
  • 希望条件に合わない求人を提案されるときがある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
雇用形態や休日数などから探せる機能があるため、自分が求めている求人を絞ることができるため使いやすかったです。アプリ1つで就活ができるため、職安まで行く手間とかが無くなるところが良かったです。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
Dさん
前職が営業だったのだが、別職種への転職も、企業情報が豊富で転職先が多いためやりやすかった。キャリアカウンセリングも的確でムダのない効率的な転職活動ができた。

キャリアクラス転職独自調査

\転職を効率よく進められる/

2.退職する旨を直属の上司に伝える

転職先が決まったら、次に退職する旨を直属の上司へ伝えます。なお、直属の上司を飛び越えて上層部や人事部へ退職する旨を伝えることは、社会人としてマナー違反であることを知っておいてください。

退職する意思が固まったら、次の内容を上司に伝えましょう。

退職する旨を上司に伝えるときに話す内容
  • 退職する理由
  • 希望退職日
  • 退職後にどのようなことをするのか
  • 引き継ぎの内容

直属の上司へ転職することを伝える際は、会議室やセミナールームなどの個室を使うことが大切です。上司のデスクで退職する旨を伝えると、周囲に知られてしまい、職場の空気が悪くなる恐れがあります。

上司へ話を持ちかけるときは、「大切な話があるため〇時からお時間いただけますか」と聞くとよいでしょう。

3.業務の引き継ぎや関係者への挨拶回りをする

退職する旨を上司へ伝えて以降は退職日を調整し、業務の引き継ぎや関係者への挨拶回りをします。

業務の引き継ぎは、自分が抱えている仕事の洗い出しから始めることがおすすめです。自分がどのような仕事をしているのかを振り返った上で引き継ぎに入れば、後任者へ伝え忘れを防げます。

関係者への挨拶回りは、所属する部署だけでなく、関わりが深い部署にも行います。営業などで社外の方と接する機会が多い人は、取引先や協業先への挨拶も忘れないようにしましょう。

取引先や協業先へ挨拶回りするときは、後任者にも同行してもらうことが一般的です。後任者と一緒に挨拶回りしておけば、取引先や協業先へ後任者を覚えてもらえるため、自分が抜けたあとの業務も円滑に進みます。

4.健康保険や国民年金の切り替えを行う

退職してから転職するまでに期間が空く場合は、健康保険や年金を切り替える必要があります。

会社員として勤めている場合、健康保険のなかでも社会保険に加入します。一方で、離職期間中は国民健康保険へ加入することが基本です。

年金も同様に、会社員と離職者で加入できるものに違いが生じます。会社員は国民年金と厚生年金の2階建て構造になり、離職者は国民年金のみの加入になることを知っておいてください。

健康保険や年金の切り替えは、自分が住んでいる管轄の役所で行います。健康保険と年金は加入することが義務のため、切り替えが遅れた場合は、未納分をさかのぼって納付する必要がある点に注意しましょう。

仕事を辞めると決めたら楽になるっていうのは本当なのか?

仕事を辞めると決めた場合、気持ちが楽になることは事実です。今の仕事に対して割り切った気持ちで取り組めるため、必要以上に責任やプレッシャーを感じなくなります。

また、昇進・昇格を意識する必要がなくなり、有給休暇を心置きなく使えるようになります。忙しい職場では、退職するまでに有給休暇をすべて消化しきれないケースが少なくありません。仕事を辞めると決意したら、退職する旨を上司へ伝える前からこまめに有給休暇を取得することがおすすめです。

仕事を辞めると決めたら、転職先へ気持ちが向く場合がほとんどです。「次の職場ではどのように取り組もうか」などと期待が膨らむため、退職までの期間を前向きな気持ちで過ごせます。

退職すると決めて以降は今の仕事に対して執着しなくなり、仕事を辞めるか否かを迷っていたときよりも、気持ちが楽になるといえます。

仕事を辞めると決めたら計画的にスケジュールを進めよう!

仕事を辞める場合は、計画的に準備を進めることが欠かせません。基本的には、直属の上司へ退職する意思を伝え、引き継ぎや挨拶回りなどする流れとなります。

仕事を辞めると決めたときに知っておいてほしいことは、退職する意思を告げたら、今までと同じように働けなくなる部分です。周囲から「仕事を辞める人」と見られ、先輩や同僚の関わり方が変わる恐れがあります。

仕事を辞めると決めた方は、今の仕事を続けながら転職活動を進めることが大切です。勤めているときに転職先を見つけておけば、退職後に貯金を取り崩しながら転職活動しなくて済みます。

勤めながら転職活動することは大変な部分が多くなるため、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントを利用すれば求人紹介だけでなく、スケジュール管理や書類添削・面接対策もしてもらえるため、一人で転職活動を進めるよりも負担が軽くなります。

>>おすすめの転職エージェント

あわせて読みたい
転職活動を始めるタイミングはお金次第?在職中と退職後どちらがよいか解説 本記事でわかること 転職活動を在職中・退職後に始めるメリット・デメリット 年間で転職活動を始めると良いタイミング 年代別の転職活動の考え方 転職を検討しているけ...
あわせて読みたい
退職前にやることリストを紹介|必要な手続きなどをわかりやすく解説 退職をする場合、退職届を出した即日に仕事を辞められるわけではありません。社会人である以上、ルールを守り、上司や先輩、同僚と円満退社できるように退職する準備を...
あわせて読みたい
仕事を辞めると決めたら楽になった人へ。退職の心構えと気をつけることを徹底解説 あなたがもし今の仕事の退職を検討しているなら、会社を辞める際に気をつけたい心構えをおさえておくことをおすすめします。 あなたがそれを知っているか知らないかで、...
あわせて読みたい
退職交渉をあっさりと受け入れられてもらう方法|円滑でスムーズに退職しよう 本記事でわかること 退職交渉があっさり行かない理由 退職交渉をあっさりと受け入れてもらえるための方法 退職交渉が難航したときの対処法 今の会社を辞めたいと思った...
あわせて読みたい
【体験談】退職を切り出せない方必見!ビビりの私が退職を切り出した方法まとめ|タイミング・やっては... 行きたい企業に内定を貰ったら、退職交渉をしなければいけません。今の上司に言うのも緊張するうえに、「退職する人」と見られるのは、想像しただけでも気まずいのが本...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ