MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

退職交渉をあっさりと受け入れられてもらう方法|円滑でスムーズに退職しよう

本記事でわかること
  • 退職交渉があっさり行かない理由
  • 退職交渉をあっさりと受け入れてもらえるための方法
  • 退職交渉が難航したときの対処法

今の会社を辞めたいと思ったときには、誰しもが円満な退職を希望するものです。しかし、自分の気持ちが固まっていても、会社から引き止められる場合があります。

退職交渉をあっさりと受け入れてもらうには、相手を納得させられる伝え方をすることが重要です。「意志は固い」と会社側が判断すれば、無理に引き止められる心配はありません。

本記事では、退職交渉をあっさり受け入れてもらう方法について紹介します。スムーズに手続きを進めて、円満な退職を目指しましょう。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

退職交渉があっさり行かない理由

ではそもそもなぜ退職交渉は難航しやすいのでしょうか。そこには、企業側と労働者側に起因する2つの理由があげられます。

あわせて読みたい
引き止められない退職理由を紹介!上司からの引き止め対処法も解説 本記事でわかること 上司が退職を引き止める理由について 会社が上司から引き止められない退職理由 退職を伝えて引き止められたときの注意点 「勤めてみたら自分が考え...

人員不足や教育コスト削減で引き止める企業が多いから

退職交渉が難航する理由には、企業側にとってその人に辞められてしまうとコストやリスクが大きいことが挙げられます。

慢性的な人員不足を抱えている企業であれば、社員が一人辞めることで、働いている社員の負担が増えてしまいます。そうなると、続けて社員が辞めるといった負のスパイラルに陥りかねません。

また新たに人を雇うにしても、採用段階だけでなく、入社してからの教育コストがかかってきます。もし退職者がいなければ発生しないコストであるため、企業側としてはできるだけ削減したいコストでしょう。

上記の理由から、多くの企業では優秀で自社に必要な人材であればあるほど、自社に引き止めようとします。そのため退職交渉が難航しやすいのです。

会社の引き止めに揺らぎやすいから

退職交渉が難航しやすいのは、会社側に起因する理由ばかりではありません。実は労働者側にも退職交渉が難航しやすい理由はひそんでいます。

退職する意思が非常に固くても、いざ退職交渉を行い、企業側から引き止められると「やっぱりまだこの会社に留まろうかな」と気持ちは傾きやすくなります。

くわえて企業側から昇給や昇進の提案など、カウンターオファーを受けた場合はなおさらです。

しかし、カウンターオファーを提示する企業も、そうすることで労働者側の気持ちが傾くことは充分に分かった上で行っています。

企業の言葉を鵜呑みにせず、冷静に退職交渉を進めるのが良いでしょう。

あわせて読みたい
退職を引き止められたらどうする?しつこい引き止めを回避するためには?慰留されても動揺してはならない! あなたが会社を退職したいと直属の上司に伝えた際、「わかった」と、すんなり退職届を受け取ってくれることはほとんどないと言っていいでしょう。 「思いとどまってくれ...

会社にとって手放したくない存在だから

退職交渉の際に引き止められるのは、あなたが会社にとって手放したくない存在だからです。

一般的に、社員を一人前に育てるには、膨大な時間とコストがかかります。特に優秀な社員は貴重な存在であり、1人手放すだけで会社にとって大きな損失となるでしょう。

優秀な社員をまた育て上げることを考えて、優秀な人材を逃すまいと引き止めているのです。

会社から評価されるのは嬉しいことですが、曖昧な返事をしてしまうと強く引き止められます。断りづらい状況でも、固い意志で退職の旨を伝えましょう。

退職交渉をあっさりと受け入れてもらえるための方法

退職交渉をあっさりと受け入れてもらえるための方法を3つ紹介します。

会社から引き止められそうな方は、ぜひ参考にしてください。

すでに転職先が決まっている事を伝える

退職交渉をあっさりと受け入れてもらうには、すでに転職先が決まっている事を伝えましょう。転職先が決まっていれば意志が固いと判断されて、引き止められにくくなります。

退職交渉を行う際は、「◯月◯日に退職したい」と明確な退職日も伝えるのがおすすめです。退職日が決まっていないと「まだ引き止められる」とみなされる可能性があります。

すでに転職先への入社日が決まっているなら、退職までに期限があることから会社側を納得させられるでしょう。

引き継ぎ期間をしっかりと設けて辞めることを伝える

退職交渉をあっさりと受け入れてもらうためには、引き継ぎ期間をしっかりと設けて辞めると伝えることも大切です。

引き継ぎをしっかり行えば、社員を教育するコストを抑えられるため会社に損失を与える心配がありません。

「1ヶ月以上の期間をかけて業務を引き継ぐつもりです」と伝えておくことで、会社に安心してもらえます。

退職前に引き継ぎ期間を設けられるように、過去の退職事例から引き継ぎに必要な時間を調べておきましょう。

現職ではどうしようもない理由で退職を伝える

現職ではどうしようもない理由で退職を伝えるのも、退職交渉をあっさりと受け入れてもらうには効果的です。

納得してもらいやすい退職理由
  • 親の介護が必要になった
  • 今の会社では身につけられないスキルを身につけたい
  • 親の仕事を継ぐ必要がある

会社側が待遇や環境について譲歩しても変えられない理由があれば、それ以上引き止められるようなことはほとんどありません。

曖昧な言葉で退職を伝えずに、自分の意志が固いことを示しましょう。

退職交渉を難航させない、辞意を伝えるベストタイミングと順番

退職交渉は難航しやすいからこそ、適切なタイミング順序で行うことが大切です。ここでは辞意を伝えるのに最適なタイミングと順番を説明します。

あわせて読みたい
退職を切り出す勇気が出ない人必見!気まずいときの対処法と切り出すタイミングを伝授! 本記事でわかること 退職を切り出すときの心理的負担を軽くする方法 仕事を辞めることを伝える勇気を持つために必要な準備 退職を切り出す勇気が持てない原因 退職する...
あわせて読みたい
退職は誰に言うのが正解?会社を辞めるときにどのように伝えるのかを解説 テレビドラマでよくあるように、いきなり「辞表」を机に叩きつけて「本日で辞めさせてもらいます!」と言ってすぐに会社を辞められるわけではありません。 退職の意思は...

辞意を伝えるタイミングは「退職日の1ヶ月半〜2ヶ月前」

退職交渉を難航させないためには、できるだけ時間に余裕を持つことが重要です。辞意を伝えるタイミングでおすすめなのは、退職日の1ヶ月半〜2ヶ月前です。

遅くとも退職日の1ヶ月〜1ヶ月半前には、会社に辞意を伝えましょう。なるべくプロジェクトの途中や繁忙期は避けたいところですが、こうした時期に辞める場合はなおさら時間に余裕を持つことが退職交渉を難航させない鍵となります。

中には独自に時期が設定されている企業もありますので、事前に自社の社内規定を確認しましょう。

辞意を伝える順番は「直属の上司」から

辞意を伝える順番は、必ず直属の上司からです。くれぐれも、同僚や直属の上司よりも立場が上の人に先に辞意を伝えないようにしましょう。

辞意を伝える順番を誤ると、いらぬ反感を買ってしまい、退職交渉が難航する可能性があります。取れるはずだった有休消化が難しくなる場合が発生するかもしれません。

仮に周囲から反対を受けていても、直属の上司が掛け合ってくれて退職がスムーズに進む場合もあります。辞意は必ず直属の上司から伝え、退職交渉が難航する可能性を少しでも減らしましょう。

あわせて読みたい
円満退職するにはどうすればいい?「おすすめの退職理由」と「伝え方の例」を紹介 本記事でわかること おすすめの退職理由と伝え方の例 円満退職できない悪い例 スムーズに転職する方法 会社を辞める際は、どんな理由であれ円満退職を目指すことが重要...

退職交渉があっさりと行かず難航している場合は退職代行を利用しよう

退職交渉があっさりと行かず難航している場合は、退職代行を利用するのもひとつの解決策です。

退職代行を利用すれば、最短即日で会社を退職できます。すべての手続きを代行してもらえるため、出社して自分で退職を伝える必要はありません。

退職交渉があっさり行かず退職代行を利用するなら、退職代行ガーディアンに相談するのがおすすめです。

労働組合法人が運営するサービスのため、法律を遵守して退職手続きを進めてくれます。これまでの退職実績は100%であり、強く引き止められていても確実に退職できます。

退職交渉がストレスでどうしても言い出せない方も、退職代行を活用して手続きを進めましょう。

\ 退職成功率100%!/

退職交渉があっさり受け入れられても気にする必要はない

退職交渉はあっさり受け入れてもらって円満退職したいですが、いざあっさり受け入れられるとなんだか寂しいものです。

しかし、退職交渉があっさり受け入れられたからと言って、気にする必要はありません。

引き止められずに済んだと、前向きな気持ちでいましょう。

引き止めが難しいと判断してあっさり受け入れる場合もある

退職交渉をした際に、引き止めが難しいと判断してあっさり受け入れる場合があります。

「自分は会社で必要とされてなかったのでは?」と心配になる方もいるでしょう。しかし、あっさり受け入れられたのは、引き止める余地がないと思われたからです。

転職先が決まっていたり、親の介護で他県に引っ越したりする場合、引き止めたところで結果は変わりません。

退職交渉で無駄な労力を使わずに話が上手くまとまったと、前向きに考えましょう。

人手が十分足りておりあっさりする場合もあるが気にする必要はない

人手が十分に足りている会社では、交渉するまでもなくあっさり退職できるケースがあります。

特にあなたが担当する業務を引き継いでくれる同僚や後輩がいる場合は、退職の話がスムーズに進むでしょう。

あなたの代わりに業務を担当できる人材がいるだけで、会社で必要とされていないわけではありません。

辞める会社での自分の立ち位置を考えても意味がなく、辞めるからこそあっさりと受け入れられただけの場合がほとんどです。

退職日に周りが意外とあっさりしているのは普通?

退職日に周りが意外とあっさりしているのは普通のことです。会社には仕事を辞める人が必ずいるので、多くの方は誰かが辞めてもあまり気にしていません。

退職日を迎えて周りがあっさりしていると感じても、基本的には気にしなくてOKです。

親しい上司や同僚、後輩がいるなら、激励の言葉をかけてもらえます。また、規模が小さい会社や部署であれば、あなたが辞める前に送別会を開いてもらえるかもしれません。

退職交渉をあっさりと受け入れてもらえるための方法まとめ

退職交渉をあっさりと受け入れてもらいたいなら、退職意志の伝え方が重要です。次の転職先が決まっている場合や、やむを得ない理由がある場合は引き止められずに済みます。

また、退職交渉の際に引き止められても、揺るがない強い意志を示してください。

退職交渉がスムーズに進まずストレスを抱えそうなときは、退職代行を利用するのも効果的です。退職代行ガーディアンなら、最短即日で確実に退職できます。

退職交渉のポイントをしっかり押さえて、円満な退職を目指しましょう。

\ 退職成功率100%!/

あわせて読みたい
新卒でも円満退社できる退職の伝え方・切り出し方とNG例を紹介 「今すぐ会社を辞めたい!」「上司や同僚の顔を見たくない!」と焦るあまり、新卒の中には非常識な退職の切り出し方をしてしまうケースも多いもの。 また、社会人経験が...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ