MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

いつまでに内定が決まらないとやばい?なかなか内定がもらえない就活生の特徴や対処法を徹底解説

後輩ちゃん

就活はいつまでに決まらないとやばいんですか?

キャリア先輩

従来どおりなら6月頃に就活を終えるのが一般的だよ。

周りの状況を見ていると、就活はいつまでに決まらないとやばいのかと心配な方もいるでしょう。

一般的に、就職活動は大学3年生の夏頃から始まり、4年生の6月から7月にかけて内々定のピークを迎えます。そこから内定先を決定して、多くの就活生が8月から9月にかけて完全に就活を終えます。

よって、4年生の秋になっても内定がまだないなら、少々危機感を感じた方が良いでしょう。冬を迎えるとどんどん求人が減ってゆき、選択肢がなくなっていきます。

内定がなかなか決まらず悩んでいるなら、就活エージェントのJobSpring(ジョブスプリング)に相談してみるのがおすすめです。

内定なしで大学4年の12月を迎えないためにも、JobSpringの手厚いサポートを受けて就活を成功させましょう。

いち早く内定を獲得したいなら…
JobSpring
  • 内定をもらえないと焦るならJobSpring(ジョブスプリング)に相談!
  • 入社後3年以内の離職率わずか0.1%の的確なマッチングが強み!
  • あなたに合う企業をだけを厳選し、業界別に選考対策するから合格率もアップ!

\最短2週間のスピード内定!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

いつまでに内定が決まらないとやばい?内定のピークはいつ?

24卒就活はいつまでに決まらないときつい?内定のピークはいつ?
キャリア先輩

内定をもらえるピークはだいたい6月頃だよ。

一般的に多くの企業が5~6月を目安に内定を出すと言われています。早い企業では3~4月に内定を出すところもあり、まわりで就活を終えたという話を聞く機会も出てくるでしょう。

特に中小企業やベンチャー企業では5月末頃までに内定を出す傾向があります。その後は8月まで企業の採用活動が続き、ほとんどの企業が8月以降は新卒生の募集を締め切る可能性が高いです。

ただし、年々就活は早期化しているので、内定のピークはあくまでも目安に捉えておきましょう。

一般的な就活スケジュール

後輩ちゃん

日本経済団体連合会と政府によると、就活の主なスケジュールは毎年ほぼ変わらないみたいですね。

就活スケジュールは毎年大きくは変動しません。一般的な就活スケジュールは以下のとおりです。

  • インターンシップ:大学3年6月~2月
  • エントリー:大学3年3月~大学4年5月
  • 会社説明会:大学3年2023年3月~大学4年5月
  • エントリーシート:大学3年3月中旬~大学4年5月
  • 選考(面接など):大学4年6月~9月
  • 内々定:大学4年6月~9月

スケジュールから考えて、一般的な就活では大学4年の5月までに準備を整えておくべきです

ただし、近年は就活の早期化が進んでおり、これからはインターンシップが重視されるようになっていきます。そのため、大学3年のうちに積極的に就活を進めた方が、志望企業に入れる確率は高くなるでしょう。

>>就活はいつから始めるべき?外資系・大手・ベンチャーの業界別に徹底解説

内々定をもらっている学生は4月がピーク

引用:内閣府「学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査結果について

年明けから一気に内々定が増えることがわかるね。

内閣府の発表によると内々定をもらっている学生は4月がピークで、4月だけでも約2割の学生が内々定を獲得しています。

一方、グラフから見てわかるように、就活の早期化により年々内々定の時期は早まっており、1月や2月にもらっている割合が増えています。

今後も早期化は進むことが予想されているので、慢心せずできるだけ早めに動き始めましょう。

約9割の学生が6月までに内々定をもらっている

引用:内閣府「学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査結果について

後輩ちゃん

夏休み前に就活を終える人が多いんですね。

内々定の時期は4月がピークですが、累計では2月までに3割、5月までに8割、6月では約9割の学生が内々定をもらっていることがわかります。

つまり、6月時点で内々定を持っていない学生は1割程度になるため、この時点で内定がない場合はかなり危機感を持った方が良いということです。

夏以降は秋採用をおこなっている企業もありますが、多くの企業で採用枠が少なくなるため、選考突破も厳しさを増すでしょう。

1月まで内定なしはかなり厳しい

キャリア先輩

1月までに内定がないと、卒業後4月1日から就職浪人になる可能性もあるよ。

大学4年の8月~10月であれば、すぐに就活を再開することで内定を獲得できます。

しかし、1月までに内定を獲得できないと、かなり厳しい状況と言えるでしょう。なぜなら、1月になると多くの企業が求人募集を締め切ってしまうからです。

1月までに内定を獲得できない場合、就職浪人または既卒としての就活となる可能性があります。今後のキャリア形成にも影響があるので、1月までに内定が出ない方は注意が必要です。

25卒以降はさらに早期化が進む

キャリア先輩

乗り遅れないように、就活エージェントを利用して準備を進めておこう。

就活は早期化を続けていますが、採用直結型のインターンシップが解禁されたことにより、25卒以降はさらに早期化が進むことが予想されています。

株式会社ジェイックの調査では多くの企業がインターンシップを実施予定で、さらにそのうちの4割は採用選考もおこなう予定との回答でした。

つまり、就活生はいままでより一層インターンシップに力を入れて、さらに大学3年のインターンシップ情報解禁に合わせて動き始めなければいけません。

参考:HRプロ編集部「25卒採用はさらに早期化、約半数の企業が「広報解禁日より前に内定出し予定」。採用直結型インターンシップの導入も進む

\最短2週間のスピード内定!/

>>就活に全落ちしたその後は?今すぐすべき対処法と卒業後の進路

いつまでも内定が決まらない就活生の特徴

いつまでも内定が決まらない就活生の特徴

いつまでも内定が決まらない就活生には以下のような特徴があります。

就活をいつまでに終わらせたいかが曖昧

後輩ちゃん

ダラダラと就活を続けていては、いつまで経っても内定をもらえませんよ!

就活をいつまでに終わらせたいかなど、明確な期限を設定していない方は内定が決まらない傾向があります。

目標や期限を設けずになんとなく行動していては、内定をなかなか獲得できません。物事にダラダラと取り組んでしまう方は、いつまでに就活を終わらせるか明確な期限を設定するべきです。

最終面接では就活の期限を聞かれる場合があります。細かな行動計画を立てるためにも、終了期限を定めてください。

自己分析が浅い

キャリア先輩

自己分析が浅いと面接官にささる自己アピールができないよ。

なかなか内定が出ない就活生の方は、自己分析が適切にできていない可能性があります。特に主観的な自己分析を行っていると、自分に合わない企業にばかりエントリーしてしまうでしょう。

また自己分析が浅いと志望動機やガクチカ、自己PRの説得力も欠けてしまいます。

まずは自己分析を徹底的にやり直して、就活の軸や自分の強みを見つけましょう

>>キャリアクラス編集部おすすめの自己分析ツールを見る

志望企業の条件へのこだわりが強い

後輩ちゃん

待遇や年収などへのこだわりが強すぎると、エントリーできる企業が限られてしまいます。

志望企業の条件へのこだわりが強く、希望条件に100%合う企業を求めている場合も、なかなか内定を獲得できません。

福利厚生や年収、働き方にこだわることも大事ですが、こだわりが強すぎると自分で選択肢を狭めてしまいます

条件へのこだわりが強い方は、絶対に譲れない条件を軸に優先順位をつけて選択肢を広げることが大切です。

ES(エントリーシート)に記載した内容が薄い

キャリア先輩

就活を成功させるにはESの書き方もしっかりと研究しよう!

ES(エントリーシート)に記載した内容が薄い方も、いつまでも内定が決まらない就活生の予備軍です。

ESはエントリー企業とのファーストコンタクトであり、ESに記載した内容が書類選考の結果を左右します。そのためESを記載するにあたり、適切な内容や書き方などテクニック部分も必要です。

ESに弱みがある方は、書籍やインターネットを活用して正しい書き方を理解してください。

>>キャリアクラス編集部おすすめのES添削サービスを見る

面接やGDの対策が足りない

後輩ちゃん

徹底した選考対策は内定を獲得するうえで必須の項目ですよ。

面接やGDの練習を十分に行っておらず、対策が足りていない場合もなかなか内定を獲得できません。

求人募集を行う企業は、面接やGDを通して就活生の人柄やコミュニケーション能力を判断しています。そのため、面接官から聞かれたことに具体的に答えられるかが重要です。

面接官からの質問に上手く答えられず印象を悪くしてしまわないように、面接やGD対策は徹底して行いましょう。

>>キャリアクラス編集部おすすめのGD練習方法を見る

不合格になった原因を把握せず就活を進めている

キャリア先輩

原因がわからないと、次も同じことを繰り返してしまうから結果は同じだよ。

選考で不合格になると、誰でも落ち込むものです。本気で取り組んでいたからこそショックは大きく、「もう思い出したくない」と思うかもしれません。

しかし、ここで選考の反省をおこない不合格の原因を把握できるかどうかで、次の選考の成否が左右されます。

次こそ絶対に内定を取りたいと思うなら、まずは1つ1つ振り返って反省し、改善に努めましょう

自分一人で就活を進めている

後輩ちゃん

就活に精通している人に任せれば、内定までの最短ルートを伴走してもらえます。

初めての就活なのに、いつまでも自分一人の力だけで就活を進めていると、間違ったやり方をしていても気づけません。

落ちた原因にも気づけないので、いつまで経っても内定が取れないまま時間だけが過ぎていく可能性もあります。また、自己分析を自分だけですると客観的な視点が不足し、たとえ内定が取れても入社後にミスマッチを引き起こす可能性もあります。

就活を効率よく進めるなら、就活エージェントや大学のキャリアセンターを利用して、就活事情を熟知している人に任せましょう。

就活でいつまでも内定が決まらないときの対処法

就活でいつまでも内定が決まらないときの対処法

就活でいつまでも内定が決まらないときは、以下の対処法を試してみてください。

就活のプロに相談してスピード内定を狙う

キャリア先輩

就活エージェントを利用すれば、効率良く就活を進められるよ。

いつまでも内定が決まらないと悩んでいる方は、就活のプロに相談してスピード内定を狙いましょう

就活エージェントでは自己分析やES添削、面接対策をサポートしてもらえます。選考を通過するコツを教えてくれるので、利用開始から2週間以内のスピード内定も可能です。

自分だけでは適切な自己分析ができない、面接対策を手伝って欲しいと悩む方は、今すぐ就活エージェントに登録しましょう!

>>キャリアクラス編集部おすすめの就活エージェントを見る

スカウトをもらって選考スキップする

後輩ちゃん

スカウトをもらって効率良く就活を進めましょう。

こちらからエントリーするだけが就活ではありません。効率良く就活を進めるなら逆求人サイトを利用して、企業から特別選考のスカウトをもらいましょう

逆求人サイトに登録する場合は、求人数が豊富なOfferBox(オファーボックス)がおすすめです。登録してプロフィールを8割以上埋めるだけで、企業からオファーが届きます。

オファーの中にはESや一次面接などの選考をスキップできるスカウトもあり、スピード内定を目指したい方におすすめです。

就活エージェントと併用して、逆求人型サイトのOfferBoxにも登録しておきましょう。

ESや一次面接などスキップできるスカウトあり

>>OfferBox(オファーボックス)の口コミ評判を見る

就活イベントに参加して持ち駒を増やす

キャリア先輩

就活イベントに参加すれば、一度に複数の企業と接点を持てるよ。

いつまでも内定が決まらないと焦る方は、就活イベントに参加して持ち駒を増やすことが大切です。

就活には期限があるため、効率良く取り組まなければなりません。そのためには就活イベントへの参加がおすすめです。

MeetsCompany(ミーツカンパニー)は全国各地で合同説明会を開催している就活サイトで、一度イベントに参加すれば2~8社とコンタクトを取れます。

企業から高く評価されれば、選考が免除されるパスをもらえることがあり、即日の内定獲得も夢ではありません

まずは面談でしっかり希望条件を伝えて、あなたに合ったイベントや企業を紹介してもらいましょう。

一度に複数企業の選考を受けられる!

>>MeetsCompany(ミーツカンパニー)の口コミ評判を見る

自己分析を深めて企業選びを見直す

後輩ちゃん

適性診断ツールで自己理解を深めましょう。

内定を獲得して就活を成功させるには、適切な自己分析が大切です。しかし、自分だけでの自己分析では不十分だといえます。

そこでおすすめするのが、逆求人型サイトのキミスカが提供する適性診断ツールです。質問に対して直感的に答えるだけで、自分の強みや弱みを言語化してくれます。

診断を受けた就活生の人物像が明確に表現されており、当たりすぎて怖いと言われるほどです。

自己分析でつまづいていると感じる方は、適性診断ツールを利用してエントリーする企業を見直してみてください

ツールを使って自分を理解しよう!

>>キミスカの口コミ評判を見る

就活本でES・面接・Webテスト(SPI)対策をやり直す

キャリア先輩

就活のやり方を根本的にやり直すことも大切だよ。

就活が上手く進まず内定が決まらない場合は、就活のやり方自体を見直してみてください

手元に就活本を用意してESや面接、Webテスト(SPI)対策をやり直すのがおすすめです。今更やり直しては時間がないと思うかもしれませんが、基本を見直さなければ改善点をピックアップできません。

就活本を読み込んで、志望動機や自己PRをブラッシュアップして内定を勝ち取りましょう。

ただし、就活本だけでは対策が不十分です。どれだけ場数を踏んだかが重要なので本だけで満足しないように注意してください!

>>就活本は役に立たない?自己分析・ES・面接対策で本当に必要なこと

内定がなかなか決まらない学生におすすめの就活エージェント

内定がなかなか決まらず悩んでいる人は、次の就活エージェントに相談して効率よく進めましょう。

以下でそれぞれの特徴について詳しく解説します。

JobSpring(ジョブスプリング)|丁寧なサポートでスピード内定が狙える

ジョブスプリング
【公式HP】https://jobspring.jp/
名称JobSpring(ジョブスプリング)
運営企業HRクラウド株式会社
対象学年24卒・25卒
強みAI×プロのエージェントによる高精度なマッチング
利用しやすさ対面面談が東京のみ(オンライン対応)
求人内定まで最短2週間の求人を紹介
紹介実績1000社から厳選された3~4社を紹介
サポート早期離職率0.1%を誇る手厚いサポート
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://jobspring.jp/
キャリア先輩

本当に合った企業を見つけたい人にはぜひ使ってほしいです!

JobSpring(ジョブスプリング)は、マンツーマンで就活生をサポートしてくれる就活エージェントです。就活事情を熟知したアドバイザーが自己理解を深めるための徹底的なカウンセリングで、自己分析を手伝ってくれます。

ヒアリングとAIを駆使して自分に合った企業の求人を紹介してくれるので、自信を持って求人へのエントリーが可能です。早期離職率は0.1%と非常に低いので、ミスマッチの心配もありません。

また紹介してもらえる求人には、今すぐに内定を獲得できるものもあります。自分に合った企業をプロ目線から教えてほしい人は、ぜひ一度見てみましょう!

\最短2週間のスピード内定!/

※30秒で登録完了

>>Jobspring(ジョブスプリング)の口コミ評判を見る

キャリアパーク|最短1週間のスピード内定

名称キャリアパーク就職エージェント
運営企業ポート株式会社
対象学年24卒・25卒
強み最短1週間で優良企業へスピード内定ゲット
利用しやすさ全国対応でエリアも広く、丁寧なヒアリングが好評
求人厳選された全国各地の優良企業300社から求人を紹介
紹介実績年間1,000人以上の就活生がスピード内定獲得
サポート選考対策やセミナーなどで選考通過率が大幅アップ
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://careerpark-agent.jp/
後輩ちゃん

最短3日で内定獲得した就活生もいるみたいです!

キャリアパーク就職エージェントは、最短1週間で内定獲得を狙える就活エージェントです。利用者の累計は20,000名以上にのぼり、運営元も上場企業のポート株式会社なので、信頼きる実績と充実のサービスを持ちます。

学歴や地域に関わらず多くの学生から支持されており、サポートのスピード感と手厚さの満足度は非常に高いです。

紹介企業には、人気の高い大手企業だけでなく、先進気鋭のベンチャー企業なども豊富に含まれているので、きっと志望企業が見つかります。

まだ内定がなくて焦っている人は、まずキャリアパーク就職エージェントへ相談してみましょう。

\最短1週間のスピード内定!/

※30秒で登録完了

>>キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判を見る

いつまでも内定が決まらない学生の末路

いつまでも内定が決まらないとそのまま卒業を迎えてしまい、就職浪人、既卒、フリーターになるかもしれません。

新卒という強力なカードは大学在学中の一度きりしか使えず、社会に出てしまうとほかの新卒やスキルのある中途人材と採用枠を争わなければならなくなります。そうならないためには、しっかり準備をして就活を迎えるのがいちばんです。

また、内定がなかなか決まらず悩んでいるなら、多少時間はかかりますが、もう一度就活のやり方を見直してみましょう。

まとめ:なかなか内定が決まらないなら今すぐ就活のプロに相談しよう!

就活における内定のピークは6月です。8月~10月であれば選考を受けるチャンスがありますが、12月に入っても内定なしでは就職浪人や既卒として4月を迎えてしまいます

友人たちが次々と内定を獲得する中、自分だけ獲得できなければ焦りを感じるでしょう。

内定が決まらないと悩む方は、今すぐ就活エージェントに登録してプロに相談しましょう。

手厚いサポートが人気のJobSpring(ジョブスプリング)なら、何もしてない状態から最短2週間以内のスピード内定を目指せます。

就活エージェントを利用して内定を獲得し、笑顔で1月を迎えましょう。

\最短2週間のスピード内定!/

※30秒で登録完了

[記事下ボックス]

[おすすめ関連記事]

本記事で紹介した就活サイト運営企業

名称運営会社設立年月日役員所在地公式HP
キャリアパーク就職エージェントポート株式会社2011年4月春日 博文〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-17-1
住友不動産新宿グランドタワー12F
https://www.theport.jp/
JobSpringHRクラウド株式会社2014年4月中島 悠輝〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-5-3 北沢ビル8階
https://hr-cloud.co.jp/
OfferBox(オファーボックス )株式会社i-plug2012年4月18日中野 智哉〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-11-8 セントアネックスビル3階
https://i-plug.co.jp/
Meets Company(ミーツカンパニー)株式会社DYM2003年 8月22日水谷 佑毅東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎 イーストタワー10Fhttps://dym.asia/
キミスカ株式会社グローアップ2008年2月仲真 良広〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-18-2 晴花ビル5F
https://grow-up1.co.jp/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ