MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

職業訓練は行かない方が良い?やめとけと言われる8つの理由と行くべき人・行かないほうが良い人の特徴を徹底解説

本記事でわかること
  • 職業訓練に行くことをやめとけと言われる理由
  • 職業訓練へ行かない方が良いという経験者の口コミ
  • 就職・転職を目指す方におすすめの転職エージェント

職業訓練は、「なんとなく学びながら給付金が欲しい」と言う理由で職業訓練を選んではいけません。

職業訓練は給付金をもらいながら半年から1年かけて希望の科目を学べます。一見メリットしかないようにも思えますが、手当は10万円とかなり安いですし、実務経験はできないため、学んで就職しても未経験扱いになります。

一方、職業訓練には行かず未経験OK企業に入社できれば、働きながら学べて給料ももらえます。

職業訓練よりも未経験転職

そのため、職業訓練を検討する前に、未経験就職に特化した転職エージェントにサポートしてもらい就職先を見つけるほうがおすすめです。

未経験特化の転職エージェントで紹介される求人はしっかり教育体制も整っているかつ、ブラックな企業が少ない傾向にあります。職業訓練を検討している方はぜひ下記で紹介しているエージェントへ相談してみましょう!

職業訓練を検討する方に
おすすめの転職エージェント
20代向け
研修制度が整った
未経験OK求人を多数保有!

無料面談で求人紹介してもらう
※登録後、以下番号から電話があります!
(080-4955-5448 もしくは 080-7619-1561)
30代前半向け
35歳までサポート可能で
書類選考なしで面接できる!
無料面談で求人紹介してもらう

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

職業訓練を受けて就職した場合と受けずに転職活動した場合の収入の比較

職業訓練を受けて就職した場合と受けずに転職活動した場合の収入を比較してみます。職業訓練を受けた場合も転職活動をした場合も未経験者として転職することを想定しています。

条件
  • 職業訓練を受ける場合:6ヶ月間10万円の手当てを受け取り、修了2ヶ月後に月収25万円の企業へ就職
  • 転職活動する場合:転職活動開始後3ヶ月で月収25万円の企業へ就職

※失業手当なしの場合

このような条件で横軸を経過月、縦軸を合計の総収入としグラフにしました。

グラフからもわかるように、すぐ転職活動を始めるほうが金額的に見てメリットがあります。月給が同程度の企業に入社することを考えると、職業訓練へ通うよりも早めに転職して現場で学びながら給料を貰う方が合理的と言えます。

職業訓練を受けたからといって経験者採用になるわけではないので、もらえる月給の基準も未経験者と変わりありません。

それであれば、早めに正社員就職をしてしまったほうが収入的にも精神的にもかなり楽です。

職業訓練を検討する方に
おすすめの転職エージェント
20代向け
研修制度が整った
未経験OK求人を多数保有!

無料面談で求人紹介してもらう
※登録後、以下番号から電話があります!
(080-4955-5448 もしくは 080-7619-1561)
30代前半向け
35歳までサポート可能で
書類選考なしで面接できる!
無料面談で求人紹介してもらう

職業訓練は行かない方が良いと言われる理由

職業訓練は行かない方が良いって本当?

職業訓練は行かないほうが良いと聞くこともありますが、行ったほうが良いかどうかは人によって異なります。

「スキルがないから職業訓練を受けよう」ではなく、以下のことを踏まえたうえで受けるかどうかを考えましょう。

スキルが身についても転職できる保証はない

職業訓練でスキルを身につけたとしても、転職できる保証はありません。厚生労働省が令和2年度に実施した調査によると、職業訓練を受けた方の就職率は、基礎コースが52.5%、実践コースが60%となっています。

職業訓練を受講した人のうち約半分が就職できていない状況であり、「スキルが身につく=転職できる」とは言い切れません。
(出典:厚生労働省「ハロートレーニング(公的職業訓練)の実施状況(平成29年度~令和3年度実績)」)

スキルに関しては、転職先の先輩社員から教わったり、独学したりするなかで身につけることが可能です。未経験者や第二新卒を採用する企業では教育体制を整えているため、20代・30代の若手は職業訓練へ通わなくてもよいでしょう。

スキル・経験が乏しいことが原因で転職に踏み切れない方は、未経験OKの求人を豊富に取り扱うキャリアスタートを利用することがおすすめです。

希望通りの講座を受講できないこともある

職業訓練に通う際に、希望通りの講座を受講できるとは限りません。利用する施設の定員や講座が始まる時期によっては、希望が通らない可能性があるためです。

例えばWeb制作やプログラミング、簿記会計・社会保険など、「将来性や安定性がある」と世間的に思われている業界の講座は、倍率が高くなります。令和6年1月19日10時現在における、東京都の職業訓練の倍率は次のとおりです。左側の数字が定員数、右側の数字が申込数です。

引用:東京労働局「求職者支援訓練 募集中・募集予定のコース情報」

倍率が高い講座は、必ず受講できる保証がありません。スキルを効率よく身につけたい方は、就職・転職先で力をつける方法がおすすめです。企業に勤めれば、実践レベルで求められるスキルを身につけることが可能です。

職業訓練と企業で同じ期間スキルを学ぶときを比較すると、顧客を相手にする分、企業でスキルを磨くほうが得られるものが多くなります。

失業期間が長くなる

職業訓練へ行かないほうが良い理由として、失業期間が長くなることも挙げられます。「失業期間が長い=無職期間が長い」ことにつながるため、就職・転職活動でマイナスイメージになる可能性がゼロではありません。

職業訓練は講座によって異なるものの、約3ヶ月から2年の訓練期間が設けられています。訓練期間中にスキルが身につかなければ、数ヶ月から数年の時間を無駄にすることにつながります。
(出典:厚生労働省「ハロートレーニング(離職者訓練・求職者支援訓練)」

転職が不利になる恐れがある、かつ資金的余裕がなくなることから、職業訓練には中途半端な気持ちで通わないほうがよいでしょう。

就職支援でブラックな会社を紹介されるリスクがある

職業訓練に行かないほうが良いといわれる理由として挙げられるのは、ハローワークから紹介される企業の中にはブラックが入っていることもある点です。

ハローワークの求人掲載は無料で、難しい審査もありません。掲載のハードルが比較的低めであることから、ブラックな企業が入る可能性もあります。

厚生労働省の職業安定局が令和5年10月に発表した情報では、ハローワークで職業紹介を受けた方の早期離職率は次のようになっています。

引用:厚生労働省「公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績」

上記の早期離職率は、ブラック企業に勤める人だけでなく、職場が合わなかった・やむを得ない事情で離職した方の情報が含まれていることを知っておいてください。

とはいえ、入社後わずか半年で22%の人が離職していることが事実です。求人情報だけでは把握しきれない部分でミスマッチが生じており、なかにはブラックな労働環境の求人もあることが考えられます。

ブラック企業を回避したい方は、取材した企業の求人のみを取り扱っている転職エージェントを利用ことがおすすめです。

転職エージェントの一つであるキャリアスタートでは、実際に取材をした優良企業の求人のみを掲載しています。キャリアスタートを利用しながら転職活動を進めれば、ブラック企業を選ぶリスクを減らせるでしょう。

すぐに転職できるスキルが身につくわけではない

職業訓練を受けても、すぐに転職に必要なスキルが身につくわけではありません。職業訓練のコースは、最低でも3ヶ月は必要です。

中には1~2年など年単位で通うものもあります。時間に比較的ゆとりがある場合は良いですが、すぐに転職したい場合は利用しないほうが良いでしょう。

一方、研修制度が充実した会社に入社すれば、実務レベルでいち早く効率的にスキルを習得することができます。未経験OKで研修制度が充実している求人を多く保有するキャリアスタートを活用することをおすすめします。

給付金をもらえても質素な生活になる

職業訓練は給付金をもらいながら受けられますが、たくさんもらえるわけではありません。給付金があっても贅沢ができるわけではなく、質素な生活を送ることになります。

職業訓練には種類があり、1つは「公共職業訓練」と呼ばれるものがあります。主に失業手当(雇用保険)を受給している人が対象となり、訓練を受けている間は条件を満たせば以下の手当を受給できます。

公共職業訓練で受給できる手当
  • 基本手当
  • 受講手当
  • 通所手当

基本手当は、離職前の賃金に応じて支給額が異なります。また、受講手当は日額500円です。そして、通所手当とは、職業訓練に通うときに必要な交通費のことです。支給額は通所方法により異なります。

もう1つは「求職者支援訓練」と呼ばれるもので、失業手当を受給していない人が対象です。職業訓練を受講している人のうち、一定条件を満たしている人が「職業訓練受講給付金」をもらえます。支給額は月に10万円です。

もらえるのは多くて10万円ほどのため、生活が潤うわけではありません。質素な生活は長く続くため、受けるのなら覚悟を決めて受ける必要があります。

一方、転職して会社に入社すれば、毎月安定した給料がもらえます。研修制度が充実した会社では、実務レベルのスキルを学びながら給料がもらえるため、職業訓練に行くより、転職するほうが合理的と言えます。

研修制度が充実した求人を多く保有するキャリアスタートであれば、あなたにピッタリの求人を紹介してもらえるでしょう。

参考:職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

スキルがなくても転職できる会社はたくさんある

スキルがなくても受け入れてくれる会社はたくさんあります。今は人手不足の会社が多いため、入社後しっかり研修をしてくれるところも豊富にあるのが現状です。

例えば職業訓練にはプログラミングのコースもありますが、エンジニアになりたいなら未経験でもエンジニア候補を募集している会社に入るのがベストです。

入社後であれば給料をもらいながらスキルが学べます。生活に困ることなく、仕事に必要な能力も身につけられるのはまさに一石二鳥でしょう。

研修を丁寧に行ってくれる会社を効率よく探すためには転職エージェントの利用が必須です。特に研修制度が充実した求人を多く保有しているキャリアスタートがおすすめです。

転職希望者なら転職エージェントの方がおすすめ!

転職希望者なら転職エージェントの方がおすすめ!

厚生労働省の調査によると、転職する際に民間の職業紹介期間を使っている人は14.8%にとどまっています。転職エージェントの存在自体を知らない人が多く、認知度が低いといえるでしょう。

転職エージェントは書類の添削があったり、自分の希望に合った求人を紹介してくれたりといったサービスがあるため、多くの人が利用しています。今後は、さらに転職エージェントの利用が一般的になるでしょう。

「スキルがないから、いきなり正社員として転職するのが怖い…」という人でも転職エージェントを利用して、転職活動することをおすすめします。未経験でも丁寧に研修が行われ、実務で求められるスキルを習得できる企業は多くあるからです。

また、スキルを身につけるには実際に会社に入って学ぶことが一番手っ取り早いです。

日本には400万近くの会社があると言われており、あなたにマッチする会社は必ずあります。そんなピッタリの会社を見つけるためにも転職エージェントの活用は必要不可欠です。

職業訓練を検討する方に
おすすめの転職エージェント
20代向け
研修制度が整った
未経験OK求人を多数保有!

無料面談で求人紹介してもらう
※登録後、以下番号から電話があります!
(080-4955-5448 もしくは 080-7619-1561)
30代前半向け
35歳までサポート可能で
書類選考なしで面接できる!
無料面談で求人紹介してもらう

職業訓練を検討していた人におすすめの転職エージェント

職業訓練を受けようと考えていた人におすすめしたい転職エージェントは以下の通りです。1つずつ特徴を解説しましょう。

20代の若手やフリーターには『キャリアスタート』がおすすめ

キャリアスタートのバナー
【公式】https://careerstart.co.jp/
名前キャリアスタート
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2024年1月12日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代10代後半から30代前半
対応エリア全国
オンライン面談
電話番号070-1202-4387
※登録後、上記番号から電話がかかってきます
得意分野・業界第二新卒など、若手の転職支援に特化
公式HPhttps://careerstart.co.jp/
詳細を見る
運営会社名キャリアスタート株式会社
拠点東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル8F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
キャリアスタートの特徴
  • 最短1週間で内定獲得
  • 若手・フリーターの支援に特化した転職エージェント
  • 100万円以上の年収アップ実績が豊富

キャリアスタートは、若手・フリーターの支援に特化した転職エージェントです。未経験OKの求人が多く、面接対策や書類添削などのサポートが手厚いのが魅力です。

職業訓練でスキルを身に付けなくても、キャリアスタートを利用して転職すれば100万円以上の年収アップが見込めます。具体的には、キャリアスタートの利用者のうち83%が年収アップを実現させているのです。

未経験の職種に就きたい若手やフリーターの方は、まずキャリアスタートの無料面談予約を取ってください。

>>公式HPを見る

▼キャリアスタートの口コミ

スクロールできます
Review Image
Gさん
前職では、アルバイトと接客業の仕事に携わっておりました。自分でいちから作り上げ、また手に職を付けたいと思い、IT業界で正社員として働きたいと思いました。お世話になりました。今後良い報告ができるよう、一生懸命頑張っていきます!

引用:キャリアスタート

Review Image
Hさん
PCやITは不安だったんですが、座学の研修も1ヶ月あるし、実は先輩も私とおんなじ接客経験から、今では一流の事務・サポートとして活躍していたので、頑張れそうって思います!本当に、相談にきてよかったです!!早くスキルをつけて、給料あげて、一人暮らししたいです!

引用:キャリアスタート

\いち早く転職先を決めたい方向け!/

※登録後、(080-4955-5448 もしくは 080-7619-1561)から電話があります!

30代代前半の方は『ジェイック就職カレッジ』がおすすめ

名前ジェイック就職カレッジ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代18~35歳
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界20代、女性、中退者の転職支援
公式HPhttps://www.jaic-college.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイック
拠点東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ジェイック就職カレッジの特徴
  • フリーター・既卒・第二新卒の転職支援に強い
  • 利用者の定着率が92.2%と高い
  • 無料就職講座を受けられる

ジェイック就職カレッジは、未経験に特化した転職エージェントです。フリーター・既卒・大学中退者など、社会人経験が少ない人や働いた経験がない人の就職支援を行っています。

ジェイック就職カレッジの大きな魅力は、独自の就活研修があることです。就活を最初から最後まで丁寧にサポートしているからこそ、81.1%の就職成功率を実現させています。

また、ジェイック就職カレッジは求職者に紹介する企業すべてに訪問しており、ブラック企業を徹底的に除外しています。

未経験に特化、充実した就活研修、さらにブラック企業がないとメリットが多くあるため、未経験で転職を考えている人は利用すべきでしょう。

>>公式HPを見る

▼ジェイック就職カレッジの口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
新卒で入った会社が合わなかったためどうしようかと考えていた時、20代専門の正社員採用を応援してくれるサービスを見つけ、自分にぴったりだと思い利用することにしました。 私がその中で選んだのは女子カレッジで、事務職を希望する私にたくさん仕事を紹介してくれました。 前職が営業だったので事務は未経験でしたが、アドバイザーの方に相談することで不安も消え、自分に合っていると思う会社から内定をもらうことが出来ました。

引用:みん評

Review Image
Dさん
昨年、希望にそった転職先を見つけ、転職を果たすことができました。 この業者の特徴として感じたのは、転職支援の体制が充実している点でした。転職に向けた社員教育などの支援体制が整っていました。 転職先で即戦力として活躍できるよう、社員教育のカリキュラムがたくさん用意されていて、転職活動前と後では意欲面でも能力面でも大きな差があると振り返っています。

引用:みん評

\多数の研修も行っている!/

あわせて読みたい
ジェイック就職カレッジの評判は?ジェイック就職カレッジを利用していた人の実際の口コミ・評判を大公開 ジェイック就職カレッジとは、無料の就職講座を完備した転職エージェントです。フリーターや大学中退者でも就職しやすいと、かなり好評を得ています。 当記事では、人材...

女性転職なら『マイナビエージェント(女性用)』がおすすめ

【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント(女性用)
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代前半の女性向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都中央区銀座四丁目12-15 歌舞伎座タワー26F/27F/28F
都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 女性のキャリアアドバイザーが多く在籍している
  • 結婚や出産、子育てなどを踏まえたキャリア相談ができる
  • スキルを伸ばせる求人と出会える

マイナビエージェントは若手だけでなく、女性の転職支援にも強みを持つエージェントです。女性のキャリアアドバイザーが多く在籍しており、女性が直面するキャリアの悩みに寄り添いながらサポートします。

出産や子育てを経験したワーキングママとして働いているキャリアアドバイザーもいるため、女性特有のキャリアを踏まえた相談をすることも可能です。

マイナビエージェントでは、ワークライフバランスを整えやすい求人からスキルアップを図れるものまで幅広く取り扱っています。女性の多様なキャリアに対応できる点は、マイナビエージェントの魅力です。

>>公式HPを見る

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
Eさん
初めての転職で利用しました。異業種への転職でしたので初めは不安しかありませんでしたが、①自身の希望・スキルに合致する業界の選定②ES添削、面接練習③志望企業の従業員との面談設定④精神的なケア、この4つが充実していたと感じています。 担当の方が大変親身な方で、程よい距離感とテンポで終始サポートしてくださいました。他エージェントではとにかく沢山応募することを強く勧められた一方、マイナビエージェントさんはESの内容を踏まえ、現職のスケジュールに合わせて応募件数や面接スケジュールを調整してくださり大変助かりました。20代で転職を考えている方には特におすすめのエージェントです。 今回の転職では大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

引用:Google

Review Image
Fさん
マイナビ転職エージェントを利用して転職をしました。 初めての転職で右も左も分からない中、転職においての心構えから退職交渉まで全面的にサポートしてくださいました。 個人で活動していたら絶対に入社できなかったであろう会社に無事ご縁をいただくことができ感謝しかありません。 素晴らしいサービスをありがとうございました。

引用:Google

\女性が抱えるキャリアの悩みを解決/

「ここまでの内容をまとめると・・・」

ここまでの内容をまとめると、職業訓練へ行くよりも転職エージェントを利用するほうがおすすめです。転職エージェントでは、求職者の要望や実現したいキャリアを徹底的にヒアリングした上で求人を紹介します。

転職エージェントを利用すれば、職業訓練へ通わなくても、転職するだけでスキルを身につけられる環境へ飛び込むことが可能です。

例えば、「スキルアップを目指せる企業へ就職したい」と伝えておけば、入社後にスキルを身につけられる企業を中心に紹介してもらえます。

職業訓練へ行くべきか転職エージェントを利用すべきか迷っている方は、現在のキャリアについて転職エージェントへ相談すると解決策が見出せるかもしれません。

職業訓練を検討する方に
おすすめの転職エージェント
20代向け
研修制度が整った
未経験OK求人を多数保有!

無料面談で求人紹介してもらう
※登録後、以下番号から電話があります!
(080-4955-5448 もしくは 080-7619-1561)
30代前半向け
35歳までサポート可能で
書類選考なしで面接できる!
無料面談で求人紹介してもらう

職業訓練は行かない方が良いという経験者の口コミ

職業訓練を利用した方のなかには、「行かない方が良い」という意見をしている人も一定数存在します。下記は、職業訓練は行かない方が良いという経験者の口コミの一例です。

職業訓練を受けたあとは、3ヶ月以内に就職先を決める必要があります。仮に就職できなかったとしてもペナルティが課せられるわけではありませんが、キャリアに空白期間を作る原因となります。

「給付金がもらえるから」という安易な理由で職業訓練へ通うことはおすすめできません。

職業訓練は、国・自治体の施設や委託を受けた企業が行います。職業訓練を実施する先によって、職員の質が異なることを知っておいてください。

そのため、通う施設によっては「対応が悪く感じた」「思っていたよりもスキルが身につかなかった」と感じる恐れがあります。職業訓練を受けたい方は、施設や企業の評判をチェックした上で通う先を決めることが大切です。

職業訓練は仕事に必要なスキルを身につける場であり、なかには、人生にドロップアウトしかけた方が多く通う施設も一定数存在します。

キャリアアップのために職業訓練を利用したい方は、当初のイメージと教室の空気感にミスマッチを感じる恐れがあります。自力で学ぶ力を持つ人であれば、職業訓練へ行かず自習しながらスキルを身につけることもおすすめです。

職業訓練に行かない方が良い人の特徴5つ

職業訓練に行かない方が良い人の特徴

どのような人が、職業訓練に行かないほうが良いのでしょうか?

職業訓練に向いていない人の特徴を解説しますので、自分に当てはまるかどうか見てみてください。

すぐに転職したい人

すぐに転職したいと考えている人は、職業訓練の受講は向いていません。訓練期間は長いため、早く転職をしたいなら転職活動を始めるべきです。

訓練期間は主に2ヶ月から6ヶ月ほどです。2ヶ月以下の短期コースもありますが、中には1年や2年コースもあります。

2ヶ月あれば、転職エージェントの登録・面談・求人探し・面接ぐらいまでは進められます。受講している時間が取れるなら転職活動に充てたほうがよいでしょう。

>>最短1週間で内定がもらえる転職エージェント

明確な目的がない人

明確な目的がない人は、職業訓練には行かないほうが良いです。

職業訓練の期間はコースによって異なるものの、最低でも2ヶ月は受講しなくてはいけません。明確な目的がないまま受けても、無駄に時間を過ごしてしまうだけです。

職業訓練を受けるなら「ITの知識を身につけて転職したい」「介護士になりたいから勉強したい」など明確な目標を持って臨みましょう。

優良企業へ転職したい人

優良企業へ転職したい人には、職業訓練はおすすめできません。

職業訓練を利用する場合、訓練機関がハローワークと連携して就職先を紹介してくれます。しかし、中にはブラック企業が混ざっている可能性もあります。

ブラックだといわれるのは、人間関係の悪さや仕事のハードさから従業員がすぐに辞めていってしまう企業です。

すぐに人が辞めるのなら、また人を募集しないと会社は回りません。このようにブラック企業は人の出入りが激しいため、掲載料金がかからないハローワークで募集します。

もちろんすべてがブラックとはいいませんが、前職と同じようなブラック企業に入りたくないと考えている人は、職業訓練の利用をもう一度よく考えたほうがよいでしょう。

>>取材した優良企業しか紹介しない転職エージェント

給付金が目当ての人

給付金が目当ての人は、職業訓練に行かない方が良いと言えます。職業訓練に通うと、働く上で必要な勉強をしながらお金を支給してもらえる点は事実です。

しかし、テキスト代や教材費用がかかったり、給付金から生活費や住民税、国民健康保険料などを支払ったりする必要があります。

給付金は1ヶ月あたり10万円の支給となっており、お金目当てで職業訓練へ行くことはコスパが悪いと言えます。そもそも、給付金目当てで職業訓練へ行くことは、社会人のモラルとしてふさわしくないことを知っておいてください。

生活のレベルを落とせない人

生活のレベルを落とせない人も、職業訓練へ行かない方が良いでしょう。職業訓練に通う際に支給される給付金は、月額で10万円となっています。

所定の条件を守れば職業訓練に通いながらアルバイトできますが、正社員で働く場合と比較すると収入が低くなることは避けられません。

遊びに出かける機会や外食へ行く機会を控えられない方は、職業訓練に行きながら生活を送ることが難しくなります。

職業訓練に行った方が良い人の特徴3つ

職業訓練に行った方が良い人の特徴

逆に、職業訓練に行ったほうが良い人とはどのような人なのでしょうか?

当てはまる方は、一度職業訓練を検討してみても良いでしょう。

今すぐ給付金を受けないと生活できない人

職業訓練は給付金をもらいながら受けられるため、給付金を使って生活をしながら、転職のためにスキルも学んでいるといった人は多くいます。

公共職業訓練は、失業保険の給付を課程修了まで延長する訓練延長給付、求職者支援訓練は一定の要件を満たすことで職業訓練受講手当や寄宿手当などがもらえます。

どちらも細かく条件が決まっているため、本当に給付金がもらえるかどうか確認する必要はあります。給付金がないと生活ができない人は、お金をもらいつつ、仕事で必要なスキルを学ぶと良いでしょう。

身につけたいスキルが明確にある人

身につけたいスキルが明確ある人は、職業訓練の受講がおすすめです。募集しているコースは都道府県によって異なりますが、主に以下のことが学べます。

職業訓練で学べること
  • 介護
  • 医療事務・経理事務
  • パソコンスキル
  • Webデザイン
  • ネットショップ基礎
  • Javaプログラマー
  • 機械加工

「介護士の資格を取って介護の仕事がしたい!」など、特定のスキルを身につけて将来どうなりたいかまで決まっているのであれば、参加する価値はあります。

スキルを仲間と一緒に磨きたい人

スキルを仲間と一緒に磨きたい人は、職業訓練へ行くことが適しています。職業訓練へ行けば、同じ分野を学びたい人が集まるため、モチベーションを保ちながら勉強に励めます。

なかでも、グループワークやチームで行うカリキュラムが用意されている講座を選ぶと、職業訓練へ通うメンバーとすぐに打ち解けられるでしょう。

個人で勉強を進めることが苦手な方やモチベーションが下がりやすい人は、独学よりも職業訓練へ行くほうがスキルを短期間で身につけやすくなります。

IT・Web系の企業へ就職を目指す人にはスクールがおすすめ

IT・Web系の企業へ就職を目指す人は、スクールに通うことがおすすめです。IT・Web系の転職では、未経験者OKとなっている場合であっても、選考過程で実技試験が設けられているケースが少なくありません。

実技試験では一定の技量が試されるため、基礎的なスキルを持っておくと採用されやすくなります。基礎的なスキルがあれば、入社後に短期間で仕事を覚えることが可能です。

ただし、スクールに通いながらIT・Web系のスキルを身につける場合、3ヶ月から1年程度の時間がかかることを知っておいてください。

IT・Web系の企業へ就職を目指す人は、数あるスクールのなかでもウェブフリもしくは侍エンジニアを利用することがおすすめです。以下では、ウェブフリと侍エンジニアの基本情報について解説します。

おすすめのIT・Web系スクール

ウェブフリ

ウェブフリ
【公式】https://webfree-official.com/
サービス名ウェブフリ
特徴・未経験からWEB業界でフリーランスになれる
・自分だけのカリキュラムで学習できる
・本業と並行可能
料金月額23,600円〜
無料相談の有無
公式HPhttps://webfree-official.com/

ウェブフリは、未経験からWeb業界に通用するスキルを身につけられるスクールです。

案件を受けてから納品するまでを実践的に学べるスクールであり、IT・Web業界へ就職を考えている方だけでなく、フリーランスを目指す人からも人気を博しています。

ウェブフリでは、コーチングセッションによって興味・適性を丁寧にチェックします。今すぐ転職を考えていない、将来に何かしたいと考えている方でも安心して利用することが可能です。

すべてのカリキュラムをオンライン上で受講できるため、本業と並行しながらスキルを身につけられる点がウェブフリの特徴です。学べる内容は、SEOライティング・SNS運用・動画編集・Webデザイン・映像制作などとなっています。

ウェブフリでスキルを身につければ、ゆくゆくは、Web制作会社やマーケティング会社などへの就職・転職を実現できるでしょう。

\無料カウンセリング受付中!/

侍エンジニア

【公式】https://www.sejuku.net/
サービス名侍エンジニア
特徴・マンツーマンレッスンでレッスンが受けられる
・累計指導実績が4.5万人を突破している
・学習管理システムがあるため挫折しにくい
料金693,000円〜(16週間コース)
※Webエンジニア転職保証コース
無料相談の有無
公式HPhttps://www.sejuku.net/

侍エンジニアは、プログラミングやAIなど、エンジニアになるために必要なスキルを学べるスクールです。累計指導実績は4.5万人を突破し、数あるスクールのなかでも人気を博しています。

侍エンジニアの魅力は、マンツーマンによるレッスンを行なっていることです。一人の講師が卒業までサポートするため、わからない部分を気軽に質問できます。

また、学習管理システムを用意して受講生がつまずきやすいポイントをフォローする部分も、侍エンジニアの特徴です。受講生をサポートする体制が整っており、侍エンジニアは挫折者が少ないスクールとしても知られています。

Webエンジニアコースやクラウドエンジニアコースでは、転職支援コースを用意しています。スキルの習得から転職までができるため、Web・IT業界へ飛び込みたい方は、侍エンジニアの無料カウンセリングを受けてみましょう。

\スキル習得から転職までをワンストップでサポート/

リスキリング助成金を利用すればお得にスクールに通える!

厚生労働大臣が指定したスクールに通う場合、リスキリング助成金を使ってお得に通えます。プログラミングスクールなどを受講する際は、教育訓練給付制度を利用することが一般的です。

教育訓練給付制度は、働く方々のキャリア形成や雇用の安定などを図ることを目的に作られた制度です。条件こそあるものの、受講費用の20〜70%、最大56万円を受講者に支給します。
(出典:厚生労働省「教育訓練給付制度」

教育訓練給付制度を利用すると、例えば、50万円のスクールが実質15万円になるかもしれません。スクールへお得に通いたい方は、受講したいスクールが教育訓練給付制度の対象なのかを確認することが大切です。

転職を考えているなら転職エージェントを検討しよう!

職業訓練自体は否定しませんが、利用すべきかやめておくべきかの判断はしっかり行う必要があります。

転職を考えている人は、まずは転職エージェントの利用を検討しましょう。特におすすめはキャリアスタートです。

未経験からの正社員採用の求人も多数扱っているので、あなたでも優良企業で働けるチャンスです。

ぜひ本記事を参考に職業訓練を利用すべきか、よく考えてみてください。

\未経験でも挑戦できる求人多数!/

※登録後、(080-4955-5448 もしくは 080-7619-1561)から電話があります!

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ