MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

フリーターが見下される5つの理由とは?実際に見下された体験談と対処法を紹介

本記事でわかること
  • フリーターが見下される理由
  • 見下されたくない方が取るべき行動
  • フリーターが頼るべきおすすめの就職・転職エージェント

フリーターをしている方のなかには、「周囲から見下されている」と感じる人もいるのではないでしょうか。

7年間フリーターをしていた私の実体験としては、「見下されます」というのが答えです。今回は、私が実際にフリーターをしていて周囲から「見下された」エピソードと、見下されないための解決策をお話しします。

現在、私は正社員として働いており、フリーターのときの悩みはもうありません。周りから「一人前」と扱ってもらえる機会が増えただけでなく、彼女の両親に胸を張って結婚する旨を伝えられました。

「見下されたくない」と感じる方は、正社員として働くことがおすすめです。正社員になれば、周囲の目が変わります。ぜひ勇気をもって行動に移して、今の人生より一歩先に進んでください。

フリーターから正社員を目指したい方は、転職エージェントの一つハタラクティブを利用することがおすすめです。ハタラクティブは、正社員として働いたことがない方への支援を得意とするサービスであり、利用者からの満足度に定評があります。

\未経験者の選考通過率が高い/

>>公式HPを見る

あわせて読みたい
フリーターにおすすめの転職エージェント10選を年代別に紹介 本記事でわかること フリーターにおすすめの転職エージェント フリーターに特化した転職エージェントを使うメリット フリーターが転職を成功させるポイント フリーター...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

フリーターが見下される5つの理由とは?

下記の理由から、フリーターは見下されることが多くなります。

ここからは、フリーターが見下されてしまう理由を見ていきましょう。

アルバイトは責任が軽いから

フリーターが仕事としている「アルバイト」は、誰にでもできる責任の軽い仕事です。正社員と比べると、責任が大違いでありフリーターが軽視される一因でしょう。

また、「フリーター」のイメージには、しょせんアルバイトという印象がぬぐえません。お金を稼ぐための「仕方ない」手段としてのアルバイトであり、仕事としては熱意を持って真剣に働いているように見えないのです。

正社員とフリーターを比較すると、責任の少ないアルバイトは「軽い仕事しかしていない」と見られ、周囲から見下されます。

働く気がないと思われるから(無職と同類)

見下される理由として、「働く気があるのか?」と周囲に思われてしまうことが原因としてあります。実際に、正社員をしている友人から「働く気あるの?就職もせずにバカじゃん」と面と向かって言われました。

フリーターでは、「まともに働く気がない」と見られてしまうのですね。“無職と同類”と思われてしまうことが多いのです。

アルバイトとして仕事をしているのに「働いていない」ように捉えられるフリーター…。やっぱり辛いですよね。

能力がないからフリーターをしていると思われる

フリーターになった理由は、個人個人さまざまですが、「能力がないからフリーターをしている」と思われるのが悲しかったです。就職活動で面接に行った際、「バカだからバイトなんだよ。能力がない訳よ」と、とある企業の面接官の方に言われました。

ここまでフリーターの印象は悪いのかと思いましたね。単純に「バカ」「能力がない」と見られてしまいます。後は「信用できない」「あてにできない」と思われることも多かったです。

これにより、自分に対して自信がもてなくなり、「どうせ俺なんて…」という悲観的な感情になることが多くなりました。

あわせて読みたい
就職が怖いフリーター必見!正社員面接が怖いフリーターが自信を持つにはどうすべき? フリーターから「就職するのが怖い」と感じる理由は何でしょうか?フリーターが就職するのが怖いと感じる理由は、自信がないからです。 しかし、フリーターでも正社員就...

定職に就かずフラフラしていると思われる

フリーターの中には夢や目標を掲げて、あえて会社に勤めていない人も多いと思いますが、世間的に見れば定職に着かずにフラフラとしているイメージが強いと思います。

そのため、どうしても不真面目だったり怠け者と見られてしまうことが多く、それが見下される要因になっているのです。

実際には、フリーターでもアルバイトをかけもちしたりして沢山働いている人もいますが、そんな人でも「フラフラしている」と言われてしまいます。

一般的な社会のレールから外れているから

日本では、「良い学校を出て就職することが1つのゴール」という認識が社会全体に強くあると思います。それを踏まえると、そういった一般的な道から外れているフリーターはどうしても見下されてしまいます。

「レールから外れた人間」として、低く評価されるのです。フリーターは、学歴や職歴などは特殊な業種を除き基本的に関係ありません。「誰でもなれる」「代わりはたくさんいる」と思われており、雑な扱いを受けることになります。

あわせて読みたい
フリーターは世間体が悪い?世間の目が冷たい中でフリーターを脱出し生き抜く方法とは? 本記事でわかること 世間体が悪いと感じた体験談 フリーターでいることのデメリット フリーターから脱出する方法 「フリーターでいると世間体が悪いから、なんとか脱出...

フリーターが見下されなくなるために取るべき行動

フリーターが見下されなくなるために取るべき行動は次の6つです。

以下では、見下されたくないフリーターが取るべき行動を詳しく解説します。

職場にとって欠かせないアルバイトになり正社員登用を目指す

職場にとって欠かせないアルバイトになり、正社員登用を目指すと見下されることが減ります。正社員登用できれば、正社員として働くことになるため、フリーターという肩書きがなくなります。

正社員登用を目指す場合は、遅刻早退をしない・会社の規則を守ることが基本です。加えて、積極的に業務へ取り組んだり、業務改善の提案をしたりするなど、前向きな姿勢をアピールすることが重要です。

今の職場が気に入っている方は、社員や店長などに正社員登用がないのかを聞いてみることをおすすめします。

フリーターでありながら勉学との両立をはかる

将来就きたい職業がある方は、フリーターと勉学の両立を図ると見下される機会が減ります。むしろ、目標を持って将来に向けて動いている姿を通じて応援されるでしょう。

例えば、専門知識が必要な職業に就きたい人は、資格取得に向けた講座を受講することがおすすめです。どのようなキャリアを歩みたいか定まっていない方は、就きたい仕事を明確にし、勉学へ励むことが大切です。

フリーランスを目指す

フリーターとして見下されたくない方は、フリーランスを目指すことも有効です。手に職をつけたいと考えている場合は、フリーターとして働きながら隙間時間でスキルを磨くことがおすすめです。

近年は、クラウドソーシングサービスが普及しており、WebライターやWebデザイナーの仕事を個人で獲得しやすくなっています。

ただし、フリーランスの世界は実力主義のため、未経験から目指す難易度が高いことを知っておいてください。中途半端な気持ちで目指すことは控えたほうがよいでしょう。

あわせて読みたい
ウェブフリ(webfree)の評判・口コミを大公開|料金やメリット・デメリットをわかりやすく解説 本記事の結論 ウェブフリのネット上の評判は収益化できた、案件取得できたなどの良い評判が多かった。 ただし、費用があわないなどの悪評もあり。 無料説明会に足を運ん...

正社員になる【最もおすすめ!】

フリーターとして見下されたくない方は、正社員になることがおすすめです。正社員になれば、周囲から「立派に働いている」と評価されるため、フリーターとして働くときに感じる惨めな気持ちなることはありません。

若ければフリーターの働き方に危機感を覚えないかもしれませんが、できるだけ早く正社員を目指すことを推奨します。転職市場では、年齢を重ねるにつれて正社員を目指すことが難しくなる傾向です。

年齢を重ねて正社員を目指す場合、自分がやりたいと思える仕事を選べない可能性が高くなります。正社員を目指したい方は、転職のプロである転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すると、キャリアの棚卸しを通じて自分の適正に合う求人を紹介してもらえるほか、書類添削・面接対策を受けられます。

>>フリーターが頼るべき転職エージェント

フリーターが頼るべき就職・転職エージェントとは?

フリーターが頼るべき就職・転職エージェントの特徴は、「未経験」や「第二新卒・既卒」の支援に強みを持っていることです。下記の3つは、未経験者の転職支援において定評がある就職・転職エージェントです。

以下では、3つの就職・転職エージェントの特徴を詳しく解説します。

ハタラクティブ|未経験職種を目指したい20代フリーターにおすすめ

名前ハタラクティブ
料金無料
求人数公開求人: 3,372件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談LINEビデオ面談可
得意分野・業界フリーター・既卒・
第二新卒の支援に特化
公式HPhttps://hataractive.jp/
詳細を見る
運営会社名レバレジーズ株式会社
拠点東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア24F・25F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ハタラクティブの特徴
  • 未経験から安定企業を目指せる
  • 最短2週間で内定を得られる
  • 書類通過率は96%以上、内定率は80%以上と高い水準を記録している

ハタラクティブは、就職未経験者の支援に強みを持つ転職エージェントです。一人ひとりに寄り添ったサポートが持ち味で、ヒアリングを通じて求職者にとって働きやすい企業を中心に紹介します。

求職者の「できる・やってみたい」という気持ちを尊重した上で求人を提案するため、ミスマッチが少ないことが特徴です。

書類添削や面接対策を丁寧に進めており、書類通過率や内定率は業界のなかでも高い水準となっています。最短2週間で内定を得られるため、早く正社員を目指したいフリーターは、ハタラクティブを利用してみましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • サービス利用から転職までがスムーズに進む
  • 長く勤められる企業と出会える
  • フリーターやニートでも利用しやすい
デメリット
  • 都市部の求人が中心になっている
  • 紹介を受けられる求人の種類が少ない
  • 年収500万円以上を目指す転職は難しい

▼ハタラクティブの口コミ

Review Image
Aさん
私自身、【未経験・職歴なし】という状況下でありながらも希望していた業界の企業様から内定を頂きました。1人で就職活動をしていた頃は面接は愚か、書類選考の時点で落とされてばかりでした。担当者様も親身になってお相手して頂き、また別に面接対策時にお相手して頂きました担当者様にも大変お世話になりました。返信も24時間以内に頂けたりと、いつも迅速な対応には大変助かりました。短期間でありながら真摯に私の就職活動に向き合って頂き、誠にありがとう御座いました。

引用:Google

Review Image
Bさん
私自身今回が初めての就活で、大学中退で新卒採用枠ではなく中途採用枠だったのですが、スムーズに内定を頂けました! それもハタラクティブさんのお陰です! こまめな連絡や面接対策、どんな相談であっても親身に聞いて下さり、本当にありがとうございました!!! ハタラクティブさんを利用させて頂けて本当に良かったです!!

引用:Google

\未経験者の選考通過率が高い/

JAIC(ジェイック就職カレッジ)|書類選考なしでも企業と面接できる

名前ジェイック就職カレッジ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代18~35歳
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界20代、女性、中退者の転職支援
公式HPhttps://www.jaic-college.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイック
拠点東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JAIC(ジェイック就職カレッジ)の特徴
  • 累計で3万人以上の就職支援をしている
  • フリーターの就職支援を18年以上している
  • 入社後3ヶ月間の定着率が92.2%と高い

JAIC(ジェイック就職カレッジ)は、フリーター・中退者の就職支援を18年以上行っている転職エージェントです。支援実績が豊富にあり、2005年5月から2023年4月までの期間で3万人以上の就職支援に携わっています。

JAIC(ジェイック就職カレッジ)では、求人をただ紹介するのではなく、求職者が安心して長く働ける企業を中心に提案します。求職者と企業でミスマッチが少なく、利用者の入社後3ヶ月の定着率は92.2%と高い水準です。

書類選考なしで最大20社と面接できるため、就職先選びを妥協したくない方に、JAIC(ジェイック就職カレッジ)はおすすめです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 就職・転職を効率的にできる
  • 無料就職講座が充実している
  • 正社員経験なしでも利用しやすい
デメリット
  • 大手の転職エージェントと比較すると求人数が少ない
  • キャリアアドバイザーによって質が異なる
  • 希望に合わない求人を提案される可能性がある

▼JAIC(ジェイック就職カレッジ)の口コミ

Review Image
Cさん
学校を卒業後フリーターとして働いていましたが、将来が不安になり登録しました。こちらを選んだ理由は就職する為のサポートが充実していたからです。正社員として働いたことがなく、周りと比べて負い目を感じていましたが、履歴書の書き方からビジネスマナーまで基礎をしっかり学ぶことが出来て自信に繋がりました。また、スタッフも就職を応援してくれるので、不安な所はすぐに相談出来て心強かったです。1人で情報を調べて就活をする方法もありますが、私の場合は講義やサポート体制が充実しているサービスを利用して良かったと思います。

引用:みん評

Review Image
Dさん
就活の際に必要な履歴書やマナーについて深く知ることができて役に立ちました。研修に関しても同じような境遇の方がおり、一緒に受けていく事で孤独感なく前向きに出来ました。職業に関しても営業だけでなく技術職や事務職もありました。

引用:みん評

\書類選考なしで受けられる/

マイナビジョブ20’s|大卒1〜3年目までのフリーターにおすすめ

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 未経験から応募できる求人が全体の75%以上
  • 自己分析に役立つ適性検査を受けられる
  • マイナビグループが培ってきた転職ノウハウがある

マイナビジョブ20’sは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントの一つです。主に、20代・第二新卒などの就業経験が浅い方の支援を得意としています。

取扱求人すべてが20代対象となっており、そのうち75%以上が未経験OKのものです。そのため、フリーターとして働いている方が正社員を目指す際に利用しやすいサービスといえます。

マイナビジョブ20’sでは、マイナビグループが培ってきた転職ノウハウをもとに求職者をサポートします。求人紹介から入社日の調整までを丁寧に進めてもらえるため、マイナビジョブ20’sは初めて就職・転職する方におすすめです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 転職成功に結びつきやすい
  • 未経験者向けの求人のなかでは求人が多い
  • 大手ならではの安心感がある
デメリット
  • 30代以上のフリーターに適した求人が少ない
  • 繁忙期はレスポンスが遅くなる場合がある
  • キャリアアドバイザーにあたり・はずれがある

▼マイナビジョブ20’sの口コミ

Review Image
Eさん
内定をもらえたしキャリアアドバイザーの対応にも満足。 紹介してもらえる求人数は多くなく勝手に応募もできないが、紹介してもらえる求人は私の希望を聞いた上で選んでくれているんだなと思える内容だった。 面接対策もしてもらえたし、面接後には必ずフォローの連絡をくれた。 ただどのCAについてもらえるかは運なので不快な思いをしたらチェンジを希望するべきだと思う。

引用:みん評

Review Image
Fさん
私の担当をしてくれている方は、とても丁寧ですごく頼もしいと思います。 7社ほど転職エージェントを使わせてもらいましたが、マイナビ20’sが初めて一番いいと思いました。 でも他の人の口コミを見ていると、担当者により本当に当たり外れがあるんだなと思いました。 他のエージェントさんに比べて、話を親身になって聞いてくれて、よく考えてくれるし、的外れな求人をよこしてくるエージェントも多々ある中、基本的にいいと思う求人をたくさん紹介してもらえました。 なので、オススメだと思います。

引用:みん評

\未経験OKの求人が多数/

【体験談】フリーターで見下された経験

フリーターをしている方のなかには、次のような形で見下された経験を持つ人が一定数存在します。

ここからは、実体験をもとにフリーターで見下された経験について詳しく紹介します。

社員から見下された

フリーターとして働いていても、同じ職場には社員の人がいるはずです。正社員として働いているその人たちから、あからさまに見下された態度を取られたことがあります。

「おいバイト!これやっとけ」
「フリーターなんだから楽だろ?」

などの暴言を吐かれたことが何度もあり、見下されていると感じました。同じ職場の中で過ごしていても、昼休みや暇な時間等に社員と雑談する機会があります。

そのときに、「いいよなお前は。フリーターで」や「アルバイトだもんな、腰掛けでやっている様なものだろ?」と言われました。所詮はフリーター、正社員とは仕事に対する責任の重さが違うと思われ見下されていたようです。

恋人から見下された

お付き合いをしていた女性からの一言がいまだに尾をひいています。

「正社員じゃない男は男として見れない」

と言われたのです。「いい加減就職しなよ」と思っていたのかもしれません。決して納得できない言葉ではないのです。当たり前の言葉だと、今なら感じることもできます。

しかし当時の私はバカものでした。その言葉は、現在の私への否定であり、一番愛して欲しい相手からの突き放しに感じたのです。彼女とはケンカ別れをし、今なおその時の後悔を引きずっています。

友人から見下された

学生の頃から一緒に遊んでいた友人から見下されました。友人は、社会人になった途端に態度が少し大きくなり、「こいつフリーターだから」「お前はフリーターだもんな」など、フリーターであることを馬鹿にした態度を取られました。

「俺は正社員で、お前はフリーター」という、あからさまな態度を取られて、自分のことを見下していることがはっきりとわかりました。それと同時にその友人に失望したことがあります。

親や親戚から見下された

明確に見下されているなと感じたのは、親戚と食事をした時のことです。食事の席で、私の近況についての話になりました。

正直に、「今はフリーターでこういうことをしている」と答えたところ、面と向かって親戚からフリーターであることを見下している発言を受けました。

具体的には、「フリーターなんてフラフラしているだけで、社会の役には立ってない」と言われたり、「フリーターは世間体が悪いから、早く正社員になれ」と語気を強めて言われました。

親戚の立場からすると思うところがあったのかもしれませんが、私自身にも考えがあってフリーターをやっていたので、正直に言ってあまり良い気はしませんでした。

あわせて読みたい
大卒フリーターは親不孝?親に心配されるフリーターから抜け出す 本記事でわかること 大卒フリーターが親不孝な理由 親不孝だと感じている人へのアドバイス 正社員になるための方法 「大学を卒業したのにフリーターをやってるなんて親...

今フリーターをしていて「見下されている」と悩んでいる人へ

ここでは、フリーターをしていて見下されることに悩んでいる人へ、私からアドバイスを送ります。

悩むだけでは、現状を解決できません。見下されることが嫌な方は、行動を起こすことが大切です。以下では、3つのアクションプランについて詳しく紹介します。

「なぜフリーターをしているのか」を見つめなおす

もしフリーターであることを見下されて悩んでいるのであれば、まず最初に「自分がなぜフリーターになったのか」ということを思い出す必要があると思います。

そのうえで、もし夢や目標があるなら今まで以上にそれに向かっていき、特に理由がないなら早い段階で正社員になる等の現状を変える努力をしましょう。

とにかく大切なのは、「自分の現状を見つめ直して何をすべきか見定めること」です。まずは立ち止まってよく考えることが重要だと思います。

見下されても気にしない!

あなたは単純に、フリーターなのであって、何も悪い事はしていません。ですから、他の人に見下されてもあまり気にしない方が良いと個人的には思います。

他の人の意見よりも、自分の中にある心の感覚の部分を大切にしてほしいです。そのうえで、今のままで良いか悩んでいるのであれば、その時にアクションを起こしましょう。

見下されるのが苦痛ならば、「正社員」として雇用されれば良いだけです。正社員になるのはそんなに難しいことではありません。

おすすめは、就職エージェントにサポートしてもらうことです。その際は、「フリーター向けの就職エージェント」を選ぶようにしてください。

フリーター向けの支援が充実していますから、個人でハローワークで探すより断然条件の良い求人が見つかります。

自分の幸せのために就職活動をすること

まずは就職活動をして、より安定した職に就くのが理想ではないでしょうか。そうすれば、他の人から見下されるのではなく、「しっかりとした人だ」と認識されるはずです。ただ、正社員になっても、すべてがバラ色というわけではありません。

会社の業績が悪かったのならば、賞与の支給は望めませんし、賞与は必ず保障されてるとは限りませんから。また、有給を正社員になって与えられても、会社の都合で好きに使えるとも限りません。

それでも、フリーターより正社員の方が「見下されることがなくなる」のは確かです。実際に私も正社員になって、本当に周囲の目が変わりました。女性からも信頼されますし、なにより自分に自信がついたのが嬉しかったです。

一歩踏み出せば、何かが変わるはず。フリーターのときは、どこか社会に対して恨みのような感情がありましたが、今自分が経済的にも社会的にも安定して、その恨みの感情は消えました。

フリーターから正社員を目指したい方は、転職エージェントの一つであるハタラクティブを利用することがおすすめです。ハタラクティブは未経験から安定企業を目指せる転職エージェントで、フリーターとして働く方の就職支援を得意としています。

\未経験者の選考通過率が高い/

あわせて読みたい
フリーターでいるとやばい理由23選|悲惨な末路をたどらないためにすべきことを徹底解説 本記事でわかること フリーターでいるとやばい理由 フリーターから正社員就職するコツ 正社員を目指す方におすすめの転職エージェント フリーター生活が長期化すると、...
あわせて読みたい
大卒でフリーターになる人は多い?悲惨な末路をたどらないために正社員になるべき理由を徹底解説 本記事でわかること 大卒フリーターを続けるメリット・デメリット 大卒フリーターが正社員を目指すべき理由 大卒フリーターの末路 近年は、働き方が多様化しており、正...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ