おすすめ転職エージェントはこちら

パソナキャリアに門前払いされることはある?断られる主な理由とは?

パソナキャリアは、ハイクラス向けの転職エージェントです。役職付の求人を多くそろえていて転職による年収アップが見込めるため、利用を検討している方は多いのではないでしょうか。

しかしパソナキャリアの利用者からは「門前払いをされた」「登録を拒否された」との口コミがあります。

本記事ではパソナキャリアに断られる理由や、門前払いをされた人の特徴を解説します。パソナキャリアの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

本記事でわかること
  • パソナキャリアに断られる主な理由
  • パソナキャリアに断られたあとに再登録しても厳しい?
  • パソナキャリアに門前払いされたときの対処法

パソナキャリアに門前払いをされるのではないかと不安な方は、マイナビエージェントがおすすめです。20代〜30代の採用に積極的な企業が多く、業界未経験や第二新卒からでも転職できる可能性が高いからです。

\20代の転職に強い!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

パソナキャリアに門前払いされて断られたという口コミはあるのか?

パソナキャリアに門前払いされて断られたという口コミはあるのか?

実際にパソナキャリアに門前払いをされた方の口コミをみていきましょう。

実際にパソナキャリアの登録を拒否された方はいるようで、「紹介できる求人がありません」との連絡がくるようです。

明確な理由がわからないため、何度も登録に失敗している方もいます。パソナキャリアが本当の理由を伝えないのは「職業安定法第五条の七」が影響していると考えられます。

公共職業安定所、特定地方公共団体及び職業紹介事業者は、求職の申込みは全て受理しなければならない。ただし、その申込みの内容が法令に違反するときは、これを受理しないことができる。

引用:e-GOV

基本的に転職エージェントは求職者の申し込みを拒否できないため「紹介できる求人がない」と遠回しに伝えている可能性があります。

パソナキャリアに断られる主な理由

パソナキャリアに断られる主な理由

パソナキャリアに断られる理由を紹介します。

パソナキャリアに断られる主な理由
  • 転職回数が多すぎる
  • 経歴がパソナの基準に達していない
  • 求職者の希望する転職先がエリア対象外

転職回数が多すぎる

パソナキャリアは転職回数が多いと、断られる可能性があります。

転職エージェントは企業から紹介料をもらって成り立つビジネスです。転職エージェントからすると、転職回数が多い方はすぐに辞めてしまうリスクがあると判断します。

転職エージェントが紹介した求職者にすぐに辞められるのは、企業からの信頼を失うことにつながります。

そして企業に転職エージェントの利用を終了されると、ビジネスが成立しなくなるので継続的に売上を伸ばすためにも転職回数が多い方は断る傾向にあるでしょう。

経歴がパソナの基準に達していない

パソナキャリアは、年収800万円以上の求人が多いハイキャリア向けの転職エージェントです。

外資系や日系大手企業などハイキャリアな業界で、管理職を経験しているような方が登録しています。

20代〜30代の若手で社会人経験が薄い方は、パソナキャリアの経歴の基準に満たないため、門前払いされてしまう可能性があります。

すでにハイキャリアな業界で実務経験や管理職の経験がある方は、パソナキャリアに登録しやすいでしょう。

求職者の希望する転職先がエリア対象外

パソナキャリアは関東と関西・東海地方がメインターゲットです。あなたの希望する転職先が対象エリア外だと門前払いされてしまいます。

実際にパソナキャリアのサイトで求人検索をしたところ、関東が最も多い結果となりました(2023年1月現在)。

地域求人件数
関東10,378件
関西2,176件
東海1,547件
北海道343件
甲信越343件
中国・四国601件
九州・沖縄357件

公開求人のみなので、非公開求人を含めると関東の求人はさらに増えるでしょう。

繁忙期で人手不足になっている

1〜3月・9〜11月は、転職を検討するビジネスパーソンが多くなるため、転職エージェントの登録が増え繁忙期となります。

登録者に対して対応できる転職エージェントが少ないと断られるでしょう。パソナキャリアを利用して転職を考えるなら、転職市場が落ち着いている7月〜8月・12月の閑散期がおすすめです。

人手が十分に足りているので、門前払いを受ける可能性が低くなります。

未経験の業界へ転職を希望している

パソナキャリアは即戦力になる人材を求めている転職エージェントです。

すでにIT技術職や外資系企業の管理職を経験している方などが求められています。あなたが未経験の業界にチャレンジを考えているなら、門前払いを受ける可能性があります。

またパソナキャリアはハイキャリア向けの転職エージェントです。紹介される求人は管理職の可能性が高いので、一定のポストに就いた経験がない方は断られてしまうでしょう。

パソナキャリアに断られたあとに再登録しても厳しい?

パソナキャリアに断られたあとに再登録しても厳しい?

パソナキャリアに再登録はできますが、再び門前払いを受ける可能性はあります。

登録を拒否された原因のひとつに、職歴や希望条件がパソナキャリアに見合わなかったと考えられるからです。

同じ職歴や条件で応募しても難しいので、自己分析をして希望条件の変更やキャリアアップをしてから再登録するのをおすすめします。

また時期を考えて応募してみるのもいいでしょう。キャリアアドバイザーが足りない時期には登録を断られてしまう可能性があるからです。

今の仕事で成果を出せたら、転職市場の閑散期を狙って応募してみてください。

パソナキャリアに門前払いされたときの対処法

パソナキャリアに門前払いされたときの対処法

パソナキャリアに登録を拒否された場合の対処法は2つあります。

1つはキャリアを再構築して再度応募する方法です。具体的には以下のとおりです。

パソナキャリアに再登録する前にできること
  • 資格を取得する
  • 管理職になる
  • 部署移動をする

今よりもビジネスパーソンとして、スキルや経験を身につけておくといいでしょう。

もう1つは他のハイキャリア向け転職エージェントや、一般的な転職エージェントへの登録です。

転職エージェントを複数利用すると、多くの求人が見つけられてパソナキャリアにはない好条件の転職先と出会える可能性があります。

また求職者によっては「業界の内情に詳しい方に話を聞きたい」や「キャリアの方向性を相談したい」と転職エージェントに求めることが変わります。

多くの転職エージェントを利用すれば、自分の目的に合ったエージェントと出会えるでしょう。

パソナキャリアに門前払いされた人におすすめの転職エージェント

パソナキャリアに門前払いをされた人におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

おすすめの転職エージェント
  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • ジェイック就職カレッジ

マイナビエージェント

マイナビのプロモーションを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代に信頼されている転職エージェント
  • 求人にはない独自情報を伝えてくれる
  • 各業界に特化したエージェントがいる

マイナビエージェントは、20代の採用を積極的に行う企業の求人を多く保有しています。

そのため業界未経験や、第二新卒など職歴が浅い方でも転職が可能です。企業の担当者ともつないでくれるので、職場の雰囲気や仕事内容が詳細に知れます。

またマイナビエージェントには、ITや営業など各業界に特化したエージェントがいます。希望する業界に詳しいエージェントを利用できるのはマイナビエージェントの強みです。

\20代の転職に強い!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 求人数が35万件以上と日本で最も多い
  • 土日にも対応してくれる
  • アフターフォローなどサポートが手厚い

リクルートエージェントは、求人数が35万件以上と日本で最も求人数の多い転職エージェントで、とくに非公開求人を多く保有しているのが特徴です。

非公開求人は採用戦略を知られたくない企業や広告を大々的に打ちたくない企業が多く、
高待遇・好条件の求人である可能性が高いと言われています。

多くの求人から理想の転職先を見つけたい方は、リクルートエージェントがおすすめです。

またキャリアアドバイザーとの面談は土日にも対応しているため、面接の日程が立てやすく、働きながらでも安心して転職活動ができます。

面接対策や面接後のフォローもあり、サポートが手厚いのが特徴です。

\求人数No. 1!/

あわせて読みたい
リクルートエージェントの評判は?50人アンケート結果の実態 本記事の結論 ネット上の評判は求人数が多いなど良い評判が多かった。 ただし、対応が冷たいなどの悪評もあり。 他の転職エージェントと比較しながら、利用の検討を行い...

ジェイック就職カレッジ

名前ジェイック就職カレッジ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代18~35歳
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界20代、女性、中退者の転職支援
公式HPhttps://www.jaic-college.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイック
拠点東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ジェイック就職カレッジのおすすめポイント
  • 確実に正社員に転職できる
  • 未経験・第二新卒でも応募できる求人が多数
  • 独自の研修プログラムを受けられる

「すぐに正社員になりたい」と考えている方は、ジェイック就職カレッジの利用を検討してみてください。

ジェイック就職カレッジでは素早い転職活動を実現するために、書類選考なしでも企業と面接ができる「集団面接会」を実施しています。

集団面接会では企業が事前に求職者の情報を得ているので、履歴書なしでも希望する企業と出会えるのが特徴です。

またジェイック就職カレッジでは、独自の研修プログラムを実施しています。

研修プログラムでは、履歴書の書き方や面接対策など社会人に必要なビジネスマナーだけでなく、自己分析や転職活動との向き合い方などマインド面のセミナーなどがあります。

職歴に空白期間がある方や、入社した会社をすぐに辞めてしまった第二新卒の方でも研修プログラムを受けることで、すぐに転職活動ができるでしょう。

\未経験・第二新卒の方向け!/

あわせて読みたい
ジェイック就職カレッジの評判は?ジェイック就職カレッジを利用していた人の実際の口コミ・評判を大公開 ジェイック就職カレッジとは、無料の就職講座を完備した転職エージェントです。フリーターや大学中退者でも就職しやすいと、かなり好評を得ています。 当記事では、人材...

パソナキャリアに関するよくある質問

パソナキャリアに関するよくある質問

パソナキャリアに関する質問を紹介します。

よくある質問
  • パソナキャリアの評判はいい?
  • パソナキャリアは20代でも利用できる?
  • パソナキャリアは50代でも利用できる?

パソナキャリアの評判はいい?

パソナキャリアの評判は高いです。

業界や職種ごとに専門のエージェントが多く、企業の内情を詳しく教えてくれるので満足度の高い転職ができると言われています。

具体的に紹介した記事もあるので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
パソナキャリアの評判は?4つの特徴と評判を徹底解説! 本記事の結論 パソナキャリアはネット上では良い評判も悪い評判も両方あった。 求人数が少ないなどのデメリットがある。 パソナキャリアと他の転職エージェントの併用も...

パソナキャリアは20代でも利用できる?

パソナキャリアは20代でも利用できます。

ただハイキャリア向けなので、職歴が浅い方は登録を断られる可能性があります。未経験の職種への応募や、キャリアに空白期間がある方も厳しいでしょう。

また20代ですでに高収入な方もパソナキャリアで紹介できる求人が少ないので、満足がいく転職は難しくなります。

年収500万円〜800万円の管理職やIT技術職などの職歴があれば、利用できる可能性は高まります。

パソナキャリアは50代でも利用できる?

パソナキャリアは50代でも利用できますが、職歴に左右されるのが現実です。

即戦力になる人材を求めているので、一定のポストについた経験がなかったり未経験の業界に挑戦したりするのは難しいでしょう。

50代からの転職は、仕事で培ってきた経験やスキルが強みとなります。そのため、現在の職歴と転職したい業界で求められているスキルを結びつけるのがおすすめです。

またパソナキャリアの転職成功者の年齢をみると、40代後半の方も多い印象なので、職歴によっては利用できる可能性は高いです。

パソナキャリアに門前払いされたら他の転職エージェントに登録しよう!

パソナキャリアに門前払いをされたときの対処法を紹介しました。

パソナキャリアに登録を拒否されたら、他の転職エージェントを利用しましょう。おすすめは、マイナビエージェントです。

マイナビエージェントは20代に特化した転職エージェントなので、業界未経験や第二新卒からでも、転職できる求人を多くそろえています。

またIT業界や営業など各業界に詳しいエージェントがいるため、未経験の業界にチャレンジする方も安心して転職活動ができるでしょう。

パソナキャリアのような職歴の審査は一切なく、登録したその日から利用できます。
ぜひ、マイナビエージェントの公式サイトをチェックしてみてください。

\20代の転職に強い!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ