MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職1ヶ月で仕事ができない・遅いのは普通?悩んだときの対処法と体験談を紹介

転職1ヶ月で仕事ができない、とストレスを感じて「辞めたい」と感じている方も多いでしょう。

実際に3年以内に早期退職する人のうち5.2%は1ヶ月未満で辞めており、「会社に馴染めない」「仕事ができなくて辛い」と悩んでいる人が多く含まれます。
参考:リクルートワークス研究所

結論、転職1ヶ月で仕事ができない・遅いのは普通です。数か月かけて徐々に慣れていくので、現時点で深く悩む必要はありません。

とはいえ、自身や周囲からのプレッシャーで辛いと感じることもあるでしょう。当記事では悩んだときの対処法と体験談を紹介するので、参考にしてみてください。

本記事でわかること
  • 転職後1ヶ月で仕事ができないと悩む人の体験談
  • 転職1ヶ月で仕事ができないときの対処法
  • 転職後1ヶ月でも仕事を辞めたほうがいい人の特徴

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職後1ヶ月で仕事ができないのは普通?

転職後1ヶ月で仕事ができないのは普通?

結論、転職後1ヶ月で仕事ができないのは普通です。

仕事ができなくて不安かもしれませんが、現時点では問題ありません。リアルな声・体験談を紹介するので、参考にしてみてください。

転職後1ヶ月で仕事ができないと悩む人のリアルな声

「転職後1ヶ月で仕事ができない」と悩む人は多いです。リアルな声(体験談)を見てみましょう。

https://twitter.com/yu_umada/status/1458268458559602688?s=20&t=rKvABegYfw6YnzBqvVMDnA
https://twitter.com/minioooo/status/1575708807329562624?s=20&t=rKvABegYfw6YnzBqvVMDnA

「仕事ができない」という事実よりも、仕事ができないことでうまれる焦りや申し訳なさによって、精神的に辛く感じる人が多いようです。

仕事に慣れるまでの平均期間

仕事に慣れるまでの期間は人それぞれですが、「入社後1ヶ月」は不安を抱く人が多いです。転職経験者の77.4%が「不安を感じたことがある」と回答しており、期間ごとでは「転職1ヶ月以内が最も不安を抱いていた」という人が86.8%を占めています。
参考:doda

一方、マイナビが新卒社員を対象に実施したアンケート「仕事に慣れてきたのは入社何ヶ月目?」の結果は、約3割が「6カ月」・約2割が「3か月」です。マイナビの調査は新入社員向けですが、転職者の場合も同じくらいと言われています。
参考:マイナビ

複数の調査結果からわかるように、転職1ヶ月で仕事ができないのは普通です。新しい環境で働くのは、ストレスを抱えやすい・パフォーマンスを出し切れないものなので「仕事ができない」と自分を卑下する必要はありません!

転職1ヶ月で仕事ができなくても辞めないほうがいい人

転職1ヶ月で仕事ができなくても辞めないほうがいい人

転職1ヶ月で仕事ができなくても辞めないほうがいい人の特徴は以下のとおりです。

転職1ヶ月で仕事ができなくても辞めないほうがいい人
  • 単に慣れていないだけ
  • 職場の雰囲気が悪いわけではない
  • 他社よりも労働条件を含め待遇がよい

転職後、仕事に慣れるのは半年ほどかかります。単に仕事に慣れていないだけの場合は、業務を覚えていくにつれて「仕事ができなくて辛い」と感じなくなる可能性が高いです。

また、仕事に慣れていないだけで「職場や労働条件が悪いわけではない」という会社も辞めないほうがよいです。転職先でも同じことで悩み、転職を繰り返してしまう悪循環に陥る危険性があります。

転職後1ヶ月でも仕事を辞めたほうがいい人の特徴

転職後1ヶ月でも仕事を辞めたほうがいい人の特徴

転職者のなかには、入社後1ヶ月でも仕事を辞めたほうがいい人もいます。

いずれかに該当する人は、仕事ができる・できない以前に企業側に問題があります。逃げるために今すぐ転職活動を始めましょう!

入社時に提示されていた業務内容・待遇と違う

入社時に提示されていた業務内容・待遇と違う場合は、転職後1ヶ月でも仕事をやめたほうがよいです。

業務内容・待遇と違う場合
  • 提示されていた業務内容と違う仕事ばかり任される
  • 聞いていた金額よりも給与が少ない

「聞いていた話と違う」というケースは少なからず存在します。あきらかに入社前の条件と違う場合は、早めに転職活動を行いましょう。

ただし「残業がないと聞いていたのに1時間ほど発生する」といった場合は、個人の捉え方次第なものの、すぐに辞めてしまうのはもったいないケースもあります。

精神的・身体的に限界を感じている

転職後1ヶ月しか経っていなくても、精神的・身体的に限界を感じている場合は転職すべきです。「残業が多すぎる」「仕事内容が想像以上にハード」などの状況を我慢していると、うつ病やケガなどの心配があります。

うつ病になると、社会復帰がより難しくなります。疲れがとれない・眠りが浅い・食欲がなくなったなどの症状がある人は、今すぐ転職先を探しましょう。

転職先でパワハラ・セクハラが横行している

転職先でパワハラ・セクハラが横行している場合は、今すぐ転職しましょう。パワハラやセクハラは違法な行為ですし、職場環境もよくありません。

また、パワハラやセクハラが原因でうつ病を発症するケースもあります。転職1ヶ月とはいえ、早めに転職エージェントに相談するのがおすすめです。

\相談から内定まで完全無料!/

※無理に転職させることはありません

転職1ヶ月で仕事ができないと悩んだときの対処法

転職1ヶ月で仕事ができないと悩んだときの対処法

転職1ヶ月で仕事ができないと悩んだときの対処法を紹介します。

それぞれ解説するので、不安を感じている人は試してみてください。1つひとつ実践している間に、徐々に仕事に慣れていくはずです!

仕事中はこまめにメモをとる

転職1ヶ月で仕事ができないときの対処法は、こまめにメモをとることです。メモをとる行為は、仕事においてさまざまなメリットがあります。

メモをとるメリット
  • 文字に起こすことで忘れにくくなる
  • いつでも見返せる
  • メモをとること自体が上司や同僚に好印象を与える

新しい仕事を入社後すぐにこなせる人はほとんどいません。メモをとりながら仕事を覚え、できる仕事を1つずつ積み上げていくことが大切です。

「わからない」をそのままにしない

「わからない」をそのままにしないのも、仕事ができないと悩んだときの対処法として有効です。中途採用の場合は「このくらいできるよね?」と思われるかもしれませんが、新しい職場のシステムやルールなど不明点があるでしょう。

わからないことを恥じる必要はありません。大切なのは同じことを繰り返し聞かないことです。聞いたことは必ずにメモを残し、同じ質問・ミスをしないことを意識すればOKです。

「即戦力」の言葉に縛られない

転職1ヶ月で仕事ができないと悩んだときは、「即戦力」の言葉に縛られないことも大切です。業界・職種の経験があっても、はじめから100%の成果を出せる人はいません。

入社後3か月ほどは「徐々に慣れるだろう」と考える企業がほとんどです。職場に馴染みつつ、少しずつ業務を円滑に進められるように努めましょう!

相談できる相手をつくる

転職1ヶ月経っても仕事ができないと悩んだら、相談できる相手をつくりましょう。職場でなくても、家族や恋人、友人でもよいです。

悩みや不安を吐き出せたり話を聞いてくれたりする相談相手がいれば、気持ちの整理やストレス解消につながります。もちろん、職場で親しくなれそうな人がいれば、相談してみるのもありです。

転職エージェントやキャリアコーチングに相談してみる

転職1ヶ月で仕事ができないと悩んだ末、どうしても続けられそうにないなら、転職エージェントやキャリアコーチングに相談してみましょう。それぞれの特徴は以下のとおりです。

転職エージェントやキャリアコーチングの特徴
  • 転職エージェント:あなたに合った求人紹介・転職サポート
  • キャリアコーチング:適職診断やスキルに関する悩みの相談やキャリア構築を目指すためのサポート

キャリアコーチングは転職だけでなく、現職でスキルアップを目指したい人向けのサポートも充実しています。

\相談から内定まで完全無料!/


※無理に転職させることはありません

>>短期離職者にピッタリの転職エージェント

仕事を始めて1ヶ月で転職するときの注意点

仕事を始めて1ヶ月で転職するときの注意点

どうしても業務・職場に馴染めず、仕事を始めて1ヶ月で転職するときは、4つの注意点を押さえておくべきです。

前提として、バックレはNGです。転職活動を成功させるための対策も怠らないようにしましょう。

一人で転職活動を進めない

転職して1ヶ月で辞めてしまうと転職活動で不利になる可能性があります。

そのため、転職のプロの力を借りて、十分な選考対策を取ることが必要です。転職エージェントであれば、無料で相談・求人の紹介・選考対策などが受けれるため、早期退職者でも内定獲得がしやすくなります。

特に早期退職者におすすめなのが、マイナビエージェントです。マイナビエージェントは20代・30代前半の転職支援に強みをもっており、一人ひとりに寄り添った対応が人気のエージェントになります。

まずは面談を予約して話だけでも聞いてみましょう!

\相談から内定まで完全無料!/

※無理に転職させることはありません

>>マイナビエージェントの公式HPを見る

退職理由を明確にして採用担当者に納得感を与えること

転職1ヶ月で仕事を辞めるときは、退職理由を明確にして転職活動を進めましょう。採用担当者に納得感を得られる退職理由でないと「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」と判断されてしまいます。

早期退職の場合は、必ず面接時に退職理由を聞かれます。「理由がしっかりしているなら問題なさそうだ」と感じてもらえるような、ポジティブな退職理由・言い回しが必須です。

退職癖がつかないように気を付ける

仕事を1ヶ月で辞める場合は、退職癖がつかないように気をつけましょう。「入社1ヶ月でも仕事ができないから」「職場に馴染めないから」といった理由で退職し、その後退職を繰り返してしまう人がいるためです。

仕事を1ヶ月で退職するときは、同じ失敗を繰り返さない・前職でいけなかったことを明確にするべきです。自己分析や企業分析を徹底し、退職が続かないように意識しましょう。

今すぐ辞めたくてもバックレない

今すぐ辞めたくてもブラック企業でも、バックレはNGです。バックレは会社側に迷惑がかかるだけでなく、最悪「長期の無断欠勤による懲戒解雇」になるリスクがあります。

「転職後1ヶ月だから」「もう少し頑張って」などと引き止められたり辞めさせてくれなかったりする場合は、バックレではなく退職代行を利用するのがおすすめです。

自分からの連絡不要・最短即日で退職できるので、悩んでいる人は退職代行TORIKESHIに相談してみてください。相談はLINEからOKです!

\最短即日で退職できる/

あわせて読みたい
退職代行TORIKESHIの評判はどう?転職サポートの付いた人気サービスの口コミを紹介 退職代行TORIKESHIは、労働組合が運営する安心・安全な退職代行サービスです。退職代行TORIKESHIが職場と直接退職交渉をしてくれるため、職場に顔合わせしたくない方に...

入社後1ヶ月での転職は不利になる?

入社後1ヶ月での転職は不利になる?

入社後1ヶ月での転職が不利になるか否かは、正直年齢や状況によって異なります。

入社後1ヶ月での転職が不利になるか否か
  • 不利にならないケース:20代・30代前半の若年層・「1度だけ合わない会社があって辞めてしまった」という事情がある
  • 不利になるケース:年齢が高い(30代後半以降)・短期離職が続いている など

とはいえ、転職後1ヶ月で退職しても転職成功を目指せるケースは多くあります。求人選びや退職理由などが重要となるため、まずは転職エージェントに相談しましょう。

あわせて読みたい
20代で2回目の短期離職をすると転職が難しくなる?短期離職後の転職を成功させるための方法を解説 本記事でわかること 20代で2回目の短期離職をするとその後の転職は難しくなるかどうか 20代で2回目の短期離職をした後の転職を成功させる方法 20代で2回目の短期離職を...
あわせて読みたい
短期離職すると転職が決まらない?短期離職するリスクと転職を成功させる対処法を解説 本記事でわかること 短期離職をすると転職が決まらないと言われる理由 短期離職して転職先が決まらない場合の対処法 短期離職してもスムーズに転職が決まる人の特徴 前...

転職1ヶ月で仕事ができなくても大丈夫!

転職1ヶ月で仕事ができなくても大丈夫です!仕事に慣れるには最低3か月・平均半年ほどかかるので、今は深刻に考える必要はありません。メモをとる・わからないことは質問するなどして、徐々にできる仕事を増やしていきましょう。

どうしても仕事・キャリアについて不安になる人は、マイナビエージェントの無料カウンセリングを受けてみてください。自分らしいキャリアを考えるきっかけになるはずです。

\相談から内定まで完全無料!/

※無理に転職させることはありません

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ