MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

高卒でもプログラマーは目指せる?スクールと転職エージェントを併用すれば大丈夫!

プログラマーは、スキルさえあれば学歴を問わない企業も多いことから、高卒者におすすめです。

くわえて平均年収も高めで、汎用的なスキルが身につき、将来的に独立・フリーランスや起業といった夢を叶えやすい仕事といわれています。

本記事では高卒者にプログラマーをおすすめする2つの理由と、プログラマーになる方法を中心にお伝えします。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

高卒でもプログラマーは目指せる?

プログラマーとは、コンピューターを動かすプログラム言語を用いて、さまざまなプログラムを作成する人のことを指します。

プログラマーと聞くと「専門的な知識が必要で難しそう……」「大卒者しかプログラマーになれないのでは……?」と考える人も少なくありません。

しかし、高卒でもプログラマーになれる可能性は広がっており、今後のキャリアパスや年収などを考えても、プログラマーは高卒者にぜひおすすめしたい仕事です。

実際に口コミでも高卒の人でもプログラマーは将来性があり、大卒と肩を並べられる仕事であることがうかがえます。

高卒でも大卒と遜色ないレベルで戦えるのがエンジニアやプログラマー。 スキルをきちんと示せれば、年収UPもできる。 進学や就職かを迷っていたり、奨学金などがネックになって大学をやめたい人はプログラマーになるのを検討する価値ある

— じゅうきち@IT転職コンサルタント (@vWLppvuW4U5Y9dd) November 14, 2020

プログラマーの平均年収

プログラマーは平均年収が高く、給与面からもおすすめできる仕事です。

厚生労働省が発表した令和元年における賃金構造基本統計調査(*)によると、プログラマーの平均年収は447万円で、平均年齢は34.1歳でした。

上記で示したプログラマーの平均年収は、国税庁が発表する、日本全体における平均年収436万円(**)より高い数値であり、プログラマーに派生する職種でも高水準の平均年収となっています。

(*)厚生労働省|令和元年賃金構造基本統計調査
(**)国税庁|令和元年分民間給与実態統計調査結果

プログラマーは学歴よりも実務能力が大事

プログラマーは学歴よりも実務能力を重視される傾向が高いといわれています。

それは現場でどれだけ戦力になりうるのかが、プログラマーとして評価されるポイントとなるからです。

とはいえ、学歴があるに越したことはありません。学歴がなくても以下のスキルは、プログラマーとして活躍するために必要だといえるでしょう。

プログラマーに必要なスキル
  • プログラミング能力
  • ロジカルシンキング(論理的思考力)
  • 数学・物理に関する知識
  • 読解力
  • 記述力
  • コミュニケーション能力
あわせて読みたい
プログラマーになるのに資格はいらない?未経験でIT企業へ転職する方法を紹介 プログラマーは日々進化し続けており、魅力的なため志望者も年々増える人気の職種です。 比較的新しい職種のため必要資格もあいまいで、「プログラマーになるのに資格は...

IT人材が不足している

経済産業省が平成28年6月に公表した『IT 人材の最新動向と将来推計に関する調査1』によると、IT需要は過多になるといわれてます。

そして日本の労働人口は減少するので、人材が追いつかない状況が続くと示されています。2030年には、需要と供給のバランスが最大で約79万人にも広がるそうです。

そのため、企業がプログラマーを採用する流れは加速していきます。高卒でもチャンスを掴める可能性が広がるでしょう。

高卒にプログラマーをおすすめする3つの理由

プログラマーは日本の平均年収よりも高いことは説明しましたが、他にも高卒にプログラマーを勧めたい理由はいくつかあります。

ここでは高卒者にプログラマーをおすすめする2つの理由をお伝えします。

汎用性の高いスキルを身につけられる

プログラマーはプログラム言語を活用し、コンピューターのプログラムを作成していきます。

そのためプログラマーになると、ITの基礎知識はもちろんのこと、プログラム言語など汎用性の高いスキルを習得できます。

今やパソコンはどの業界・業種でも必須であり、プログラマーでつちかった汎用性の高いスキルは、今後どんな仕事をする上でも役立つものとなるでしょう。

また、プログラマーのようなIT職種は、スキルさえあれば学歴を問わない会社も多く、高卒の人にも可能性が広がっています。

将来的には独立・フリーランス、起業という選択肢もある

最近では、フリーランスプログラマーとして、個人で企業から案件を受託しながら仕事をしている人が増えています。

このようにプログラマーは、スキルさえあれば仕事を受託でき、フリーランスになる夢を叶えやすい職種だといえるでしょう。

また、プログラマーとしてのスキルをもとに、起業する人も珍しくありません。

プログラミングスキルを駆使し、自身のアイディアをサービスとして形にしたい人にも、基本的なプログラム技術を身につけるためにプログラマーになるのはおすすめです。

プログラマーはリモートで仕事も行いやすく、余計な人間関係のトラブルなどを抱えにくいメリットがあります。自由な環境で働きたいと思う人にもおすすめできる仕事です。

あわせて読みたい
ウェブフリ(webfree)の評判・口コミを大公開|料金やメリット・デメリットをわかりやすく解説 本記事の結論 ウェブフリのネット上の評判は収益化できた、案件取得できたなどの良い評判が多かった。 ただし、費用があわないなどの悪評もあり。 無料説明会に足を運ん...

経歴よりも実力が評価される

プログラマーは、経歴よりも実力主義の仕事です。プログラミング技術やデータベースの構築など、専門性が求められます。

未経験から挑戦する場合は、使用できる開発環境やプログラミング言語、ポートフォリオの質が重視されるでしょう。

実力が高ければ評価される業界なので、学歴や職歴、年齢などは関係ありません。高卒でもプログラマーになることは可能です。

高卒がプログラマーになる方法

高卒がプログラマーになるには、転職活動と並行してスキル取得を行うのがおすすめです。

具体的にはプログラミングスクールに通いながら、転職エージェントに登録し、プログラマーを目指していきましょう。

プログラミングスクールに通う

プログラマーになるには、ある程度の専門知識が必要です。最近ではプログラミングを専門的に学ぶスクールも増え、スクール出身者がプログラマーに転職する例も増えています。

完全未経験者がいきなりプログラマー職に就くことは難しく、特に転職であれば最低限の知識や開発スキルは求められています。

しかし、独学で習得するにも、初心者だとどこから手をつけていいか分からないですよね。

また、プログラミング言語は言語によって難しさに違いがあり、いきなり難しい言語から学習して挫折したという人も少なくありません。

その点プログラミングスクールでは、初心者にもわかりやすくプログラミングスキルを取得できます。

スクールに通うとなるとどうしてもお金がかかります。ただ、中には給付金対象のプログラミングスクールが多数存在します。

教育訓練給付金対象のプログラミングスクールは以下記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントに登録する

高卒がプログラマーになるためには、転職エージェントに登録し、プロとともにプログラマー転職を目指すのがおすすめです。

プログラミングスクールでも転職をサポートしてくれる学校もありますが、可能性や機会を広げるためにも、転職エージェントの登録は有効でしょう。

面接対策や書類添削など、転職活動で必要なあらゆるサポートが受けられるのも転職エージェントの強みです。

高卒からプログラマーを目指す人におすすめのプログラミングスクール

高卒からプログラマーを目指す人におすすめのプログラミングスクールは以下のとおりです。

高卒からプログラマーを目指す人におすすめのプログラミングスクール

それぞれ解説します。

SAMURAI ENGINEER

サービス名SAMURAI ENGINEER
運営会社株式会社SAMURAI
料金241,200円(税込)〜
受講形式オンライン
転職サポートの有無
対応時間平日9:00〜20:00
土日祝日9:00〜20:00
チャット9:00〜18:00
公式HPhttps://www.sejuku.net/

SAMURAI ENGINEERは、マンツーマン形式で学習できるプログラミングスクールです。多くのプログラミングスクールでは、動画を観てわからない部分を質問する講義形式です。

しかしSAMURAI ENGINEERは、講師とマンツーマンで学習を進められます。わからないことをすぐに聞けるため、卒業まで挫折しないサポートを受けられるでしょう。

またSAMURAI ENGINEERには、転職保証コースが用意されています。転職保証コースは、フロントエンドからバックエンド、サーバー構築など、現場で必要な知識を網羅的に学べるカリキュラムです。

転職活動をした結果、内定がもらえない場合は全額返金も保証しています。カリキュラムを確実に進めていけば、高卒からでもIT業界へ就職することが可能です。

tech boost

サービス名tech boost
運営会社株式会社 Branding Engineer
料金月額6,500円(税込)〜
受講形式オンライン
転職サポートの有無
対応時間平日・祝日13:00~22:00
土日13:00~19:00
公式HPhttps://tech-boost.jp/

tech boostは、顧客満足度98.7%と高い実績のあるプログラミングスクールです。満足度の高さの理由は、現役エンジニアに指導してもらえる点にあります。

独学やテキストの知識だけでは、現場では通用しないケースも少なくありません。しかしtech boostなら現役のエンジニアから仕事でつまずきやすい部分や、初心者がミスをしやすい内容を直接教えてもらえます。

そのため即戦力人材になることが可能です。高卒からでも現場ですぐに活躍できる人材を目指している方は、今すぐ tech boostを受講しましょう。

GEEK JOB

サービス名GEEK JOB
運営会社グルーヴ・ギア株式会社
料金217,800円(税込)〜
受講形式オンライン
転職サポートの有無
対応時間10:00~18:00
公式HPhttps://learn.geekjob.jp/

GEEK JOBはJavaやPHP、Rubyなど、アプリケーションを作るうえで必要な言語を学べます。

GitHubやMy SQLなどの開発現場で使用できるスキルをひと通り学べるため、高卒からでも活躍できるプログラマーを目指せます。

またGEEK JOBには転職に特化したコースがあるのも特徴です。講師がポートフォリオの作成をフォローしてくれたりカウンセリングでアドバイスを行ったりし、求人紹介までを支援しています。

転職まで一気にサポートを受けたい方は、ぜひGEEK JOBを利用してみてください。

プログラミング教室に通えば高卒でもプログラマーになれる!

高卒でプログラマーを目指そうと思っても、何から学べばいいかわからない方が多いでしょう。独学で学習を始めてみてもエラー文にぶつかり、一向に学習が前に進まないことも少なくありません。

プログラミング学習を成功させるには、メンターや学習環境を整えることが大切です。プログラミング教室に通えば、専任の講師と学習を進められるので挫折しづらいです。

また転職サポートも充実しているため、スキルを磨けば就職もできます。学歴面で不安を抱えている方は、プログラミング教室をぜひ活用してみてください。

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ