MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

発達障害のクローズ就労は辛い?トラブル事例とオープン就労で転職成功を目指す方法

「発達障害では採用されにくいのでは」とクローズ就労を目指している方は多いでしょう。しかし、発達障害のクローズ就労はトラブルの心配があり、想像よりも辛い思いをする可能性があります。

発達障害の方が転職を目指す際には、クローズ就労よりもオープン就労がおすすめです。オープン就労なら入社後、周りの方がしっかり理解した上で配慮などしてくれます。

本記事では、発達障害のクローズ就労が辛い理由や、オープン就労で転職成功を目指す方法を解説しています。発達障害の就労に悩む方は、オープン就労も視野に入れて転職活動を進めましょう。

本記事でわかること
  • 発達障害のクローズ就労が辛い理由
  • 発達障害がクローズ就労をするメリット・デメリット
  • 発達障害に理解のあるおすすめ転職エージェント
発達障害の方に
おすすめの転職エージェント
大手企業の障害者枠
求人多数あり
dodaチャレンジ
障害のある方の
転職支援実績No.1!
無料相談をする
大手企業の障害者枠
求人多数あり
LITALOCOワークス
全国に100以上の
拠点あり!

無料相談をする
手帳なしの方は
dodaがおすすめ

doda
顧客満足度No.1の
転職エージェント
無料相談をする
※2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 20代 第1位

>>障害者手帳を持っていない方はこちら

あわせて読みたい
発達障害者におすすめの転職エージェント・サイト10選|グレーゾーンの方におすすめの転職エージェント... 本記事でわかること 発達障害者の転職の転職事情を解説 発達障害者におすすめの転職エージェント・転職サイト 発達障害の診断基準に満たない(グレーゾーン)の方におす...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

発達障害のクローズ就労は辛い?選考時に障害を開示している割合

障害を持つ200名の方に実施したアンケート調査によると、約8割の方が障害や病気をオープンにしています。

発達障害の方は症状を隠して働いているイメージがありますが、クローズ就労よりもオープン就労のほうが圧倒的に多いのが現状です。

クローズ就労とは?

クローズ就労とは?

クローズ就労とは、障害や病気を隠して転職活動をしたり、入社したりすることです。障害のことを一切伝えないため、一般の方と同じように働きます。

「オープン就労よりも採用されやすく、メリットが大きいのでは?」と感じるかもしれません。しかし、クローズ就労には多数のデメリットがあります。

デメリットを知ったうえで、クローズ就労が自分に合っているかどうかを判断することが大切です。

発達障害者におけるクローズ就労の1年後定着率は約3割

発達障害者におけるクローズ就労の1年後定着率は約3割

オープン就労で転職に成功した発達障害の方は、約88%が1年後も会社で定着しています。その一方で、クローズ就労の定着率はわずか約11%です。

結果を見てみると、クローズ就労は周りからのサポートを受けられず、会社に定着しにくいことがわかります。

クローズ就労はメリットが多そうなイメージがあるため「企業に伝えず転職しよう」と考える方は多いです。しかし、定着率の差を受け止めて自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

参考:障害者職業総合センター「障害者の就業状況等に関する調査研究」

発達障害のクローズ就労が辛いと言われる理由

発達障害のクローズ就労が辛いと言われる理由

発達障害のクローズ就労が辛いと言われる理由は以下のとおりです。

特性に対する理解を上司や職場から得られない

発達障害のクローズ就労では、上司や職場から特性に対する理解を得られず、苦労する可能性があります。

発達障害といっても、特性の種類は人によってさまざまです。多動性や注意欠乏、こだわりが強いなどの特性を理解してもらえなければ、マイナス評価につながります。

本人に悪気がなくても「やる気がない人」「特定の業務を任せられない」と判断されてしまうケースもあります。

周りの理解を得て無理なく働きたい方に、クローズ就労はおすすめしません。

職場の人とのコミュニケーションにズレが生じてしまう

発達障害であることを周りに伝えていないために、職場の人とのコミュニケーションにズレが生じる可能性もあります。

発達障害を持つ方はコミュニケーションが苦手な方が多い傾向にあります。クローズ就労では「コミュニケーションが苦手」という前提がなく、周囲から「話が噛み合わない」と思われてしまいます。

「何を考えているかわかりにくい」と感じられるせいで、職場で孤立してしまうケースも少なくありません。

長期就労を目指すなら「言葉選びやコミュニケーションが難しいシーンがある」と理解してもらえるオープン就労がおすすめです。

自分の特性を隠すことでストレスを抱えてしまう

クローズ就労では、発達障害であることを誰にも伝えずに職場で過ごさなければなりません。自分の特性を隠して、ありのままの自分を出せない状況はストレスの原因になります。

また、周りに特性を伝えていないことで「自分は仕事ができない」「周りに馴染めない」と悩むケースも少なくありません。結果、せっかく採用された職場を退職してしまうのです。

発達障害の方にとって、過度なストレスは症状の悪化につながります。クローズ就労よりも、オープン就労でストレスなく働けるほうが良いでしょう。

発達障害でクローズ就労をするメリット・デメリット

発達障害でクローズ就労をするメリット・デメリット

発達障害のクローズ就労には、メリットだけでなくデメリットも存在します。メリット・デメリットを理解して、自分に合った就労を目指すことが大切です。

クローズ就労をするメリット・デメリット

メリット

クローズ就労のメリットは以下のとおりです。

クローズ就労のメリット
  • 応募できる求人の幅が広い
  • キャリアアップを目指せる

クローズ就労は一般の転職活動と変わらないため、幅広い求人から応募する企業を探せます。

また、給与水準もオープン就労より高い傾向があり、キャリア・年収アップを目指しやすいのが特徴です。将来的な転職を検討する際にも、さまざまな選択肢が広がっています。

デメリット

クローズ就労には以下のようなデメリットがあります。

クローズ就労のデメリット
  • 周囲から特性を受け入れてもらいにくい
  • 通院の配慮をしてもらいにくい

クローズ就労では一般の方と同じ働き方が求められます。そのため、体調が安定しない場合でも、周りから配慮してもらえない可能性があります。

クローズ就労はデメリットが大きく、定着率も低い働き方です。発達障害であると伝えて、オープン就労で気持ち良く働けるほうが良いでしょう。

クローズ就労によるトラブル体験談

クローズ就労によるトラブル体験談

クローズ就労でトラブルを経験した方はたくさんいます。

発達障害について伝えていなければ、心身ともに限界でも無理して出勤しなければなりません。体調を考慮して休みをもらえないのがクローズ就労の辛いところです。

会社とのトラブルを避けるためにも、オープン就労がおすすめです。

クローズ就労とオープン就労どっちがおすすめ?

クローズ就労とオープン就労どっちがおすすめ?

発達障害を隠したクローズ就労よりも、オープン就労を目指すのがおすすめです。オープン就労がおすすめな理由には以下の4つがあります。

オープン就労がおすすめな理由
  • 業務内容について職場が配慮してくれる
  • 体調の変化に合わせて勤務形態を変更しやすい
  • 発達障害を開示することが安心感につながる
  • 職場で定着するためのフォローをしてもらえる

面接の時点で発達障害であることを伝えていれば、職場があなたの特性を理解してくれます。業務内容に配慮してもらえるので、周りのサポートを受けやすく安心です。

また、転職エージェントに事前に伝えていれば、障がいに理解のある企業を紹介してくれrます。

発達障害に理解のある転職エージェント3選

クローズ就労が辛い方は、発達障害に理解のある転職エージェントに相談してみてください。

発達障害に理解のある転職エージェント2選
  • dodaチャレンジ
  • LITALICOワークス
  • マイナビパートナーズ紹介

>>障害者手帳を持っていない方はこちら

dodaチャレンジ

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/
名前dodaチャレンジ
料金無料
求人数公開求人数:1,476件
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界障がい者への転職サポート
公式HPhttps://doda.jp/challenge/
詳細を見る
運営会社名パーソルチャレンジ株式会社
拠点東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
dodaチャレンジの特徴
  • 障害者の転職支援数でNo.1を獲得
  • 満足度94%の丁寧なカウンセリング
  • 利用者の定着率が94%と高水準

dodaチャレンジは、障害者の転職・就職支援に特化したエージェントです。満足度94%のカウンセリングが好評で、一人ひとりに合わせた手厚いサポートが受けられます。

保有する求人は発達障害に理解のある企業のものばかりです。あなたの特性や症状に合った職場を紹介してもらえるため、安心してサポートを任せられます。

また、利用者の94%が転職先で定着しているのもdodaチャレンジの強みです。「発達障害が原因で転職を繰り返すのでは」と心配な方でも、転職先での長期就労が目指せます。

\障がい者の転職支援実績No.1/

あわせて読みたい
dodaチャレンジの評判・口コミを徹底調査|その他の障がい者向けの転職エージェントと比較 障がいがある人の場合、フルタイムの勤務が難しかったり、職場で何らかの配慮が必要だったりして、なかなか自分に合う求人が見つからないことがあります。 そんなときに...

LITALICOワークス

LITALICOワークス
【公式】https://works.litalico.jp/
名前LITALICOワークス
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界身体障害、発達障害、精神障害など
障がい者手帳を持つ方対象とした就職支援
公式HPhttps://works.litalico.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社LITALICO
拠点東京都目黒区上目黒2-1-1中目黒GTタワー15F/16F/20F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
LITALICOワークスの特徴
  • 15年以上の支援実績による豊富な支援ノウハウ
  • 専門性の高いプログラムと質の高いスタッフ
  • 全国120拠点の強み!オリジナル求人多数

LITALICOワークスは、15年以上の支援実績・豊富な支援ノウハウが強みの就労移行支援事業所です。累計就職者数は13,000名以上、利用者満足度は92%を誇ります。

豊富な支援ノウハウを活かし、障害名にこだわらないサポートを行うと評判です。障害者手帳を持っていない方の支援もできます。

まずは無料相談会やプログラム体験会で、LITALICOワークスのスタッフに就職や障害について相談してみてください。専門的な視点を持ったスタッフが1人1人に合った支援と職場環境への働きかけを行います。

\利用者満足度92%!/

マイナビパートナーズ紹介

マイナビパートナーズ紹介
【公式】https://mpt-shoukai.mynavi.jp/
名前マイナビパートナーズ紹介
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア首都圏(東京都)
関西
オンライン面談対応
得意分野・業界障害者への転職サポート
公式HPhttps://mpt-shoukai.mynavi.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビパートナーズ
拠点東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 9F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話、チャット
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビパートナーズ紹介の特徴
  • マイナビグループの特例子会社による運営
  • 一定の水準を満たした企業の求人のみを紹介
  • 入社後も定着支援が受けられる

マイナビパートナーズ紹介は、障害者のサポートに特化した転職エージェントです。マイナビグループの特例子会社が運営しており、障害者雇用の豊富なノウハウを持っています。

発達障害の知識を持つキャリアアドバイザーが在籍しているため、特性に合わせた求人を紹介してもらえます。一定の水準を満たした企業のみが提携しているので、ミスマッチが起きる心配もありません。

また、マイナビパートナーズ紹介では、入社後も定着支援を受けられます。スムーズに職場に慣れるようにサポートしてもらえるため安心です。

\入社後の定着サポート!/

あわせて読みたい
マイナビパートナーズ紹介の評判と口コミを紹介|障がい者の方におすすめの理由を解説 「マイナビパートナーズ紹介を利用したいけど、本当に良いサービスなのか気になる……」と悩んでいる方は多いでしょう。 マイナビパートナーズ紹介には「障がい者が活躍で...

よくある質問

よくある質問

クローズ就労が辛いと感じている発達障害の方からよくある質問を紹介します。

発達障害のクローズ就労は違法?クビになることはある?

発達障害のクローズ就労は経歴やスキル詐称で企業に損失を与えておらず、ほとんどの場合で違法ではありません。

現在の法律では「障害を理由とした解雇は違法」です。

クローズ就労で発達障害がバレる原因は?

発達障害はクローズ就労でも会社にバレる可能性があります。発達障害がバレる原因は以下のとおりです。

  • 障害者控除を受けている
  • 特例子会社での勤務経験がある

障害者控除を受けると所得税や住民税が安くなりますが、控除に関して会社に通知が届きます。会社の経理部から知られることになり、最終的には人事部に話が通ってしまうでしょう。

また、特例子会社での勤務経験がある場合もバレてしまう可能性があります。

オープン就労なら「障害者求人」と「一般求人」どっちがおすすめ?

オープン就労で選択できる求人には「障害者求人」「一般求人」の2種類があります。どちらにするべきか迷っているなら、障害者求人を選択するのがおすすめです。

発達障害であっても条件を満たしていれば、一般求人でもオープン就労を目指せます。ただし、障害者求人のほうが障害を持つ方に対しての理解を得やすく、定着率の高さからも安心です。

安定した長期就労を目指す方は、障害者求人に応募してみましょう。

発達障害はクローズよりもオープン就労がおすすめ!

発達障害の方はクローズ就労よりも、オープン就労を目指すのがおすすめです。選べる求人の選択肢はやや少なるものの、障害に理解がある企業に出会えます。

オープン就労を目指す発達障害の方は、dodaチャレンジに相談してみてください。発達障害に理解のある企業を紹介してもらえるので、辛い思いをせずに会社での定着を目指せます。

クローズ就労で辛い思いをするよりも、オープン就労で長期就労を実現しましょう。

\障がい者の転職支援実績No.1/

[障がい者向け記事]

関連記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ