MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

第二新卒での就活が厳しい人の特徴と成功させる方法

本記事でわかること
  • 第二新卒の就活が厳しいかどうかについて
  • 厳しい第二新卒の就活を成功させる方法
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒とは、最終学歴卒業後に入社した会社を1〜3年で離職した人を指す言葉です。転職市場において第二新卒は、社会人マナーを理解している・社会に出た経験を持っているといった理由から人気があります。

とはいえ、人手不足に悩む企業が増え、即戦力性が求められる昨今では、経験・スキルが乏しい第二新卒の転職が厳しくなっていることも事実です。

この記事では、第二新卒の転職事情から就活が厳しくなる人の特徴、就活を成功させる方法、おすすめの転職エージェントまでを紹介します。

マイナビジョブ20’sは、第二新卒をはじめとした20代前半の転職希望者に人気があるエージェントです。マイナビグループが運営するサービスであり、サポート力の高さ・ミスマッチの少なさに定評があります。

\大手ならではのサポート力が魅力/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

第二新卒の就活は厳しい?

第二新卒の就活は、厳しいといわれることが珍しくありません。実際に、UZUZが実施した調査では、第二新卒に該当する年代の半数程度が就活に厳しさを感じています。

引用:UZUZ「【調査リリース】20代若者への「転職」と「リスキリング」に関する意識調査/既卒・第二新卒の7割以上が「リスキリングに興味がある」と回答」

転職市場において第二新卒は、会社に属した経験やビジネスマナーが身についている点が評価されます。しかし、早期退職している・経験やスキルが乏しいといった理由から、その後の就活が難しくなるケースが少なくありません。

「若いからポテンシャルを評価してもらえる」と安易な考えで退職すると、辛い思いをする可能性があることを知っておいてください。SNSを見ると、第二新卒の就活について厳しい印象を抱く人は一定数存在します。

コロナで各企業の大きく変わった。
完全未経験、第二新卒の転職は相当厳しい印象
異業界×異職種はほぼほぼ書類通らない。

①同業界×異職種
②異業界×同職種
のどちらかであればまだ可能性がある

異なる領域にチャレンジしたいなら
転職よりも社内転職の方が現実的かもしれません。

— ゆうくん@海外育ち×マーケ×HR (@yu_nonjp) August 6, 2020

今日別のエージェントとカウンセリングしたけどやっぱり第二新卒はかなり厳しいんだって😞しばらく現職を続けた方がいいって言われてエージェントサービス止められちゃった😞

— しいむ🦔 (@newsflash_itn) August 26, 2020

特に経済や会社へのダメージから、その厳しさは今後より加速する可能性が高いといえるでしょう。

第二新卒で厳しい就活に陥る人の特徴

一般的には厳しいといわれる第二新卒の就活ですが、そんな中でも成功させている人は一定数存在します。ここでは厳しい就活に陥りやすい第二新卒者の特徴を紹介します。

第二新卒で就活を成功させている人は、これから紹介する特徴に該当しない人がほとんど。そこで第二新卒の就活を成功させるためにも、それらの特徴に自分が陥っていないかチェックしましょう。

新卒時の感覚が抜けない

一度社会に出たとはいえ、まだ新卒時の感覚が抜けない第二新卒。そんな新卒時の感覚をそのまま引きずっていると、なかなか第二新卒の就活は難しい戦いを強いられることになります。

第二新卒者と新卒者自体、そこまで年齢の差はありません。大きな違いは離職経験の有無です。多くの企業は新卒者を中心とした若い世代に対し、長期的に会社に所属し、ゆくゆくは会社を担う人材となって欲しいと思っています。

こうした企業の思いがある中、第二新卒は一度離職した経験がある以上、企業から「また気に入らなければ辞められるのでは?」という懸念がぬぐえません。

そのため同じような学歴や経験を有する第二新卒者と新卒者が候補となった場合、新卒者を採用する企業が多いのです。

第二新卒の就活を成功させるには、互角になった場合に新卒者に劣る可能性を認識しながら、自分が企業に訴求できるポイント把握しアピールしていくことが大切です。

企業への期待値が高い

会社に一度所属したからこそ、仕事への思いや会社への期待が高くなる場合もある第二新卒。しかし、そんな第二新卒者も厳しい就活になりやすい傾向にあります。

企業への期待値が高いのは、仕事への意欲があるからこそ抱くとも考えられ、それ自体は悪いことではありません。

自分のスキルや経験がそこまで及んでいないのにもかかわらず、企業への期待だけ高めていては、企業から敬遠されてしまいます。

「挑戦できる環境が整っている」「充実した福利厚生」など、第二新卒が企業に求める条件はさまざま。まずは、自分が企業に求めていることと、企業に提供できることを考えていきましょう。

そうすれば、企業への期待値も高くなりすぎず、適切な期待値を設定できるはずですよ。

自分の市場価値を正しく認識できない

自分の市場価値を正しく認識できていない第二新卒も厳しい就活を強いられやすいといえます。特に、新卒時に優秀な成績で入社した人や、複数の企業から内定をもらった人が陥りやすいワナです。

新卒時の成功体験を引きずり、自分を過大評価していると、なかなか第二新卒の就活では上手くいきません。

数年とはいえ、新卒と第二新卒における自身の市場価値は異なります。キャリアカウンセラーや転職エージェントといったプロとともに、自身の市場価値を客観視する機会を設けることをおすすめします。

大手企業にこだわりすぎている

大手企業にこだわりすぎている第二新卒は、就活が厳しくなりやすい傾向です。大手企業を狙うこと自体は問題ないものの、大手企業にこだわりすぎると就活に失敗する原因となります。

そもそも、国内では大手企業の割合が約0.3%、中小企業の割合が約99.7%です。90%以上が中小企業となっており、数が少ない大手企業のみに絞って就活を進めると、内定を得られるチャンスが少なくなります。

大手企業は人気が高い分、中途採用であったとしても倍率が高くなることが一般的です。書類選考で不採用になるケースも多く、大手企業にこだわりすぎると、就活が長期化する原因となります。

初めての転職でわからないことだらけなのに一人で転職活動している

初めての転職にもかかわらず、自分一人の力で転職活動を進める第二新卒も就活が厳しくなります。若い人材を求めている企業が多いからといっても、就活は一筋縄ではいきません。

書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書をわかりやすくかつ魅力的に作る必要があります。ほかには、面接でよくされる質問に対する回答を準備することも求められます。業界・企業に応じてこれらの準備をしなければ、内定を得られるまでに時間がかかるでしょう。

一人で転職活動を進めると、正しい対策とやってはいけない対策を見極めることが困難です。間違った方法で対策し続けると、企業から評価してもらえず、内定から遠ざかる一方となります。

厳しい第二新卒の就活を成功させる方法

厳しい就活を強いられている第二新卒の特徴を踏まえた上で、就活を成功させる方法について説明します。

就活を成功させたいと前向きに就活に取り組むことは、仕事への情熱が高いことの表れともとらえられます。就活において仕事への情熱が高いことは、魅力的なアピールポイントです。

しかし、同時に企業への期待が高い傾向にありますので、キャリアカウンセラーや転職エージェントのようなプロとともに就活を行いましょう。

第二新卒が持つメリット・デメリットを把握する

厳しい第二新卒を就活を成功させるには、第二新卒が持つメリット・デメリットをしっかり踏まえておく必要があります。

企業側の視点から、第二新卒者には以下のメリット・デメリットがあります。

メリットデメリット
就業経験がある早期離職経験
ビジネスマナーが身についている前職と比較しやすい
即戦力になりうる
教育コストが少ない

メリットの方が多いとはいえ、出来るだけ長く勤めてほしいと願っている企業にとっては、早期離職経験のある点はネックにとらえている場合も多いものです。

デメリットを最小限におさえながら第二新卒ならではのメリットを訴求できれば、他者と差別化でき就活を成功させやすいでしょう。

自己分析をやり直す

第二新卒者の持つメリット・デメリットを踏まえた上で、自己分析を行いましょう。自分の強みや弱み、活躍しやすい環境を把握しておくことで、よりマッチしやすい企業へ転職できる確率も飛躍的に高まります。

具体的には以下の項目を自己分析するのがおすすめです。

自己分析の項目
  • 自分の強み/弱み
  • 家族や友人、知人から聞いた、自分の性格
  • 趣味や特技
  • 興味のある仕事/やってみたい仕事
  • 仕事で求める条件(高給、福利厚生、裁量権など)

ただし、自己分析は自分だけで行っていても、なかなか煮詰まるものです。できればキャリアカウンセラーや友人といった第三者とともに行うのがおすすめです。

第三者とともに自己分析を行うことで、より包括的で自分だけではとらえられない気づきを得られるでしょう。

現職を退職したい理由を明確にして転職活動の軸を持つ

第二新卒が就活に成功するためには、現職を退職したい理由を明確にすることが大切です。その上で、転職活動の軸を持つ必要があります。転職活動の軸とは、転職先を選ぶときに譲れない条件のことです。

転職先を闇雲に探すと、現職と同じ理由で再び退職したくなる恐れがあります。転職活動の軸を定めるときは、現職のどこに嫌気がさしているのかを深掘りしましょう。

例えば、残業や休日出勤が多いことが原因で退職したいのであれば、転職活動の軸は「ワークライフバランスを優先したい」となるでしょう。転職活動の軸が定まれば、自分にとって働きやすい転職先を見つけやすくなります。

志望意欲を論理的に伝え、長く勤めたいことをアピールする

第二新卒が就活を成功させるためには、志望意欲を論理的に伝え、長く勤めたい気持ちをアピールすることが欠かせません。企業の多くは、第二新卒に対して「社会人マナーを持つものの早期離職する恐れがある」というように考えています。

志望動機が支離滅裂になると、社会人として基礎的な能力が低いとみなされ、不採用になる可能性が高くなります。また、長く勤めたい思いをアピールできなければ、仕事に対する熱意が低いとマイナスイメージになることが避けられません。

志望意欲を論理的に伝えつつ、長く勤めたいことをアピールするためには、次のポイントを押さえましょう。

志望意欲を考える際のポイント
  • なぜ現職を辞めるに至ったのかを整理する
  • 現職の経験から転職先を選んだ理由を洗い出す
  • 長く勤められる根拠や熱量をまとめる

上記のような三段構成で志望意欲をまとめられれば、端的に思いや熱量を伝えられます。

転職エージェントに登録してしっかり頼る

厳しい第二新卒の就活を成功させるには、転職エージェントに登録し、プロとともに就活を行うのが最短で成功するルートだといえます。

転職エージェントでは、自己分析から書類添削、面接対策など、厳しい第二新卒就活を成功させるために必要なことが網羅されています。

一人では決して見つけられない、登録者限定の優良求人も紹介してもらえる可能性もあります。

第二新卒であれば転職エージェントの力なくして、内定を得ることはかなり難しいので最低2社は登録することをおすすめします。

>>第二新卒におすすめの転職エージェントはこちら

内定を焦りすぎない

就活を進めているものの成果が振るわないからといって、内定を焦りすぎることは禁物です。「現職を早く辞めたい」「無職が辛い」といった気持ちはわかりますが、内定を焦るあまり、企業選びをおそろかにするとミスマッチした会社へ入社する可能性が高くなります。

ミスマッチした会社へ入社すると再び退職したいと考えるようになり、転職を繰り返すことにつながります。企業は早期離職を繰り返す求職者に対して、マイナスイメージしか持ちません。

中長期的な視点で考えたときに、焦って転職するよりも自分に合う企業へ入社するほうが、キャリアを伸ばしやすくなります。

第二新卒が利用すべき転職エージェント

第二新卒が利用すべき転職エージェントは、下記の3つです。

転職先の選択肢を増やしたい方は、複数のエージェントへ登録しましょう。転職希望者の多くは、2〜3つほどの転職エージェントを利用し、自分に合う企業を見つけています。

以下では、3つの転職エージェントの特徴を解説します。

第二新卒が初めに登録すべき定番サービス『マイナビジョブ20’s』

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 20代の転職支援に特化した総合型の転職エージェント
  • 利用者からも口コミ評価が高い
  • 利用者の入社後3ヶ月の定着率が高い

マイナビジョブ20’sは、マイナビグループが運営する20代の転職支援に特化した総合型のエージェントです。利用者の75%以上が25歳以下で、第二新卒が転職を考えたときに登録すべきサービスといえます。

利用者からの評判が高く、主要都市にあるすべてのオフィスが星5点満点中4点以上を記録しています。マイナビジョブ20’sが多くのユーザーから支持を受ける理由は、サポート力が高いためです。

特に、ミスマッチしない求人紹介に定評があり、利用者の入社後3ヶ月の定着率は95.2%と高い水準です。自分に合う企業で長く勤めたい方は、マイナビジョブ20’sの転職サポートを受けましょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 20代の転職に適した求人を豊富に取り扱っている
  • 自己分析に役立つ適性検査が受けられる
  • マイナビグループ独自の転職ノウハウがある
いまひとつな点
  • 全年代を対象としたエージェントより求人数が少ない
  • 希望条件に合う求人がないときは提案してもらえない
  • 転職希望者が多いときはレスポンスが遅くなる

▼マイナビジョブ20’sの口コミ

Review Image
Aさん
書類作成から始まり、一緒に考えて作っていき、企業との面接日程調整も行ってくれ、面接までに実践対策や必要な情報もくれて本当に素晴らしい対応でした。 ありがとうございました!

引用:Google

Review Image
Bさん
担当の方がすごく親身に話を聞いてくれました。私が希望した求人を沢山送って頂けて、面接サポートも手厚かったです。 書類に記載する文章や、面接での話す内容も一緒に考えてくださり、面接練習は2度も付き合ってくれました。 おかげで無事に転職出来て、とてもありがたく思っています。

引用:Google

\大手ならではのサポート力が魅力/

20代未経験向け求人数がトップクラスの『ハタラクティブ』

名前ハタラクティブ
料金無料
求人数公開求人: 3,372件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談LINEビデオ面談可
得意分野・業界フリーター・既卒・
第二新卒の支援に特化
公式HPhttps://hataractive.jp/
詳細を見る
運営会社名レバレジーズ株式会社
拠点東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア24F・25F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ハタラクティブの特徴
  • 職歴が浅い20代の転職支援が得意
  • 企業ごとに面接対策を実施
  • 利用者の約80%が大手企業へ就職

ハタラクティブは、職歴が浅い20代の転職支援を得意とするエージェントです。取扱求人の80%以上が未経験OKのものとなっており、異業界へチャレンジしやすくなっています。

経験・スキルよりも将来性を重視する求人が多いため、求職者のできる・やってみたいという気持ちを尊重しながら転職サポートをしています。

企業ごとに面接対策を実施していることから、利用者の内定率は80%以上と高い数値です。そのうち、大手企業へ就職した利用者は約80%におよびます。優良企業へ転職したい第二新卒は、未経験OKの求人を豊富に取り扱うハタラクティブへ登録することがおすすめです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 利用者の書類選考通過率・内定率が高い
  • 丁寧なサポートで安心して選考に臨める
  • 優良企業へ転職できる可能性が高い
いまひとつな点
  • キャリアアップに向けた転職は難しい
  • 取扱求人が都市部に偏っている
  • アドバイザーによって質が異なる

▼ハタラクティブの口コミ

Review Image
Cさん
私自身、【未経験・職歴なし】という状況下でありながらも希望していた業界の企業様から内定を頂きました。1人で就職活動をしていた頃は面接は愚か、書類選考の時点で落とされてばかりでした。担当者様も親身になってお相手して頂き、また別に面接対策時にお相手して頂きました担当者様にも大変お世話になりました。返信も24時間以内に頂けたりと、いつも迅速な対応には大変助かりました。短期間でありながら真摯に私の就職活動に向き合って頂き、誠にありがとう御座いました。

引用:Google

Review Image
Dさん
担当の方がとても丁寧で優しかったので、 途中で嫌になったりすること無く無事に内定をもらうことができました。 初めての就活だったのでわからないことばかりだったのでいろんなことを聞きましたが、 とても丁寧に教えてくださったり、こちらの意見も聞きながらサポートしてくださったのがとても良か

引用:Google

\未経験OKの求人が豊富/

スピード内定を手に入れたい人は『キャリアスタート』

キャリアスタートのバナー
【公式】https://careerstart.co.jp/
名前キャリアスタート
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2024年1月12日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代10代後半から30代前半
対応エリア全国
オンライン面談
電話番号070-1202-4387
※登録後、上記番号から電話がかかってきます
得意分野・業界第二新卒など、若手の転職支援に特化
公式HPhttps://careerstart.co.jp/
詳細を見る
運営会社名キャリアスタート株式会社
拠点東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル8F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 4
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
キャリアスタートの特徴
  • 第二新卒・既卒・フリーターと20代の転職へ幅広く対応
  • 最短1週間で内定獲得まで至った実績がある
  • 年収400万円以上の求人が多くある

キャリアスタートは、第二新卒・既卒・フリーターの転職へ幅広く対応しているエージェントです。サービスをリリースして以来、6.8万人以上が登録しています。

キャリアスタートの強みは、短期間で内定を獲得できる可能性が高いことです。最短1週間で内定獲得まで結びつけた実績があるだけでなく、利用者の72%が1ヶ月以内に内定を得ている状況です。

ほかにも、年収400万円以上の求人が多くあり、20代前半の年収アップ率が高いこともキャリアスタートの魅力です。転職活動をスムーズに進める、かつ収入を妥協したくない第二新卒は、キャリアスタートを利用することがおすすめです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 定着率・内定率・年収アップ率が高い
  • 嫌な職場からすぐに離れられる
  • 利用者の多くが就職に成功している
いまひとつな点
  • 地方の求人が少ない
  • 担当者によって当たり外れがある
  • 興味がない企業を進められる場合がある

▼キャリアスタートの口コミ

Review Image
Eさん
今回転職で利用させて頂いたのですが担当の宮下さんがとても親身になって面接の練習だったり面接先への推薦書などをしてくださり、転職しようと思い面接を受けたのは今回の1回だけだったのですが無事内定も貰えました。 転職エージェントも今まで複数登録してきましたがここまで親身になって協力して頂いたのは宮下さんが初めてでした。ありがとうございました。

引用:Google

Review Image
Fさん
甲斐さんに担当していただきました。 ものすごく親身になってお話を聞いてくださり、またアドバイスもものすごく的確で、今まで自分の中でうまくまとめられなかった言葉が甲斐さんのおかげで上手くまとめられるようなりました。 また面接の練習も何回もしてくださったおかげで、無事に内定をいただくことができました。 本当にありがとうございました😭

引用:Google

\最短1週間で内定獲得/

第二新卒就活の面接のポイント

第二新卒の就活で面接を受ける際は、次のポイントを押さえることが重要です。

第二新卒就活の面接のポイント
  • 面接で1社目の悪口を言わない
  • 転職理由はできるだけポジティブに伝える
  • 転職理由と志望動機に一貫性を持たせる

面接を受ける際は、1社目の悪口を言わないようにしましょう。前職に非があったとしても、悪口を聞かされる企業側にとっては良い印象が残りません。

面接では転職理由を聞かれることが一般的です。不満を持って退職したとしても、転職理由はポジティブに言い換えることが大切です。例えば、給料が低いことが転職理由の場合は、「実力・成果を重視する企業で力を試したくなった」と話せば、前向きな内容に聞こえるでしょう。

転職理由と志望動機に一貫性を持たせることも重要です。一貫性を持って面接に臨めれば、自分のキャリアについてしっかりと考えた上で転職活動をしていると評価されやすくなります。

第二新卒の就活は厳しい!だからこそ転職のプロに頼ろう

第二新卒の就活は、ポテンシャル採用があるため内定を得やすいと言われることが一般的です。しかし、スキル・経験が乏しいとみなされる機会があるため、思っている以上に厳しいことが事実です。

「なかなか内定まで結びつかない」「転職活動の進め方がわからない」という第二新卒は、転職のプロである転職エージェントに頼ることをおすすめします。

なかでも、マイナビジョブ20’sは第二新卒で就活する方の多くが利用する転職エージェントです。ミスマッチしない求人紹介に定評があり、長く勤められる企業へ転職したい方は必ず登録しておきましょう。

\大手ならではのサポート力が魅力/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ