MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

25卒就活で出遅れた!25卒就活を今から始めるのはもう遅い?間に合わないと焦っている方に挽回方法を紹介

25卒の就活は本格化している時期です。

就職プロセス調査(2025年卒)「2024年6月1日時点 内定状況」
引用:就職プロセス調査(2025年卒)「2024年6月1日時点 内定状況」

就職みらい研究所の調査を参考にすると、大学4年生の6月1日には8割以上の人が内定をすでに持っています。

「まだ始めなくても大丈夫だよね…」と先延ばしにした結果、出遅れていたと気付き、とにかく焦っている方もいるのではないでしょうか。正直、25卒で現状何もしていないなら、ライバルたちにかなり遅れをとっています。

かと言って、焦って1人で就活を進めてもなかなか上手くいきません。なので、就活のプロである就活エージェントの力を借りることをおすすめします。就活エージェントをうまく活用すれば今からでも十分に巻き返せます

就活エージェントを利用した方が良い理由
  • 就活のプロの目線で自分に合う求人を紹介してくれる
  • 企業ごとの面接対策を行ってくれる
  • タイトになりがちなスケジュールの調整を行ってくれる

上記のように、就活エージェントは自分ひとりでは難しいことを徹底サポートしてくれます。

なかでも特におすすめなのは、キャリアパーク就職エージェントです。キャリアパーク就職エージェントは、厳選した優良求人をしてくれる上に、特別選考ルートにより最短1週間で内定を獲得できます。

25卒就活出遅れたなら
  • 周りに遅れをとっているならキャリアパーク就職エージェントを使おう!
  • 大手・中小・ベンチャーから厳選した300社の優良企業のみ紹介
  • 年間1,000名を内定獲得に導く信頼のサポートでスピード内定可能!

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

就活において出遅れの状態とは?

就活において「出遅れ」とは、次のような状態のことを言います。

後輩ちゃん

それぞれ詳しく見てみましょう。

大学3年2月時点で自己分析や業界・企業研究ができていない

大学3年の2月時点で自己分析や業界・企業研究ができていない場合は、就活に出遅れているといえます。自己分析や業界・企業研究は、大学3年の6月ごろから始めることが一般的です。

大学3年の夏から冬にかけてインターンシップやキャリア形成支援プログラムなどに参加するなかで、自分の強み・適性や気になる業界・職種を探します。

大学3年の3月からは就活解禁となるため、2月までに自己分析や業界・企業研究ができていなければ、出だしが遅れてしまうでしょう。各分析・研究がままならない状態でエントリーすると、志望動機をうまく伝えられずに不採用になる可能性が高くなります。

大学3年3月時点で合説や企業の説明会に参加していない

大学3年の3月時点で合説や企業説明会に参加していないときも、就活に出遅れる原因となります。合説や企業説明会には、大学3年6月ごろから参加し始めるケースがほとんどです。

合説や企業説明会へ早い時期から参加することで、さまざまな企業の情報が得られます。説明会によっては、インターンにつながったり選考が有利になったりすることも多くあります。

一方で、大学3年の3月時点で合説や企業説明会に参加できていなければ、企業の情報がほぼゼロの状態で就活を進めなければなりません。就活解禁に合わせて企業情報を集め始めると、周囲が内定を獲得し始めるときに選考を受け始める状態となる恐れがあります。

大学4年4月時点で企業にエントリーしていない

大学4年の4月時点で企業にエントリーしていない場合も、周囲よりも出遅れていると考えられます。就活解禁は大学3年の3月1日からであり、その日を境に多くの就活生が志望する企業へエントリーし始めます。

特に、人気がある大手企業や優良企業、ベンチャー企業などは、大学4年の4月時点で多くの就活生から応募が殺到します。そのため、春から夏にかけて採用活動を終えることも少なくありません。

大学4年の4月時点でエントリーできていなければ、応募できる企業の選択肢が狭まるといえます。自分にとって優良企業と思える企業へチャレンジできる機会が少なくなることを知っておいてください。

とはいってもまだ十分に間に合います。ただし、自力では難しいので、就活エージェントを頼ってスピード感を持って就職活動を行いましょう。なかでも、最短1週間で内定を獲得できるキャリアパーク就職エージェントがおすすめです。

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

大学4年9月時点で内々定がゼロ

大学4年の9月時点で内々定がゼロの場合、就活に大きく出遅れているといえます。就活みらい研究所が2024年4月に実施した就職内定率に関する調査を見ると、9月1日時点までに内定を獲得している方が90%を超えている状況です。

就活みらい研究所「就職プロセス調査(2025年卒)「2024年4月1日時点 内定状況」」
引用:就活みらい研究所「就職プロセス調査(2025年卒)「2024年4月1日時点 内定状況」」

就職内定率は例年同じような推移となっており、9月以降に内定を獲得する方はわずかであることがうかがえます。上記のグラフからわかるように、9月1日時点で内定を得られていない方は、就活がかなり遅れているといっても過言ではありません。

9月以降は内定を獲得する就活生が多くなる分、採用活動を積極的に実施する企業が少なくなる傾向です。もし、大学4年の9月時点で内々定を得られていないときは、就活エージェントに頼り、自分に合う企業を紹介してもらうことが重要です。

>>スピーディに内定を獲得できる就活エージェントはこちら!

25卒の出遅れ組が今から挽回する方法

23卒の出遅れ組が今すぐやるべきこと

25卒の出遅れ組が今から挽回する方法は、以下の5つです。

就活をいつまでに決着をつけるか明確にする

就活をいつまで続けるか目途を立てておくことは最も重要です。

秋を過ぎてもだらだらと就活を続けていると、自分の中での企業選びの軸が定まっていない場合、ミスマッチが起きやすいです。

就活も後半にさしかかると、面接官からいつまで続ける予定なのか質問されることも多くなります。

企業側としても、就活生がどんな経緯で就活をしているのか把握し、自社に対する本気度を知りたいという意図があるからです。

今後の就活スケジュールは終了時期も見据えてしっかりと時間管理しましょう。

後輩ちゃん

ゴールをはっきりさせれば、目標持って全力疾走できますね!

大手企業に絞らず受かりそうな企業からエントリーする

25卒の出遅れ組は、競争率が高い大手企業に絞らずに、視野を広げて手広く企業にエントリーしましょう。

プライドや周囲の評価を気にするあまり、大手にしかエントリーしておらず、結果的にどこにも内定を貰えないという最悪のシナリオは避けたいところです。

まずは、高望みをせず自分のレベルに合った企業からエントリーしていくことがベターです。

就活サイトに載ってない企業の優良求人が知りたいなら、就活エージェントに相談してみてください。人気の大手企業を狙うなら、非公開求人を豊富に揃えるキャリアパーク就職エージェントがおすすめです。

独自のルートでつながった企業の特別枠を持っているので、相性が良ければサクッと内定を勝ち取れます。ホワイト企業が多く、ミスマッチも非常に少ないのがメリットです。

キャリア先輩

時間がないからこそコスパの良い企業を狙うのもいい戦略ですよ!

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

自己分析をより深める

自己分析をより深めることは、自分の価値観や適性を理解することにつながります。

仮に複数の企業から内定を貰えた場合も、就職先を適切に判断できます。

自分の強みをきちんと理解していないと、面接でうまくアピールができません。過去の具体的なエピソードや根拠をもとに、企業に合った強みを分析しましょう。

一貫性のある受け答えができると説得力が増すので、面接官の評価も高くなります。

後輩ちゃん

自己分析を徹底的にやることで、ESを書くのも面接で話すのもスムーズになるよ!

>>モチベーショングラフを使って自己分析をさらに深掘る!

ES(エントリーシート)を添削してもらう前提で書く

作成に時間のかかるES(エントリーシート)は、添削してもらう前提で書きましょう

第三者の視点からアドバイスを貰うことで、伝わりやすいポイントを押さえたESが完成します。

一人で完璧に仕上げようと思わず、就活エージェントやキャリアセンター、志望企業に勤める大学のOB/OGに見てもらうのがおすすめです。

就活エージェントなら、実績のあるプロの目線で、自分ではわからなかった強みや企業に合わせたアピール方法も学べます。

無料で利用できるので、ぜひ就活のプロにES添削を依頼しましょう。

キャリア先輩

最初で完璧にしようと思わずに、何度も見てもらって提出までにブラッシュアップしよう!

面接の場数を踏む

出遅れを巻き返すには、面接の場数を踏んで経験値を上げることが重要です。

慣れないうちは、準備していても緊張しすぎてて上手く話せないものです。何度も面接を経験することで、課題も明確になり、雰囲気にも慣れてきます。

就活エージェントで模擬面接をしてもらうと、企業の採用担当者の目線から具体的なアドバイスをもらえます

面接官が何をもって評価しているのかわかるので、自信を持って面接に臨めるのがメリットです。

後輩ちゃん

何度も話すうちにコツもつかめて、緊張もしにくくなるよ!

25卒向け就活サイトランキング!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【25卒就活】出遅れ状態から逆転内定する方法

【23卒就活】出遅れ状態から逆転内定する方法

25卒の出遅れ状態から就活を始める場合、余裕は全くありません。適当にやれば内定ないまま卒業です。

就活サイトを少なくとも2~3個使って、一気に巻き返しを図りましょう。何を使うか迷ったらまずは就活エージェントに登録するのがおすすめです。

以下では特徴別におすすめの就活サイトを紹介します。

就活エージェントに相談してスピード内定を狙う

スピード内定を狙うなら就活エージェントに頼るのがベストです。しかも、エージェントは併用すると効果が倍増します。

就活生に寄り添ってサポートしてくれるからこそ、最短1週間のスピード内定を可能にしたエージェントもご紹介します。

中でも評判の良いものを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

内定まで最短1週間!優良企業の特別推薦が魅力の『キャリアパーク就職エージェント』

名称キャリアパーク就職エージェント
運営企業ポート株式会社
対象学年25卒
強み最短1週間で優良企業へスピード内定ゲット
利用しやすさ全国対応でエリアも広く、丁寧なヒアリングが好評
求人厳選された全国各地の優良企業300社から求人を紹介
紹介実績年間1,000人以上の就活生がスピード内定獲得
サポート選考対策やセミナーなどで選考通過率が大幅アップ
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://careerpark-agent.jp/
キャリアパーク就職エージェントのおすすめポイント
  • 最短7日のスピード内定が狙える!
  • 優良企業を厳選しているので、ブラック企業に当たる心配がない
  • 選考をスキップできるイベントを開催

キャリアパーク就職エージェントは、最短7日以内のスピード内定獲得を目指せる就活エージェントです。

年間1,000人以上の就活生をサポートしている実績があるので、就活に出遅れた人でもばっちりサポートしてくれます。

また、紹介企業もブラック企業を排除しているので「今残っている求人ってなんか不安…」という人でも大丈夫です。

選考スキップできる企業参加型イベントも開催されており、各回で数名限定なので今すぐチェックしてみましょう。

キャリア先輩

最短3日の内定実績もあるので、出遅れても逆転可能です!

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

>>キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判を見る!

正確なマッチング!丁寧なサポートが魅力の『JobSpring(ジョブスプリング)』

ジョブスプリング
【公式HP】https://jobspring.jp/
名称JobSpring(ジョブスプリング)
運営企業HRクラウド株式会社
対象学年25卒
強みAI×プロのエージェントによる高精度なマッチング
利用しやすさ対面面談が東京のみ(オンライン対応)
求人内定まで最短2週間の求人を紹介
紹介実績1000社から厳選された3~4社を紹介
サポート早期離職率0.1%を誇る手厚いサポート
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://jobspring.jp/
JobSpringのおすすめポイント
  • アドバイザーからの丁寧なサポートが魅力!
  • 徹底した対策で内定率90%以上
  • 最短2週間で内定獲得可能

JobSpring(ジョブスプリング)は手厚いサポートが評判の就活エージェントです。

就活のプロとの面談と精確なAI診断により、あなたに本当にあった企業を3〜4社厳選してくれます

また、初回の面談から選考対策までスピーディーにサポートしてもらえるので、出遅れた25卒生でも十分に間に合って安心です

事前に企業とのマッチング率が高い状態で選考に臨めるので、90%以上の非常に高い内定率を実現しています。さらに、3年以内の退職率もわずか0.1%です。

出遅れから逆転内定を目指したい人は、迷ったらまずJobSpringに相談してみましょう。

後輩ちゃん

IT/Web、専門商社、人材、不動産など人気業界の求人も豊富です!

\最短2週間のスピード内定!/

※30秒で登録完了

>>Jobspring(ジョブスプリング)の口コミ評判を見る

関西や地方国公立の学生向け!最短3週間で優良ベンチャーに内定が貰える『バリ活』

【公式HP】https://barikatsu.com/
名称バリ活
運営企業株式会社アークティブ
対象学年25卒・26卒
強み関関同立と地方国公立の就活支援の実績が豊富
利用しやすさ無理なプッシュがないから、自分が主役の就活になる
求人上場ベンチャー・隠れた優良企業の求人を紹介
紹介実績地方国公立1455名、阪大神大214名、関関同立651名の3年生が利用中
※2023年9月1日現在
サポート専任エージェントが早期就活を伴走
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://barikatsu.com/
バリ活のおすすめポイント
  • 関関同立や地方国公立学生の紹介実績が豊富
  • 安定&成長しているミドルベンチャー企業を紹介して貰える
  • 最短3週間で内定がもらえる

バリ活は、関関同立と地方国公立に強いベンチャー就活エージェントです。

ユーザーの8割が阪大神大・関関同立・地方国公立の学生となっています。

安定基盤がありつつ成長を続ける優良ミドルベンチャー企業を探している方や、大手以外の企業も知りたいという就活生にピッタリのサービスです。

また、最短3週間で内定を獲得できるため、「就活に出遅れた」と焦る就活生の方にもおすすめです。

後輩ちゃん

アドバイザーとはLINEでフランクにやりとりがきます!

\ まだ知らない優良企業を紹介!/

※30秒で登録完了!

>>バリ活の口コミ評判を見る

スカウトをもらって持ち駒を増やす

就活に出遅れて、やることが多い中でも持ち駒を増やしたいなら、逆求人サイトに登録しておきましょう。

プロフィール登録だけで企業からスカウトをもらえるので、あとは待つだけです。企業からスカウトを待ちながら、他のやるべきタスクをこなしましょう。

おすすめの逆求人サイト
  • OfferBox(オファーボックス)
  • キミスカ

OfferBox(オファーボックス)

offerbox
【公式HP】https://offerbox.jp/
名称OfferBox(オファーボックス)
運営会社株式会社i-plug(アイプラグ)
対象学年25卒
強み学生利用率が非常に高く圧倒的な安心感を誇る逆求人サイト
独自性自己分析診断ツールAnalyzeU+をもとに正確なスカウトマッチング
求人大手からベンチャーまで9,411社以上が掲載
実績オファー受信率93.6%(※プロフィール記入率80%以上)
使いやすさ1分で無料登録、SNSでもログイン可能
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://offerbox.jp/
後輩ちゃん

登録したら待つだけなので、企業を探す手間を省けます!

就活に出遅れたなら、逆求人サイトに登録して持ち駒を増やしましょう。

OfferBox(オファーボックス)利用企業数・利用学生数が高いの逆求人サイトです。

参加企業も業界トップレベルで、有名な大手企業から中小・ベンチャー企業まで幅広く求人を取り揃えています。

また利用学生の93%がオファーを受けた実績があるので、「自分はもらえないかもしれない…」と不安な人でも大丈夫です。

企業へのエントリーを効率化するためには最も手っ取り早いで方法です。ひとまず登録してスカウトを待ち、他の就活サイトを併用してアクションを起こしていきましょう。

\多くの就活生が利用している逆求人サイト!/

※60秒で登録完了!

>>OfferBox(オファーボックス)の口コミ評判を見る

キミスカ

キミスカ
【公式HP】https://kimisuka.com/
名称キミスカ
運営会社株式会社グローアップ
対象学年25卒
強み3種類のスカウトがプロフィール登録だけで多数もらえる
独自性独自の適性検査ツールで自己分析がより効率的に
求人大手企業から中小ベンチャーまで約1,400社が導入
実績22年・23年新卒の約15万人以上が登録
使いやすさプロフィール登録して待つだけ。企業からスカウトが多数もらえる
総合得点17.5/20.0点
公式HPhttps://kimisuka.com/

キミスカ企業の本気度が伝わるスカウトを受け取れる逆求人サイトです。

キミスカには「プラチナ」「本気」「気になる」とグレードが異なる3種類のスカウトがよ用意されています。

一番グレードの高いプラチナスカウトは企業の本気度が高く、すでに内定までの道のりが開けているといっても過言ではありません。

また登録すれば受けられる「キミスカ適性検査」は精度がとても高く、時間がかかる自己分析をスムーズに進められると好評です。

出遅れからでも自己分析と企業エントリーが同時に済むのでぜひ登録してみてください。

スカウト×適性検査で周りからリード

※学生の93%がオファーを獲得

>>キミスカの口コミ評判を見る

就活イベント・合同説明会に参加して選択肢を増やす

名称ミーツカンパニー就活サポート
運営企業株式会社DYM
対象学年25卒
強み1度に2~8社と出会えるイベントを開催
利用しやすさ60秒の簡単登録、初回面談までスムーズに設定
求人東証一部上場企業からベンチャーまで幅広く企業を掲載
紹介実績オリコン2019満足度No.1
サポートオンライン面談可能で全国をカバー
総合得点17.0/20.0点
公式HPhttps://www.meetscompany.jp/

就活イベントや合同説明会は一度参加するだけで多くの企業に出会えるので、出遅れた今は持ち駒を増やし、多くの企業にアタックしましょう

ミーツカンパニー(MeetsCompany)は、就活のプロが二人三脚で内定獲得まで丁寧にサポートしてくれる就活エージェントです。

自己分析からES添削・面接対策まですべて一緒に取り組んでくれますし、全国どこからでも利用できます。

また、ミーツカンパニー主催の合同説明会を多数開催しており、知らなかった優良企業を発見したり、人事の方や就活生同士のつながりを作ったりしたい学生にはおすすめです。

さらに、選考直結イベントも開催しており、その場で書類選考から面接に参加できます。イベントでは社長や人事も登壇するため、一気に内定への距離を縮めるのに最適です。

たった4時間の出会いから最大8社とつながった後、複数内定を獲得した事例もあるため、持ち駒を増やしてチャンスを作りたい就活生は、まず無料相談から参加してみましょう。

後輩ちゃん

まだ見ていなかった業界や企業を知れるチャンスです!

面談×イベントで就活攻略!

※60秒で登録完了

>>ミーツカンパニー(Meets Company)の口コミ評判を見る

適性診断ツールを活用して自己分析を一気に進める

キミスカ
【公式HP】https://kimisuka.com/
名称キミスカ
運営会社株式会社グローアップ
対象学年25卒
強み3種類のスカウトがプロフィール登録だけで多数もらえる
独自性独自の適性検査ツールで自己分析がより効率的に
求人大手企業から中小ベンチャーまで約1,400社が導入
実績22年・23年新卒の約15万人以上が登録
使いやすさプロフィール登録して待つだけ。企業からスカウトが多数もらえる
総合得点17.5/20.0点
公式HPhttps://kimisuka.com/

就活では自己分析が大切ですが、一人で行うとかなり時間がかかります。就活に出遅れてしまった方は、のんびり進める時間は残っていません

そこで、キミスカに登録し、適性診断を受けてスムーズに自己分析を進めましょう。

キミスカの「キミスカ適性検査」は精度が高く、自己分析が一気に進むと評判です。

また、キミスカでは「プラチナ」「本気」「気になる」とグレードが異なる3種類のスカウトが受け取れます。

一番グレードの高いプラチナスカウトは企業の本気度が高く、すでに内定までの道のりが開けているといっても過言ではありません。

出遅れからでも自己分析と企業エントリーが同時に済むので、ぜひ登録してみてください。

キャリア先輩

自己分析はやりすぎも厳禁だよ

スカウト×適性検査で周りからリード

※ありのままの自分がわかる!

>>キミスカの口コミ評判を見る

25卒限定就活コミュニティでサポートを受ける

【公式HP】https://irodas.com/
名称irodasSALON(イロダスサロン)
運営企業株式会社irodas
対象学年25卒限定
強みオンライン就活コミュニティを運営
利用しやすさ完全オンラインで内定の有無や学歴関係なく利用可能
求人最短2週間で内定が取れるぴったりの求人だけ紹介
実績23卒7,300名以上が利用
サポート専属のアドバイザーが企業紹介や就活相談まで徹底サポート
総合得点18.0/20.0点
公式HPhttps://irodas.com/

出遅れ状態から一人で就活を頑張れるか不安なら、25卒の仲間と一緒に頑張れるコミュニティ就活サイトを使ってみましょう。

irodasSALON(イロダスサロン)は就活や人生設計について学べる場を提供している就活サービスです。

10種以上のキャリア講座を無料で提供しており、正しい就活の進め方や納得できる企業の探し方を教えてもらえます。

また年間で14,000名以上の就活生が利用しており、内定目指して一緒に頑張る仲間にも出会えるため、出遅れ就活でも孤独を感じることは少ないです。

困難が多い就活を進める中でも、支え合える仲間がいればモチベーションを保てます。

さらに専属のアドバイザーが1から就活サポートもしてくれるので、登録して損はありません。

後輩ちゃん

専門的な講義も受けられます!

心から納得できる就活を!

※25卒限定コミュニティあり!

>>irodasSALON(イロダスサロン)の口コミ評判を見る

番外編|業界・職種に特化した就活エージェントを使う

キャリア先輩

自分の目的にあったエージェントを活用しよう!

志望する業界・職種が決まっているなら、特化型のエージェントを使うのがおすすめです。

それぞれ特定の業界や職種に絞った選考対策を行っているので、合格率をより高めやすい選考対策ができます。

理系向けITエンジニア特化体育会系専門など、より高度で的確なサポートを受けられるため出遅れからでもスピード内定が目指せますよ!

特化型のエージェント
  • レバテックルーキー|ITエンジニア特化
  • アカリク就職エージェント|大学院生・ポスドク特化
  • アスリートエージェント|体育会系特化

レバテックルーキー|ITエンジニア特化

名称レバテックルーキー
運営企業レバテック株式会社
対象学年25卒
強みITエンジニア専門の就活エージェント
利用しやすさWebから簡単登録、オンラインカウンセリング対応
求人非公開求人や重要ポジションなど厳選された求人
紹介実績IT系の大手企業、有名ベンチャー、スタートアップまで豊富
サポートエンジニア特化の対策からポートフォリオ作成までサポート
総合得点18.0/20.0点
公式HPhttps://rookie.levtech.jp/

レバテックルーキーはITエンジニアの新卒就活に特化したエージェントです。

新卒エンジニアを求めているさまざまな企業の求人を取り扱っており、ITエンジニアとして働きたい方にはおすすめします。

もちろんエンジニア専門のアドバイザーが多数在籍しており、新卒ITエンジニアに求められるものを熟知した対策を徹底して受けられるのも強みです。

また、ITエンジニアで即戦力として活躍するためのプログラミング研修制度もあるのでスキルアップしながら就活できます。

最短2週間での内定獲得が狙えるので、ITエンジニアを目指すなら一旦登録しておきましょう。

エンジニア特化の選考対策!

※60秒で登録完了

>>レバテックルーキーの口コミ評判を見る

アカリク就職エージェント|大学院生・ポスドク特化

名称アカリク就職エージェント
運営会社株式会社アカリク
対象学年25卒
強み理系大学院生・ポスドクの就活に強い
独自性理系大学院出身のメンターが丁寧にアドバイス
求人研究開発・エンジニアなど理系求人が豊富
実績大学院生を積極採用する企業3,000社との取引実績
使いやすさ研究職以外・専門外の就活でも柔軟に対応
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://shushoku-agent.acaric.jp/

アカリク就職エージェントは大学院生やポスドクに特化した就活サービスです。

大学院生・ポスドクならではのスキルや経験を持っている方を採用したい企業が集まっているので、大学時代の学業や研究の成果を余すことなく使えます。

また大学院卒アドバイザーがサポートしてくれるので、理系学生や大学院生の事情・気持ちを理解してくれやすいのもポイントです。

特に技術職や研究職といった専門職で就職したい方はぜひ登録してみてください。

利用者の選考突破率8割!

※60秒で登録完

>>アカリク就職エージェントの口コミ評判を見る

アスリートエージェント|体育会系特化

名称アスリートエージェント
運営企業株式会社アーシャルデザイン
対象学年25卒
強み体育会系出身者の就職支援数No.1
利用しやすさアドバイザーがマンツーマンでサポート
求人限定非公開求人を多数保有
紹介実績大手企業からベンチャー企業まで多数取り扱い
サポートアスリートにしかできないPR方法で内定獲得
総合得点17.5/20.0点
公式HPhttps://www.a-cial.com/

アスリートエージェントは体育会系の就活に特化したエージェントです。

あなたのスポーツ経験を評価してくれる企業のみを厳選して紹介しており、他のエージェントにはない非公開求人も多く取り扱っています。

また在籍しているアドバイザーも体育会系出身の方ばかりなので、体育会系の就活生の気持ちに寄り添ってサポートしてくれ、就活とスポーツを両立できるか不安な方でも安心して相談できます。

スポーツ経験を活かした就活がしたいなら、まずは登録してみましょう。

体育会系特化型エージェント

※大手企業の内定多数

>>アスリートエージェントの口コミ評判を見る

【時期別】出遅れた25卒の就活戦略

就活に出遅れたと言っても、時期によってとるべき就活戦略は大きく変わってきます。

以下では時期別に必要な就活戦略をそれぞれ解説するので、自分の状況に合わせて最適な行動を心がけましょう。

【時期別】出遅れた25卒の就活戦略

大学3年1~2月

大学3年の1~2月は就活解禁を目前に控えており、何もしていない人は出遅れていますが、ここで出遅れたと認識しているならまだ大丈夫です。

これからは適度な危機感を持ちつつ、1つずつ対策していきましょう。焦ると逆効果なので、落ち着いてES・Webテスト・面接などの対策を計画を立てて進めてください。

就活について何もわからず、1人が不安なら経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるシュトキャリ(旧:ヒトツメ)に相談して知識をつけましょう。

シュトキャリはIT、人材、広告、コンサル、不動産、建設に強いので、この業界を狙っている人には特におすすめです。

60分の丁寧な面談!

※30秒で登録完了!

大学3年3月

この時期は就活の情報解禁が終わり、各企業が説明会を開催したり、エントリーシートを受け付け始めたりしています。

また、中には早期選考が進んでいるところもあるので、志望企業の早期選考がすでに締め切られてしまっていないか注意しましょう。

今出遅れた自覚ができたなら、この時点では十分間に合います。今すぐ始めて着実に内定を狙いに行きましょう。

ただし、1人で今から追いつこうとするよりも、就活のプロに相談すれば合格率もぐっと高められます。

この時期なら親身なサポートと的確な自己分析が好評で、最短2週間での内定も狙えるキャリアパーク就職エージェントがおすすめです。

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

大学4年4~5月

大学4年の4~5月にかけては本選考もほとんどの企業がスタートしており、早い人は役員面接や最終面接に進む人もいます。

経団連加盟企業も内々定が出せる6月に向けて選考を進める企業が多いでしょう。この何もしてない状態なら内定が取れない可能性があるので、今すぐ行動を始めるべきです。

ただ、自分だけでは非効率になるリスクがあるので、就活のプロに頼って最短ルートで内定を目指しましょう。就活エージェントなら、今からでも逆転できる方法を教えてくれます。

おすすめなのは、最短1週間で内定狙えるキャリアパーク就職エージェントです。人気業界の非公開求人も揃っており、今からでも十分狙えるのでぜひ相談してみましょう。

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

大学4年6月以降

大学4年生の6月以降に何もしていない人は、出遅れているどころではありません。すでに6月は内々定のピークを迎え、遅くなればなるほど企業の選択肢は減る一方です。

ちなみに24卒の内定率は80.0%で、25卒も同程度かそれ以上になる見込みです。このままでは卒業までに内定が取れなくなってしまいます。

今から就活をするなら、危機感は常に持ちつつやることを絞って効率的に対策しましょう。また、1人では限界があるので就活のプロに頼るべきです。

おすすめは、最短1週間のスピード内定が狙えるキャリアパーク就職エージェントです。キャリアパーク就職エージェントはホワイト企業を厳選しているので、企業選びで心配する必要がありません。

\最短1週間のスピード内定!/

※30秒で登録完了

25卒出遅れのリスク【正直やばい】

23卒出遅れのリスク

25卒就活で出遅れたことでどのようなリスクがあるのでしょうか。ここでは以下の4点を挙げて、解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

面接で準備が足りない印象を持たれる

25卒就活に出遅れることで、先に就活を始めた人との差が周囲から見ても明確にわかります。

とくに、差がはっきりと出るのが面接です。十分に面接対策の時間がとれていない場合、面接官の深堀りに対してうまく答えられません。

自分の考えを論理的に言語化できていないので、浅い答えになってしまうのです。面接官が納得できるような受け答えができないと、準備が足りないという印象を持たれ、評価も厳しくなります。

後輩ちゃん

出遅れの差が選考本番ではっきり出てしまうんですね…。

エントリーできる企業数が減る

25卒就活で出遅れた場合、エントリーできる企業の選択肢が減る可能性があります。

企業や業界によっては、情報解禁より前に新卒採用を終えている場合もあるため、チャンスを逃していることを改めて理解しましょう。

コロナの影響もあって25卒就活は早期化しており、大学3年のインターンからの早期内定枠だけで埋まることも珍しくありません。

今から就活を始める場合は、希望する企業や業界の採用スケジュールを再確認することが必要です。

キャリア先輩

予告なしに採用が終わっている企業も多くなっているみたいだよ…。

焦りから自己分析やES(エントリーシート)が雑になる

25卒就活に出遅れた焦りで、自己分析が不十分のまま進めると危険です。

自己分析は、企業を選びに関わるので入念に行わなければなりません。

もし自己分析が進んでいないなら、適性診断ツールを使いましょう。質問に答えるだけで分析結果が見れるので、一気に自己分析の出遅れを取り戻せます。

また、しっかりと企業研究をした上でES(エントリーシート)を作らないと、企業が求める人材に沿った自己PRができず、書類選考の通過率は下がります

やみくもに応募数を増やすのではなく、一つひとつの質を上げることが大切です。結果的に時間のロスを防げます。

ESを作ってみたけれど出来が不安な人はES添削サービスを使うのもおすすめです。ESの書き方がわからない人でも、一緒に考えてくれるサービスがあるので心配ありません。

後輩ちゃん

どんなに時間がなくても、自己分析もESも丁寧に仕上げないと受かりません…!

出遅れすぎると大手の25卒採用に間に合わない

日系大手が採用活動を行うのは大学4年の6月〜7月くらいまでが一般的です。そこからは次の年の新卒就活生の採用に向けて動きを本格化していきます。

そのため、大手企業に関しては出遅れすぎると「もう採用が終わっていた」ということも多いです。

ただ、大手企業の中には追加で新卒採用をすることがあったり、就活エージェント経由では採用活動を続けていたりする場合があります。

そのため、「出遅れたからもう大手にいけない」とならずに就活エージェントを利用して逆転を目指すのがおすすめです。

25卒向け就活サイトランキング!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

就活で出遅れた先にある悲惨な末路

就活で出遅れると、次のような悲惨な末路を辿ることになるかもしれません。

以下では、3つの悲惨な末路について詳しく解説します。

周りが就活を終えても1人だけ続けることになる

就活に出遅れると、周りが就職先を決めていくなかで1人だけ就活を続けることになるかもしれません。周りよりもエントリーするタイミングが遅くなるため、自分だけが内定がない状態になる恐れがあります。

就活を続ける人は、夏から秋にかけて一気に減ります。就職先が決まった友人たちは飲み会へ出かけたり、卒業旅行の計画を立てたりするため、就活が長引くほど取り残された気持ちになるでしょう。

就活を1人で続けることは精神的に辛くなりやすく、自己肯定感が下がる原因になりかねません。まだ周囲が就活を続けている状況であれば、プライベートの時間を削ってでも追いつく努力をすることが大切です。

無職やフリーターになり就活浪人することになる

就活に出遅れたことが原因で無職やフリーターを選び、就活浪人となる方も多くいます。自分らしいキャリアを歩むために就活浪人することは問題ありません。どのような働き方を実現したいのかが明確になっているため、就活浪人になったとしてもリベンジできるでしょう。

一方で、「出遅れたから在学中に就活しない」「なんとなくやる気が出ないからフリーターで生活費を稼ぐ」という安易な考えで就活浪人を選ぶと、将来を台無しにする可能性が高くなります。

就活浪人を選んだことがきっかけで、社会復帰が難しくなるケースがあとを絶ちません。日本の就活市場では、新卒が圧倒的に有利です。本当に就活浪人すべきなのか、大学のキャリアセンターや就活エージェントに相談することから始めてみましょう。

>>おすすめの就活エージェントはこちら

一生後悔する

就活に出遅れて本望ではない企業へ就職すると、一生後悔する原因となります。就活は今後の生活を大きく左右するターニングポイントです。就活がうまくいくかどうかで、将来の明暗が分かれることも珍しくありません。

よくあるのは、第一志望の企業へ就職できず、就職先をなんとなく選んだことが原因でキャリアを棒に振る事例です。そもそも、就職がゴールではなくむしろスタートであり、仕事は定年するまでの生活において約3分の1を占める活動です。

就職先を安易に決めると、やりがいを感じられない毎日を送ることになります。実際に社会へ出ると、「もっと就活を頑張っておけばよかった」と後悔する先輩社員が多くいることを知っておいてください。

就活に全力で取り組まなかったことに対して、社会人になってから後悔しても遅いといえます。周囲よりもかなり出遅れているのであれば、短期間で内定獲得まで支援した実績を持つ就活エージェントの力を借りることがおすすめです。

>>短期間で内定を貰える就活エージェントはこちら

25卒出遅れ組が意識すべきこと

23卒出遅れ組が意識すべきこと

25卒就活に出遅れた場合、何を意識して就活を始めれば良いのでしょうか。ここでは以下の3点にわけて説明します。

それでは詳しく見ていきましょう。

わからないことを明確にする

就活では、どこがわからないのか問題点を明確にする必要があります。やるべきことが多く何からすればいいかわからないと悩む方も多いでしょう。

しかし、具体的につまずいているところがはっきりすれば、対策ができますよね。

例えば、自己分析や企業研究の段階で自信がないと、的確な自己PR志望動機につながりません。

また、面接での話し方や、面接に苦手意識がある場合には、説得力のあるプレゼンスキルを身につけることが必要になります。

キャリア先輩

わからないことは自分じゃ気づきにくいから誰かと分析するのがおすすめだよ!

とにかく壁打ちをする

25卒の出遅れ組に、ためらっている時間はないのでとにかく行動しましょう。

就活には、一定のルールの把握と慣れが必要です。

先輩や友人に頼んで、繰り返し面接の練習を行うと良いでしょう。自分ひとりで面接練習していても課題は見えてきません。

「なぜ?」と深堀りしてもらい自分の考えを言語化することで、新たな気付きが生まれます。他者からの率直な感想やアドバイスを活かして、アウトプットに磨きをかけましょう。

壁打ち相手に悩むなら、業界をよく知る就活のプロに相談しましょう。特にスピード内定を狙えるキャリアパーク就職エージェントがおすすめです。

後輩ちゃん

もう時間はないので実践あるのみですね!

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

行動は同時並行で進める

自己分析やOB訪問などは、全て同時進行で進めましょう。出遅れた分、1つひとつのイベントや準備を順番に行う時間の余裕はありません。

自己分析が十分にできていると、エントリーもスムーズに進めやすいです。実際に複数の企業を見ることで効率良く就活を進められるだけでなく、選択肢も広がります。

先に就活をしている人に追いつくためには、スピード感のある行動を意識することが大事です。

キャリア先輩

一つずつ片づける余裕はないよ!混乱しそうなら就活エージェントに手伝ってもらうのもありだね!

25卒向け就活サイトランキング!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

25卒就活はいつから出遅れになる?

就活白書2024による開始時期の調査によると「卒業年次前年(大学3年生や大学院1年制)9月までの累計」が56.9%と減少した。「卒業年次前年2月までの累計」は80.8%となっています。

24卒では、80%以上が卒業年次前年の2月までに活動を開始していることが分かります。

つまり、現時点でまだ何もしていない人は、順調なスタートを切った人に比べてかなり遅れをとっているということです。

身近な友達がまだ活動していないからといってのんびり構えていると、就活生全体で見たときには取り残されてしまうので注意しましょう。

25卒の出遅れていない就活生のスケジュールは?

就活 何から始めればいい スケジュール

25卒の理想的な就活スケジュールは、おおむね次のような形です。

時期内容
大学3年4月~自己分析
業界・企業研究
大学3年6月~インターンシップ
大学3年12月~ES作成
早期選考
大学3年3月~エントリー
面接練習
大学4年6月~内定

大学3年生の冬というと、インターンシップへの参加や自己分析、業界・企業研究が一段落して、いよいよ選考対策に進むという時期です。

ご自身の状況と比べると、出遅れていることが分かるのではないでしょうか。

遅れを取り戻すためには自分の現在地を把握して、戦略的に就活に取り組むことが大切です。

キャリア先輩

スタートが遅くなるほど不利になってしまうよ。

まとめ:25卒就活の出遅れたなら就活エージェントを利用しよう!

後輩ちゃん

出遅れたなりに動き出しが大切ですね!

25卒就活に出遅れて何からすればいいのかわからない方は、本記事を参考にして今すぐ行動しましょう。危機感を持って行動すれば、挽回する余地は十分にあります

まずは焦らずに、就活スケジュールを把握して優先事項を決めましょう

自己分析を深め、しっかりと面接対策をすることが内定への近道になります。同時進行するためには、的確なアドバイスをくれるプロの手を借りると効率的です。

就活のプロに頼るならキャリアパーク就職エージェントをおすすめします。

厳選されたホワイト企業の中からあなたに合った企業だけを紹介してくれますし、選考対策も丁寧に行ってくれるので、最短1週間で内定が獲得可能です。

就活エージェントを積極的に利用して、スピード感のある就活をしましょう。

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ