MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

【2024最新版】SPIの代行はバレる?依頼するリスク、代行を使わずに突破するコツも解説

後輩ちゃん

SPIテストの勉強は面倒…。代行を利用してもバレませんか?

キャリア先輩

代行は絶対NG! ちゃんと勉強して自分で受けよう…!

SPIは、就活の中で受けることが多い能力検査の1つです。

「Webテストだから代行してもバレないのでは…?」と考える人も多いでしょう。

しかし、SPI受験で代行は絶対に使ってはいけません。必ず自分で受験しましょう。

代行は非常にリスクの高い行為です。もし代行が相手企業にバレた場合、内定取り消しだけでなく今後の就活に影響する可能性があります。

ただ、SPI対策の勉強は大変ですよね。SPIの勉強をしながら効率よく就活するなら、就活エージェントの利用がおすすめです。

就活エージェントなら、Webテストが不要な企業も紹介してくれます。

SPIの勉強に集中するなら
就活エージェント JobSpring
【公式HP】https://jobspring.jp/
  • JobSpringに相談してSPI以外はサポートしてもらおう
  • テストを受けずに選考に進める求人も紹介してもらえます
  • SPI合格後の面接対策やフォローもばっちり!

\ 最短2週間のスピード内定! /

※30秒で登録完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

SPIの代行はできる&違法ではないが絶対ダメ!

SPIはWeb上で受験するため、バレる可能性が低く簡単に代行を依頼できます。

しかし、SPIの代行の依頼はおすすめしません。回答スピードや性格診断の結果からバレる可能性があるからです。

もしバレてしまった場合、間違いなく不利になります。

SPIの代行で犯罪として摘発された例はないようですが、リスクがあることに変わりはないです。

あなたの就活を台無しにしないために、代行の依頼は避けましょう。

>>SPIが全く解けない人必見!全然できない人の特徴やSPI対策のコツを紹介

SPIの代行を依頼するリスク

それでもSPIの代行を依頼するなら、大きなリスクがあるのを覚悟すべきです。

実際どんなリスクがあるのでしょうか?

以下では、バレた場合に起きることを解説します。

内定をもらえない

キャリア先輩

面接で気づかれるかもしれないね。


SPIの結果と面接の印象が違い、SPIの代行がバレることがあります。

代行がバレた場合、筆記試験や面接で即不合格です。

たとえバレなくても、疑わしいと思われれば落とされる可能性は上がります。

企業側としても不正した人をわざわざ採用する必要はないので、内定がもらえないことが多いです。

大学から処分を受ける

後輩ちゃん

大学にバレてしまうかも…


SPIの代行がバレた場合、企業側から大学へ連絡がいき、厳重注意や始末書などの処分が課されることがあります。

学生課を利用しても、今後は企業を紹介してもらえません。

さらには不正の当事者だけでなく企業と大学の信用問題に発展し、翌年以降の就活生の就職活動に悪い影響が出ることもあります。

結果的に自分だけでなく、多くの人に迷惑をかけてしまうのです。

他社にも評判が伝わる

キャリア先輩

「あいつは嘘をついてる」と裏で言われているかも…


SPIの代行がバレると、試験を受けた企業以外に現在受けている企業にも評判が伝わることがあります。

グループ企業を複数社受けている場合や同じ業界の企業を受けている人は、特に注意した方がいいです。

他社に不正行為が伝わった場合、たとえその企業の試験で代行をしていなくても信用されず、落とされるリスクがあります。

自分自身の大きなイメージダウンにつながるのは避けたいですね。

代行を使わずにSPIを突破するコツ

後輩ちゃん

でも、SPIで就活に落ちたくない!

キャリア先輩

しっかり対策すれば大丈夫!

ここまではSPI代行のリスクについて解説しました。しかしSPIは難しく、勉強が大変ですよね。

ここからは代行を使わずにSPIを突破するコツを伝授します。役に立つ資料もあるので必見です!

志望企業のWebテストの形式を把握する

企業が採用しているWebテストには、さまざまな形式があります。

最も一般的なのはSPIですが、最近ではGABやCABといったテストを取り入れる企業も増えています。

もちろんそれぞれに対策が必要です。まずは志望する企業がどの形式のWebテストを採用しているか調べましょう。

おすすめなのが「この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている! 【最新版】」です。

有名企業を始め、昨年度の1300社もの企業のテスト形式をまとめており、その情報が全て記載されています。

キャリアクラス新卒就活

本番の時間を意識して取り組む

志望企業のテスト形式を理解したら、次は問題を解いていきましょう。

本番では回答時間が設定されているため、本番の時間を意識して取り組むことが大切です。

WebテストをPCで受験する場合、制限時間は適性検査30分、能力検査35分です。

特に、Webテストは1問ごとに制限時間があるので注意してください。

決まった時間内に解かなければならないため、いかに効率よく問題を解いていくかが重要になります。

過去問を繰り返し解く

スピーディーに問題を解くためには、問題に慣れておく必要があります。

SPI出題のパターンがある程度決まっているので、過去問を繰り返し解くことで対策しましょう。インターネットで検索すれば過去問が出てきます。

近年採用されているSPIでは、正答率が高いと後半になるにつれて出題される問題の難易度が上がっていきます。

同じ問題を解くだけでなく、難しい問題も解けるように対策しましょう。

【SPI対策】効率的な就活の進め方

Webテストはしっかりと正しい対策をすれば、代行する必要はありません。

十分に対策をして就活を有利に進めましょう。

以下で効率よく就活を進める方法や必読の参考書について解説しますので、参考にしてみてくださいね。

SPI対策本を解く

1つは、SPI対策本を解くことです。「インターネットに過去問があるのでは?」と思うかもしれませんが、対策本にも優れた点があります。

対策本はさまざまなパターンの問題を網羅しているほか、解説も充実している点で学習に向いています。

対策本で問題をしっかり解けるようになって、過去問で実戦練習ができればベストです。

2026最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

created by Rinker
ナツメ社
¥1,430 (2024/06/12 02:35:13時点 Amazon調べ-詳細)
名前2024最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集
おすすめ度
著者オフィス海
出版社ナツメ社
発売日2021年4月20日
ページ数352ページ
価格1,430円
特徴Webテスト&テストセンターの対策ができる

過去のSPIを分析し「最頻出問題」を抜粋した問題集です。

制限時間の対策にも重点を置いており、素早く丁寧に問題を解く方法が解説されています。

テストセンター形式の模擬試験も付属しているので、本書1冊で一通りのWebテスト対策が可能です。

「参考書1冊で対策したい!」という就活生にはぴったりな参考書ですね。

これが本当のSPI3だ! 2026年度版 【主要3方式〈テストセンター・ペーパーテスト・WEBテスティング〉対応】 (本当の就職テスト) 単行本(ソフトカバー)

名前これが本当のSPI3だ! 2024年度版 【主要3方式〈テストセンター・ペーパーテスト・WEBテスティング〉対応】 (本当の就職テスト) 単行本(ソフトカバー)
おすすめ度
著者SPIノートの会
出版社講談社
発売日2021年1月21日
ページ数446ページ
価格1,650円
特徴SPIはこの1冊で網羅できる

Webテストのほかテストセンター、ペーパー方式と主要に採用される3方式についても対応した参考書で、対策本の中では最もボリュームがあります。

受験生の声をもとに制作された問題が並び、再現性の高い問題を多く揃えています。「問題をたくさん解きたい!」という就活生におすすめしたい1冊です。

就活エージェントのサポートを受ける

ジョブスプリング
【公式HP】https://jobspring.jp/
名称JobSpring(ジョブスプリング)
運営企業HRクラウド株式会社
対象学年25卒
強みAI×プロのエージェントによる高精度なマッチング
利用しやすさ対面面談が東京のみ(オンライン対応)
求人内定まで最短2週間の求人を紹介
紹介実績1000社から厳選された3~4社を紹介
サポート早期離職率0.1%を誇る手厚いサポート
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://jobspring.jp/

SPI対策をするなら、就活エージェントの利用がおすすめです。就活のプロが勉強法も一緒に考えてくれるので安心ですね。

また、エージェントではWebテストが不要な企業も紹介してもらえるので「テストが苦手…!」という就活生にもおすすめです。

JobSpring(ジョブスプリング)ではキャリアアドバイザーに相談ができ、自分に合った企業を紹介してくれます。

試験対策と面接対策ができるほか、早期退職率が0.1%なのが大きな魅力です。

\ もう企業選びで迷わない! /

※30秒で登録完了

あわせて読みたい
JobSpringの口コミ評判は?内定率が高いと話題の25卒向け就活エージェントの体験談 JobSpringはおすすめと聞きますが、実際の評判はどうですか? 就活生と企業との正確なマッチングに定評があるよ。 JobSpring(ジョブスプリング)には、「自己分析をさ...

スカウトをもらってSPI免除の選考に進む

offerbox
【公式HP】https://offerbox.jp/
名称OfferBox(オファーボックス)
運営会社株式会社i-plug(アイプラグ)
対象学年25卒
強み学生利用率が非常に高く圧倒的な安心感を誇る逆求人サイト
独自性自己分析診断ツールAnalyzeU+をもとに正確なスカウトマッチング
求人大手からベンチャーまで9,411社以上が掲載
実績オファー受信率93.6%(※プロフィール記入率80%以上)
使いやすさ1分で無料登録、SNSでもログイン可能
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://offerbox.jp/

別の方法として、SPI免除の選考を受ける方法があります。

Offerbox(オファーボックス)企業が興味を持った就活生にオファーをする就活サイトです。

プロフィールを登録しておくと企業から説明会や選考参加のオファーが届き、SPI免除で選考を受けられることがあります。

OfferBoxに登録している企業も大手企業からベンチャー、官公庁などさまざまあるので興味のあるオファーを選ぶことができます。

「SPIはやりたくない!」という就活生もこれなら安心ですね。

\あなたにぴったりの企業が見つかる!/

※60秒で登録完了

あわせて読みたい
【25卒】OfferBox(オファーボックス)の評判口コミは悪い?参加企業やメリット・デメリットを解説 OfferBoxは悪評が多いですね…。 本当にそうかな?待つだけでスカウトがもらえるのはかなり魅力的だよ! OfferBoxは口コミサイトやSNSをみると悪い評判が多いです。しか...

SPIテストとは?

SPIテストは、能力検査(言語+非言語)と性格検査で構成されたWebテストの一部です。

「学歴や職歴などの表面的な情報だけではなく、個人の資質をベースとした採用選考に寄与したい」との考えから1974年に開発されました。

このテストは個人の能力と性格両方の側面から総合力を問うものです。企業はこの結果をもとにして、採用選考の判断材料や採用後の配属先選定の参考資料に活用します。

自社との相性を判断されるため、就活生の皆さんは、入社後のギャップをなくすためにも偽りなくしっかりと回答しましょう。

SPIを実施している企業は多い

Webテストには主にSPI、CAB、GABなど多様な種類がありますが、SPIは最もメジャーに採用されているテストです。

2142社中、WEB上での適性検査を行っている企業は48.4%で、上場企業462社では73.6%、非上場企業1680社では41.8%と半分近くの企業がSPIを採用しています。

特に応募者が多く、書類選考の倍率も高い上場企業ではSPIの結果も合否に大きく影響するでしょう。

まとめ:SPI対策を万全にして就活を攻略しよう!

就活エージェント JobSpring
【公式HP】https://jobspring.jp/

多くの企業はSPIの選考を通過すると、その後の採用選考に進んでいきます。

SPIは就職の選考はもちろんのこと、採用後の配属にも影響する重要なテストです。

しっかりと対策して臨み、他のライバルにスタートで差をつけましょう。

また、SPI対策をしながら就活エージェントを併用して、SPIに合格した後の対策も進めておきましょう

面接の対策を徹底的にやるなら、内定までしっかりとサポートをしてくれるJobSpringを利用するのがおすすめです。

\ もう企業選びで迷わない! /

※30秒で登録完了

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ