MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いを4項目で徹底比較

転職サービスを利用する際に「リクルートダイレクトスカウト」と「リクルートエージェント」が見つかり、どこが違うのか迷う人が多いです。

本記事では、リクルートダイレクトスカウトの特徴とリクルートエージェントとの違いについて解説します。

本記事でわかること
  • リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントとの違いや評判
  • どちらの利用がおすすめなのか
  • 転職エージェントを利用するポイント

年収800万円以上のハイクラス転職を目指す人ならリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。幅広い求人と出会いたい人や自分のレベルに合った求人を探している人はリクルートエージェントを利用しましょう。

\転職後の平均年収938万円!/

\業界最大級の求人数!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

【一覧比較】リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違い

名前リクルートダイレクトスカウトリクルートエージェント
イメージ
リクルートエージェント
仕組みスカウト型転職サービスエージェントサービス
利用年齢層20代〜40代20代〜40代
得意分野メーカー / コンサルティング / 商社全職種に対応
求人数公開求人:398,165件
非公開求人:非公開
(2023年2月13日現在)
今の求人数:公式HP参照
公開求人:348,112件
非公開求人:274,138件
(2023年2月13日現在)
今の求人数:公式HP参照
主な求人年収年収800万円以上年収600万円以下
スカウトの有無

両者における違いは、取り扱っている求人の種類とスカウトの有無です。

リクルートダイレクトスカウトでは、年収800万円以上のハイクラス向けの求人を多数取り扱っています。リクルートエージェントでは、年収にこだわらず幅広い職種を検討したい人に使いやすいです。

またリクルートダイレクトスカウトでは、スカウト機能がありヘッドハンターや企業から直接スカウトをもらえます。リクルートエージェントではスカウト機能はありませんが、担当のキャリアアドバイザーが紹介してくれることがあります。

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントを4項目で徹底比較

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントを4項目で徹底比較

続いては、リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントを4項目に分けて比較していきます。

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの比較項目

サービスの仕組み

名前リクルートダイレクトスカウトリクルートエージェント
サービスの仕組みスカウト型転職サービスエージェントサービス

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターや企業からスカウトが届くスカウト型転職サービスです。

ヘッドハンターとは、提携する転職エージェントのコンサルタントのことを指します。ヘッドハンターは保有している求人と条件が合う人を探しているため、スカウトが届く仕組みです。

リクルートエージェントは、担当のキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれる仕組みです。

サポート内容は、履歴書など提出書類の添削や面接対策、非公開求人の紹介など転職における幅広い分野を支えてくれます。

得意分野

名前リクルートダイレクトスカウトリクルートエージェント
得意分野メーカー / コンサルティング / 商社全職種に対応

リクルートダイレクトスカウトはメーカーやコンサルティング、商社などを得意としています。主にハイクラス向けの求人を取り扱っており、年収アップを狙っている人におすすめです。

一方リクルートエージェントは、全職種に対応しており幅広い求人に対応可能です。ハイクラスの求人ではなく幅広い求人に対応しているため、業界を決めていない人の転職に役立ちます。

求人数

名前リクルートダイレクトスカウトリクルートエージェント
求人数公開求人:398,165件
非公開求人:非公開
(2023年2月13日現在)
公開求人:348,112件
非公開求人:274,138件
(2023年2月13日現在)

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントのどちらも公開求人数が30万件を超えている大規模な転職サービスです。

リクルートエージェントは非公開求人数が27万件となり、公開・非公開合わせると求人数が60万件を超えています。

取り扱っている求人数はどちらも多く、あまり差はありません。

スカウトの有無

名前リクルートダイレクトスカウトリクルートエージェント
スカウトの有無

リクルートダイレクトスカウトではスカウト機能があり、ヘッドハンターからだけではなく企業からもスカウトが届きます。

プロフィールを充実させておくことで、企業からのスカウトが届く可能性が上がります。またスカウトから選考まで直接進めることができるので、スムーズです。

リクルートエージェントでは、スカウト機能はありません。しかし担当のキャリアアドバイザーから求人を紹介されることはあります。

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントどっちがおすすめ?

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントどっちがおすすめ?

続いては、リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントどちらの利用がおすすめなのか紹介していきます。

リクルートダイレクトスカウトがおすすめな人

リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめな人は以下のとおりです。

リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめな人
  • 年収800万円以上のハイクラス転職を目指す人
  • スカウト機能を使って効率的に転職活動を進めたい人
  • キャリアアップを目指したい人

リクルートダイレクトスカウトは年収800万円以上のハイクラスな求人を多数取り扱っています。

現職の年収よりも高い年収や一段上のレベルの企業へ転職したい人におすすめです。

\転職後の平均年収938万円!/

※無理な勧誘はありません

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

リクルートエージェントがおすすめな人

リクルートエージェントの利用がおすすめな人は以下のとおりです。

リクルートエージェントの利用がおすすめな人
  • 幅広い求人と出会いたい人
  • 年収600万円以下の人
  • 一貫した転職サポートを受けたい人

リクルートエージェントは幅広い業界の求人があるため、まだ転職先の業界を絞れていない人におすすめです。

また、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを受けて転職活動を進めていきたい人はリクルートエージェントの利用が向いています。

\業界最大級の求人数!/

※5分で登録完了

あわせて読みたい
リクルートエージェントの体験談!異業種転職と正社員転職の2パターンを紹介 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの口コミ・評判

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの口コミ・評判

続いては、リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの口コミ・評判を紹介します。

それぞれの利用者の声を集めましたので、ぜひ参考にしてください。

リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判

リクルートダイレクトスカウトに登録したら、ヘッドハンターに結構声かけられてびっくり。

クソみたいな会社に在籍してたんだけどなぁ。

もしかしたら前の会社よりも年収が2倍くらい上がるかも!!

— (@kaede_kig) August 2, 2022

私も3社の転職で年収によって活用する転職サイト、エージェントは変化しました。
年収1000万円オファーのときは、リクルートダイレクトスカウトからのヘッドハンティングでした。motoさんがおっしゃってるように年収によって転職サイトを使い分けることは大切です。 https://t.co/xdTW8oXWZn

— いつき|副業転職のススメ (@itsuki_career) November 4, 2022

さて、履歴書と職務経歴書の大枠はできた。
あとはそれを掘り下げてメモ作っておこう。
それが出来たらヘッドハンターさんと面談だな。
リクルートダイレクトスカウトありがとう(まだ何も決まっていないが案件紹介だけで既にありがたい)

— じょせ (@cocoon_Q) November 9, 2022

リクルートダイレクトスカウトでは、利用者の声からも年収アップが期待できるサービスだとわかります。

ヘッドハンターのスカウトから年収1,000万円を超えることもあるため、ハイクラスの求人を探している人にとって、満足度の高い転職サービスです。

リクルートエージェントの口コミ・評判

求人数は多ければ多いほどいい!求人は、未来の可能性だから。たくさんの可能性の中から、未来を選択できる方が自分の未来は広がりますよね。ちなみに求人数が一番多いのはリクルートエージェントで約30万。一方、マイナビ転職は約1万。どの転職サービスを選ぶかで未来が変わるので注意!

— リクオ | 超在宅サボリーマン (@rekuojob) November 23, 2021

リクルートエージェントさんと初の面談。
今後の流れなど丁寧にご説明頂けて印象◎✨
保有求人案件数が多いエージェントなので、これからどのような求人が届くか楽しみだ‼︎

エージェントさん曰く、私はベンチャー企業などが合ってるらしい。
最近、よく言われる気がするのは気のせいかな?#転職

— ポンポン@酒好きワンピース好き競馬好きリーマン‍ (@pon_relaxlife) April 29, 2021

転職エージェント選びに悩んだらリクルートエージェントを選べば間違いないです。業界最大手で求人数がとにかく多い。そして、優秀なコンサルタントも多い。大手なので転職支援の仕組みも整っています。『悩んだらリクルート』この選択に間違いはないです。

— オリーブ | カフェコンサルタント×MBA×調理師免許 (@olive_blog7) September 4, 2022

リクルートエージェントは幅広い職種に対応している転職エージェントです。また求人数も業界トップクラスであるため、業界をまだ絞っていない人は良い求人に出会える可能性が広がります。

求人の幅は業界だけではなく地域の幅も広く、全国の求人を取り扱っています。都市圏に限らず地方への転職を考えている人にとってもおすすめの転職エージェントです。

あわせて読みたい
リクルートエージェントの面談はどんな感じ?利用者の感想や面談内容・流れを解説 「リクルートエージェントの面談で何を話したらいいか分からない」「エージェントって怖いのかな…」と悩んでいませんか? 本記事では、リクルートエージェントの面談を...

リクルートダイレクトスカウトかリクルートエージェントかを選ぶポイント

リクルートダイレクトスカウトかリクルートエージェントかを選ぶポイント

リクルートダイレクトスカウトかリクルートエージェントかを選ぶポイントはあなたの転職目的に合っているかが重要です。

どちらも同じリクルート系列のサービスですが、仕組みや特化している対象者が異なります。

仕組みの違いは「スカウト機能の有無」や「キャリアアドバイザーに担当してもらい転職を進めたいか」など考えることが大切です。

また対象者では「どの程度のレベルの求人を探しているのか」や「どんな業界に転職したいか」を見極めることによっておすすめの転職サービスが変わります。

リクルートダイレクトスカウトの登録から転職成功までの流れ

リクルートダイレクトスカウトの登録から転職成功までの流れ
STEP
公式HPにアクセス

リクルートダイレクトスカウトの公式HPにアクセスしましょう。

STEP
会員登録

公式HPにアクセスしたら「会員登録(無料)」をクリックし、次のページでメールアドレスを入力し登録します。

STEP
プロフィール・レジュメを入力

会員登録後はプロフィールとレジュメを作成しましょう。プロフィール内容は充実させておくと転職活動で有利に働きます。

STEP
企業の選考へ応募

求人検索で希望に合う企業を見つけたり、スカウトで良い企業から連絡がきたりしたら選考に進みましょう。

STEP
選考

企業の選考フローに従い、履歴書提出や面接など選考を進めます。

STEP
内定

企業側から合格通知が来れば内定です。

リクルートダイレクトスカウトと併用すべき転職サービス5社を比較

求人数得意分野スカウト機能
リクルート
ダイレクトスカウト
公開求人:398,165件
非公開求人:非公開
メーカー / コンサルティング / 商社
リクルート
エージェント
公開求人:348,112件
非公開求人:274,138件
全職種に対応×
ビズリーチ公開求人:86,122件
非公開求人:非公開
経営管理 / 営業 / IT
JACリクルートメント公開求人:15,110件
非公開求人:非公開
商社 / WEB系 / 不動産 / 営業
(コンサルタントのみ)
doda公開求人:185,810件
非公開求人:39,214件
IT / 機械 / 総務 / 人事 / 販売サービス

※2023年2月13日現在

スカウト機能があるリクルートダイレクトスカウトやビズリーチ、dodaは待つ転職ができます。

求人数はリクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントが多いため、転職の幅が広いサービスだといえます。

またリクルートエージェントは求人数が多いだけではなく全職種に対応しているため、登録しておいて損はありません。

よくある質問

よくある質問

続いてはリクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントについてよくある質問を紹介します。

20代でも利用できる?

どちらも20代でも利用できます。

しかしリクルートダイレクトスカウトでは、マネジメント経験や高い専門スキルを持っていないと20代での採用は厳しいです。

利用者はハイクラスな求人やキャリアアップを狙っている人が多いため、利用者のレベルも高い転職サービスとなっています。

一方リクルートエージェントは20代を歓迎している転職エージェントです。幅広い職種に対応しているので、20代に合った求人を見つけやすくなっています。

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトは20代でも利用できる?おすすめのできる人とできない人の特徴を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上の求人を多数保有しているハイクラス向けスカウト型サービスです。 経歴やスキルを登録しておけば優良な企業からスカ...

リクルートダイレクトスカウトは現職の会社にバレる?

リクルートダイレクトスカウトを利用しているだけでは、現職の会社にバレません。

理由としてリクルートダイレクトスカウトでは、個人が特定できるほどの情報は公開されていないからです。

スカウト機能を行う際に、探す側になる企業やヘッドハンターが閲覧できるのはスキルや経歴のみです。個人情報まで閲覧はできません。

したがってリクルートダイレクトスカウトでは現職の会社に利用がバレないといえます。

あわせて読みたい
リクルートエージェントの利用は今の会社にばれる?気をつけるべきポイントやおすすめの設定を紹介 転職活動を始めるなら、手厚いサポートを受けられるリクルートエージェントがおすすめです。 しかし、利用したことで転職活動をしていることが、会社にばれるのではと心...

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントって連携できるの?

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの連携はできません。

しかしリクルートダイレクトスカウトに登録をしておくと、リクルートエージェントからスカウトが届くことがあります。

連携はできませんが、運営元が同じ株式会社リクルートだからこそ可能なサービスだといえます。

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントをうまく使い分けよう!

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントには、それぞれの魅力があります。

リクルートダイレクトスカウトは「ハイクラスの求人を探している人」「前職から年収アップを狙っている人」「スカウト機能を利用したい人」におすすめです。

一方リクルートエージェントは「まだ転職したい業界が決まっていない人」「ハイクラスの求人でなくても良い人」「転職エージェントにサポートしてもらいたい人」が利用すると良いです。

転職活動におけるあなたの軸を見極め、リクルートダイレクトスカウトリクルートエージェントをうまく使い分けましょう。

\転職後の平均年収938万円!/

\業界最大級の求人数!/

あわせて読みたい
ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント20選|年代別のおすすめサービスや利用のポイントを徹底解説 一般向け転職エージェントで高年収の求人案件を探すのは困難です。取り扱い件数が少ないうえに、なかなか公開されるものではありません。 そのため、総合型の転職エージ...
あわせて読みたい
リクルートエージェントと面談したくない時は無視して大丈夫?面談なしの転職サイトを紹介 リクルートエージェントに登録していますが、面談を受けたくなくて退会しようか迷っている方も多いでしょう。 結論リクルートエージェントは面談なしでも利用できる! ...
あわせて読みたい
リクルートエージェントは30代におすすめ?30代が利用すべき理由を解説 「30代で転職はやっぱり厳しいのだろうか……」「転職エージェントでも30代は相手にしてもらえないのでは?」このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 30代の...
あわせて読みたい
doda Xとリクルートダイレクトスカウトの違いを徹底比較 | 自分に合った転職サービスを選ぶポイントとは 本記事でわかること doda Xとリクルートダイレクトスカウトの違い doda Xとリクルートダイレクトスカウトが向いている人 自分に合った転職サービスを選ぶポイント doda ...
あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを6項目で徹底比較!選ぶポイントやおすすめの活用方法... リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、どちらもハイクラス向けのスカウト型転職サービスです。一見すると同じようなサービスに見えますが、両者は強みやメリッ...
あわせて読みたい
ビズリーチとリクルートエージェントの違いを6項目で徹底比較 | サービスをフル活用して転職を成功させよう ビズリーチとリクルートエージェントは、どちらも大手転職サービスです。一見「同じようなサービス」と捉えがちですが、強みやメリットはそれぞれ異なります。 あなたの...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ