MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

リクルートダイレクトスカウトは20代でも利用できる?おすすめのできる人とできない人の特徴を紹介

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上の求人を多数保有しているハイクラス向けスカウト型サービスです。

経歴やスキルを登録しておけば優良な企業からスカウトが来る可能性もあり、登録を検討している人は多いでしょう。しかし「20代でも利用できるのか」「自分に向いたサービスなのか」迷っている人もいるはずです。

そこで本記事では、リクルートダイレクトスカウトは20代でも利用できるのかを解説します。20代でリクルートダイレクトスカウトを利用しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

本記事でわかること
  • リクルートダイレクトスカウトは20代でも利用できるのか
  • リクルートダイレクトスカウトの利用に向いている人・いない人
  • 20代がリクルートダイレクトスカウトを活用するうえでのポイント

20代でスキルや経験に自信があり、さらなるキャリアアップ・年収アップを狙いたい人には、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。管理職・専門職などの優良求人を多数扱っています。自分の市場価値の確認にもなるため、高年収を目指す人はぜひ登録しましょう。

【公式】https://directscout.recruit.co.jp/

\年収アップ確実の案件多数!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

リクルートダイレクトスカウトは20代でも利用できる?

リクルートダイレクトスカウトは20代でも利用できます。サービスの登録・利用に年齢や年収などの制限はとくに設けられていません。

登録する際に入力する「匿名レジュメ」に記載されたスキル・経験が企業やヘッドハンターの目にとまれば、20代でも高年収の企業へ転職できる可能性があります。

自分の経歴や能力に自信のある人は、ぜひリクルートダイレクトスカウトに登録しましょう。

\20代から年収大幅アップ!/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

キャリアアップ・年収アップを目指す20代がリクルートダイレクトスカウトに登録すべき理由

キャリアアップ・年収アップを目指している20代に、リクルートダイレクトスカウトがおすすめな理由は次の2点です。

キャリアアップ・年収アップを目指す20代がリクルートダイレクトスカウトに登録すべき理由

ビジネスパーソンとしてさらなる高みを望んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

自分の市場価値を確認できる

リクルートダイレクトスカウトは、自分のスキルや経験にマッチしたスカウトが届く「スカウト型サービス」です。転職市場に精通したプロのヘッドハンターからマッチした企業を紹介されるため、自分の市場価値を正確に把握できます。

スカウトのみならず、ヘッドハンターにキャリア相談も可能です。必ず転職する必要はなく、自分の市場価値を知るための利用もできるでしょう。

「スカウトサービスではお金がかかるのではないか」と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、リクルートダイレクトスカウトはすべてのサービスを無料で利用できます。自分の市場価値を探るためにもぜひ利用しましょう。

高年収・管理職の求人が豊富にある

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス向けのサービスだけあって、高年収・管理職の求人を多数保有しています。サービス利用者の転職決定年収は「平均938万円以上」です。

扱っている求人の具体例を紹介します。

リクルートダイレクトスカウトが保有する求人の具体例
  • 年収800万〜2000万円の高収入求人
  • 管理職求人
  • 専門職求人
  • 非公開の優良求人

求人検索では年収条件の下限が「600万円」に設定されており、ハイクラス向け求人のみ厳選して扱っていることがわかります。

年収アップ・キャリアアップを目指す20代は、高年収・管理職の求人が豊富なリクルートダイレクトスカウトに登録しましょう。

\20代から年収大幅アップ!/

リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめの20代の特徴

20代でリクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめなのは次のような人です。

リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめの20代の特徴

リクルートダイレクトスカウトを利用しようと考えている人は、自分が上記の点に当てはまるかチェックしてみましょう。

年収600万以上の20代

現在働いている会社で年収600万円以上の人は、リクルートダイレクトスカウトに登録したあと、優良企業からのスカウトが期待できます。

国税庁が調査した平均給与に関する調査によると、25〜29歳の平均年収は373万円です。そのため20代で600万円以上稼いでいる人は、平均を大幅に上回る給与に裏付けされたスキル・実績があるといえます。

20代でも高い能力・経験があればハイクラス転職が可能です。20代で年収600万円以上の人は、ぜひリクルートダイレクトスカウトに登録して優良企業のスカウトを受けましょう。

前職での実績に自信がある人

前職で高い実績を残し、自分のスキルに自信がある人にもリクルートダイレクトスカウトはおすすめです。次のような実績を持つ人が該当します。

前職での実績の具体例
  • 社内で賞をとった
  • 営業で過去最高売り上げを達成した
  • 部署内でMVPを取得した

20代でも高い実績があれば、ヘッドハンターや企業に評価されてハイクラス転職も可能です。

難関資格を持っており専門性がある人

取得が難しい難関資格を持っている人は、リクルートダイレクトスカウトへの登録を検討しましょう。専門性の高い仕事ができる人はヘッドハンターの目にとまりやすく、優良企業からのスカウトが届きやすい傾向です。

難関資格の例は次のとおりです。

難関資格の例
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 司法書士

難関資格を所持している人はスカウトされやすくなるため、匿名レジュメに必ず記載しましょう。

リクルートダイレクトスカウトの利用をおすすめしない20代の特徴

次に、20代でリクルートダイレクトスカウトの利用をおすすめできない人の特徴を解説します。

リクルートダイレクトスカウトの利用をおすすめしない20代の特徴

リクルートダイレクトスカウトに登録する前に、ぜひチェックしておきましょう。

年収600万円以下の人

現在働いている会社で年収600万円以下の人は、リクルートダイレクトスカウトの利用はおすすめできません。リクルートダイレクトスカウトは年収600万円以下の求人を基本的に対象としておらず、紹介できる求人がほぼ存在しないためです。

リクルートダイレクトスカウトに登録審査はありません。ただし600万円以上の年収がないとスカウトが届かない場合もあります。

年収600万円以下の人は、幅広い層に対応した求人を取り扱う転職エージェントの利用がおすすめです。

未経験業界・職種へ挑戦したい人

未経験業界・職種へチャレンジしたい人にも、リクルートダイレクトスカウトは向いていません。リクルートダイレクトスカウトは、即戦力を募集する求人メインのハイクラス向け転職エージェントだからです。

未経験でも転職できる未経験歓迎求人や、異業種転職のサポートを期待する人にもおすすめできません。未経験の業界や職種へ挑戦したい人は、「マイナビエージェント」のような未経験歓迎の案件を多数保有している転職エージェントに登録しましょう。

\未経験の転職にも強い!/

20代がリクルートダイレクトスカウトをうまく利用する方法

「自分がリクルートダイレクトスカウトに向いていることはわかった!でもどうやって活用すればいいんだろう?」と疑問を抱く人もいるはずです。

20代がリクルートダイレクトスカウトを利用する際は、次の点を押さえておきましょう。

上記の3つを実行すれば、条件のよい求人・希望にあう求人と出会いやすくなります。詳しく解説していくため、ぜひ参考にしてください。

積極的にヘッドハンターと連絡を取る

リクルートダイレクトスカウトを利用する際は、積極的にヘッドハンターと連絡を取りましょう。頻繁に連絡を入れることで、熱意や積極性を評価されて手厚いサポートが期待できます。

リクルートダイレクトスカウトは匿名レジュメを入力すれば待つだけでスカウトが届くサービスですが、自分から相談も可能です。効率的に求人紹介を受けたい人は、希望の条件の求人を見つけてもらえるよう働きかけましょう。

複数の転職サービスと併用する

リクルートダイレクトスカウトのみならず、複数の転職サービスを利用すると転職活動を有利に進められます。複数の転職サービスに登録するメリットは次のとおりです。

複数の転職サービスに登録するメリット
  • さまざまな求人と出会える
  • 選考対策が充実したサービスもある
  • 特定の年齢・業界に特化したサポートも得られる

リクルートダイレクトスカウトだけを利用していると「求人の選択肢が狭まる」「サービスの比較ができない」などのデメリットがあります。

あわせて読みたい
転職エージェントは複数掛け持ちした方がいい?複数の転職エージェントを使うメリット・デメリットを紹介 本記事でわかること 転職エージェントを複数掛け持ちするメリット 転職エージェントを複数掛け持ちするデメリット 複数の転職エージェントを登録するときの選び方 転職...

職務経歴書やプロフィールを充実させる

リクルートダイレクトスカウトで登録する「職務経歴書」や「プロフィール」はできる限り内容を充実させましょう。記載欄に空白があったり内容が不十分だったりすると、スカウトが届きません。

企業にとって魅力的に感じる内容に仕上げれば、スカウトが来る確率や選考通過率が上がります。自分の魅力を具体的に伝えられるよう、職務経歴書やプロフィールは常に磨き上げておきましょう。

あわせて読みたい
職務経歴書の書き方を徹底解説|書き方がわからない転職初心者にも簡単に説明! 転職初心者の方にとって、最初に苦戦するのは職務経歴書の書き方です。 「具体的に何をどのように書けばいいかわからない…」と言う方がほとんどではないでしょうか。 本...

20代におすすめのリクルートダイレクトスカウト以外の転職エージェント・サイト

リクルートダイレクトスカウト以外で20代におすすめの転職サイトは次の2つです。

20代におすすめのリクルートダイレクトスカウト以外の転職エージェント・サイト

リクルートダイレクトスカウトを利用する人も、ぜひ併用を検討してください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代・30代に人気の転職エージェント
  • リクルートダイレクトスカウトでは扱っていない未経験歓迎が豊富
  • 各業界・エリアに精通したプロからの転職サポート

マイナビエージェントは、20代・30代の転職に強い転職エージェントです。キャリアの浅い20代・30代から高い人気を得ています。

未経験歓迎の求人を多数保有している点が特徴です。スキルが不足している人でもポテンシャル採用を期待できる求人が多く、異業種への転職も見込めます。

各業界やエリアに特化した専任のキャリアアドバイザーから、業界の内情や選考で有利になるアドバイスなどを期待できる点もメリットです。

マイナビエージェントを利用すれば、リクルートダイレクトスカウトではカバーできない「未経験・異業種への挑戦」や「転職サポート」などを受けられます。求人の選択肢を広げたい人は、ぜひマイナビエージェントに登録しましょう。

▼マイナビエージェントの口コミ

\スキルに不安あってもOK/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

JACキャリア

JACキャリア
【公式】https://www.jac-career.jp/
名前JACキャリア
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラスの20代
公式HPhttps://www.jac-career.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14階
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段電話・メール
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACキャリアの特徴
  • ハイクラス転職のJACリクルートメントが展開する20代向けハイクラス転職サービス
  • グローバル企業や管理部門への転職実績が豊富
  • 企業幹部と太いパイプを持つアドバイザーが多数在籍

JACキャリアは、20代をターゲットとしたハイクラス向け転職サービスです。30〜50代のハイクラス人材の転職に特化したJACリクルートメントが運営しています。

ハイクラス転職に高い実績を誇るJACリクルートメントが運営しているだけあり、グローバル企業や管理部門など、ハイクラスの求人が豊富です。対象は20代のため、若いうちからハイクラス転職を狙えます。

企業の経営層と深いつながりを持つ人材が多数在籍している点も魅力です。企業の詳しい情報や選考対策などのサポートを受けられます。

スキルや実績に自信のある20代の人や、年収アップ・キャリアアップを目指す人におすすめのサービスです。

▼JACキャリアの口コミ

Review Image
男性(20代)
20代のハイクラス転職に特化しているだけあって、将来を見据えた求人提案はさすがだと感じました。今後管理職を目指す20代は利用すべき転職エージェントだと思います。採用が見送られてしまった時も原因をフィードバックしてくれ、次に活かすことができました。
Review Image
女性(20代)
自分の希望に沿った求人を提案してくれました。紹介してくれた企業の雰囲気や採用背景なども教えてくれるので、入社後のミスマッチが少ないと思います。

\20代から管理職を目指せる/

あわせて読みたい
JACキャリアの評判・口コミは?実際の利用者の声からわかるメリット・デメリットを解説 JACキャリアはIT・デジタル領域/管理部門の求人を豊富に扱う、20代のハイクラス人材に特化したサポートが受けられる転職エージェントです。 本記事では、利用者の声から...

よくある質問

20代がリクルートダイレクトスカウトを利用するうえでよくある質問を紹介します。

詳しく見ていきます。

リクルートダイレクトスカウトは誰でも利用できる?

リクルートダイレクトスカウトは登録に制限を設けていないため、誰でも利用できます。ただし利用できるからといって、必ずスカウトが届くとは限りません。

登録した職務経歴書やプロフィールに目を引く点がないと、スカウトがまったく来ない可能性もあります。本記事で紹介した「リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめの人・おすすめできない人」を参考にしてから、利用を検討してください。

リクルートダイレクトスカウトの登録から内定までの流れは?

リクルートダイレクトスカウトの利用登録から内定までの流れを紹介します。

▼リクルートダイレクトスカウト登録から内定までの流れ

STEP
公式サイトで会員登録する

リクルートダイレクトスカウトの公式サイトにアクセスし、無料登録を行う

STEP
匿名レジュメを提出する

氏名や生年月日などの基本情報と、経歴やスキルなどの情報を入力する

STEP
スカウトを待つ

スカウトが届いているかチェックする

STEP
応募・選考を進める

スカウトが来たら、気になった求人に応募して選考に進む

STEP
内定獲得

最終選考を通過したら内定獲得となる

無料登録してレジュメを作成・提出したら、基本的にはスカウトが届くまで待ちます。届いたスカウトから気になる案件を選んで応募し、選考を最後まで進めれば内定獲得です。

リクルートダイレクトスカウトの利用が多い年代は?

リクルートダイレクトスカウトを利用する年代の多くは、30〜50代です。若手向けではなく即戦力のハイクラス層を対象とした転職エージェントのため、年齢層は高い傾向にあります。

ただし年収600万円以上の人や専門性の高い希少なスキルを持っている人であれば、20代でもリクルートダイレクトスカウトを十分利用可能です。

リクルートダイレクトスカウトはハイクラスの20代の方におすすめ!

リクルートダイレクトスカウトは、年収600万円以上、スキルや実績に自信のある20代におすすめです。年収600万円以下の人やスキルに自信のない人はスカウトが届きにくく、リクルートダイレクトスカウトはおすすめできません。

ハイクラスの20代はスキル・実績を活かして、リクルートダイレクトスカウトでハイクラス転職を狙いましょう。自分のスキルや経験に自信がない人、未経験の業界に挑戦したい人はポテンシャル採用を見込めるマイナビエージェントがおすすめです。

\20代から年収大幅アップ!/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いを4項目で徹底比較 転職サービスを利用する際に「リクルートダイレクトスカウト」と「リクルートエージェント」が見つかり、どこが違うのか迷う人が多いです。 本記事では、リクルートダイ...
あわせて読みたい
doda Xとリクルートダイレクトスカウトの違いを徹底比較 | 自分に合った転職サービスを選ぶポイントとは 本記事でわかること doda Xとリクルートダイレクトスカウトの違い doda Xとリクルートダイレクトスカウトが向いている人 自分に合った転職サービスを選ぶポイント doda ...
あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | 両方を活用してハイクラス転職を... リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、どちらもハイクラス向けのスカウト型転職サービスです。一見「同じようなサービス」と考えがちですが、両者は強みやメリ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ