MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

円満退職するにはどうすればいい?「おすすめの退職理由」と「伝え方の例」を紹介

本記事でわかること
  • おすすめの退職理由と伝え方の例
  • 円満退職できない悪い例
  • スムーズに転職する方法


会社を辞める際は、どんな理由であれ円満退職を目指すことが重要です。

転職や独立の際、過去の職場との良好な関係が将来的に役立つ可能性があります。業界内での評判は重要で、特に同業他社への転職の場合、悪い噂はすぐに広まります。

また、以前の会社が将来の顧客になることもあります。元の会社で築いた信用は次の職場でも価値があり、円満退職はその信用を維持する上で必要です。

この記事では、円満に退職するための方法を紹介し、転職や独立を成功させるための心構えを提供します。

スムーズに転職したい場合は、転職エージェントに相談すると良いでしょう。おすすめはマイナビエージェントです。転職希望者の声にしっかりと耳を傾けてサポートすることを強みとしています。そのため、転職初心者の方には特におすすめです。

\自分に合った仕事が見つけられる/

>>公式HPを見る

あわせて読みたい
【体験談】退職を切り出せない方必見!ビビりの私が退職を切り出した方法まとめ|タイミング・やっては... 行きたい企業に内定を貰ったら、退職交渉をしなければいけません。今の上司に言うのも緊張するうえに、「退職する人」と見られるのは、想像しただけでも気まずいのが本...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

なぜ円満退職が重要なのか?

円満退職することが重要な理由として、主に次の2つが挙げられます。

以下では、2つの理由について詳しく解説します。

上司や同僚が人脈になる

円満退職できれば、上司や同僚が人脈になります。横のつながりを大切にしておけば、転職後に上司や同僚が顧客や協業関係になる可能性が少なくありません。何かあったときに助けてもらえたり、貴重な情報を提供してもらえたりすることもあります。

一方で円満退職できなければ、上司や同僚が敵になるかもしれません。クライアントを巡ってライバル関係になるほか、自分に何かあったときに気にかけてもらえなくなるでしょう。円満退職を進めて、上司や同僚と良好な関係を築けるようにすることが大切です。

転職後に評判が回る可能性がある

悪い辞め方をすると、転職後に評判が回る可能性があります。悪い辞め方とは、引き継ぎを中途半端にしたり、退職交渉で揉めたりするような辞め方のことです。

例えば、同僚の知人が転職先にいる場合、職場と揉める形で退職すると悪い噂が広まるケースがあります。転職先で「トラブルを起こす人」「無責任な人」などと噂が流れると、新たな職場で人間関係を構築したり、仕事に取り組んだりすることが難しくなるでしょう。

人脈はどこでつながっているかわかりません。円満退職を進めて、揉め事がおこならないように務めることが重要です。

円満退職するための正しい伝え方

円満退職するためには、退職する旨を正しく伝えることが欠かせません。伝え方に配慮がなければ、現職の上司や同僚と揉めてしまう恐れがあります。

円満退職するためには、下記で挙げる伝え方を実践することが大切です。

以下では、5つの項目について詳しく解説します。

直属の上司に伝える

円満退職するためには、退職する旨を直属の上司へ初めに伝えることが重要です。そもそも、退職する旨を直属の上司へ伝えることは、社会人としての基本的なマナーです。

例えば、部長や人事部などへ退職することを初めに伝えると、直属の上司のメンツをつぶす行為となります。直属の上司が周囲から、自分の部下も管理できない上司といわれる可能性もゼロではありません。

部署内での統率が取りにくくなる原因にもなるため、退職することは直属の上司へ最初に伝えましょう。

不平不満は心にしまって退職理由を伝える

退職する方のなかには、今の職場に不平不満を抱えている人も多くいるでしょう。しかし、退職理由を伝える際は、不平不満などのネガティブに捉えられる内容は話さないことが大切です。

「働き方が合わない」「やりがいを感じない」などと退職理由で伝えてしまうと、話を聞く側にとっては不快な気持ちになります。抱えている不平不満を伝えることで自分自身はすっきりするかもしれませんが、上司や部下からの評判は下がってしまうでしょう。

退職すると今抱えている不平不満から解放されます。不平不満を伝えて敵を増やす行為は、控えることがおすすめです。

退職希望日の1ヶ月以上前に伝える

円満退職を望む方は、退職希望日の1ヶ月以上前に辞めることを伝えましょう。急に辞めることを伝えると、中途半端な状態で引き継ぎが終わり、上司だけでなく引き継ぎを担当する方からの印象が悪くなります。

抱えている業務量によるものの、1ヶ月以上あれば引き継ぎとあわせて有休消化をすることが可能です。退職するまでに時間があるため、しっかりと引き継ぎできるだけでなく、業務効率化に向けたサポートもできるでしょう。

基本的には、就業規則に退職希望日を伝えるルールが記されています。円満退職したい方は、退職する前に就業規則に目を通しておくことが大切です。

感謝の気持ちも伝える

感謝の気持ちを伝えることも、円満退職するために欠かせません。いくら不平不満を抱えていたとしても、仕事を進めるなかで、わからない部分を質問したり、処理しきれない業務を手伝ってもらったりした経験があるでしょう。

感謝の気持ちを伝える際は、一人ずつのデスクへ足を運び、仕事にまつわるエピソードを交えることが大切です。エピソードを交えながら感謝の気持ちを伝えることで、丁寧な印象を持ってもらえます。

反対に、感謝の気持ちを伝えずに退職すると、周囲から「礼儀がなっていない人」だと判断されるかもしれません。退職するときは笑顔で送り出してくれたとしても、退職してからの対応が冷たくなる恐れがあります。

引き止められないようにはっきりと退職することを伝える

円満退職を目指す場合、退職することをはっきりと伝えましょう。「退職するべきか迷っている」「退職しようと思っているんです」など、中途半端な伝え方をすると、直属の上司は引き止められる手段がないかを模索します。

退職するか否かを本当に迷っているのであれば、相談に乗ってもらうこともよいかもしれません。しかし、退職する意思がはっきりしているにもかかわらず、引き止める手段を考えてもらう行為は、相手の時間を奪うことにつながります。

相手を失望させる行為になるため、退職する意思が固まっている場合は、はっきりと意思表示してください。

円満退職を目指す人におすすめの退職理由

上司に納得してもらいやすい理由としては「両親の介護のため」「家を継ぐ」「寿退社」などのやむを得ない事情ならば、上司に納得してもらいやすいでしょう。

しかし、そのような事情で退職するのでない場合は、

「新しい分野に挑戦したいと思っていて、それに関わる仕事がしたい」
「自分の適職に出会うことができた」
「自分のステップアップのため、違う環境でチャレンジしてみたい」
「他にぜひやってみたい仕事がある」

などの前向きなキャリアアップを退職理由として伝えれば、上司に共感してもらえたり、応援してもらえる場合もあります。退職理由は、前向きなものであくまで個人的なものとすることがおすすめの方法です。

あわせて読みたい
引き止められない退職理由を紹介!上司からの引き止め対処法も解説 本記事でわかること 上司が退職を引き止める理由について 会社が上司から引き止められない退職理由 退職を伝えて引き止められたときの注意点 「勤めてみたら自分が考え...

上司に引き止められたらどうすればよいか

上司に退職することを伝えると、必ずといってよいほど引き止められます。引き止める際には、待遇改善や昇給・昇格を提示されるかもしれません。

しかし、退職することを一度でも口にしたのであれば、いくらよい条件を提示されたとしても辞めるべきです。

企業は、一度でも退職する意思を見せた人材に対して、昇給・昇格の提案をしにくくなります。いつ辞めるかわからない人材に対して、投資するリスクを避けたいと考えるためです。

引き止める際の待遇改善や昇給・昇格の話は、口約束で終わるケースも多くあります。実際に、引き止められたときの条件を飲んで退職を踏みとどまったものの、伝えられた条件と実際の条件が食い違ったことで揉めるケースが後をたちません。

お世話になった上司から引き止められると気持ちが揺らぐかもしれませんが、退職するときっぱり伝えたほうが円満退職につながります。

転職先が決まってからの退職の伝え方

転職先が決まってから退職する旨を伝える場合、勤め先と転職先の同時進行で話を進めることが大切です。転職先とだけ話を進めてしまうと、引き継ぎや有休消化を加味しないスケジュールで入社日が決まる恐れがあります。

そのため、内定が出たタイミングで直属の上司へ退職して転職する旨を伝えてください。その後、引き継ぎや有給消化を加味した退職日を決めてから、転職先と入社日をすり合わせることがおすすめです。

基本的には、1ヶ月半〜2ヶ月の期間を想定しておけば、勤め先と転職先でトラブルに発展することなく退職・転職できます。

円満退職までのスケジュール

「どうせこの会社は辞めるんだから」と引き継ぎをちゃんとしなかったり、有給があるからと突然出勤しなくなったり、職場で会社や上司の悪口を言いふらすなどの行為は、社会人としての常識を疑われてしまうでしょう。

このような形で会社を辞めてしまっては、転職した先の人事担当者が以前の会社へ問合せをした際に悪く言われてしまい、転職先に居づらくなってしまいます。

きちんと段階を踏んで、円満な退職を心がけることが重要です。円満退職までのスケジュールをしっかりと把握しておきましょう。

◆円満退職までのスケジュール◆


【3ヶ月~2ヶ月前】

・転職の決意、スケジュール作り

退職に当たって、まずは具体的なスケジュールを立てましょう。円満退職するためには、現在の職場の状況や自分が抱えている業務を考慮して、退職の時期や退職を相談するタイミング、退職までにやるべき作業を把握することが大切です。退職の決意が揺るぎないものかを確認しましょう。

会社を辞める際は、家族への相談、同意は不可欠です。こちらの記事で会社を辞める前にやっておくべきことを把握しておいてください。

あわせて読みたい
仕事を辞める前にやっておくべき10の行動とは?会社を辞める前に知っておくとためになる情報 会社を辞めるにあたっては、人それぞれの事情があるでしょう。会社を辞めることはけっして悪いことではありません。しかし、何も考えずにいきなり会社を辞めてしまうの...

【2ヶ月前】

・上司への報告

・退職日の設定

・退職願(退職届)の提出

退職する際は、直属の上司に相談するところから始めます。このときに退職日の相談もしましょう。会社の都合、自分の都合をよく話し合い、退職日の設定をします。退職日が決まると、退職願(退職届)を会社へ提出します。

退職の伝え方は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
退職は誰に言うのが正解?会社を辞めるときにどのように伝えるのかを解説 テレビドラマでよくあるように、いきなり「辞表」を机に叩きつけて「本日で辞めさせてもらいます!」と言ってすぐに会社を辞められるわけではありません。 退職の意思は...

【1ヶ月前】

・会社が後任者を決定

・引き継ぎ、残務処理

会社に退職願(退職届)が受理されると、会社が決めた後任者へ引き継ぎをおこなうことになります。業務の流れやマニュアルなどを文章やファイルにすることで、後任者にスムーズに引き継ぎをおこなうことができます。

取引先の名刺や情報も整理しておきましょう。退職後に質問や確認の連絡がこないように、細かい点も明記しておきます。


【2週間前】

・後任者を連れてあいさつ回り

ある程度の引き継ぎが終わったら、後任者をつれて取引先にあいさつ回りをします。いままでお世話になった人たちへの感謝を示すと同時に、後任者の紹介と、「後任者のことを宜しくお願いします」というあいさつもしておきます。


【1週間前】

・取引先やお世話になった人にあいさつ状の送付

・机やロッカーの整理

・会社から借りているパソコンの中身の整理

・会社に返却するもの、会社から受け取るものの確認

取引先やお世話になった人へのあいさつ状の手配を忘れずにおこないましょう。これまで関わった人とまたいつか縁が出来るかもしれません。きちんと退職することを伝えておくことが大事です。


【退職日当日】

・上司や同僚へ最後のあいさつ

最後の日には、上司や同僚などにしっかりあいさつをしましょう。「立つ鳥跡を濁さず」で、自分の私物は残さないようにすべて整理するようにします。


【円満退職】

あわせて読みたい
退職まで1ヶ月あって辛い方へ。上手な過ごし方と引き継ぎのコツ 本記事でわかること 退職日までモチベーションを保つ方法 退職日までの上手な過ごし方 スムーズな引き継ぎのコツ 退職日までの辛い期間を乗り越える8つの方法 上司に退...

円満退職できない悪い例

では次に、円満退職できない悪い例を見ていきましょう。

会社に対して
  • 転職活動を優先し、手を抜いて仕事をする
  • 転職することを言いふらし、会社の悪口を吹聴する
  • 事前になんの連絡もなく、有給休暇を盾にして出勤しない
上司、同僚に対して
  • 直属の上司ではなく、さらに上の上司や社長に直接退職の意志を伝える
  • 同僚や会社や上司についての悪口を言いふらす
  • 同僚に対して転職をすすめる
顧客に対して
  • 退職後の仕事のあっせんを、在職中に依頼する
  • 退職前に、仕事に関する重大な約束を決めてしまう
  • 引き継ぎをおろそかにし、後任者任せにする

これらの行為をしてしまうと、円満に退職できなくなってしまいます。円満に退職するためには気配りが必要です。退職するまでは、気を抜かないことが大切です。

あわせて読みたい
仕事を飛ぶリスクは大きい!バックレずに確実かつ健全に辞める方法を徹底解説 仕事が嫌になったり、人間関係が悪化したりして「このまま黙って辞めてしまいたい」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。 実は、仕事を飛ぶという行為には...

賞与(ボーナス)をもらって円満に退職する方法

在職中の転職では、賞与(ボーナス)をもらって退職したいと考える人が多いですが、同時に貰い逃げだと思われたくないと葛藤します。転職は、短期間で入社できる人材を求めており、転職先企業入社まで長くても3ヶ月が一般的です。

賞与を満額もらって退職するために、まず現職の賞与規定を確認してみましょう。通常在職中の社員に支給すると明記されていることが多く、賞与査定期間に在職していても退職してしまった人間には支払われません。

さらに退職の意思を伝えることで、本来満額もらえるはずの退職金がカットされるケースもあります。

満額もらうためには、賞与をもらうまで退職の意思表示や相談をしないことが賢明な策と言えます。経営者や上司が賞与額の決定権を持っていれば、減額される可能性が高いのです。

給与と異なり、賞与については労働基準法の縛りがないので企業独自の規定で支給されます。減額されたからといって不服を申し立ててもなかなか受け入れてもらえないのが現状です。

たとえば、冬の賞与が12月上旬に支給されるのであれば、支給後10日から2週間経過してから退職を申し出て1月末に退職し2月から転職先企業に勤務するというスケジュールが立てられるはずです。

円満に退職するためには、きちんと引き継ぎをおこなう期間が必要であることも忘れてはいけません。2月入社のスケジュールから逆算すると11月末から12月上旬に内定をもらえるように転職活動を進める必要があります。

内定を早くもらうと、入社日も早く設定しなければならなくなるので、企業への応募時期も内定前2週間から4週間程度前が理想です。

賞与(ボーナス)を満額もらいたい気持ちもわかりますが、転職はタイミングも重要です。入社したい企業が見つかれば、賞与に関わらず応募して、将来に賭ける考え方も大切です。

賞与(ボーナス)を諦めても転職先企業で成功を収めて、より多くの報酬を得るという選択もあります。転職先の在籍期間が長くなれば賞与を多くもらえる可能性もあるのです。

転職活動は、内定を取るためにも応募企業の都合を優先する必要があることを理解したうえで、柔軟に対応しましょう。

あわせて読みたい
退職交渉をあっさりと受け入れられてもらう方法|円滑でスムーズに退職しよう 本記事でわかること 退職交渉があっさり行かない理由 退職交渉をあっさりと受け入れてもらえるための方法 退職交渉が難航したときの対処法 今の会社を辞めたいと思った...

円満退職するためにはまとめ

あなたはこれまで懸命に仕事をしてこられたはずです。今の会社を退職したとしても、これまでの仕事における経験は、必ずこれからの人生において役立つでしょう。この記事を参考にして、ぜひ円満退職を目指してみてください。

以下の記事も、円満退職をする際に参考になります。

退職することは、体力も精神力も必要ですから、ひとりでは不安になることもあると思います。良い退職理由が見つからなかったり、スムーズに転職したい場合は、転職エージェントに相談するのもひとつの手です。

転職エージェントは、数多くの転職者、退職者の相談を受けてきた「転職のプロ」です。

あなたの状況に合わせたアドバイスをしてくれるので、「どのように伝えれば良いのかわからない」「退職理由が思いつかない」といった相談にも気軽にのってくれるでしょう。

\自分に合った仕事が見つけられる/

あわせて読みたい
仕事を飛ぶリスクは大きい!バックレずに確実かつ健全に辞める方法を徹底解説 仕事が嫌になったり、人間関係が悪化したりして「このまま黙って辞めてしまいたい」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。 実は、仕事を飛ぶという行為には...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ