MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

教員から転職して後悔する主な原因は?民間企業への転職を失敗させないために取るべき行動を紹介

難関の教員採用試験を突破してやっとなれた教員という仕事…辞めるのはとても勇気がいりますよね。

収入面ややりがいなど、教員から転職して後悔しないのかと不安になることも多いでしょう。

今回は教員から民間企業へ転職した場合に後悔する原因や、後悔しないためのポイントを解説します。

教員からの転職を検討している人や、教員から転職した人の声を聞きたい人は最後まで必見です。

本記事でわかること
  • 教員からの転職で後悔する原因
  • 教員からの転職で後悔しないためのポイント
  • 実際に教員から民間企業に転職した人の声
  • 教員からの転職を成功させる方法

教員から民間企業への転職を成功させるには、転職エージェントの利用が必須!中でも、転職支援実績No.1のリクルートエージェントがおすすめです。業界最大級の求人数なので、あなたに合った企業が見つかります。

\完全無料で転職をサポート/

>>公式HPを見る

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

教員から転職して後悔する主な原因とは?

教員から転職して後悔する主な原因とは?

教員から転職しようと検討している人にとって「教員を辞めて後悔するのかどうか」というのは最も気になる点でしょう。

教員から転職したときに後悔する可能性がある原因をまとめてみました。

離れてみると子供が好きなことに改めて気づく

教員在職中は、授業やその準備、生活指導や保護者対応などで忙しいうえに、周りに子どもがいる環境が当たり前なので、自身の子ども好きな一面を自覚することも少ないでしょう。

しかし、教員を辞めて子どもたちとの接点がなくなると、寂しさや虚無感を感じ、改めて子ども好きであることを認識する人もいます。

どんなに忙しかったり、職場やクラス環境が辛かったりしても、一人や二人は自分を慕ってくれる生徒がいたはずです。

そんな生徒ともう会えなくなることも、教員を辞めたあとに後悔する原因のひとつとなります。

給料やボーナスなどの収入が減る

教員の仕事は、ほかの仕事に比べて給料やボーナスが高いと言われています。

下記の表は、教員の平均年収と民間企業に勤める人の平均年収を比較したものです。

平均年収
教員(小・中学校)約698万円
教員(高等学校)約692万円
民間企業約496万円

参考:令和3年賃金構造基本統計調査
令和2年分民間給与実態統計調査

教員と民間企業の平均年収には、約200万円ほどの差があることが分かります。

また、教員は景気の影響も受けにくく、収入が安定していることも魅力です。

そのため、教員から転職した場合、収入が低下したり不安定になったりする可能性があります。

未経験の仕事についていけない

教員の仕事は、子どもを相手にしており、子どもの心身の成長や学力向上を手助けするのが主な目的となります。

利益追求を主目的とする民間企業とは、そもそもの目的が異なるのです。

そのため、教員から民間企業に転職した場合、根本の考え方の違いから仕事になじめず、ついていけない可能性があります。

特に、教員時代に経験したことのない未経験分野の場合、ゼロからのスタートとなり、つまずく可能性が高いでしょう。

周囲からの見られ方が大きく変化する

教員は「真面目で誠実」というイメージがあるため、一般的に好印象な仕事です。

また、ローンを組むときなどの信頼度も高く、社会的にも信頼度の高い仕事といえます。

そのため、教員から転職した場合は、周囲からの見られ方が大きく変わるでしょう。

転職が上手くいかず無職の期間が続いたり、非正規での雇用となったりした場合は、教員時代と比べて信頼度が落ちてしまう可能性もあります。

周囲からの見られ方が気になる人や、大きな買い物をするようなタイミングであれば教員からの転職を後悔するかもしれません。

思った以上に教員の市場価値が低い

教員から民間企業に転職した場合、想像していたよりも教員の市場価値が低く、転職を後悔する可能性があります。

先述しましたが、教員は利益追求を目的として働いていません。

また利益追求を主目的とする民間企業にとって、教員はビジネス的な考え方になじみがなく、即戦力になりづらい存在と捉えられています。

そのため、いざ転職しようとしてもなかなか採用が決まらなかったり、転職が決まっても思ったより期待されていなかったりする可能性があり、教員からの転職を後悔する一因となるかもしれません。

\相談や選考対策が無料!/

※無理に転職を進めることはありません。

教員から転職するときに後悔しないためのポイント

教員から転職するときに後悔しないためのポイント

教員から転職して絶対に後悔しないとは断言できませんが、後悔しないように工夫することは可能です。

教員から転職するときに後悔しないためのポイントを3つ紹介していきます。

失敗してもどうにかなると考える

世の中には数え切れないほどの会社があり、さまざまな仕事があります。

仮に転職活動が上手くいかなくても、自分に合った転職エージェントを使うなど工夫をすれば、いつかはきっと転職先が見つかるはずです。諸条件を満たしている場合は再度教員を目指すこともできます。

「失敗してもどうにかなる」「挑戦してみないと上手くいくかどうかは分からない」という気持ちを持って転職に臨めば後悔することも少なくなるでしょう。

教員を辞めたい理由を改めて考える

転職後に後悔する可能性が頭に浮かび、なかなか転職へと踏み出せない人は、なぜ教員を辞めたいと思ったのか、その理由を改めて考えてみてください。

「ライフワークバランスが上手く取れない」「保護者対応で心がすり切れている」など、あなたが教員から転職したいと思った理由が必ずあるはずです。

改めて自分の気持ちを整理することで、嫌な気持ちを我慢したまま教員を続けるのか、それとも後悔する可能性があったとしても転職に挑戦すべきなのか、おのずと答えが見えてきます。

同じように教員から民間企業へ転職した人の声を聞く

自分一人で抱え込んでいても、転職への恐怖や不安感は完全に拭えません。

そこで、同じように教員から民間企業へ転職した人の声を参考にすることもぜひ実践してみてください。

本記事では、Twitterで実際に見られた声をいくつか紹介します。

教師から転職して1年。
無駄な研修、会議、クーラーの無い準備室、取れない昼休み、数えきれない不満が無くなり日々幸せです。
もっと早く行動すれば良かった。
執着しすぎてたなと後悔。#教師のバトン

— しょう|英語コーチ (@sho_toeic) April 15, 2022

教員から転職して
はや1年が経ったんですけど
教員→転職後の変化で大きかったのは

・睡眠時間:3~4時間→6~7時間
・勤務時間:12時間→8時間
・1日の残業:8~9時間→10~20分

この3点ですね。

しっかり夜は寝られるし
自分の時間は確保できるしで
転職して良いことづくめでした。#教師のバトン

— わいけい|若手教員の転職 (@WaiKei_tensyoku) June 5, 2022

10月で転職しました。
あぁ働きやすい。QOL爆上がり。

いいところも沢山あった学校現場だけど、やめたことに後悔はない。
教師への尊敬は計り知れない。みなさんよくやられています。
頭が下がります。

合う人合わない人は必ずいる。
私は合わなかった。#教師のバトン

— のんびりJ (@J48049821) October 6, 2021

筆者が調べた限りでは、Twitterには「教員から転職して後悔した」という声はほとんど見つけられませんでした。

\相談や選考対策が無料!/

※無理に転職を進めることはありません。

教員を辞めてよかったという声が続出する理由

教員を辞めてよかったという声が続出する理由

先ほど紹介したツイートのように、教員を辞めてよかったという声はたくさんあります。

しかし、教員からの転職に不安を覚えている人にとっては、なぜ教員を辞めてよかったという声が多いのか気になりますよね。

そんな疑問を解消すべく、教員を辞めてよかったという声が続出する理由を解説していきます。

教員と比べて残業代をしっかりと出してもらえる

教員の方であればご存知でしょうが、公立学校に勤める教員には残業代がほとんど出ません。

それは、いわゆる「給特法」により、残業代の代わりに「教職調整額」という手当が上乗せされているからです。

一方、一般的な民間企業では、超過勤務をした分だけ残業代が出ます。

長時間労働や休日出勤の労力に対して給料が割に合わないことが多い教員時代に比べて、働けば働いた分だけ給与に反映される環境になるのです。

◆教師から転職して驚いたこと

“残業代が支給された”

初めてもらった給与明細
時間外手当の項目が…ある!
働いた時間に応じてお金がもらえるなんて都市伝説だと思っていた😭

部活指導で土曜日2,000円とかだったのに

幻の生物チュパカブラを見つけたような気分

今では職場の飲み会の鉄板ネタです

— さとる@教師からの転職 (@SatoruTeacher) June 24, 2019

Twitterでも、教員から転職して驚いたことのひとつとして「残業代の支給」が出ていました。

教員よりも仕事にやりがいを感じる

民間企業では、基本的に利益追求を主目的としているため、売上などの「数字」を追うことになります。

つまり、頑張った成果が目に見えるのです。民間企業のほうが教師よりも仕事のやりがいを可視化しやすいといえます。

もちろん、子どもたちの成長を側で見られる教員の仕事も非常にやりがいのあるものです。

ただし、残業代が出ないことや長時間労働があることが、教員としてのやりがいを上回ってくるのも事実です。

子供たちの親のことを考えずに済むようになる

保護者対応のストレスから解放されるというのも、教員から転職してよかったという声が続出する理由のひとつです。

教員に信頼を寄せてくれる保護者も大勢いますが、中には非常識なクレームを言ってくる保護者もいます。

ときには「先生には子どもがいないから親の気持ちが分からない」など、人格否定とも取れるようなことを言ってくる保護者もいます。

理不尽なことやひどいことを言われても教員という立場上、言い返すことはできませんよね。しかし、教員から転職すれば、そのような保護者対応はせずに済みます。

\相談や選考対策が無料!/

※無理に転職を進めることはありません。

教員から民間企業への転職を失敗させないために取るべき行動

教員から民間企業への転職を失敗させないために取るべき行動

最後に、教員から民間企業への転職を失敗させないために、ぜひ実践してほしいことを2つ解説します。

教員から民間企業への転職を失敗させないために取るべき行動

特に、就活を経験していない教員の方にとっては、転職エージェントの利用は必須です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、企業の紹介や面接対策など、転職のあらゆるサポートを行ってくれる転職サービスです。

面談などを通じて適性を判断したうえで企業を紹介してくれるため、自分で企業を探すよりもはるかに効率的に転職活動を進められます。

また、職務経歴書の書き方や面接対策など、転職活動の基礎知識も教えてくれるため、就活を経験していないという教員の弱みをカバーしてくれるのもポイントです。

\相談や選考対策が無料!/

※無理に転職を進めることはありません。

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

しっかりと自己分析をして転職先を選ぶ

教員からの転職に限ったことではありませんが、転職活動をするうえでは徹底的な自己分析が重要になります。

「なぜ転職したいのか」「転職後にどうなりたいのか」といった自己分析がしっかりできていないと、面接官に本気度が伝わりません。

特に、教員からの転職は、民間企業から民間企業への転職に比べてレアなので「なぜ転職したいと思ったのか」といったことは詳しく質問される可能性があります。

自分一人で自己分析ができないという場合は、転職エージェントに相談したり、「リクナビNEXT」のような転職サイトの自己分析ツールを使ったりするのがおすすめです。

あわせて読みたい
【5分でわかる】リクナビNEXTのグッドポイント診断のやり方・注目されている理由など紹介!結果から適職... リクナビNEXTのグッドポイント診断は質問に答えるだけで、自分ではわかりにくい強みを的確に診断できるサービスです。誰でも無料で登録でき診断結果もよく当たるので、...

転職せずに後悔するくらいなら今すぐ転職活動を始めよう!

仕事を変えるのは誰でも不安です。ましてや、収入や立場が安定している教員からの転職は後悔しないか不安になるのも仕方ありません。

しかし、教員からの転職を検討しているということは、必ず教員の仕事に不満や不安があるということです。

その不満を放置して教員でいつづけていても後悔するかもしれません。

そして、年齢を重ねれば重ねるほど転職は難しくなります。まずは、転職エージェントや転職サイトに無料登録するなど、すぐにできる行動から始めてみましょう。

転職支援実績No.1で、最大級の求人数を誇る「リクルートエージェント」が最もおすすめです。

\最もおすすめの転職エージェント/

教師ライフナビというサイトの「教員から転職する流れ・転職活動のスケジュール|退職した元教師が解説」では、元教員のみずきさんが教員の転職活動の流れを詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
20代で教員から転職を成功させるポイントを紹介|未経験からでもおすすめの仕事も紹介 授業、学校行事、部活の顧問、保護者対応など、教員の仕事に疲弊していませんか? 教員から転職したいと思ったら、20代のうちに行動を起こすことを強くおすすめします。...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

大学卒業後は会社員として14年ほど人事の仕事をしてきました。現在はフリーのwebライターとして活動しており、プライベートでは一児の母です。ベンチャー企業から上場企業まで、いろいろな会社で採用や人事評価に携わってきたので、現場のリアルな情報を発信していきたいと思います。

気になる見出しをタップ