MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

内定辞退したけどやっぱり行きたい25卒へ|内定辞退の撤回が無理だと言われる理由や成功できるケースを徹底解説

後輩ちゃん

内定辞退した会社にやっぱり行きたいんですけど、無理でしょうか…。

キャリア先輩

かなり厳しいけど、どうしても諦められないなら相談する価値はあるよ。

内定辞退は、就活生にとって大きな決断の1つです。

労働条件や将来のキャリアなど、さまざまなことを考慮して決めたはずですが、後になって「やっぱり行きたい」と思ってしまうこともあります。

本記事では、内定辞退の撤回が難しいと言われる理由や、撤回したい場合の対応策について解説します。

内定辞退で後悔したら…
就活エージェント JobSpring
【公式HP】https://jobspring.jp/
  • 内定辞退で後悔したらJobSpring(ジョブスプリング)に相談しよう!
  • 就活のプロがあなたにぴったりの企業を厳選して紹介!
  • 模擬面接から的確なフィードバックまで選考対策もバッチリ!

親身なカウンセリング! 

※30秒で登録完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

内定辞退したが「やっぱり行きたい」と後悔する人は意外と多い

実は、内定辞退したのに「やっぱり行きたい」と後悔した経験を持つ人はたくさんいます。ここでは、就活経験者の声を紹介します。

キャリア先輩

断った後で気付くこともあるから、難しいよね。

内定辞退して後悔したことがある人はなんと2割超!

就活サービス大手のマイナビが、大学生約400人を対象に調査したところ、「内定辞退をして後悔したことがある」と答えた人は24.2%に上りました。

後悔した理由は、「断った企業の方が、待遇が良かったから」「実際に入った企業は残業が多かったから」「人の感じが良かったから」などです。

全体的に、他の企業で働いてみた結果「思ったのと違った」と感じて、内定辞退を後悔することが多いようです。

参考:就活で内定辞退して後悔したことがある人は約2割!| フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口

後輩ちゃん

およそ4人1人が、内定辞退を後悔したことがあるんですね。

内定辞退したが「やっぱり行きたい」と後悔する先輩の声を紹介

SNSには、内定辞退を後悔する先輩から、次のような投稿が寄せられていました。

タイムマシンあるなら内定辞退取り消したいくらい

引用:X

今週だけで3社落ちてすでに内定辞退を後悔してる

引用:X

昔内定辞退して後悔している会社があるんだけど、その会社が最近よくメディアに出てて、記事を見るたびにツラい。

引用:X

内定辞退をする人は、自分なりによく考えて、そのときのベストな選択をしているはずです。

しかし、実際に選んだ方の道でうまくいかないことがあると、「あのとき辞退しなければ良かった」と後悔しまうことがあるようです。

特に、複数の企業で並行して選考を受けている場合は、本命の結果が分かる前に、他社の内定に返事をしなければならないこともあります。

本命に望みをかけて他社の内定を辞退したのに、本命が不採用になってしまうのは非常に辛い状況です。

先のことが分からないからこそ、内定辞退は難しい問題だと言えます。

キャリア先輩

内定辞退の後悔を何年も引きずってしまう人もいるんだね。

内定辞退したがやっぱり行きたい場合、撤回することは可能なのか?

結論から言うと、内定辞退を撤回することはかなり難しいものの、成功する可能性はあります。

そもそも内定をもらったときに辞退することは、正当な権利ではありますが、失礼な行為です。

内定辞退を撤回するとなると、さらに失礼な行為を重ねることになるため、非常識だと思われて失敗する可能性は高くなります。

また、企業側はあなたの内定辞退を受けて、採用人数を確保するために次の採用活動を進めているはずなので、時間が経てば経つほど、難易度は上がります。

後輩ちゃん

企業を振り回すことになってしまうんですね…。

内定辞退の撤回が無理だと言われる理由

内定辞退の撤回が無理だと言われる理由には、次のようなものがあります。

キャリア先輩

自分が採用担当者だったら、印象は悪いよね。

内定辞退を撤回した事実が外部に漏れると他の候補者への印象が悪くなるから

内定辞退の撤回が難しい理由の1つは、の事実が外部に漏れると、他の候補者への印象が悪くなってしまうからです。

何かの拍子に「この企業は内定辞退した人でも入社させてくれる」といった情報が流れてしまうと、同じような事例が続いて、採用活動に支障をきたす可能性があります。

また、役員や人事以外に「あの人は内定辞退したけど戻ってきた」ということが伝わってしまうと、組織内で本人の立場が危うくなるかもしれません。

後輩ちゃん

確かに、口コミサイトとかに書かれたら印象が悪いですよね。

内定辞退の撤回は公平性を欠く行為と思われるから

選考の公平性を欠いてしまうことも、内定辞退の撤回が難しい理由です。

企業は1人の候補者に内定を出すために、多くの学生を不採用にしています。

貴重な採用枠を割り当てたにもかかわらず、入社意思を二転三転させるのであれば、もっと自社に対して熱意を持ってくれる学生を入れたい、と思うのが企業側の心情です。

キャリア先輩

他の内定者も、多かれ少なかれ迷いながら内定を承諾したことを考えると、簡単には撤回を認められないものだよ。

企業の活動では一貫性が求められるから

企業活動においては、社内・社外ともに言動の一貫性が求められます。

公平性の話とも似ていますが、仮に誰か1人の撤回を認めるのであれば、他の人が撤回したいと申し出た場合は、全員認めなければなりません。

また、入社後にも異動や昇格・降格など、何かあるごとに「引き受ける」「やっぱり引き受けない」などと、意見をコロコロ変えることが当たり前になると、組織の統制がとれなくなってしまいます。

後輩ちゃん

一貫性を保つために、厳しく線引きされているんですね。

内定辞退を撤回する理由が特にないから

厳しいことを言うようですが、企業側にとって、内定辞退の撤回を認めるメリットはほとんどありません。

内定を出した時点で、ぜひとも欲しい人材だったことは確かですが、一度は断られてしまった相手です。

内定辞退の撤回に特別な事情がある場合は別として、上記の「公平性」や「一貫性」を損なうリスクを負ってまで入社を認める理由がない、というのが実情です。

キャリア先輩

一度は辞退した人が、入社後にモチベーション高く働いてくれるかは、心配になるよね。

内定辞退した会社にやっぱり行きたい場合に取れる選択肢

内定辞退した会社にやっぱり行きたい場合、次の2つの選択肢が考えられます。

後輩ちゃん

妥協はしたくないですよね…。

どうしても諦めきれないのであれば内定辞退を取り消したいと申し出る

どうしても諦めきれず、次に進めないほどモヤモヤするのであれば、内定辞退の取り消しを申し出てみるのも1つです。

ただ、断られる可能性が非常に高いので、無理は承知のうえで臨まなければなりません。

もしも撤回が認められて入社できればラッキーですが、ダメだったとしても「やれるだけのことをやった」という意味で、気持ちを整理できるのがメリットです。

キャリア先輩

内定辞退の取り消しの伝え方については、後で詳しく解説するよ。

内定辞退を取り消したい会社に似ている他の会社を探す

内定辞退した会社のことは諦めて、他に似た条件の会社を探すという方法もあります。

世の中には400万以上の会社が存在しているので、似たような会社や、より魅力的な会社は必ずあるはずです。

違う企業で一から選考を受ければ、気まずい思いをすることもありません。

「そんなに都合よく、いい会社を見つけられない」と思う人は、就活エージェントでプロに相談して、企業探しを手伝ってもらうのもおすすめです。

後輩ちゃん

内定辞退を後悔するあまり、その会社を過大評価してる可能性もありますしね。

内定辞退した会社に似た求人を紹介して欲しい人におすすめの就活エージェント

内定辞退した会社に似た求人を探す人におすすめの就活エージェントを3つ紹介します。

内定辞退した会社に似た求人を探す人におすすめの就活エージェント
キャリア先輩

それぞれの特徴や得意分野を見てみよう。

ジョブスプリング

ジョブスプリング
【公式HP】https://jobspring.jp/
名称JobSpring(ジョブスプリング)
運営企業HRクラウド株式会社
対象学年24卒・25卒
強みAI×プロのエージェントによる高精度なマッチング
利用しやすさ対面面談が東京のみ(オンライン対応)
求人内定まで最短2週間の求人を紹介
紹介実績1000社から厳選された3~4社を紹介
サポート早期離職率0.1%を誇る手厚いサポート
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://jobspring.jp/

JobSpring(ジョブスプリング)は、徹底したカウンセリングとAIを駆使したマッチングが強みのエージェントです。

親身なカウンセリングに定評があるので、内定辞退を後悔していることを正直に話して、似たような企業を探してもらってはいかがでしょうか。

企業選びにおいては、AIを駆使したマッチングを行うのがJobSpringの特徴です。

32個の質問からなる適性検査を実施し、各業界で活躍する人材の特性を分析・数値化したものと比較することで、あなたにぴったりの仕事を導き出します。

実際にJobSpringを利用した人からは「自分の大事にする価値観をベースに企業を選んでもらえた」「自分が持っていた不安や希望に、しっかり向き合ってくれた」という声も寄せられています。

後輩ちゃん

辞退した企業よりもっといい企業に出会えるかもしれませんね!

内定まで最短2週間! 

※30秒で登録完了

キャリアパーク

名称キャリアパーク就職エージェント
運営企業ポート株式会社
対象学年24卒・25卒
強み最短1週間で優良企業へスピード内定ゲット
利用しやすさ全国対応でエリアも広く、丁寧なヒアリングが好評
求人厳選された全国各地の優良企業300社から求人を紹介
紹介実績年間1,000人以上の就活生がスピード内定獲得
サポート選考対策やセミナーなどで選考通過率が大幅アップ
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://careerpark-agent.jp/

キャリアパーク就職エージェントの強みは、最短1週間以内のスピード内定獲得を目指せることです。

登録すると専任のアドバイザーがついて、平均5回以上の面談で自己分析や業界研究、選考対策まで徹底的にサポートしてくれます。

内定辞退によって持ち駒がなくなってしまった人も、最短距離で効率よく就活を立て直せます。

また、運営元のポート株式会社は、東証グロース市場に上場しており、社会的な信用があることもポイントです。

企業選びにおいても、全国417万社から厳選した優良企業だけを紹介してくれるので、ブラック企業を回避しやすくなります。

経験やスキルによっては、書類選考や一次面接が免除される特別選考ルートが用意されることもあるので、ぜひチェックしてください。

キャリア先輩

理系企業やIT企業に強いエージェントだよ。

平均5回以上の面談!

※30秒で登録完了

キャリセン就活エージェント

名称キャリセン就活エージェント
運営企業シンクトワイス株式会社
対象学年25卒
強み専任コンサルタントによる時間をかけた個別面談
利用しやすさコンサル歴10年のプロによるサポート
求人中堅・ベンチャー企業の求人が豊富
紹介実績6万人を超える就活生をサポート
サポート時間をかけた個別面談で就活生にぴったりの求人を紹介
総合得点18.0/20.0点
公式HPhttps://careecen-shukatsu-agent.com/

キャリセン就活エージェントは、新卒就活エージェントのパイオニアともいえるサービスで、これまでに6万人以上の学生が利用した実績があります。

運営元のシンクトワイス株式会社では、企業の採用コンサルティング事業も行っているため、採用する側のリアルな視点を持ち合わせているのが特徴です。

各企業がどのような学生を求めているのかを踏まえたうえで、あなたが選考を突破できる確率が高い求人を紹介してくれます。

また、企業ごとの採用基準も把握しているため、ポイントを押さえた選考対策ができることもメリットです。

企業から見た自分の評価を知りたい人は、ぜひキャリセン就活エージェントに相談してみましょう。

後輩ちゃん

実際に利用した人が「悩んでいる人がいたらオススメしたい」と絶賛していました。

企業目線のアドバイス!

※30秒で登録完了!

どうしても諦められない人へ!内定辞退の撤回ができるケース5つ

以下の項目に当てはまる場合は、内定辞退の撤回ができる可能性があります。

キャリア先輩

当てはまるものはあるかな?

採用枠がまだ埋まっていない

企業が予定していた採用枠がまだ埋まっていない場合、内定辞退を撤回できる可能性が少し高まります。

近年は少子化で売り手市場が続いているため、どの企業も必死で新卒採用に取り組んでいるのが特徴です。

そのため、内定承諾の数が当初の計画数に達していなければ、内定辞退の撤回を受け入れてもらえるかもしれません。

後輩ちゃん

実際は「また一から新しい候補者を探す方が良い」「足りないままで良い」と考える企業も多いようです。

企業側の自分に対する評価が非常に高かった

企業側のあなたに対する評価が非常に高かった場合も、内定辞退を撤回できることがあります。

ポイントは、あなたが単に選考の合格ラインを超えていたというだけでなく、「非常に」高い評価を得ていて、何としても欲しい人材だったかどうか、という点です。

内定辞退の撤回を認めるということは、ある意味で企業側のブランドやプライドが傷つくことにもなり得ますが、それでも欲しい人材だと評価されれば、入社が認められるでしょう。

キャリア先輩

ここまで高い評価を得るには、相当なスキルや経験が必要だと思うよ。

内定辞退の際の対応が非常に丁寧で良い印象を残せていた

内定辞退の際の印象も、撤回できるかどうかを左右します。

例えば辞退の際、「もうこの企業と関わることは無いからどうでも良い」「自分には違う進路があり、そちらのことしか考えていない」といった態度をとっていると、悪い印象が残ります。

反対に、最後まで礼儀正しく対応し、「辞退されるのは残念だけど、この人の活躍を心から応援したい」と思われるような終わり方をしている場合は、内定辞退の撤回を聞き入れてもらえるかもしれません。

後輩ちゃん

採用担当者も人間なので、感情に左右される部分もありますよね…。

内定辞退の撤回の申し出に誠意を感じられる

誠意をもって内定辞退の撤回を申し出た場合も、認められる可能性があります。

まずは、自分が撤回を申し出ることにより、関係者にどのような影響が出るのかを理解してきちんと謝罪することが大切です。

そのうえで、撤回したい理由を丁寧に説明し、どうしても入社したいという熱意を伝えると、受け入れてもらえる確率は高まります。

キャリア先輩

軽い気持ちで申し出ているのではなく、覚悟をもって臨んでいることを態度で示そう。

内定辞退の理由がやむを得ない理由だった

内定辞退の理由がやむを得ない理由だった場合は、企業側も撤回を受け入れやすくなります。

やむを得ない理由とは具体的に、災害や家庭の事情、会社都合による内定取り消しなどです。

直近では、コロナ禍の影響で第一志望の企業から内定取り消しを受けてしまい、他社の内定辞退を撤回する、という事例もありました。

後輩ちゃん

明らかに本人のせいではないのに、状況が変わってしまった場合には、撤回が認められる可能性が高まりそうですね。

内定辞退撤回の成功のためにすべきこと

内定辞退撤回を成功させるためにやるべきことは、以下の通りです。

それぞれ以下で詳しく解説します。

キャリア先輩

きちんと状況を整理してから行動に移そう!

1日でも早く内定辞退取り消しの連絡を行う

内定辞退を撤回すると決めたら、1日も早く連絡しなければなりません。

理由は、内定辞退が分かった段階で、企業は欠員の補充に向けて動き出してしまう可能性が高いからです。

新卒の獲得競争は激しいため、早ければその日のうちに、他の候補者に内定通知を出すこともあります。

採用枠が埋まってしまうと、どうあがいても入社は叶わなくなってしまうため、すぐに連絡することが大切です。

後輩ちゃん

気まずいけど、本気で入社したいなら連絡をためらっている暇は無いですね。

メールと電話両方で連絡する

内定辞退を取り消す連絡は、メールと電話の両方で入れましょう。

採用担当者は常に多くの人とやりとりを続けているため、まずはメールで一報を入れておくのがおすすめです。

メールで内定辞退の撤回をしたい旨とその理由、後で電話することを伝えおくと、担当者も心づもりができます。

そのうえで、電話では内定を辞退したことに対するお詫びと、改めて入社を希望する気持ちを、誠意を持って伝えましょう。

キャリア先輩

メールや電話の例文は、このあと詳しく紹介するね。

誠意を持って謝罪する

内定辞退の撤回を申し出ることについて、誠意を持って謝罪することが重要です。

前提として、内定者から辞退されてしまった時点で、採用担当者はかなりがっかりしています。

あなたの辞退を残念に思いながらも、気持ちを切り替えて、本来は必要なかった追加の採用活動に取り組んでいるところかもしれません。

内定辞退の撤回は、さらに状況をかき乱してしまう行為であることを認識して、お詫びの気持ちを持って行いましょう。

後輩ちゃん

できれば、採用担当者に直接会って伝えるのがベストです。

撤回理由を企業側が納得できるように説明する

撤回を受け入れてもらうためには、納得できる理由が必要です。

災害や家庭の事情など、やむを得ない場合は比較的説明しやすいでしょう。

一方で、自分の心変わりや他社の選考で落ちてしまったなどが理由の場合は、説明が難しくなります。

なぜ気持ちが変わったのか、本当はどうすべきだったのかなど、相手が納得できるように説明しましょう。

キャリア先輩

「どうしても入社したい!」と主張するだけでは、子どもが駄々をこねているのと同じになってしまうから注意しよう。

内定辞退したが「やっぱり行きたい」と会社に伝える際の例文

ここでは、内定辞退の撤回を伝える際の例文を紹介します。

後輩ちゃん

参考にしてくださいね。

内定辞退の撤回を申し出るメール例文

内定辞退の撤回を申し出るメールを作る際のポイントは、以下の3点です。

以下は、文書の一例です。

<メール例文>

株式会社○○
人事部 ○○様

お忙しいところ、突然のご連絡失礼いたします。
先日貴社の選考を受けさせていただきました、○○○○(自分の名前)と申します。

この度は、貴社の内定を辞退してしまい、申し訳ございませんでした。
非常に申し上げにくいのですが、内定辞退の取り消しをお願いしたく、ご連絡いたしました。

実は、県外への就職を予定していたのですが、祖母が体調を崩して要介護状態になってしまったため、両親と交代で祖母の介護をすべく、地元に残ることを決めました。

そこで勝手なお願いであることは重々承知しているのですが、改めて貴社で働くチャンスを頂けないかと思い、ご連絡した次第です。

本来であれば直接お伺いしてご相談すべきところ、メールでのご連絡となってしまい申し訳ございません。
後ほど、改めてお電話させていただきますので、よろしくお願いいたします。

内定辞退の撤回を申し出る電話例文

内定辞退の撤回を申し出る電話をする際のポイントは、以下の3点です。

内定辞退の撤回を申し出る電話をする際のポイント
  • 誠意を持った態度で臨む
  • 丁寧な言葉づかいをする
  • メールを送ったことを伝える

以下は、文章の一例です。

<電話の例文>

<電話の例文>

(※採用担当者に取り次いでもらう)

御社の選考を受けさせていただきました、○○○○(自分の名前)と申します。
先日は内定を辞退してしまい、大変申し訳ございませんでした。

誠に勝手な申し出になってしまうのですが、内定辞退を撤回させていただきたくご連絡いたしました。
いま少しお時間をいただいてもよろしいでしょうか。

(※時間をもらえたら)

実は、メールでもお送りしたのですが、祖母の介護をするため県外への就職を取りやめて、地元に残ることになりました。
そこで地元での就職を考えたときに、どうしても御社で働きたいという気持ちが諦めきれず、失礼は承知のうえでご連絡いたしました。

可能であれば、一度そちらにお伺いしてお話しする機会をいただけないでしょうか。

内定辞退を後悔する人からよくある質問

Q&A

内定辞退を後悔する人からよくある質問にお答えします。

内定辞退を後悔する人からよくある質問
  • 内定辞退の撤回は非常識?
  • 内定辞退した数年後に再応募することはあり?
  • 内定辞退の後悔からの立ち直り方は?
キャリア先輩

チェックしておこう!

内定辞退の撤回は非常識?

内定辞退の撤回は、非常識だと思われる可能性が高いです。

なぜなら、あなたが内定辞退をしたことによって、採用担当者や他の候補者にさまざまな影響が出ているにもかかわらず、その決定をさらに覆す行為にあたるからです。

ただし、撤回の理由や、企業側の状況によっては認められる場合もあります。

どうしても諦めきれないのであれば、申し出てみるべきです。

後輩ちゃん

迷惑をかけるということを認識したうえで、謙虚な態度で臨むことが大切ですね。

内定辞退した数年後に再応募することはあり?

内定辞退した企業に数年後に再応募して採用される可能性はあります。

ただし、企業によっては「応募できるのは1人1回限り」「直近2年以内に応募された方はお控えください」などのルールが決められていることもあるので、注意が必要です。

また、仮に再応募できる場合でも、過去に内定辞退をした事実は、自分から正直に伝えておいた方が賢明です。

キャリア先輩

最近は応募履歴がデータで残っていることも多いから、内定辞退を隠しているとかえって印象が悪くなるよ。

内定辞退の後悔からの立ち直り方は?

内定辞退の後悔から立ち直るためには、なるべくその会社のことを考えるのをやめて、未来のことに集中するしかありません。

現時点では、その会社の良かった面ばかり考えてしまうかもしれませんが、実際に働いたら嫌なことの1つや2つはあるはずです。

どの会社も、入社してみなければ分からないことはあるので、美化しすぎるのは禁物です。

後輩ちゃん

断った会社にこだわるよりも、自分が選択した道でどう活躍するかを考えるようにしましょう。

後悔しない選択を!ただ、内定辞退の撤回は難しいため他の会社も探そう

内定辞退の撤回は認められにくいことですが、どうしても諦めきれないのなら申し出てみる価値はあります。

たとえ受け入れられなくても、やるだけのことをやってダメなら、納得して次に進みやすくなります。

ただし、基本的に内定辞退の撤回は難しいため、他の会社を探すことも必要です。

似たような企業や、さらに魅力的な企業を自分で見つける自信が無い人は、JobSpring(ジョブスプリング)に相談しましょう。

丁寧なカウンセリングとAIを駆使したマッチングで、きっとあなたにぴったりの企業を紹介してくれます!

内定まで最短2週間! 

※30秒で登録完了

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ