MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

1年未満で転職すると不利になる?転職成功のポイント5つとおすすめの転職エージェントを徹底解説

在職期間が1年未満だと、転職において不利になるのでしょうか。必ずしもそうとは限りません。

本記事では、1年未満の転職経験者のアンケート結果と早期離職する際の転職成功のポイントを紹介いたします。在職期間1年未満の経歴で悩んでいる方は参考にして、前向きに転職にチャレンジしてみてください。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

1年未満で転職すると不利になる?


当転職Webメディア「キャリアクラス転職」の独自調査では、1年未満での転職が不利だと思う方が31.3%、そう思わない方は68.6%でした。

引用:早期退職経験者の95%以上が「後悔していない」という結果に!転職後1年以内に退職した理由や相談相手をアンケート調査|PRTIMES

7割近い方が転職活動に支障を感じていなかったようです。アンケートの結果から、1年未満で退職しても転職活動には支障をきたさないといえます。

在職1年未満で退職しようか悩んでいる方へアドバイス

在職1年未満で退職しようかと悩んでいる方へのアドバイスは以下のとおりです。

それぞれ解説します。

やりたいことが明確にあるなら転職活動を始めるのがおすすめ

すでにやりたいことが明確であれば、思い切って退職することをおすすめします。やりたいことを頭の片隅に抱えながら仕事を続けても、成果は出にくいです。

思い切って短期退職し、新しい環境で働いたほうが有意義な時間を過ごせます。行動に移すことで見えてくることもあるので、ぜひ挑戦してみてください。

社会人経験3年未満なら第二新卒枠での入社もできる

社会人経験3年未満なら第二新卒枠での入社もできます。第二新卒とは学校を卒業してから約3年以内の方のことで、年齢でいうと25歳前後です。

第二新卒枠はスキルや実績よりも、経験や人柄を重視する傾向にあります。未経験の業界でもチャレンジできるので、積極的に利用しましょう。

パワハラやセクハラなどが横行する会社なら今すぐ転職を考えたほうがよい

パワハラセクハラなどが横行する会社なら、今すぐ転職を考えましょう。劣悪な職場環境に居続けると体調を崩し、最悪の場合はうつ病や適応障害になります。

体調を崩してしまうと、社会復帰までに時間がかかります。上司から人格を否定するような暴言や身体的な嫌がらせを受けている場合は、速やかに転職しましょう。

1年目はしんどいと感じる人が多いので成長できる環境であれば継続もおすすめ

成長できる環境であれば、多少きつい仕事でも継続して働くのがおすすめです。1年目はとくに仕事に慣れていないため、誰もがつらいと感じます。しかし2年目以降は仕事に慣れてくるので、1年目と比べると余裕が生まれます。

成長するためには負荷をかけなくてはいけません。ビジネスパーソンとして成長できる環境であれば、働き続けましょう。

在職1年未満でも転職活動に成功する5つの方法

最初にも述べたように、在職期間1年未満でも転職に成功することは十分に可能です。では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?

ここからは、在職期間1年未満でも転職に成功する方法をご紹介していきます。

前職がブラック企業だった場合は、退職理由を正当化できる

例えば、提示された雇用契約書に書かれている内容と全く違ったり、残業100時間以上などの度を越えた激務だったりした場合は、退職理由を正直に話しても問題ないでしょう。

「命の危険を感じるほど激務で、ブラック企業を辞めたかった」ということは、正当な退職理由になるからです。ただし、基本的には前職を悪くいうのは印象が良いとはいえませんから、感情論ではなく、事実を淡々と述べることが大切となります。

では、こういった例外的な事情ではなく、人間関係が原因の場合や若気の至りで辞めてしまった場合は、どのようにカバーすればいいのでしょうか?そのための有効な方法をご紹介します。

退職理由をはぐらさずに具体的に説明する

在職期間1年未満で辞めてしまうということは、どうしてもマイナスな印象を与えてしまいます。そのマイナスイメージさえ解消できれば、1年未満の転職でも、不利な状況から逆転できるはずです。

退職理由が曖昧なものならば、「ウチに入っても、またすぐに辞めたくなるのでは」と思われてしまいますが、退職理由がしっかりとしていて採用担当者が納得できる理由であれば、「理由があって転職するのだな」と伝わるので、マイナスに見られることはなくなります。

そのため、転職の理由を説明する際には、「なぜ応募企業への転職を決意したのか」という志望動機だけでは不十分です。「どうして在職期間1年未満で前職を辞める(辞めた)のか」という退職の動機をはっきりと明言しなければいけません。

「前職の仕事は、決められた作業を行うルーチンワークだったため、スキルを伸ばすのが困難な環境でした。このままの環境では自分は成長することができないと思い、1年未満という短期での転職を決断しました」

このように、前職での反省・失敗に主眼をおいて退職理由を説明することで、説得力が出てきます。具体的な説明によって採用担当者も納得し、マイナスイメージを持たれるのを避けることができるでしょう。

「もっとスキルを磨いて社会に貢献したいです」というような転職理由だけでは弱いです。在職期間1年未満で辞める(辞めた)理由は、より具体的に話すことがカギとなります。

短期間で辞めることを素直に反省する

退職理由に嘘をつく人が多いことは、採用担当者は百も承知です。企業の採用担当者は、これまで数多くの応募者を見てきていますから、下手な言い訳や嘘は、すぐにバレてしまいます。

変にごまかすよりも、「自分の見通しが甘く、入社した会社の仕事は自分に向いていないことが分かった。短期間で辞めることは今の会社に迷惑もかけること。だからこそこれから頑張っていきたい」と素直に反省するほうが、印象は良いはずです。

採用担当者も同じ人間ですから、失敗もたくさん経験しています。素直に反省できる人間の方が、伸びしろがあるということを知っています。

在職期間1年未満で辞めることを嘘や言い訳でごまかすよりも、素直に反省し誠実さをアピールしたほうが、短期離職のマイナス面をカバーできます。

企業が求めている人材は、現状の反省点を見つけて、常に改善していく学習力がある人です。在職期間1年未満で辞めるということは、ある意味、就職を失敗したということでもあります。

「そこから何を学んだか、この失敗を踏まえて、次はどのように改善していくのか」という学習力を採用担当者にアピールできれば、短期離職というマイナスイメージを払拭できます。

転職がなかなか決まらないと、「短期で離職してしまったから、もう正社員として転職できない。アルバイトや派遣でいいや」と、正社員としての転職を諦めてしまう人がいますが、もったいないことです。

非正規での雇用に妥協してしまうと、年齢だけどんどん重ねることになってしまい、後戻りができなくなります。妥協せずに、必ず正社員就職を狙ってください。

仕事への熱意・意欲が伝われば、プラスに評価される

採用担当者に好印象を与えるためには、反省し、誠実さをアピールすることが大切だと言いました。

もうひとつ大切なことは、応募先の仕事に対する熱意・意欲です。

あなたの熱意・意欲がしっかりと伝われば、マイナスをプラスに変えることができます。そのためには、あなたの素直な思いを熱意を持って訴えることが必要です。

「熱意をアピールするほどの志望動機が見つからないよ…」という人も多いですが、膨大な求人の中からその応募企業を選んだのには、何かしらの決め手があったと思います。何か心に響くものがあったはずなのです。

「人の役に立つ仕事でやりがいがありそう」「チームワークがあるところに魅力を感じる」など、何でもいいのです。とにかく、大げさでもいいですから、それを最大限に膨らませて、力強くアピールしましょう。

また、自分の将来のビジョンについてしっかりと説明できれば、熱意と意欲があることを印象付けることができます。

応募企業へ入社したら、3年後にはどんな役割をもっていたいか。5年後は?10年後は?という風に、将来のキャリアビジョンを志望動機に添えて語ることで、「熱意と意欲がとても高い」というプラス評価を受けることができるでしょう。

在職期間1年未満の転職では、いかにマイナスの印象を払拭するかがカギとなります。そのためには、

  • 素直に反省し、誠実さをアピールする
  • 仕事への熱意・意欲を力強くアピールする

ことが重要です。これができれば、マイナスがプラスに変わり、在職期間1年未満でも、転職成功の可能性がグンと上がります。

社会人経験の少ない人の転職支援に強い転職エージェントを頼る

1年未満で転職したい方は、社会人経験の少ない人の支援に特化した転職エージェントを頼りましょう。転職経験の浅い方向けの転職エージェントには、ビジネスマナーを学べる研修や講座があります。

面接対策や履歴書の記載方法などを学べるので、社会人経験が少なくても転職活動を有利に進められます。

また社会人経験の浅い方向けの転職エージェントでは、既卒や第二新卒を歓迎する求人が多く掲載されています。職歴に不安のある方でも、安心して転職活動を行えるでしょう。

在職1年未満の方におすすめの転職エージェント

在職1年未満で転職したい方におすすめの短期離職に強い転職エージェントは以下のとおりです。

それぞれ解説します。

マイナビジョブ20’s|第二新卒などの若手におすすめ

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 20代に特化している
  • 未経験歓迎の求人が多い
  • マイナビグループが運営している

マイナビジョブ20’sは、20代の既卒や第二新卒に特化した転職エージェントです。未経験を歓迎している求人が7割以上もあるので、1年未満で退職して職歴に自信のない方でも仕事を見つけられます。

しかしなかには「どの仕事が合うかわからない」と考えている方もいるでしょう。マイナビジョブ20’sでは、世界中で利用されている自己分析が受けられます。自分の特性に合った仕事を見つけられるので、次の職場では早期離職を避けられます。

またマイナビジョブ20’sの運営元は、転職事業を20年以上続けているマイナビグループです。待遇や条件のよい企業が集まりやすいので、安心して利用できます。

>>公式HPを見る

メリット
  • 未経験でも応募できる求人が多い
  • 利用者数が多い
  • 運営元が大手なので安心して利用できる
デメリット
  • ハイクラス求人が少ない
  • 30代以降の利用には向かない

\1年未満でも転職できる!/

ハタラクティブ|キャリアに自信がない20代におすすめ

名前ハタラクティブ
料金無料
求人数公開求人: 3,372件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談LINEビデオ面談可
得意分野・業界フリーター・既卒・
第二新卒の支援に特化
公式HPhttps://hataractive.jp/
詳細を見る
運営会社名レバレジーズ株式会社
拠点東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア24F・25F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ハタラクティブの特徴
  • 就職成功率が8割
  • 未経験歓迎の求人が8割
  • 面接対策が丁寧

ハタラクティブは第二新卒やフリーターなど正社員経験が浅い方に特化した転職エージェントです。そのため、社会人経験の少ない方を採用している求人を多く取り扱っています。

掲載されている8割の求人が未経験を歓迎しています。早期離職してしまい業界経験が少ない方でも、新しい業種にチャレンジできるでしょう。

さらに掲載されている求人の質も高く、利用者の8割が大手企業に就職しています。未経験を歓迎する求人が多いと不安に感じる方もいますが、ハタラクティブなら安心して利用できます。

>>公式HPを見る

メリット
  • 求人の質が高い
  • マンツーマンで面接対策を受けられる
  • 未経験業界に挑戦できる
デメリット
  • 30代以降の方には向かない
  • 求人数が少ない

\転職成功率が高い!/

ジェイック就職カレッジ|キャリアに自信がない20代後半〜30代前半におすすめ

名前ジェイック就職カレッジ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代18~35歳
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界20代、女性、中退者の転職支援
公式HPhttps://www.jaic-college.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイック
拠点東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JAIC(ジェイック就職カレッジ)の特徴
  • 研修や講座を受けられる
  • 営業職の求人が多い
  • 正社員に転職できる確率が高い

JAIC(ジェイック就職カレッジ)は、20代の既卒や第二新卒に強い就職サービスです。JAIC(ジェイック就職カレッジ)では、ビジネスマナーや面接対策が身につく就職講座が受けられます。

就職活動に必要なスキルを学べるので、1年未満で退職した方でも安心して転職活動をできるでしょう。

JAIC(ジェイック就職カレッジ)には、書類選考なしで進める企業とも面接できます。職歴に不安のある方は面接で勝負することが可能です。

提携している企業の質もJAIC(ジェイック就職カレッジ)は担保しています。担当者が事前に取材をしているので、基本的にはブラックな環境の会社は掲載されていません。

>>公式HPを見る

メリット
  • ビジネスマナーが身につく
  • 入社後もサポートを受けられる
  • 仲間がいるため挫折しにくい
デメリット
  • 人によっては研修がきつい
  • 求人に偏りがある

\いちからビジネスマナーが身につく/

在職期間1年未満の転職は、転職エージェントを使って成功率を上げよう

これまで見てきたように、在職期間1年未満でも転職に成功することは十分可能です。しかしそうは言って、「志望動機や退職理由をどうアピールすればいいか分からない…」と悩んでしまう人も多いでしょう。

そこで、在職期間1年未満でも転職を成功させるために、転職エージェントを活用しましょう。在職期間1年未満という不利な状況でも、転職エージェントを利用すれば、転職成功の確率がグンとあがります。

\1年未満でも転職できる! /

あわせて読みたい
第二新卒におすすめの転職エージェント26選!利用すべき理由やサービスの選び方についても紹介 「第二新卒はやめとけ」「第二新卒はもったいない」という声がある一方、実際には3人に1人の新卒が3年以内に退職しています。 出典:厚生労働省「新規大卒就職者の事業...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ