MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

あなたの会社は大丈夫?倒産しそうな会社の7つの特徴

昨今では、少し景気が回復してきたと言われていますが、まだまだ企業にとって厳しい時代が続いています。

企業が厳しいということは、そこで働くみなさんにとっても不安が募っているのではないでしょうか。例えば、某大手電機メーカーのように、いつ、どんな問題が見つかってしまうかわかりません。

倒産しそうな会社の予兆を察知して、該当するものがあれば早めに手を打っておくことがご自身を守ることにつながることになります。

今回の記事では、倒産しそうな会社の特徴をご説明します。

ただし、ここに記載されていることに該当しているからと言って、全て倒産しそうであると言うわけではありませんのでご注意ください。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

倒産しそうな会社の7つの特徴

倒産しそうな会社の特徴は以下の通りです。

倒産しそうな会社の7つの特徴
  • 必要最小限の経費も出し渋る
  • 機械の修理が行われない
  • 経理担当者の退職
  • 仕事の量が極端に少なくなった
  • 社長や役員がほとんどいない
  • メインバンクが変わった
  • 銀行以外の借り入れが増加している

1.必要最小限の経費も出し渋る

大型の複合機やパソコンといった比較的高額な経費だけでなく、ガムテープ1個やボールペン1本といった少額の経費を出し渋るようになった場合は要注意です。

もともと節約志向な社長であれば、会社設立時点や、ある程度の期間必要な経費以外の精算を認めないということもあるようですが、ある日突然、経費を申請しても出し渋られるようになったという場合は要注意です。

また、文具類や消耗品は会社での経費精算を認めず、全て自腹で購入しなければならなくなったという場合は、さらに要注意です。

2.機械の修理が行われない

売上を上げるための機械以外の機械(例えばコピー機や電話、FAXなど)で、替わりのものがある場合、もし、その機械が壊れてしまっても修理が行われなければ、どうしても仕事は滞ってしまいます。

にも関わらず、機械の修理を申請しても実施してもらえないという状況は、非常に危険です。例えば、3台ある電話が1台故障してしまったとして、2台塞がってしまった場合に新たな注文が来たとしても受けることができません。

3.経理担当者の退職

ある日突然、経理担当者が退職してしまったとしたら…。例えば、数か月前から退職の意思表示をしていた場合や、退職する理由がしっかりしている場合であれば問題はないでしょう。

しかし、ある日、突然、経理担当者が退職してしまった場合は、注意が必要です。経理担当者は、会社の会計を最もよく理解している従業員です

その従業員が突然辞めてしまうということは、「この会社に将来はない」「この会社は近々、倒れる」と判断したと考えることができるのです。

4.仕事の量が極端に少なくなった

これまでと比較して仕事の量が大幅に少なくなっている場合は要注意です。仕事は少なくても、従業員の就業時間は変わりませんので、空いた時間を埋めるために会議が増えるというケースもあります。

5.社長や役員がほとんどいない

社長や役員がほとんど会社にいないというケースの場合、金策に走っている可能性があります。

もちろん、経営が安定しているときにも社長は社内にいないという会社であれば、今回も問題ないかもしれません。しかし、これまでは、ほとんど社内にいたにも関わらず、最近はほとんどいないという場合には注意が必要です。

6.メインバンクが変わった

一部の従業員の方しかわからないかもしれませんが、メインバンクが変わったという点も注意しなければならない点です。

これまでのメインバンクから借り入れができなくなり、これまでの付き合いを解消してでも、他の銀行から借り入れしなければならないという状況が考えられます。

7.銀行以外の借り入れが増加している

短期借り入れとしてノンバンク等、銀行以外から借り入れが増えている場合にも注意が必要です。

本来、銀行から買い入れを行う場合は設備投資等の目的で借り入れますので、万が一、借り入れができなかったとしても現状維持はできますが、銀行以外から借り入れる場合は、すぐにでも現金が必要な場合で、会社の運転資金ということになります。

あわせて読みたい
将来性がない会社の特徴とは?辞めた方がいいの…? 会社に対して将来性がないと感じてしまうと、いろいろな意味で不安になってしまうものですよね。 この記事では、将来性のない会社の特徴を紹介していますので、あなたの...
あわせて読みたい
終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう 結論下のチェックリストに当てはまる内容が1つでもあれば転職を検討すべき。 >>1つでも当てはまった人におすすめのサービス 上記内容に一つでも当てはまったら転...

さいごに

以上のように、倒産間際の会社の取る行動にはある程度共通点があります。うまくこの特徴を見つけて、倒産して途方にくれてしまう前に、しっかりとプランを立てておくようにしておきましょう。

あなたの会社が倒産しそうな会社の特徴に当てはまっているのなら、一刻も早く転職先を見つけたほうが良いかもしれません。

会社が倒産してから動いたのでは、遅いのです。まずは、転職のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ