MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

見切りをつけた方がいい会社の5つの特徴 | 見限るタイミングと今やるべきことを解説

見切りをつけた方がいい会社に居続けると、ストレスによる体調不良や転職成功が遠のくといったリスクがあります。自分の心身・将来のためにも、早めに見限って行動に移すことが大切です。

やばい会社は今すぐ見限り、転職活動を進めましょう。1番若い今なら、自分の希望条件に近い優良企業への転職を目指せます。

本記事でわかること
  • 見切りをつけた方がいい会社の特徴
  • 見切りをつけた方がいい会社を辞めるべき理由
  • 会社を辞めさせてくれないときの対処法

見切りをつけた方がいい会社は、早めに見限って優良企業への転職を目指しましょう。転職成功を目指すならリクルートエージェント、退職が難しいときは退職代行TORIKESHIを活用してみてください。

\転職支援実績No.1/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

見切りをつけた方がいい会社に残るのは百害あって一利なし!

見切りをつけた方がいい会社に残るのは百害あって一利なし!

結論、見切りをつけた方がいい会社に残ってもいいことはありません。無理して居続けても、出世や優良企業との出会いが遠のくだけです。

見切りをつけた方がいい会社は、優秀な人ほど早めに見限って辞めていきます。深刻な人手不足やブラックな労働環境など、やばい会社は早めに辞めて転職するのがおすすめです。

\転職支援実績No.1/

あわせて読みたい
辞めた方がいい会社の特徴20選!見切りをつけた方がいい会社にいるとやばい理由を解説 結論下のチェックリストに当てはまる内容が1つでもあれば転職を検討すべき。 >>1つでも当てはまった人におすすめのサービス 一つでも当てはまる内容がある人は転...

見切りをつけた方がいい会社の5つの特徴

見切りをつけた方がいい会社の5つの特徴

見切りをつけた方がいい会社の特徴を5つ紹介します。

上記のような会社に居続けても、よいことはありません。退職・転職を悩んでいる人は、早めに行動に移しましょう。

常に人手不足

見切りをつけた方がいい会社の特徴は、常に人手不足なことです。人手不足の会社は1人ひとりの業務量が多く、「毎日仕事が終わらない」「皆イライラしている」などの弊害も招きます。

人手不足の会社には、主に2つの種類があります。

人手不足の会社の主な2つの種類
  • 会社が人手不足を把握しつつも人員補充を怠っている
  • 人材の募集・採用を行っているが新人もすぐに辞めてしまう

2つめのように、人の入れ替わりが多い会社にも要注意です。人が定着しない会社は、人手不足や業務量が多いだけでなく、なんらかの大きな問題を抱えている可能性があります。

職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪い会社も見切りをつけた方がいいかもしれません。

職場の雰囲気が悪い会社の例
  • 円滑なコミュニケーションがとれない
  • 職場いじめがある
  • パワハラ上司がいる

上記のような職場はストレスが溜まるだけです。円滑なコミュニケーションがとれない職場は仕事もうまく回らないので、業務負担・ストレスも大きくなります。

ブラックな労働環境

労働環境がブラックな会社は早めに見切りをつけた方がいいです。ストレスを抱えたり身体を壊したりするリスクがあります。

ブラックな労働環境の例
  • 残業時間が多すぎる
  • 休日出勤が常態化
  • 残業代が全額支給されない

ブラック企業に居続けたことで体調を壊し、社会復帰に時間がかかるというケースも少なくありません。また、残業時間が月80時間を超える場合は過労死ラインです。

転職エージェントに相談して、優良企業への入社に向けたサポートを受けましょう。

会社・経営層の考え方が古い

見切りをつけた方がいい会社には、会社・経営層の考え方が古いという特徴もあります。

会社・経営層の考え方が古い例
  • 営業はとにかく足を使う
  • 業務効率化のためのシステム1つ導入しない
  • 上司との飲み会を断ると評価が悪くなる

とくに、業務効率化を考えられない会社は他社と比べて成果が上がらず、後々の業績不振につながります。またシステムなどで業務が効率化されない分、無駄な作業が社員の負担になります。

優秀な人材が辞めていく

優秀な人材が辞めていく会社も、早めに見切りをつけるべきです。営業成績がよい・社内業務を円滑に回せる人の退職は、会社の業績低下や業務負担の増加などのデメリットしかありません。

なぜ優秀な人ほど見切りをつけるのが早いのか?理由は以下のとおりです。

優秀な人が素早く会社に見切りをつける理由
  • 会社の考えは簡単に変わらないと知っているから
  • 働き続けるメリットがないから
  • 年齢を重ねるごとに転職しづらくなるから

「同僚で優秀な人ほど辞めていく」このような会社には要注意です。今すぐ転職活動を開始して、年収・キャリアアップを目指しましょう。

見切りをつけた方がいい会社を辞めるべき理由

見切りをつけた方がいい会社を辞めるべき理由

見切りをつけた方がいい会社を辞めるべき理由を紹介します。

精神的につらいだけでなく、優良企業への転職がしづらくなるといったデメリットもあります。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

うつ病などの病気になるリスクがある

見切りをつけた方がいい会社に居続けると、うつ病などの病気になるリスクがあります。著者は人材業界で150名以上の転職活動に携わりましたが、実際に「前職の環境で病気になった」と後悔している転職者を複数見てきました。

1度病気になると、一定期間働くことが難しくなるケースもあります。見切りをつけた方がいい会社に居続けることは、キャリアだけでなく、体調面・生活面においてもデメリットが大きいです。

出世・昇給が見込めない

見切りをつけた方がいい会社に居続けても、出世・昇給が見込めません。頑張っても評価されず、上司や経営層に従順な人ばかりが出世する、という会社も存在します。

また成果を挙げても多くの業務をこなしても出世・昇給が見込めないため、やる気や熱意がなくなってしまう人もいます。結果努力をしなくなり、何も行動できずに年齢だけを重ねてしまうのです。

優良企業への転職がしづらくなる

転職市場において、年齢は若いほうが有利です。そのため、見切りをつけた方がいい会社に居続けて年齢を重ねると、優良企業への転職がしづらくなります。

「転職理由がネガティブだから」という心配は不要です。転職エージェントに相談すれば、ポジティブな言い換えや効果的なアピール方法などを教えてもらえます。

見切りをつけた方がいい会社を見限るタイミングは?

見切りをつけた方がいい会社を見限るタイミングは?

見切りをつけた方がいい会社を見限るタイミングは、「この会社やばい」と感じた今です。若いうちなら、優良企業への転職を目指せます。

転職を希望する業界や職種によってやや異なりますが、35歳以上になると転職成功率が大幅に下がります。

doda

基本的に、転職市場で最も需要があるのは25歳〜29歳です。見切りをつけた方がいい会社に在籍し、30歳以上になると転職のハードルが上がってしまいます。

リクルートエージェントには未経験・第二新卒歓迎の求人が豊富なので、「入社3年未満でスキルがなくて」「経歴が浅いから」と不安を抱いている人でも安心です。

見切りをつけた方がいい会社を辞める前にやるべきこと

見切りをつけた方がいい会社を辞める前にやるべきこと

見切りをつけた方がいい会社を辞める前に「やるべきこと」を紹介します。

見切りをつけた方がいい会社を辞める前にやるべきこと

上記を押さえておけば、転職・退職をスムーズに進められます。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

業務の引き継ぎについて考える

会社を辞める前には、業務の引き継ぎについて考えておくべきです。誰を後任にするのか?引き継ぎにどれくらいの期間がかかるのか?などをある程度把握しておくことで、スムーズに退職できます。

ただし、業務の引き続きの準備を整えていても、会社によっては強く引き止められたり辞めさせてくれなかったりします。その場合は外部(転職エージェントや退職代行など)の力を借りて、早急に退職しましょう。

退職前に転職先を決めておく

見切りをつけた方がいい会社とはいえ、転職先を決めずに退職するのはNGです。転職先はすぐに見つかる保証はありません。退職前に転職先を決めておくと安心です。

転職先未定のまま退職し、入社先が見つからずに焦ってまたブラック企業に入社してしまう、というケースもあります。転職エージェントを利用すれば、在籍中でも効率的に転職活動を進められます。

\転職支援実績No.1/

会社を辞めさせてくれないときの対処法

会社を辞めさせてくれないときの対処法

会社を辞めさせてくれないときの対処法を紹介します。

会社を辞めさせてくれないときの対処法

見切りをつけた方がいい会社ほど、辞めないよう引き止められる可能性が高いです。それぞれの対処法を解説するので、参考にしてみてください。

転職エージェントに相談する

リクルートエージェント

会社を辞めさせてくれないときは、まず転職エージェントに相談しましょう。退職理由の相談や退職フォローなどをしてくれる転職エージェントもあります。

大手の転職エージェントは豊富な経験から、退職における的確なノウハウをもっています。アドバイスを仰ぎながら、同時に転職活動を進めておきましょう。

特に業界最大手で、転職支援実績No.1を誇るリクルートエージェントがおすすめです。

\転職支援実績No.1/


あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

退職代行を利用する

会社を辞められないときは、退職代行を利用するのもおすすめです。優良な退職代行を利用すれば、最短即日で退職できます。

退職代行TORIKESHIは、労働組合が運営する退職代行です。LINEで退職代行を依頼するだけで、退職に必要な連絡や交渉をすべてお任せできます。「辞めたいけど辞めさせてくれない」という人でも安心してください。

一律27,000円で、追加費用は一切かかりません。LINE相談は無料なので、不安な人は気軽に相談してみてください。

\最短即日で退職できる/

あわせて読みたい
退職代行TORIKESHIの評判はどう?転職サポートの付いた人気サービスの口コミを紹介 退職代行TORIKESHIは、労働組合が運営する安心・安全な退職代行サービスです。退職代行TORIKESHIが職場と直接退職交渉をしてくれるため、職場に顔合わせしたくない方に...
あわせて読みたい
【どこがいい?】退職代行サービスおすすめランキング|口コミ・評判が良い人気サービスを紹介 上司になかなか退職の意思を伝えられない方には、代わりに手続きを勧めてくれる退職代行サービスの利用がおすすめです。 しかし退職代行には悪徳業者もあるため、どのサ...

辞めない方がいい会社の特徴は?

辞めない方がいい会社の特徴は?

「見切りをつけた方がいい会社」と感じていても、実は辞めない方がいい場合もあります。

辞めない方がいい会社の特徴
  • 職場に相性が悪い人がいる
  • 労働環境や待遇面に不満がある
  • 仕事に飽きてしまった

職場全体の雰囲気が悪いのではなく「自分と相性が悪い人がいる」という場合は辞めない方がいいです。人事異動や極力かかわりをもたないなどの対策を講じてみましょう。

また労働環境や待遇面に不満があるときは、辞める前に他企業の状況を確認してみてください。「残業20時間・年収400万円でつらい」と感じていても、同業界・業種であれば平均的な待遇というケースもあります。

また仕事に飽きてしまった場合は、別の業務や新しい部署へ挑戦してみるのがおすすめです。会社がやばいのか、自分で環境を変えられるのかを、一度考えてみてください。

見切りをつけた方がいい会社は今すぐ転職活動を始めよう!

見切りをつけた方がいい会社に居続けても、メリットは1つもありません。むしろ、体調を崩したり好条件での転職が難しくなってしまったりなどのデメリットばかりです。

やばい会社を無理して続ける必要はありません。転職エージェントを利用して、今より高待遇の会社に転職しましょう!

\転職支援実績No.1/


編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

大学出身後に地元のメーカーに経理職として就職。その後システムに興味を持ち、情報工学を極めるためにいったん退職。大学院に進学ののち、元の会社の親会社にSEとして再就職。大学院時代に自分の事業を法人化し、現在はサラリーマン兼経営者として活動するダブルワーカー。

気になる見出しをタップ