MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職して幸せになれる人となれない人。その分かれ道とは?

せっかく転職活動をするわけですから、転職先企業では幸せな社会人生活を送りたいものです。

転職先企業で幸せな社会生活を送れるかは、転職活動期間の行いや心構えも重要になってきます。

どのような転職活動を進めれば、幸せな毎日を送れるようになるのでしょうか。

今回の記事では、転職して幸せになれる人となれない人の分かれ道について解説します。

おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

自己分析をすれば、転職後に幸せになれる可能性が高まる

自己分析を怠った状態で転職活動を進めた場合、転職をしても幸せになれる可能性は低くなってしまいます。

自己分析を怠った状態とは、「自分を知らない状態」とも言い換えることができます。もしも、自分を知らない状態で転職活動を進めた場合、「どの会社であれば活躍できるのか」を理解することは難しいのではないでしょうか。

準備を制する者が、転職を制すると言っても、過言ではありません。準備を制するとは言っても、転職に必要な準備は様々です。しかし、転職の準備として、自己分析が大変重要であることは間違いありません。

「適正職種は何なのか」「実力重視の会社が向いているのか・年功序列の会社が向いているのか」「大人数の会社が向いているのか・少人数の会社が向いているのか」など、様々な角度から自分を知ることで、活躍できる会社に入社できる可能性を高めることができるでしょう。

ちなみに、転職活動においての自己分析は、本に頼ることをお勧めします。書店のビジネス書コーナーや就職転職書コーナーに行けば、自己分析についての本がたくさん置いてありますよ。

確かに、ネットでも自己分析を行うことができますが、単調な印象があります。もちろん、ネットでの自己分析にも信憑性の高いものは多いのですが、本のほうが深く自己分析をできるように感じられます。

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの適性診断はどんなサービス?他の転職エージェントの適性診断との違いを解説 「自分に合う仕事がわからない」「今の仕事が合わなくて転職したい」このような悩みを抱える転職者は少なくありません。 厚生労働省の調査では、若年層の退職者が「20〜...
あわせて読みたい
【5分でわかる】リクナビNEXTのグッドポイント診断のやり方・注目されている理由など紹介!結果から適職... リクナビNEXTのグッドポイント診断は質問に答えるだけで、自分ではわかりにくい強みを的確に診断できるサービスです。誰でも無料で登録でき診断結果もよく当たるので、...

ここまで、自己分析の大切さについて述べてきましたが、「自己分析を信じ込む」ということは避けましょう。

自己分析の結果は参考にはできますが、最終的には自分の頭や身体と相談をして、活躍できる会社を探し出すことが大切です。

「自分の判断が最終的に大切なのなら、自己分析なんか意味ないのでは…」という声が聞こえてきそうです。しかし、自己分析は、社会から自分に送られた客観的な意見のようなものだと考えてください。

客観的な意見が100%正しいわけでは無いですが、様々な状況において、客観的な意見は役に立ちます。

あわせて読みたい
あなたの転職を成功へと導く「自己分析」3つの目的 転職に成功した人たちに共通しているのは、「自分自身についてよく分かっている」ことです。 「自分は何がやりたいか」が具体的になっていて、それを実現させるべく転職...

スーツを揃えておくなど、万全な状態で転職活動に挑む

例えば、転職活動において面接を受ける場合には、スーツが必要です。しかし、絶対に必要であるスーツすらも、準備ができていない転職希望者が多いように感じられます。

会社の雰囲気によって異なりはしますが、転職面接の場合、濃紺スーツ・濃灰スーツの着用が基本となります。つまり、転職活動を始めた場合、濃紺スーツ・濃灰スーツどちらかを最低でも1着は持っておくべきなのです。

転職活動を進めていくと、急に面接をする機会が訪れるかもしれません。例えば、気になる会社に電話で応募をしたとして、「明日面接にお越しいただけますか?」と言われても何ら不思議ではありません。

もしも、明日急に面接が決まったのに着ていくスーツが無かったら、急いで買いに行かなければいけません。実際に、スーツを買うとなると時間がかかる場合もあるものです。

一方で、明日急に面接が決まったとしても準備が万全であれば、焦る必要は無くなります。もちろん、準備が万全なわけですから、他の準備などに時間を費やすこともできます。例えば、面接練習などに時間を費やすことができますよね。そう考えると、事前準備はとても大切だといえるのではないでしょうか。

また、転職活動を想定して、スーツ以外も何が必要かをきちんと把握して準備をすることが重要だといえます。

例えば、腕時計・靴・ネクタイなど、転職面接に合ったアイテムが無い場合は、余裕を持って準備をしておくようにしましょう。

あわせて読みたい
転職の成功は「第一印象」で90%決まるって本当!?第一印象をよくするコツと好印象になる服装マナー 採用担当者は、応募者に会った瞬間の第一印象で、応募者の90%のイメージを決めてしまいます。 そして、面接の間は、その印象が合っているかどうかを確認しているような...

転職先の給料に捉われると幸せになれないかもしれない

もちろん、仕事において、お金はとても大切です。例えば、給料は少しでも高いほうが良いに決まっていますし、ボーナスだって豊富な会社に入社したいことでしょう。

しかし、転職先企業の条件として、お金に捉われてしまった人は、転職後にそこまで幸せな社会人生活を送れていないように感じられます。

転職したら「少しでも高い給料がもらえたら良いな」と考えることは自然です。しかし、それに捉われてしまうと、素晴らしい会社との出会いを遮断してしまうことにもつながります。

いくら、給料を多くもらえる会社に入社したとしても、その会社がブラック企業であったら幸せになれるわけがありません。

また、ホワイト企業であっても給料が高い求人はありますが、仕事内容や職場環境が自分に全く合わない場合は、つらい毎日を送ることになってしまうかもしれません。

もちろん、転職の条件として、給料を設定しておくことは大切です。例えば、自分の生活スタイルや家族の状況などと照らし合わせて、「年に400万円以上は必ず必要」と考えるのなら、「年収400万円以上」は転職においての1つの条件となるはずです。

しかし、それと同じくらい、「職種業種」「企業規模(大人数の会社が良いのか・少人数の会社が良いのか)」「職場環境」なども大切なはずです。

もちろん、求める条件を全て満たす会社は、なかなか見つからないかもしれません。しかし、自分が求める条件を把握しておくことで、転職することで幸せな人生を叶えやすい会社を、効率良く見つけることができるはずです。

転職活動を進めるということは、色々な会社への入社を検討するということです。どうしても、求人票や募集用件を確認してゆくと、給料が高い会社に目が行きがちです。しかし、給料に捉われてしまうのは良くありません。

仕事において給料も大切ですが、「働きやすさ」も同じくらい大切なのです。

あわせて読みたい
辞めた方がいい会社の特徴20選!見切りをつけた方がいい会社にいるとやばい理由を解説 結論下のチェックリストに当てはまる内容が1つでもあれば転職を検討すべき。 >>1つでも当てはまった人におすすめのサービス 一つでも当てはまる内容がある人は転...

落ち着いた姿勢で転職活動に挑むことが大切です

闇雲に転職活動を進めている人が、多く見られます。特に、現職へ不満を抱えており、「早く今の会社を辞めたい」と考えている人は、闇雲に転職活動を進めがちな傾向にあります。

しかし、ただでさえ経験の乏しい転職活動です。初めて、転職活動を行う方も多いのではないでしょうか。このように、転職活動という未知の世界であるのにも係らず、闇雲に転職活動を進めてしまっては、なかなか幸せに近付くことはできないでしょう。

まずは、転職活動の基本について、きちんと把握しておくことが大切です。例えば、転職活動の進め方・履歴書や職務経歴書の書き方・内定後の流れ(現職の辞め方)などですね。

書籍やネットを活用することで、転職活動の基本についての情報は手に入れることができるはずです。そして、転職活動に基本について理解をしたら、自分自身について考えなければいけません。

例えば、どのような職種が向いているのか・どんな環境の会社が合うのか・給料や休日などの希望条件などですね。

転職活動の基本・自分自身についてを、きちんと理解したうえで落ち着いた姿勢で転職活動に挑めば、幸せになれる確率が高まるのではないでしょうか。

また、案外忘れがちなのが、現職の欠点を把握することです。きっと、今の会社の問題点は、何個か出すことができるはずです。例えば、残業が多い・ボーナスが出ない・職場までが遠いという具合です。

今の会社の問題点が無いという点を、転職先企業の条件として検討してみましょう。例えば、「転職先は残業が少ないところを選ぼう」「転職先はボーナスが出るところを選ぼう」「転職先は自宅から○○分以内のところにしよう」という具合です。

せっかく、転職をするわけですから、現職の欠点を理解したうえで、転職先企業ではより働きやすい場所を見つけることが大切なはずです。

実際に私も、片道1時間30分もかかる会社に勤めていた経験があります。そして、転職活動を始めるときに、「転職先企業は自宅から通いやすいところにしよう」と考えて転職活動を進めました。

結果として、片道30分の会社に入社したので、往復で2時間の短縮につながったということになります。

1週間(週5日)で考えると10時間の短縮につながっているわけですから、自分の時間を思いっきり楽しむことができました。

あわせて読みたい
通勤2時間かかる人はうつになる可能性大?長距離通勤のストレスで限界を感じる前に知っておくべきこと 本記事でわかること 通勤時間の平均 通勤が2時間もかかるのは異常なのか? 通勤2時間にはどんな解決策があるのか? 通勤に長時間かかっており、「もう長時間通勤が限界...

前向きな気持ちで転職活動に挑むと、幸せになれる?

私は、転職を大きく2つに分けると、「ポジティブ転職」「ネガティブ転職」があると考えています。

「ポジティブ転職」とは、新しい環境に希望を抱きながら転職活動をした、いわば前向きな転職です。

一方で、「ネガティブ転職」とは、今の仕事が嫌など仕方なく転職活動を進めた状態です。つまり、後ろ向きな転職ですね。

もちろん、「ポジティブ転職」「ネガティブ転職」どちらであっても、転職を決意したことは立派です。

会社によって、誰が面接官を勤めるかは様々です。例えば、人事部の人が面接を担当することもあれば、社長が面接を担当することもあります。

ただ、誰が面接を担当しようと、面接官は洞察力がするどいと考えてください。いわば、人間洞察のプロとも言えるのではないでしょうか。

ベテラン面接官であれば、面接を何千・何万とこなしていることもありますから、その洞察力には驚きです。

もちろん、「ネガティブ転職」であっても、面接では笑顔を意識することでしょう。しかし、相手は人間洞察のプロです。

では、どうすれば良いのかについてですが、「ポジティブ転職」に切り替えれば良いのです。つまり、転職に対して前向きな気持ちを抱くようにするということですね。

もちろん、今の仕事が嫌など、仕方のない理由のもとに転職を決意したという事実を変えることはできません。

しかし、「新しい会社ではどんな出会いがあるかな?」「新しい業界に身を置いてどれだけ成長ができるかな」という具合に、転職先企業に対して前向きな気持ちを抱くことはできるはずです。

転職に対して前向きな気持ちになることができれば、面接官にも伝わるものですよ。

例えば、「あぁこの人は希望に満ち溢れているな。きっと、活躍してくれそうだ」という気持ちを抱いてもらえれば大成功です。

あわせて読みたい
退職理由が「人間関係」では転職面接でマイナス評価になる?正直に伝えるべきか解説 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相手にその気がなければ益々関係はこじれ...

さいごに

転職を効率的に進めるには、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントは、転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれるサービスです。

転職エージェントを使えば、自己分析や面接対策を無料で行ってもらえます。また、転職エージェントは条件の良い非公開求人を持っていることが多いので、一度チェックしてみるとよいでしょう。

おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ