MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

会社が潰れそうな時は転職して逃げるべき?潰れる前の6つの前兆と対処法を解説

本記事でわかること
  • 会社が潰れそうだと感じる6つの前兆や特徴
  • 会社が潰れそうだと感じた時の5つの対処法
  • 会社が潰れそうな人におすすめの転職エージェント

会社が倒産する場合には、前兆があるはずです。

本記事では、倒産の前兆や特徴について紹介します。もし当てはまっていれば、社内の情報を収集しつつ、転職活動を始めましょう。

また、会社が潰れそうだと感じたときの対処法や会社が潰れる前に転職するメリットについても解説します。ぜひ参考にしてみてください。

本記事をまとめると
  • 会社が潰れそうだと感じたら情報を集める
  • 会社が潰れる前に転職するとメリットがある
  • 転職の際は、転職エージェントを利用する。転職支援実績No.1のリクルートエージェントがおすすめ!

\転職支援実績No.1/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

会社が潰れそうだと感じる6つの前兆や特徴

「うちの会社、潰れるかも」と感じるのは以下のような前兆や特徴があるからです。

会社が潰れそうだと感じる6つの前兆や特
  • 経理や役員が退職する
  • 経費削減が厳しくなる
  • 経営陣の会議が増える
  • 給料の支払いが遅れる
  • ボーナスがカットされる
  • 社長の外出が増える

以下、1つずつ紹介します。

経理や役員が退職する

一般の社員に会社の情報が入ってくるのは一番最後です。もしも会社が倒産するなら、経理や役員に、先に情報が届くでしょう。

そのため、経理や役員といった会社の内部事情にくわしい人たちの中には、会社が倒産する前に辞める人もいるかもしれません。

「最近、経理部や役員の退職者が増えているな」と感じたら、社内で何かが起こっている合図だと考えてよいでしょう。

経費削減が厳しくなる

経費に関する厳しいルールや細かい制約が新たに設けられた場合も、会社が傾いているか、倒産の危機におちいっている可能性があります。

これまでは気にも留めていなかったような細かな事柄についても節約・削減するように言われ始めたら注意しましょう。

しかし、最近ではSDGsに関連した資源を大切にする取り組みをする会社も増えてきました。

そのため、コピー用紙の節約や冷暖房の温度管理を指示された場合は、経費の削減というよりも環境に対する施策の可能性もあるので見極めが必要です。

経営陣の会議が増える

役員や取締役といった経営陣の会議が増えたという場合も、倒産の前兆かもしれません。

しかも何のための会議か知っている社員がおらず、議題も秘密であれば特に注意が必要です。社員に知られてはいけない資金の話などが行われているのかもしれません。

経営陣の様子や秘密の会議が開催される頻度なども注視しておきましょう。

給料の支払いが遅れる

給料の支払いが遅れるのは、倒産する企業の特徴です。毎月決まった日に支払うはずの給料が払えないのは、会社に現金がないからかもしれません。

会社が支払うお金の中でも社員への給料は、非常に優先度が高いものです。そのため、給料の支払いが遅れるということは、会社の資金繰りが非常に厳しいことを表します。

つまり、倒産前の大きなサインと言えるでしょう。

ボーナスがカットされる

ボーナスは賞与とも言われ、企業の利益を社員に還元する仕組みです。そして、ボーナスは基本的に業績が良かった場合に支払われます。

一般的に、夏季と冬季の年に2回、または決算時などに支給する企業が多いです。ところが、前年度まであったボーナスがカットされたり、全くでなかったりする場合があります。

ボーナスが減る、またはなくなるのは、会社の業績が悪いことを示します。そのため、ボーナスの減額やカットは会社が倒産するサインの1つと言えるでしょう。

社長の外出が増える

以前と比べて社長の不在や外出が頻繁になった場合も、倒産の前兆かもしれません。外出が多いということは、社長が金策に奔走している可能性があります。

特に、「社長が直接取引先へ出向くようなプロジェクトなどはないのに不在が多いな」という際は要注意です。

会社が潰れそうだと感じた時の5つの対処法

会社が倒産しそうなときには、以下の5つの対策をしておきましょう。

会社が潰れそうだと感じた時の5つの対処法
  • 社内の情報を集める
  • 有給をとっておく
  • 失業保険について調べておく
  • 出費を控える
  • 転職エージェントに登録する

以下、それぞれ解説します。

社内の情報を集める

経理部の社員や社長秘書、または社内の情報通の人に聞いて現状を探ってみましょう。会社の実態がつかめるかもしれません。

また、倒産するとはいかないまでも、会社の体制に何らかの変化が起こる可能性もあります。

例えば、別の会社に買収されたり、グループ会社と合併したりする場合もあるでしょう。

いざというときのために、しっかりとアンテナを張っておいた方がよいです。

有給をとっておく

有給休暇を取れるうちに取っておきましょう。

万が一倒産してしまうと、消化しきれなかった有給休暇は消滅します。それではもったいないので、使っておきましょう。

また、有給休暇を取得したら有効に活用してみてください。会社が倒産してしまったときに何をするべきかなどの情報収集に時間をあてるとよいのではないでしょうか。

失業保険について調べておく

失業手当は、会社を辞めたらもらえる雇用保険の基本手当です。手当の支給には、ハローワークで認定を受ける必要があります。

今の会社を辞めた場合や、会社が倒産してしまった場合に備えて、失業保険や基本手当について調べておきましょう。

また、基本手当は会社が倒産した場合などの会社都合退職では7日後からもらえます。しかし自己都合退職では、7日+2か月後からしか支給開始されません。

参考:厚生労働省「失業されたみなさまへ

出費を控える

「会社が倒産するかも」と感じているときには大きな出費は控えましょう。思いがけないタイミングで失業してしまう可能性があるからです。

仕事を失うと、新しい仕事が見つかるまで給与収入がゼロになります。しかしその間も家賃・食費・通信費といった、生活に必要な支出はなくなりません。

そのため、できるだけ大きな買い物は控えて貯蓄にまわしてください。また、カード決済で買い物をすると翌月以降の支払総額を忘れてしまいがちです。

いざというときに焦らないためにも、カード利用額や毎月の固定支出はきちんと把握するようにしましょう。

転職エージェントに登録する

転職エージェントの登録は無料ですから、転職に備えて登録しておくことをおすすめします。

また、転職エージェントはさまざまな情報やノウハウを持っているため、「会社が倒産しそう」といったケースも相談しやすいでしょう。

そして、転職エージェントに登録しておけば、もっと良い会社との出会いがあるかもしれません。

会社が倒産する前に転職するメリット

会社が倒産するよりも前に転職するメリットは以下の3つです。

会社が倒産する前に転職するメリット
  • 残務処理をしなくていい
  • 給料やボーナスの未払いを避けられる
  • 転職先との給料交渉に有利

以下、それぞれくわしく解説します。

残務処理をしなくていい

会社が倒産してしまう前に転職しておけば、あなたが残務処理をすることはありません。

会社を廃業する場合、破産申立ての手続きなどの残務処理をする必要があり、それを社員に手伝ってもらうケースがあります。

その場合、もう会社は無くなってしまっているため、給料ではなく日当が支払われます。しかし日当は、通常の月給の日割りより少ないことがほとんどのようです。

また、残務処理は主に経理に携わっていた社員が手伝う場合が多くみられます。

給料やボーナスの未払いを避けられる

会社が倒産すると、働いた分の給料やボーナスが支払われないリスクがあります。倒産前に別の会社に転職すれば、給料未払いのリスクは避けられるでしょう。

万が一、給料が未払いのまま会社が倒産してしまった場合は、未払い賃金立て替え制度が利用できます。

そうすれば未払い賃金を請求できますが、手続きが面倒です。そのため、未払い賃金が発生してしまう前に転職した方がよいでしょう。

転職先との給料交渉に有利

会社が倒産する前に転職すると、転職先企業との給料交渉が有利になるというメリットもあります。倒産後の転職だと給料交渉はしにくくなり、転職者にとって不利です。

また、会社が倒産した後、無職の状態での転職活動は、「早く転職しないと」という不安や焦りを生みます。精神的・金銭的に余裕のない状況で転職活動をするのはつらいです。

そのため、転職活動はできるだけ早めに準備して始めておくことをおすすめします。

会社が潰れそうな人におすすめの転職エージェント

「会社が倒産しそう…」というときには、以下の転職エージェントの利用をおすすめします。

おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント|転職支援実績No.1
  • マイナビエージェント| 親身なサポートに定評あり

以下、それぞれの転職エージェントの特徴を解説します。

リクルートエージェント|転職支援実績No.1

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1
  • 業界最大級の求人数
  • 転職に関する豊富なノウハウ

転職大手のリクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職エージェントです。

そのため、「会社が潰れそうだから転職したい」という転職者に対しても適切に対応してくれるでしょう。

豊富な実績と転職のノウハウを保有しているエージェントなので安心です。

そして求人数も業界最大級で、あらゆるタイプの求人がそろっています。豊富な求人があるので、あなたにピッタリの会社も見つけやすいでしょう。

また、転職のプロであるキャリアカウンセラーが転職者一人ひとりに合う求人を探してくれます。

さらに、応募書類や面接などの選考に関してもトータルでサポートが可能です。

\転職支援実績No.1/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

マイナビエージェント| 親身なサポートに定評あり

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
マイナビエージェントの特徴
  • 未経験や若手向けの求人が充実
  • 専任のキャリアカウンセラーが親身にサポート
  • 高いマッチング力

マイナビエージェントは、20代~30代の転職に強い転職エージェントです。

紹介してくれる求人の中には未経験・第二新卒歓迎といった若手向けの求人も多くあります。

また、専任のキャリアカウンセラーが、転職者の経歴・適性についてしっかりと聞き取り、企業と転職者のマッチングを見極めます。

そのため、マイナビエージェントで転職した人のマッチング率は高いです。

さらに、キャリアカウンセラーは転職者の希望や悩みについても耳を傾け、親身になってサポートしてくれるでしょう。

手厚いサポートが受けられるため、初めて転職する人にもおすすめの転職エージェントです。

\親身なサポートが魅力/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

会社が潰れそうで退職する場合、退職理由は転職先に伝えるべき?

転職の面接では、「なぜ今の会社を辞めようと思ったのですか」などと、転職する理由を聞かれます。

しかし、「会社が潰れそうだから」という理由を伝えるのは、やめておきましょう。

なぜなら、面接官に消極的な転職だという印象や責任感が乏しいという印象を与えてしまうかもしれないからです。

そのため、あくまでも前向きな転職であるということをアピールしてください。転職活動を始めるにあたって、将来の目標や仕事で達成したいことなどを改めて整理してみましょう。

会社が潰れそうで不安なら、少しずつ転職活動を始めよう

「会社が潰れそう…」と感じたら、少しずつ行動を開始しましょう。まずは、情報を集めて冷静に状況を見極めることが大切です。

また、会社が倒産する前には、ざまざまな予兆があるため、本記事で紹介した内容を参考に分析してみてください。

そして、転職した方がいいと判断したら、転職エージェントに登録することをおすすめします。

\転職支援実績No.1/

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...
あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...
あわせて読みたい
終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう 結論下のチェックリストに当てはまる内容が1つでもあれば転職を検討すべき。 >>1つでも当てはまった人におすすめのサービス 上記内容に一つでも当てはまったら転...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

大学卒業後、埼玉の特別養護老人ホームに就職。2019年に介護福祉士を取得。副業に興味があり、2020年からブログを開始。2022年から新しい仕事に挑戦したいと思い、Webライターとして活動を開始。介護や転職・動画編集などさまざまなジャンルで執筆中。

気になる見出しをタップ