MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

障害者雇用はやめとけは嘘!デメリットばかりと言われる理由とメリットを本音の口コミ付きで紹介

「障害者雇用はやめとけ」このような言葉を耳にすることがあるかもしれません。「そもそも求人数が少ない」「給与が低い」などの理由からデメリットが大きいというイメージを抱きがちです。

しかし、結論を述べると障害者雇用で働くことには多数のメリットがあります。職場の理解を得つつ特性を活かして働きたい方は、一般雇用よりも障害者雇用のほうがおすすめです。

そこで当記事では、障害者雇用で働くメリットや優良企業への入社を目指す方法を紹介します。やめとけ・デメリットばかりと言われる理由についても解説するので、参考にしてみてください。

本記事でわかること
  • 障害者雇用はやめとけと言われる理由
  • 障害者雇用で働くメリット
  • 障害者雇用で優良企業への入社を目指す方法
障がい者の方に
おすすめの転職エージェント
大手企業の障害者枠
求人多数あり
dodaチャレンジ
障害のある方の
転職支援実績No.1!
無料相談をする
大手企業の障害者枠
求人多数あり
LITALOCOワークス
全国に100以上の
拠点あり!

無料相談をする
手帳なしの方は
dodaがおすすめ

doda
顧客満足度No.1の
転職エージェント
無料相談をする
※2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 20代 第1位

>>障害者手帳なしの方におすすめの転職エージェント

障がい者手帳を持っていない方は障がい者特化のエージェントは利用できないことがほとんどです。下記記事で自分に合った転職エージェントを探しましょう!

あわせて読みたい
障がい者手帳なしの方におすすめの転職エージェント|求職者に寄り添った対応をしてくれるエージェント... 本記事でわかること 手帳なしでは障害者特化のエージェントを利用できない理由 手帳なしで転職活動を進める方法 障害者手帳なしで利用できるおすすめの転職エージェント...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

障害者雇用とは?安定就労を目指せる魅力的な働き方

障害者雇用とは?安定就労を目指せる魅力的な働き方

障害者雇用とは、障害者手帳を持っている人のみが応募でき、職場に自らの障害を開示して就職することです。

企業においては、障害者雇用推進法の「障害者雇用率制度」に基づいて、従業員数が43.5人以上の場合に1人以上の障害者を雇用する義務があります。

障害者雇用で働く場合は周囲の理解を得やすいため、以下のように定着率が高い傾向にあります。

一般求人かつ障害非開示(クローズ就労)の1年定着率が30.8%なのに対し、障害求人は70.4%と高い水準です。

一般雇用は、障害者手帳の有無にかかわらず応募条件を満たした人なら誰でも応募できます。しかし、特性に対して周囲から理解を得づらく、長期就労に結びつかない人が多いのが現状です。

近年では「法定雇用率」の拡大を受けて、企業も積極的に採用を行っています。求人数の増加や障害者が働きやすい環境づくりも進んでいるため、長期就労を目指す方にとって魅力的な働き方といえるでしょう。

障害者雇用はやめとけ・デメリットしかないと言われる理由

障害者雇用はやめとけ・デメリットしかないと言われる理由を紹介します。

障害者雇用はやめとけ・デメリットしかないと言われる理由
  • 給与が低いというイメージがあり生活・金銭面に対する不安があるから
  • 一般求人と比べて求人数が少なく転職しにくいと捉えがちだから
  • スキルアップが期待できないと勘違いされているから

それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

給与が低いというイメージがあり生活・金銭面に対する不安があるから

障害者雇用は一般求人よりも給与が低いイメージをもたれがちです。そのため「給与が低いと生活面で大変そう…」と不安を抱く人も多いでしょう。

以下は、厚生労働省が公表している障害者の給与の実態です。

障害の種類平均月収
身体障害者21万5千円
知的障害者11万7千円
精神障害者12万5千円

引用:厚生労働省「平成30年度障害者雇用実態調査」

一見「一般求人と比べて低い」と感じるかもしれませんが、厚生労働省公表の数字はさまざまな勤務時間を合わせた給与です。

週20時間未満の人の給与も含まれるため、必然的に「平均月収」が少なくなってしまうという背景があります。

とくに、知的障害者や精神障害者は勤務時間が短い傾向にあり、給与が低くなってしまうケースが多いです。また、業務内容が単調なものが多いという要因もあります。

一般求人と比べて求人数が少なく転職しにくいと捉えがちだから

「障害者雇用はやめとけ」と言われるのには、一般求人と比べて求人数が少ないという理由もあります。

例えば、大手転職エージェントが数万件以上の求人を保有している一方、障害者雇用のサポートに特化しているdodaチャレンジの保有求人は約2,000件と少なめです。

しかし障害者雇用は近年増加しており、2020年の調査では「企業の雇用障害者数が対前年比3.4%上昇、対前年差1万9,494人増加」という結果が出ています。
参考:令和3年 障害者雇用状況の集計結果 

今後も求人数の増加が見込まれているため、適切なサポートを受ければ、障害者雇用での転職成功も十分可能です。

業務内容が単調・「いるだけ」でスキルアップが期待できないと勘違いされているから

障害者雇用に対してネガティブな印象がある理由には、業務内容が単調・いるだけでスキルアップが期待できないと勘違いされる、ということもあります。

障害者雇用には仕事内容が単調なもの(データ入力や軽作業など)が多い傾向にあり、やりがいを感じられない・スキルアップできないと不満を抱く人もいるでしょう。

とはいえ、個人の特性によっては単調な仕事内容が合っている人もいます。そのため、一概に「障害者雇用だから仕事を任せてもらえない」とも言えません。

障害者雇用で働くメリット

障害者雇用で働くメリット

障害者雇用で働くメリットを紹介します。

障害者雇用にはメリットが豊富です。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

周囲からの理解やサポートを得やすく安定就労を目指せる

障害者雇用で働く最大のメリットは、周囲からの理解やサポートを得やすいことです。集中力が続かなかったり疲れやすかったりしても、こまめに休憩をとれる・別の業務に移れる、などの配慮を受けられます。

一般求人では、例えオープン就労だとしても職場から理解を得るのは難しいのが現状です。症状や特性に対して理解を得られる職場であれば、安定就労を目指しやすいでしょう。

一般求人では就職難易度が高い大手企業で働けるチャンスがある

障害者雇用の場合は、一般求人では難しい大手企業で働けるチャンスがあります。

なぜなら、従業員が43.5人以上雇用している事業主は障害者を1人以上雇用しなければならないという決まりがあるからです。

参考:厚生労働省

正社員(フルタイム)や時短勤務など働き方の選択肢が広い

障害者雇用で働くメリットは、正社員や時短勤務など働き方の選択肢が広いことです。フルタイム勤務はもちろん、時短勤務やパートといった自分の症状・特性に合わせた働き方を選べます。

はじめからフルタイムや責任の重い正社員という働き方を目指すのはハードルが高い人もいます。障害者雇用で無理なく働けるからこそ、安定就労を目指せるのです。

【当事者の口コミ】障害者雇用で働いてみた本音は?

【当事者の口コミ】障害者雇用で働いてみた本音は?

障害者雇用で働いたことのある人のXからは「安心感がある」「障害者雇用を選んでよかった」と感じている様子がうかがえます。

https://twitter.com/stick_stich/status/1611213921230393348?s=20
https://twitter.com/tachi_a_gare/status/1387646551497928706?s=20

一般求人のクローズ就労で働く際のデメリットは、周囲から理解やサポートを得られないことです。しかし、障害者雇用であれば周囲からサポートを受けられるため、ストレスを抱えず働けます。

また、障害者は通院によって仕事を休まなければいけない日もあるでしょう。障害者雇用であれば職場が事情を把握しているので、周囲に悪い印象を与えることなく、安心して通院できます。

障害者雇用で優良企業への入社を目指す方法

障害者雇用で優良企業への入社を目指す方法

障害者雇用で優良企業への入社を目指す方法を紹介します。

障害に理解のある会社に入社できれば、ストレスなく安定就労を目指せます。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

障害者雇用のサポートに特化した転職エージェントに相談する

障害者が優良企業への入社を目指すときは、障害者雇用のサポートに特化した転職エージェントに相談するのがおすすめです。障害者雇用の求人と多く出会えるだけでなく、障害をもつ人に寄り添った転職支援を受けられます。

転職エージェントを選ぶときは、障害者雇用の求人数の多さや障害者の転職支援実績が豊富かどうかに注目しましょう。はじめから1社に絞るのではなく、2~3社を併用することで転職活動をスムーズに進められます。

あわせて読みたい
【比較】障がい者におすすめの転職エージェント12選|地方の方・ハイクラスの方へのおすすめも紹介 本記事でわかること 障がい者におすすめの転職エージェント 障がい者が転職エージェントを利用すべき理由 障がい者が転職するときのポイント 障がい者転職に関するよく...

転職エージェント以外の就労支援サービスを利用する

障害者雇用での転職成功を目指すなら、転職エージェント以外の就労支援サービスも利用しましょう。障害者の就職支援として、さまざまなサービスが展開されています。

障害者向けの就職支援サービス
  • 就労移行支援事業所
  • ハローワーク
  • 障害者就労支援センター

就職支援サービスは、公的機関や社会福祉法人、NPO法人などが運営しています。就職までだけでなく、就労後までサポートを受けられるという点が魅力です。

ポジティブな転職理由を考えて採用側にアピールする

障害者雇用で転職成功を目指す方法は、面接時にポジティブな転職理由を伝えて採用側にアピールすることです。例えば、同じ転職理由でも以下のように伝え方次第で印象が変わります。

同じ転職理由でも伝え方次第で印象が変わる
  • ネガティブな例:単調な仕事ばかりでつまらなかった
  • ポジティブな例:単調な業務をこなすなかで培った経験を活かして、スキルアップを目指したい

相手にポジティブな印象を与えるポイントは、転職したい理由に加えて、自分が転職先でどうなりたいかを伝えることです。

転職理由は面接で必ず質問されます。徹底した対策が必要なため、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

自己分析をするうえで自分の症状や特性を理解する

障害者雇用で優良企業への転職を目指すなら、自己分析をするうえで自分の症状や特性を理解することも大切です。特性を理解していないと、入社しても「自分には合っていない」と早期退職してしまう可能性があります。

例えば、マルチタスクをこなすのが苦手でも1つのことに集中して専門性を高められる、という人もいます。自己分析を徹底し、自分の強み・弱みを明確化して特性を活かせる仕事に就きましょう。

雇用形態や給与などをこだわりすぎない

障害者雇用での転職成功を目指すときは、雇用形態や給与にこだわりすぎないのもポイントです。まずは安定就労を目指すのを重視して、自分が働きやすい環境を得ましょう。

無理をして働いても、症状が悪化してしまったり転職を繰り返してしまったりしては意味がありません。

「時短勤務に慣れたら正社員を検討しよう」「スキルを身につけて、収入アップを目指してみよう」など、自分のペースに合わせて転職先を選ぶのがおすすめです。

障害者雇用のサポートに強い転職エージェント

障害者雇用のサポートに強い転職エージェントは以下のとおりです。

障害者雇用のサポートに強い転職エージェント

どちらも障害に理解があり、障害者雇用に積極的な企業と多く出会えます。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

>>障害者手帳なしの方はこちら

dodaチャレンジ

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/
名前dodaチャレンジ
料金無料
求人数公開求人数:1,476件
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界障がい者への転職サポート
公式HPhttps://doda.jp/challenge/
詳細を見る
運営会社名パーソルチャレンジ株式会社
拠点東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
dodaチャレンジの特徴
  • 障害者の転職支援実績No.1
  • 転職後6カ月の定着率94%
  • 新卒・第二新卒からハイクラスまで幅広くカバー

dodaチャレンジは、障害者の転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。障害者の転職サポートに特化したエージェントで、丁寧なカウンセリングを通した高い定着率を実現しています。

キャリアアドバイザーは障害者に理解があり、1人ひとりに寄り添った求人紹介・選考対策を行います。サポート範囲は、新卒や第二新卒などの経験が浅い人から、年収500万円以上のハイクラス転職を目指す障害者向けまで幅広いです。

障害者手帳を取得している人であれば、正社員経験がなくても利用できます。「障害者雇用で安定就労を目指したい」と考えている人におすすめです。

\障害者の支援実績No.1/

あわせて読みたい
dodaチャレンジの評判・口コミを徹底調査|その他の障がい者向けの転職エージェントと比較 障がいがある人の場合、フルタイムの勤務が難しかったり、職場で何らかの配慮が必要だったりして、なかなか自分に合う求人が見つからないことがあります。 そんなときに...

LITALICOワークス

LITALICOワークス
【公式】https://works.litalico.jp/
名前LITALICOワークス
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界精神障害、発達障害の方を対象とした就職支援
公式HPhttps://works.litalico.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社LITALICO
拠点東京都目黒区上目黒2-1-1中目黒GTタワー15F/16F/20F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
LITALICOワークスの特徴
  • 特性やスキルに合わせた最適なプログラムを提供
  • 入社後も安心!就労後3年6ヶ月まで職場定着支援あり
  • 全国の企業にアプローチ!オリジナル求人多数

LITALICOワークスは、特性やスキルに合わせた最適なプログラムを提供する就労移行支援事業所です。自己理解・ストレスコントロール・就職活動など200種類以上のプログラムを提供しています。自分に合ったプログラムを選び、必要なスキルを伸ばしましょう。

専門的な資格を持ったスタッフがプログラム選びから就職、職場定着までサポートするため、安心してください。職場定着支援は、就労後3年6ヶ月まで行われます。職場定着支援が手厚いおかげで、就職後の定着率は88%です。

プログラムや職場定着支援が充実しているだけでなく、オリジナル求人も多数取り揃えています。豊富な選択肢から自分に合ったものを見つけたい方は、LITALICOワークスを利用しましょう。

\個々の状況に合わせて徹底サポート/

マイナビパートナーズ紹介

マイナビパートナーズ紹介
【公式】https://mpt-shoukai.mynavi.jp/
名前マイナビパートナーズ紹介
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア首都圏(東京都)
関西
オンライン面談対応
得意分野・業界障害者への転職サポート
公式HPhttps://mpt-shoukai.mynavi.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビパートナーズ
拠点東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 9F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話、チャット
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビパートナーズ紹介の特徴
  • マイナビの特例子会社による運営
  • 独自ノウハウを活かした丁寧なサポート
  • 転職だけでなく定着支援も受けられる

マイナビパートナーズ紹介は、人材業界大手マイナビの特例子会社が運営する転職エージェントです。運営側も特例子会社として多くの障害者雇用実績があり、自社の経験から得たノウハウをもとに丁寧なサポートを行っています。

マイナビのネットワークを活かした豊富な求人、定着サポートまで受けられる点などが魅力です。さまざまな障害の知識をもつキャリアアドバイザーが在籍しており、個人の特性に合わせた求人を紹介してもらえます。

\定着までを徹底サポート/

あわせて読みたい
マイナビパートナーズ紹介の評判と口コミを紹介|障がい者の方におすすめの理由を解説 「マイナビパートナーズ紹介を利用したいけど、本当に良いサービスなのか気になる……」と悩んでいる方は多いでしょう。 マイナビパートナーズ紹介には「障がい者が活躍で...

よくある質問

よくある質問

障害者雇用に関するよくある質問に回答します。

上記を理解すれば、安心して障害者雇用に向けた転職活動を進められます。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

障害者雇用ではなく一般求人へのクローズ就労を目指すのはあり?

結論から述べると、一般求人へのクローズ就労はおすすめしません。なぜなら、クローズ就労は定着率が低いだけでなく「配慮してもらえなくて辛い」といった口コミが目立つためです。

自分の障害や特性を隠して入社すると、周囲から理解を得られず、場合によっては「やる気が感じられない」「さぼっているだけでは?」という評価を受けてしまいます。

あわせて読みたい
発達障害のクローズ就労は辛い?トラブル事例とオープン就労で転職成功を目指す方法 「発達障害では採用されにくいのでは」とクローズ就労を目指している方は多いでしょう。しかし、発達障害のクローズ就労はトラブルの心配があり、想像よりも辛い思いを...

障害者雇用は生活できない?

業種や仕事内容によって異なるものの、障害者雇用は一般求人と比べて給与が低い傾向があります。そのため「障害者雇用では生活できないのでは?」と不安を抱く人もいるでしょう。

確かに、単調作業で高収入を目指すのは難しいのが現状です。とはいえ、障害者雇用でも専門スキルや経験を積むことで収入アップを目指せます。

転職エージェントを利用すれば、年収400万円以上の求人に出会える可能性が高いので、まずはdodaチャレンジに相談してみてください。

あわせて読みたい
障害者雇用で年収400万円は可能?転職成功を目指す方法と業種における高年収ランキングを解説 障害者雇用で転職を目指す際に、年収が低い求人しかないと諦めていませんか? 確かに障害者雇用枠は年収が低いと言われています。その一方で、年収400万円を超える求人...

障害者雇用でも年収やキャリアアップを目指せる?

障害者雇用でも年収やキャリアアップを目指せます!

障害者雇用の支援実績が豊富な転職エージェントに登録し、相性のよいキャリアアドバイザーからサポートを受けましょう。

客観的な強み・弱みを教えてくれるだけでなく「年収アップを目指すためには〇〇をするのがよい」といったアドバイスももらえます。

あわせて読みたい
障害者雇用で年収1000万のハイクラス転職は目指せる?年収アップするため行動を解説 「障害者雇用で年収1,000万円のハイクラス転職は難しいだろうか…」このように悩んでいませんか。 障害者雇用はできる仕事の範囲が限られてしまうということもあり、年収...

障害者雇用で転職して後悔しないためには?

障害者雇用で転職して後悔しないためのポイントは、自分の体調に合わせながら無理のない働き方を選ぶことです。無理をして入社すると、体調を悪化させる可能性があります。

フルタイム勤務が難しいなら時短勤務を選択してもよいです。自分が無理なく続けられる働き方を選びましょう。

障害者雇用はやめとけは嘘!転職エージェントを利用して優良企業に入社しよう!

「やめとけ」「デメリットばかり」と言われがちな障害者雇用は、メリットが多い魅力的な働き方です。周囲からの理解を得やすいため、一般求人よりも障害者雇用のほうが安定就労を目指しやすいです。

障害者雇用で優良企業に転職したい人は、dodaチャレンジに相談しましょう。定着率94%を誇る丁寧なサポートで、安定した長期就労を実現できます!

\障害者支援実績No.1/

[障がい者向け記事]

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ