MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職1週間で即日退職は可能?違法にならないケースと確実に退職できる方法を解説

本記事でわかること
  • 転職1週間で即日退職できるケース
  • 転職して1週間で退職する方法
  • 即日退職するときに気をつけること

転職してみたものの「なにか違う」と感じることがあるでしょう。

そこで本記事では転職して1週間ほどで退職したくなった場合の対策を紹介します。転職1週間で即日退職する方法や退職時のNG行動についても解説するので、参考にしてみてください。

転職して1週間で退職したい場合はTORIKESHIを利用しましょう。TORIKESHIは退職希望者に代わって退職を進める代行サービスです。LINEで簡単に登録・依頼ができるので、すぐに退職手続きを進められます。

【公式】https://torikeshi.jp/

\LINEで即日退職可能!/

>>おすすめの退職代行サービスを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職1週間での即日退職は可能?

転職1週間での即日退職は可能?

基本的に転職1週間での即日退職はできません。民法627条によると、退職は2週間前に申し出る必要があるからです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用:厚生労働省「民法627条」

退職して1週間での退職は、やむを得ない理由がない限り難しいのが現状です。

転職1週間で即日退職できる3つのケース

転職1週間で即日退職できるケース

転職して1週間で即日退職できる3つのケースを紹介します。

今すぐ退職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

やむを得ない退職理由がある場合

民法628条によると、やむを得ない理由がある場合は即日退職が可能となります。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う

引用:厚生労働省「民法628条」

やむを得ない理由とは以下のとおりです。

即日退職がやむを得ない理由
  • 家族が病気になり看病や介護が必要になったとき
  • 心身の体調を崩したとき

家族が病気や怪我を負い、自分しか看病ができないような状態のときは転職して1週間でも即日退職できます。ただし、会社からは介護休暇やリモートワークを提案される可能性があると予想しておきましょう。

もうひとつは、体調不良や心身の不調によって働くことが不可能な状態のときです。心身の不調が悪い状態で労働させるのは、労働基準法の5条「強制労働の禁止」に該当するため、即日退職が可能です。

使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない

引用:厚生労働省「労働基準法第5条」

体調不良は持病の悪化や怪我だけではなく、うつ病のような精神疾患も含まれます。

あわせて読みたい
転職失敗でうつ病寸前!?発症する原因やなりやすい人の特徴、うつの疑いがある時の対処法を解説 転職にはただでさえストレスがかかりますが、新しい職場でうまくいかなかった場合は、精神的な負担がさらに大きくなります。 無理をして仕事を続けた結果、うつ病を発症...

会社が「即日退職」を認めた場合

会社と労働者が話し合ったりやむを得ない理由があったりする場合は、2週間前に申告をしなくても即日退職できます。

会社によっては「退職は2か月前に申し出ること」と独自の就業規則が設けられていますが、両者の合意があれば退職申告期間より前でも即日退職が可能です。

パワハラやセクハラなど会社側に重大な問題がある場合

過度な長時間労働や上司からの暴言などが普段から見られるなど、会社に問題がある場合は即日退職が認められる可能性が多いです。しかし会社側に問題があっても、非を認めず退職の申告に応じてくれないケースもあります。

そのため、即日退職をする前には必ず音声や資料など物的証拠を集めておくのがおすすめです。また労働基準監督署や弁護士に相談することも考えてみてください。

退職するまでの一般的な流れ

退職するまでの一般的な流れ

一般的な退職するまでの流れは以下のとおりです。

STEP
上司に相談する

上司には早めに相談しましょう。理由によっては即日退職も可能です。

STEP
退職届を提出する

上司と退職の同意が取れたら退職届を作成していきます。会社に書類のテンプレートがある場合は、記載ルールに則り提出しましょう。

STEP
有給休暇を申請する

有給休暇の取得方法によっては2週間前から休めます。事前に有給休暇の残日数を確認しておきましょう。

STEP
退職手続きをする

退職の同意が取れたら、書類の手続きをしていきます。退職代行サービスを利用すれば書類の作成は必要ありません。

有給休暇が残っていない場合は、基本的に上司に相談・退職届の提出で手続き完了です。

転職1週間で即日退職したいときのNG行動

転職1週間で即日退職したいときのNG行動

転職1週間で即日退職したくても、してはいけない行動があります。

間違った行動をとると、最悪の場合訴えられる可能性もあります。即日退職を検討している方は知っておきましょう。

会社になにも言わず無断欠勤するのはNG

退職をしたいからといって無断欠勤をするのはNGです。無断欠勤をして退職をしようとすると、いくつかの問題が発生します。

まず家族に連絡がいき、会社と自宅が近かい場合は親が探しにくることがあります。自宅にいないと、事件や事故に巻き込まれたと思われ捜索願を出される可能性もあるでしょう。

また無断欠勤のまま退職すると、未払いの給与をもらえないかもしれません。労働の対価を支払わないのは違法行為ですが、無断欠勤をして退職をすると給与をもらうまで時間がかかります。

あわせて読みたい
仕事を飛ぶ方法とその後どうなるかを解説【体験談】仕事をばっくれた友人の末路…|正社員をばっくれた体... 仕事をばっくれる・飛ぶなら、退職代行を使いましょう!仕事を突然ばっくれてしまうと、さまざまなリスクがあります。 しかし、退職代行を利用したらリスクなく正式な手...

会社の合意を得ず、退職届だけを提出して退社してしまうのはNG

会社の合意なしに勝手に退職してしまうのはやめましょう。万が一、あなたの無断退社や欠勤で会社になんらかの損害がでた場合、損害賠償を請求される可能性があるからです。

民法627条では、社員が2週間以内に退職して会社に何らかの損害が出た場合に「企業側は社員に対して損害賠償請求ができる権利がある」と定められています。

合意なしの即日退職は大きな損失を負うことになるので注意が必要です。

転職1週間でどうしても即日退職したいときの対処法

転職1週間でどうしても即日退職したいときの対処法

転職1週間でどうしても即日退職したいときの対処法を紹介します。

転職1週間でも即日退職できる紹介しているので、ぜひ実践してみてください。

上司に「どうしても即日退職したい」旨を伝える

まずは上司に即日退職したいと伝えましょう。上司から合意がとれれば、即日退職が可能です。

ただし、上司から即日退職の合意を得られるケースはあまりありません。転職1週間とのことで任されている業務は少ないですが、会社としてもリソースを割いて選出した人材のため、簡単に退職の許可は下りないでしょう。

話を聞いてくれる上司であれば、相談してもらうのを目的に退職を検討していることを伝えてみるのがおすすめです。

退職代行サービスを利用すれば即日退職できる

退職代行を利用すれば、高い確率で即日退職が可能です。退職代行業者が退職の意思を伝えてくれるため、たとえ欠勤していても問題なく退職できます。

ただし、退職するのは転職先を見つかったあとがおすすめです。退職後は収入が途切れてしまうので、生活費に余裕のない方は内定を獲得してから退職代行を利用しましょう。

あわせて読みたい
【どこがいい?】退職代行サービスおすすめランキング|口コミ・評判が良い人気サービスを紹介 上司になかなか退職の意思を伝えられない方には、代わりに手続きを勧めてくれる退職代行サービスの利用がおすすめです。 しかし退職代行には悪徳業者もあるため、どのサ...

どうしても転職後1週間で退職したいならTORIKESHIがおすすめ

【公式HP】https://torikeshi.jp/
名前退職代行TORIKESHI
利用料金27,000円
※内2,000円は労働組合加入費
運営組織日本労働産業ユニオン
LINE対応あり
返金保証あり
転職支援あり
公式HPhttps://torikeshi.jp/
TORIKESHIのおすすめポイント
  • 労働組合が運営している
  • LINEで即日退職可能
  • 24時間対応している

TORIKESHIは労働組合が運営している退職代行サービスです。

労働組合が運営している退職代行は、日本国憲法第28条の労働三権のなかの団体交渉権を持っています。団体交渉権とは、会社に対して交渉がおこなえる権利のことです。

民間企業が運営している退職代行の場合は交渉権がないので、退職時のトラブルを自分で対処しなくてはいけません。しかしTORIKESHIでは、離職票や源泉徴収票の郵送など手間のかかる事務作業もサポートしてもらえます。

また、TORIKESHIはLINEで24時間受け付けています。難しい操作はなく、その日のうちに退職代行の依頼ができるのが特徴です。

\LINEで即日退職可能!/

あわせて読みたい
退職代行TORIKESHIの評判はどう?転職サポートの付いた人気サービスの口コミを紹介 退職代行TORIKESHIは、労働組合が運営する安心・安全な退職代行サービスです。退職代行TORIKESHIが職場と直接退職交渉をしてくれるため、職場に顔合わせしたくない方に...

試用期間中の即日退職について

試用期間中の即日退職について

民法627条にあるように、試用期間中でも雇用契約を結んでいるため本採用と同じく2週間前に申告をする必要があります。会社の就業規則で退職申告期間が定められているなら、遵守しなければいけません。

ただし、病気や親の看病などやむを得ない理由があれば試用期間中でも退職できる措置が講じられます。しかし、会社が納得する理由ではない限り即日退職のハードルは高いでしょう。

あわせて読みたい
試用期間14日以内は即日退職できる?可能なケースと問題なく退職できる方法を解説 本記事でわかること 試用期間14日以内に退職は可能か 試用期間14日以内に退職できるケースとは 試用期間中に退職する際の注意点とは何か 試用期間中に「入社した会社が...
あわせて読みたい
転職1週間で即日退職は可能?違法にならないケースと確実に退職できる方法を解説 本記事でわかること 転職1週間で即日退職できるケース 転職して1週間で退職する方法 即日退職するときに気をつけること 転職してみたものの「なにか違う」と感じること...

よくある質問

よくある質問

即日退職に関するよくある質問を紹介します。

即日退職は違法?

2週間前の退職申告や、やむを得ない理由がない場合の即日退職は違法になります。また、会社の就業規則で規定されている期間以降に即日退職を申し出るのは、訴訟につながる可能性があるため注意が必要です。

ただし、TORIKESHIに相談すれば依頼当日から出勤しなくても問題ありません。必要書類や制服の返却も郵送で対応できます。

即日退職したいときの言い方は?

即日退職したい理由は正直に話すのがおすすめです。理解のある上司であれば、退職理由に対して相談に乗ってくれることもあるでしょう。

正直に話すのが難しい場合は「一身上の都合で」や「家庭の事情で」などが無難です。しかし退職理由をにごすと、上司から追求される可能性があります。

退職理由を正直に話すのが難しいときは、上司からの質問にも答えられるよう準備しておくのがおすすめです。

正社員以外は即日退職できる?

契約社員やアルバイトなど雇用期間が決まっている方は、基本的に期間中の退職はできません。しかし、以下の3つの条件を満たす場合は即日退職が可能です。

正社員以外の人で即日退職可能な3つの条件
  • 1年以上働いている(労働基準法第137条)
  • やむを得ない理由がある(民法第628条)
  • 会社から同意を得られた

労働基準法第137条によると、有期契約の方でも1年以上働くといつでも退職を申告できるようになります。

退職代行サービスを利用して会社から自分宛てに連絡がくる心配はない?

退職代行サービスを利用しても、会社から連絡がくることはありません。万が一、会社から連絡がきても無視して大丈夫です。

「会社から連絡がきたらどうしよう」と考えている方は、TORIKESHIを利用するのがおすすめです。TORIKESHIは会社に交渉する際、退職希望者に連絡をしないよう伝えてくれます。

ただし会社が退職希望者に連絡するのは問題のない行為なので、強制力はありません。仮に会社から何度も連絡がきた場合は、TORIKESHIに再び伝えれば対応してもらえます。

転職1週間で即日退職したいなら退職代行サービスに相談しよう

転職1週間で退職したくなったら退職代行サービスのTORIKESHIを利用するのがおすすめです。TORIKESHIは労働組合が運営している退職代行サービスなので、即日退職を会社と交渉してくれます。

TORIKESHIは24時間受け付けているので、仕事が忙しい方でもすぐに退職代行の依頼が可能です。次の転職先を見つけたうえでTORIKESHIを利用し、新たな環境で働きましょう!

\LINEで即日退職可能!/

本記事に関連する記事一覧

あわせて読みたい
試用期間14日以内は即日退職できる?可能なケースと問題なく退職できる方法を解説 本記事でわかること 試用期間14日以内に退職は可能か 試用期間14日以内に退職できるケースとは 試用期間中に退職する際の注意点とは何か 試用期間中に「入社した会社が...
あわせて読みたい
今すぐ仕事辞めたい!会社を即日退職するためにあなたが取るべき戦略とは? 今すぐにでも仕事を辞めたい!もう会社に行きたくない!無理だ…! このように切羽詰まった状況で、悩んでいる人もいるでしょう。できればもう明日からでも出社拒否をし...
あわせて読みたい
急に仕事を辞める方法は?雇用別の扱いと「やむを得ない理由」について紹介 「職場の環境が悪いから仕事をすぐにでも辞めたい」と悩んでいませんか? 一般的に、退職を申し出てから実際に辞めるまでには2週間の拘束期間が発生します。しかし、心...
あわせて読みたい
仕事に行きたくないと拒否反応が出たときの対処法は?吐き気や涙が出るのは要注意! 朝起きるたびに「仕事に行きたくない」と憂鬱な気分になっていませんか?仕事へのプレッシャーから吐き気を催し、涙が止まらない方もいるでしょう。 仕事に行きたくない...
あわせて読みたい
転職して1週間で辞めたいと思ったときに注意すべきことを解説 「転職して1週間で辞めてもいいの?」「1週間で辞めたら次の転職活動に悪影響は出る?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 ただ、何が理由で1週間で辞めたい...
あわせて読みたい
明日から仕事に行かないで退職できる方法は?ストレスを抱えているなら即日退職しよう 本記事でわかること 退職届を出してから一般的にどれくらいで仕事を辞められるのか 即日退職したい方におすすめのサービス 明日から仕事へ行かずに退職する際の注意点 ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ