MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

Greenの企業スカウトから応募して落ちる原因とは?スカウトを増やす方法や内定率を上げるポイントを紹介

本記事でわかること
  • Greenのスカウト経由で落ちてしまう理由
  • スカウトから内定を獲得する方法
  • Greenのスカウトの仕組み

Greenは企業からスカウトがもらえる転職サイトです。スカウトは企業側が求職者に興味を持っている状態なので、通常の求人応募よりも採用されやすい傾向にあります。

しかし、Greenのスカウト経由で選考を受けたとしても落ちてしまうことがあります。スカウトだからといって、しっかりとした選考対策を行わなければ、内定はもらえません。

本記事ではGreenのスカウトで落ちてしまう原因や、スカウトから内定を獲得する方法を紹介します。

転職は複数のサービスを利用するのが一般的です。Green以外のサービスを利用するならマイナビエージェントがおすすめです。各業界に精通したアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/

\2024年オリコン顧客満足度No.1/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

Greenの企業からのスカウトを受けて落ちることはある?

Greenの企業からのスカウトを受けて選考にのぞんだとしても、落ちることがあります。企業はスカウトを月に何百通も送っており、送ったなかで良い人材を見つけたいと考えています。

スカウトがきたからといって「絶対にあなたにきて欲しい」というわけではありません。ただし、企業はスカウトを闇雲に送っているわけではなく、欲しい業種やスキルを絞ってから募集しているため、通常の応募より難易度は低めです。

引用:Green

Greenの転職成功者の9割以上が企業スカウトに応募しているというデータを公式が出しています。スカウトされた求人に積極的に応募することで、転職成功の確率が高まります。

Greenのスカウトは本気度が高い!登録していない人は損です

Greenの企業からのスカウトは、他の転職サービスのスカウト機能に比べて本気度が高い傾向にあります。Greenを利用している企業は、月に400件までしかスカウトが送れません。

企業は闇雲にスカウトを送ってしまうと、すぐに1ヶ月の回数分を消費してしまいます。そのため、求職者のプロフィールを細かくチェックし、企業に合うかどうかを判断してスカウトを送っているので、本気度が高くなっています。

ほかの大手エージェントサービスと比べるとスカウトの回数制限がある分信頼度は高いので、Greenのスカウトサービスは、登録しておくことをおすすめします。

Greenのスカウトから応募して落ちる理由

Greenのスカウトは本気度が高い傾向にありますが、落ちることもあります。本章ではGreenのスカウトから応募して落ちる理由を紹介します。

それぞれの理由を解説します。

面接や面談で良い印象を与えられなかったため

Greenのスカウト経由で落ちてしまった原因は、面接や面談で良い印象を与えられなかったからです。企業は求職者の職務経歴書履歴書の内容をもとにスカウトを送ります。

ただし、スカウトを送る段階では経歴やスキルはわかったとしても、人となりまでは見れていません。そのため、面談や面接をした際に、熱意やアピール不足でミスマッチと判断され不採用となるケースがあります。

また、メールでのやり取りや面接の受け答えによる人間性の部分で良い印象を与えられず、不合格となるケースがあるので注意しましょう。

条件を満たしていないスカウトから応募しているため

企業が求める条件に満たしていない状況で、スカウトから選考に応募していると落ちることがあります。Greenに登録しているプロフィールを見て、必要最低限の条件を満たす人に一斉送信でスカウトを送る企業もあるので、注意が必要です。

「プログラミングができる」「マーケティングが得意」など、求めるスキルに該当していればスカウトが届く可能性があります。しかし、求職者のスキルが企業が求める条件を満たせていない場合、書類選考や面接で不合格となります。

選考対策が十分にできていなかった

企業からスカウトが来たからといって、求められている側だと思い込み選考対策をしないと落ちます。スカウトは企業が求職者に興味を持っている状態ではありますが、求職者が「選考を受ける立場」であることに変わりはありません。

スカウトからの選考だとしても面接では、「なぜこの企業を受けたのか」「入社後に戦力になるのか」を明確に説明する必要があります。そのため、一般的な転職のように自己分析と企業研究を徹底的に行い、自分が戦力になれる人材であることをアピールしないと採用は困難です。

Greenの企業スカウトから内定を獲得する方法

Greenの企業スカウトから内定を獲得する方法を紹介します。本気で内定を獲得したい方は、参考にしてください。

それぞれの方法を解説します。

本気度の高いスカウトメールの選考だけ進む

スカウトから採用されるには、本気度の高いスカウトメールの選考だけ進むことです。本気度が高いスカウトであれば、企業は「あなたが欲しい」と強く思っているので採用されやすくなります。

一方で、一斉送信とわかりやすいスカウトは、希望している企業でない限り無視で問題ありません。一斉送信の場合、スカウトは本気でないことがほとんどです。

一斉送信が届くケースが多いかもしれませんが、なかにはしっかりとあなたのために送っているスカウトもあるので見極めが大切です。

本気度が高いかどうかの見極めは書類を求めるだけではなく、カジュアル面談を組んでくれたり、あなたが欲しい理由が書いてあったりします。

通常の選考と同様の対策を行う

Greenのスカウトから内定を獲得する方法は、通常の選考と同様の対策を行うことです。スカウト経由だからといって余裕でいるのはNGです。

また、本気度の高いスカウトの選考だとしても、対策は十分に行う必要があります。スカウトを送ったとしても、企業はあなたをプロフィール上でしか判断できていない状態です。

本気のスカウトだとしても、面接で企業のことを理解していないと、「仕事も適当にこなすのではないか」と思われてしまうかもしれません。

マイナスな印象を与えないためにもしっかりと企業研究を行い、求める人物像とマッチしている人材だとアピールすることで、採用確率が上がります。

本気度の高いスカウトを受け取りたいならビズリーチもおすすめ

ビズリーチはGreenと同様に本気度の高いスカウトが受け取れるサービスです。ビズリーチでは「スカウト」と「プラチナスカウト」の2種類のスカウトがあります。

なかでもプラチナスカウトでは、本気度が高いスカウトを受け取れます。プラチナスカウトは企業もしくはヘッドハンターから送られてくるもので、面談・面接が確約されています。

また、プラチナスカウトは送る側が費用を払うことで送れるようになるので、本気度が高いことがわかります。企業からプラチナスカウトが来た場合は面談・面接が確約されており、選考において有利になります。

スカウトからの選考通過率を上げたい方は、ぜひ利用してみましょう。

\本気度の高いスカウトを受け取りたいなら

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

Greenのスカウトについておさらい

Greenのスカウトからでも落ちる可能性があることを説明してきましたが、スカウトの詳細についておさらいしておきましょう。

Greenのスカウトについておさらい

それぞれについて説明します。

スカウトの仕組み

Greenのスカウトは企業の採用担当者が、プロフィール情報に基づいてデータベースから検索し、メッセージを送付するものです。そのため、企業があなたの経歴に興味を持ったうえで連絡している状態だといえます。

送られてくるスカウトのなかで最も多い内容は、採用担当者からの面談オファーメッセージです。求職者に正式な応募意志がなくても問題がなく、まずはカジュアルに採用担当者と直接話ができます。

カジュアルな面談のなかで企業の様子を探れるため、求職者にとってもメリットがあります。また、スカウトはプロフィール情報が多い方が、面談オファーを受けやすくなるため、プロフィール情報を充実させておくと良いでしょう。

「気になる」との違い

Grennではスカウトのほかに、企業から「気になる」が受け取れます。「気になる」は文章のないスカウトです。

企業からするとスカウトよりも気軽に求職者にアピールできるため、スカウトよりも「気になる」を受け取る件数の方が多くなります。

気になるを受け取ると「興味なし」か「話を聞いてみたい」のボタンが表示され、「話を聞いてみたい」を選択すると企業に対してカジュアル面談を希望できます。企業からの日程調整のメッセージが届くと、面談を設定できます。

よくある質問

Greenのスカウトについてよくある質問を紹介し、回答していきます。

気になることがあれば、解決しておきましょう。

Greenでスカウトが来ないときの対処法は?

Greenでスカウトが来ない場合は、プロフィールの登録情報を詳細に埋めるようにしましょう。プロフィールの情報が少ないと企業側の検索にヒットせず、スカウトが届きません。

そのため、プロフィールを詳細に記載し、企業のデータベース検索にヒットしやすい状況を作っておきましょう。また、一度入力したプロフィール情報は、こまめに更新することが大切です。

Greenの「気になる」に返信しないで無視するとどうなる?

Greenの「気になる」に返信しないで無視したとしても、応募したい企業でなければ問題ありません。あなたが気になるをしてくれた企業に興味がないという状態になるだけなので、ほかの企業の選考に影響がでることはありません。

しかし、気になるをしてくれた企業の選考を受けてみたい場合は、無視していると印象が悪くなる可能性があるので注意しましょう。

Greenの「話を聞いてみたい」はどんな機能?

「話を聞いてみたい」は、会社の担当者と実際に話したいときに使う機能です。 「気になる」が届いた際、「話を聞いてみたい」のボタンを押すと、カジュアル面談を実施してくれます。

カジュアル面談を行い良さそうな企業だなと思えば、そのまま選考に進んでみると良いでしょう。

Greenのスカウトで落ちるなら他の転職サービスも併用しよう

Greenではエージェントのような仲介者がいないサービスとなっているため、ミスマッチや選考対策不足により落ちることが多いのも事実です。

エージェントを利用すればキャリアのプロによる転職サポートを受けられるため、転職後のミスマッチ防止、丁寧な選考対策が期待できます。

数ある転職エージェントのなかでもマイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントは各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、さまざまな業界からあなたに合う求人を紹介してもらえます。

Greenのスカウトから内定を獲得できずに悩んでいる方は、マイナビエージェントに登録してみましょう。

\2024年度オリコン顧客満足度No.1/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

場所に問わずに働ける業界に興味を持ち、不動産からWeb業界へ転職を決意。未経験ながら転職を成功させた実績あり。未経験業界への転職を成功させた経験を踏まえてキャリアに関する情報を発信します。

気になる見出しをタップ