MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

dodaとマイナビの違いを5項目で徹底比較 | 自分に合ったサービスを利用して転職を成功させよう

dodaとマイナビは、どちらも知名度の高い転職サービスです。大手人材会社が運営しており実績もあるため、どのサービスを利用すべきか悩む方も多いでしょう。

本記事では、dodaとマイナビについて徹底比較しています。各サービスに向いている方の特徴も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事でわかること
  • dodaとマイナビの違い
  • dodaとマイナビが向いている人
  • dodaかマイナビかを選ぶポイント

dodaとマイナビには、求人数やエージェント機能に違いがあります。dodaは取り扱う求人数が多く、マイナビは20代~30代におすすめです。自分に合ったサービスを選んで、転職を成功させましょう。

解決策まとめ

求人数の豊富さを重視している人

⇒dodaがおすすめ。22万件以上の求人から選べるため、経歴を生かした求人や、地方の求人を探しやすい。

>>『doda』に相談する

20代~30代の人

⇒マイナビがおすすめ。若手人材の転職サポートを得意としており、未経験向けの求人も豊富。

>>『マイナビ』に相談する


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

【一覧比較】dodaとマイナビの違いとは

サービス名dodaマイナビ
イメージdodaマイナビエージェント
求人数183,242件非公開
得意分野IT/メーカー
不動産/人材
コンサルタント
IT・Web/不動産
メーカー/営業
対象年齢層全年代20代~30代
対象エリア全国全国
独自コンテンツ・年収査定
・自己PR発掘診断
・適性診断
・履歴書コーチ
エージェント機能・サイト
・エージェント
・スカウト
・サイト
・エージェント
面談日程平日・土曜平日
土曜は一部拠点のみ

※2023年2月12日現在

dodaとマイナビの大きな違いは、対象年齢層とエージェント機能です。

dodaでは豊富な求人を取り扱っており、どの年代が利用しても自分に合った求人を見つけられます。一方、マイナビで取り扱うのは20代~30代向けの求人がメインです。

また、エージェント機能に関してdodaでは、サイト・エージェント・スカウトの3機能を利用できます。

しかし、マイナビではサイト機能はマイナビ転職、エージェント機能はマイナビエージェントと2つに分かれているのが特徴です。

それぞれの特徴をしっかり比較して、自分に合った転職エージェントでサポートしてもらいましょう。

dodaとマイナビの違いを5項目で徹底比較

dodaとマイナビの違いを5項目で徹底比較

ここでは、dodaとマイナビについて以下の5項目で徹底比較しています。

dodaとマイナビの違いを5項目で徹底比較

サービスごとに特徴やメリットが異なります。しっかり吟味して、自分に合ったサービスを選びましょう。

求人数

サービス名dodaマイナビ
求人数183,242件非公開
年代全年代20代~30代

※2023年2月12日現在

求人数で比較すると、dodaは18万件以上と業界最大級の求人を保有しています。マイナビの求人数は非公開であり、登録するまで確認できません。

取り扱う求人の対象年代に関してdodaは全年代、マイナビは20代~30代向けと異なっています。そのため、どちらを利用すべきかは、自分の年齢が該当しているかでの判断が必要です。

年代に関係なく豊富な求人から自分に合ったものを探したい方はdoda、20代~30代で転職を目指す方はマイナビを利用してみましょう。

得意分野

サービス名dodaマイナビ
得意分野IT/メーカー
不動産/人材
コンサルタント
IT・Web/不動産
メーカー/営業

dodaとマイナビは総合型と呼ばれる転職サービスです。さまざまな業界・職種の求人を幅広く扱っており、双方の得意分野に大きな差はありません。

dodaは経験者向けの求人を豊富に扱っているため、年収が高めの求人が多い印象です。未経験からの転職では難易度の高いコンサルタント求人も得意分野としています。

一方、マイナビは20代~30代向けの求人がメインであり、未経験者OKの求人が豊富です。IT・Webや営業など、未経験からでも転職を成功させやすい業界・職種の求人に出会えます。

独自コンテンツ

サービス名dodaマイナビ
独自コンテンツ・年収査定
・自己PR発掘診断
・合格診断
・転職タイプ診断
・適性診断
・履歴書コーチ

各転職エージェントでは、転職に役立つ独自コンテンツが用意されています。登録すれば無料で利用できるため、積極的に活用することで転職の成功率アップが見込めるでしょう。

dodaでは年収査定や自己PR発掘診断を利用できます。合格診断や転職タイプ診断もあり、何を軸に求人を探すべきかや、転職できる可能性が高い企業を教えてもらえるのが魅力です。

マイナビでは適性診断や履歴書コーチなどが無料で利用できます。また、転職フェアやイベントが充実しているので、初めて転職にチャレンジする20代でも安心です。

エージェント機能

サービス名dodaマイナビ
機能名・サイト
・エージェント
・スカウト
・サイト
・エージェント

dodaではサイト・エージェントのほかに、スカウト機能も利用できます。エージェントによる求人紹介と、企業からのスカウトを併用できるのが強みです。

マイナビにはサイト・エージェントの機能があります。サイトは「マイナビ転職」、エージェントは「マイナビエージェント」と、サービスが分かれているのが特徴です。

それぞれのサービスに登録する必要はありますが、マイナビエージェントはサポートの質が高いと利用者から高評価を集めています。

面談日程

サービス名dodaマイナビ
面談日程平日・土曜平日
土曜は一部拠点のみ

dodaでは平日だけでなく土曜の面談に対応しているため、平日は仕事が忙しい方でも無理なく転職活動を進められます。現職の仕事を続けながら、休日に集中して転職に取り組みたい方におすすめです。

一方、マイナビでは基本的に平日のみ面談に対応しています。土曜の面談に対応する拠点もありますが、全国10拠点の中でも東京にある京橋オフィス・新宿オフィスのみです。

そのため、地方在住の方がマイナビを利用する場合は、平日に転職活動をしなければなりません。

dodaとマイナビどっちが向いている?

転職を成功させるには希望する業界・職種の求人があり、必要なサポートを受けられるサービスを選択することが重要です。

ここでは、dodaとマイナビのそれぞれに向いている方の特徴を紹介しています。転職について相談する前に、自分に向いているかを確認してみましょう。

dodaとマイナビどっちが向いている?

dodaが向いている人

dodaが向いている人の特徴は以下のとおりです。

dodaが向いている人
  • 求人数の多さにこだわりたい人
  • 経歴を活かしたスキルアップ転職を目指したい人
  • 地方で転職活動を進める予定の人

dodaは業界最大級の求人数を誇るサービスであり、全国各地の求人を取り扱っています。業界・職種の網羅性が高く、地方で転職活動を進めたい方におすすめです。

また、企業からオファーが届くスカウト機能があるため、経歴を活かしたスキルアップ転職も目指せます。

\業界最大級の求人数!/

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

マイナビが向いている人

マイナビが向いている人の特徴は以下のとおりです。

マイナビが向いている人
  • 20代・30代の人
  • 経歴やスキルに自信がない人
  • 初めての転職で不安を抱いている人

マイナビは若手人材の転職サポートを得意とするサービスです。未経験向けの求人を豊富に扱っており、20代~30代で転職を目指す方に向いています。

また、エージェント機能に特化しているため、質の高いサポートを受けられると好評です。初めての転職が不安な方はマイナビに相談してみましょう。

\限定の非公開求人多数!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職エージェントです。 当記事では、マイナビエ...

dodaとマイナビの口コミ・評判

dodaとマイナビの口コミ・評判

dodaとマイナビの口コミ・評判を紹介しています。

dodaとマイナビの口コミ・評判

どちらも利用者から高評価を得ているので、転職エージェントを決める際の参考にしてみてください。

dodaの口コミ・評判

dodaはエージェントによる親身なサポートが人気です。求職者を客観的に判断しており、自分では気づかない強みをアドバイスしてくれます。

無料であることを疑うくらいの丁寧なサポートがあり、初めて転職にチャレンジする方でも安心です。

マイナビの口コミ・評判

マイナビは若手人材の転職支援を得意としているだけあり、サポートの丁寧さが強みです。利用者のほとんどが丁寧にサポートしてもらえたと感じています。

また、しっかり相談に乗ってくれるからこそ、転職後にミスマッチが起こりにくいのも魅力です。

dodaかマイナビかを選ぶポイント

dodaかマイナビかを選ぶポイント

dodaかマイナビのどちらを利用するかで悩んでいる方は、自分の目的に合っているかで選んでみてください。

例えば、20代~30代で経歴に自信がない方は、マイナビに相談するのがおすすめです。マイナビは未経験OKの求人が豊富なので、経歴をあまり気にせず転職にチャレンジできます。

dodaにも未経験OKの求人はありますが、即戦力を求める企業が多く難易度が高くなるため、キャリアアップ転職を目指す方向きです。

未経験転職を目指すのか、キャリアアップ転職を目指すのかで、自分が使うべき転職エージェントを判断しましょう。

dodaやマイナビとの併用がおすすめの転職エージェント・サイト5社を比較

転職サービス求人数得意分野特徴
doda183,242件IT/メーカー
不動産/人材
コンサルタント
・業界最大級の求人数
・3つの機能を提供
マイナビ非公開IT・Web/不動産
メーカー/営業
・20代~30代の転職支援が得意
・自己分析に役立つ適性診断
リクナビNEXT94,911件IT・WEB/不動産
人材/メーカー
・業界・職種の網羅性が高い
・企業からの直接オファーあり
JAC
リクルートメント
15,158件商社/WEB系
不動産/管理職
・ハイクラス転職に特化
・外資系や専門職の求人が豊富
パソナキャリア15,046件IT/メーカー
不動産/金融
・外資系転職に強い
・年収アップ率61.7%

※2023年2月12日現在

おすすめの転職エージェント・サイトを比較すると、dodaの求人数が18万件以上とトップクラスです。業界・職種の網羅性が高く、豊富な求人から自分に合ったものを探せます。

転職を目指す20代~30代には、未経験向け求人の数が多いマイナビがおすすめです。リクナビNEXTと併用することで、求人の選択肢を広げられるでしょう。

また、JACリクルートメントパソナキャリアはハイクラスに特化しているため、30代以上の方がメインのターゲットです。高年収・高待遇の求人を取り扱っているので、キャリアアップ転職を目指す方は登録必須と言えます。

あわせて読みたい
リクナビ・マイナビ・dodaの3社を徹底比較 | あなたはどの転職サービスが向いている? リクナビ・マイナビ・dodaは、大手転職サービスとして知られています。しかし違いがわらず、「どの転職サービスを利用すべきか?」と悩んでしまう人も多いです。 転職サ...
あわせて読みたい
リクルートエージェントとdodaを6項目で徹底比較 | どっちが向いているのか転職エージェントの選び方を紹介 リクルートエージェントとdodaはどちらも業界大手かつ人気の転職エージェントですが、自分にはどちらが向いているのか気になりますよね。 どちらも優れている点があるた...

よくある質問

よくある質問

dodaとマイナビで迷っている方からよくある質問を3つ紹介します。

転職サイトのdodaとマイナビ転職の違い・比較は?

dodaとマイナビ転職の大きな違いは、1つのサービスで利用できるエージェント機能です。

dodaでは登録するだけで、サイト・エージェント・スカウトの3機能を利用できます。自分で求人を探したり紹介を受けたりしながら、企業からのスカウトも狙えるのが特徴です。

一方、マイナビ転職は転職サイトであり、検索で求人を見つけたあとは自分で応募しなければなりません。エージェントとは別のサービスですが、20代~30代の転職に強い特徴は同じです。

サポート期間はある?

転職エージェントのサポート期間は3か月を目安とするのが一般的です。しかし、目安の3か月を過ぎたからと言って、サポートが終了するわけではないので安心してください。

希望どおりの企業に転職するには、マイペースに転職活動を進めることが大切です。3か月以内に決めなければと焦ってしまえば、入社後にミスマッチを起こすかもしれません。

サポート期間の目安を頭の隅に置きつつ、自分のペースで転職に取り組みましょう。

40代でも利用できる?

dodaとマイナビでは、利用者に対して年齢制限を設けていません。そのため、40代でも転職のプロによるサポートが受けられます。

ただし、マイナビは20代~30代の転職支援を得意としており、40代の方に紹介できる求人がない可能性があるので注意してください。

40代の方が自分に合った求人を探すなら、全年代を対象としたdodaに相談してみるのが良いでしょう。

あわせて読みたい
マイナビエージェントは30代でも利用できる?30代の未経験者の利用は厳しいのか解説 マイナビエージェントと聞くと「20代の若手向きでしょ?」といった疑問を抱く人もいるでしょう。マイナビエージェントは20代や第二新卒向けの求人が豊富なため「30代は...

dodaとマイナビをうまく使い分けて転職成功を目指そう!

dodaとマイナビを比較すると、求人数やエージェント機能が大きく異なっています。それぞれに特徴やメリットがあるため、登録する前にしっかり吟味しなければなりません。

豊富な求人数やエージェント機能の充実さを重視する方にはdodaがおすすめです。スカウト機能があるため、効率良く転職活動を進められます。

また、20代~30代の方はマイナビをメインで利用して、dodaと併用してみてください。

自分に合ったサービスを利用して、優良企業への転職を成功させましょう。

解決策まとめ

求人数の豊富さを重視している人

⇒dodaがおすすめ。22万件以上の求人から選べるため、経歴を生かした求人や、地方の求人を探しやすい。

>>『doda』に相談する

20代~30代の人

⇒マイナビがおすすめ。若手人材の転職サポートを得意としており、未経験向けの求人も豊富。

>>『マイナビ』に相談する

あわせて読みたい
パソナキャリアとdodaの違いを6項目で徹底比較 | 自分に合った転職サービスを利用しよう パソナキャリアとdodaは、どちらも大手かつ有名な転職エージェントですが「どちらを使えばよいのか」と迷う方もいるでしょう。両者にはそれぞれ特徴があり、あなたの転...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ