MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

フリーターが辛い5つの理由とは?脱却する方法や正社員就職成功のポイントを徹底解説

本記事でわかること
  • フリーターを続けることが辛い理由
  • フリーターを脱却する方法
  • 就職未経験者・フリーターの転職支援に強いエージェント

フリーターは、時間に融通を利かせて働けるメリットを持つ一方で、収入が上がらない・社会的信用を得にくいといったデメリットがあります。

キャリアを中長期的に見ると、フリーターを続けるメリットよりもデメリットのほうが大きく、「今の状況が辛い」と感じる方は多くいます。フリーターを続けることが辛い方は、働き方を今すぐ見直すことが大切です。

この記事では、フリーターが辛いと感じる理由から、辛いフリーターを脱却する方法、年齢別に正社員就職をするポイントまでを解説します。フリーターから脱却し、収入や生活を安定させたい方は、ぜひ参考にしてください。

フリーターから正社員を目指したい方は、ハタラクティブを利用することがおすすめです。ハタラクティブは、フリーターや就職未経験者の転職支援に強いエージェントです。求人紹介から入社後のフォローまでをしているため、就職・転職に不安を持つ方でも安心して利用できます。

\未経験者の選考通過率が高い/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

フリーターが辛い5つの理由

フリーターでいるのは、想像以上に辛いことなのです。フリーターのあなたが、そのことを一番感じているかもしれません。ここでは、フリーターが辛い理由を見ていきましょう。

世間体が悪い

フリーターは、はっきり言って世間体が悪いです。フルタイムでアルバイトとして働いていても、「一人前」とは認めてくれません。「学校を卒業したあとに定職に就かずフラフラしている」というのが、世間のフリーターに対する評価なのです。

やはりフリーターは社会的に信用がありません。ローンが組めなかったり、結婚を諦めたりせざるを得なくなります。周りからはどこか人間として欠陥があるんじゃないかと思われることもあるでしょう。クレジットカードも作れません。

また、申し込み書など自分の職業欄を記入する際、”フリーター”であると記入するのは辛いものです。「フリーターをしている」というあなたに対して、内心バカにしている人さえいます。そのことを気にして、友人と疎遠になってしまう人もいるでしょう。

フリーターでいることに恥ずかしさを感じながら生きるのは、とても辛いことなのです。ずるずると長年フリーターを続けてきて歳を取ると、やはり周囲から「その歳でフリーターなの?」という目で見られるようになるのも辛いですね。

貧乏である

フリーターでは、満足な給料をもらえません。ボーナスもありません。時給1000円で8時間×週5日働いたとしても、月収17万円ほど、年収は200万円程度でしょう。故にフリーターは貧乏な人が多いです。

ひとり暮らしをしていれば、貯金をする余裕もありません。また、海外旅行や趣味にお金を使ったりすることも厳しいはずです。彼女ができても、デート代さえ渋ることになります。

貧乏暮らしで貯蓄ができず、将来の生活が不安です。なんとか日々の生活は成り立つかもしれませんが、自分や親族が病気になったり被災したりしたときに、金銭面の問題で辛い状況を打破するのが難しくなるのではないかと不安を抱えています。

あわせて読みたい
フリーターはボーナスがない!その辛さを元フリーターの私が語る! 6月とか12月とかのボーナスシーズンになると、テレビでも「今年のボーナスは昨年より…」とか色々放送されるじゃないですか。あれでやっぱり「ボーナスっていいなぁ」と...

頑張って働いても暮らしが楽にならない

フリーターが非常に辛いと感じるのは、いつもお金がカツカツの自転車操業で、なかなか貯金ができないことです。頑張って働いてもお金が溜まらず不安になります。例えば、突然盲腸になって入院することになったら、一週間で15万円は飛んでいくでしょう。

フリーターではそんな貯金はないわけですから、どんなにお腹が痛くても、家族や友人に頼ることができなければ満足な治療を受けることもできないのです。

フリーターがお金を稼ごうと思ったら、バイトを掛け持ちしたり労働時間を増やすしかありません。休めばそれだけ給料が減りますから、正社員がG.Wやお盆、正月などの長期休暇で休んでいる間も必死で働くことになります。

週6日で働いたとすれば、年間休日は52日です。それだけ働いても、そんなに暮らしが楽になるわけではありません。疲れるだけで、実入りは少ない…貧乏暇なし状態になってしまうのです。

そして、フリーターを頑張ったとしても、大したスキルが身につかないので、社会人として成長していくことができません。「フリーターを掛け持ちして、超頑張りました!」と偉そうに語ったところで、「なんで正社員になって頑張らなかったの?」と言われてしまうのがオチでしょう。

ちなみに、正社員であれば、平均年間休日が114日です。しっかりと長期休暇は休めるし、有給もあります。ボーナスももらえるので、フリーターとの差はますます広がっていくばかりなのです。

周りとの格差

同級生や仲の良い友人と自分の立場や収入を比較してしまい辛い気持ちになることもあります。同い年の友人たちが、会社で順調に実績を積んでステップアップしたり、家族を持っている姿を見たり、噂に聞いたりすると自分が惨めになるでしょう。

社会的地位や収入など外面的なものを比較して落ち込むのはもちろんのこと、それらを得るために必死に生きてきた人たちと、怠惰な自分を比較して恥ずかしくて情けない気持ちになります。親戚の集まりに行った時も肩身が狭かったり、友達に会ってもなんとなく見下されてる気がして辛かったです。

また、フリーターをしているならば、学生のアルバイトと一緒に働くことも多いでしょう。学生はあなたのことを「就活に失敗した人」として見ているかもしれません。また、「自分はああなりたくないから、就活を頑張ろう」と内心思っているかもしれませんよ。

露骨に態度に出す人はあまりいないでしょうが、フリーターである以上、そう思われても仕方がないのです。また、年齢が上がるにつれて、周りとの空気感やノリについていけなくなり、職場にとけ込めなくなることも出てくると思います。

アルバイトとして入社した高校生や大学生が卒業し、人生の次のステージに進んでいく姿を見て、自分と比べて、不安になるでしょう。学生アルバイトの人たちが就職活動を始めた時は自分に対して劣等感を抱くことも多かったです。

あなたは、いつまでも気楽な学生アルバイトと同じ内容の仕事をしているだけで、いいのでしょうか?「フリーターが辛い」と感じているならば、正社員として一人前の大人を目指しましょう。自分に自信がついて、生き方が変わるはずです。

生きていることが辛くなる

フリーターで気持ちが追い込まれてしまうと、生きているのが嫌になるかもしれません。親との関係も悪化して、親戚の集まりにも顔を出しにくい。学生時代の友人と会う時も、フリーターということで引け目を感じ、暗い気持ちで過ごすことが多かったです。

こんな状況では、かなり精神的に追い込まれてしまうでしょう。「このまま30歳を過ぎてもバイトだったらお先真っ暗なのかな」と考え込んでしまいます。若いときは「まだ大丈夫かな?」と思いますが、フリーターのまま20代後半に差し掛かると、絶望感が襲ってくるのです。

「フリーターが辛い」のなら、まずはこれをしよう!

ここからは、フリーターが辛い人に向けて、「今すぐにしてもらいたいこと」を紹介していきます。もし、「フリーターが辛い」と感じているのなら、すぐにでも参考にして、「すべきこと」をしてください。今後歳をとっていくと、ますますフリーターであることに辛さを感じてしまうからです。

行動をしなければ、「フリーターが辛い」という状況から抜け出すことはできませんよ。ここから紹介することは、今からでも実行できることです。ぜひ、記事を読み進めて、すぐにでも取り掛かってください。

あわせて読みたい
【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法 独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下していき、4年を超えると再び急落...

①「フリーターが辛い理由」を紙に書き出す

「辛い…」と頭で感じているだけでは、現状を打開するのは難しいでしょう。まずは、あなたなりの「フリーターが辛い理由」を紙に書き出してみることをオススメします。今すぐにでも、紙とペンを用意して、「フリーターが辛い理由」を、紙に書いてみてください。

どのようなことでも構いません。とにかく、あなたの頭に思い浮かんだ「フリーターが辛い理由」を、紙に書いていくのです。誰かに見せるものでもないので、自分の正直な気持ちを、紙にぶつけてみてください。「フリーターが辛い理由」は箇条書きにすると、読み返しやすいですよ。

②「なぜ辛いのか」を整理する

「フリーターが辛い理由」を箇条書きにしたら、次は「なぜ辛いのか」を考えてみてください。物事に辛さを感じる場合は、「なぜ辛いのか」を考えることが大切です。「なぜ辛いのか」を考えることで、頭の中を整理することができますから。

「フリーターが辛い」と感じているのなら、「なぜフリーターが辛いのか」ということを考えることが大切です。

③今思っていることを友達などに相談する

辛いときには、友達などに相談をしてみると、辛さが軽減するものです。たとえ、悩みが解決しないとしても、悩みを人に話すことで、悩みは和らいでいくものなのです。

だからこそ、「フリーターが辛い」と感じているのなら、友達などに相談をしてもらいたいと思います。相談をする相手は、「遠慮なく話せる人」がいいでしょう。また、「遠慮なく意見してくれる人」を相談相手にすることも重要です。

そうすることで、自分の思いや悩みを、遠慮なくぶつけることができるでしょう。また、自分の思いや悩みに対して、的確なアドバイスを受け取ることができるはずです。

④一旦フリーターから離れることを模索する

「一旦辛さから離れてみる」ことでも、辛さを癒すことができます。つまり、「一旦フリーターから離れてみること」で、フリーターの辛さを一時的に癒すことができるのです。

シフト調整をしてもらって、アルバイトを1週間程度休んでみてはどうでしょうか。そして、1週間程度の休みを利用して、旅行でもしてみるのです。もちろん、休んだ間は給料が出ませんから、旅行のための貯金をしておかなければなりませんが…。

フリーターから離れて、何も考えずに旅行をすることで、フリーターの辛さを、一時的にでも癒すことができるでしょう。また、頭の中をクリアにすることもできるはずです。旅行中に、「正社員になろう」と一念発起するかもしれません。一旦フリーターから離れることで、自分を冷静に見つめ直す時間を取りましょう。

辛いフリーターを脱却する方法

「フリーターが辛い」と感じている方は、現状を脱却するために行動することが重要です。今までと同じように生活するだけでは、辛いフリーターを脱却できません。フリーターを脱却したい場合は、下記の方法に取り組んでみましょう。

以下では、3つの方法について詳しく解説します。

副業を始め個人事業主を目指す

フリーターから脱却したい方は、副業を始めて個人事業主を目指すことを視野に入れてみましょう。近年は、さまざまな方法で副業を始められる時代です。

実際に、フリーターや正社員を問わず、副業を始めて軌道に乗ったことがきっかけで個人事業主になる方も少なくありません。個人事業主を目指す場合は、下記で挙げる副業がおすすめです。

参入障壁が低い副業
  • SNS運用
  • Webライター
  • 動画編集
  • プログラミング
  • サイト制作 など

ただし、副業を始めて個人事業主を目指す方法は、参入障壁こそ低いものの、難しいことを知っておいてください。スキルを身につけたり、自分で仕事を確保したりするなど、収入を得られるまでに時間がかかるといったデメリットもあります。

現在の職場で正社員登用を目指す

今の仕事が気に入っている方は、現在の職場で正社員登用を目指すことがおすすめです。正社員登用とは、フリーターなどを含めた非正規雇用社員を正社員として雇用する制度のことです。

正社員登用を目指すメリットとして、通常の就職活動よりも少ない労力で正社員になれることが挙げられます。

正社員登用を目指す方は、勤務先が正社員登用をしているのかを確認することから始めましょう。勤め先が正社員登用をしている場合は、どのような条件を目指せばチャレンジできるのかを把握することも大切です。正社員登用の条件として、下記の内容があります。

正社員登用にチャレンジできる条件の一例
  • 一定の継続年数
  • 一定基準のスキルや業務に求める資格
  • 正社員試験に合格
  • 上司による推薦

正社員登用にチャレンジする場合は、仕事へ積極的に取り組む姿勢を見せることが大切です。

別会社への正社員転職を目指す

フリーターから脱却したい方は、別会社への正社員転職を目指すことも有効です。別会社への正社員転職を目指す方法は、今すぐにでもチャレンジできます。そのため、「副業から個人事業主になる方法」や「正社員登用を目指す方法」よりもおすすめです。

正社員を目指したい方は、現職で正社員登用へチャレンジしながら、転職エージェントを活用して別会社を探す方法が効率的です。

転職エージェントを活用すると、求人紹介から書類添削・面接対策、入社日の調整までをワンストップで支援してもらえます。幅広く支援してもらえるため、今まで正社員を目指してこなかった方でも安心して転職を目指すことがが可能です。

なかでも、フリーター向けの就職・転職エージェントを利用すると、自分にマッチする会社と出会いやすくなります。

辛いフリーターを脱却したい人におすすめの就職・転職サービス

就職・転職市場において、フリーターは不利になりやすい傾向です。就職・転職を成功させたいフリーターは、フリーターの支援に強みを持つサービスを利用することがおすすめです。

就職・転職サービスのなかでも、次で挙げるサービスはフリーターへの支援に強く、正社員を目指したい方から人気があります。

ここからは、就職・転職サービスの特徴を詳しく解説します。

ハタラクティブ|未経験職種を目指したい20代フリーターにおすすめ

名前ハタラクティブ
料金無料
求人数公開求人: 3,372件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談LINEビデオ面談可
得意分野・業界フリーター・既卒・
第二新卒の支援に特化
公式HPhttps://hataractive.jp/
詳細を見る
運営会社名レバレジーズ株式会社
拠点東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア24F・25F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ハタラクティブの特徴
  • 未経験者への転職支援に特化している
  • 1社ずつ面接対策をしている
  • 書類通過率96%以上、内定率80%以上と高い水準を記録している

ハタラクティブは、学歴・経歴を問わずこれから本腰を入れて働きたいという方に人気のある転職エージェントです。利用者のうち9割以上が20代となっており、高卒から大卒まで幅広く利用できます。

フリーターやニートなど、就業経験が少ない方への支援が得意で、書類通過率は96%以上、内定率は80%以上と高い水準を記録しています。

ハタラクティブの選考通過率が高い理由は、書類添削や面接対策を丁寧に進めているためです。例えば、面接対策では応募する企業1社ずつに合わせて「どう話すべきか」「何を伝えるべきか」などをレクチャーしています。

これまでに就職・転職であまりよい思いをしてこなかった方は、ハタラクティブを利用してみましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 正社員経験がなくても求人紹介を受けられる
  • 学歴・職歴に関係なく利用できる
  • 入社後のフォローもある
デメリット
  • 紹介を受けられる求人の幅が狭い
  • 取扱求人が都市部に集中している
  • 高収入・ハイクラスの求人が少ない

▼ハタラクティブの口コミ

スクロールできます
Review Image
Aさん
私自身今回が初めての就活で、大学中退で新卒採用枠ではなく中途採用枠だったのですが、スムーズに内定を頂けました! それもハタラクティブさんのお陰です! こまめな連絡や面接対策、どんな相談であっても親身に聞いて下さり、本当にありがとうございました!!! ハタラクティブさんを利用させて頂けて本当に良かったです!!

引用:Google

Review Image
Bさん
私自身、【未経験・職歴なし】という状況下でありながらも希望していた業界の企業様から内定を頂きました。1人で就職活動をしていた頃は面接は愚か、書類選考の時点で落とされてばかりでした。担当者様も親身になってお相手して頂き、また別に面接対策時にお相手して頂きました担当者様にも大変お世話になりました。返信も24時間以内に頂けたりと、いつも迅速な対応には大変助かりました。短期間でありながら真摯に私の就職活動に向き合って頂き、誠にありがとう御座いました。

引用:Google

\未経験者の選考通過率が高い/

JAIC(ジェイック就職カレッジ)|社会人として必要なスキルやマナーが学べる

名前ジェイック就職カレッジ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代18~35歳
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界20代、女性、中退者の転職支援
公式HPhttps://www.jaic-college.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイック
拠点東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
JAIC(ジェイック就職カレッジ)の特徴
  • フリーター・中退者就職支援を18年以上行っている
  • 無料就職講座を実施している
  • 内定後3ヶ月の定着率が92.2%と高い

JAIC(ジェイック就職カレッジ)は、フリーター・中退者就職支援に特化した転職エージェントです。18年以上もフリーター・中退者就職支援を続けており、正社員経験を持たない方の気持ちに寄り添ったサポートで人気を博しています。

フリーターや既卒者の就職成功をサポートするために、JAIC(ジェイック就職カレッジ)では、無料就職講座を実施しています。無料就職講座では、ビジネスマナーを身につけられたり、自己分析や企業研究のやり方を学べたりします。

ほかにも、ヒアリングした情報から最大20社と面接できるようにキャリアアドバイザーが求人紹介をする点も、JAIC(ジェイック就職カレッジ)の特徴です。

就職・転職をさまざまな角度からフォローしてくれるエージェントを選びたい方は、JAIC(ジェイック就職カレッジ)へ登録しておきましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 入社後3ヶ月の定着率が92.2%以上と高い
  • 書類選考なしの求人が多くある
  • 社会人として必要なビジネスマナーを身につけられる
デメリット
  • 希望していない求人を紹介される場合がある
  • キャリアアドバイザーとの連絡が多いと感じる場合がある
  • 30代以上は選べる求人が少ない

▼JAIC(ジェイック就職カレッジ)の口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
就活の際に必要な履歴書やマナーについて深く知ることができて役に立ちました。研修に関しても同じような境遇の方がおり、一緒に受けていく事で孤独感なく前向きに出来ました。職業に関しても営業だけでなく技術職や事務職もありました。

引用:みん評

Review Image
Dさん
学校を卒業後フリーターとして働いていましたが、将来が不安になり登録しました。こちらを選んだ理由は就職する為のサポートが充実していたからです。正社員として働いたことがなく、周りと比べて負い目を感じていましたが、履歴書の書き方からビジネスマナーまで基礎をしっかり学ぶことが出来て自信に繋がりました。また、スタッフも就職を応援してくれるので、不安な所はすぐに相談出来て心強かったです。1人で情報を調べて就活をする方法もありますが、私の場合は講義やサポート体制が充実しているサービスを利用して良かったと思います。

引用:みん評

\ビジネスマナーから身につけられる/

マイナビジョブ20’s|大卒1〜3年目までのフリーターにおすすめ

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 未経験OKの求人が75%以上を占める
  • 利用者数が37万人を記録している
  • さまざまな転職を支援してきたマイナビのノウハウがある

マイナビジョブ20’sは、主に20代の転職支援に特化したエージェントです。業界大手のマイナビが運営する転職エージェントであり、豊富なノウハウのもと求職者の転職をサポートします。

取扱求人の75%以上が「未経験OK」の求人であるため、大卒1〜3年目までのフリーターに適したサービスです。大卒1〜3年目までは第二新卒と呼ばれる時期にあたり、将来性を見越した「ポテンシャル採用」を受けられます。

マイナビジョブ20’sを利用すると、大手企業や優良企業などへチャレンジできるきっかけを得られるかもしれません。安定して長く働ける企業へ勤めたい方は、マイナビジョブ20’sに登録しておきましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • サポート力が高いため転職成功に結びつきやすい
  • 自己分析に役立つ適正試験を受けられる
  • 未経験からでも安定企業を目指せる
デメリット
  • キャリアアドバイザーによって質が異なる
  • キャリアアップを目指す転職は難しい
  • 転職希望者が多い時期はレスポンスが遅くなるときがある

▼マイナビジョブ20’sの口コミ

スクロールできます
Review Image
Eさん
内定をもらえたしキャリアアドバイザーの対応にも満足。 紹介してもらえる求人数は多くなく勝手に応募もできないが、紹介してもらえる求人は私の希望を聞いた上で選んでくれているんだなと思える内容だった。 面接対策もしてもらえたし、面接後には必ずフォローの連絡をくれた。 ただどのCAについてもらえるかは運なので不快な思いをしたらチェンジを希望するべきだと思う。

引用:みん評

Review Image
Fさん
私の担当をしてくれている方は、とても丁寧ですごく頼もしいと思います。 7社ほど転職エージェントを使わせてもらいましたが、マイナビ20’sが初めて一番いいと思いました。 でも他の人の口コミを見ていると、担当者により本当に当たり外れがあるんだなと思いました。 他のエージェントさんに比べて、話を親身になって聞いてくれて、よく考えてくれるし、的外れな求人をよこしてくるエージェントも多々ある中、基本的にいいと思う求人をたくさん紹介してもらえました。 なので、オススメだと思います。

引用:みん評

\未経験OKの求人が多数/

【年齢別】辛いフリーターを脱却し正社員就職するためポイント

辛いフリーターを脱却し、正社員就職を目指すためには、年齢別に抑えるべきポイントが異なります。ポイントを押さえた上で就職・転職活動すると、短期間で正社員へ返り咲けるかもしれません。

以下では、年齢別のポイントを次のように分けて解説します。

以下では、年齢別のポイントを詳しく紹介します。

20代前半のフリーターが就職を成功させるためのポイント

20代前半のフリーターは、ポテンシャルを見越して採用してもらえる可能性が高くなります。

20代前半の人材を募集する企業の多くは経験・実績よりも、その人の伸びしろや人間性を重視しています。そのため、20代前半のフリーターは幅広い業界・職種へチャレンジしやすい傾向です。

ほかにも、大手企業や優良企業を目指しやすいことも特徴の一つとして挙げられます。正社員として転職しやすいものの、面接までに次のことを準備することが欠かせません。

面接に向けて準備すべきこと
  • 社会人として最低限のマナーを身につける
  • 働く意欲をアピールする
  • なぜフリーターをしているのかを答えられるようにする

正社員を目指したい20代前半のフリーターは、どのような業界・職種へチャレンジしたいのかを明確にし、転職活動を積極的に進めましょう。

20代後半のフリーターが就職を成功させるためのポイント

20代後半のフリーターが就職を成功させるためには、ビジネスマナーと合わせてスキルをアピールすることが重要です。20代後半は社会に出てから5年程度経過していることから、20代前半にはない経験・知識が求められます。

そのため、就職・転職活動をする際には、フリーターで得た経験をどのように活かせるのかを伝える必要があります。

例えば、飲食店のホールスタッフをしている方であれば、「業務を通じて先を見越して動けるスキルを身につけたため、就職後は周囲の状況を見ながら協調性を持って業務に取り組める」とアピールできるかもしれません。

まずは、自己分析を通じてキャリアの棚卸しをすることから始めてみましょう。個人で自己分析を進めることが難しい場合は、家族や知人の力を借りることをおすすめします。

30代のフリーターが就職を成功させるためのポイント

30代のフリーターは、進みたい業界・職種に関連する資格取得をすることがおすすめです。20代に比べて30代は、フリーターから正社員になることが難しくなります。フリーターとしての経験を伝えるだけでは、説得力に欠けてしまう可能性がゼロではありません。

例えば、事務職に進みたい場合は、「日商簿記検定」や「秘書技能検定」、「MOS」などの資格取得を目指すことがおすすめです。なかでも、日商簿記検定は難易度が高い資格として知られているため、取得しておけば中途採用してもらいやすくなるでしょう。

資格取得をするとフリーターから正社員を目指しやすくなるほか、自分に自信が持てるようになります。まずは、どのような資格があるのかを探すことから始めてみてください。

フリーターが正社員になるメリット

フリーターが正社員になるメリットは、次のとおりです。

フリーターが正社員になるメリット
  • 安定した収入が得られる
  • 社会保険や福利厚生が充実する
  • 社内的信用が向上する
  • 経験値が積めるためキャリアアップの機会が増える
  • 正社員のほうが結婚率が高い

正社員になるメリットを総括すると、生活しやすさが格段に向上します。正社員は給料が月給制になるため、出勤日数に関係なく毎月一定の収入を得られます。社会保険や福利厚生が充実し、収入以上に受けられる恩恵が増えることも魅力です。

安定性が高まると社会的信用が向上し、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることが容易になります。世間的にいわれる「普通の生活」が手に入るため、フリーターよりも正社員のほうが結婚率は高くなる傾向です。

仕事面で見ると、責任のある仕事を任せてもらえる機会が増えます。経験が積みやすくキャリアアップの機会が増えることも、フリーターから正社員になるメリットの一つです。

フリーターが正社員就職しやすい職種

フリーターから正社員になる場合、業界・職種によって難易度は異なります。正社員を目指しやすい職種の特徴は、「慢性的な人手不足に陥っている」「特別なスキルがなくても支障がない」ことなどが挙げられます。

フリーターが正社員を目指しやすい職種は、主に次のとおりです。

フリーターが正社員就職しやすい職種
  • 営業職
  • 販売職
  • 介護職

営業職は、どの企業にも必要な職種のため、ほかの職種よりも求人数が多い傾向です。「未経験OK」としている企業も多数見られるため、フリーターから正社員を目指したい方にとっておすすめの職種です。

販売職は、フリーターで接客業をしていた方が経験・スキルを活かしやすい職種です。ゆくゆくは、店長を目指せる求人もあるため、キャリアアップを図りたい方に適しています。

介護職は、慢性的な人手不足に陥っている職種です。国内においては今後も高齢化が進む一途であり、中長期的に働ける仕事を求める方に介護職は人気です。

ただし、上記で挙げた特徴や職種は、ブラックと呼ばれる企業が出している求人にも当てはまります。求人を探すときは、労働環境や待遇面が適切なのかをしっかりとチェックすることが大切です。

適切な求人なのかを判断することが難しい場合は、転職エージェントの力を借りることを視野に入れましょう。

フリーターが辛いときに考えるべき7つのこと

次に、「フリーターが辛い」と感じているときに、考えるべきことを紹介していきます。もちろん、辛さから抜け出すためには、行動をすることが大切です。しかし、何もかも考えずに行動をしてしまっては、空回りになりかねません。

今後、フリーターから抜け出すためには、「しっかり考えること」も大切なのです。ここからは、あなたが「考えるべきこと」をお伝えします。

「フリーターを続ける悲惨さ」について考える

「フリーターが辛い」と感じているわけですから、おそらく、フリーターを続けることに対しては、将来に対して悲惨さを感じてしまうことでしょう。

しかし、ここはあえて「フリーターを続ける悲惨さ」について、考えてみてもらいたいのです。「辛さが続くこと」を考えることで、「現状から抜け出したい」という気持ちが芽生えてきます。

つまり、「フリーターを続けることの悲惨さ」を考えることで、「フリーターから抜け出したい」という気持ちを芽生えさせることができるということなのです。一度、「フリーターを続ける悲惨さ」について、真剣に考えてみてください。

あわせて読みたい
フリーターでいるとやばい理由23選|悲惨な末路をたどらないためにすべきことを徹底解説 本記事でわかること フリーターでいるとやばい理由 フリーターから正社員就職するコツ 正社員を目指す方におすすめの転職エージェント フリーター生活が長期化すると、...

フリーターから抜け出す方法を考える

「フリーターを続ける悲惨さ」を実際に考えてみた人は、「フリーターから抜け出したい」という気持ちを抱くことができたのではないでしょうか。「フリーターから抜け出したい」と思えたら、次は「フリーターから抜け出す方法」を考えるときです。

では、「フリーターから抜け出す方法」とは、どのような方法なのでしょうか。おそらく、答えは「フリーターを辞める」になるはずです。単純な話ですが、フリーターを抜け出すためには、フリーターを辞めればいいのです。

あわせて読みたい
【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法 独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下していき、4年を超えると再び急落...

「正社員になること」について考える

フリーターを辞めてしまえば、「フリーターの辛さ」から抜け出すことができる、と先述しました。しかし、フリーターを辞めてそのままでは、生活をしていくことができませんよね。

もちろん、フリーターが辛いわけですから、フリーターを辞めることが大切です。しかし、フリーターを辞めると収入が無くなるわけですから、「フリーターを辞めた場合」のことを考えることも大切です。

では、フリーターを辞めた場合、どのように収入を得ていくべきでしょうか。おそらく、ほとんどの人は、「正社員になる」という答えを出すことができるはずです。

あわせて読みたい
フリーターの問題点とは?正社員と比較してデメリットが多すぎる! 本記事でわかること フリーターが抱える10の問題点 フリーターが正社員になるための方法 フリーターにおすすめの就職サービス フリーターの自由な働き方は魅力的ですが...

適職について考える

「正社員になれれば、どんな仕事でも構わない」という考えではいけません。やはり、自分に合っている仕事があるものです。自分に合っている仕事に携わってこそ、充実した正社員としての社会人ライフを送ることができます。

仮に、自分に合っていない仕事に携わってしまったら、どうなるでしょうか。もしかしたら、嫌になって正社員を辞めてしまい、フリーターに戻ってしまうかもしれませんよね。

きちんと、自分に合っている仕事について、考えるようにしましょう。例えば、フリーター向けの就職エージェントに相談すると、あなたに合っている仕事を見つけてくれますよ。

あわせて読みたい
よい転職先に出会うために。最適な転職先を見つけるために心掛けておくべき9つのポイント 転職活動が新卒のときと大きく違っているのは、自分の希望する会社の求人に出会うチャンスが限られている点です。 新卒の場合、内定するかはどうかは別として、行きたい...

「フリーターを続けるほど辛くなる」こと理解する

あなたは、「フリーターが辛い」と感じています。であるならば、「フリーターを続けるほど辛くなる」ことは言うまでもありません。この、「フリーターを続けるほど辛くなる」ということを、改めて頭の中で理解するようにしてください。

年齢が上がるほどますます辛くなるのがフリーターです。今抜け出さないと、泥沼にはまってしまいます。年齢を重ねるほど、フリーターであることに、どんどん恥ずかしさが増してくるでしょう。

周囲の友人との所得格差が広がり、話が合わなくなってきます。旅行や趣味にお金を使えず、貧乏生活で、人生が味気なく感じるでしょう。周りは正社員として働いているのに、自分はフリーター…そのことを気にして、友達と疎遠になる人も珍しくありません。

お金がないことがますます辛くなり、とても惨めな気持ちになってきます。結婚もできない、子育てもできない、フリーターでは人生に制限がかかるのです。

「フリーターを今後も続けると、さらに辛くなるんだ…」と自分に強く言い聞かせてください。そのようにすることで、フリーターであることに対して、大きな危機感を感じることができるでしょう。

フリーターであることに対して、大きな危機感を感じることができれば、就職活動を進めるモチベーションにつながります。就職活動を効率よく進めていくためには、フリーターであることに危機感を感じることがとても大切なのです。

就職活動の計画を立てる

実際に就職活動を進める前に、就職活動の計画を立てるようにしましょう。意外と、就職活動では、すべきことが多くありますよ。また、就職活動の経験は少ないはずです。そのため、行き当たりばったりに就職活動を進めても、上手にいくことはありません。

就職活動を成功させるためには、就職活動の計画を立てることが、大変重要なのです。就職活動についての書籍を読んでみて、就職活動の進め方をまとめてみるといいでしょう。

また、ネットを参考にしてみても、就職活動の進め方を理解することができるはずです。このように、書籍やネットを参考にすることで、就職活動の計画を立てることができるでしょう。

就職活動の支援者を見つける

1人で就職活動を進めてしまうと、「本当に採用をもらえるのかな…」と、不安を感じてしまいがちです。また、1人で就職活動を進めてしまうと、非効率な就職活動になってしまいがちです。

たとえ、就職活動の計画を立てていても、初めてのことの連続ですので、非効率な就職活動になる可能性は大いにあります。

そのため、就職活動を進める際には、支援者を見つけることも大切です。例えば、転職エージェント、ハローワークのスタッフなど、就職活動の支援者はたくさん存在するものです。

就職活動の支援者がいれば、就職活動に対する不安を軽減させることができますよね。特に、就職活動に関する疑問を相談することができるということは、とても大きなことではないでしょうか。就職活動の支援者がいれば、効率的な就職活動を進めることもできるはずです。

あわせて読みたい
フリーターにおすすめの転職エージェント10選!を徹底比較|正社員経験なしの方向けの転職エージェント... 本記事でわかること フリーターにおすすめの転職エージェント フリーターに特化した転職エージェントを使うメリット フリーターが転職を成功させるポイント フリーター...

「不採用は当たり前」と自分に言い聞かせる

就職活動においては、不採用になることが当たり前にあります。特に、「正社員→正社員」の就職活動に比べて、「フリーター→正社員」の就職活動は、不採用になりやすいものです。

ただ、就職活動を進めて、実際に不採用にたくさんなってしまうと、気持ちが滅入ってしまうものなんですよね。だからこそ、「不採用は当たり前」と自分に言い聞かせることが大切です。

「不採用は当たり前」ということを理解していれば、不採用が多くなってしまっても、気持ちが滅入ることはありませんよね。実際に、不採用は当たり前のことなわけですから、自信を持って不採用を受け入れるようにしましょう。

ただ、数ヶ月も採用がもらえない状況ですと、あなたの希望が就職市場にマッチしていない可能性が考えられます。この場合は、希望条件(希望給料・希望職種など)を見直すことで、採用されやすい状況を作ることができるはずです。

わからないことや悩みはフリーター向けの転職エージェントに相談してみるといいですよ。相談をすることで、的確なアドバイスをもらうことができます。

フリーターが辛いなら正社員就職を目指そう

フリーターは収入や社会的信用など、さまざまな面から辛いと感じる場面が多くなります。フリーターが辛い方は、フリーターから離れる方法を模索することが大切です。

例えば、副業を始めて個人事業主を目指したり、正社員登用や転職をしたりする方法などがあります。

転職して正社員を目指したいフリーターは、ハタラクティブを利用することがおすすめです。ハタラクティブは、就職未経験者やフリーターへの転職支援に強い転職エージェントです。

ヒアリングを通じて納得のいく求人を紹介してもらえるため、正社員になって安定した収入・生活を手に入れたい方は、ハタラクティブで転職活動を進めましょう。

\未経験者の選考通過率が高い/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ