MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

マイナビジョブ20’sの適性診断はどんなサービス?他の転職エージェントの適性診断との違いを解説

「自分に合う仕事がわからない」「今の仕事が合わなくて転職したい」このような悩みを抱える転職者は少なくありません。

厚生労働省の調査では、若年層の退職者が「20〜24歳の24.9%」「25〜29歳の16.8%」であると結果が出ています。

引用:厚生労働省

20代で辞める人が多いのは、自分の適性と合った仕事ができていないためです。自身の適職に就くためには、強み・弱みなどを把握する必要があります。

そこで当記事では、自身の強み・弱みを理解し、自己分析・選考で役立てられるマイナビジョブ20’sの適性診断について解説します。

別エージェントの適性診断との違いや使い方も紹介するので、参考にしてみてください。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

マイナビジョブ20’s適性診断はどんなサービス?

マイナビジョブ20’s適性診断はどんなサービス?

マイナビジョブ20’sの適性診断は、自身の強み・弱みを含むパーソナリティを把握できる診断サービスです。

普段の行動に関する質問に回答すると、診断結果をもとに、キャリアアドバイザーが転職者に合った仕事を紹介してくれます。

マイナビジョブ20’sの適性診断では、下記のような「仕事に関する悩み」の答えが見つかります。

マイナビジョブ20’sの適性診断が解決に導く「仕事に関する悩み」の例
  • 仕事をする上で、自分のどんな特徴が強みになるのか?
  • 自分の強みはどんな仕事で活かせるのか?
  • 仕事をする上で、自分の弱みはどのような弱点になるのか?

マイナビジョブ20’sで適性診断を受けると、キャリアアドバイザーが診断結果をもとに客観的なアドバイスをしてくれます。

「強みは〇〇に活かせる」「弱みは〇〇の弱点になるので、このように克服していこう」など、選考で役立つ正確な自己分析が簡単にできるのです。

マイナビジョブ20s適性診断を受けた人の声

マイナビジョブ20s適性診断を受けた人の声

マイナビジョブ20’sの適性診断は、これまで26万人以上が利用しています(マイナビジョブ20’s利用者より)。その中から、一部「マイナビジョブ20’sの適性診断を受けた人」の声を紹介します。

Review Image
女性(年齢不明)
私自身の特徴を確認するための良い機会になりました。自分の強みや特徴をどのように仕事で活かせるかというところが具体的にイメージができ、とても参考になりました。

引用:マイナビジョブ20’s

Review Image
男性(20代)
苦手な部分について客観的にフィードバックを受けれる点がありがたかったです。自分の苦手な部分を考えて仕事選びを行い、苦手を克服するために何を気をつければよいかを考えるきっかけになりました。

引用:マイナビジョブ20’s

自身の強み・弱みを客観視できれば、今後のキャリアをイメージしやすくなります。また弱みはマイナスなことだけではなく、「苦手を克服するためのヒント」となるでしょう。

マイナビジョブ20s適性診断の特徴

マイナビジョブ20s適性診断の特徴

マイナビジョブ20’s適性診断の特徴を紹介します。

マイナビジョブ20s適性診断の特徴
  • 世界中のデータをもとに診断結果ができるから信頼できる
  • 自己分析をするときの手助けになる
  • 診断結果をもとにキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれる

信頼できるサービスなだけでなく、適性診断の結果はさまざまなシーンで役立ちます。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

世界中のデータをもとに診断結果ができるから信頼できる

マイナビジョブ20’sの適性診断は、世界最大級のアセスメント・サービス・プロバイダーと協力して作られた診断です。

何千万人ものデータを踏まえて診断してくれるので、他の診断よりも信頼性が高いと定評があります。

また世界中の人が利用していることから、豊富なデータをもとに診断できる点も魅力です。診断結果の信頼性の高さは、マイナビジョブ20’s転職者の定着率93.6%という数字からも伺えます。

自己分析をするときの手助けになる

転職活動を進める上で、自己分析は非常に重要です。自己分析ができていないと、自分の魅力をアピールできません。

しかしマイナビジョブ20’sの適性診断を活用すれば、自己分析をスムーズに行なえます。

下記のグラフは、dodaが調査した「採用担当が面接で重視するポイント」を一部抜粋したものです。

引用:doda

多くの職種で、第一印象・受け答えの仕方が上位を占めています。

面接では「あなたの強み・弱みはなんですか?」「あなたの強みは会社にどのように貢献できますか?」と質問される可能性が高いです。

正しい受け答えをするためには、自己分析による強み・弱みの把握は重要となります。

診断結果をもとにキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれる

マイナビジョブ20’sでは、原則としてすべての利用者が適性診断を受検します。そして診断結果をもとに、キャリアアドバイザーが個人の適性にあった求人を紹介してくれます。

転職活動の方法(転職サイト・自身で応募するなど)はさまざまですが、客観的な情報をもとに求人を紹介してくれるのはマイナビジョブ20’sだけです。

そのため、自分だけでは見つけられなかった適職が見つかるはずです。

【比較】マイナビジョブ20s適性診断と他の転職エージェントの適性診断との違いは?

マイナビジョブ20’sのほかにも、適性診断を提供している転職サイトがあります。リクナビ・ミイダスを比較するので、参考にしてみてください。

項目マイナビジョブ20’sリクナビミイダス
料金無料無料無料
測定内容強み・弱みを含むパーソナリティー18種類の強みの中から5つを診断自分の市場価値
所要時間10分程度30分程度10分程度
訪問数26万人以上700万人以上46万人以上
会員登録必要必要必要
分析精度
5点
4.5点
4点

リクナビ|グッドポイント診断

リクナビNEXT
リクナビNEXTの特徴
  • リクナビ独自の本格診断
  • 診断結果は全8,568通り
  • 応募時に診断結果を添付して内定率アップを目指せる

リクナビの「グッドポイント診断」は、自身では気付けない5つの強みを診断してくれる適性診断です。強みの種類は、全18種類あります。

引用:リクナビNEXT

リクナビの適性診断は、全293の質問に4択形式で回答します。

診断結果は自己分析や面接などで活用でき、「親密性」や「社交性」は営業職・「慎重性」や「冷静沈着」は経理職など、職種や企業に合わせてカスタムするのが最適です。

また、2015年のリクナビ調査では「応募者の80%が診断結果を添付」しています。

企業側からも「やる気を感じられる」「話題を広げやすい」と好評なので、強みの把握・アピールで内定率アップを目指せるでしょう。

\業界最大級の転職サイト/

あわせて読みたい
【5分でわかる】リクナビNEXTのグッドポイント診断のやり方・注目されている理由など紹介!結果から適職... リクナビNEXTのグッドポイント診断は質問に答えるだけで、自分ではわかりにくい強みを的確に診断できるサービスです。誰でも無料で登録でき診断結果もよく当たるので、...

ミイダス|適正年収診断

ミイダス
ミイダスの特徴
  • 自身の適正年収を診断できる
  • 3つの診断サービスが魅力
  • 企業からの直接オファーを受けられる

ミイダスの適性診断は、適正年収診断をはじめ全3種類あります。「適正年収診断」はプロフィールや経歴、スキルなどから転職者の推定年収を診断してくれます。

加えて、ミイダスでは「コンピテンシー診断」「パーソナリティ診断」も人気です。

ミイダスのその他の診断
  • コンピテンシー診断:あなたの指向性や行動特性を診断する
  • パーソナリティ診断:生まれ持った個性を診断する

ミイダスの適性診断を活用すれば、「マネジメント資質」「職務適性」「パーソナリティの特徴」などを客観的に把握できます。

200万人以上の転職者データをもとに診断しており、精度の高さも認められています。

\3つの診断サービスが無料/

あわせて読みたい
ミイダスは嘘が多い?実際の評判・口コミを調査|年収診断の仕組みを解説|転職時の年収と比べてみた 自分の適正年収が診断できる転職サービスの「ミイダス」ですが、信ぴょう性が疑わしいなどの悪い評判があります。 確かにたった5分の回答で、自分自身の年収が算出でき...

マイナビジョブ20s適性診断の利用方法と診断後の流れを解説

マイナビジョブ20s適性診断の利用方法と診断後の流れを解説

マイナビジョブ20’s適性診断の利用方法と、診断後の流れを紹介します。

▼マイナビジョブ20’s適性診断の利用方法

STEP
会員登録

マイナビジョブ20’sの専用ページから、会員登録を申し込みます。氏名や住所、連絡先や経験社数などを入力して送信しましょう。

STEP
面談予約

会員登録が完了したら、メールもしくは電話で担当者から連絡がきます。都合のつく日程で面談予約を完了しましょう。

STEP
マイページの設定

面談予約後、担当者からURLつきのメールが届きます。URLからマイページを設定できるので、パスワードや職務経歴、希望条件などを登録してください。

STEP
適性診断

面談日の前に、適性診断の案内メールが届きます。適性診断を受ける際は、直感的に回答するのがコツです。

STEP
面談

適性診断の結果は、面談時に教えてもらえます。診断結果をもとに、キャリアアドバイザーからあなたの適職を紹介してもらえるはずです。

マイナビジョブ20’sでは、適性診断をもとに転職者の適性に合う求人を紹介しています。あなたの強みを活かせる仕事についてアドバイスを受けられるので、気になる求人には積極的に応募しましょう。

\精度の高い適性診断が無料/

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの面談の流れや特徴について徹底解説|実際に面談を受けた人の口コミも公開 マイナビジョブ20'sは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントの一つです。この記事では、マイナビジョブ20'sの面談の口コミ・予約方法・特徴などを網羅的に紹介...

マイナビジョブ20sの適性診断を受けるのがおすすめの人

マイナビジョブ20sの適性診断を受けるのがおすすめの人

マイナビジョブ20’sの適性診断を受検をおすすめする人を紹介します。

マイナビジョブ20sの適性診断を受けるのがおすすめの人
  • 第二新卒で自己分析がうまくいっていない人
  • 信頼できる適正診断を受けたい人

信頼性の高い適性診断を受けることで、自己分析がスムーズに行なえます。キャリアアドバイザーからも具体的なアドバイスを受けられるので、自分に合った仕事と出会えるはずです。

第二新卒で自己分析がうまくいっていない人

第二新卒で自己分析がうまくいっていない人は、マイナビジョブ20’sの適性診断がおすすめです。適性診断というツールを活用すれば、効率的かつ精度の高い自己分析を行えます。

自身のキャリアを形成していく上で、自己分析は非常に重要です。

「自身の強みを活かせるのはどんな仕事か?」「自分の弱みをカバーできる働き方は?」など、適性診断を通してさまざまな悩みを解決できます。

信頼できる適正診断を受けたい人

マイナビジョブ20’sの適性診断は、世界中で高い精度・信頼性が認められています。そのため「他の診断サービスを使ったけど納得感がなかった」という人におすすめです。

マイナビジョブ20’sの適性診断
  • 世界最大級の診断サービス会社の協力のもと作られた適性診断
  • 世界で数千人が受験している
  • 豊富なデータからパーソナリティーを導き出す

マイナビジョブ20’sの適性診断結果を見れば、「当たってる!なるほど!」といった納得感を得られるはずです。

マイナビジョブ20’s自体の評判はどうなの?

マイナビジョブ20’s自体の評判はどうなの?

マイナビジョブ20’sは適性診断が魅力ですが、転職エージェントとしても高い評判を誇ります。

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒に特化した転職支援サービスのため、未経験歓迎の求人が豊富で「スキル・経歴に自身がない」という人でも安心です。

Review Image
Mさん(20代)
今後選考が進むと、エージェントによってサポート体制ぜんぜん違うから、何個か登録しとくといいよ!マイナビジョブ20’sおすすめかな。

引用:Twitter

マイナビジョブ20’sは、若年層向けのサポートが充実しています。キャリアアドバイザーは若年層の転職知識が豊富なので、各業界・職種にあったアドバイスを受けられる点も魅力です。

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは? 第二新卒で転職活動をする人にとって気になるのが「第二新卒特化型エージェント」です。大手の第二新卒特化型エージェントで、圧倒的おすすめは「マイナビジョブ20's」...

自分に合った仕事を見つけたい人はマイナビジョブ20s適性診断を受けてみよう!

マイナビジョブ20’sは、適性診断をもとに的確なアドバイス・求人を紹介してくれる優良な転職エージェントです。世界中で数千人が受けている適性診断は、高い精度が認められています。

診断結果によって自身の強み・弱みを把握できるので、正確な自己分析が行えます。自己分析がうまくいけば面接などに活用でき、内定率アップも実現できるはずです。

\理想の企業と出会える!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ