MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

派遣社員が仕事を飛ぶ・バックレるとどうなる?バックレずに仕事を辞める方法も解説

本記事でわかること
  • 派遣社員が仕事をバックレた後の影響
  • 派遣社員が仕事をバックレずに仕事を辞める方法
  • すでに仕事をバックレてしまっている場合の対処法

仕事を辞めたい場合に、退職の旨を派遣先や派遣会社に伝えるのは誰しも億劫になるものです。だからといって仕事を突然バックレてしまうと、派遣先や派遣会社、周りの人々に迷惑をかける可能性があります。

どうしても仕事に対する不満を我慢できずに誰にも相談できない場合には、退職代行を利用しましょう。

本記事では、派遣社員が仕事をバックレた後の影響やバックレずに仕事を辞める方法について紹介します。

すでにバックレてしまっている場合の対処法についても解説するため、誰にも相談できずに困っている人はぜひ参考にしてください。

トラブルを避けながら円満に退職したい人は、退職代行サービス「辞めるんです」を利用しましょう。辞めるんですは、退職成功率100%で、退職後の支払いが可能です。些細なことでも相談できるため、まずはLINE登録しておきましょう。

辞めるんです
【公式】https://yamerundesu.com/

\後払いでトラブル回避!/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

派遣社員が仕事を飛ぶのはあり?

派遣社員が仕事を飛ぶのは、派遣先や派遣会社にも迷惑がかかるため安易に行うべきではありません。

とはいえ、派遣社員が飛ぶケースは珍しくはなく、派遣先の環境が合わない、契約時の内容と違うなどの仕事への不満を根底に抱えていることが原因である場合が多くあります。

ただ、会社に勤める以上は、急に欠勤したり業務内容を放棄したりすることで派遣先が被る被害は大きいため、不満があればまずは雇い主である派遣会社に相談して解決するべきです。

ただ、どうしても我慢できずに「バックレたい」場合には、トラブルも回避できる退職代行を使うことをおすすめします。

派遣社員が仕事を飛ぶ・バックレるとその後どうなる?

派遣社員がバックレてしまった場合、その後どうなるかについて解説します。

「今すぐ仕事を辞めたい」「明日の仕事に行きたくない」と悩んでいる場合には、バックレる前にぜひ参考にしてください。

派遣会社からたくさん電話が来たり自宅を訪問されたりする

仕事をバックレた後には必ず派遣先から派遣会社へ連絡され、連絡が繋がるまで大量の電話・メール連絡があります。

万が一、当事者と連絡が繋がらない場合には、緊急連絡先(実家や配偶者など)への連絡や当事者の自宅まで派遣会社の担当者が訪ねてくる可能性もあります。

これは、派遣会社としても責任があるため、なんらかの事件や事故に巻き込まれた可能性を考えて安否確認として行う必要性があるのです。

派遣先の仕事をバックレた場合には、自分だけでなく周りの人に多くの迷惑をかけてしまうため、必ず派遣会社と連絡を取れるようにしておきましょう。

派遣会社のブラックリストに載ってしまう

派遣社員が仕事をバックレると、派遣会社のブラックリストに載ってしまう可能性があります。

ブラックリストに載ってしまうと、今後その派遣会社から仕事の紹介を受けられなくなるだけでなく、エントリーしても断られる、給料が満額支払われないなどの可能性もあります。

近年いくら人手不足とはいえ、派遣会社がお客様である派遣先に対してトラブルを引き起こす可能性のある人材を派遣するのはリスクが大きすぎるため、ブラックリストに載せて同じ被害に遭わないようにするのです。

その結果仕事の紹介が減ってしまうため、たとえ仕事を辞めたいと思っても、「バックレる」ということだけは避けるようにしましょう。

他の派遣会社に飛んだ・バックレた事実がバレる可能性がある

別の派遣会社であればバックレた事実を隠して、また仕事を紹介してもらえると考える人もいるかもしれませんが、結論からすると、他の派遣会社にもバックレた事実がバレる可能性があります。

なぜなら、バックレたまま退職手続きを正しく行っていない場合には、本来退職時にもらう書類を次の職場に提出できないからです。

具体的には、雇用保険の二重加入や、退職証明書が提出できないなどの事象が挙げられます。

また、複数の派遣会社からスタッフを受け入れている企業など狭い業界であればあるほど、営業担当者同士が関わることで噂として広まっていくケースもあります。

派遣会社から損害賠償請求されるリスクがある

派遣先をバックレただけでは損害賠償を請求されることはありませんが、派遣先から借りたカードキーやセキュリティーキーカードなどの貸与物を返却しないことで損害賠償を請求されるケースがあります。

なぜなら、返却がないことで派遣先でシステムの乗り換えが必要になるケースもあり、発生した費用を回収する必要があるからです。

制服など貸与物の場合には数万円の請求で済むかもしれませんが、システムの乗り換えが必要になった場合には数十万円〜数百万円単位で請求される可能性もあります。

損害賠償請求を避けるためにも、郵送でも良いので、貸与物は必ず返却しましょう。

派遣社員が飛ぶ・バックレたい人がやるべきこと

派遣社員が「仕事を辞めたい」と感じた時に、やるべきことを紹介します。

仕事をバックレる前に、ぜひ確認してください。

派遣先で困っていることがあれば担当者に相談する

まずは、派遣先で少しでも困っていることがあれば、派遣会社の担当者に相談しましょう。

派遣先でのストレスが原因で遅刻や無断欠勤を一度してしまうと、その後の出勤のハードルが上がってしまい、職場へ出勤するのがどんどん億劫になってきます。

派遣会社は、派遣スタッフが行う派遣先での仕事に関して、仕事内容・仕事時間など細かい契約を交わしており、派遣先の会社はこれを守る義務があります。

また、派遣会社としても、派遣スタッフに気持ちよく長期的に働いてもらいたいと思っているため、担当者に相談することで問題が解決するケースも少なくありません。

問題を解決できない場合は派遣先の変更や退職を申し出る

派遣会社の担当者と相談しても問題が解決できない場合には、派遣先を変えてもらうようお願いするという方法もあります。

誰しも向き不向きがあるため、派遣先の変更は甘えではありません。

派遣先が変わることで気持ちよく働ける可能性があるのであれば、自分に合う派遣先について配慮してくれる可能性もあります。

また、他にやりたい仕事が見つかった場合や、体調不良で仕事自体を続けられない場合には、その旨を話して派遣会社を円満に退社することも一つの方法です。

その場合には、相談して退職日を決めていくという正しい手順を踏んで退職しましょう。

担当者に打ち明けにくいなら退職代行サービスを活用する

派遣会社や派遣先など、誰にも相談できない状況にある場合には、退職代行サービスを活用するのがおすすめです。

退職代行サービスとは、本人の代わりに会社へ退職したい旨を伝えてくれ、やり取りも全て退職代行サービスのスタッフが行ってくれるため、精神的な負担が大きく軽減されます。

退職代行サービスを利用するメリットとしては、直接会社関係者と会わずに辞められることや、引き継ぎなしで辞められる点が挙げられます。

そのため、パワーハラスメントや社内の人間関係が原因で辞めたいという人にはおすすめのサービスです。

飛ぶ・バックレることを考える派遣社員におすすめの退職代行サービス

バックレることを考えている派遣社員におすすめの退職代行サービスを紹介します。

おすすめの退職代行サービス

バックレてしまうとその後のリスクも多くあるため、まずは正しく退職する方法を考えましょう。

辞めるんです

辞めるんです
【公式HP】https://yamerundesu.com/
名前辞めるんです
利用料金27,000円
運営組織LENIS Entertainment株式会社
LINE対応あり
返金保証
転職支援
運営https://yamerundesu.com/
辞めるんですのおすすめポイント
  • 顧問弁護士によって適正指導を受けたサービス
  • 何通でも無料相談できる
  • 審査不要で後払い可能

辞めるんですは、顧問弁護士によって適正指導を受けて、全国統一労働組合と提携している退職代行サービスです。これまでに1万人以上の退職代行をサポートし、退職成功率100%を誇る実績で多くの方から支持されています。

辞めるんですから勤務先へ連絡を行う日から、出社する必要も勤務先と直接話をする必要もないため、安心して任せられます。

また、辞めるんですの最大の特徴は、審査不要で後払いできることです。退職日が決定してから利用料金を支払う流れになっているため、お金を支払ったにもかかわらず辞められないという事態も防げます。

また、正確なデータがある場合には労働組合と提携して勤務先へ請求もできるなど退職にまつわる手続きは全て任せられます。

LINEに登録することで相談回数は何度でも無料であるため、些細なことでもまずは辞めるんですに相談してみましょう。

\ 後払いでトラブル回避!/

退職代行ガーディアン

名前ガーディアン
利用料金24,800円
運営組織東京労働経済組合
LINE対応あり
返金保証なし
転職支援なし
運営https://guardian.jpn.com/
退職代行ガーディアンのおすすめポイント
  • 合同労働組合が運営する退職代行サービス
  • 退職成功率100%で安心
  • 追加料金なしの料金一律

退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が運営する退職代行サービスです。

法律で定められた団体交渉権があるため、残業代の未払いや有給までしっかり請求でき、円満退職に導いてくれます。

また、即日対応であるため、相談した当日から出社する必要はありません。就業規則に◯ヶ月前に退職の旨を申告することと定められていたとしても問題なく対応してもらえます。

さらに、退職代行ガーディアンは、過去一度も辞められなかったケースはありません。雇用形態を問わず、法律に沿って交渉をすることで合法的に仕事を辞められるため安心して利用できます。

相談はLINEから24時間いつでも可能です。休日や深夜の相談であっても、すぐに対応してもらえるため、LINEで相談してみましょう。

\ 合同労働組合が行うため安心・確実/

すでに飛んでいる・バックレてしまっている場合の対処法

すでにバックレてしまっている場合には、すぐに以下の対処をしましょう。

バックレは悪いと思いながらもどうしても我慢できなかった場合には、早急に対応することで状況が好転する可能性もあります。

すぐに派遣会社に謝罪の連絡を入れる

まずは、すぐに派遣会社に謝罪の連絡をしましょう。気まずい気持ちはありますが、できれば電話で誠意を持って直接謝罪すべきです。

どうしても気まずい場合にはメール連絡でも、連絡しないよりはまだいいでしょう。

バックレること自体は絶対にやってはいけないことですが、やむを得ない理由でバックレていたり、これまでの実績や勤務態度が良かったりすると、そのままその派遣会社に復帰できる幸運なケースもあります。

誰にも連絡を入れないままでは、迷惑を被る人たちの範囲や影響も大きくなるため、今後仕事を続けていくためにも、派遣会社への連絡・謝罪は必ず行うようにしましょう。

雇用保険の書類受け取りや貸与物の返却などの退職手続きを行う

バックレてしまった後にすぐ次の仕事を探す人もいますが、その派遣会社を辞める場合に退職手続きが済んでいない人は、必ず雇用保険の書類受け取りや貸与物の返却などには注意しましょう。

雇用保険は二重加入ができないうえに、次の職場に「雇用保険被保険者証」を提出する必要があるからです。

正しい退職手続きを踏んでいないと、雇用保険被保険者証を次の職場に提出できずに、次の職場から不信感を抱かれる可能性もあります。

また、貸与物に関しては派遣先へ直接送るか、派遣会社の担当営業の方に渡すなどして確実に返却しましょう。

飛ぶ・バックレることを考える派遣社員からよくある質問

仕事をバックレることを考える派遣社員からよくある質問について紹介します。

職場環境に悩んでいる人は、バックレる前にぜひ読んでください。

派遣先の仕事を飛ぶ・バックレると警察に通報される?

派遣先の仕事をバックレたからといって、すぐに警察に通報されるということは通常ありません。

ただ、当事者との連絡が取れない・安否確認ができないなどの場合に、派遣会社や自分の家族などから捜索願が提出されて、警察が捜査に乗り出すということは考えられます。

警察沙汰になると、多くの人へ迷惑をかけてしまうため、最低限連絡だけは取れるようにしておきましょう。

ブラックリストに載ると他の派遣会社にも共有される?

派遣業界で情報を共有できるようなブラックリストの作成自体は法律で禁じられているため、基本的には派遣会社間で情報が共有されるということはありません。

ただ、派遣業界の中で営業者間や派遣先の会社の間で、バックレたことが噂として広がる可能性もあるため、派遣会社を転々として仕事を繋げていこうと考えている場合には注意が必要です。

派遣社員が職場に来ないときの責任は誰が負う?

派遣社員が職場にこない場合には、当然派遣会社が責任を負うことになります。

派遣会社が派遣先に派遣社員を紹介しているため、派遣社員がバックレることで、派遣会社としての信用を失うことになるのです。

その後に派遣会社側が被る被害は大きいため、必ず派遣会社には相談するようにしましょう。

派遣社員は飛ぶ・バックレるとその後が厄介!しんどいなら退職代行サービスを使おう

派遣社員は次々と仕事を紹介してもらえるため、バックレるという意識を持っている人が多いのかもしれませんが、簡単に仕事を辞められるという側面だけでなく、デメリットが多いのが実態です。

そのため、仕事を辞めたい場合には、気まずくても直接相談することや正しい退職手続きを踏んで円満に退職する必要があります。

どうしても直接話すことができない場合には、退職代行サービスを活用してトラブルを回避しながら退職するのも一つの方法です。

特に、辞めるんですを利用すれば、勤務先へ連絡されたその日から出社する必要も、勤務先関係者と直接話をすることもなく退職できます。

退職の旨を伝えることに億劫になっている場合には、まずは辞めるんですに相談してみましょう。

後払いでトラブル回避!

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

福岡県在住、フリーランスのwebライターです。
大学卒業後、生命保険会社にて営業職を経験。
その後、ブライダル業界、IT業界とさまざまな業界へ転職。自身の複数回の転職経験を通して、異業種への転職方法や難易度についても実体験ベースでわかりやすくお伝えしていきます。プライベートでは、現在一児のママ業に奮闘中。

気になる見出しをタップ