MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

残業代が出ない会社は辞めたほうがいい?そのまま在籍し続けるとやばい理由を解説

残業代の支払いは法律で定められており、会社は残業代を必ず支払わなければなりません。しかし、残業代が出ない会社があり、辞めるべきかと悩む方は多いでしょう。

会社にはすべての労働者に対して残業代を支払う義務があります。残業代の出ない会社に在籍し続けても良いことはありません。

転職エージェントに相談して、今すぐに転職活動を始めましょう。

本記事でわかること
  • 残業代が出ない会社がやばい理由
  • 残業代が出ないときに労働者が取るべき行動
  • 優良企業に転職したい方におすすめの転職エージェント

残業代が出ない会社を辞めたいと悩む方は、リクルートエージェントに相談してみてください。業界最大級の豊富な求人を取り扱っているので、あなたに合った優良企業の求人を紹介してもらえます。

転職支援実績No.1!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

残業代について労働基準法ではどのように定められている?

残業代について労働基準法ではどのように定められている?

雇用している労働者が残業を行った場合、すべての会社は労働者に対して残業代を支払わなければなりません。

労働基準法の第三十七条では、以下のように定められています。

使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

引用:労働基準法 第三十七条

残業とは法定労働時間を超えて業務を行うことです。労働基準法の第三十二条において、法定労働時間は「原則1日8時間、週40時間」と定められています。

つまり、週5勤務であれば1日の労働時間が8時間を超えた時点で残業代が発生します。また残業代は通常の賃金に25~50%を上乗せした額です。

残業代が出ない会社は辞めたほうがいい?

残業代が出ない会社は辞めたほうがいい?

残業代が出ない会社はブラック企業の条件に当てはまります。会社に残業代を請求しても改善されないのであれば、できるだけ早く辞めるのがおすすめです。

労働基準法では以下の場合に残業代が発生すると明記されています。

労働基準法明記
  • 1日8時間 or 週40時間を超えて働いた場合
  • 法定休日に働いた場合
  • 深夜に働いた場合

残業代をもらうことは労働者に与えられた当然の権利です。残業代の未払いが続くなら、退職を検討しておきましょう。

あわせて読みたい
毎日深夜まで残業の社会人は要注意!過労死ライン一歩手前の会社なら早めに転職しよう 「毎日深夜まで残業で仕事が辛い…。」「長時間労働でもう体も心も限界…。」と苦しみながら働いている人もいるはずです。 尋常ではないぐらい激務の労働環境で働いている...

残業代が出ない会社に在籍するとやばい理由

残業代が出ない会社に在籍するとやばい理由

残業代が出ないだけでも十分やばい会社ですが、未払いが続くと以下のような悪い状態に発展する可能性があります。

仕事へのモチベーションが下がり仕事の質が落ちる

残業代が出ない状態が続くと仕事のモチベーションが下がり、仕事の質が落ちる可能性があります。

遅くまで会社に残って仕事を片付けても、残業代が出ないのではやる気がなくなってしまうでしょう。仕事の質が下がったことで効率が悪くなり、さらなる残業を生み出すかもしれません。

残業代が出ないのに、残業時間がどんどん増えるようなことは避けなければなりません。

どんどん人が辞めていき人手不足になる

残業が出ないことに不満を持ちながら働き続ける方がいる一方で、会社の将来性に見切りをつけて辞めていく方もいるでしょう。

会社を辞める人がどんどん出てくれば、人手不足で仕事が回らなくなります。そして、仕事の穴を埋めるために、残業時間がさらに増える未来は避けられません。

人手不足になってしまうと、会社を辞めることが難しくなります。人が辞め始めてから動き出しても遅いので注意してください。

プライベートの時間が少なくなる

毎日残業が続くと、家と職場を往復するだけの生活になってしまいます。特に夜遅くまで残業している方は、プライベートを楽しむ時間が少なくなってしまうでしょう。

プライベートな時間を過ごせないことで、心に余裕が持てなくなっている方はたくさんいます。残業漬けの日々を過ごしていては、心の病気になってしまうかもしれません。

残業という名のタダ働きでプライベートを潰されるなら、仕事を辞めて自分のペースで働ける職場を探しましょう。

残業代が出ないことが当たり前になる

残業代が出ない会社で働き続けていると、残業代が出ないこと自体が当たり前になってしまいます。

労働者が残業した場合、会社は必ず残業代を支払わなければなりません。残業に対して賃金が支払われないのは本来であればNGな状況です。

残業代が出ないことが当たり前になると、何の疑問も感じずにタダ働きをしてしまいます。自分の感覚がおかしくなる前に、残業代が出ない会社を辞めるべきです。

あわせて読みたい
みなし残業はおかしいのか?みなし残業が原因でトラブルになる会社の特徴を紹介 さまざまな企業で採用されている「みなし残業」が原因で、トラブルになるケースが少なくありません。 「みなし残業のせいで毎日残業させられている」「みなし残業分がな...

残業代が出ないときに取るべき行動

残業代が出ないときに取るべき行動

残業代が出ないときは、まず以下の行動を試してみてください。

残業代を支払ってほしいこと会社に伝える

残業代が出ないことを不満に感じているなら、まずは残業代を支払ってほしいと会社に伝えてみましょう。

ただし、不当な扱いを受けているからといって、高圧的な態度で話を切り出してはいけません。なぜなら、会社の手違いで残業代が未払いになっている可能性があるからです。

高圧的な態度を取ってしまうと、残業代を支払ってもらえても、会社で働きづらくなってしまいます。

あくまでも冷静な態度で残業代を支払ってほしいと伝えてみてください。

あわせて読みたい
残業時間が40時間なのに手取りが20万は安い?低い手取りから抜け出す方法を解説 残業40時間ということは、20日出勤としても単純計算で毎日2時間残業していることになります。「遅くまで働いているのに稼げない……」と、お金のことを気にせざる得ない毎...

労働基準局に相談する

会社に残業代を支払ってもらうように伝えて効果がなければ、労働基準局に相談してみましょう。

残業の未払いが労働基準法の違反にあたる場合には、労働基準局が会社を指導してくれる可能性があります。

労働基準局に相談する際には、残業代が出ていないことがわかる証拠を持参してください。また匿名での相談が可能なので、誰が労働基準局に相談したのかはバレずに済みます。

転職をする

残業代が出ない会社は、はっきり言ってブラック企業です。そのまま在籍し続けても残業代が出ることはありません。

それどころか人手不足や業績の低下など、さらにやばい状況が待ち受けています。

残業代が出ない会社はやばいと感じているなら、優良企業への転職を目指すのがおすすめです。

転職活動を始める際には、転職エージェントに相談してみてください。転職エージェントでは優良企業の求人を豊富に取り扱っているので、残業代の未払いがない企業の求人を紹介してもらえます。

あわせて読みたい
残業の少ない会社に転職するには?企業を見極めて残業が少ない会社への転職を成功させるコツ 「転職するなら、残業が少ない会社を選びたい」という人が増えてきています。 残業が多くプライベートな時間が全くとれない、長時間労働で身体が休まらない、このような...

残業をせずに帰る

残業代が出ない場合に残業を拒否して帰ってしまうのも取れる行動のひとつです。

しかし、「残業拒否を理由に解雇されるのでは?」と心配な方もいるでしょう。残業代が出ない会社で残業を拒否しても、法的に解雇することはできません。

解雇を理由に残業を強要されたなら、労働基準局に相談すると伝えてしまいましょう。会社は労働基準局の指導を嫌うので、それ以上強要されることはないはずです。

残業をせずに帰って、プライベートな時間を確保してしまいましょう。

あわせて読みたい
毎日残業なのはおかしい?疲れてストレスが限界に達したときにおすすめの行動を紹介 結論毎日残業がきついなら転職を検討すべき! 今のままストレスを抱えながら働くと、最悪の場合、うつ病になったり、精神疾患になったりする可能性があります。 そうな...

優良企業に転職したい人におすすめの転職エージェント

優良企業に転職したい人には以下の転職エージェントがおすすめです。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績でNo.1を獲得
  • 常時50万件を超える豊富な求人数
  • キャリアアドバイザーによる丁寧なサポート

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る、業界大手の転職エージェントです。常時50万件以上の求人を保有しているので、残業代の未払いがない優良企業の求人を紹介してもらえます。

各業界を熟知したキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるため、転職が初めての方でも安心です。また転職のプロとして長い実績があり、求人紹介から面接対策までしっかり任せられます。

優良企業への転職を目指す方は、まずリクルートエージェントに相談してみましょう。

Review Image
口コミ
評判が悪かったので警戒していましたが、面談してくださったエージェント担当者はいい方でした。市場価値や私自身の売りになる部分を教えて頂き、職務経歴書の添削も具体的にしてくれました。前職を辞めた理由を説明すると「それは大変でしたね」と親身になって話をきいてくれ嬉しかったです。このエージェント会社の良し悪しは担当者によると思うので、はじめから避けない方がいいと思いました。

引用:みん評

Review Image
口コミ
評判が悪かったので警戒していましたが、面談してくださったエージェント担当者はいい方でした。市場価値や私自身の売りになる部分を教えて頂き、職務経歴書の添削も具体的にしてくれました。前職を辞めた理由を説明すると「それは大変でしたね」と親身になって話をきいてくれ嬉しかったです。このエージェント会社の良し悪しは担当者によると思うので、はじめから避けない方がいいと思いました。

引用:みん評

\転職成功者のほとんどが利用!/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

マイナビジョブ20’s

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント
  • 未経験OK求人が全体の70%以上
  • 定着率93.6%と転職先で長く働き続けられる求人が豊富

マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒のサポートに特化した転職エージェントです。取り扱う求人の70%以上が未経験OKのため、転職を機に新しい業界にチャレンジできます。

マイナビグループ唯一の20代専用サービスであり、20代の転職市場を熟知したアドバイザーが親身になってサポートしてくれるのが強みです。

また豊富な非公開求人には優良企業の案件が集まっているので、残業代の未払いがないホワイトな転職先が見つかります。

残業代が出ないと悩む20代は、マイナビジョブ20’sで転職を成功させましょう。

Review Image
口コミ
初めての転職活動で不安でしたが、専任キャリアアドバイザーの方が面接対策や応募書類の確認だけでなく、どのような職種が自分の強みを生かせるか、自分の考え方や性格に合う職種や企業をアドバイスするなど親身に相談にのってくれたので、自信を持って転職活動することができました。 またWEBで適正診断を受けることができたので、自分の長所や特徴を客観的に知ることができたのも良かったです。大手企業や人気企業の求人も多いように感じました。

引用:みん評

Review Image
口コミ
初めて転職活動をしてみましたが、最初は不安でいっぱいでした。けれど、マイナビジョブ20’sにはたくさんの求人が載っていましたので、自分に合う仕事が見つかるかもしれないと希望を持てました。 20代で転職活動をするのは不安でしたが、第二新卒向けの求人がたくさんそろっていたので、本当に助かりました。しかも、無料で転職支援サービスも受けられます。おかげで、理想的な仕事に就くことができましたから、利用して良かったです。

引用:みん評

\20代・第二新卒から大人気!/

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは? 第二新卒で転職活動をする人にとって気になるのが「第二新卒特化型エージェント」です。大手の第二新卒特化型エージェントで、圧倒的おすすめは「マイナビジョブ20's」...

残業代が出ない会社で勤めている人からよくある質問

残業代が出ない会社で勤めている人からよくある質問

残業代が出ない会社で勤めている人からよくある質問を紹介します。

どのくらいの割合の人が残業代を払われていないのか?

勤めている会社で残業代が出ない場合、ほかの会社はどうなのだろうと疑問に思う方は多いでしょう。

東京産業労働局が行った調査によると、残業代が支払われていない割合は以下のとおりです。

調査の結果、全体の80.6%で残業代が支給されています。その一方、16.6%では残業代が未払いのままです。

また残業代の未払いが多いのは管理的業務や販売、専門的・技術的業務などです。

多くの企業で残業代が支払われていますが、残業代が出ない企業はまだまだ残っています。

残業代が出ないという理由で辞めるのは転職活動に影響する?

残業代が出ない状況は退職理由として十分です。そのため、残業代が出ないからと退職しても転職活動に影響しません。

転職エージェントでは退職理由を素直に伝えて、希望に合う求人を紹介してもらいましょう。

ただし、「残業代は出るけれど、残業はしたくない」という理由で退職するのはNGです。転職では評価が下がってしまい、希望する企業から内定をもらえなくなる可能性があります。

退職後に残業代をもらうことはできる?

今の会社を退職してからでも、残業代の請求は可能です。ただし、残業代の請求権には2年間の時効があります。

そのため、本来の支払い時期から2年以内に残業代を請求しなければなりません。また残業代を請求するためには給与明細や勤怠記録などが必要です。

請求権の時効が過ぎてしまう前に、なるべく早く残業代を請求しましょう。

残業代が出ないなら今すぐ転職を検討しよう!

残業代が出ない会社は普通ではなく、そのまま働き続けるとリスクが生じます。今の状況に不満を感じているなら、転職活動を始めるのがおすすめです。

優良企業に転職したい方は、リクルートエージェントに相談してみてください。豊富な求人を取り扱っているので、優良企業の求人を紹介してもらえます。

残業代が出ない会社で働き続けるよりも、残業代をもらえる会社に転職しましょう。

\転職成功者のほとんどが利用!/

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
12時間労働の違法性は?法的問題があるケースを解説!きついなら体を壊す前に転職しよう 労働基準法では、1日に働く時間は8時間以内と定められています。しかし8時間以上、中には12時間以上働いている人も多いのではないでしょうか。12時間働かされることに...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ