MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

【必見】親に転職について口出しされた時の対策5選

転職を考えているけど親に反対される、というのはよくある話です。親世代は「終身雇用」「年功序列」といった意識が強いため、特に若年層の転職をよく思わない親が一定数います。

そこで当記事では、転職を親に反対されたときの対策を解説します。親が転職を反対する理由や転職しないデメリットについても紹介するので、参考にしてみてください。

結論から述べると、効果的な説得方法は「親が納得する内定を得ること」です。転職エージェントの中でも業界No.1の実績を誇るリクルートエージェントなら、親を説得できる内定獲得を目指せます!

本記事をまとめると
  • 転職を反対されても、時間をかけて説得を試みる。
  • 転職を諦めると、後悔が残るだけでなくスキルなしで年齢を重ねるというリスクがある。
  • 親を説得するなら、優良企業の内定獲得が効果的。条件のよい企業と出会えるのは、転職実績No.1を誇るリクルートエージェント

\転職者の8割が利用/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

親に転職を反対された時の5つの対策

親に転職を反対されたときの、5つの対策を紹介します。

親に転職を反対された時の5つの対策
  • 転職を考え始めた段階で相談する
  • 転職を事後報告する
  • 安定した企業の内定先で説得する
  • 親の反対を押し切って転職する
  • 転職後に結果を出して説得する

もちろん、仲良く解決できるのが1番よいです。反対を押し切るよりも、まずはできるだけ説得を試みましょう。

転職を考え始めた段階で相談する

親に転職を反対されたときは、「転職を考え始めた段階」から相談するのがおすすめです。下記のように、わかりやすく丁寧に「なぜ転職したいのか」を話してみてください。

転職したいことを伝えるポイント
  • 現職を辞めたい理由(精神的・身体的つらい、将来性が不安など)
  • 転職した先になにを目指しているのか
  • 現職から転職するメリット

転職を始めた段階なら、時間をかけて話ができます。また転職活動を頑張る姿を見せれば、転職に対する本気度が伝りやすいです。

平和的に解決できる可能性があるので、時間をかけて根気強く説得しましょう。

転職を事後報告する

親に転職を反対されたときは、事後報告も1つの手です。内定した後であれば、渋々でも納得してくれるかもしれません。

また株式会社アドバンスフローが行った調査では、転職経験者の約8割以上が「転職してよかった」と回答しています。

引用:株式会社アドバンスフロー

転職後に生き生きと仕事をしていれば、親も「転職してよかった」と感じてくれるはずです。

安定した企業の内定先で説得する

親が転職に反対するときの対策は、安定した企業の内定先で説得することです。大手企業やホワイト企業など、安定した内定先を見せて安心させるのがポイントです。

転職を反対する理由の中には、「不安定な会社に転職すると困るだろう」といった親心もあります。優良企業の内定があれば、親も「安定した会社なら安心」と納得してくれるかもしれません。

転職を反対されやすい第二新卒や20代でも、転職エージェントの利用・スキルの棚卸しをしっかり行えば、大手企業への転職も目指せます。

親の反対を押し切って転職する

転職を考え始めたときから時間をかけて相談した、内定をもらった段階で説得を試みた、それでもダメなら親の反対を押し切って転職しましょう。

成人していれば、基本的に親の同意は不要です。身元保証人に関してはいくつかの対策があるので、後半の内容を読めば安心できます。

職で最も大切にすべきは自身の気持ちです。親への説得は、転職してしまってから考えましょう!

転職後に結果を出して説得する

親の反対を押し切って転職しても、親子仲は円満に越したことはありません。そこで、転職後に結果を出して、再度説得してみてください。

「自身の経験・能力を生かして会社に貢献できた」「実際に給料が上がった」など、親が転職して良かったと思えるような結果を伝えましょう。

結果があれば、親も徐々に納得してくれるはずです。

あわせて読みたい
【逃げの転職成功】転職は逃げるが勝ち?今すぐ逃げるべき職場の特徴公開!人間関係が辞める理由で1番多... 「転職は逃げ」そんな言葉を耳にしたことはありませんか?今の職場に不満があっても、我慢している人は多くいます。 株式会社イー・クオーレが800人の男女を対象に行っ...

親があなたの転職に口出しする理由5つ

親があなたの転職に口出しする理由は、主に次の5つが考えられます。

親があなたの転職に口出しする理由5つ
  • 転職しても長続きしないから
  • 今の仕事を辞めて転職するのはもったいないから
  • 転職せずに安定してほしいから
  • 転職しても仕事はきついと考えているから
  • 転職すると自分に迷惑がかかるから

反対する理由を理解し、親の不安を払拭するような説得を試みましょう。それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

転職しても長続きしないから

親に転職を反対される理由の1つは、「転職しても長続きしない」と思われているからです。第二新卒や転職回数がある人は、「転職してもまた続かないんじゃないか?」と心配されるかもしれません。

確かに、転職を繰り返すといわゆる「転職癖」がつく可能性があります。しかし、「現職では実現しないキャリア」などの明確な転職意志があるなら問題ありません。

自己分析や企業・業界分析をしっかり行い、長続きする仕事を探しましょう。親にやる気や本気を伝えられれば、安心するはずです。

今の仕事を辞めて転職するのはもったいないから

今の仕事を辞めて転職するのはもったいない、このような理由で親が転職を反対するケースもあります。現職が安定した会社であれば尚更です。

しかし、転職を考えるのは今の仕事に満足していないからです。今の仕事よりも良い転職先に巡り会える可能性があるので、諦めずに転職活動を始めましょう。

転職せずに安定してほしいから

親世代は「転職しないほうが安心」と考える人が多いため、安定してほしくて転職を反対するケースもあります。

しかし、親世代では当たり前だった「終身雇用・年功序列」は崩壊しつつあります。近年では正社員の人員削減も進んでおり、大手・上場企業だから安心という雇用の保証も怪しくなっているのです。

2021年の上場企業の早期・希望退職者募集人数が6月3日、1万225人に達した。2019年から3年連続で募集人数が1万人を超えた。1万人を超えたのは前年(9月14日)より約3カ月早く、上場企業の人員削減の動きが広がっている。実施企業数は前年同日(33社)より17社多い50社。募集人数は、前年同日(6104人)より4121人多い。

引用:東京商工リサーチ

上記の内容から、「転職しないから安心」という時代ではないことがわかります。むしろ、スキルがないまま年齢を重ねるほうがリスクです。

転職しても仕事はきついと考えているから

親が転職を反対する理由は、「転職しても仕事はきついもの」と考えているからです。ただし、仕事内容がきついとしても、人によって向き不向きがあります。

そのため転職活動する際は、自分に向いている仕事探しが重要です。転職エージェントを利用すれば、ヒアリングを通して「キャリアの棚卸し・希望条件・人柄」などからキャリアアドバイザーが個人に合った求人を紹介してくれます。

また転職エージェントなら、約40万件の求人を保有し、各業界に精通したキャリアアドバイザーが常駐するリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは幅広いニーズに対応しているため、あなたに最適な求人と出会えます。

転職すると自分に迷惑がかかるから

「転職すると自分に迷惑がかかる!」という理由で、転職を反対する親もいます。迷惑とは、金銭面や子育てに関することなどさまざまです。

迷惑がかかるという点を心配される場合は、金銭面などを含め問題がなく、迷惑をかけないことを示して説得しましょう。

具体的には、下記のような示し方があります。

「迷惑をかけない」を示す方法
  • 在職中に転職活動をして仕事の空白期間をなくす
  • 退職後でも失業保険や貯蓄で過ごせると数字を提示する
  • 子供がいる場合は、預け先を確保して報告する(保育園や幼稚園、一時保育など)

心配事がなくなれば、親も転職に納得してくれるはずです。

【注意】今転職しないとやばい?

「親に転職を反対されたから」と、転職活動を後回しにするとやばいです。

転職を後回しにするとやばい理由
  • 歳を重ねるごとに転職が難しくなる
  • きつい仕事を続けることになる
  • 転職しなかったことに後悔が残る

転職するなら、早いうちが有利です。歳を重ねるごとに優良企業への転職は難しくなるので、後悔しないように行動しましょう!

歳を重ねるごとに転職が難しくなる

正直に述べると、転職は歳を重ねるごとに難しくなります。特別なスキルや経歴があれば転職可能なケースもありますが、転職市場は基本的に若いほうが有利です。

若年層のほうが求人数も多いので、内定が取りやすくなります。下記は、dodaが調査した「転職成功者の年齢割合」の結果です。

引用:doda

転職成功者の約7割を、34歳までの人が占めています。35歳以上は求人数が少なく、募集していても「管理職・マネジメント経験」といった即戦力を求められる傾向があります。

あわせて読みたい
転職したいけどスキルのない20代は転職できる?スキルなしの20代が今すぐやるべきことを解説 「転職したいけれどスキルがない」と悩む20代は多いです。しかし、20代の転職にスキルは必須ではありません。 特別なスキルを持っていなくても、転職に成功したケースが...
あわせて読みたい
30代スキルなしの男性は転職できるのか?30代スキルなし・未経験でも転職を成功させる方法を紹介 20代の転職とは異なり、30代になると即戦力や管理職としての経験を求められるのが一般的です。スキルなしの30代男性の転職はハードルが高いですが、未経験を受け入れて...

きつい仕事を続けることになる

転職しなければ、現職のきつい・辛い仕事から脱出できません。またきつい仕事を続けると、下記のような悪影響がでるリスクがあります。

きつい仕事で起こりうる悪影響

仕事は、人生の中で長時間を過ごします。身体的・精神的な安定を得るためにも、自分に向いている仕事を探しましょう。

あわせて読みたい
終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう 結論下のチェックリストに当てはまる内容が1つでもあれば転職を検討すべき。 >>1つでも当てはまった人におすすめのサービス 上記内容に一つでも当てはまったら転...

転職しなかったことに後悔が残る

転職を検討したにもかかわらず、何もせず今の仕事を続けるなら後悔が残ります。すると、今の仕事がより嫌になるかもしれません。

納得して今の仕事を続けるなら問題ないですが、まずは転職活動を始めて「自分が納得できるのか?」を考えてみてください。

転職せずに後悔しても、40代50代では手遅れになる可能性が高いです!

親に転職を反対された時のよくある質問

親に転職を反対されたときの、よくある質問に回答します。

親に転職を反対された時のよくある質問
  • 親に転職を反対された時、身元保証人はどうすればいいの?
  • 上京してからの転職や県外での転職を親に反対されるんですが…

上記を理解しておけば、転職に踏み出せない人でも安心して行動に移せます。それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

親に転職を反対された時、身元保証人はどうすればいいの?

入社時には身元保証人が必要となり、親や配偶者にお願いするのが一般的です。

引用:転職HACKS

しかし親に転職を反対されている場合は、身元保証人になってもらえないケースがあります。

一方、身元保証人は親以外でも可能です。下記の保証人になれる人を参考にしてみてください。

引用:転職HACKS

親がダメであれば、頼める人に相談しましょう。また周囲の親戚などもダメな場合は、企業に相談してみてください。中には「友人1人に書いてもらえばいいよ」と配慮してくれるケースもあるようです。

身元保証人がいないから転職できない、と諦めないでください!

上京してからの転職や県外での転職を親に反対されるんですが…

あなたが地方在住で、上京してからの転職を反対された場合は、「県外のほうが条件のよい求人が多い」と説得してみましょう。実際に、地方と都心部では給与など求人の条件がよい可能性が高いです。

また、上京したほうが求人数も多くなります。下記は、都道府県別の有効求人倍率を一部抜粋したものです(2021年12月時点)。

北海道1.03
東京都1.25
大阪府1.14
福岡県1.08
沖縄県0.75

参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構

有効求人倍率は、求職者1人あたり何社の求人があるかを示しています。数字が大きいほど求人が多く、良い求人に出会える可能性が高まります。

上京したほうが有効求人倍率が高いため、県外での転職を視野に入れると、必然的に条件のよい求人が多くなるのです。

あわせて読みたい
上京転職は厳しい?上京転職でおすすめの転職エージェントを紹介|地方から東京への転職に強いサービス 東京の企業への転職・就職を効率よく進めたいなら、上京転職に強いエージェントを利用しましょう。上京転職に強いエージェントには、東京勤務の求人が豊富にあり、上京...
あわせて読みたい
全国転勤はやめとけ!全国転勤が辛くて後悔する5つの理由と3つの対処法 「全国転勤のある大企業に入って後悔している」、「地方に転勤になってつらい」という方は多く、離職率も高いです。 独立行政法人労働政策研究・研修機構が2017年10月に...

転職エージェントを使って親の転職反対を説得しよう

親が転職を反対するのは「転職が成功するのか心配」といった親心のケースが多いです。そのため、転職エージェントを利用して優良企業の内定をとれば、親を説得しやすくなります。

親の反対によって、転職を諦めるといずれ後悔します。転職は歳を重ねるごとに不利になるので、今すぐ転職活動を始めましょう。

親を説得できる内定がとれるのは、業界No.1の転職実績を誇るリクルートエージェントです!40万件以上ある求人の中から、親が納得・安心する優良企業の内定を目指せます!

\親を説得できる優良企業多数!/

あわせて読みたい
リクルートエージェントの評判は?50人アンケート結果の実態 本記事の結論 ネット上の評判は求人数が多いなど良い評判が多かった。 ただし、対応が冷たいなどの悪評もあり。 他の転職エージェントと比較しながら、利用の検討を行い...
あわせて読みたい
第二新卒で大手への転職は無理?第二新卒が超大手企業へ転職できる方法を解説 第二新卒で大手へ転職したいと考える人がいる一方、「新卒ですら難しいのに第二新卒は無理でしょ」と言われることがあります。 しかし、一定の基準を満たせば第二新卒で...
あわせて読みたい
仕事を辞める勇気が出ない7つの原因|仕事を辞める勇気を出す簡単な方法|仕事辞めたら人生楽しすぎ! 仕事を辞めたいけど勇気がない人はたくさんいます。どうしても辞められない人は退職代行を使いましょう。退職代行を使うことでほぼストレスなく仕事を辞めることができ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ