MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

プロジェクトマネージャーの転職市場における価値は?転職の難易度や成功させるコツ・役立つ資格を解説

プロジェクトマネージャーは、システム開発や問題解決・コミュニケーションなど、さまざまなスキルや経験が求められる役職です。

現在、転職市場では社内や業界をリードできる即戦力人材を求めており、プロジェクトマネージャーの価値や将来性は高く評価されています。

本記事では、プロジェクトマネージャーの転職市場における価値・将来性・転職難易度、転職を考える理由などを紹介します。

本記事でわかること
  • プロジェクトマネージャーとして評価されるスキル
  • 転職を成功させるコツ
  • 転職に役立つ資格

JACリクルートメントなら自己分析や業界分析の支援、プロジェクトマネージャーならではの面接対策、非公開求人の紹介など、さまざまなサポートが受けられます。

引用:JACリクルートメント公式

\顧客満足度5年連続No.1/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

プロジェクトマネージャーの転職市場における価値・将来性

経済産業省の資料では、2030年にIT人材が約79万人不足すると予想されており、企業は社内や業界をリードできる即戦力人材を求めています。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを成功させるためのスケジュール管理やコスト管理、問題発生時の解決など、企業にとって重要な役割を果たしています。

IT人材白書2020によると、規模が大きい企業ほどプロジェクトマネージャーが重要と捉えており、育成を重視している傾向が強いです。

プロジェクトマネージャーの転職市場における価値や将来性は高いですが、現在市場が拡大しているクラウドやAI分野の知識・スキルを習得すれば、さらに将来性を高められるでしょう。

プロジェクトマネージャーとしての転職難易度

プロジェクトマネージャーとしての転職難易度

プロジェクトマネージャーはプロジェクトを成功させるため、システム開発やプロジェクト管理、問題解決、コミュニケーションなど、さまざまなスキルや経験が必要です。そのため企業は厳格な採用基準を設けています。

また競争率が高く、プロジェクトマネージャー特有の面接対策が必要なことから、転職難易度は高い傾向にあります。

プロジェクトマネージャーとしての転職を考える理由

プロジェクトマネージャーとしての転職を考える理由

プロジェクトマネージャーへの転職を考える理由は、以下の3つです。

プロジェクトマネージャーとしての転職を考える理由
  • 年収を上げたい
  • 他業態のマネジメント経験を積んでキャリアアップの足がけにしたい
  • 自分自身の成長のため

プロジェクトマネージャーはプロジェクト成功に直結する重要な役割を担っています。そのため企業は、プロジェクトマネージャーに対して高い給与を支払う傾向です。

プロジェクトマネージャーを経験することで、リーダーシップ・チームビルディング・戦略的思考といった、上位役職者に求められるスキルを磨けます

異業態でのプロジェクトマネジメント経験は自身の視野を広げ、新しい経験や知識が得られます。

プロジェクトマネージャーとして評価されるスキル

プロジェクトマネージャーとして評価されるスキル

プロジェクトマネージャーとして評価されるスキルを4つ紹介します。

いずれもプロジェクトマネージャーの転職には必要不可欠なスキルなので、面接でしっかりアピールしていきましょう。

システム開発・プロジェクト管理を円滑に進めるスキル

プロジェクトマネージャーはチームやプロジェクト全体を俯瞰し、人材・モノ・時間などを効果的に管理することで、利益を最大化する能力が求められます。

またプロジェクトを円滑に進めるため、システム開発にどれくらいの手間や工数がかかるのか、使用するプラグラミング言語は何なのかなど、システム開発のスキルも必要です。

問題発生時に原因を分析し解決できるスキル

プロジェクトマネージャーは問題発生時に原因を分析し、理想的な解決策を検討・実行する能力が求められます。またコスト負担軽減のためにも、現状のプロジェクトの問題点を常に分析し続ける姿勢も必要です。

チームメンバー・顧客と良好な人間関係を構築できる能力

プロジェクトマネージャーは、チームメンバーや顧客と主体的にコミュニケーションが取れる能力が求められます。

他人の意見や感情を汲み取ることで、チームメンバーとのコミュニケーションを円滑に進められ、プロジェクトもスムーズに進行できます。また顧客の要望を瞬時に察知し、解決策を提案・実行することで、良好な人間関係が構築できるでしょう。

チームのモチベーションを維持・向上させるリーダーシップ

リーダーシップとは、作業の監督や調整を行いながらチームの士気を高め、計画を定めてプロジェクトを推進していく能力のことを言います。

具体的には、チームの要望に合わせメンバーから信頼される情報源になること、メンバーの動向を観察し相談を受けたら柔軟に対応すること、などが挙げられます。

チームのモチベーションを維持・向上させるリーダーシップは、プロジェクト成功のためには欠かせないスキルです。

プロジェクトマネージャーとしての転職を成功させるコツ

プロジェクトマネージャーとしての転職を成功させるコツ

プロジェクトマネージャーとして転職を成功させるコツを5つ紹介します。

紹介する内容を実践すれば転職成功確率がグッと上がるので、ぜひ試してみてください。

採用担当者の評価ポイントとよく出される質問内容を把握しておく

プロジェクトマネージャーとして転職を成功させるためには、採用担当者の評価ポイントと頻出する質問内容を把握しておくことが重要です。主な評価ポイントと質問内容は、以下の通りです。

主な評価ポイント
  • プロジェクトへの主体性
  • システム開発の経験・知識・スキル
  • コミュニケーション能力
  • 今後のキャリアプラン
頻出される質問内容
  • これまでに最も成功したプロジェクトは?
  • プロジェクト管理手法は?
  • 仕様の変更発生時の対処法は?

採用担当者は、面接であなたのスキル・経験・人間性・将来性などを把握しようとします。そのうえでプロジェクトマネージャーとしての資質があるか、企業にとって必要な人材かを見極めるので、紹介した質問内容の回答はしっかりと準備しましょう。

これまでのプロジェクトマネジメント経験を整理する

プロジェクトマネージャーからプロジェクトマネージャーへの転職では、当然これまでの経験内容が問われます。

今まで携わったプロジェクト内容を詳細にまとめたうえで、自分がどのような立ち回りをしたかを整理し、応募先企業でどのように貢献できるか話せるよう準備しておきましょう。

ハイクラス向けの転職エージェントを活用する

プロジェクトマネージャーの求人はハイクラス転職になるので、ハイクラスに特化した転職エージェントの活用がおすすめです。

エージェントを活用すれば、転職に関する相談ができたり、非公開求人を紹介してもらえたり、面接対策をしてもらえたり、さまざまなメリットを受けられます。

プロジェクトマネージャーの転職におすすめの転職エージェント

プロジェクトマネージャーの転職におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

プロジェクトマネージャーの転職におすすめの転職エージェント

いずれも豊富な実績があるハイクラス転職に特化したエージェントです。ぜひ活用してください。

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
JACリクルートメントの特徴
  • ハイクラス・ミドル転職5年連続第1位
  • 管理職・技術/専門職転職のエキスパート
  • コンサルタントからスカウトがもらえる

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度ハイクラス・ミドル転職部門で5年連続第1位を獲得している転職エージェントです。

管理職クラス、技術職・専門職の転職に強く、登録した職務経歴書をもとにコンサルタントからスカウトがもらえます。

IT・通信、Web(デジタル・メディア・ゲーム)のIT(PM・SE)で検索したところ、749件(2023年6月7日現在)の求人数が確認できました。いずれの求人も年収500万円以上の優良求人ばかりです。

JACリクルートメントに登録して、プロジェクトマネージャーの転職を成功させましょう。

株式会社シナプルリンクによると、利用してよかった転職エージェントはリクルートエージェントが1位とのこと。私の最近の転職はJACリクルートメントでしたが、こちらは専門職の転職に強いです。未経験からの転職が多いことを考えるとTOP3に納得です🙂#転職エージェント https://t.co/LKY9CHPE20 pic.twitter.com/hZ6sotre5N

— Banana (@Banana22362) December 18, 2022

JACリクルートメントは外資系に強いコネクションを持っており、希望企業は高い確率で紹介してもらえるでしょう。
外資系といっても英語が必須条件なわけではありませんし、「高給激務の米国系外資」「まったりそこそこ高給の欧州系外資」など興味があるジャンルがあれば詳しく教えてくれますよ。

— 自称準エリートくん@30歳転職で年収700万 ビズリーチ利用 (@highten5) December 15, 2022

\顧客満足度5年連続No.1/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ビズリーチの特徴
  • 年収1,000万円以上の求人多数
  • 登録するだけでスカウトがもらえる
  • 6,200人以上の優秀はヘッドハンターが在籍

ビズリーチは、登録するだけで優良企業からスカウトがもらえるスカウト型の転職エージェントです。求人の3分の1以上が年収1,000万円で、経営幹部や管理職などのハイクラス転職を専門としています。

厳選された23,500社以上の企業からスカウトがもらえるだけでなく、有料プランに登録すると、厳しい基準を満たした6,200人以上のヘッドハンターへ転職相談することも可能です。

「プロジェクト管理」の職種で検索したところ、9,366件の求人(2023年6月7日現在)が確認できました。ビズリーチに登録をして、プロジェクトマネージャーの転職を勝ち取りましょう。

ビズリーチは日本で唯一「有料プランがある転職サイト」です。

もちろん無料プランもありますが、身銭を切って利用してみても他の転職サイトと変わらないのでは困りますよね。

ただ、現在行われているキャンペーンを使うことで97日間無料でビズリーチのすべての機能を利用することができます。

— 自称準エリートくん@30歳転職で年収700万 ビズリーチ利用 (@highten5) December 21, 2022

ビズリーチ経由で、とあるベンチャー企業の社長からスカウトメールが来ました。もしかしたらテンプレで人事が代わりに送ってるかもしれないですが、短い文でも熱意が伝わって何か感じるものがありました。ホームページも社長の人柄や社風が伝わってよかった。こういうワクワク感は常に持っていたい

— いけ@香港 (@ikeglobal) January 17, 2022

ヘッドハンターにはビズリーチ独自のヘッドハンターランクという制度があります。
これはヘッドハンターの優秀さを表す指標です。
このランクが高いヘッドハンターには仕事が集まります。
ランクの決定要因に「採用された会員の年収」があるからこそ必死に年収交渉をしてくれます。

— 自称準エリートくん@30歳転職で年収700万 ビズリーチ利用 (@highten5) December 17, 2022

\1,000万円以上の求人多数/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出...

プロジェクトマネージャーとしての転職に役立つ資格

プロジェクトマネージャーとしての転職に役立つ資格

プロジェクトマネージャーとしての転職に役立つ資格を4つ紹介します。

資格名概要
プロジェクトマネージャー試験日本情報処理推進機構(IPA)が実施する試験で、
IT分野のプロジェクトマネージャーとして必要な知識や
スキルが証明されます。
PMP®
(Project Management Professional)
世界的に認知度が高く、プロジェクトマネージメントの
実務経験と広範な知識を証明する資格です。
プロジェクトマネージメント協会(PMI)が提供してい
ます。
P2M試験
(Project and Program Management for Enterprise Innovation)
P2M試験は日本独自のプロジェクトマネージメント
手法で、企業の新しい価値創造や革新を実現するための
プロジェクト・プログラムマネジメントの枠組みです。
ITストラテジスト試験IPAが実施する試験で、IT戦略の立案や推進に必要な知識
とスキルが認定されます。

プロジェクトマネージャーからのキャリアパス・転職先

プロジェクトマネージャーからのキャリアパス・転職先

プロジェクトマネージャーからのキャリアパスや転職先で多いのは、以下の4つです。

プロジェクトマネージャーからのキャリアパス・転職先
  • CIO・CTOに昇進する
  • 独立する

さまざまなプロジェクトに参画し実績を残したプロジェクトマネージャーは、企業のIT戦略を指導するCIO(最高情報責任者)やCTO(最高技術責任者)への昇進が可能です。

これまで得たノウハウ・実績・人間関係をもとに、フリーのコンサルタントやプロジェクトマネージャーとして独立する人も多くいます。

プロジェクトマネージャーについておさらい

プロジェクトマネージャーについておさらい

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを成功に導くのが仕事です。

プロジェクトの計画・実行・監視・完了までの役割を担い、目標達成のために人員・モノ・時間・予算などのリソースを管理し、依頼元企業とのコミュニケーションを取りながら業務を遂行していきます。

以下の内容について、深掘りして解説します。

プロジェクトマネージャーについておさらい

仕事内容や各ポジションの違いを知ることで、目指すべきポジションも変わります。ぜひ参考にしてください。

仕事内容

プロジェクトマネージャーの主な仕事内容は、以下の通りです。

プロジェクトマネージャーの主な仕事内容
  • 顧客からのヒアリング&システム開発計画の策定
  • プロジェクトチーム組成
  • プロジェクトの推進と管理
  • チーム内のトラブル解決
  • 問題点や改善点を検証

プロジェクトマネージャーはヒアリングした顧客からの要望をもとに案件に合ったシステム開発計画を策定し、メンバーのスキルや知識を考慮したうえで、適切な役割に配置できるようにチームを組成します。

プロジェクト開始後は時間や予算のスケジュール管理ができているか、チーム内のトラブルがないか、問題が発生していないかなど、進捗状況を確認しながら作業を進めます。

プロジェクト完了後、問題点や改善点の検証を行うまでがプロジェクトマネージャーの仕事です。

開発ディレクターやPL、PMOとの違い

プロジェクトマネージャーと開発ディレクターやプロジェクトリーダー、PMOの違いを解説します。

職種・業種概要
プロジェクトマネージャープロジェクト全体の進行を管理します。計画の立案、
リソースの割り当て、問題解決を行い、プロジェクトを
成功させるのが仕事です。
開発ディレクターソフトウェアまたは製品開発プロジェクト全体を
ディレクションし、品質の進行状況を管理します。
プロジェクトリーダープロジェクトマネージャーの指示のもと、プロジェクトチーム
を指導し、具体的なタスクの指揮や監視を行います。
PMO
(Project Management Office)
プロジェクトマネージャーだけでは対応が難しい場合、
部門やチームでプロジェクトマネジメント支援を行うことです。

転職を考えているプロジェクトマネージャーからよくある質問

転職を考えているプロジェクトマネージャーからよくある質問

転職を考えているプロジェクトマネージャーからよくある質問を3つ紹介します。

転職活動を進めるうえで平均年収や募集条件は非常に重要なので、しっかり把握しておきましょう。

プロジェクトマネージャーの平均年収は?

プロジェクトマネージャーの平均年収は約650万円で、月給に換算すると約54万円、初任給は22万円が相場です。

国税庁が発表した「令和3年分 民間給与実態統計調査」によると、全国の平均年収は443万円なので、プロジェクトマネージャーの平均年収は、全国よりも高いことが分かります。

インフラ開発のプロジェクトマネージャーとは?どのような仕事内容?

インフラ開発のプロジェクトマネージャーは、道路・橋・ダム・鉄道・空港などの公共インフラストラクチャーの建設や改善プロジェクトを指導・管理します。

主な仕事内容は、プロジェクトの計画・スケジュールや予算の管理・関係者とのコミュニケーション・プロジェクトの進捗を監視することです。

ネットワーク・サーバー・ストレージ等のインフラ技術、プロジェクトマネジメントの経験、リスク管理能力、コミュニケーションスキルなどが必要とされます。

プロジェクトマネージャーの募集要項で主に求められる条件は?

プロジェクトマネージャーの募集要項で求められる主な条件は、以下の3つです。

プロジェクトマネージャーの募集要項で主に求められる条件
  • プロジェクト管理の経験がある
  • システム設計・開発・テストの知識がある
  • 高度な専門知識や豊富な実務経験がある

プロジェクトマネージャーには、プロジェクトの進行・リスク管理・スケジュール調整・チームメンバーとのコミュニケーションなど、プロジェクト達成に対しての理解や実践能力が必要です。

またプロジェクトマネージャーは、開発フロー全体を理解しておかなければなりません。各段階の問題を予見し、解決策を見出すためにもシステム設計・開発・テストの知識が求められます。

プロジェクトを進めていくうえでチームの専門家と意思疎通を図り、それぞれの専門性を最大限に活用するためにも、高度な専門知識や豊富な実務経験は必要です。

プロジェクトマネージャーとしての転職を成功させるなら転職エージェントが必須

転職市場ではプロジェクトマネージャーのニーズが高まっているものの、採用条件が緩められているわけではなく、さまざまなスキルや経験が求められます。また特有の面接対策が必要で、成功のコツを把握して実践することが重要です。

JACリクルートメントなら、特有の面接対策も対応しており、業界分析や自己分析の支援、非公開求人を紹介など、さまざまなサポートが受けられます。

JACリクルートメントに登録をして、プロジェクトマネージャーの転職成功を目指しましょう。

\顧客満足度5年連続No.1/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ