MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

直属の上司が原因で退職するときに気をつけるべきポイント|上司以外の人に申し出ても大丈夫?

退職理由の一つとなるのが人間関係です。特に直属の上司との人間関係でトラブルが生じ、退職を決意する方は少なくありません。

しかし、直属の上司はまず退職の申し出をするべき人物なので、なかなか退職に踏み切れていない方もいるのではないでしょうか。

直属の上司が原因で退職するときに気をつけるべきポイントをしっかりと理解し、トラブルなく退職手続きを進めましょう。

本記事でわかること
  • 直属の上司に退職を伝えるときに気をつけるべきポイント
  • 直属の上司が原因で辞めたいときに取るべき行動
  • 直属の上司が原因で辞めたい方におすすめの転職エージェント

直属の上司が原因で辞めたい方は、リクルートエージェントに相談してみてください。業界最大級の求人数の中から、専任のアドバイザーがあなたにぴったりの職場を提案してくれます。

\転職支援実績No.1!/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

直属の上司が原因で退職する人の割合

直属の上司が原因で退職する人の割合

退職する理由はさまざまですが、リクナビNEXTの調査によると「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」と回答した方が23%で一位でした。

3位の「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」と10%も差をつけており、人間関係の中でも特に直属の上司が原因で悩んでいる方は多いようです。

いくら立場が上だからといって、上司に理不尽な対応をされては「もうやめたい…」と考えてしまうのも無理はありません。

また、無理に仕事を続けていると極度にストレスがかかり、心身を壊してしまう恐れがあります。

限界だと感じている方は今すぐ退職して、自分にあった職場を見つけましょう。

出典:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

直属の上司が原因で退職したいときは誰に相談すべきか?

直属の上司が原因で退職したいときは誰に相談すべきか?

基本的に退職を考えている際は、直属の上司に相談することが多いです。

しかし、その直属の上司が退職の原因である場合は、もちろん相談することはできません。

直属の上司が原因で退職したいときは、さらに上の立場にいる方に相談しましょう。

場合によっては上の立場の方に相談することで直属の上司の態度や対応が変わり、問題が解決する可能性もあります。

直属の上司が原因で退職したいときは直属の上司以外の人に申し出てもいい?

直属の上司が原因で退職したいときは直属の上司以外の人に申し出てもいい?

直属の上司が原因で退職したい場合は、直属の上司に申し出ることを避けたいと考えている方もいるかもしれません。

しかし、退職する際はまず直属の上司に退職を申し出ることがマナーです。

相談であれば別の方でも問題ありませんが、退職を決意したときはなるべく直属の上司に申し出ましょう。

ただし、すでに直属の上司と話すことが耐えられないほど追い詰められている場合は、退職代行サービスを利用するのがおすすめです。

直属の上司に退職を伝えるときに気をつけるべきポイント

直属の上司に退職を伝えるときに気をつけるべきポイント

直属の上司に退職を伝えるときに気をつけるべきポイントは以下のとおりです。

上司が原因であることを伝えるのは避ける

直属の上司が原因で退職を決意した場合、そのまま原因を伝えるのは避けましょう。

いくら直属の上司に問題があったとしても、退職の原因であることをストレートに伝えてしまうとさらなるトラブルに発展する恐れがあります。

またトラブルの影響で退職手続きが長引き、余計なストレスがかかることも考えられます。

退職する際は必ずしも本当の理由を話す必要はありません。なるべく不要なトラブルを避けるために、理由を取り繕ってスムーズに退職しましょう。

失礼な態度で退職を切り出さない

直属の上司が退職の原因だったとしても、失礼な態度で退職を切り出さないことも大切です。

基本的に退職する際は、最短でも2週間前には申し出る必要があります。失礼な態度で退職を切り出してしまうと、2週間ギクシャクした雰囲気に耐えなければなりません。

また、事情を知らない方からすると、失礼な態度で退職を切り出したあなたが悪者扱いされてしまい、上司以外との人間関係も悪化する可能性があります。

失礼な態度をとってもあなたにメリットはないので、表面上だけでも穏便に退職する旨を伝えましょう。

忙しい時間や忙しい時期を避けて伝える

退職する際は、できるだけ忙しい時間や時期を避けて伝えるのが無難です。

忙しいときに上司に退職する旨を伝えると、余裕がないため手続きや引き継ぎがスムーズに進まない可能性があります。

特に直属の上司が問題で退職する場合は上下関係がうまくいっていないことが多いです。そのため忙しいことを理由に退職手続きを後回しにされる場合もあります。

直属の上司が原因で辞めたいときに取るべき行動

直属の上司が原因で辞めたいときに取るべき行動

直属の上司が原因で辞めたいと考えているときは、今すぐ以下の行動を取りましょう。

直属の上司が原因で辞めたいときに取るべき行動

社内で異動できないか相談する

今の部署を離れればおのずと上司と距離を置けます。そのため、部署がたくさんある場合はまず社内で異動できないか相談してみましょう。

無事に部署を異動できれば退職することなく問題を解決できます。

ただし、部署を異動したとしても業務内容や社風によっては、前の上司とコミュニケーションを取らなけれならない場合もあります。

また、部署異動が必ずしも叶うわけではないため、どうしても直属の上司から離れたい場合は退職が確実です。

転職活動を始める

部署の異動が困難であったり、社員が少ない会社だったりする場合は、今すぐ転職活動を始めるべきです。

転職活動は一般的に数ヶ月間かかるといわれています。そのため、本当に追い詰められてから始めたとしてもなかなかすぐには転職できません。

また、退職してから転職活動を始めると、精神的・経済的に負担がかかります。

直属の上司が原因で辞めたいと考えており、問題の解決も難しい場合は、スケジュールに余裕を持って転職活動を始めましょう。

おすすめの転職エージェント

直属の上司が原因で転職を決意したなら、1から転職活動をサポートしてくれるエージェントに相談するのがおすすめです・

中でも評判の良い転職エージェントを2つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント|転職実績No.1

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス
    求人
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1を誇る最大手!
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 都市部だけでなく地方の求人数も豊富!

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1に選ばれた転職エージェントです。

リグルートグループならではの転職ノウハウを蓄積しており、業界最大級の求人数を誇ります。

もちろん専任のアドバイザーによる書類添削や面接対策といったサポートも充実しているため、初めて転職活動をする方でも安心です。

直属の上司が原因で会社を辞めたいと悩んでいる方は、まずは一度相談して自分にあった職場を探してみましょう。

Review Image
無記名(男性)
転職エージェントはサイトによって癖があることが多く、使い方が分かるまで上手く仕事を探せなかったりします。自分は二三のサイトを利用したのですが、一番使い勝手が良かったのがクルートエージェントでした。 まず、最初に使い方の説明を見たのですが、シンプルなインターフェースなので説明無くても全然利用出来ます。時期、場所、職種等々、大雑把な条件から仕事を探して、徐々に贅沢していく感じの使い方で自分好みの仕事が探せるのでかなりオススメです。
Review Image
無記名(女性)
やはり圧倒的な知名度にひかれて登録をしました。登録してからのレスポンスも早く、最初のインタビューから求人紹介・選考過程での状況ヒアリングやアドバイザリー・内定後のフォローアップまでメール、電話ともに気持ちのよい対応をしていただけました。私が支部の存在しない遠隔地に在住だったため、実際にオフィスでの対面は難しく、メールと電話での対応に終始しましたが、選考が進んで模擬面接(想定させる質問への対処方法アドバイス)も丁寧にご対応いただけたことが、実際の面接時の自信にもつながり最終的に内定をいただけたと感謝しております。

引用:みん評

\土日祝も面談あり!/

あわせて読みたい
リクルートエージェントの評判は?50人アンケート結果の実態 本記事の結論 ネット上の評判は求人数が多いなど良い評判が多かった。 ただし、対応が冷たいなどの悪評もあり。 他の転職エージェントと比較しながら、利用の検討を行い...

マイナビジョブ20’s|20代に特化したサポート

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    ハイクラス
    求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20sの特徴
  • 20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント
  • 初めての転職をフルサポート
  • 累計29万人以上が利用!

マイナビジョブ20sは、20代や第二新卒・既卒のサポートに特化した転職エージェントです。

特化しているからこそ若手人材の転職事情を熟知しており、カウンセリングから入社交渉までアドバイザーが二人三脚でサポートしてくれます。

また、抱えている全求人が20代を対象としており、さらに70%以上の求人が未経験OKのため、上司とのトラブルを抱えている20代の方にぴったりです。

直属の上司から離れるために転職を決意したなら、今すぐ登録してみましょう。

Review Image
無記名(男性)
いくつか転職サイトを見ていたのですが、無料の転職支援に惹かれてこちらのサイトに登録しました。初めてこの手の支援を受けましたが、これが無料で受けられるのというのが正直な感想でした。 私自身、書類選考で落ちることが多かったので、履歴書の添削をしてもらえたのは心強かったです。また、企業とのやりとりもアドバイザーの方が行ってくれていたので、私は面接に集中するだけという環境も作ることが出来ました。おかげで、無事に希望の会社に転職出来ました。
Review Image
無記名(女性)
はじめは普通の転職サイトと何ら変わりないところだと思っていました。しかし実際に利用してみると20代に向けた求人に特化していたので、自分にピッタリ合う仕事が沢山見つけられました。 しかも専任のキャリアアドバイザーが個別キャリアカウンセリングから入社に至るまでを完全サポートしてくれるので、安心感があります。担当者と性格が合わないときついかも知れませんが、私の担当者はとても優しく思いやりのある方だったので、やり取りもスムーズでした。 他の転職サイトではここまでしっかりとフォローはしてもらえませんでしたから、本当に出会えて良かったです。 信頼性の高い適性診断も登録後に受けられますし、自分の苦手部分についても教えてもらえたので克服について考え、相談し、乗り超えることもできました。

引用:みん評

\20代・第二新卒から大人気!/

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは? 第二新卒で転職活動をする人にとって気になるのが「第二新卒特化型エージェント」です。大手の第二新卒特化型エージェントで、圧倒的おすすめは「マイナビジョブ20's」...

上司が原因で辞める人からよくある質問

上司が原因で辞める人からよくある質問

ここからは直属の上司が原因で退職する方によくある質問を解説します。

転職活動で上司が原因で辞めたことは伝えるべき?

転職活動する際は、上司が原因で退職したことを志望先に伝える必要はありません。

プラスに働くことはまずなく、むしろコミュニケーションに問題があるのではないかと捉えられる恐れがあるからです。

退職理由を聞かれたときはポジティブなことを話すようにしましょう。

あわせて読みたい
面接で退職理由を聞かれた時の対処方法|短期間で退職した理由の伝え方も紹介 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞かれる「転職を決めたのはどうしてです...

退職は辞めるどのくらい前まで伝えるべき?

法律では2週間前までに退職する旨を伝えれば問題ありません。

ただし、手続きや引き継ぎなどに時間がかかるため、余裕を持って1ヶ月半から3ヶ月前に伝えるのが理想的です。

会社に迷惑をかけないようになるべく早めに伝えておきましょう。

転職活動は辞める前と後どっち?

転職活動は辞める前に進めておきましょう。

退職してから転職活動を始めると、すぐに内定を獲得できなかった場合に経済的な負担が大きくなります。

焦りからさらに転職活動がうまくいかない場合もあるので、内定を獲得してから退職を申し出ましょう。

直属の上司が原因で退職したいならまずは相談!

直属の上司は業務に大きく影響を及ぼすため、どうしても合わないと感じるなら退職するのも一つの手です。

特に理不尽な態度を取られてメンタルに悪影響を及ぼしている場合は、今すぐ転職活動を始めましょう。

ただし、1人で転職活動を進めると自分に合わない職場に転職してしまう恐れがあります。直属の上司が原因で退職するなら、今すぐリクルートエージェントに相談すべきです。

転職支援実績No.1に輝いた質の高いサポートを受けて、自分らしく働ける職場を見つけましょう。

\転職支援実績No.1!/

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
退職代行サービスおすすめランキング11選!口コミ・評判が良い人気サービスを紹介 まず相談すべきおすすめ退職代行サービスTOP3 順位1位2位3位 サービス名退職代行TORIKESHI退職代行ガーディアン退職代行辞めるんです 評価4.84.54.0 料...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ