MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職活動は在職中がおすすめ!メリット・デメリットを詳しく解説

本記事でわかること
  • 在職中に転職活動を進めるメリット
  • 在職中に転職活動をするときの流れ
  • おすすめの転職エージェント・サイト

「在職中に転職活動をした方がいいのか、それとも退職後のほうがいいのか…」

転職をしようと考えた場合、転職活動を進めなければいけませんが、「転職活動」をする時期で悩む人が多いように感じます。実際に転職経験者に話を聞いてみても、

  • 在職中にした方が経済的に負担がない
  • 退職後にした方が集中して転職活動に取り組める

など、さまざまな意見があるようです。それでは、転職をしたいと考えた場合、在職中に転職活動をすべきなのでしょうか。それとも、退職をしてから転職活動をすべきなのでしょうか。その答えは、それぞれのケースを理解して、状況に合った転職活動の方法を選ぶべきでしょう。

今回の記事では、転職活動を在職中にした方がいいのか、退職後にした方がいいのか、どちらにすべきかのアドバイスをお伝えします。

在職中に転職活動をすべきかどうかで悩んでいる方には、マイナビエージェントの利用がおすすめです。丁寧なヒアリングに定評があり、どのタイミングで転職すべきかも含めて相談に乗ってくれるため安心です。

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/

\20~30代が転職を目指すなら!/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

基本的には在職中に転職活動をすべき

可能であるのならば、在職中に転職活動を進めるようにしてください。やはり、在職中に転職活動を進めたほうが、たくさんのメリットがあります。

反対に、退職してから転職活動を進めるということは、たくさんのリスクを背負うことにもなりかねません。やはり、在職中に転職活動を進めたほうが、効率のいい転職活動や、いい転職先への入社につながりやすいのです。

\仕事を続けながら転職活動ができる!/

※無理な求人紹介はありません。

在職中に転職活動を進めるメリット

ここからは、「在職中に転職活動を進めるメリット」を紹介していきます。

ぜひ、これから紹介する「在職中に転職活動を進めるメリット」を確認して、極力退職をする前に転職活動を進めるようにしましょう。

あわせて読みたい
転職エージェントのメリット・デメリット|使うべきか迷っている人にわかりやすく解説 新卒の求人情報とは違って、転職の情報はなかなか表に出てこないものです。 個人がひとりで「これだ」と思える求人情報を集めるのは大変なものですし、たとえ良さそうな...

空白期間が発生しない

在職中に転職活動を進めれば、空白期間が生じることはありません。言うまでもなく、空白期間は転職活動において不利になってしまいますよね。つまり、転職をしたいと考えるのなら、なるべく空白期間を作らないことが大切なのです。

仮に、退職をしてしまったら、その時点で空白期間が発生することになります。もちろん、退職をしても、すぐに転職先が決まれば大きな問題はないでしょう。しかし、退職をしたものの、なかなか転職先が決まらないとしたら、その分だけ空白期間も延びてしまうのです。これでは、さらに不利な転職活動になりかねませんよね。

転職活動を始めたところで、すぐに転職先が決まるという保障はありません。実際に、私が見てきたなかでは、「転職先が6ヶ月以上決まらない」という人もたくさんいました。

仮に、退職して転職活動を始めたものの、転職先が6ヶ月以上決まらないとしたら、「6ヶ月の空白期間が発生する」ということになるのです。

おそらく、退職をして転職活動を始めたものの、なかなか転職先が決まらないと、相当に焦ってしまうはずです。だからこそ、在職中に転職活動を進めることを決め、「転職先が決まらなくても空白期間が発生しない」という中で、転職活動を行っていきましょう。

あわせて読みたい
無職で暇すぎてやることがない・しんどいときの対処法8選!時間があるのにストレスになるのはなぜ? 本記事でわかること 無職で暇すぎてしんどい理由 暇すぎてしんどいときの対処法 無職が楽しいのは最初だけの理由 無職でいると1日のうちにやらなければいけないことが少...

金銭面に余裕がある状態で転職先を探せる

在職中に転職活動を進めると、金銭的に余裕がある状態で転職先を探せるのがメリットです。

転職を決意したときに、早く仕事を辞めたい気持ちを優先して退職してしまう方がいます。しかし、内定を獲得する前に退職してしまうと、次が決まるまで収入を得られません。

転職活動にかける平均的な期間は3~6ヶ月と言われています。6ヶ月以上は生活できる貯金があれば問題ないかもしれませんが、貯金が減り続ける状態では焦りが生じるでしょう。

自分が納得できる会社に転職するためには、焦らず冷静な気持ちで転職活動に取り組むことが大切です。仕事を続けて収入を得ながら、転職活動を進めるのが良いでしょう。

転職活動が上手に進まないとしても、現職に留まることができる

仮に、転職活動が上手に進まず、「転職するのを諦めたい」と思ったとしましょう。この場合、在職中に転職活動を進めれば、すぐに諦めて、「現職に留まる」という選択を取ることができます

一方で、退職をしてから転職活動を進めた場合はどうなるでしょうか。転職活動が上手に進まず、「転職するのを諦めたい」と思っても、「現職に留まる」という選択を取ることはできません。

意外にも、「転職活動を諦める」という人は多いものですよ。あなただって、「転職活動を諦めたい」と思う可能性は充分にあるのです。

「転職活動を諦めたい」と思ったのにも関わらず、退職をしていた場合は、路頭に迷いかねないでしょう。それこそ、転職活動も諦めて、退職もしてしまっているわけですから、空白期間が大きく延びてしまう恐れだってあります。

「転職活動を諦めたい」と思う可能性が充分にあるからこそ、「転職活動を諦めたあと」のことも考えて、在職中に転職活動をしていきたいものです。

楽な気持ちで転職活動を進めることができる

おそらく、退職をしてから転職活動を進めることで、さまざまな不安を抱えることになるはずです。それこそ、先ほど紹介したように、退職後に転職活動を進めたものの、なかなか転職先が決まらないと、その分だけ空白期間が延びてしまいます。この、空白期間が延びるということに対しては、大きな不安を感じてしまうことでしょう。

また、退職をしてから転職活動を進めることで、「現職に留まる」という選択肢はなくなってしまいますよね。この、「現職に留まるという選択肢がない」というのも、けっこうな不安につながってしまうものです。

一方で、在職中に転職活動を進めれば、「空白期間」や「現職に留まれない」ということで悩む必要はありません。つまり、在職中に転職活動を進めるということは、楽な気持ちにつながるのです。

楽な気持ちが、「前向き」「積極性」を生み、結果としてスムーズな転職につながります。

転職先を見極める時間的余裕があるため失敗しにくい

在職中に転職活動を進めることで、転職先を見極める時間的余裕があるため失敗しにくくなります。

転職活動を始める前に会社を辞めてしまうと、できるだけ早く次を決めなければなりません。焦った状態で転職活動を進めた場合、冷静な判断ができなくなってしまいます。

「早く転職活動を終わらせなければ」と焦った結果、ブラック企業に入社してしまう可能性もあるでしょう。

在職中に転職活動を進めていれば時間的余裕があり、企業の体質を見極められます。転職を成功させるには、在職中に転職活動を始めるのがおすすめです。

あわせて読みたい
仕事がつらい状況を抜け出すには?原因別の対処法や相談におすすめのサービスを紹介 本記事でわかること 仕事がつらいと感じる原因と対処法 仕事が辛いときにすべきこと 転職の際におすすめの転職エージェント 社会人として生活を送るなかで、「仕事がつ...

在職中に転職活動をするデメリット

在職中の転職活動にはデメリットも存在しています。

デメリットも理解したうえで、在職中の転職活動に取り組んでください。

休日や仕事終わりも忙しくなる

在職中に転職活動をすると休日や仕事終わりに準備を進めなければならず、忙しさから休まる時間を確保しにくくなります。

現職の仕事と並行する必要があるため、転職活動に使える時間が限られてしまうのもデメリットです。転職活動のみに集中できる方と比べて、準備が不十分になる可能性があります。

また、十分な時間を確保できないことで、「早く内定を確保しなければ」と焦りが生じるかもしれません。誰のサポートもなく転職活動を進めるのは厳しいでしょう。

面接日程などの調節が難しい

転職活動における選考は基本的に平日に実施されます。そのため、在職中に転職活動に取り組む場合、面接日程の調整が困難です。

書類選考を突破して面接まで進んだ際には、現職で有給休暇を取らなければならないでしょう。有給休暇の取得理由を聞いてくる会社では、上手くごまかす必要があります。

また、短期間に面接が集中して有給休暇を取りすぎると、会社に怪しまれるかもしれません。

現職に大きな影響が出ないように、面接日程を調整しなければならないのは大きな課題です。

転職先が決まってもすぐに現職を辞められない

在職中に転職活動をする場合、転職先が決まってもすぐに現職をやめられないこともデメリットのひとつです。

応募企業から内定を獲得したあとは、現職で退職手続きを行わければなりません。退職意志については、会社の就業規則に従って伝える必要があります。

退職手続きがスムーズに進まず、会社や上司から引き止められる可能性もあるでしょう。業務の引き継ぎに時間がかかる場合も、新しい会社への入社がずれ込んでしまいます。

転職先から提示される入社日に応えられない可能性があることを覚えておきましょう。

在職中に転職活動するなら転職エージェントの利用がおすすめ

在職中に転職活動をするなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット
  • 求人紹介から選考対策まで一貫してサポートしてくれる
  • 履歴書や職務経歴書をスムーズに作成できる
  • 選考通過率を高めるコツをアドバイスしてくれる
  • 企業との連絡や日程調整を任せられる
  • 退職トラブルについても相談に乗ってもらえる

転職エージェントを利用すれば、自分で応募企業を探す必要がありません。選考対策までサポートしてくれるため、現職と並行して転職活動を効率良く進められます。

また、企業とのやり取りや面接の日程調整も任せられるため、現職が忙しくて十分な時間を確保できない方でも安心です。

在職中に転職活動を進める方は、転職エージェントでサポートしてもらいましょう。

>>在職中の転職活動におすすめの転職エージェント

在職中に転職活動をするときの流れ

在職中に転職活動をするときの流れを紹介します。

転職活動をスムーズに進めるために、しっかりと流れを押さえましょう。

自分に合った転職エージェント・サイトを複数登録する

在職中に転職活動を始める場合は、まず自分に合った転職エージェント・サイトを複数登録してください。

複数のサービスに登録する理由は、納得できる転職先に出会う確率を高めるためです。複数のサービスで求人を探せば、選択肢の幅を広げられます。

また、スカウトサービスに登録するのもおすすめです。プロフィールを登録するだけで企業からスカウトが届くため、仕事が忙しい方でも効率的に転職活動を進められます。

選考やサイト登録に必要な書類を作成する

次は選考やサイト登録に必要な書類を作成していきましょう。

転職活動では履歴書に加えて、職務経歴書の作成も必要です。転職エージェントを利用していれば書類作成をサポートしてくれるため、転職が初めてでも作業を進められます。

作成した書類はキャリアアドバイザーが添削してくれるので、選考通過率を高められて安心です。

また、スカウトサービスを利用する場合は、登録した書類を見た企業からオファーが届きます。条件の良い企業からスカウトされるように、書類を作り込みましょう。

エージェントに求人を紹介してもらったり、面談の日程調整などのサポートをしてもらう

転職エージェントではヒアリングをもとに、あなたに合った求人を紹介してくれます。カウンセリングの際に、希望条件や絶対に譲れない条件をしっかり伝えましょう。

応募書類の作成後は、選考通過率を高めるために面接対策を実施します。企業側の目線でアドバイスしてくれるので、面接に自信がない方でも安心です。

また、企業とのやり取りや面談の日程調整などは、転職エージェントがすべて代行してくれます。希望する企業から内定を獲得することだけに集中しましょう。

内定が出たら退職手続きを進める

企業から内定が出たら、現職の退職手続きを進めなければなりません。

法律では原則、退職日の2週間前までに退職の旨を申し出るようになっています。しかし、業務の引き継ぎを考慮すると、退職日の1ヶ月前までに伝えるのが適切です。

ただし、会社の就業規則によっては「退職は3ヶ月前に申し出ること」と定められている場合もあります。

退職トラブルを避けるために、まずは就業規則を確認して会社に迷惑をかけないように手続きを進めることが大切です。

おすすめの転職エージェント・サイト

在職中に転職活動を進める方におすすめの転職エージェント・サイトを紹介します。

おすすめの転職エージェント・サイト

複数のサービスに登録して、自分に合ったキャリアアドバイザーと出会いましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職支援に強いエージェント
  • 丁寧なヒアリングであなたに合った求人を紹介
  • 都合に合わせて夜間や土曜の相談にも対応

マイナビエージェントは、20~30代の転職支援に強いエージェントです。各業界・職種に通じたキャリアアドバイザーが在籍しているため、あなたに合った求人を紹介してくれます。

カウンセリングでの丁寧なヒアリングが好評であり、入社後にミスマッチを起こす心配がありません。

また、マイナビエージェントは夜間や土曜の相談にも対応しています。在職中の転職活動で平日に時間を確保できない方でも、自分のペースで転職を成功させられます。

>>公式HPを見る

メリット
  • 未経験からでもチャレンジしやすい求人と出会える
  • 面接の弱点を客観的にアドバイスしてもらえる
  • 企業担当アドバイザーがリアルな情報を教えてくれる
デメリット
  • ハイクラス向けの求人には出会いにくい
  • 転職の意志が弱いとサポートしてもらえない場合がある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代女性(IT)
求人数が多く、参考にできる情報がたくさんありました。 エージェントの担当者に自分の適性がある業界などについて提案していただけたのもよかったです。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
20代男性(薬局業界)
エージェントの方の対応が思っていた以上に親切、丁寧でした。また自分の理想とする条件面もしっかり考えてくれて、転職先を提案していただいたので、とてもよかったです。

キャリアクラス転職独自調査

\20~30代が転職を目指すなら!/

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • 企業からオファーが届くスカウト型の転職サービス
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
  • 自分の市場価値を確認したい方におすすめ

ビズリーチは、ハイクラスに特化したスカウト型の転職サービスです。プロフィールを登録するだけで、あなたに興味を持った企業からオファーが届きます。

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上のため、年収アップを目指す方におすすめです。企業から届くオファーによって、自分の市場価値も確認できます。

また、待ちの姿勢で転職活動を効率良く進められるので、仕事が忙しくて時間がない方でも無理なく転職成功を目指せるでしょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • ハイクラス向けの求人を豊富に取り扱っている
  • 待ちの姿勢で転職活動を効率良く進められる
  • 自分と相性の良いヘッドハンターを指名できる
デメリット
  • 経歴によっては企業からオファーが届かない場合がある
  • 無料プランでは利用できるサービスが限られている

▼ビズリーチ

スクロールできます
Review Image
50代男性(倉庫業)
優れた求人マッチングシステム: ビズリーチは、高度な求人マッチングシステムを備えています。個人の経歴やスキル、志向性などを分析し、最適な求人情報を提供してくれます。これにより、自分のキャリア目標や希望に合致した求人に出会う確率が高まります。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代女性(商社事務)
ビズリーチで特に素晴らしかった所は、履歴書・職務経歴書の書類添削や、企業に合った面接指導等についてもきめ細かく利用しやすいと思いました。自分自身の市場価値を正式に把握できることも良かったです。

キャリアクラス転職独自調査

\スカウトで転職を効率化/

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェント・サイト・スカウトの3機能
  • 業界トップクラスの豊富な求人数
  • 転職に役立つ診断ツールで自己分析を効率化

dodaは、エージェント・サイト・スカウトの3機能がひとつになった転職サービスです。自分の状況に合わせて、転職方法を使い分けられます。

常時20万件以上の求人を取り扱っており、豊富な選択肢が広がっているのが魅力です。登録すると無料で診断ツールを利用でき、自己分析を効率良く進められます。

在職中に転職活動を行う方はスカウトを待ちながら、求人を紹介してもらう使い方がおすすめです。

>>公式HPを見る

メリット
  • スカウトを待ちながら、エージェントから求人紹介を受けられる
  • 豊富な診断ツールが自分の強み・弱みを言語化してくれる
  • LINEで気軽にエージェントと連絡が取れる
デメリット
  • 求人が豊富な反面、専門分野に弱い
  • たくさん届くスカウトメールを管理しなければならない

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
40代男性(福祉)
dudaを利用してよかったところは、キャリアカウンセリングさんがいるだけあって面接までの流れのスピード感が非常に良かった点でした。また職歴書等のアドバイスをしてくれる点も助かりました。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代女性(製造)
エージェントの方が親身になってアドバイスをくれたので、安心して転職活動ができました。アフターフォローもしっかりしており、入社後にもお世話になっています。年収もアップしたので満足しています。

キャリアクラス転職独自調査

\自分に合った転職方法を選択できる!/

在職中に転職活動をする際の注意点

在職中に転職活動をする際は、会社にバレないように気をつけてください。

例えば、会社で求人ページを確認していると、上司や同僚に見られている可能性があります。転職活動がバレてしまえば、上司に呼び出されるかもしれません。

また、転職エージェントとの電話は人がいない場所で行うように徹底しましょう。電話がかかってくるのが気になる方は、あらかじめ就業時間を伝えてメールで連絡もらうのがおすすめです。

退職してから転職活動を進めたほうがいい人もいる!

ここからは、具体的に「退職をしてから転職活動を進めたほうがいい人の例」を紹介していきます。

ぜひ、今の自分の状況と、照らし合わせてみてください。もちろん、優位な状況で転職活動を進めることは大切です。しかし、それ以前に自分の心身を大切にすることのほうが大切なのです。

現職が原因で身体が悲鳴を上げている人

「身体が痛い」「寝不足」「体力消耗」など、現職が原因で身体が悲鳴を上げているのなら、退職をしてから転職活動を進めるべきでしょう。

体が悲鳴を上げているということは、健康を脅かしているということです。もちろん、転職をすることも大切ですが、それ以前に健康を脅かしている原因(現職)から逃れることのほうが大切であるはずです。

仮に、現職が原因で身体が悲鳴を上げているとしましょう。おそらく、転職活動を進めることで、体力的にさらに余裕がなくなり、身体の状態は悪化してしまうのではないでしょうか。

退職をすることで、「身体が悲鳴を上げる」という状況からは逃れることができるはずです。きっと、退職をすれば、身体に余裕も出てくることでしょう。ぜひとも、退職をして身体に余裕を持った状態で、転職活動に挑んでいってください。

現職が原因で心が悲鳴を上げている人

また、現職が原因で心が悲鳴を上げている人も、退職をしてから転職活動を進めるべきでしょう。

「心の悲鳴」を侮ってはいけません。心が悲鳴を上げているのにも関わらず、対処をしないでいると、さらに「心の悲鳴」は悪化してしまうかもしれません。仮に、「心の悲鳴」が悪化をしてしまったら、転職活動どころか働くことができなくなってしまうでしょう。

転職活動も大切ですが、「心の悲鳴」の原因(現職)から逃れることのほうが大切なのです。現職が原因で心が悲鳴を上げているのなら、退職をすることで、心に余裕を取り戻すことができるでしょう。

退職という手段を取ることは不安ですが、やはり心に余裕を持った状態で、転職活動に挑むことが大切です。

あわせて読みたい
【実は天国?】サラリーマンが辛すぎる?脱サラ筆者がサラリーマンに戻りたい理由|人生無駄じゃないです 本記事でわかること サラリーマン時代に辛いと感じた理由 サラリーマン時代に辛いと感じたときの解決策 サラリーマンにしかないメリット あなたの脱サラしたいという考...

ブラック企業に勤めている人

「ブラック企業はすぐ辞めろ」なんてのは、当たり前の意見ですよね。実際に、私もたくさんの「ブラック企業に勤めている人」を見てきましたが、やはり「ブラック企業はすぐ辞めろ」という意見は正解のように思います。

「退職してから転職活動を進めたほうがいい人の例」として、「現職が原因で身体が悲鳴を上げている人」「現職が原因で心が悲鳴を上げている人」を挙げさせていただきました。

「身体の悲鳴」「心の悲鳴」を上げるほどの状況であるのなら、退職をしてから転職活動をすべきだということが、わかっていただけたと思います。

では、ブラック企業の場合はどうでしょうか。ブラック企業は、身体や心が悲鳴を上げやすい職場の代表例と言えます。もちろん、耐えることができるのであれば、「ブラック企業に在職したまま転職活動を進める」という道もあるのかもしれません。

しかし、「ブラック企業」は、あなたに膨大なストレスを与える過酷な職場です。ブラック企業は、過労死すらも出してしまうわけですからね。

やはり、自分の身を守るためにも、「ブラック企業を退職してから転職活動を進める」という選択が賢明と言えます。特に、ギリギリの状態でブラック企業に勤めている人は、注意が必要です。ギリギリの状態であるのにも関わらず、そこに転職活動をプラスしてしまうと、身体や心が悲鳴を上げてしまうでしょう。

あわせて読みたい
終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう 結論下のチェックリストに当てはまる内容が1つでもあれば転職を検討すべき。 >>1つでも当てはまった人におすすめのサービス 上記内容に一つでも当てはまったら転...

現職が忙しすぎて、転職活動を行なう時間がない人

転職活動をするには、ある程度時間の余裕がなければいけません。例えば、転職活動においては、求人検索・応募書類作成を行いますよね。そんな、求人検索・応募書類作成も、時間に余裕がなければ行うことはできないはずです。

また、転職活動における面接は、平日に行われる場合が多々あります。やはり、平日の時間的な余裕も、転職活動においては重要なことでしょう。

つまり、現職が忙しすぎる人は、転職活動をなかなか進めることができないのです。であるならば、思い切って退職をしてから、転職活動を進めたほうがいい場合もあるはずです。

もちろん、在職中に転職活動を進められるのなら、それに越したことはありません。しかし、現職が忙しすぎて、在職中に転職活動を進めるのが難しい人もいるはずです。そのような人は、「退職をしてから転職活動を進める」という道を考えても良いでしょう。

退職後に転職活動を進める場合はどうすればいい?

計画を立てていくことは大変重要です。転職活動においては、初めてのことの連続であるはずです。初めてのことの連続であるのにも関わらず、曖昧に転職活動を進めては、採用を得ることは難しいでしょう。だからこそ、きちんと計画を立てて、転職活動を進めていくことが大切なのです。

また、「どんな会社に入社したいのか」を決めるということも、大変重要なことですね。例えば、「就きたい職種」「許容の通勤時間」「職場人数」など、さまざまな視点から、「どんな会社に入社したいのか」ということを決めていきましょう。

世の中にはたくさんの求人が存在しています。そんな、たくさんの求人のなかから、応募する求人を見つけていかなければいけません。しかし、ある程度「どんな会社に入社したいのか」ということが決まっていれば、応募する求人を見つけるのは比較的簡単になってきます。

効率よく転職活動を進めるためには、「どんな会社に入社したいのか」を決めることも、大変重要なことなのです。他にも、「退職をした理由」「空白期間にはどのように過ごしていたか」なども、きちんと伝えるようにしていきたいですね。

やはり、面接においては、「退職について」「空白期間について」も聞かれるものですよ。したがって、「退職について」「空白期間について」も、きちんと伝えることができるようにしておくべきなのです。

\完全無料!まずは転職のプロに相談!/

※無理な求人紹介はありません。

あわせて読みたい
仕事辞めてしばらく休むのはアリ?無職期間のリスクを考えよう 本記事でわかること 退職後しばらく休む・のんびりするための大前提 仕事辞めてしばらく休む5つのリスク 仕事辞めてしばらく休むときに気をつけるべき3つのポイント 「...

転職エージェントを活用しよう

転職活動を進める際には、転職エージェントに登録をしてください。転職エージェントに登録をすれば、さまざまな角度からの転職支援を受けることができます。

1人で進めるよりも、転職活動を利用したほうが、自信を持って転職活動に挑むことができるでしょう。例えば、応募書類(履歴書・職務経歴書)を書こうと思っても、「どんな応募書類を書けばいいんだ」と悩んでしまいがちですよね。

しかし、転職エージェントを利用すれば、応募書類を添削してもらうことができるため、安心して応募書類を郵送することができるのです。

特に、退職をしてから転職活動を進めるとなると、不利な場面もたくさん出てくることでしょう。だからこそ、転職エージェントを味方につけて、転職活動を進めていってください。

もちろん、在職中の転職活動でも、転職エージェントは強力な味方になってくれます。在職中は、転職活動の時間がなかなか取れないはずです。そんなときは、転職エージェントが頼りになります。

土日祝日も相談することができ、夜間も連絡が取れるので、より効率的に転職活動を進めることができるでしょう。ぜひ、転職をしたいと考えるのなら、自分に合った転職エージェントに登録をしてから、転職活動を進めるようにしてください。

\20~30代が転職を目指すなら!/

※無理な求人紹介はありません。

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
女性の転職は27歳が最適!ベストなタイミングで転職すべき4つの理由とは? 27歳の女性が抱えがちな悩み 結婚や出産の予定はないけど転職しても大丈夫なのかな… もうすぐ30代…ちゃんとキャリアプランを考えた方がいいかもしれない… 転職したいけ...
あわせて読みたい
退職を切り出す勇気が出ない人必見!気まずいときの対処法と切り出すタイミングを伝授! 本記事でわかること 退職を切り出すときの心理的負担を軽くする方法 仕事を辞めることを伝える勇気を持つために必要な準備 退職を切り出す勇気が持てない原因 退職する...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ