MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

仕事がつらい状況を抜け出すには?原因別の対処法や相談におすすめのサービスを紹介

本記事でわかること
  • 仕事がつらいと感じる原因と対処法
  • 仕事が辛いときにすべきこと
  • 転職の際におすすめの転職エージェント

社会人として生活を送るなかで、「仕事がつらい」と感じる方は少なくありません。今の仕事がつらい方は、何が原因で仕事に不満やストレスを感じているのかを分析することが大切です。

何が原因でつらいと感じているのかを特定せずに転職すると、次の職場でも同じ悩みを抱える恐れがあります。

この記事では、仕事がつらいと感じる原因と対処法や今の職場から離れたい方におすすめの転職エージェント、つらい環境から逃げる行為が悪ではないことなどについて解説します。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

仕事がつらいと感じる人は多い

結論、仕事がつらいと感じる人は多く存在します。

厚生労働省の「令和4年「労働安全衛生調査(実態調査)の概況」によると、「仕事に対して強い不安、悩みストレスを感じる事柄がある」と回答した人の割合は82.2%となっています。

ストレスとなっている事柄の割合を見ると仕事の量が36.3%、仕事の質が27.1%、対人関係が26.2%、役割・地位の変化などが16.2%でした。性別に関係なく、男性は80.5%、女性は83.7%が仕事に対してストレスを感じている状況です。

以上の調査から、社会人のほとんどが口に出していないだけで、「つらい」と感じながら仕事をしているといえます。自分だけが仕事や職場に不満を持っていると責める必要はありません。

仕事がつらい原因とその対処法

仕事が辛いのは、何か理由があるはずです。そのことは、あなたも気づいているでしょう。ここでは、仕事に行くのが辛くてたまらない原因とその対処法を解説します。

忙しすぎる場合

日々こなす仕事量が多い・残業や休日出勤が当たり前になっているなど、忙しすぎる場合は、疲労がたまり体力に限界がきている恐れがあります。

「今は大事な時期だから」「責任のあるポジションに就いているから」など、責任感を持って仕事をしている方は、気づかないうちに自分を追い込みすぎている可能性が否めません。そもそも、心身ともにボロボロになり、体を壊してしまっては元も子もありません。

忙しすぎることが原因で仕事がつらいと感じるときは、次の対策をとってみましょう。

忙しすぎる場合の対処法
  • 対処法①:優先順位を決めて仕事量をコントロールする
  • 対処法②:誰かを頼る
  • 対処法③:状況が変わる見込みがなければ転職する

以下では、各対処法について詳しく解説します。

対処法①:優先順位を決めて仕事量をコントロールする

仕事が忙しすぎる場合、優先順位を決めて仕事量をコントロールすることから試してみましょう。仕事がたまりやすい方は、仕事に優先順位をつけないことが原因で、期日に追われやすい傾向です。

例えば、依頼された仕事から順にこなしている・仕事の負荷を加味せずに着手しているという場合は、優先順位を決めて仕事を進められているといえません。

仕事が効率的に進まない方は、まずは、各業務にどれくらいの時間がかかっているのかを洗い出すことから始めてみましょう。各業務にかかっている時間を把握できれば、逆算して仕事が進められるため、自分のキャパ以上に仕事を引き受けることを防げます。

対処法②:誰かを頼る

仕事量を調整したにもかかわらず忙しさが変わらないときは、誰かに頼ることを検討しましょう。仕事を効率的にこなしている方の多くは、周囲の人に協力を求めながら業務を進めています。

そもそも、「誰かに頼ること=悪いこと」ではありません。企業に勤めながら仕事を進める場合、誰かに遅れが生じると全体の業務が止まります。全員でフォローしながら仕事を進めることが当たり前です。

もし、忙しくて業務をこなしきれない場合は、同僚や先輩に「〇〇を手伝ってもらえませんか?」と聞くことから試してみましょう。

管理職に就いている方であれば、自分がするべき仕事と部下に任せられる仕事を線引きし、割り振ることが大切です。

対処法③:状況が変わる見込みがなければ転職する

仕事量を調整したり誰かに頼ったりしたにもかかわらず、忙しさが改善できないときは、転職することを視野に入れましょう。この場合、働く側よりも会社側に問題があるケースがほとんどです。

例えば、社員数が少ない企業やエース社員に仕事が偏る職場では、いくら仕事量を調整しても、未着手の業務が舞い込んできます。

そのため、業務効率化に向けて企業側に動きがないのであれば、体を壊す前に次の職場を探すことがおすすめです。

>>仕事を探すならこの転職エージェントがおすすめ!

給料が低い場合

いくら頑張っても昇給しない・同業界の水準と比べて収入が低いなど、給料に問題がある場合、働くモチベーションが上がらず仕事がつらくなるケースが少なくありません。

業務内容や人間関係が良かったとしても、お金を得るために仕事をしている以上、給料の良し悪しは仕事を続けるために重要な項目です。

もし、見合った給料を得られていないと感じる際は、次の対処法を試してみましょう。

給料が低い場合
  • 対処法①:明らかに実力に見合わない場合は交渉する
  • 対処法②:実力が足りない場合は努力する
  • 対処法③:転職する

ここからは、3つの対処法の具体的な内容を紹介します。

対処法①:明らかに実力に見合わない場合は交渉する

給料と実力が明らかに見合わない場合は、会社側へ交渉することが大切です。人事制度が構築途中の企業や従業員数が多い企業などでは、一定の基準で人事評価をできていない可能性があります。

業務の遂行度合いではなく、周りよりも目立っている・上司と人間関係が良好といった理由で人事評価を進めるケースも珍しくありません。

例えば、同じ業務をこなしているにもかかわらず同僚や先輩のほうが評価されているときは、直属の上司へ「どのような基準で評価しているのか」と問いただすとよいでしょう。適切な回答を得られないのであれば、業務実績とあわせて給料交渉することをおすすめします。

対処法②:実力が足りない場合は努力する

周囲と比べて実力が足りていないことが原因で給料が低いときは、努力しましょう。例えば、スキルが乏しいのであれば資格取得に励む、こなせる業務量が少ない場合は効率化に向けて仕事の進め方を改善するなどの方法が有効です。

ほかにも、実力を持つ先輩へアドバイスをもらうことも重要です。実力を持つ先輩は業務知識が豊富で、何をすれば上司から評価されるのかを知っています。また、何が原因で伸び悩んでいるのかを客観的に指摘してもらえるかもしれません。

特に、社歴が浅い方は上司に実力が足りないと評価されるケースが多いため、まずは、自己研鑽から始めることがおすすめです。

対処法③:転職する

適切な評価をしてもらえない・優秀な同僚や先輩が多いときは、転職することが大切です。今の環境で働き続けるよりも転職するほうが、適切に評価してもらえるため、給料だけでなく自己肯定感も高まります。

今の経験・スキルを活かして転職する場合は、年収アップを実現しやすくなります。一方で、未経験職種を選ぶときは、給料が現状維持になるもしくは下がる可能性が高いことを知っておいてください。

転職する場合は、転職エージェントへ登録することがおすすめです。キャリアアドバイザーと相談することで、適正年収を知れます。力を発揮できる業界・職種を提案してもらい、中長期的な視点で年収アップを目指すことも可能です。

なお、キャリアクラスの独自調査では、転職エージェントを利用しなかった方よりも転職エージェントを利用した方のほうが年収アップにつながったという結果が出ています。年収アップを目指すのであれば、転職エージェントの利用が必須です。
(出典:PR TIMES「転職で年収が上がった人の割合は「50%」という結果に!転職での年収の実態をアンケート調査」

>>年収アップにおすすめの転職エージェントはこちら

人間関係が悪い

仕事がつらいと感じる理由は、必ずしも仕事内容や待遇面に限ったことではありません。人間関係が悪いことが原因で、仕事に嫌気がさすケースも多くあります。

リクルートマネジメントソリューションズが2023年に実施した調査によると、退職理由として人間関係を挙げた方は14.5%となっています。退職理由の順位で3番目に高い割合です。
(出典:リクルートマネジメントソリューションズ「なぜ早期離職は起こるのか?離職理由や留まる理由を紹介」

良好な人間関係を築けないまま仕事を続けると、精神的なダメージからうつ病となり、休職せざるを得ない状況になるかもしれません。

人間関係によって仕事がつらいと感じるときは、次の対処法をとりましょう。

人間関係が悪い場合の対処法
  • 対処法①:関係を良くしたいと思うのであれば努力する
  • 対処法②:関係を良くしたいと思わないのであれば転職する

ここからは、人間関係が悪いときの対処法を詳しく紹介します。

対処法①:関係を良くしたいと思うのであれば努力する

今の仕事や職場が好きで関係性を良くしたいのであれば、人間関係を構築する努力をしましょう。人間関係が良好に築けていない主な原因として、コミュニケーション不足が挙げられます。

同僚や上司と会話が少ないと感じる方は、挨拶やお礼を自分からすることが大切です。出社したときには目が合った方と挨拶し、業務をフォローしてもらったときにはお礼をすると、信頼関係を深められます。

挨拶やお礼を受けて不快に思う方は誰もいません。人間関係を良くしたいと思う方は、自分からコミュニケーションを図ることが重要です。

対処法②:関係を良くしたいと思わないのであれば転職する

パワハラやセクハラはもちろん、そもそも人間性が合わないことが原因で人間関係に悩んでいるのであれば、転職することをおすすめします。自分のことを受け入れてくれない職場で働き続けることは、デメリットでしかありません。

精神的にダメージを受ける、適切に評価してもらえないなど、働くだけでストレスを受けます。

「人間関係で転職することは甘えだ」と唱える企業も見られるものの、ストレスを我慢して体を壊すと意味がありません。仮に精神的な病を患ったとしても、企業は将来のキャリアを保証してくれないことを知っておいてください。

自分の体を守れるのは自分だけのため、人間関係に限界がくる前に転職先を探すことが重要です。

>>傾聴力が高いおすすめの転職エージェント

仕事内容に興味が持てない場合

社会人として仕事をしている方のなかには、自分の好きなことややりたいことを仕事にできていないといった人も少なくありません。仕事内容に興味が持てないことが原因で、仕事がつらいと感じている人も一定数存在します。

特に、新卒から同じ職場に勤め続けている20代後半・30代の方は、周囲の転職や独立、開業する姿を見て「やりがいを持って仕事ができていない」と気持ちが落ち込むこともあるのではないでしょうか。

「今の働き方がしっくりこない」「このままでいいのか不安になる」という方は、次のような対処法に取り組んでみましょう。

仕事内容に興味が持てない場合の対処法
  • 対処法①:やりたい仕事が他部署にあるなら異動を懇願する
  • 対処法②:興味のある仕事ができる会社に転職する

以下では、仕事内容に興味が持てない場合におすすめの2つの対処法を紹介します。

対処法①:やりたい仕事が他部署にあるなら異動を懇願する

今の職場が好きな方は、やりたい仕事が他部署にないかを探し、異動を懇願することが大切です。近年は、人手不足の問題からジョブローテーションを通じ、一人ひとりがこなせる業務の幅を広げることに力を入れる企業が増えています。

そのため、「〇〇にチャレンジしてみたい」「〇〇の分野に興味がある」と上司に伝えると、異動できるケースが少なくありません。

そもそも、キャリアの展望について自身でアピールしなければ、上司は部下がどのような仕事にチャレンジしたいのかを理解できません。まずは、今の職場にどのような部署があるのかを調べ、チャレンジしたい領域があれば、上司へ相談することから始めましょう。

あわせて読みたい
できるだけ早く部署異動したい!異動希望が通る人の特徴や成功のポイントを徹底解説 本記事でわかること 部署異動が実現しやすい人の特徴 部署異動するメリット・デメリット 今すぐ環境を変えたい人へのおすすめ転職エージェント 早く異動したいけど、異...

対処法②:興味のある仕事ができる会社に転職する

人員不足から部署異動が難しい・チャレンジしたい業務がない場合は、興味のある仕事ができる会社へ転職することをおすすめします。

興味が持てない仕事を続けると、意欲的に業務へ取り組んだり、新たな知識を学んだりしたいと思う機会が少なくなるため、成長速度が遅くなります。結果として、キャリアを伸ばしにくくなる可能性が否めません。

特に、20代・30代はスキル・経験を身につけ、キャリアアップに向けた準備を進める時期です。若いうちに興味のある仕事ができる環境に身を置いたほうが成長しやすくなります。

キャリアアップ・自己成長に関心を持つ方は、興味のある分野を探すことから始めてみましょう。

>>仕事を探すならこの転職エージェントがおすすめ!

やりたくない仕事がある場合

働く上でやりたくない仕事を割り振られることは仕方ありません。しかし、やりたくない仕事が占める割合が高い場合は、いくら好きな業界・職種であったとしても仕事がつらく感じる機会が増えます。

やりたくない仕事が多くなるほど、やりがいを感じられず、モチベーションが下がる一方となるでしょう。モチベーションが上がらない環境で仕事を続けることは、キャリアアップを妨げる原因となります。

今の仕事に対してやりがいを感じたり、モチベーションを上げたりすることが難しい場合は、次の対処法をとりましょう。

やりたくない仕事がある場合の対処法
  • 対処法①:一時的な仕事なら我慢して乗り越える
  • 対処法②:慢性的なら転職する

以下では、2つの対処法について詳しく解説します。

対処法①:一時的な仕事なら我慢して乗り越える

一時的にやりたくない仕事が集中する場合は、我慢して乗り越えることが大切です。一定期間を乗り越えればやりたくない仕事から解放されるため、無理に転職する必要はないといえます。

そもそも、やりたくない仕事が出てくるたびに転職を考える方に対して、周囲は「忍耐力がない」と評価します。

やりたくない仕事をできるだけ早く終わらせるコツは、後回しにしないことです。一番体力がある出社した直後に取り組めば、やりたくない仕事を少ない負荷で終わらせられるでしょう。嫌な仕事が残っているといった、精神的苦痛を減らすことにもつながります。

対処法②:慢性的なら転職する

やりたくない仕事が慢性的に続くようであれば、転職を視野に入れましょう。やりたくない仕事を続けると、仕事そのものが嫌いになります。

早く終わらせることにフォーカスして取り組み方が雑になり、仕事のクオリティが下がる可能性もゼロではありません。仕事のクオリティが下がれば、当然、昇給することが難しくなります。

やる気が下がり給料は上がらないといった負のループに陥る恐れがあるため、やりたくない仕事が慢性的に続く職場からは、転職することをおすすめします。

>>仕事を探すならこの転職エージェントがおすすめ!

仕事がつらくて「心ここにあらず」の状態なら転職を検討したほうがいい

「心ここにあらず」の状態だと思ったら、転職を検討しましょう。転職せずに無理をして仕事を続けると、次のようなデメリットがあります。

以下で詳しく解説するので、起こりうるデメリットについて理解し、避けられるようにしましょう。

「心ここにあらず」の状態で仕事をするのは時間がもったいない

無理をして現状維持のために仕事を続けようとしても、待っているのは現状維持以下です。身が入らないまま業務にあたることになるので、成長もしなければ成果も出ません。

昇給や昇格も遅れ、キャリアプランが台無しになるでしょう。辛いのに耐えたとしても、得られるものよりも失う時間や健康の方が大きいはずです。

また、あとで転職に踏み切ったとしても、スキルや経歴を積めないまま年齢だけ重ねた場合、市場価値には期待できません。転職市場では年齢が上がっただけ求められるスキルも上がります。

転職するなら先延ばしにせず、早めに見切りをつけましょう。

うつ病などの精神的な病気になってしまう可能性がある

仕事が辛い状況で継続しても、ストレスによる健康被害が出始めます。特に、心の病気として気を付けたいのが適応障害やうつ病です。中でもうつ病は抗うつ剤による長期的な治療が必要になり、社会復帰までに数ヶ月~数年の時間を要します。

うつ病になると、気分が強く落ち込む、不眠、食欲不振、倦怠感などのさまざまな症状が出ます。また、自責の念も強くなり、自ら命を絶ってしまう人もいるほどです。

うつ病は徐々に進行するため、自分では気づきにくい側面もあります。気づきにくく恐ろしい病気であるからこそ、なる前に逃げるべきです。

仕事がつらい人におすすめの転職エージェント

仕事がつらい人は、次の転職エージェントを活用することがおすすめです。

ここからは、3つの転職エージェントの特徴を解説します。

20代や未経験転職におすすめの『マイナビエージェント』

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • オリコン顧客満足度調査でNo.1を獲得している
  • 20代・未経験の転職支援に強い
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍している

マイナビエージェントは、20代・未経験の転職サポートに強いエージェントです。2023年・2024年におけるオリコン顧客満足度調査でNo.1を獲得しており、サービスの質に定評があります。

マイナビエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。そのため、転職したい業界の事情を教えてもらい、どのように転職活動を進めるべきかアドバイスを受けることが可能です。

傾聴力の高いキャリアアドバイザーが多く、求職者が転職する意図を汲み取りながら求人紹介できることも、マイナビエージェントの特徴です。仕事がつらいことに共感してもらいながら、自分に合う仕事と出会いたい方は、マイナビエージェントを使うことがおすすめです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • グループで培ってきたノウハウがある
  • ほぼ全業界・業種の求人を網羅している
  • 全国どのエリアからでも利用できる
いまひとつな点
  • 時期によってはレスポンスが遅い
  • 条件に合う求人がない場合は提案してもらえない
  • キャリアアドバイザーの質に差がある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
Aさん
・自分では探すことが難しい求人に出会えること ・自分で探さなくても条件に合ったものを見つけてもらえること ・履歴書や職務履歴書などの書類関係を添削してもらえること

引用:キャリアクラス独自調査

Review Image
Bさん
キャリアアドバイザーから職務経歴書の書き方や、面接対策等を学べたことが良かったです。自分の中では意識していなかった強みやアピールポイントもアドバイスしていただけたので、自信がもてました。

引用:キャリアクラス独自調査

\業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍/

求人数が豊富で全年代におすすめの『doda』

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェントサービスとスカウトサービスを併用できる
  • 転職に役立つツールが豊富にある
  • 転職イベントやセミナーを定期的に開催している

dodaは、マイナビエージェントと並ぶ業界大手の転職エージェントです。求人はもちろん、サポート実績が豊富にあります。

dodaの強みは、エージェントサービスとスカウトサービスを併用できることです。エージェントから紹介を受ける求人だけでなく、企業によるスカウトを得られるため、転職活動を効率的に進められます。

ほかにも、転職に役立つツールが多いこともdodaの魅力の一つです。ツールの一つである「年収査定」を使えば、dodaの転職支援事例から求職者の適正年収を算出できます。

給料面に不満があり仕事がつらいと感じる方は、dodaで自身を客観的に評価することから始めてみてはいかがでしょうか。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 転職に役立つ情報を手軽に得られる
  • 年齢に関係なく利用できる
  • 経験・スキルに合った求人が探しやすい
いまひとつな点
  • メールや電話が多い
  • サポート期間が定められている
  • 意図しない求人を提案されるケースがある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
自分にあった非公開求人を紹介してくれるので、それで転職が出来たら確実に給料アップができます。対応も早く私に合う求人があればすぐに連絡をくれるのですごく助かりました。

引用:キャリアクラス独自調査

Review Image
Dさん
転職活動に関するコンテンツが豊富でそれを読むだけでも楽しいのが良い点だと思います。あと年齢があるていど年でも求人があるので安心して求人活動ができます。

引用:キャリアクラス独自調査

\全年代の転職をサポート/

年収アップを叶えたい第二新卒や若手向けの『キャリアスタート』

キャリアスタートのバナー
【公式】https://careerstart.co.jp/
名前キャリアスタート
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2024年1月12日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代10代後半から30代前半
対応エリア全国
オンライン面談
電話番号070-1202-4387
※登録後、上記番号から電話がかかってきます
得意分野・業界第二新卒など、若手の転職支援に特化
公式HPhttps://careerstart.co.jp/
詳細を見る
運営会社名キャリアスタート株式会社
拠点東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル8F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
キャリアスタートの特徴
  • 第二新卒の年収アップに強い
  • 利用者の満足度が96%と高い
  • 短期間で内定を獲得できる可能性がある

キャリアスタートは、第二新卒・既卒・フリーターなどの転職支援を得意とするエージェントです。大手ほどの転職支援実績はないものの、サービスを開始して以来、6万人以上のユーザーが登録しています。

特に、20代の年収アップにフォーカスした転職支援に強みがあり、年収アップ率は83%を誇ります。ほかにも定着率や内定率も高く、キャリアスタートの利用者の多くが理想とする働き方に出会えている状況です。

20代の方がキャリアを伸ばすためには、自分に合う企業といかに早く出会えるのかが重要です。ストレスや不満が少ない、かつ仕事内容・待遇面に納得できる職場を見つけたい方は、キャリアスタートに登録しておきましょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 自分らしく働ける職場と出会いやすい
  • 仕事内容および待遇面を妥協せずに転職できる
  • 職歴が浅くても転職できる
いまひとつな点
  • 大手と比較して求人数が少ない
  • 選べる業界・職種に偏りがある
  • ハイクラス向けの転職には向いていない

▼キャリアスタートの口コミ

スクロールできます
Review Image
Eさん
自分の強みが再発見出来ました。自己PRや、志望動機も一緒に考えてくれてすごく助かりました。

引用:キャリアスタート

Review Image
Fさん
キャリアスタート二相談して、自分の目標が明確になりました。これから営業職として、頑張っていきたいと思います。

引用:キャリアスタート

\納得できる待遇の職場と出会える/

仕事はつらいけど転職までは考えられないという人へ

「仕事はつらいけれども転職までは…」という方は、自分が将来どうなっていたいのかを整理することが大切です。将来の理想像から逆算して何をするべきか行動に落とし込んでいけば、今の自分にどのようなアクションが必要なのか見えてきます。

とはいえ、理想像を洗い出したりどのような行動をとったりするべきなのかを、自分一人で考えることに難しさを感じる方も少なくありません。

専門家の力を借りながら自分の将来について考えたい方は、ポジウィルキャリアを利用することがおすすめです。以下では、ポジウィルキャリアの特徴を解説します。

中長期のキャリア設計ができる『ポジウィルキャリア』

【公式】https://posiwill.jp/career/
ポジウィルキャリアの特徴
  • 20代・30代の相談実績No.1の実績を誇っている
  • 顧客満足度が92%と高い水準となっている
  • キャリア心理学・発達心理学に基づいたプログラムを受講できる

ポジウィルキャリアは、「どのような道を選ぶべきかわからない」「キャリアアップに向けて転職すべきか今の職場で頑張るべきか判断できない」という方に向けて、キャリアトレーニングを提供するサービスです。

用意するカリキュラムはキャリア心理学・発達心理学に基づいており、キャリアを考える上で必要になる自己理解やキャリア設計などを進められる内容です。

トレーニングは、受講生にマッチしたキャリアトレーナーがマンツーマンでサポートすることから、始めて受講する方でも安心です。

受講生が納得のいくキャリアに向けて必要なサポートを客観的に行うため、転職を強要することもありません。自分のキャリアの方向性を定めたい方は、ポジウィルキャリアの無料相談でどのようなサービスなのかを体験することがおすすめです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • なりたい将来像をイメージできる
  • マンツーマンによる手厚いサポートが受けられる
  • 無料相談を受けてから有料サポートを受けるかを検討できる
いまひとつな点
  • 受講する際にお金がかかる
  • 転職保証はない
  • 対面相談は回数が限られている

▼ポジウィルキャリアの口コミ

Review Image
Gさん
担当の方が、親身になって話を聞いてくださったり、適切なアドバイスをして頂いたりと手厚くサポートしてくださいました。始める前はネガティブで、就活の知識が全くない私でも、トレーニングを続けるうちに考え方もポジティブになり、転職活動も自らどんどん進められるようになりました。毎週担当の方とお話できるのがとても楽しく、学びのある有意義な時間でした。お世話になりました。ありがとうございました。

引用:Google

Review Image
Hさん
自分について、を客観視することが出来ました。思考の癖も知れて対処が出来ます。今の職場て悩んでいたことをどうすればいいか、具体的な行動を助言行動できました。 一人でやるのではなくサポート頂く専門のカウンセラー(伴走者)がいて下さるので途中で投げ出さず走り切れると思います。自身を持ってオススメできるサポートです!

引用:Google

\まずは無料相談を体験する/

仕事がつらい人へ。逃げるのは「悪」ではありません。

辛いことから逃げるしかないときもある

辛いことから逃げるしかないときも、人生にはあります。

もちろん、逃げっぱなしの人生は、自分を苦しめることにもなりかねません。例えば、嫌なことがあるたびに逃げるようなことを続けていると、逃げ癖がついてしまうことでしょう。

この、逃げ癖がついてしまうと、生き苦しくなってしまいますよね。生きている以上は、さまざまな試練が訪れることでしょう。そして、試練を乗り越えるということが、正しい道であることも多々あります。

しかし、今のあなたのように、仕事に行くのが辛くてたまらない場合はどうでしょうか。おそらく、仕事に行くのが辛くてたまらないわけですから、精神的にも大きく支障をきたしているはずです。

身体も大切ですが、心(精神)も大切であることは、いうまでもありません。あなたの大切にすべき心が、悲鳴をあげているかもしれないのです。

大切な心が悲鳴をあげているかもしれないのに、これ以上心を苦しめる必要があるのでしょうか。身体や心が悲鳴をあげているくらい辛いのなら、すぐにでも逃げることを考えるべきだと私は思います。

逃げることも、人生を歩むうえでは大切なこと

例えば、目の前で大災害が起きたら、あなたは逃げることを第一に考えるはずです。まさか、「目の前で起きている大災害を消すために戦おう」とは思わないでしょう。

もちろん、自分の力で状況を変えることができるのなら、戦うという選択を取るべき場合もあるかもしれません。しかし、自分の力ではどうにもできないことと、戦う必要はないのです。

あなたは、仕事に行くのが辛くてたまらないと感じています。はたして、この「仕事に行くのが辛くてたまらない」という状況を、自分の力で変えることができるのでしょうか。

「仕事に行くのが辛くてたまらない」という状況を、自分の力で変えることはできないはずです。であるならば、「今の仕事からは逃げる」というのが、あなたにとって賢い選択なのではないでしょうか。

「逃げるべき問題」と「逃げるべきではない問題」を見極める

これから生きていくうえでは、「逃げるべき問題」「逃げるべきではない問題」を、きちんと見極めていけるようにしたいですね。

「逃げるべき問題」と「逃げるべきではない問題」を、きちんと見極めることができれば、逃げることに対して後ろめたい気持ちを感じなくて済むでしょう。

「逃げるべき問題」の傾向としては、「自分ではどうすることもできない問題」「心身を脅かしている問題」などが挙げられるのではないでしょうか。

例えば、大災害が起きてしまうと、自分ではどうすることもできませんよね。また、大災害によって、命をも奪われてしまうかもしれません。このような問題は、「逃げるべき問題」なのではないでしょうか。

ほかにも、仕事が苦しくて、心が病んでしまった状態も、「逃げるべき問題」であるはずです。仕事が苦しいという事実は、自分ではどうすることもできないでしょう。

また、心が病んでしまっているわけですから、これ以上仕事を続けると、さらなる心の健康に悪影響を及ぼしかねません。このような問題も、「逃げるべき問題」であるはずです。

反対に、「逃げるべきではない問題」の傾向としては、「自分で対処できる問題」「心身に悪影響を及ぼさない問題」などが挙げられるのではないでしょうか。

例えば、転職をしなければいけない状況になったとしましょう。この場合、転職活動をうまく進めていけば、転職先を見つけることができるはずです。

また、転職活動はストレスにもつながりますが、転職エージェントを活用するなどして、うまくストレスに対処することができるはずです。このような問題は、「逃げるべきではない問題」なのではないでしょうか。

これから生きていくうえで、さまざまな問題が、あなたのもとに訪れることでしょう。そのときには、「逃げるべき問題」か「逃げるべきではない問題」かの見極めを、しっかりとしていくようにしたいですね。

「逃げた後にどうすべきか」のほうが大切

「逃げるべき問題」からは、潔く逃げるべきでしょう。ただし、逃げて終わりではありません。

「逃げるべき問題」から逃げた後にも、あなたの人生は続いていくのです。したがって、「逃げた後にどうすべきか」を考えることは、とても重要なことだといえるでしょう。

あなたは、「仕事に行くのが辛くてたまらない」という問題を抱えています。そして、「仕事から逃げる(退職する)」という選択を取ることでしょう。

では、仕事から逃げた後は、どうすべきなのでしょうか。おそらく、「仕事から逃げた後は転職活動をする」という考えが一般的ですね。

ただし、人それぞれの状況は違いますので、一概に「逃げた後には転職活動をすべき」ということはできません。例えば、心の病気になってしまい、外に出ることすら難しいのに、「転職活動をしよう」といっても無理なことです。

この場合は、「逃げた後にすべきこと」として、病気の治療を行うべきでしょう。

このように、人それぞれ「逃げた後にすべきこと」は変わってくるのです。あなたが仕事を辞めたのなら、あなた自身で「仕事を辞めた後にすべきこと」と考えていくことが大切です。

転職先次第で、人生が明るくなることもある

今の状況が苦しいと、なかなか将来に希望を見出すことはできませんよね。しかし、将来の状況次第で、人生が明るくなることは充分にあるのです。

例えば、「中学では友達がいなく辛かったが、高校では友達ができて、楽しい高校生活になった」なんて話はよく聞きますよね。これと同じで、「前の職場は辛かったが、転職先は自分に合っており、楽しい毎日になる」なんてことも当たり前にあるのです。

あなたが転職活動をするのなら、転職先次第で人生が明るくなることもあるということを理解してください。

もちろん、人生が明るくなるかどうかは、運も大きく左右することでしょう。例えば、「いい転職先に入社できるかどうか」は、運も大きく左右することはいうまでもないですよね。

ただ、転職活動を上手に進めることで、いい転職先に入社できる可能性を高めることもできます。せっかく、転職活動を進めるのですから、上手に転職活動を進めて、幸せな転職につながるようにしたいですね。

自分を知る努力をしよう

さまざまな角度から働きやすい職場を考えていくことは、とても大切なことでしょう。これは、「自分を知ることがとても大切である」とも考えることができるはずです。

つまり、いい会社に入社する可能性を高めるためには、自分を知ることがとても大切なことなのです。

特に、いい会社に入社する可能性を高めるためには、「社会人としての自分」と「自分の性格」の観点から、自分を知る努力をしてゆきましょう。

「社会人としての自分を知る」とは、「どうすれば充実した社会人生活を送れるかを知る」ということです。例えば、「適職」「適した職場環境」「将来のビジョン」などですね。

このように、さまざまな角度から、「どうすれば充実した社会人生活を送れるか」を考えていくのです。

「どうすれば充実した社会人生活を送れるか」を考えることで、「自分に合っている企業像」を浮かべることができます。

そして、「自分に合っている企業像」にマッチングする会社へ転職をすることで、いい転職先に入社する可能性を高めることができるのです。

次に、「自分の性格を知る」についてですが、「自分の性格を分析する」ともいうことができます。ぜひとも、専門的な性格診断を受けてみてください。専門的な性格診断を受けることで、客観的な視点から自分の性格を知ることができますよ。

専門的な性格診断を受けるとで、「協調性がある」「堅実的」「主体的に行動するのが苦手」など、さまざまな角度から自分の性格を知ることができるでしょう。

そして、そんな専門的な性格診断の結果も、いい転職先選びに大いに役立てることができるのです。例えば、専門的な性格診断を受けて、「協調性がある」「堅実的」「主体的に行動するのが苦手」という結果が出たとしましょう。

この場合は、「堅実志向で社員同士が協力して働くような会社」へ応募をすることで、いい転職先に入社する可能性を高めることができるでしょう。

このような性格診断は、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」で受けることができます。かなり精度の高い診断なので、一度受けてみることをおすすめします。

リクナビNEXT|強みが分かるグッドポイント診断

会社によって、企業観や雰囲気は大きく違いますからね。だからこそ、自分の性格もきちんと知って、自分に合う会社へ応募していきたいのです。

何度もいいますが、いい会社に入社する可能性を高めるためには、「社会人としての自分」と「自分の性格」の観点から、自分を知る努力をすることが大切です。

ぜひとも、「社会人としての自分」と「自分の性格」をきちんと理解して、いい会社に入社できる可能性を高めていってください。

空白期間の理由を伝えられるようにする

仕事を辞めてから転職活動を進める場合、ネックになるのは空白期間ですよね。ただし、「仕事を辞めてから転職活動を進める」という人は、意外なほどにいるものです。

つまり、空白期間があるということは、決して珍しいことではありません。

確かに、空白期間は、転職活動において不利になってしまいます。しかし、決して空白期間は珍しいものではないので、自信を持って転職活動に挑むようにしてください。

自信を持って転職活動に挑むためには、説得力のある空白期間の理由を用意することが大切ですね。面接官や人事担当者が、「これが空白期間の理由なら、採用しても問題ないだろう」と思えるような空白期間の理由を作っていきましょう。

もちろん、転職関連本などを参考にすれば、「空白期間の伝えかた」についても紹介されていることでしょう。ただ、「説得力のある空白期間の用意は、転職エージェントに頼るべき」というのが私の考えです。

本の著者は、あなたのことは全く知りませんよね。もちろん、本の「空白期間の伝えかた」を参考にしても、それなりの空白期間の理由は用意することはできるでしょう。

一方で、転職エージェントは、あなたとの面談を行っています。あなたとの面談を行っているわけですから、転職エージェントはあなたのことをよく理解しているのです。

そんな、あなたのことをよく理解している転職エージェントが用意した空白期間の理由のほうが、説得力が増すことはいうまでもないでしょう。

面接においては、必ずといっていいほどに、空白期間の理由を聞かれることでしょう。そこで、説得力のある空白期間の理由を答えることができれば、採用に大きく近づくことができるかもしれません。

また、書類選考がある場合は、書類選考の段階で、説得力のある空白期間の理由を記述するようにしましょう。特に、応募者が多い会社の場合は、空白期間があることが、大きく不利に働いてしまうこともありますからね。

だからこそ、書類選考の段階で、説得力のある空白期間の理由を記述し、「面接してみたい」と思わせるようにする必要があるのです。

仕事がつらい原因を分析して適切に対処しよう!

仕事がつらい原因は仕事内容や待遇面、人間関係など、人によってさまざまです。「仕事がつらくて限界だ」と感じる方は、何が原因で仕事がつらいのかを分析することから始めましょう。

仕事がつらい原因を分析するなかで、自力で解決できる場合は、問題解決に向けて対処することが大切です。

もし、仕事がつらい原因が解決できないときは、転職することを視野に入れましょう。つらい環境のなかで頑張り続けることは自己成長につながると考える方もいますが、体を壊したり精神的な病になったりする可能性がゼロではありません。

転職する方は転職エージェントに力を借りていきいきと働ける職場を紹介してもらう、キャリアが定まっていない方はキャリアコーチングを受けて将来像を明確にすることが重要です。

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ