MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

仕事を辞めさせてくれないときに飛ぶ・バックレるのはあり?会社を辞めさせてくれないときの対処法を解説

誰もが円満退職を望んでいますが、「会社が仕事を辞めさせてくれない」と悩む方もいるでしょう。

「退職の自由」は法律で定められているため、会社側が無理に引き止めるのは法律違反にあたります。しかし、辞めさせてくれないからとバックレるのはNGです。

会社を飛ぶデメリット・リスクは以下のとおりです。

会社を飛ぶデメリット・リスク
  • しつこく連絡来て精神的負荷が大きい
  • 離職票や源泉徴収票がもらえず次の職場で困る
  • 家族に連絡がいくこともある など

このような理由から絶対にバックレない方が良いです。次の職場で困らないためにも必ず正式な手続きをして退職するようにしましょう。

とは言っても、ブラック気質な会社・嫌味な上司相手に退職を伝えるのはなかなか心理的ストレスが大きいものです。

下記は一例ですが、激昂や嫌味、暴言などを平気で言う人がいるのも事実です。

会社に行くことや、上司と顔を合わせることなく、正式な手続きを代わりに行ってくれるのが退職代行です。退職代行を利用すれば、上記で紹介したリスクを回避できて正式に退職できます。

退職代行を使うことに抵抗を覚える方もいるかも知れませんが、利用者は年々増えており、メジャーなサービスになりつつあります。どうしても会社が辞めさせてくれないなら、退職代行の利用を検討することをおすすめします。

本記事の内容
  • 仕事を辞めさせてくれなくてもバックレるのはNG!
  • バックレたら離職票や源泉徴収票がもらえず次の職場で困るなどのリスクが大きい
  • 会社が仕事を辞めさせてくれないのは「人手不足」「採用にかかるコスト」などの理由が多い
  • バックレるのではなく適切な手段をとって退職するのが良い
  • 次の職場でも困らないよう正式な手続きをしてくれて、ストレスなく辞められる「退職代行」がおすすめ

\ ストレスなく辞められる!/

退職代行は「TORIKESHI」がおすすめです!職場に直接連絡する必要がないため、精神的な負担をかけずに仕事を辞められます。LINEで無料相談可能で、万が一退職できなかった場合も全額返金されるため、お金が無駄になる心配はありません。

【公式HP】https://torikeshi.jp/

\LINEで気軽に無料相談!/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

仕事を辞めさせてくれなくもバックレるのはNG!その理由とリスクについて

仕事を飛んだりバックれたりするのがダメな理由

仕事を辞めさせてくれない場合でも、バックレるのはおすすめしません。辞めさせてくれない会社が悪いのに、自分に不利益な行動を取るのはもったいないことです。

仕事を辞めさせてもらえないからといって、飛んだりバックレたりするのがダメな理由を紹介します。

上記のような、自身への不利益が生じる可能性があります。それぞれ解説するので、後半の対策方法と併せて参考にしてみてください。

損害賠償を請求される可能性がある

損害賠償を請求される可能性があるため、仕事を辞めさせてくれないからとバックレることは避けましょう。

仕事をバックレたことで、損害賠償を請求される可能性はゼロではありません。

会社が裁判を起こして損害賠償が認められるかは別として、バックレると後々めんどくさいことになります。トラブルを避けるためにも、正しい方法で仕事を辞めるのがおすすめです。

自分の力でどうしようもならない場合は、退職代行に相談してみましょう。会社の人と顔を合わせることなく、退職手続きを進められます。

\LINEで無料相談!/

離職票をもらえず失業手当の申請時や次の職場で困る

仕事を飛んだりバックレたりすると、離職票をもらえないケースがあります。離職票は「失業手当」の給付に必要なので、交付してもらえないと次の仕事が決まるまでの生活に悪影響を与えます。

一方「失業手当をもらわないから離職票はいらない」という人も注意が必要です。飛んだりバックレたりすると、「源泉徴収票」の発行を申し出にくくなります。

源泉徴収票は転職先で年末調整をしてもらうときに必要なので、交付されないと困ります。自身で確定申告をしない場合は、最悪「脱税」になるので注意しましょう。

未払いの給料が支払われない可能性がある

未払いの給料が支払われない可能性があることも、仕事をバックレるべきではない理由のひとつです。

従業員がバックレた場合であっても、会社は給料を支払わなければなりません。しかし、なかには給料を支払わない会社もあるのです。

もし給料が支払われなければ、自分で人事に申し入れる必要があります。自分がバックレた事実があるため、給料の未払いに対して抗議するのは引け目を感じるでしょう。

バックレた代償として、本来支払われるはずの給料を諦めたという方もいます。

しつこく連絡がくる可能性がある

仕事を飛んでしまうと、しつこく連絡がくる可能性があります。連絡がくる理由は、会社からの嫌がらせだけではありません。

会社から連絡がくる理由
  • 事故や病気を心配している
  • 寝坊や無断欠勤を疑われている
  • 退職の手続きについて確認したい

会社によっては、数日間・1日に何度も連絡がくるケースもあります。余計なストレスがかかるので、飛んだりバックレたりするのは止めておきましょう。

親へも連絡がいく

会社からの電話やメールを無視していると、親へ連絡がいく可能性があります。パワハラや労働環境の悪さなどを理解してくれている場合でも、「バックレはよくない」と怒られるかもしれません。

また、親から「連絡を返しなさい」と促されるケースもあります。親子関係が悪化する可能性もあるので、親へ連絡がいないようバックレずに退職の意思を伝えましょう。

場合によっては懲戒解雇になる可能性がある

懲戒解雇はペナルティの中で最も重い処分です。犯罪行為や重大なハラスメントなどの場合に受ける処分ですが、「長期の無断欠勤」も懲戒解雇になる可能性があります。

懲戒解雇は自分で言わなければバレませんが、転職先に入社したあと離職票や退職証明書の提出を求められて発覚するケースがあります。隠していたことがバレると経歴詐称で解雇される可能性が高いですし、そもそも選考中に伝えればほぼ不採用になります。

転職で不利になる可能性がある

飛んだりバックレたりすると、転職で不利になる可能性があります。IT業界などの狭い業界の場合は、とくに注意が必要です。

「〇〇さん飛んだらしいよ」「〇〇社の人がバックレたそうだ」などの噂が広まると、転職時に不利になります。1度ネガティブな印象がつくと挽回するのに時間がかかるので、円満退職もしくは退職手順を踏んでから退職しましょう。

会社はなぜ辞めさせてくれないのか?

会社はなぜ辞めさせてくれないのか?

退職を申し出たものの、上司や会社に辞めさせてもらえないと悩む人は多いです。しかし、厚生労働省は退職方法について以下のように定めています。

あらかじめ契約期間が定められていないときは、労働者は少なくとも2週間前までに退職届を提出するなど退職の申し出をすれば、法律上はいつでも辞めることができます。

厚生労働省

原則として、会社側は社員の退職を止めることはできません。それにもかかわらず、会社はなぜ辞めさせてくれないのか?考えられる理由を紹介します。

会社が辞めさせてくれない理由
  • 人手不足で困っているから
  • また人を採用するのにコストがかかるから
  • 退職の手続きに手間を取られるから
  • 同じように辞める人が増える可能性があるから
  • 会社に貢献してくれた社員を手放したくないから

このような理由で辞めさせてくれないことが多いようです。ただし、どれも会社都合であり、あなたには関係ありません。

どうしても、会社が辞めさせてくれない場合は、退職代行を使うのも1つの手です。

\LINEで無料相談!/

仕事を辞めさせてくれないときどうすればいい?対処方法を解説

会社辞めさせてくれないときどうすればいい?対処方法を解説

会社を辞めさせてくれないときの対処方法を紹介します。

最もおすすめなのは、退職代行の利用です。連絡や交渉を代行してもらえるだけでなく、即日で退職できるケースもあります。嫌な上司と顔を合わせる必要もないため、心理的ストレスもかかりません。

【難易度★★☆☆☆】退職の意志を強く伝えられない人は『退職代行』を利用する

会社を辞めさせてくれないときは、退職代行の利用がおすすめです。以下のような人は、退職代行の利用を検討してみてください。

退職代行の利用がおすすめな人
  • 会社との退職交渉が煩わしい人
  • とにかく今すぐ辞めたい
  • 今後上司や同僚との関係性が崩れても問題ない人
  • 退職の意思を強く伝えるのにストレスを感じる人

上記にあてはまるのであれば、退職代行を利用するのがおすすめです。退職に必要な連絡・交渉はすべて代行してもらえるため、ストレスがかかりません。

>>おすすめの「退職代行」へ飛ぶ

【難易度★★★☆☆】次が決まってない場合は転職先を決める

次が決まっていない場合は、仕事を辞めるよりも先に転職先を決めてしまうのがおすすめです。転職先の入社日が決まっていれば、会社側もあなたの退職届を拒否しづらくなります。

仕事を辞めてからの空白期間を作らないためにも、まずは転職活動を始めましょう。

転職活動を始める際には、必ず転職エージェントに相談してください。求人紹介や選考対策を受けられるため、転職活動をスムーズに進められます。

20代の方には最短1週間で内定獲得を目指せるキャリアスタートがおすすめです。30代以上の方は、豊富な求人から適職を探せるdodaに相談するのが良いでしょう。

\ 20代未経験の転職実績豊富!/

\ 求人数が豊富で30代以上におすすめ!/

【難易度★★★★☆】直属の上司ではなく上の上司や人事部に伝える

直属の上司に退職を伝えて拒否された場合には、さらに上の上司や人事部に伝えるのがおすすめです。

まずは上司の上の役職に相談してみてください。役職が上の人であれば、退職に関する法律を理解している可能性があります。

それでも退職を受け入れてもらえない場合は、人事部に直接相談するしかありません。人事部であれば上司に個人的な理由で介入されず、退職手続きを進めてくれるでしょう。

どちらに伝える場合でも、退職願ではなく会社に可否を問わず退職を通告する退職届を提出することが大切です。

【難易度★★★★★】「労働基準監督署に相談する」と会社に伝える

仕事を辞めさせてくれないと悩んでいる方は、「労働基準監督署に相談する」と会社に伝えましょう。

会社側は行政指導が入ると困るため効果的です。労働基準監督署の話を持ち出せば、今の状況を打開する糸口になります。

ただし、「労働基準監督署に相談する」と伝えるのは、かなりストレスがかかることです。話を持ち出すだけで、会社との関係が悪くなる可能性もあります。

また、労働基準監督署に相談すればアドバイスはもらえますが、実際に会社に対して直接指導を行うのは稀なケースです。

退職代行を使うのはクズ?抵抗感がある方へ

退職代行を使うのは決してクズではありません。むしろ、あなたの退職意思を受け入れない会社に問題があると言えます。

退職代行を利用することで、「転職が不利になるんじゃないか」と心配になる方もいるのではないでしょうか。ですがそのような心配は一切必要ありません。

退職代行を利用したことは決して知られません。なぜなら、個人情報保護法の観点で、許可なく前職に直接連絡することは違法となるからです。

また、親にバレないか心配している人もいるでしょう。退職代行では、「親に連絡しないで欲しい」という意思を会社に伝えてくれます。

そのため、ほとんど連絡されることはありません。意思表示したのにもかかわらず、親に連絡するような職場であれば、嫌がらせ気質が強い会社なので、退職代行を使って退職して正解と言えるでしょう。

退職代行の利用者は年々増加しており、世間ではメジャーなサービスとして認知されてきています。あなただけでなく多くの方が利用しているため、抵抗感を覚える必要はありません。

\LINEで気軽に無料相談!/

仕事を辞めさせてくれない人におすすめの「退職代行」はこれ!

特におすすめなのは以下の退職代行です。

それぞれ詳しく解説します。

LINEで無料相談可能で全額返金保証付の『退職代行TORIKESHI』

【公式HP】https://torikeshi.jp/
名前退職代行TORIKESHI
利用料金25,000円
※労働組合加入費込み
運営組織日本労働産業ユニオン
LINE対応あり
返金保証あり
転職支援あり
公式HPhttps://torikeshi.jp/
退職代行TORIKESHIのおすすめポイント
  • 相談・退職・転職がすべてLINE一つで完結!
  • 職場への連絡は一切不要!顔合わせもなしで退職可能
  • 退職後の転職や失業保険も手厚くサポート

退職代行TORIKESHIはすべてのやり取りをLINEで行えるため手軽に利用できます。また、LINE相談だけなら無料です。

運営元が労働組合のため信頼性が高いです。累計相談件数が1,000件を超えており、実績も十分です。万が一退職できなかった際は、全額返金されるので安心してください。

個人情報もしっかり保護されており、相談した段階で会社にバレる心配はありません。退職後の職場への連絡もすべて退職代行TORIKESHIが行うため、職場の人と顔を合わせたくない場合にもおすすめです。

>>公式HPを見る

\気軽にLINE相談!/

あわせて読みたい
退職代行TORIKESHIの評判はどう?転職サポートの付いた人気サービスの口コミを紹介 退職代行TORIKESHIは、労働組合が運営する安心・安全な退職代行サービスです。退職代行TORIKESHIが職場と直接退職交渉をしてくれるため、職場に顔合わせしたくない方に...

後払い制で安心の『辞めるんです』

辞めるんです
【公式HP】https://yamerundesu.com/
名前辞めるんです
利用料金27,000円
運営組織LENIS Entertainment株式会社
LINE対応あり
返金保証
転職支援
運営https://yamerundesu.com/
辞めるんですの特徴
  • 全国統一労働組合と提携するサービス
  • 実績10,000件以上、退職成功率100%!
  • 業界初の後払い制を審査なしで利用可能

退職代行「辞めるんです」は、全国統一労働組合と提携する退職代行サービスです。LINEから無料で相談すれば、すぐに退職手続きを進めてくれます。

これまでに10,000件以上の実績があり、退職成功率は100%です。即日退職が可能なため、相談した次の日から会社に行く必要はありません。

また、業界初の後払い制を採用しているのも「辞めるんです」の特徴です。実際に費用を支払うのは退職に成功してからで良く、追加料金が発生する心配もありません。

正社員やアルバイトなどの雇用形態を問わず、一律27,000円(税込)で退職手続きをすべて任せられます。

仕事を辞めさせてくれないと悩んでいる方は、LINEから気軽に相談してみましょう。

>>公式HPを見る

\ 退職成功率100%/

【体験談】バックレて後悔した経験

以下では会社をバックレて後悔した20代営業職の方の体験談を紹介します。

前職が辞めさせてくれそうな雰囲気がなかったので、無断欠勤をしました。職場から連絡が止まらなかったので最初は無視をしていました。結局、退職日時の決定や源泉徴収票や離職票の受取で連絡を取らなければいけませんでした。どうせ職場と連絡を取らなければいけないのであれば、退職で必要な事務手続きを代行してくれる退職代行を使えばよかったと後悔しました。

このようにバックレたとしても、退職で必要な手続きを済ませるためには会社と連絡を取る必要があります。

バックレるくらいなら、退職代行を使ってストレスなく正式な退職手続きを終えた方が良いでしょう。

パワハラを受けていて今すぐにバックれたいときはどうすればいい?

パワハラを受けていて今すぐにバックれたいときはどうすればいい?

パワハラを受けている人は、今すぐに退職代行を利用しましょう!無理に出勤し続けると、うつ病や体調不良などになる危険性があります。

お互いに納得した上で退職するのが理想ですが、あなたの体調が1番大事です。退職代行「辞めるんです」なら「即日」で出勤せずに辞められるので、今すぐLINEもしくは電話で相談しましょう。

辞めさせてもらえず飛ぶことを考えている方の疑問

辞めさせてもらえず飛ぶことを考えている方の疑問

辞めさせてもらえず飛ぶことを考えている方の疑問に回答します。

事前に知っておくと安心です。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

仕事を辞めさせてくれないときはどこに相談する?

仕事を辞めさせてくれないときは、以下のいずれかに相談しましょう。

仕事を辞められないときの相談先
  • 退職代行
  • 労働組合

労働組合に相談すれば、団体として会社に退職交渉をしてくれるケースがあります。ただし、労働組合が介入したからといって交渉が成立する保証はありません。

また、相談した労働組合が「御用組合(雇用主が実権を握っている)」の場合は、強く交渉してくれない可能性が高いです。

そのため、確実に辞めたいなら退職代行への相談がおすすめです。LINEもしくは電話で365日対応してくれるので、安心して相談できます。

飛んだら給料をもらえるのか?

会社には従業員の労働に対価を支払う義務があるので、飛んでも働いた分の給料はもらえます。万が一、振り込まれない場合は内容証明等での請求も可能です。

ただし飛んだ場合、有給分はもらえない可能性があります。退職金も、場合によっては減額または0円になることが多いです。

仕事を辞めさせてくれないときに無断欠勤するのはあり?

無断欠勤をするくらいきついなら、退職代行への相談を検討したほうがよいです。無断欠勤しても、次の日気まずくなるだけです。

また、無断欠勤すると「しつこく連絡がくる」「出勤時に怒られる」などのデメリットが加わります。そのため、無断欠勤するくらいなら退職してしまったほうがよいでしょう。

仕事を辞めさせてくれなくても、バックレないようにしよう!

仕事を辞めさせてくれないからとバックレると、あとでトラブルに巻き込まれる可能性があります。自分に不利益な行動を取ることだけは避けてください。

直属の上司に退職届を拒否された場合は、さらに上の上司や人事部に相談しましょう。それでも効果がないときには、「労働基準監督署に相談する」と伝えるのもひとつの手段です。

また、どうしても自分の力で解決できないなら、退職代行「TORIKESHI」にLINEで無料相談してみましょう。全額返金保証もあるため、辞められずお金が無駄になることはありません。

仕事を辞めさせてくれないからとバックレる前に、退職代行を頼ってみましょう。

\LINEで無料相談!/

あわせて読みたい
派遣社員が仕事を飛ぶ・バックレるとどうなる?バックレずに仕事を辞める方法も解説 本記事でわかること 派遣社員が仕事をバックレた後の影響 派遣社員が仕事をバックレずに仕事を辞める方法 すでに仕事をバックレてしまっている場合の対処法 仕事を辞め...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ