MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

仕事を辞めさせてくれないときに飛ぶ・バックレるのはあり?会社を辞めさせてくれないときの対処法を解説

退職の申し出をしたにもかかわらず、「会社を辞めさせてもらえない」このように悩んでいませんか?辞めたいのに辞められない状態が続くと、「飛ぶかバックレるしかない」と考える方も多いでしょう。

結論から述べると、辞められないからといって飛んだりバックレたりするのはNGです。バックレると、自分に不利益やデメリットが生じる可能性があります。

今すぐに飛びたい・バックレたいと思っている方は退職代行ガーディアンの利用がおすすめです。飛ぶよりもリスクが少なく、職歴にも傷がつきません。即日で会社に出社せずに済むのも大きなメリットです!

退職代行ガーディアン」を利用すれば即日退職できるので、ぜひ相談だけでもしてみましょう!

\退職成功率100%/

当記事では「会社を辞められない」という人のために、飛んだりバックレたりするのがダメな理由や対処方法を紹介します。

ちなみに、会社が社員の退職の申し出を断るのは民法違反なので、対策すれば必ず辞められます。

雇用の期間に定めがないときは、解約(=退職)の申入れから2週間が経過すると雇用契約が終了する(民法第627条第1項)。
引用:日本労働組合総連合会


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

仕事を辞めさせてくれないときに飛ぶ・バックレるのはあり?

仕事を辞めさせてくれないときに飛ぶ・バックレるのはあり?

基本的に、飛んだりバックレたりするのは止めたほうがよいです。仕事をバックレると、あなた自身への不利益やデメリットが生じる危険性があります。

そもそも、「上司に許可をもらわないと辞められない」という認識が間違いです。民法上では「退職の自由」が保証されているので、諦めずに対処方法を試しましょう。

\退職成功率100%/

あわせて読みたい
仕事を飛ぶ方法とその後どうなるかを解説【体験談】仕事をばっくれた友人の末路…|正社員をばっくれた体... 仕事をばっくれる・飛ぶなら、退職代行を使いましょう!仕事を突然ばっくれてしまうと、さまざまなリスクがあります。 しかし、退職代行を利用したらリスクなく正式な手...
あわせて読みたい
【体験談】退職を切り出せない方必見!ビビりの私が退職を切り出した方法まとめ|タイミング・やっては... 行きたい企業に内定を貰ったら、退職交渉をしなければいけません。今の上司に言うのも緊張するうえに、「退職する人」と見られるのは、想像しただけでも気まずいのが本...

仕事を飛んだりバックれたりするのがダメな理由

仕事を飛んだりバックれたりするのがダメな理由

仕事を辞めさせてもらえないからといって、飛んだりバックレたりするのがダメな理由を紹介します。

上記のような、自身への不利益が生じる可能性があります。それぞれ解説するので、後半の対策方法と併せて参考にしてみてください。

離職票をもらえないケースがある

仕事を飛んだりバックレたりすると、離職票をもらえないケースがあります。離職票は「失業手当」の給付に必要なので、交付してもらえないと次の仕事が決まるまでの生活に悪影響を与えます。

一方「失業手当をもらわないから離職票はいらない」という人も注意が必要です。飛んだりバックレたりすると、「源泉徴収票」の発行を申し出にくくなります。

源泉徴収票は転職先で年末調整をしてもらうときに必要なので、交付されないと困ります。自身で確定申告をしない場合は、最悪「脱税」になるので注意しましょう。

しつこく連絡がくる可能性がある

仕事を飛んでしまうと、しつこく連絡がくる可能性があります。連絡がくる理由は、会社からの嫌がらせだけではありません。

会社から連絡がくる理由
  • 事故や病気を心配している
  • 寝坊や無断欠勤を疑われている
  • 退職の手続きについて確認したい

会社によっては、数日間・1日に何度も連絡がくるケースもあります。余計なストレスがかかるので、飛んだりバックレたりするのは止めておきましょう。

親へも連絡がいく

会社からの電話やメールを無視していると、親へ連絡がいく可能性があります。パワハラや労働環境の悪さなどを理解してくれている場合でも、「バックレはよくない」と怒られるかもしれません。

また、親から「連絡を返しなさい」と促されるケースもあります。親子関係が悪化する可能性もあるので、親へ連絡がいないようバックレずに退職の意思を伝えましょう。

場合によっては懲戒解雇になる可能性がある

懲戒解雇はペナルティの中で最も重い処分です。犯罪行為や重大なハラスメントなどの場合に受ける処分ですが、「長期の無断欠勤」も懲戒解雇になる可能性があります。

懲戒解雇は自分で言わなければバレませんが、転職先に入社したあと離職票や退職証明書の提出を求められて発覚するケースがあります。隠していたことがバレると経歴詐称で解雇される可能性が高いですし、そもそも選考中に伝えればほぼ不採用になります。

転職で不利になる可能性がある

飛んだりバックレたりすると、転職で不利になる可能性があります。IT業界などの狭い業界の場合は、とくに注意が必要です。

「〇〇さん飛んだらしいよ」「〇〇社の人がバックレたそうだ」などの噂が広まると、転職時に不利になります。1度ネガティブな印象がつくと挽回するのに時間がかかるので、円満退職もしくは退職手順を踏んでから退職しましょう。

\職歴に傷がつかない!/

あわせて読みたい
【逃げの転職成功】転職は逃げるが勝ち?今すぐ逃げるべき職場の特徴公開!人間関係が辞める理由で1番多... 「転職は逃げ」そんな言葉を耳にしたことはありませんか?今の職場に不満があっても、我慢している人は多くいます。 株式会社イー・クオーレが800人の男女を対象に行っ...
あわせて読みたい
退職代行の利用が転職先や親にバレる可能性はあるのか?バレるパターンを紹介 退職代行を利用したいと考える人の中には、転職先や親にバレないか心配する人も多いです。 結論、バレる心配はいりません。しかし、例外はどうしてもあるので、100%バ...

会社はなぜ辞めさせてくれないのか?

会社はなぜ辞めさせてくれないのか?

退職を申し出たものの、上司や会社に辞めさせてもらえないと悩む人は多いです。しかし、厚生労働省は退職方法について以下のように定めています。

あらかじめ契約期間が定められていないときは、労働者は少なくとも2週間前までに退職届を提出するなど退職の申し出をすれば、法律上はいつでも辞めることができます。

厚生労働省

原則として、会社側は社員の退職を止めることはできません。それにもかかわらず、会社はなぜ辞めさせてくれないのか?考えられる理由を紹介します。

人手不足で困っているから

会社が辞めさせてくれないのは、人手不足で困っているという理由があります。あなたの退職で業務が回らなくなると、取引先にも迷惑がかかります。

また、あなたにしかできない業務がある場合も辞めさせてくれない可能性が高いです。ただ、人手不足は会社側の問題のため、気にせずに辞めても問題ありません。

もし、「そんなこと言われたらもう少し在籍したほうがいいかも」と思っている方は、「繁忙期が終わるまで」「選考中の採用が決まるまで」など可能な範囲で相談してみてもよいでしょう。

あわせて読みたい
人手不足が原因で仕事を辞めさせてくれないときの対処法を紹介|退職拒否されたときに考えるべきこと 「人手が足りないし、あなたが辞めると困る」などと言われたら辞めにくいですよね。 しかし、人手不足が理由であっても退職を認めないのは法律違反です。適切な手続きを...

また人を採用するのにコストがかかるから

会社を辞めさせてくれない理由は、人を採用するのにかかるコストも関係しています。基本的に、新しい人を採用する際には広告費や採用担当の人件費などのコストがかかります。

そのため「少しでも出費を抑えたい」と、在籍する社員の退職を拒む会社もあるのです。辞めさせてくれないのがコストに関する理由の場合は、気にせず退職してよいでしょう。

退職の手続きに手間を取られるから

退職の手続きに手間を取られるからという理由で、辞めさせてくれないケースもあります。従業員が退職すると、離職票の発行や社会保険・雇用保険の資格喪失手続きなどが必要です。

人手が足りていなかったり上司が手続きを面倒がったりすると、退職を阻止してくるかもしれません。辞めさせてくれない場合は、退職代行を利用して早く辞めるのがよいでしょう。

同じように辞める人が増える可能性があるから

「同じように辞める人が増えるかもしれない」という考えから、会社を辞めさせてくれないケースもあります。あなたと同じように不満を抱いている人が複数いるなら、1人の退職をきっかけに退職者が増える可能性があるからです。

また優秀な人の退職は、職場のモチベーション低下の原因になります。会社はさまざまなリスクを避けるために、退職を阻止しようとするものです。

会社に貢献してくれた社員を手放したくないから

辞めさせてくれないのには、会社に貢献してくれた社員を手放したくないという理由もあります。例えば、以下のような人は引き止められる可能性が高いです。

引き止められる可能性が高い人
  • 営業成績がよい人
  • 職場の人から頼りにされている人
  • 真面目な人
  • ほかの人ができない仕事をしている人

上記のような人で給与や労働時間などに不満がある場合は、「〇〇してくれませんか?」と待遇交渉してみるのも1つの手です。

ただ、待遇の交渉は、「辞める」という前に行いましょう。「〇〇してくれるなら残ります」という交渉のやり方だと今後の昇進・昇給がされにくい傾向があるため、あまりおすすめはできません。

\職歴に傷がつかない!/

会社辞めさせてくれないときどうすればいい?対処方法を解説

会社辞めさせてくれないときどうすればいい?対処方法を解説

会社を辞めさせてくれないときの対処方法を紹介します。

最もおすすめなのは、退職代行の利用です。連絡や交渉を代行してもらえるだけでなく、即日で退職できるケースもあります。

退職代行を利用する

会社を辞めさせてくれないときは、退職代行の利用がおすすめです。以下のような人は、退職代行の利用を検討してみてください。

退職代行の利用がおすすめな人
  • 今すぐ辞めたい人
  • 今後上司や同僚との関係性が崩れても問題ない人
  • 自分では退職の旨を伝えられない人

つらくて今すぐ辞めたいなら、退職代行を利用するのがおすすめです。退職に必要な連絡・交渉はすべて代行してもらえるので、「退職の意思を強く伝えられない」という人でも安心です。

「直接言うのストレスだな」「引き継ぎ期間かなりしんどいな」と悩まずに済むので非常に心が安定しやすくなるでしょう!

\職歴に傷がつかない!/

あわせて読みたい
【どこがいい?】退職代行サービスおすすめランキング|口コミ・評判が良い人気サービスを紹介 上司になかなか退職の意思を伝えられない方には、代わりに手続きを勧めてくれる退職代行サービスの利用がおすすめです。 しかし退職代行には悪徳業者もあるため、どのサ...

転職エージェントに相談する

会社を辞めさせてくれないなら、転職エージェントに相談してみるのもよいでしょう。「転職したいけど辞めさせてもらえない」と相談すれば、退職のやり方を教えてくれる可能性があります。

ただし、転職エージェントには相談はできても退職代行はしてもらえません。あくまでも「アドバイスが欲しい」「背中を押してほしい」という人に向いている対処方法です。

また、その流れで次の転職先の紹介や選考対策を行ってくれます。転職先がまだ決まっていない人は転職エージェントを利用してスムーズに次の仕事が始められるようにしましょう!

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

退職届を郵便で送る

会社を辞めたいのに「退職届を受理してもらえない」と悩む人もいます。しかし、正社員は民法上で「退職の自由」が認められています(民法第627条)。

本来なら退職届を郵送で送り、会社側が「退職の意思」を把握すれば退職可能です。「受理していない」という主張を防ぎたいなら、「内容証明郵便」で郵送しましょう。

内容証明郵便で証明できること
  • 精神保健福祉法に基づいた転職サポート
  • 幅広い職種の求人を紹介
  • 職場への定着フォローまで支援

内容証明郵便で郵送すれば、「会社側が退職届を受け取った」という証明になります。

おすすめの退職代行サービスは?

名前ガーディアン
利用料金29,800円
運営組織東京労働経済組合
LINE対応あり
返金保証なし
転職支援なし
公式HPhttps://taisyokudaiko.jp/
退職代行ガーディアンの特徴
  • 労働組合が運営しており信頼度が高い
  • 確実に退職できる
  • 会社や上司とのやり取り不要

退職代行ガーディアンは、「東京労働経済組合」が運営する退職代行です。東京都労働委員会に認証されている法適合の労働組合なので、違法性なしで確実に退職できます。

退職代行ガーディアンズへの相談・依頼は、LINEもしくは電話で完結します。相談後、指定口座への振込が完了すれば、即日退職も可能です。

退職代行を利用すれば、上司とのやり取り不要で会社を辞められます。万が一、会社から連絡が来ても無視してよいです。すべてガーディアンが代行してくれます。

\職歴に傷がつかない!/

あわせて読みたい
退職代行ガーディアンの評判は?退職に失敗する可能性があるのか口コミをチェック 退職代行ガーディアンは、労働組合が運営している仕事を辞めたい人を支援するサービスです。 ただ、退職代行サービスと聞くと「本当に安全なのか」「バレることなく辞め...

パワハラを受けていて今すぐにバックれたいときはどうすればいい?

パワハラを受けていて今すぐにバックれたいときはどうすればいい?

パワハラを受けている人は、今すぐに退職代行を利用しましょう!無理に出勤し続けると、うつ病や体調不良などになる危険性があります。

お互いに納得した上で退職するのが理想ですが、あなたの体調が1番大事です。退職代行ガーディアンなら「即日」で出勤せずに辞められるので、今すぐLINEもしくは電話で相談しましょう。

ガーディアン公式HPを見る

辞めさせてもらえず飛ぶことを考えている方の疑問

辞めさせてもらえず飛ぶことを考えている方の疑問

辞めさせてもらえず飛ぶことを考えている方の疑問に回答します。

事前に知っておくと安心です。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

仕事辞めさせてくれないときはどこに相談する?

仕事を辞めさせてくれないときは、以下のいずれかに相談しましょう。

仕事を辞められないときの相談先
  • 退職代行
  • 労働組合

労働組合に相談すれば、団体として会社に退職交渉をしてくれるケースがあります。ただし、労働組合が介入したからといって交渉が成立する保証はありません。

また、相談した労働組合が「御用組合(雇用主が実権を握っている)」の場合は、強く交渉してくれない可能性が高いです。

そのため、確実に辞めたいなら退職代行への相談がおすすめです。LINEもしくは電話で365日対応してくれるので、安心して相談できます。

ガーディアン公式HPを見る

バックレたら損害賠償請求されるのか?

バックレても、損害賠償請求される可能性はほぼ0です。厳密に言えば「可能性は0ではない」ですが、会社にとってメリットがないため安心してよいでしょう。

また、稀に「バックレによる違約金を請求する!」と脅してくる会社もありますが、就業規則などで「バックレた場合は違約金〇円を支払う」などの賠償予定は法律違反です。

労働契約の不履行について違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはいけません。

引用:厚生労働省「賠償予定の禁止(第16条)」

損害賠償請求には、裁判費用や手間が発生します。そのため、手間や費用をかけてまで損害賠償請求をしてくるケースはほとんどありません。

飛んだら給料をもらえるのか?

会社には従業員の労働に対価を支払う義務があるので、飛んでも働いた分の給料はもらえます。万が一、振り込まれない場合は内容証明等での請求も可能です。

ただし飛んだ場合、有給分はもらえない可能性があります。退職金も、場合によっては減額または0円になることが多いです。

仕事を辞めさせてくれないときに無断欠勤するのはあり?

無断欠勤をするくらいきついなら、退職代行への相談を検討したほうがよいです。無断欠勤しても、次の日気まずくなるだけです。

また、無断欠勤すると「しつこく連絡がくる」「出勤時に怒られる」などのデメリットが加わります。そのため、無断欠勤するくらいなら退職してしまったほうがよいでしょう。

ガーディアン公式HPを見る

仕事を辞めさせてもらえず飛んだりバックレる前に相談をしよう!

「仕事がつらい」「辞めさせてもらえない」と悩んでいるなら、飛んだりバックレたりする前に退職代行へ相談しましょう。料金はかかりますが、即日退職・上司とのやり取り不要・必要書類の請求などを代行してもらえます。

あなたには、会社を辞める・転職する自由があります。仕事を無理やり続けてもメリットがないので、体調を崩す前に退職しましょう。退職代行ガーディアンなら、LINEや電話でいつでも相談できます!

LINEで相談しよう!

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

大学出身後に地元のメーカーに経理職として就職。その後システムに興味を持ち、情報工学を極めるためにいったん退職。大学院に進学ののち、元の会社の親会社にSEとして再就職。大学院時代に自分の事業を法人化し、現在はサラリーマン兼経営者として活動するダブルワーカー。

気になる見出しをタップ