MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

30代の転職を成功させるために必ず押さえておきたい「スキル」とは?

収入アップもしくはキャリアアップのために、あるいは今の仕事に不平・不満があるせいで、転職を考えている30代の人はたくさんいます。

ただし、30代の転職は、20代の場合と一緒の心構えで転職活動をやってしまうと絶対にうまくはいきません。

20代の時の転職は、潜在力や人となりを重要視している面がありますが、30代になったら経験と技能、統制技術・教育技量といった上のポジションとしてアクションを起こすことが求められるのです。

転職活動に取り掛かるよりも前に、まず最初は、30代の転職テクニックをマスターし、計画的にアクションを起こすことを目標にしましょう。

今回は、30代の転職を成し遂げる為に必要なスキルについて詳しく解説します。

おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る

>>30代におすすめの転職エージェント


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

なぜ30代で転職するのか?

30代では、多くの企業が前職の実績を評価し、中小企業であれば経営者自ら過大な期待をもって採用することも多くあります。転職先で実績を出せればいいですが、簡単に実績を出せるポジションであればあえて30代の転職者を受け入れず、既存の社員や20代の賃金の安い人材を登用するはずです。

転職は内定を取ることだけが目的ではありません。前職で積み上げてきた実績があり、求人難の時代であれば、内定を取ること自体はそれほど難しいことではないでしょう。

しかし、入社しやすいからといって企業の業務が変化しているわけではありません。30代では、転職先で功績をあげて評価されることが期待されているのです。

20代の転職であれば、企業自ら育てていくというスタンスで採用するケースが多いですが、30代の人材を受け入れる場合は、できあがった人材として採用されます。

応募者が転職して一から出直したいと考えても、コスト面において30代の転職者を育てる余裕がない企業が多いことを認識しておきましょう。

このような状況で、なぜ転職したいかを考えてみてください。待遇面が悪い、業績が悪い、人間関係がうまくいかない等、さまざまな理由があるでしょうが、企業は30代の転職者に対して、それぞれの分野でプロとしての能力を求めています。

きっかけが労働環境や人間関係であっても、そのことを前向きに捉えて転職する意義について考えてみる必要があります。

これまでの職務経験を活かして何がやりたいのか、いずれ訪れる40代、50代にどのような人生を歩みたいのか、この点が明確でなければ、30代の転職は成功しないのです。

あわせて読みたい
30代の転職で楽しい仕事に就くための方法を紹介|やりがいを感じない・ワクワクしない仕事はすぐに転職... 30代は転職市場での価値が高くなる傾向があり、キャリアアップを目指せる可能性が高いです。そのため、30代の転職は仕事にやりがいや楽しさを感じる方が多いです。 ちな...

30代の転職のメリット・デメリットを確認する

30代で転職するメリットとして、職務経験を評価された場合、現職、前職以上の待遇で受け入れられる可能性があります。

求めるスキルや経験は企業によってさまざまですが、現職では人材が豊富なため活かせなかったスキルでも、転職先では評価され活躍することができます。

30代は、仕事をおこなううえで行動力、吸収力といった面で最も力を発揮できる時期であり、確実性があり高く評価される時期だと言えるでしょう。

30代は利益を生み出す年代であり、将来の幹部候補としての期待も十分持てる年代です。

30代は現職にとどまり40代で転職を決意した場合、圧倒的に求人件数が減り、実力があっても既存社員とのバランスから採用に至らないケースもあります。

30代になると、この先の昇格や給与がおおよそ見えてきます。40代になると少なからず保守的になり、妥協してでも現状から抜け出すことができなくなります。

現職で先が見えている場合は、転職をすることで人生が大きく好転するチャンスがあります。

一方デメリットとして、転職すればすべて好転する保証はどこにもありません。

プロパーとして長く勤務してきた社員に対しては上層部の思い入れがあるかもしれませんが、転職者が既存社員や幹部とひとつになるには、相当の時間がかかることもあります。

転職があたりまえではなかった時代ほどではありませんが、信頼関係を構築することが予想以上に大変なこともあります。

転職することで待遇面や労働環境がよくなるとは限りません。転職者はプロパーの社員以上に実力主義で評価されるので、実績を出せなければ居心地の悪い職場になり、孤立してしまう可能性も否定できないのです。

既存社員と信頼関係を構築できなければ、素晴らしい企画も絵に書いた餅となり、何一つ実現できない状況になってしまいます。

あわせて読みたい
30代で転職するのは手遅れ?30代転職を成功させる3つのポイントを紹介 リクナビNEXTが行った調査によると57%の方が「30代前半での転職は不利だと思う」と回答しています。 参考:30代前半の転職って、有利? 不利? 30代の多くは転職するこ...
あわせて読みたい
職場の人間関係で孤立したときの対処方法を紹介|孤立する職場でそのまま働くのがやばい理由も解説 「職場の同僚と上手くコミュニケーションが取れない」「職場の人間関係に耐えられなくて仕事が辛い……」 職場の人間関係に孤立してしまい、上記のように悩む方は多いでし...

企業が30代の転職者に求めること

転職では、新卒採用と異なり、今までの職務経験を活かして短期間で即戦力として貢献できる人材を求めています。未経験であっても前職の職務経験を活かし、短期間で即戦力とならなければいけないのです。

特に、30代では、20代の転職希望者に差をつけた能力で勝負できなければ、採用は難しいでしょう。30代の転職は、あこがれだけでは成功しません。

社会人として10数年経過しているのであれば、「経験がなくても、今までの~といったことは十分御社で活かせます」と、社会人としての経験をアピールすることが前提になります。

教育して育てていきたいと考えるのは、20代以下の求職者であり、30代では職業人として完成されていることが条件になります。

職務能力だけではなく、パーソナリティも30代の転職者では採否のポイントになります。特に組織適応力に欠けている人材は、前職が素晴らしくても企業は採用を躊躇します。

組織適応力は、面接を通じて応募者の回答内容、表情、態度から判断し、適応性に疑問を持てば優秀であっても採用しようとは思いません。

30代で実力のある求職者であれば、既存社員より期待が大きいケースもあります。30代であれば相手の話を速やかに理解し、相手に何を提供できるか判断できます。

30代で転職するにおあたり、「今までの職務経験」「職務経験を通じて応募企業で活かせる強み」「部下の指導、チームリーダーとしての経験」「なぜ応募企業なのか」といった点を事前に確認しておきましょう。

転職では応募企業に自分という商品をプレゼンテーションすることが基本です。

あわせて読みたい
30代の仕事の探し方は?自分に合った仕事を見つける方法と失敗しないポイントを解説 今の仕事に精一杯になり、今後のキャリアプランをじっくり考えられていない人は多いのではないでしょうか。 転職難易度は年齢とともに上がっていくので、早いうちに将来...

30代の転職に必要不可欠なテクニカルスキルとポータブルスキルとは?

30代になると、転職のハードルがグンとあがります。企業側が30代の人材にはどんな能力を期待しているのかを把握し、それに対して明確にアピールすることが重要です。

ここでは、そんな30代転職市場の実情や、求められるスキルについて解説します。

テクニカルスキルとは?

専門的知見が必要な職業では、特に重要なのが「テクニカルスキル」です。テクニカルスキルがあれば、即戦力の人材として面接で優位に立つことができます。

テクニカルスキルには、主に以下の3つが挙げられます。

テクニカルスキルの主な3つ
  • 専門スキル
  • ITリテラシー
  • ビジネスリテラシー

専門スキル

エンジニアであればプログラミング、経理であれば簿記など業務に特化したスキルは特に重要視されます。面接では、実務経験の有無なども聞かるでしょう。

ITリテラシー

インターネット上の情報収集や精査を的確に行える能力のことです。また、ウェブアプリを駆使し、業務を効率的に進める力も含まれます。IT系やネットを使った広告を行う企業の場合は、特に重要視されるスキルです。

ビジネスリテラシー

ビジネスリテラシーとは、起きた物事を客観的に捉え、思考できる能力のことです。

じぶんから相手に情報を発信する際に、わかりやすく伝えることができ、アクシデントが起きたときも課題設定から解決までのプロセスを設定し、滞りなく対処ができるスキルです。

ポータブルスキルとは?

「ポータブルスキル」は、テクニカルスキルと違って、どんな職業でも業務の中で磨くことができるスキルが多いのが特徴です。

ポータブルスキルには、主に以下の5つが挙げられます。

ポータブルスキルの主な5つ
  • ヒューマンマネジメント
  • タスクマネジメント
  • プロジェクトマネジメント
  • コミュニケーションスキル
  • 再現性スキル

ヒューマンマネジメント

ヒューマンマネジメントとは、部下を統括し、目標や成果へと導くことができるスキルです。指導や教育はどの職場でも必要不可欠なため、重要なスキルのひとつでしょう。

タスクマネジメント

タスクマネジメントとは、自分の業務を遂行するスキルのことです。

タスクを計画的にこなしていくために、その業務の締切を自ら定め、逆算し、時間設定を行うことができる能力です。

プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメントは、プロジェクトを次々に企画するIT企業等で重宝されるスキルです。

プロジェクトの発起人としての経験があれば、さらによいでしょう。「0から1を創造できる」人材と認めてもらうことができます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、社内、社外関係なく大事なスキルです。

幅広い年齢層の職場や性別が偏っている職場で特に重要になってきます。クライアントなど社外の人間とも関係を良好に保ち、円滑なコミュニケーションを図れることが大切です。

再現性スキル

再現性スキルは、目標達成のための核となるスキルです。成果を定期的に出し続けなくてはいけない営業などで特に重要になってきます。

あわせて読みたい
30代スキルなしの男性は転職できるのか?30代スキルなし・未経験でも転職を成功させる方法を紹介 20代の転職とは異なり、30代になると即戦力や管理職としての経験を求められるのが一般的です。スキルなしの30代男性の転職はハードルが高いですが、未経験を受け入れて...

仕事内容に合ったスキルをアピールすることが大切

30代になると、転職難易度は一気に上がります。準備段階だった20代とは違い、企業に貢献する「即戦力」であるかが前提となるからです。

ですから、30代の転職面接や職務経歴書では、具体的で説得力のあるアピールが求められます。

「どのくらいの期間で、どのくらいの目標を達成したのか」など、自分のスキルと経験によって得た成果を、数字的な根拠を踏まえて伝えることができると、採用担当者の心象もよくなるはずです。

さらに採用担当者は、転職先での業務内容を求職者がきちんと理解しているのかも細かくチェックしています。ですから、業務内容とはまったく関係のないスキルをアピールしてしまうと、かえって逆効果になることもありえます。

あわせて読みたい
キャリアがない30代男性の転職は手遅れ?正社員になるために今すぐやるべき対策を紹介 30代で転職を考えているけれど、キャリアがないためどのように転職活動をすれば良いのか、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 20代を過ぎてポテンシャル採用は見...

組織にインパクトを与えた経験を伝えよう

マネジメントスキルの中でも、ヒューマンマネジメントは、プロジェクト遂行のために不可欠であり、30代にもなれば、少なからず誰もが持っているとの認識があるため、採用担当者も注目しています。

ですから、面接では、「担当したプロジェクトでどこまでの役割を任されていたのか」「何人のメンバーを統制していたのか」といった質問が予想されます。

滞りなく答えられるようにしておきましょう。また、プロジェクト単位でのマネジメント経験がない場合、後輩への指導内容をアピールしましょう。

あわせて読みたい
転職回数が多い30代のための転職活動を成功させる3つの秘訣 「即戦力として期待できる」 「前職の社風に染まりすぎていない」 「社会人としての基礎がありながらフレッシュ」 転職先の企業から好意的に捉えられることも多かった20...

30代の強さとは?

30代は、年齢を重ねるごとに、やりたいことを実現できる可能性が狭められていき、夢と現実の狭間で悩むことが多々あります。

しかし、「なるべき自分」を諦めてはいけません。

30代は職業人生の折り返し地点であり、リカバリーの余地はまだまだあります。あなたが描くキャリア目標を目指して、プランを構築し、実現できる企業を見つけるスタンスで転職を考えてみましょう。30代の強さは、「任せられる人材」です。

転職活動する人の中には、自分のウリとなる職務経験がありながら、アピールしない人がたくさんいます。アピールしなければ、採用担当者があなたの良さに気づくことはありません。

謙虚さは必要ですが、伝えるべきことは伝えなければいけないのです。

また、30代はビジネスで有効な人脈を構築するうえでも大切な年代です。仕事やプライベートの出会いを大切にして、相手のために尽くすことを心がけてみましょう。

相手を思いやる気持ちが、新たなビジネスチャンスを生み出すはずです。

30代の転職活動では、「なるべき自分」を鮮明にすることが大切です。「なるべき自分」が鮮明になれば、悶々とした気持ちが少しでも改善し、前向きに行動したいと考えるようになるでしょう。

輝く人生を歩む人は、気づきを行動に変える人です。明日ではなく今日踏み出す「もう一歩」があなたの人生を大きく変えることになります。

あわせて読みたい
30代独身で会社を辞めたい人が取るべき行動、おすすめの転職エージェントについて紹介 30代独身の方が転職する際は、コンサルタントに今後のキャリアを相談できる、転職エージェントの利用がおすすめです。 この記事では、30代独身の方が会社を辞めたいと感...

30代に有効な転職方法

20代の転職では実務経験が短いため、職務能力を強みとして転職することが難しい場合がありますが、30代では実務経験をアピールして、転職で多くの企業が求めている即戦力として転職することが可能です。

この点から考えても、30代の転職は、企業が転職者に期待するものと合致し、転職活動を的確におこなえば、転職に適した年代だと言えるでしょう。

30代の転職では、転職のプロである「転職エージェント」に相談することをおすすめします。

あわせて読みたい
30代の転職者が書類選考を突破するための履歴書・職務経歴書の書き方 30代で転職しようと思ったあなたが最初に直面するのが、書類選考という壁です。 30代になると書類選考が通りにくくなるということも事実で、特に35歳を超えると企業は即...
おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ