MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

直接応募は転職エージェントよりも受かりやすい?直接応募のやり方と転職エージェントを経由するメリットを解説

本記事でわかること
  • 転職活動で直接応募が有利と言われる理由
  • 転職エージェントを経由して応募するメリット
  • 直接応募すべきか迷っている方におすすめの転職エージェント

「転職は直接応募が受かりやすい」と聞いて、転職エージェントを利用するかどうかで迷う方は多いでしょう。

転職を成功させるなら、選考対策を徹底しなければなりません。そのため、転職活動を効率良く進めるには、転職エージェントの利用が効果的です。

本記事では、直接応募のやり方と転職エージェントを経由するメリットについて解説しています。おすすめの転職エージェントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

直接応募と転職エージェント経由で迷っている方には、マイナビエージェントがおすすめです。書類添削や面接対策をサポートしてくれるため、最短コースで転職成功を目指せます。

20~30代の転職支援が得意!

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職活動における直接応募とは

転職活動における直接応募とは

直接応募とは、転職エージェントや転職サイトなどを経由せずに自分で応募する方法です。企業の公式HPや採用サイトを利用して応募するため、自分のペースで転職活動を進められます。

メリットは、転職サービスを利用していない企業にアプローチできることです。ただし、選考スケジュールの管理や企業との交渉を自分で行う必要があります。

「直接応募は転職エージェント経由よりも受かりやすい」は嘘!その理由は?

「直接応募は転職エージェント経由よりも受かりやすい」は嘘!その理由は?

一般的に直接応募は受かりやすいと言われていますが、必ずしもそうではありません。

転職エージェント経由のほうが受かりやすい理由
  • 転職エージェントの支援・推薦状により選考通過率がアップする
  • 直接応募に対応していない企業もある
  • 良質な人材確保のために転職エージェント経由で採用を行う企業が多い

まずは直接応募の真相について知っておきましょう。

転職エージェントの支援・推薦状により選考通過率がアップする

直接応募のほうが受かりやすいと言われるのが嘘な理由は、転職エージェントの支援・推薦状により選考通過率がアップするからです。

転職エージェントでは求人紹介を受けられるだけでなく、書類添削や面接対策までサポートしてくれます。

しかし、直接応募で転職活動を進める場合は、自分だけで選考対策を行わなければなりません。対策の詰めが甘ければ、内定獲得を逃してしまう可能性があります。

転職を成功させるには、転職エージェントの支援や推薦状の力を借りましょう。

直接応募に対応していない企業もある

直接応募に対応していない企業があることも、転職エージェントのほうが受かりやすい理由です。

特に応募者が集まりやすい人気企業では、直接応募に対応するリソースを確保しない傾向があります。そのため、転職エージェントのエントリーのみに絞っていることもあるのです。

また、形として直接応募のエントリーを受け付けている企業であっても、実際は転職エージェントでの採用がメインというケースも少なくありません。

良質な人材確保のために転職エージェント経由で採用を行う企業が多い

良質な人材を確保するために、多くの企業が転職エージェント経由で採用を行っています。

企業側が直接応募で採用を実施するメリットとしては、採用コストの削減が挙げられます。転職エージェントを経由しなければ、手数料が発生しないからです。

しかし、近年は人材コストの削減よりも、質の高い人材を確保したいと考える企業が増えています。

エージェントがフィルターとなり企業に合った人材のみを紹介するため、企業側のリソースが空くことから積極的に転職エージェントを利用しているのです。

転職活動で直接応募すると有利と言われる理由

転職活動で直接応募すると有利と言われる理由

「転職活動で直接応募すると有利」と言われるだけあり、直接応募にもメリットがあります。

直接応募のメリット
  • 志望意欲が高いと評価される可能性がある
  • 企業側の採用コストが安くなる

自分に合った転職手段を選ぶために、直接応募のメリットを把握しましょう。

志望意欲が高いと評価される可能性がある

直接応募で転職活動に取り組むと、志望意欲が高いと評価される可能性があります。直接応募の場合、自分で求人を探してエントリーしているからです。

企業側は「数ある中から自社を見つけてくれた」と感じ、入社に対して明確な意志を持って応募してきたと捉えてくれます。

特に自分で企業にコンタクトを取って面接までたどり着いた場合は、より一層熱意を伝えられるでしょう。

転職エージェント経由で応募してきた人材よりも意欲があると見てもらえるなら、直接応募を選択するのも効果的な戦略のひとつと言えます。

企業側の採用コストが安くなる

転職エージェントを経由しない直接応募は、採用コストが安くなるため企業にとってもメリットがあります。

転職エージェントや転職サイトを利用して人材を確保する場合、求人広告費や手数料を支払わなければなりません。そのため、採用コストが安くなる直接応募のほうが、選考で有利になる可能性があります。

例えば、企業が求める条件に当てはまる人材が2人いる場合、コストがかかる転職エージェント経由よりも、直接応募の人材を採用するでしょう。

採用コストだけで採否が決定するわけではありませんが、選考で有利に働く可能性もあるのです。

直接応募をするデメリット

直接応募をするデメリット

直接応募にはメリットだけでなく、デメリットも存在しています。

直接応募のデメリット
  • スケジュール調整の手間がかかる
  • 返信が返ってこなかったり、選考に進めない可能性がある
  • 給料や条件の交渉を自身で行わなければならない

転職活動を始める前に、デメリットも確認しておきましょう。

スケジュール調整の手間がかかる

直接応募で転職活動を進める場合、スケジュール調整の手間がかかります。

求職者にとって面接日程の調整は面倒に感じる作業です。複数の企業に応募していると、企業とのやり取りで特に神経を使います。

また、企業から内定が出た場合には、3日~1週間程度での返事が必要です。選考結果がすべて出るまで返事を待ってはもらえません。

スケジュール調整が負担に感じるのであれば、直接応募よりも転職エージェントを経由するのが良いでしょう。

返信が返ってこなかったり、選考に進めない可能性がある

直接応募では返信が返ってこなかったり、選考に進めなかったりする可能性があるため注意が必要です。

企業の公式HPに採用フォームがあっても、返事をもらえないことがあります。その場合は、気を取り直して別の応募企業を探さなければなりません。

また、転職エージェント経由では推薦状があるため、面接へと進みやすくなっています。しかし、直接応募では企業が求める条件にマッチしていなければ、面接でアピールするチャンスがないのです。

給料や条件の交渉を自身で行わなければならない

給料や条件の交渉を自身で行わなければならないことも、直接応募で転職活動を進めるデメリットです。

企業から内定を獲得できても、提示された年収が想定よりも低い場合は交渉が必要になります。しかし、どのタイミングで交渉すべきか、どのように切り出すべきかなど自分では判断できないものです。

給料や条件に納得したうえで転職したい方は、転職エージェントに相談してみてください。素人では難しい交渉も、経験豊富なキャリアアドバイザーが代行してくれるため安心です。

あわせて読みたい
転職エージェントのメリット・デメリット|使うべきか迷っている人にわかりやすく解説 新卒の求人情報とは違って、転職の情報はなかなか表に出てこないものです。 個人がひとりで「これだ」と思える求人情報を集めるのは大変なものですし、たとえ良さそうな...

【結論】転職エージェントの利用がおすすめ!

これから転職活動を始める方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントでは求人を紹介してもらえるだけでなく、書類添削や面接対策などのサポートを受けられます。また、転職に関する悩みを何でも相談できるため安心です。

直接応募するかどうかで迷っている方におすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェント
  • マイナビエージェント
  • doda

自分に合った転職エージェントを選びましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 3
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職支援を得意とするエージェント
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 丁寧なサポートで転職が初めてでも安心

マイナビエージェントは、20~30代の転職支援に強いエージェントです。若手の支援が得意であり、未経験OKや第二新卒向けの求人を豊富に保有しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、適職に出会いたい方におすすめです。

また、書類添削や面接対策など丁寧なサポートに定評があり、転職が初めての方でもスムーズに選考まで進めます。

>>公式HPを見る

メリット
  • 年齢や転職回数に応じたサポートを受けられる
  • 求人票だけではわからない情報を提供してもらえる
  • 年収・条件交渉も任せられる
デメリット
  • ミドル・ハイキャリア向けの求人は少ない
  • 地域によっては応募できる求人が少ない

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代女性(IT業界)
求人数が多く、参考にできる情報がたくさんありました。 エージェントの担当者に自分の適性がある業界などについて提案していただけたのもよかったです。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代男性(介護、医療)
求人の数が他よりも多く、探しやすかった。 自分のペースで探すことができて、おすすめなど提案されることが少なく、よかった。 CMなどでよくみている会社で、安心感があった。

キャリアクラス転職独自調査

20~30代の転職支援が得意!

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 3
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェント・サイト・スカウトの3機能
  • 精度の高い診断ツールが無料
  • アフターフォローも対応していて安心

dodaでは、エージェント・サイト・スカウトの3機能を利用できます。自分に合ったスタイルで転職活動を進められるのが魅力です。

登録すると精度の高い診断ツールを無料で利用でき、転職を成功させるために役立ちます。

また、年収や条件の交渉にも対応しており、自分で企業とやり取りする自信がない方でも安心です。

直接応募を考えている方もdodaに登録して、転職に役立つコンテンツを利用しましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • オファーを待ちながら求人を探せる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 転職フェアを定期的に開催している
デメリット
  • 希望条件と異なるオファーが届く場合がある
  • 専門職に強いキャリアアドバイザーが少ない

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
40代男性(金融)
転職活動に関するコンテンツが豊富でそれを読むだけでも楽しいのが良い点だと思います。あと年齢があるていど年でも求人があるので安心して求人活動ができます。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代女性(製造業)
エージェントの方が親身になってアドバイスをくれたので、安心して転職活動ができました。アフターフォローもしっかりしており、入社後にもお世話になっています。年収もアップしたので満足しています。

キャリアクラス転職独自調査

\自分に合った転職スタイル/

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

直接応募の方が受かりやすいケースとは?

直接応募の方が受かりやすいケースとは?

採用コストを削減したい企業を受ける場合、直接応募が有利になるかもしれません。しかし、予算にある程度の余裕がある企業は、コストだけで採用を考えない傾向です。

ただし、以下の場合は直接応募で転職活動を進めるのが良いでしょう。

直接応募がおすすめのケース
  • ベンチャー企業への応募
  • 公的機関への応募

ベンチャー企業や公的機関は採用にあまり予算をかけておらず、自社の採用サイトからの応募がメインです。転職エージェントに求人が出ないため、直接応募しましょう。

転職活動における直接応募のやり方

転職活動における直接応募のやり方

転職活動における直接応募のやり方は以下のとおりです。

直接応募のやり方

①転職希望企業の採用ページをチェックする
②応募企業に合わせた履歴書・職務経歴書を作成する
③企業の採用ページもしくは公式HPからエントリーする

直接応募で転職活動を進める方はチェックしておきましょう。

①転職希望企業の採用ページをチェックする

直接応募する場合は企業が求人を募集しているのか、どのような方法で応募すれば良いのかを確認しなければなりません。まずは転職希望企業の採用ページをチェックしてみてください。

企業の公式HPに採用情報が掲載されていなければ、メールや電話で問い合わせるのが良いでしょう。

問い合わせる際には簡単な自己紹介を添えて、選考を受けさせてほしいことを伝えてください。

②応募企業に合わせた履歴書・職務経歴書を作成する

企業が求人を募集していることを確認したら、履歴書・職務経歴書を作成します。

応募書類のフォーマットは企業から指定がなければ、手書きとパソコン作成のどちらでも構いません。書類の形式よりも「読みやすさ」「わかりやすさ」を重視しましょう。

ただし、手書きの応募書類を好む担当者もいるので、昔ながらの企業に応募する際は手書き、ベンチャー企業への応募はパソコン作成と使い分けるのがおすすめです。

③企業の採用ページもしくは公式HPからエントリーする

最後に、企業の採用ページもしくは公式HPから求人募集にエントリーします。応募書類の送り方は以下の3通りがメインです。

応募書類の送り方
  • メール
  • 郵送
  • 応募フォーム

メールにて応募書類を送る場合は、履歴書・職務経歴書をPDFファイルとして作成します。また、個人情報を保護するために、PDFファイルのパスワード設定が必要です。

メールにパスワードを記載したことも確認してから、応募書類を送信しましょう。

直接応募のやり方で転職を成功させるコツ

直接応募のやり方で転職を成功させるコツ

直接応募のやり方で転職を成功させるコツを2つ紹介します。

直接応募で転職を成功させるコツ
  • 納得感のある志望動機を伝える
  • 他の求職者よりもインパクトのある強みや実績を伝える

コツを押さえて転職活動に活かしましょう。

納得感のある志望動機を伝える

直接応募で転職を成功させるには、納得感のある志望動機を伝えることが重要です。

自分で求人を探す直接応募は応募者の熱意が評価されやすい傾向があります。納得感のある志望動機を伝えることで、採用担当者に好印象を与えられるチャンスです。

志望動機を考える際には、業界・職種に興味を持った理由や企業ならではの魅力などを明確に伝えましょう。

そのためには、業界・企業研究を徹底することも大切です。希望企業について深く理解して、納得感のある志望動機を伝えてください。

他の求職者よりもインパクトのある強みや実績を伝える

直接応募では転職エージェント経由のように第三者のフィルターがありません。自分がどのような人物なのかをアピールするために、インパクトのある強みや実績を伝えましょう。

面接で適切に自分をアピールするには、自己分析の徹底が必須です。今までの経験を振り返り、自分が持つスキルや実績をすべて書き出してください。

そのうえで、希望企業が求める人物像にマッチする強みをリストアップし、面接でアピールすることが転職成功につながります。

直接応募と転職エージェントの両方をやり方で進めるのもおすすめ!

直接応募と転職エージェントの両方をやり方で進めるのもおすすめ!

直接応募と転職エージェントで迷っているなら、両方のやり方で転職活動を進めるのもおすすめです。どちらにもそれぞれ良さがあり、転職手段をひとつに絞る必要はありません。

例えば、直接応募は採用担当者に熱意を評価してもらいやすく、転職サービスで求人が見つからない企業にもアプローチをかけられます。

また、転職エージェントは求人紹介の他に、応募書類の添削や面接対策をサポートしてくれるのが強みです。

両方のやり方を併用すれば、それぞれのデメリットをカバーして転職活動を効率良く進められるでしょう。

直接応募と転職エージェント経由で迷っている人からよくある質問

直接応募と転職エージェント経由で迷っている人からよくある質問

直接応募と転職エージェント経由で迷っている人からよくある質問を3つ紹介します。

よくある質問
  • 結局、転職エージェント経由と直接応募はどっちが有利なの?
  • 転職エージェント経由と直接応募の同時進行で転職活動するのは可能?
  • 転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募するのはあり?

疑問を解消してから転職活動に取り組みましょう。

結局、転職エージェント経由と直接応募はどっちが有利なの?

直接応募か転職エージェント経由かで、有利・不利の差はほとんどありません。どちらの方法を選んでも、選考対策を徹底することで転職を成功させられます。

ただし、転職活動に不慣れで不安を抱えている方は、直接応募よりも転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェント経由と直接応募の同時進行で転職活動するのは可能?

転職エージェント経由と直接応募の同時進行で転職活動をすることは可能です。ただし、同じ企業に対して2つの方法でアプローチをかけるのはNGなので注意してください。

転職エージェントで紹介された求人に応募し、求人が出ていない企業には直接応募でアプローチをかけるなどの使い分けがおすすめです。

転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募するのはあり?

転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募しても特に問題はありません。ただし、すでに選考に落ちたことを確認してから応募してください。

また、転職エージェントでは面接後にフィードバックを受けられます。落とされた理由を明確にし、志望動機や自己PRを改善してから直接応募にチャレンジしましょう。

基本的に直接応募よりも転職エージェント経由のほうが受かりやすい!

転職成功を実現したい方には、直接応募よりも転職エージェント経由のほうがおすすめです。転職エージェントなら、求人紹介や選考対策などのサポートを受けられます。

転職エージェントを利用する場合は、マイナビエージェントに相談してみてください。20~30代の転職支援に強みがあり、手厚いサポートで転職が初めての方でも安心です。

マイナビエージェントで推薦してもらい、希望企業への転職を実現させましょう。

\20~30代の転職支援が得意! /

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

通信回線系企業の元営業。現在はWebライターとして活動しています。金融や転職からゲームまで幅広いジャンルで執筆中。誰が読んでもわかりやすくをモットーに、日々の執筆を行っています。

気になる見出しをタップ